[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/11)フリービットの3Qは大幅増収増益。次期増収増益観測も――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (03/11)11日(水)東京株式市場、大引け概況
記事一覧 (03/11)環境・エネルギー関連の日本電気硝子が急反発し三角保ち合い上放れの様相
記事一覧 (03/11)スターゼンに見直し買い、今来期増益見通しで業績に安心感
記事一覧 (03/11)ネット通販のネットプライスドットコムはストップ高。次のフシ8万円目指すか、調整局面と見て売りか
記事一覧 (03/11)鹿島は反落局面に営業停止処分発表が追い討ち。底値圏脱出へ日柄調整の場面か
記事一覧 (03/11)テルモは後場も続伸。全面高のなかでも精密機械セクターは値上がり率上位に
記事一覧 (03/11)日産自動車は続伸。好地合いで全面高のなか「仏ルノーとのエンジン共用拡大」報道も材料
記事一覧 (03/11)ドラッグストアのスギHDは上場来安値から反発。通期売上高速報値は前年比2.6%増
記事一覧 (03/11)東洋製作所は反発、一部上方修正と増配を好感
記事一覧 (03/11)11日(水)東京株式市場、前引け概況
記事一覧 (03/11)マルハニチロHDはギャップアップ。日経平均株価の構成銘柄への採用発表で
記事一覧 (03/11)東芝は「次期1000億円の営業黒字」観測報道で反発。底値圏モミ合い上放れへ
記事一覧 (03/11)日本製紙G本社はモミ合いから反発。「無花粉スギの効果的な増殖技術開発」発表も材料
記事一覧 (03/11)パシフィックHDは会社更生手続開始申立でストップ安売り気配。整理銘柄に指定、4月上場廃止へ
記事一覧 (03/10)【明日の動き】日経平均株価は3日続落、イビデンや日本ガイシは環境・エネルギー関連の旗振り役となれるか
記事一覧 (03/10)10日(火)東京株式市場、大引け概況
記事一覧 (03/10)フジスタッフHDは自社株買いを発表――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (03/10)システム・テクノロジー・アイが4日続伸し高値奪回を視野に
記事一覧 (03/10)『生活救急車』のジャパンベストレスキューシステムは上場来安値から反発
2009年03月11日

フリービットの3Qは大幅増収増益。次期増収増益観測も――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 フリービット<3843>(東マ)は11日の大引け後に、第3四半期(2008年5月〜2009年1月)決算を発表した。連結で、売上高79億4800万円(前年同期比57.0%増)、経常利益11億2100万円(前年同期の3.9倍)、純利益11億5800万円(同4.4倍)と、大幅増収増益となった。
 2009年4月期連結業績予想は、売上高110億円(前年比36.2%増)、経常利益15億円(同113.4%増)、純利益15億円(同137.2%増)の前回予想を据え置いている。
 11日終値は1万9000円高の57万4000円。チャートは1月21日につけた直近安値35万3000円を底に反発、続伸トレンドとなっている。好業績をバネに、このまま続伸で、戻り高値65万円ライン奪回を目指す。
 『東洋経済オンライン』サイトの3日付け『四季報中小型銘柄先取り』によると、次期2010年4月期連結業績は増収増益の予想値。かつ、『会社四季報』前号の予想値と比べると、一部上ブレした予想値が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:42 | 株式投資ニュース

11日(水)東京株式市場、大引け概況

■米国株高受け日経平均急反発、買戻し主導の動き

 11日(水)の東京株式市場、日経平均株価の大引けは、321円14銭高の7376円12銭と大幅反発。10日の米株式市場でダウ工業株30種平均が急反発し、前日比379ドル44セント高の6926ドル49セントで引け、今年最大の上げ幅となったことなどを受け、買戻し主導の動きとなった。
 東証1部業種別株価指数では、証券商品先物、保険業、ゴム製品、精密機器など29業種が上昇。電気・ガス業、情報・通信業、陸運、空運の4業種が下落した。東証1部市場の値上がり数は1211銘柄。値下がり数は381銘柄。変わらずは117銘柄。全般相場は、東証1部市場で前場に比べて値上がり数が減少、陸運、空運の2業種が下落に転じるなど伸び悩む動きとなったが、逆日歩3日分がついたことなどから後場買戻しが加速し225の指数は上げ幅を拡大した。
 
