[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/30)ウェッジHDが前期末配当を4期ぶりに復配、今期は営業利益5倍予想のため増配の期待
記事一覧 (11/30)プラネットの第1四半期決算はシステム移行完了などで利益の確保先行、3日連続で下値切り上げる
記事一覧 (11/30)「松やに」高騰うけハリマ化成と星光PMCが提携、製紙用原料で共同調達や生産委託など推進
記事一覧 (11/30)【明日の動き】全般は戻りを試す展開、DeNA・楽天などに短期資金集中も
記事一覧 (11/30)30日の東京株式市場はドバイの影響限定的との見方などを好感し3日ぶりに大幅反発
記事一覧 (11/30)北海道地区などで公共工事が徐々に執行され、カナモトの10月決算は営業黒字に転換
記事一覧 (11/30)明電舎と小野測器が自動車試験機事業で業務資本提携、相手株を相互に市場買い付け
記事一覧 (11/30)東京製綱とフェローテックが後場「提携解消」を発表、フェローテックは一段高
記事一覧 (11/30)ステラ ケミファが後場一段高、大手F投信の保有増加が伝わりドレッシング買いなどの思惑
記事一覧 (11/30)ぐるなびが後場一段高で値上がり幅上位、忘年会シーズンを前にサイト閲覧の繁忙化を予想
記事一覧 (11/30)新光電気工業が後場再び上げ幅を100円台に広げ強調持続、パソコン市場の回復期待が続く
記事一覧 (11/30)楽天が前引けにかけて強調展開となり反発、電子マネー買収で評価引き上げが続く
記事一覧 (11/30)30日前場の東京株式市場はドバイの信用不安一服や首相の円高・株安対策を映し急反発
記事一覧 (11/30)小林製薬が医療機器事業の分社化を好感し3800円を回復、底練り相場を脱出する動き
記事一覧 (11/30)帝人が軽量窓ガラス素材を好感し堅調、ドバイ・ショックでほとんど下げず需給は良好
記事一覧 (11/30)タクトホームが値上がり率2位など住宅株が値上がり上位、緊急保証制度の延長などを好感
記事一覧 (11/30)ディー・エヌ・エーが一段高で高値を更新、外部環境に左右されにくいとして人気継続
記事一覧 (11/30)日産自動車が容量2倍のリチウムイオン電池開発を好感し急反発、600円台で安堵感
記事一覧 (11/27)ファンケルの月次は主ブランド3.4%増加など順調、好業績の内需消費関連株として人気化も−−引け後のリリース
記事一覧 (11/27)セプテーニが配当政策準拠なら見送るべき配当を実施、今期は収益急回復うけ増配を見込む
2009年11月30日

ウェッジHDが前期末配当を4期ぶりに復配、今期は営業利益5倍予想のため増配の期待

 ウェッジホールディングス<2388>(大ヘ)が09年9月期末の配当を05年9月期以来4期ぶりに実施すると前週末27日に発表。過ぎた期の配当金とあって、それほど材料視されなかったが、業績が好調のため配当増額の期待が出ている。
 09年9月期末の配当額は1株100円。黒字化が定着し、強固な経営基盤の確立が進んでいるためとした。
 今期の配当見込みについては、この発表では触れなかったが、さる11月13日に発表した9月決算で100円の見通しとした。この決算では今期の連結業績見通しを、売上高42.0億円(前期比73.7%増)、営業利益を7.2億円(同5.2倍)、経常利益を7.0億円(同2.2倍)としたため、収益の一段拡大が現実味を帯びてくれば配当増額も…との期待が出ている。30日の株価は1万700円(300円高)で終了した。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:25 | 株式投資ニュース

プラネットの第1四半期決算はシステム移行完了などで利益の確保先行、3日連続で下値切り上げる

 プラネット<2391>(JQ)が30日の大引け後に発表した10月第1四半期決算は、売上高が前年同期比0.6%増加、営業利益は同5.5%増加、経常利益は同48.0%増加となった。日用品や化粧品、雑貨業界を中心としたメーカー・流通業の電子データ通信交換サービス(EDI)が利用率、利用企業数とも伸び、より高度な手順への完全移行も実現した。
 通期の見通しは据え置き、売上高を25.40億円(前期比2.0%増)、営業利益を4.60億円(同3.7%減)、経常利益を4.70億円(同4.3%増)。第1四半期の段階で営業利益が通期予想の31%を確保するなど、利益確保の進捗が早い点が注目される。
 30日の株価は29円高の515円で終了。11月25日の465円を安値に3営業日連続で下値を切り上げて終わり出直り基調となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:40 | 株式投資ニュース

