[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/04)4日の東京株式市場は反発、好業績銘柄物色に好レーティングが後押し
記事一覧 (11/04)日本信号は第2四半期を増額、反騰幅次第ではダブル底形成も
記事一覧 (11/04)曙ブレーキ工業の第2四半期は営業黒字に転換し通期も増額、株価に反応余地
記事一覧 (11/04)三井物産は決算発表後に下げるが「資源」に強く値を戻す
記事一覧 (11/04)東日本旅客鉄道が後場も強く6日ぶり反発、「喫煙車両」割高運行説
記事一覧 (11/04)トーヨーカネツが同時増額銘柄の中で急騰目立つ
記事一覧 (11/04)東洋紡は大幅減益だが修正済みのため株価堅調
記事一覧 (11/04)日産自動車は引け後に決算発表を予定、後場は上げ一服だが意外性も
記事一覧 (11/04)メガネ2社に明暗、メガネトップが安くジェイアイエヌは大幅続伸
記事一覧 (11/04)ヤマハ発動機の9月第3四半期は赤字だが株価は織り込み済みの可能性も
記事一覧 (11/04)リズム時計工業が大幅な増額修正
記事一覧 (11/04)4日前場の東京株式市場は小幅続落だが好業績株などを物色
記事一覧 (11/04)金相場高を受けて住友金属鉱山などが再び人気化
記事一覧 (11/04)マクドナルドが急反発し戻り高値を更新、「マックカフェ」に期待が
記事一覧 (11/04)日製鋼が利益増額修正を好感し急反発、値上がり上位に顔を出す
記事一覧 (11/04)消費者金融株は連日高だが選別色、大手銀行系の強さが目立つ
記事一覧 (11/04)ファーストリテイリングは月次が好調、気温低下で冬物も注目され反発
記事一覧 (11/03)スズキの第1四半期業績と第2四半期業績を比較し現況を探る
記事一覧 (11/03)【急動意株を探る】コシダカは今期2ケタ増収増益を見込み上場来高値を視野に
記事一覧 (11/02)アルデプロ 債務超過により猶予期間入り
2009年11月04日

4日の東京株式市場は反発、好業績銘柄物色に好レーティングが後押し

091104大引け 4日の東京株式市場は好業績株や材料株を物色する動きは活発化し反発。日経平均は朝方35円04銭安の9767円91銭まで続落したものの、好業績銘柄に対する投資判断格上げや目標株価引き上げが相次ぎ、大引けは41円36銭高の9844円31銭としっかりした動きとなった。

 東証1部の出来高概算は16億8416万株、売買代金は1兆2243億4700万円。東証1部上場1688銘柄の中で値上がり銘柄数は733、値下がりは810。東証33業種別指数では値上がりが21業種となり、非鉄金属、パルプ・紙、石油・石炭、医薬品などが高い。一方、値下がりは12業種となり、証券商品先物、銀行、金属製品、精密機器、食料品などが安い。
 
 輸出株などの主力セクターは自動車株が堅調な半面、半導体関連株は軟調で方向感が定まらない展開となる中で、NY金相場の一時最高値を受けて住友金属鉱山<5713>(東1)や貴金属リサイクル関連株が活況高となり、祝日中に海水淡水化プラントなどの大型受注が報じられたことを受けて日本橋梁<5912>(東1)などの鉄構・橋梁株が東証1部の値上がり率の上位になるなど、材料株の動きが活発となった。プロミス<8574>(東1)などの消費者金融株が改正法の実施弾力化方針を受けて連日高。
 
 また、利益見通しを増額した日本製鋼所<5631>(東1)は野村証券の投資判断格上げが後押ししストップ高と買われたほか、月次好調のファーストリテイリング<9983>(東1)は目標株価引き上げが相次ぎ反発するなど、好業績で変化度合いの大きい銘柄を物色する動きが強まった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:34 | 株式投資ニュース