 個別では、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)中央三井トラスト・ホールディングス<8309>(東1)三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)などの銀行株、大和証券グループ本社<8601>(東1)野村ホールディングス<8604>(東1)などの証券株、来期1000億円の営業黒字観測が伝えられた東芝<6502>(東1)コニカミノルタホールディングス<4902>(東1)ソニー<6758>(東1)などの電機株、新日本製鐵<5401>(東1)住友金属工業<5405>(東1)ジェイエフイーホールディングス<5411>(東1)などの鉄鋼株等が買い戻された。
 また、日経平均銘柄への採用が発表されたマルハニチロホールディングス<1334>(東1)、990円ジーンズを発表したファーストリテイリング<9983>(東1)など、材料株も買われたほか、環境・エネルギー関連では、日本電気硝子<5214>(東1)日本ガイシ<5333>(東1)が上値追い、農業関連では住友化学<4005>(東1)が直近高値を上回るなどテーマ銘柄の健在も確認された。なお、前日10日の大引け後に会社更生手続き開始を発表したパシフィックホールディングス<8902>(東1)は、ストップ安の1614円で比例配分となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:41 | 株式投資ニュース

環境・エネルギー関連の日本電気硝子が急反発し三角保ち合い上放れの様相

 日本電気硝子<5214>(東1)が、55円高の726円と急反発し2月26日高値707円を上回り三角保ち合い上放れの様相を呈している。
 同社の2009年3月期第3四半期(3Q)決算が好調のほか、リチウムイオン電池と太陽電池の環境・エネルギー関連の好材料を内包していることが買い手掛かり。
 3Q純利益は前年同期比15%増の399億円で、液晶用基板ガラスの販売が、昨年秋以降に大きく落ち込んだものの、08年4―6月期の好調で増益を確保、09年1―3月期で業績の最悪期は脱する見通し。
 2月13日、同社と岩手大学が厚さ30マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルのガラス基板を使った薄膜リチウムイオン電池を開発したと発表しているほか、同月27日には、太陽光発電に用いられる世界最大で高性能の太陽光反射ミラーの販売を開始したと相次ぎ環境・エネルギー関連の注目材料を発表している。
 株価は、12月26日につけた昨年来安値439円を底に、25日移動平均線を下値支持線として上昇し、信用取組倍率1.05倍と売り買い拮抗の好取組から短期資金も介入し、三角保ち合いを上放れ方向となっている。

【関連】リチウムイオン電池銘柄特集
【一覧】リチウムイオン電池関連銘柄
【関連】太陽電池銘柄特集
【一覧】太陽電池関連銘柄
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:54 | 株式投資ニュース

スターゼンに見直し買い、今来期増益見通しで業績に安心感

 食肉ディーラー大手のスターゼン<8043>(東1)が低位増益銘柄から買われ3円高の230円と堅調。09年3月期が3.8%増益見通しで年7円配当を継続することから割安感が出ている。利回りは3.0%。国産豚の好調、「フランス亭」買収の効果などで10年3月期も増益が見込まれる。長い間、無相場だったため、300円どころまではシコリもほとんどない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:25 | 株式投資ニュース

ネット通販のネットプライスドットコムはストップ高。次のフシ8万円目指すか、調整局面と見て売りか

 インターネット通販のネットプライスドットコム<3328>(東マ)は6万8800円ストップ高。先週末6日につけた直近安値5万1500円からの反発局面に加え、同日発表した2月度ギャザリング事業の受注高が好調だったことが、引き続き買い材料となっているもようだ。9日、10日とともに、3日連続ストップ高となっている。単位1株の売買しやすさも、買いを集めているようだ。
 しかし、現在の株価でPERは300倍台と、今期2009年9月期の純利益が前年比減益予想とはいえ、かなりの過熱水準。チャート的には次のフシであり25日移動平均線でもある、8万円ラインがひとつのフシだが、そろそろ調整の場面か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

鹿島は反落局面に営業停止処分発表が追い討ち。底値圏脱出へ日柄調整の場面か

 鹿島<1812>(東1)の今朝は8円高の222円で始まったが、その後反落。本日後場中13時台に、「元茨城県知事に係る不祥事の有罪判決確定にともない、国土交通省 関東地方整備局から、建設業法に基づく営業停止処分を受けた。期間は26日から4月9日までの15日間」と発表したこともあり、7円安の207円まで売られている。
 チャートを見ると、4日につけた年初来安値197円から反発し、凸凹しながらも下値ラインをジリジリ上げてきていた。が、上記材料などから、底値圏脱出にはもう少し日柄調整が必要となりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:48 | 株式投資ニュース

テルモは後場も続伸。全面高のなかでも精密機械セクターは値上がり率上位に

 テルモ<4543>(東1)は後場も続伸。190円高の3210円まで買われている。
 2月24日につけた年初来安値2720円からのリバウンド局面。このまま続伸トレンドで、次のフシ3500円ラインまでの戻りを目指す。信用倍率は0.74倍の売り長なので、今後も続伸なら踏み上げも期待できそうだ。
 また、きょうは全面高のなかでも精密機械セクターが買われており、東証1部業種別株価指数でも、同セクターが値上がり率上位となる場面が続いている。同社のほか、日機装<6376>(東1)ニコン<7731>(東1)オリンパス<7733>(東1)シチズンホールディングス<7762>(東1)など、ほぼ全銘柄が値を上げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:21 | 株式投資ニュース