「松やに」高騰うけハリマ化成と星光PMCが提携、製紙用原料で共同調達や生産委託など推進

 ハリマ化成<4410>(東1)星光PMC<4963>(東2)は30日の大引け後、製紙用主要材料のロジンサイズ剤事業に関する業務提携を発表した。
 ロジンサイズ剤は製紙用の主要材料のひとつで、ここ、中国産をはじめとする原材料価格の高騰が目立つため、原材料の共同調達や生産の相互委託などで効率化を進める。基本原料は松脂(まつやに)。
 ロジンサイズ剤は、日本では中国産の輸入天然ガムロジン(CGR)と、製紙用パルプ生産時の副産物から工業的に生産されるトール油ロジン(TOR)が主に使用されており、ハリマ化成は、日本における唯一のTOR製造メーカー。星光PMCは製紙用薬品の大手。
 ハリマ化成の株価は9円高の475円で終了。10月の高値から調整を続けてきたが、26日の456円を安値に2日続伸となった。一方、星光PMCは3円安の262円で終了。ドバイ・ショックの27日は変わらずで終わり、ともに影響はほとんどない動きとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:10 | 株式投資ニュース

【明日の動き】全般は戻りを試す展開、DeNA・楽天などに短期資金集中も

 株式市場明日の動き 30日の東京市場は、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の信用不安が一服に加え、量的金融緩和など政策期待から、ほぼ全面高で日経平均株価の大引けは、264円03銭高の9345円55銭と3日ぶりに大幅反発となった。不動産株・銀行株を中心に、東証1部業種別指数は、全33業種が上昇した。東証1部の市場、値上がり銘柄数は1491、値下がりは136、変わらずは57。
 
 目先は、期待先行ながら戻りを試す展開を想定。ただ、明日は期末特有のドレッシング買いがなくなるほか、戻り一巡感が出るようだと、ディー・エヌ・エー<2432>(東1)や、楽天<4755>(JQ)など、携帯電話関連やネット関連といった外部環境に左右されない好レーティングが付与された値動きのいい銘柄に短期資金が集中すると予想する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:04 | 株式投資ニュース

30日の東京株式市場はドバイの影響限定的との見方などを好感し3日ぶりに大幅反発

091130大引け 30日の東京株式市場は、ドバイ企業の信用不安の影響は限定的との見方と首相の円高・株安対策表明を受けて急反発、東証1部上場銘柄の約88%が値上がりした。日経平均は投信などの月末を意識したドレッシング買いも加わり、大引けは264円高03銭高の9345円55銭と3日ぶりに大幅反発した。
 
 東証1部の出来高概算は24億6841万株、売買代金は1兆5426億3600万円。1部上場1686銘柄中、値上がり銘柄数は1491、値下がりは136。東証33業種別指数は全業種が高い。
 
 業種別で値上がり率1位の不動産株は、首相が円高・株安対策の中で企業の資金繰り対策として緊急保証制度の延長などに触れたことが材料と敬意を表する見方があった。タクトホーム<8915>(東1)はストップ高と買われ値上がり率3位。前週末にドバイショックで軒並み下落した建設株が上昇に転じたほか、みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)が年初来安値から出直るなど銀行株もほぼ全面高。また、朝寄り前に発表された鉱工業生産指数が前月比では8ヶ月連続の増加となったため、鉄鋼株、機械、ガラス・土石、輸送用機器などの指数の値上がりが目立った。

 また、ディー・エヌ・エー<2432>(東1)が外部環境に左右されにくい銘柄のひとつとして引き続き人気を集めストップ高と買われ連日高値を更新、同様にディフェンシブ感覚の銘柄として電力株、JR各社も堅調。各業界の再編ムードを映して日本M&Aセンター<2127>(東1)も高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:32 | 株式投資ニュース

北海道地区などで公共工事が徐々に執行され、カナモトの10月決算は営業黒字に転換

 カナモト<9678>(東1)が30日の大引け後、集計中の10月本決算の見通しを上方修正。連結営業損益を前回発表の赤字から黒字に転換するなど、売上高、利益とも8月で示した予想を上回るとした。
 民間工事は引き続き厳しい状況のままだったが、北海道地区などで、公共工事が徐々に執行されたことから、やや回復をみせたとし、連結営業損益を従来予想の6.50億円の赤字から1.37億円の黒字に、連結経常損益は10億円の赤字予想を2.22億円の赤字に、などと修正した。単体では経常損益も黒字転換に修正した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:30 | 株式投資ニュース