日本信号は第2四半期を増額、反騰幅次第ではダブル底形成も

 日本信号<6741>(東1)は4日15時に9月第2四半期の決算見通しを増額発表。
 第2四半期の連結決算は、営業利益を従来の4.0億円から4.9億円に、経常利益同は7.0億円を7.6億円に、などと増額した。交通・運輸インフラ事業での機器納入が堅調で、一部案件の繰上げもあった。決算発表は11月10日の予定で、通期見通しをどうするか注目される。
 株価は9円安の816円で終了し、10月初旬の安値圏と同水準で下げ渋った。このため、反騰が大きければダブル底の形成に向かう可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:33 | 株式投資ニュース

曙ブレーキ工業の第2四半期は営業黒字に転換し通期も増額、株価に反応余地

 曙ブレーキ工業<7238>(東1)が4日15時に9月第2四半期の決算と3月通期の業績見通し増額を発表。
 第2四半期の連結決算は、営業損益が従来の10.0億円の赤字見通しから1.4億円の黒字に転換し、経常損益は20.0億円の赤字から6.5億円の赤字に、などと大きく好転した。国内の受注回復などが想定以上。3月通期の見通しも連結ベースで営業利益を25億円から30億円に、経常利益を5億円から10億円に、などと増額した。
 株価は4円高の706円で終了しており、6営業日ぶりに下げ止まった程度のため、夜間取引を含めて明日の動きに期待ができそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:22 | 株式投資ニュース

三井物産は決算発表後に下げるが「資源」に強く値を戻す

 三井物産<8031>(東1)が14時に9月第2四半期決算を発表し、それまで堅調だった株価は直後に18円安の1167円まで下げたものの、あとジリジリ値を戻し、大引けは1円安となった。
 第2四半期の連結決算(米国会計基準)は、売上高が前年同期比40.3%減、純利益が同69.7%減などとなった。通期の見通しは据え置いた(売上高は前期比25.1%減、純利益は同32.4%減)。
 ただ、同社は国際的な資源に強いため、米国の金価格が最高値を更新し、資源株が堅調な相場の中で売り込みにくい雰囲気があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:03 | 株式投資ニュース

東日本旅客鉄道が後場も強く6日ぶり反発、「喫煙車両」割高運行説

 東日本旅客鉄道<9020・JR東日本>(東1)が後場140円高の5840円まで上げた後も100円高前後で強い値動きとなっている。タバコ増税に関連し「喫煙車両」を復活させて割高料金で運行する増収案が浮上との未確認観測がある。
 4日の株価は6日ぶりに反発。とりわけ10月28日に9月第2四半期決算を発表してからの下落が目立ち、高速道路料金の無料化も影響して3月通期の業績見通しを減額修正したことが悪材料視された。4日浮上した「喫煙列車」復活案では、仮に喫煙車両の運賃を倍にしても、同社の連結売上高2.6兆円に対する寄与率は微々たる程度にとどまるとみられるが、設備などの面で実現しやすい案であることは確かだ。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:42 | 株式投資ニュース

トーヨーカネツが同時増額銘柄の中で急騰目立つ

 トーヨーカネツ<6369>(東1)が13時に発表した業績見通しの増額修正を好感し急騰、直前まで1円高の148円前後で閑散だった相場が一気に16円高の163円まで達したあとも高値圏で値を保ち、同時刻に好決算や増額などを発表した塩野義製薬<4507>(東1)王子製紙<3861>(東1)などを上回る急騰で注目を集めた。
 9月第2四半期の決算見通しを連結営業利益で従来数字を79.3%増額するなど、利益面での変化率が顕著。3月通期の連結営業利益見通しは同30.8%、経常利益は同28.4%増額した。受注状況には触れていないが、ここ日系企業に水処理プラントなどの大型受注が報じられており、決算発表(11月10日の予定)に注目する動きがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

東洋紡は大幅減益だが修正済みのため株価堅調

 東洋紡<3101>(東1)が13時に9月第2四半期の決算を発表。大幅減益となったが、10月30日に下方修正を発表済みのため株価に目立った変化はなく、2〜3円高(143円〜144円)でもちあっている。
第2四半期の連結業績は、売上高が前年同期比23.5%減、営業利益が同69.1%減、経常利益が同69.1%減など。通期では増益に転じ、営業利益が同6.9%増、経常利益は同3.6倍などとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:37 | 株式投資ニュース