日産自動車は続伸。好地合いで全面高のなか「仏ルノーとのエンジン共用拡大」報道も材料

 日産自動車<7201>(東1)は続伸。25円高の341円まで買われている。
 きょうは日経平均株価が反発し、一時338円83銭高の7393円81銭まで上げるなど、好地合いが続いており、自動車、電機などの主要株が軒並み買われている。加えて、本日11日付け日経朝刊で、日産自動車の筆頭株主でもある仏自動車大手ルノーの、ルイ・シュバイツァー会長が、インタビューで「日産とエンジンの共用を拡大する」と語り、今後の開発負担を軽くしていくと報じられたことも、手がかり材料となっているもようだ。
 日産自動車のチャートを見ると、2月9日につけた年初来安値261円を底に反発し、凸凹しながらもジリ高トレンドとなっている。まずは次のフシであり26週移動平均線でもある、400円ラインまでの戻りを目指す。
 信用倍率は0.59倍の売り長。今後もジリ高なら、買い戻しが入って続伸加速…との展開も期待できそうだ。

厳しさ増す!自動車セクター銘柄を徹底検証
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:08 | 株式投資ニュース

ドラッグストアのスギHDは上場来安値から反発。通期売上高速報値は前年比2.6%増

 ドラッグストアのスギホールディングス<7649>(東1)は反発。75円高の1850円まで買われている。
 前日10日に発表した、2月度の月次営業速報では、グループ合計の既存店売上高は前年同月比99.1%、客数は98.7%、客単価は100.4%だった。通期(2008年3月〜2009年2月)では、売上高は102.6%、客数は100.3%、客単価は102.3%となった。
 チャートを見ると、中期・短期とも続落トレンドで来て、10日には上場来安値1770円をつけた。そこからのリバウンド局面となっている。まずは次のフシであり25日移動平均線でもある、2000円ラインまでの戻りを目指す。信用倍率は0.13倍の売り長だが、買い戻し・買い残が増えている。市場でも今後のリバウンドを期待する向きは多いようだ。
 2009年2月期連結業績予想は純利益以外、前年比増収増益。『会社四季報』には、2010年2月期は売上高、営業・経常・純利益とも増収増益の予想値が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:44 | 株式投資ニュース

東洋製作所は反発、一部上方修正と増配を好感

 冷凍機、環境試験装置などのメーカー、東洋製作所<6443>(東2)は反発。前場は26円高の127円で引けている。前日10日の大引け後に発表した、今3月期業績予想の一部上方修正と増配が買い材料となっている。
 業績予想の修正は、連結・個別とも、売上高は前回予想比下方修正したものの、前年実績比では増収確保の見込み。連結・個別とも、営業・経常・純利益は上方修正し、営業・経常はそれぞれ前年実績比でも増益の見込み。連結・個別とも、純利益は前年実績比では減益の見込み。
 3月期末(通期)配当金は前回予想比1円増配の5円予想とした。現在の株価で利回り約3.9%の計算となる。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:51 | 株式投資ニュース

11日(水)東京株式市場、前引け概況

■4日ぶり大幅反発、各セクター主要銘柄が買われる

 11日(水)の東京株式市場、日経平均株価の前場は、10日の米株式市場でダウ工業株30種平均が急反発し、前日比379ドル44セント高の6926ドル49セントで引け、今年最大の上げ幅となったことなどを受け、283円18銭高の7338円16銭と大幅に反発して引けている。東証1部業種別株価指数では、保険業、証券・商品先物取引業、銀行業をはじめとして、31業種が上昇。電気・ガス業、情報・通信業の2業種が下落している。東証1部市場の値上がり数は1353銘柄。値下がり数は223銘柄。変わらずは122銘柄。

 個別では、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)中央三井トラスト・ホールディングス<8309>(東1)三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)などの銀行株、大和証券グループ本社<8601>(東1)野村ホールディングス<8604>(東1)などの証券株、東芝<6502>(東1)コニカミノルタホールディングス<4902>(東1)ソニー<6758>(東1)などの電機株、新日本製鐵<5401>(東1)住友金属工業<5405>(東1)ジェイエフイーホールディングス<5411>(東1)などの鉄鋼株等、各セクターの主要銘柄が軒並み、値を上げている。また、日経平均銘柄への採用が発表されたマルハニチロホールディングス<1334>(東1)、990円ジーンズを発表したファーストリテイリング<9983>(東1)など、材料株も買われた。なお、前日10日の大引け後に会社更生手続き開始を発表したパシフィックホールディングス<8902>(東1)は、前引け時点でストップ安1614円売り気配のまま寄りついていない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:21 | 株式投資ニュース

