[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/20)メディカル一光は自己株式取得を好感、業績見通し上方修正
記事一覧 (08/20)セキドが棒立ち20%高、業績好調と初の株主優待めざす買い参入
記事一覧 (08/20)東芝は強弱の材料が交錯!一本調子の上昇から目先は短期的な調整
記事一覧 (08/20)四国化成は大和総研のレーティングを材料に続伸。上昇トレンドの好チャート、PERは割安
記事一覧 (08/20)富士通は5日ぶり反発、パソコン国内出荷でNECを抜いてシェア首位と報じられる
記事一覧 (08/20)住友金属鉱山がニッケル事業の拡大を好感し反発,非鉄メジャー戦略進む
記事一覧 (08/20)あいHDは気配値切り下げ。今期好業績予想が利確売りに。押し目拾いも一手か
記事一覧 (08/19)北川精機が大幅減益決算、下値模索の可能性あるが下値メド堅固−−引け後のリリース
記事一覧 (08/19)【明日の動き】新型インフル関連が連日賑わう、輸出関連は調整?!
記事一覧 (08/19)カネコ種苗は新型インフル関連銘柄に資金吸われるが野菜は好材料
記事一覧 (08/19)19日(水)東京株式市場、大引け概況:円高推移やアジア株の動向を注視し日経平均は反落
記事一覧 (08/19)新プレステ3の効果は今ひとつ?ソニーがジリ安で任天堂は堅調
記事一覧 (08/19)京樽は閑散だが決算発表後の安値キープ、下値鍛錬を通過との見方
記事一覧 (08/19)19日(水)東京株式市場、前引け概況:日経平均は反落、一時反発も前引けにかけ下落傾向に
記事一覧 (08/19)インフル関連で反応薄も森下仁丹は事業両輪が回り出し中期成長性
記事一覧 (08/19)キーエンスはドイツ証券のレーティング引き上げで続伸。1万7000円フシから反発のタイミング
記事一覧 (08/19)サンコールが黒字化など手がかりに大幅続伸、トヨタ、ホンダ高も支援
記事一覧 (08/19)低価格眼鏡店のジェイアイエヌは反発。節約志向を追い風に出店加速と報じられる
記事一覧 (08/19)シキボウは6日続伸で新高値。新型インフル関連銘柄が再動意、繊維株が高い
記事一覧 (08/19)三洋電機はトヨタへのリチウムイオン電池供給うけ大量の買い物
2009年08月20日

メディカル一光は自己株式取得を好感、業績見通し上方修正

 メディカル一光<3353>(JQ)は、三重県が地盤の調剤薬局チェーンで、関西、東海、北陸などに約70店舗を展開している。イオンが筆頭株主。ジェネリック医薬品卸、老人ホーム、ホテル賃貸事業も展開している。
 19日、2009年3〜8月期(中間期)業績見通しの上方修正を発表した。従来予想に比べて売上高は3.7%上方修正の84.4億円、営業利益は25.3%上方修正の4.5億円、経常利益は31.2%上方修正の3.95億円、連結純利益は27.3%上方修正の1.82億円となる。処方箋単価の上昇などで調剤薬局の売上が増加し、コスト面では経費の減少が寄与した模様だ。同時に自己株式の取得も発表した。発行済株式数の2.06%に当たる200株を上限として自己株式を取得する。
 20日は買い優勢のスタートで、一時はストップ高となる前日比5万円高の39万円まで上昇し、年初来高値を一気に更新した。業績見通しの上方修正や自己株式の取得を素直に好感した。流動性に難点のある銘柄だが、年初来高値を更新したことで注目を集める可能性も考えられる。通期業績見通しの上振れに対する期待も支援材料となれば、上場来高値を視野に入れる展開も有望だろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:09 | 株式投資ニュース