日産自動車は引け後に決算発表を予定、後場は上げ一服だが意外性も

 日産自動車<7201>(東1)が後場は5円ほど水準を下げた値動きとなっている。本日(4日)の引け後に決算発表を予定。これを意識してか、前引けにかけて12円高の662円まで上げたが、後場は5〜7円高となっている。
 同社は期初から中間期(9月第2四半期)の見通しを開示していないため、注目されるのは通期の業績見通しになる。7月に発表した第1四半期決算では、通期の連結業績見通しを売上高17.6%減、経常損失2000億円、純損失1700億円とした。ただ、4日伝えられた米国の10月自動車販売での同社の販売台数は前年同月比1.8%増加したなど、回復の傾向は現実味を帯びている。10月27日に発表したホンダ<7267>(東1)は中間期、黒字転換した。
 また、3日付の日本経済新聞朝刊では、仏ルノーの電気自動車向けにリチウムイオン電池を増産し、国内の電池生産能力を従来計画より5割引き上げ、2012年にはルノーと共同で年産6万台規模の電池工場をフランスに新設と伝えている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:25 | 株式投資ニュース

メガネ2社に明暗、メガネトップが安くジェイアイエヌは大幅続伸

 メガネトップ<7541>(東1)が後場も下落率11%台で大幅安を続ける半面、同業中堅のジェイアイエヌ<3046>(大ヘ)は値上がり率12%台を保ち、眼がね小売り2社が明暗を分けている。
 メガネトップは2日に発表した月次売り上げ動向が2カ月連続で前年を下回り、10月の既存店売上高が前年同月比7.6%減などとなったことが嫌われ、前場一時183円安の1349円まで下落し、後場は165円安前後で推移。一方、ジェイアイエヌは10月14日に発表した8月本決算で今期の業績見通しを売上高20.9%増、経常利益80.5%増とし、収益の急回復を見込む。前場一時41円高の296円まで続伸し、後場は35円高前後で推移している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:52 | 株式投資ニュース

ヤマハ発動機の9月第3四半期は赤字だが株価は織り込み済みの可能性も

 ヤマハ発動機<7272>(東1)が4日11時30分、9月第3四半期の決算を発表。販売減少、来期の生産規模確保にむけた流通在庫の圧縮先行などにより、連結営業損失が450億円などとなった。
第3四半期までの累計売上高(1〜9月)前年同期比33.1%減、営業損失は450億円、経常損失は439億円、四半期純損失は1,588億円。
 ただ、株価は前場25円高の1096円で終わっており、なかば織り込み済みの可能性もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:03 | 株式投資ニュース

リズム時計工業が大幅な増額修正

 リズム時計工業<7769>(東1)が4日11時に9月第2四半期と3月通期の業績見通しを増額修正し発表。
情報機器分野での堅調な受注、金型部品分野での受注回復などを要因に、により、第2四半期の連結営業利益を2.6億円か5.2億円に倍増させるなど、大幅な増額となった。3月通期の連結営業利益は4.2億円から9.0億円に、経常利益は5.4億円から10.0億円に、など、通期見通しも大幅に増額した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:49 | 株式投資ニュース