明電舎と小野測器が自動車試験機事業で業務資本提携、相手株を相互に市場買い付け

  明電舎<6508>(東1)小野測器<6858>(東1)が14時、自動車試験機事業で業務資本提携を発表。明電舎の株価は次第高となって前場の高値を更新、小野測器は瞬間的に伸びただけだったが、大引けまで堅調だった。
 発表では、相互に市場買い付けを通じて相手方の株式を取得。明電舎は年内をメドに小野測器の発行済み株式の5.95%に相当する180万株を取得し、一方、小野測器は2010年6月をメドに明電舎の発行済み株式の0.11%に相当する25万株を取得するという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:01 | 株式投資ニュース

東京製綱とフェローテックが後場「提携解消」を発表、フェローテックは一段高

 東京製綱<5981>(東1)フェローテック<6890>(JQ)が14時、「ワイヤーソー事業の提携解消」を発表。東京製綱の株価は211円(17円高)前後で高値もちあいのままだったが、フェローテックは発表後一段高となり67円高の810円まで上伸した。
 この提携は、太陽電池の主素材であるシリコンを薄切りする際に使用する切断装置の販売に関連し、両社グループ合弁で08年5月、中国に新会社を設立したもの。発表では、その後、太陽電池市場の受注環境の変化に応じ、各々の事業プラットフォーム上で独自の展開を行なうことで合意したとしている。合弁会社は東京製綱の100%子会社になるという。
 両社の株価とも、11月に入り一段安となったものの底練り相場に転じており、東京製綱は11月17、25日で2点底を完成した形になっており、フェローテックも865円を上回れば19、27日を安値とした2点底が完成する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:38 | 株式投資ニュース

ステラ ケミファが後場一段高、大手F投信の保有増加が伝わりドレッシング買いなどの思惑

 ステラ ケミファ<4109>(東1)が後場一段高となり上げ幅を500円に拡大、5営業日ぶりの急反発となって4400円台を回復してきた。直近の大量保有報告書で、フィデリティ投信の保有割合が拡大したことが判明し、注目されている。
 フィデリティ投信の保有割合は5.32%から6.75%に増加。また、同投信の保有割合は大黒天物産<2791>(東2)も5.45%から6.52%に増加し、株価は前場280円高の2850円まで急伸し年初来高値を更新した。市場には、11月の月末最終日とあって、いわゆる「帳簿を調える」ドレッシング買いもあるのではとの見方も出ている。
 また、ステラ ケミファには、日産自動車<7201>(東1)が長寿命の電気自動車用バッテリーを開発と伝えられたため、これに関連した連想買いが入っているとの見方もある。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:04 | 株式投資ニュース

ぐるなびが後場一段高で値上がり幅上位、忘年会シーズンを前にサイト閲覧の繁忙化を予想

 ぐるなび<2440>(東1)が後場一段と値を上げ、1時過ぎに1万2200円高の18万9600円まで上伸して東証1部の値上がり幅4位に浮上した。忘年会シーズンを前に、ネットでの飲食店探しが増加するとの期待がある。業績は好調にもかかわらず11月初の約24万円から27日には17万円台まで下げてきており、相対的な手がけやすさも出ているようだ。
 主事業の飲食店情報サイト関連事業が好調で今期も2ケタ増益の見通し。忘年会シーズンに加えて、この年末年始は「近場で」「安く」との過ごし方が増えそうと見られており、サイト閲覧の繁忙期が長期化するとの見方が出ている。
 株価は11月初から27日まで約6万5000円下落し、反発したばかり。半値戻しの水準が21万円前後になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:27 | 株式投資ニュース

新光電気工業が後場再び上げ幅を100円台に広げ強調持続、パソコン市場の回復期待が続く

 新光電気工業<6967>(東1)が後場再び上げ幅を100円台に広げて1220円(106円高)まで上伸し、東証1部の値上がり率ベスト10内に顔を出した。前場、一気に反発して3営業日ぶりに1200円台を回復、9月から長期低落を続けてきただけに、リバウンドの幅も大きくなる可能性がある。
 同社は売上高の60%強を海外で得るため、円高は逆風だが、ICリードフレームなどが期初の見通しを上回り、9月第2四半期の決算では通期見通しを増額修正。下期は「ウィンドウズ7」効果によるパソコン市場の回復に期待が集まっている。
 株価は9月につけた高値1924円から長期低落中だが、11月27につけた1107円までで下げ波動の3波目に一巡の兆しが出はじめており、低迷相場からのリバウンドもそれなりに大きくなる可能性をうかがわせている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:01 | 株式投資ニュース