セキドが棒立ち20%高、業績好調と初の株主優待めざす買い参入

セキドのHP セキド<9878>(東2)が一時値上がり率20%(20円高)の120円まで急騰し、10時15分現在も18円高の棒立ち相場となっている。8月中間決算(第2四半期)に向けてオープンセールやキャンペーンの効果が出ているとの予想に加え、新設した株主優待制度がこの8月20日現在の株主から適用されることも買い要因となっているようだ。120円台は08年5月初以来。

 株主優待の新設は7月17日に発表。初めての実施となる今年度は、8月20日、2月20日現在の株主名簿に記載された1万株以上の株主に対し、ポイント還元率7%のカードなどを贈呈する内容となっている。一方、配当は2月期末だけの実施となっており、05年2月期から無配を続けているが、6月に発表した第1四半期(3〜5月)決算では、今2月期に1円復配の意向を示した。今2月期の業績見通しは、売上高を前期比0.7%減、経常利益を同61.5%増、純利益を同8.8%減と予想している。

>>セキドのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:58 | 株式投資ニュース

東芝は強弱の材料が交錯!一本調子の上昇から目先は短期的な調整

 東芝<6502>(東1)は19日、中部電力<9502>(東1)から事業用の太陽光発電プラントを受注したと発表した。2011年秋に運転開始予定で、基本設計から機器納入、プラント建設までを一括受注した。同社は、太陽光発電プラント事業を新たな重点分野と位置付けて本格参入し、今回が初の大型プラントの受注となった。2015年度に同事業で売上高2000億円を目指している。
 20日は買い優勢のスタート。寄り付き直後には9円高の453円まで買われたが、その後はやや伸び悩みの状況で、上値を追うような力強い動きに欠けるようだ。半導体市況が上昇傾向にあることなども支援材料だが、一方では、パネル価格の高騰で液晶テレビの採算悪化懸念が観測報道されている。為替が1米ドル=94円近辺でやや円高傾向であることも、強気になれない材料だろう。強弱の材料が交錯している状況だ。
 また株価は7月下旬以降、320円近辺から反発し、400円近辺のフシを突破して、ほぼ一本調子で470円台まで急上昇した後だけに、目先は短期的な調整も必要な局面だろう。上値追いには慎重にならざるを得ない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

四国化成は大和総研のレーティングを材料に続伸。上昇トレンドの好チャート、PERは割安

 化学品と建材の四国化成工業<4099>(東1)は5円高の516円と続伸。一時528円まで買われ、17日につけた年初来高値515円を更新した。大和総研が投資判断を新規「2」(強気)としたことが、材料視されている。
 四国化成のチャートは、3月13日につけた年初来安値285円を底に、リバウンドトレンドとなっている。信用倍率は0.91倍の売り長で、PERは11.70倍と割安水準。現在の500円ラインはひとつのフシだが、中期でフシ上抜けといきたい。
 今期連結業績予想は純利益が前年比7.8%増の23億円と増益を見込んでいるものの、売上高と営業・経常利益は減益を予想。しかし『会社四季報』には、次期2011年3月期は増収増益との予想値が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

富士通は5日ぶり反発、パソコン国内出荷でNECを抜いてシェア首位と報じられる

 富士通<6702>(東1)は2円高の611円と、変わらずを含めて5日ぶり反発。20日付け日経朝刊などの報道によると、調査会社IDCジャパンが19日に発表したデータで、2009年4〜6月期の国内パソコン出荷順位は、富士通が16.2%のシェアを獲得して首位となり、6四半期ぶりにNEC<6701>(東1)(シェア16%)を抜いたことが、材料視されている。低価格パソコンなど個人向けが寄与したほか、中小企業向けが比較的堅調に推移したという。
 富士通のチャートは、10日につけた年初来高値657円からの反落局面。600円フシに当たり、反発のタイミングとなっている。また、信用倍率は0.61倍の売り長となっており、買い戻しも入ってきている。次のフシ700円ラインを目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