4日前場の東京株式市場は小幅続落だが好業績株などを物色

091104前引け 4日前場の東京株式市場は好業績株や材料株を物色する動きは活発だったものの、日経平均は小動きに終始し小幅続落。朝方35円04銭安の9767円91銭まで続落したあと5円94銭高の9808円89銭まで上げたものの、高値と安値の幅は41円にとどまり、前引けは6円67銭安の9796円28銭だった。
 東証1部の出来高概算は7億7532万株、売買代金は5718億円。東証1部上場1688銘柄の中で値上がり銘柄数は518、値下がりは977。東証33業種別指数では値上がりが12業種となり、非鉄金属、石油・石炭、その他金融、輸送用機器、卸売り、繊維、鉄鋼などが高い。一方、安い業種は金属製品、食料品、精密機器、サービス、ゴム、倉庫・運輸、電気機器など。
 輸出株などの主力セクターは自動車株が堅調な半面、半導体関連株は軟調で方向感が定まらない展開となった。
 こうした中で、NY金相場の一時最高値を受けて住友金属鉱山<5713>(東1)や貴金属リサイクル関連株が活況高となり、祝日中に海水淡水化プラントなどの大型受注が報じられたことを受けて日本橋梁<5912>(東1)などの鉄構・橋梁株が東証1部の値上がり率の上位になるなど、材料株の動きが活発となった。プロミス<8574>(東1)などの消費者金融株が改正法の実施弾力化方針を受けて連日高。
 また、利益見通しを増額した日本製鋼所<5631>(東1)が出来高を膨らませて急反発するなど、引き続き好業績で変化度合いの大きい銘柄を物色する動きが続いた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:35 | 株式投資ニュース

金相場高を受けて住友金属鉱山などが再び人気化

 4日の株式市場では住友金属鉱山<5713>(東1)が4営業日ぶりに一時1500円台を回復し、松田産業<7456>(東1)は5営業日ぶりに一時1600円台を回復など「金」関連株が再び人気づいた。NY金相場が一時最高値を更新し、東京工業品取引所でも反発し小高く推移していることが好感されている。アサヒホールディングス<5857>(東1)も高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:58 | 株式投資ニュース

マクドナルドが急反発し戻り高値を更新、「マックカフェ」に期待が

■競合するドトール、スタバは軟調 

 日本マクドナルドホールディングス<2702>(JQ)が急反発、一時23円高の1845円まで上伸したあとも堅調で戻り高値を更新している。9月第3四半期の決算が好調だった上、本格コーヒーを拡充して「マックカフェ」を展開することが材料視されているようだ。
 2日発表した9月第3四半期の決算は、連結での1〜9月累計売上高が前年同期比10.1%減少したものの、営業利益は同23.9%増、経常利益は同25.0%増となるなどで好調な決算となった。季節限定商品のヒットに加え、エリアや時間を限定したコーヒー1杯無料サービス、クォーターパウンダーの全国発売開始などでは、これまで来店の少なかった層を取り込む効果があった。
 本格コーヒーのメニューを拡充する「マックカフェ」展開では低価格コーヒーショップとの競合が見込まれ、10時15分現在ではドトール・日レスホールディングス<3087>(東1)が20円安の1323円、スターバックス コーヒー ジャパン<2712>(大ヘ)が100円安の3万7600円となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:24 | 株式投資ニュース

日製鋼が利益増額修正を好感し急反発、値上がり上位に顔を出す

 日本製鋼所<5631>(東1)が急反発で始まった後もジリ高を続けて値上がり率を8%台に広げ、東証1部の値上がり率7〜6位に顔を出している。9時45分現在は84円高(8.4%高)の1080円。前立会い日に発表した第2四半期決算と通期業績見通しの利益増額修正が素直に好感されているようだ。
 業績修正のうち、3月通期の連結業績見通しは、売上高を期初予想より120億円引き下げたが、経常利益は20億円、純利益は10億円各々引き上げた。純利益は165億円(前期比2%増)と増益転換になる。火力・原子力発電プラント用部材が堅調に推移し、プラスチック射出成形機に持ち直しの兆しも出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース

消費者金融株は連日高だが選別色、大手銀行系の強さが目立つ

 アコム<8572>(東1)が一時200円高の1572円まで大幅続伸し東証1部の値上がり率2位となり、プロミス<8574>(東1)も54円高の739円など、消費者金融株が連日高となっている。ただ、丸井グループ<8252>(東1)は反落など、選別色が強まる雰囲気はある。
 消費者金融株は、改正貸金業法の完全施行を見直す方針が伝えられた前営業日にストップ高銘柄が続出した。ただ、4日は武富士<8564>(東1)が前日比変わらずまで一時値を消し、丸井グループは軟調に推移しているなど選別色が出ている。一部には、ゆくゆく再編があるとの想定で大手銀行系の銘柄を重視する動きがあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは月次が好調、気温低下で冬物も注目され反発