楽天が前引けにかけて強調展開となり反発、電子マネー買収で評価引き上げが続く

 楽天<4755>(JQ)が前引けにかけて2500円高の6万8900円まで上げ、前引けも6万8300円の強調展開となった。前週末に発生したドバイショック時も1800円安の6万6400円にとどまり、トレンド上は右肩上がりを継続したこともあり、年初来高値6万9600円(11月13日)奪回が意識されている。
 さる11月5日、電子マネー「エディ」を運営する業界大手「ビットワレット」を買収し連結子会社化すると発表。これを材料に年初来高値に進んだ。27日付けではバークレイズキャピタル証券が目標株価を7万5000円から7万8000円に改定した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:08 | 株式投資ニュース

30日前場の東京株式市場はドバイの信用不安一服や首相の円高・株安対策を映し急反発

091130前引け 30日前場の東京株式市場は、ドバイ企業の信用不安一服と首相の円高・株安対策表明を受けて急反発、東証1部上場銘柄の約82%が値上がりした。日経平均は10時過ぎに232円64銭高の9314円16銭まで上昇したあと横ばいに転じ、リバウンドの域を出ない動きに転じたが、前引けは217円41銭高の9298円93銭。TOPIX(東証株価指数)も21.12ポイント高の832.13ポイントだった。
 東証1部の出来高概算は9億3708万株、売買代金は5468億円。1部上場1686銘柄中、値上がり銘柄数は1381、値下がりは224。東証33業種別指数は全業種が高い。
 業種別で値上がり率1位の不動産株は、首相が円高・株安対策の中で企業の資金繰り対策として緊急保証制度の延長などに触れたことが材料と敬意を表する見方があった。タクトホーム<8915>(東1)は値上がり率2位。前週末にドバイショックで軒並み下落した建設株もほぼ全面高。また、朝寄り前に発表された鉱工業生産指数が前月比では8ヶ月連続の増加となったため、鉄鋼株、機械、ガラス・土石、輸送用機器などの指数の値上がりが目立った。
 また、ディー・エヌ・エー<2432>(東1)が外部環境に左右されにくい銘柄のひとつとして引き続き人気を集め高値を更新、同様にディフェンシブ感覚の銘柄として電力株、JR各社も堅調。各業界の再編ムードを映して日本M&Aセンター<2127>(東1)も高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:41 | 株式投資ニュース

小林製薬が医療機器事業の分社化を好感し3800円を回復、底練り相場を脱出する動き

 小林製薬<4967>(東1)が11月17日以来の3800円(60円高)となり、底練り相場の脱出をうかがわせる様子を見せている。前週末27日の大引け後、医療機器事業部門を会社分割し、新設する小林メディカル株式会社に承継させると発表。効率化推進の期待が出ている。
 分割する医療機器事業の新会社は、登記日が2010年4月1日。すでに、医療機器事業として売上高95.07億円(今期予想は100億円)、営業利益3.96億円(同5億円)などの業績を上げている(09年3月期)。数字としては株式を上場してもいい企業になる。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:57 | 株式投資ニュース

帝人が軽量窓ガラス素材を好感し堅調、ドバイ・ショックでほとんど下げず需給は良好

 帝人<3401>(東1)が11円高の271円まで上昇したあとも堅調で、約半月ぶりに270円台を回復。現在の自動車用窓ガラスより3割軽い素材を実用化しトヨタ自動車<7203>(東1)が採用と伝えられたことを材料視、前週末のドバイ・ショックでも一時4円安にとどまり大引けは1円安まで戻し、この半月でV字型の回復となってきた。
 同社株の270円台回復は11月12日以来。前週末のドバイ・ショックでほとんど影響を受けなかったため、需給面での崩れがなく、材料に反応しやすい地合いといえる。業績は今3月期も減収減益と予想するが、証券会社の投資判断の中には24日付けで目標株価400円との評価もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