住友金属鉱山がニッケル事業の拡大を好感し反発,非鉄メジャー戦略進む

 住友金属鉱山<5713>(東1)がフィリピンで最大手のニッケル鉱山買収を手がかりに40円高(1460円)で始まり、4営業日ぶりに反発している。1400円の大台を割らずに反発したため、このまま推移すれば戻り高値1538円(8月14日)奪回を意識するムードも出ている。

 19日の夕刻、同国最大のニッケル鉱山会社:ニッケル・アジア・コーポレーション(略称ナック)の株式16.5%を約39百万米ドルで取得と発表。同社の傘下には、住友金属鉱山が同国で操業するコーラルベイ社に鉱石を供給する企業もあり、戦略的にも、将来にわたってより緊密なパートナーとして関係を構築する方針。住友金属鉱山が2000億円を投資してフィージビリティスタディを実施中のタガニートHPAL(高圧硫酸浸出)プロジェクトへも、ナックの子会社が鉱石を供給する予定だ。同社が目指している「非鉄メジャー入り」の有力戦略とする。
 同社の業績は、ここ、非鉄市況の急落、電子・機能性材料の需要減、価格下落などを受けて低迷し、株価も連続減配などが響いて調整してきたが、ニッケル価格をはじめとする国際非鉄市況が投機資金の流入や中国での需要拡大などによって回復傾向を示しており、見直し余地が広がっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース

あいHDは気配値切り下げ。今期好業績予想が利確売りに。押し目拾いも一手か

 デジタルセキュリティシステム運営・業務用コンピュータ周辺機器製造などを行なっている、あい ホールディングス<3076>(東1)は16円安の341円売り気配。19日に発表した2009年6月期連結決算は、売上高と営業利益が前年比減収減益、経常・純利益は同増益となった。2010年6月期連結業績予想は、売上高245億円(前年比5.1%増)、営業利益16億円(同3.3%増)、経常利益20億5000万円(同1.3%減)、純利益10億7000万円(同10.7%増)。
 チャートは7月13日につけた直近安値304円から反発し、上昇トレンドで来ていた。信用倍率は13.16倍と、大幅な買い長となっており、今期好業績予想の発表が、利益確定売りにつながっているようだ。
 今期配当金は12月中間と6月期末、それぞれ8円の年間計16円予想。現在の気配値で利回り約4.7%の計算となる。中期チャートでは上値余地はまだまだ大きく、押し目拾いで配当取りと値上がり益の二兎を追うのも一手かもしれない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:46 | 株式投資ニュース
2009年08月19日

北川精機が大幅減益決算、下値模索の可能性あるが下値メド堅固−−引け後のリリース

引け後のリリース、明日の1本 北川精機<6327>(JQ)が19日の引け後に発表した6月本決算は従来見通しを大きく下回る着地になり、株価材料としてはマイナス要因になる可能性が高い。ただ、同時に発表した特損・業績修正は、終わった期の説明に過ぎず、今期の見通しは増益への転換を見込んでいる。
 株価に対しては、ある程度、懸念材料の出尽くし感をもたらす可能性があり、下値模索を強めた場合でも、チャートでは一応の下値メドが視界に入りつつあるため、株価の特性として「目標値」の前で下げ止まる可能性がある。

■基盤プレスなどの引き合い増勢、キャパシタも重荷一掃

 前6月期は、プリント基板プレスが国内外とも減少したほか、FAシステム事業、ソーラーシステム事業ともふるわず、注目の電気二重層キャパシタ(EDLC)事業も世界計器の停滞を受けて予想より伸び悩んだ。半面、海外向けの合板プレス、合板機械は好調で、国内向けの油圧機器も順調だった。連結売上高は70.56億円(前期比16.6%減、従来見通しは74.65億円)、経常利益は0.59億円(同92.2%減、同2.80億円)、純利益は8.23億円の赤字(前期は黒字2.37億円、同0.1億円の黒字)。
 今期は、EDLC事業に関する評価見直し損失などの処理を前期で終えた上、プリント基板プレスの引き合いが内外とも増勢に転じており、とりわけ収益環境の好転が期待できそう。ソーラーシステム事業では、パネル用ラミネータ装置の積極展開をはかる。
 株価は、5月以降の安値である328円(5月18日)、330円(7月14日)がチャートでの下値メド。下落余地はまだ30円前後あるものの、これらの安値はかなり目立つ突っ込みの結果、形成されているため、かなり堅固な下値メドといえる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:39 | 株式投資ニュース

【明日の動き】新型インフル関連が連日賑わう、輸出関連は調整?!