 ファーストリテイリング<9983>(東1)が買い気配の後240円高の1万5360円で始まり、前立会い日の前日比変わらずを除くと3営業日ぶりに反発歩調となっている。10月の売上げ推移(速報)が材料視されている。
 前立会い日の2日発表した国内ユニクロ事業の10月の売上げ推移は、既存店が前年同月比35.7%増と伸び、直営店とダイレクト販売合計の売り上げも47.7%増と伸び率を拡大。3カ月連続で前年同月を上回った。11月に入り初雪や気温の低下が進んでおり、保温下着「ヒートテック」や「フリース」などの冬物商品の推移が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:10 | 株式投資ニュース
2009年11月03日

スズキの第1四半期業績と第2四半期業績を比較し現況を探る

■第2四半期に入り業績は大幅に好転

 スズキ<7269>(東1)は、11月2日に今3月期第2四半期連結業績を発表しているが、第1四半期(4月から6月)の業績と、第2四半期(7月から9月)の業績を比較し、同社の現況を探ってみる。
 第1四半期連結業績(4月から6月)は、売上高5771億4300万円、営業利益68億6100万円、経常利益125億6900万円、純利益21億3800万円。
 第2四半期連結業績(7月から9月)は、売上高6044億1600万円、営業利益249億8100万円、経常利益265億900万円、純利益103億7600万円。
 従って、第2四半期の業績は第1四半期に比較し、売上高で4.7%増、営業利益で264.1%増、経常利益で110.9%増、純利益で385.3%増となっている。
 第2四半期の売上高は4.7%の増収でありながら、利益面では、営業利益で第1四半期の約3.6倍、経常利益で約2.1倍、純利益で4.85倍と大幅増益となっている。第2四半期に入り業績が大幅に好転していることが分かる。
 今下半期で、売上高1兆1184億4100万円、営業利益81億5800万円、経常利益109億2200万円、純利益24億8600万円を見込んでいるが、第2四半期の状況が続けば、利益面での更なる大幅上方修正は確実といえる。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:06 | 株式投資ニュース

【急動意株を探る】コシダカは今期2ケタ増収増益を見込み上場来高値を視野に

急動意株を探る 
●コシダカは今期2ケタ増収増益を見込み上場来高値を視野に

 コシダカ<2157>(JQ)は、年初来高値を更新している。好業績予想の国内関連として物色されている。
 10月14日に発表した2010年8月期業績予想は、カラオケボックス『カラオケ本舗まねきねこ』の店舗網の拡充・整備、新業態の開発を進めるとともに、フィットネスFC『カーブス』事業においてFC加盟店の増強と会員数の拡充を図り、売上高が前期比16.2%増の220億1800万円、営業利益は同55.7%増の23億2700万円と2ケタ増収増益を見込む。配当は年間5800円(前期実績3800円)と連続増配の見通し。今期予想PER6倍台と割安感がある。
 株価は、07年6月27日の上場来高値35万5000円から08年10月9日の上場来安値5万2000円まで85%の調整を挟んで半値戻りを達成し出直る動きを強めている。目先は、20万大台達成で目標達成感が出る可能性はあるが、月次動向で好調が確認されれば、上場来高値奪回の可能性も高まろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:32 | 株式投資ニュース
2009年11月02日

アルデプロ 債務超過により猶予期間入り

 アルデプロ<8925>( 東マ)は11月2日に、有価証券報告書を提出し、今年7月期に債務超過の状況に陥ったことから、2日の東京証券取引所発表のとおり、「有価証券上場規程」第603条1項第3号(債務超過)に該当するため、猶予期間入りしたと発表。
 同社は、不動産在庫の圧縮に努めてきたが、販売先の資金調達の難航や遅れによる影響を受け、売上高が減少し、また販売価格が下落し、利益率も悪化していた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:50 | 株式投資ニュース