タクトホームが値上がり率2位など住宅株が値上がり上位、緊急保証制度の延長などを好感

 30日の東京市場では、タクトホーム<8915>(東1)東北ミサワホーム<1907>(東1)アーネストワン<8895>(東1)などが値上がり率上位に顔を出し、住宅関連株の値上がりが目立っている。鳩山首相が29日、首相公邸で株安・円高対策を協議し、緊急保証制度の延長などを協議したことが好感されている様子だ。
 タクトホームは9時55分現在で東証1部の値上がり率2位。東北ミサワホームは同3位。東栄住宅<8875>(東1)は同5位に顔を出している。鳩山首相が29日、関係閣僚を招集して株安・円高対策を協議し、企業の資金繰り対策として保証枠の追加や、緊急保証制度の延長などを補正予算に盛り込む方針と伝えられ、中小業者の多い住宅・不動産・建設業界に慈雨との受け止め方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:10 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーが一段高で高値を更新、外部環境に左右されにくいとして人気継続

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)が買い気配を13分切り上げた後1万5000円高の43万8000円で始まり高値を更新、その後も一段高で45万円台に乗って東証1部の値上がり幅1位となっている。
 9時20分現在、値上がり率でも一時5位に上昇。週明け30日の株式市場は株価指数が急反発しているが、ドバイの金融問題や円高観測など、いぜん不透明感が拭いきれないため、外部環境に左右されにくい銘柄としてディフェンシブ人気を集めている。材料面では、NTTドコモ<9437>(東1)と合弁会社を設立と24日の大引け後に発表してから再び動意が活発化しており、値幅の出る銘柄のため一両日中に50万円台乗るとの声もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:34 | 株式投資ニュース

日産自動車が容量2倍のリチウムイオン電池開発を好感し急反発、600円台で安堵感

 日産自動車<7201>(東1)が買い気配のあと13円高の618円で始まり一気に切り返している。従来に比べて充電できる電気の容量が2倍になる電気自動車用リチウムイオン電池の開発にメドをつけ、成果を30日に京都市で始まる電池討論会で発表と、29日付けの日本経済新聞朝刊が伝えた。株価にとって円高ムードは逆風だが、前週末に602円まで下げたあと600円を割らずに持ち直したことで、ひとまず安堵感が出ている雰囲気だ。
 同社が新開発した電池は、1回の充電でこれまでの約2倍に当たる300キロメートルの走行が可能で、2015年までに電気自動車への搭載を目指すという。ハイブリッド車では出遅れた印象のある同社だが、一挙に電気自動車で先頭集団に躍り出るとなると、株価に対する評価も変わってくる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース
2009年11月27日

ファンケルの月次は主ブランド3.4%増加など順調、好業績の内需消費関連株として人気化も−−引け後のリリース

■青汁は過去最高の品目含め8.4%増加

来週の1本 ファンケル<4921>(東1)が27日の大引け後に発表した10月の月次動向は、売上高が前年同月比2.4%増となり、販売チャネル別では、通信販売が同1.9%増、店舗販売が同6.8%減、卸販売・海外等その他は同17.5%増となった。
 事業別では、化粧品関連事業が同3.2%増。ブランド別では「ファンケル化粧品」が同3.4%増。「アテニア化粧品」はサマーキャンペーンの反動による落ち込みから回復基調にあるものの同4.9%減。栄養補助食品は同5.5%減。青汁事業は「ケールまるごと搾り」が過去最高の売上を計上するなどで8.4%増。
 第2四半期決算で示した今3月期の業績見通しは、連結売上高を前期比7.2%増、経常利益を同22.5%増などとし、消費不況の中で大幅な増益転換を見込むが、下期に入って最初の月は順調なスタートといえる。
 27日の株価は1636円〜1677円(21円安〜20円高)で推移し、終値は1658円(1円高)。TOPIX(東証株価指数)が約2.3%下落し日経225種平均の下げ幅が300円台に広がった中で強さが目立ち、11月13日に年初来高値1741円をつけたあとの中段もちあいが堅固な動き。円高など、外部環境が不透明な中で、好業績の内需消費関連株として資金を集める可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:41 | 株式投資ニュース

セプテーニが配当政策準拠なら見送るべき配当を実施、今期は収益急回復うけ増配を見込む

 セプテーニ・ホールディングス<4293>(JQ)は27日の大引け後、09年9月期末配当を900円に決定と発表した。前期実績は800円。配当政策である連結配当性向15%を目安とすれば見送りになるが、単体の業績などを踏まえて期初に予想した金額を実施するとした。
 前9月期の連結業績は、売上高が前期比7.6%増加したが、営業利益は同46.8%減、経常利益も同58.2%減となるなど、大幅減益だった。しかし、今期、2010年9月期の予想は売上高を2.9%増、営業利益を33.6%増、経常利益を65.6%増などとし、急回復を見込む。期末配当は1000円を見込んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:14 | 株式投資ニュース