 株式市場明日の動き 日経平均株価の大引けは、80円96銭安の1万204円00銭と反落。全般は、アジア株の動向を注視するとともに、外為相場の円高進行を嫌気された。中でも、新型プレステ3発表のソニー<6758>(東1)は、米国個人消費に対する先行き懸念や外為相場相場に神経質な動きで、材料にも反応せず25日移動平均線を割り込み続落となるなど、調整局面入りが懸念される。
 その一方で、新型インフルエンザの感染拡大が勢いを増し、全国的に流行期に入りつつあることが報じられシキボウ<3109>(東1)など繊維株をはじめとした新型インフルエンザ関連が騰勢を強めるなど、材料株物色の色彩を色濃くした。HV車関連のジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)や、農業関連の井関農機<6310>(東1)が下げるなど、動きのいいに新型インフルエンザ関連に乗り換える動きも加速している。
 明日、外部環境が好転すれば、5日移動平均線あたりを目安に上値を試す場面も想定されるが、全般は戻り売り圧力が強い動きとなることが予想される。個別では、新型インフルエンザ関連をはじめとした低位材料株物色が続こう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:16 | 株式投資ニュース

カネコ種苗は新型インフル関連銘柄に資金吸われるが野菜は好材料

 カネコ種苗<1376>(JQ)は朝方に17円高(970円)まで反発したものの大引けは15円安。天候不順による野菜市況の高騰を材料視しながらも、結果的には新型インフルエンザ関連銘柄に資金を吸い取られるような続落となった。ただ、昨年来の高値である988円(8月14日)からの下げは浅く、適度な休養程度と楽観視する見方もある。

■キャベツ種の積極展開など進む

エダマメ 前5月期の業績は3期連続での増収増益となっており、連結売上高は前期比7.1%増、営業利益は同21.0%増など、各段階の利益がすべて二ケタ増となった。農業資材事業が、昨年12月に同業界の大手・太洋興業の民事再生法申請にともない想定外の動きをみせたこともあるが、キャベツ種の戦略を欧州で需要の高い寒玉系にマトを当てて積極推進しており、またエダマメは昨今の外食節約・家庭回帰の潮流を受けて今シーズン増加傾向となったことなど、今期以降も事業環境は堅調に推移するとみられている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:02 | 株式投資ニュース

19日(水)東京株式市場、大引け概況:円高推移やアジア株の動向を注視し日経平均は反落

090819大引け 19日(水)の東京株式市場、日経平均株価の大引けは、80円96銭安の1万204円00銭と反落。新型インフルエンザ感染拡大に対する警戒感が高まったほか、円相場が1ドル=94円台半ばと若干円高に推移、アジア株の動向を注視し手控えムードが強まり、軟調に推移した。18日の米国株式市場、ダウ工業株30種平均は3日ぶりに反発し、前日比82ドル60セント高の9217ドル94セントで終えた。大幅安の翌日で、値ごろ感や自律反発狙いの買いが入った。円相場は1ドル=94円台半ばで推移。東証1部業種別株価指数は、繊維製品、輸送用機器、医薬品、その他製品の4業種が上昇。保険業、海運業、不動産業、その他金融業、証券商品先物など29業種が下落。東証1部市場の値上がり数は465銘柄。値下がり数は1097銘柄。変わらずは122銘柄。

 個別では、新型インフルエンザの感染拡大が勢いを増し、全国的に流行期に入りつつあることが報じられシキボウ<3109>(東1)をはじめとした繊維株や、電気化学工業<4061>(東1)など新型インフルエンザ関連銘柄が続騰。トヨタ自動車<7203>(東1)からハイブリッド車用電池の供給を受けると報じられた三洋電機<6764>(東1)が、東証1部市場出来高トップで急伸。三菱UFJ証券の投資判断引き上げを材料に富士電機ホールディングス<6504>(東1)が、続伸するなど、低位材料株を物色する動きが一段と強まった。

 一方、新型プレステ3発表のソニー<6758>(東1)は、米国個人消費に対する先行き懸念や外為相場相場に神経質な動きとなり続落。モルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げのクレディセゾン<8253>(東1)は、反応薄で続落。前日急伸のパル<2726>(東1)は、利益確定売り先行。また、三井住友海上グループホールディングス<8725>(東1)などの保険株、住友不動産<8830>(東1)東急不動産<8815>(東1)など不動産株といった内需関連が売られた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:37 | 株式投資ニュース

新プレステ3の効果は今ひとつ?ソニーがジリ安で任天堂は堅調

PS3 ソニー<6758>(東1)が後場も前引けと同じ2565円(前日比35円安)で始まり、14時現在、前後場を通じて10円安から直近の65円安までジリ貧商状となっている。朝発表した新型プレステ3のニュースリリースの効果に期待をかける動きはあるが、ライバル任天堂<7974>(東1)の株価が24850円(370円高)と堅調さを続けていることもあり、一部、落胆ムードも漂っているようだ。

■現行モデルの値下げは年始商戦に向けて期待

 午前9時ちょうどに、新型プレイステーション 3「CECH−2000」を9月1日から全世界で発売と発表。日本では9月3日からになり、希望小売価格は国内が1台2万9980円(税込み)、他地域は同299米ドル、299ユーロで発売とリリースした。また、新機種の発売に先駆けて、8月18日から現行モデル「HDD80GB」を値下げするとも発表。これまでの現行モデルは価格面で任天堂やマイクロソフトの製品より高価な印象があっただけに、年末年始商戦に向けての戦略に期待感が出ていた。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:09 | 株式投資ニュース

京樽は閑散だが決算発表後の安値キープ、下値鍛錬を通過との見方

 京樽<8187>(JQ)が後場は13時5分現在5万5900円ヤリ(前日比300円高)、5万5000円カイ(同100円安)で約定なしとなっている。前引けは700円高(5万5800円)。出来高も3単元にとどまり静観小動きといったところだが、6月第2四半期の決算見通しを下方修正した8月6日の株価は安値が5万4000円、決算を発表した翌7日の安値は5万4600円のため、業績面での下値鍛錬は通過済みとの見方だ。

■コスト削減策などの効果発生に期待つなぐ

 同社の業績は、営業利益をはじめ各段階の利益とも08年12月期から赤字に転換、09年12月期は黒字回復を計画するが、6月第2四半期の決算は連結売上高が前年同期との単純比較で13.7%減、営業損益は6.01億円の赤字(前年同期は1.16億円の赤字)となった。
 仕入れ価格の低減努力に加え、本部経費などを含む管理費の節減を進めたが、5月の新型インフルエンザ流行を受けて客数が伸び悩み、1〜6月の出店14、退店9という積極的な店舗政策にともなう先行費用などもあった。イートイン事業では、レストランからの乗り換えになる「うおえもん」の事業基盤強化を目的にオペレーションの見直しや商品の入れ替え、鮮度管理の新システム導入などを行った。
 12月通期の見通しは、売上高を10億円減の280億円(前期比11.1%減)としただけで、利益見通しは据え置き、営業利益を2.0億円(前期は赤字4.38億円)、経常利益を2.3億円(前期は赤字3.76億円)などとしたが、上期に実施した諸施策の効果に期待が持たれている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース

19日(水)東京株式市場、前引け概況:日経平均は反落、一時反発も前引けにかけ下落傾向に

090819前引け 19日(水)の東京株式市場、日経平均株価の前引けは、24円46銭安の1万0260円50銭と反落。一時1万0327円まで上昇し、前日終値1万0284円を超える場面もあったが、前引けにかけて下落している。18日の米国株式市場、ダウ工業株30種平均は3日ぶりに反発し、前日比82ドル60セント高の9217ドル94セントで終えた。大幅安の翌日で、値ごろ感や自律反発狙いの買いが入った。円相場は1ドル=94円台後半で推移している。東証1部業種別株価指数は、輸送用機器、繊維製品、電気機器など14業種が上昇。保険業、不動産業、その他金融業など19業種が下落している。東証1部市場の値上がり数は590銘柄。値下がり数は899銘柄。変わらずは185銘柄。

 個別では、富士電機ホールディングス<6504>(東1)が三菱UFJ証券のレーティング引き上げを材料に続伸している。キヤノン<7751>(東1)はゴールドマン・サックス証券のレーティング引き上げで続伸。三洋電機<6764>(東1)トヨタ自動車<7203>(東1)が同社からハイブリッド車用電池の供給を受けると報じられ、反発している。また、電気化学工業<4061>(東1)東洋紡<3101>(東1)など新型インフルエンザ関連銘柄が引き続き買われている。

 一方、クレディセゾン<8253>(東1)はモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げたものの、続落。パル<2726>(東1)は前日の急伸から、今朝は利益確定売りの場面となっている。また、三井住友海上グループホールディングス<8725>(東1)などの保険株、住友不動産<8830>(東1)東急不動産<8815>(東1)など不動産株に安い銘柄が目立つ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:24 | 株式投資ニュース

インフル関連で反応薄も森下仁丹は事業両輪が回り出し中期成長性

 新インフルエンザ関連銘柄が人気化する中で、17日にインフルエンザ対策製品の発売を発表した森下仁丹<4524>(東2)は前日比変わらずの261円から1円安の間で小動きを続け、今のところカヤの外となっている。しかし、カプセル事業に加え、伝統の生薬関連事業からも久々の大型商品が登場した点で、時節ネタにとどまらない成長性を秘めている事も確かだ。

■抗肥満性で注目の生薬ローズヒップも本格化

 インフルエンザ対策製品は手指の殺菌・除菌などに便利な消毒ジェル、消臭スプレー。マスク関連のシキボウ<3109>(東1)、ワクチンの栄研化学<4549>(東1)の上げ率が十数%に達し、イワキ<8095>(東1)電気化学工業<4061>(東1)なども出来高をともなっているのに比べれば、冴えない印象は否めない。
 ただ、カプセル事業(マイクロシームレスカプセル)は清涼菓子FLISK(フリスク)をはじめ医・食品向けに堅調。加えて伝統の生薬関連事業では、抗肥満性が注目される「ローズヒップ」抽出物が久々の大型商品として登場し、コカ・コーラグループから新飲料として出たのを皮切りに、クルマの両輪が回転し始めた。事業領域の拡大により大きく変貌する可能性を秘めている。

>>森下仁丹のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:22 | 株式投資ニュース

キーエンスはドイツ証券のレーティング引き上げで続伸。1万7000円フシから反発のタイミング

 検出・計測制御機器や試験研究機器のメーカー、キーエンス<6861>(東1)は続伸。470円高の1万7640円まで買われている。ドイツ証券が19日付けのレーティングで、投資判断を「Hold」(中立)から「Buy」(買い)へ、目標株価を1万9000円から2万1000円へ引き上げたことが、買い材料となっている。
 また、チャート的には、6月8日につけた年初来高値2万1170円からの反落局面で、1万7000円フシに当たり、反発のタイミングともなっていた。まずは次のフシ1万8000円ラインまでの戻りが目標となりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:51 | 株式投資ニュース

サンコールが黒字化など手がかりに大幅続伸、トヨタ、ホンダ高も支援

 サンコール<5985>(大1)が大幅続伸となり、20円高(345円)で始まったあと29円高まで伸びて19円高となっている。昨18日の引け後、9月第2四半期の業績見通しを一転、黒字の見込みに増額修正、同時に自己株取得(自社株買い)も発表したことが好感された。

■自動車生産の回復を裏付ける格好に

 株価は、発表前の昨日も急伸(終値32円高)したため、一部には懐疑感もあったが、増額の背景については、取引先からの需要が当初設定を上回る見込みとしたため、大口需要家であるトヨタ自動車<7203>(東1)ホンダ<7267>(東1)の生産回復をあらためて連想させる格好にもなった。
 増額後の第2四半期業績見通しは、連結売上高が113.0億円→121.0億円、営業利益が赤字3.4億円→2.8億円、経常利益が赤字3.75億円→3.0億円、など。前年同期比では、増額後も売上高が30.6%減、営業利益が78.9%減、経常利益も80.0%減だが、受注の増加に加えて生産性の向上、歩留まりの改善などを進めた効果も出た模様。通期の見通しは据え置いた。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:31 | 株式投資ニュース

低価格眼鏡店のジェイアイエヌは反発。節約志向を追い風に出店加速と報じられる

 ジェイアイエヌ<3046>(HC)は2円高の122円と4日ぶり反発。本日19日付け日本経済新聞朝刊の、「眼鏡一式を1万円以下で販売する低価格の眼鏡専門店チェーンが出店を加速する」との記事で、その1社として取り上げられたことが、手がかり材料となっているもようだ。
 記事によると、『ジンズグローバルスタンダード』を展開するジェイアイエヌは、2009年8月期に眼鏡店の店舗数を64店(前年度末52店)に伸ばし、3年後に現在の1.5倍の100店体制とする計画という。不採算店の閉鎖を進める大手眼鏡専門店が多いなか、低価格店は消費者の節約志向を追い風に店舗拡大を急ぐ、と報じられている。
 ジェイアイエヌのチャートは、6月30日につけた年初来高値145円からの調整局面。120円フシに当たり、反発のきざしが出ているものの、信用買い残が多く、上値の重しとなりそうだ。中期ではともかく、目先は押し目待ちが無難なようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:30 | 株式投資ニュース

シキボウは6日続伸で新高値。新型インフル関連銘柄が再動意、繊維株が高い

 シキボウ<3109>(東1)は17円高の224円と6日続伸。一時230円まで買われ、4月30日につけた年初来高値224円を更新した。チャートは高値圏にあり、PERは約70倍、信用倍率は5倍台の買い長となっている。ここは割り切った短期売買か、押し目待ちが無難なようだ。

 報道によると、国立感染症研究所が18日、全国約5000のインフルエンザ定点医療機関を対象にした調査で、8月3〜9日のインフルエンザ感染者数が4630人となり、1医療機関あたり0.99人と、全国的な流行の指標である1.00に相当する水準に達したと発表したことで、新型インフルエンザ関連銘柄が再び動意づいている。
 同社をはじめとした繊維銘柄に物色が入っており、東洋紡<3101>(東1)ダイワボウホールディングス<3107>(東1)サカイオーベックス<3408>(東1)などが高い。東証1部業種別株価指数では、繊維製品セクターが値上がり率上位となる場面が続いている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース

三洋電機はトヨタへのリチウムイオン電池供給うけ大量の買い物

 三洋電機<6764>(東1)が朝一番から2000万株を超える買い注文を集めてカイ気配を切り上げる展開となっている。トヨタ自動車<7203>(東1)がハイブリッド車用のリチウムイオン電池を三洋電機から調達、との大手経済紙報道が好感され、9時20分現在では249円(25円高)で売り約1300万株、買い約2430万株。この日の制限値幅は80円。
 同社は10年以上前から電気自動車用の新型電池の研究開発に着手しており、2001年にはトヨタの初代プリウスを純粋な電気自動車化して公道実可能な試作車まで製造した経緯がある。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:30 | 株式投資ニュース