マルハニチロHDはギャップアップ。日経平均株価の構成銘柄への採用発表で

 マルハニチロホールディングス<1334>(東1)はギャップアップ。13円高の121円で始まり、一時123円まで買われている。
 日本経済新聞社と日本経済新聞デジタルメディアは10日、日経平均株価の構成銘柄から明治製菓<2202>(東1)明治乳業<2261>(東1)を除外し、明治ホールディングスとマルハニチロホールディングスを採用すると発表したことが、買い材料となっている。明治製菓と明治乳業の除外は上場廃止日の26日に実施し、マルハニチロホールディングスを同日補充する。
 マルハニチロホールディングスのチャートを見ると、現在の120円ラインはひとつのフシだが、上記材料をバネに、次のフシであり13週・26週移動平均線でもある、140円ラインまでの戻りを目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:51 | 株式投資ニュース

東芝は「次期1000億円の営業黒字」観測報道で反発。底値圏モミ合い上放れへ

 東芝<6502>(東1)は反発。17円高の238円で始まっている。
 今朝の日経新聞に「東芝の2010年3月期の連結業績は、営業損益が1000億円程度の黒字になる公算が大きい。2009年3月期の予想は2800億円の赤字」との観測記事が出たことが、好感されているもようだ。報道によると「半導体などの市況低迷が続くうえデジタル家電の販売環境も厳しいが、固定費の削減や社会インフラ部門の伸びで営業損益は黒字を確保する」と見られている。
 東芝のチャートは中期続落トレンド。2月23日につけた年初来安値204円からは脱したものの、底値圏200円台前半でモミ合っている。業績の好転予想をバネに、戻り足といきたい。まずは次のフシであり13週移動平均線でもある、300円ライン奪回を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

日本製紙G本社はモミ合いから反発。「無花粉スギの効果的な増殖技術開発」発表も材料

 日本製紙グループ本社<3893>(東1)は反発。45円高の2150円で始まっている。
 前日10日に、「無花粉スギの効果的な挿し木増殖に成功した」と発表したことが、好感されているもようだ。同社独自のバイオ技術を用いて、独立行政法人 森林総合研究所 林木育種センターが開発した無花粉スギ『爽春』(そうしゅん)を増殖することに成功した。従来方法に比べて100倍近い挿し穂の数が得られ、効率的な増殖が可能になるという。
 日本製紙グループ本社のチャートを見ると、1月5日につけた年初来高値3740円から急反落していた。続落トレンドから、この半月ほどは下値2000円ラインを固める動きとなっている。上記材料をバネに、リバウンドといきたい。まずは次のフシ2500円ライン奪回を目指す。
 信用倍率は0.80倍の売り長だが、買い戻し・買い残が増えている。市場でも今後の反発を期待する向きは多いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | 株式投資ニュース

パシフィックHDは会社更生手続開始申立でストップ安売り気配。整理銘柄に指定、4月上場廃止へ

 パシフィックホールディングス<8902>(東1)は1614円ストップ安売り気配。18万株以上の売り物が出ている。
 当サイト関連サイトの『株式関連最新ミニ情報』サイトの10日付けで既報のとおり、前日10日の大引け後に、会社更生手続き開始の申し立てについて発表した。同社と連結子会社であるパシフィックリアルティ、パシフィック・プロパティーズ・インベストメントは、同日開催の各社取締役会で、会社更生手続き開始の申し立てを行なうことを決議し、東京地方裁判所に申し立てを行なった。同日受理され、保全管理命令・包括的禁止命令が発せられた。
 東証は11日付けで、同社株を整理銘柄に指定した。上場廃止予定日は4月11日。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:54 | 株式投資ニュース
2009年03月10日

【明日の動き】日経平均株価は3日続落、イビデンや日本ガイシは環境・エネルギー関連の旗振り役となれるか

株式市場明日の動き 日経平均株価は3日続落。方向感のない展開が続くと予想。公的資金の買い支えで7000円を辛うじて死守する動きはあっても、今週金曜日のSQ控えで、全般相場は明日も様子見気分が強まろう。外部環境が好転しても自律反発の域を出ないと予想する。業績予想と配当予想の上方修正を発表したサミーネットワークス<3745>(東マ)がストップ高、マースエンジニアリング<6419>(東1)が高値更新とパチンコ関連が買われたが、物色の柱になるとは考えにくい。ゴールドマン・サックス(GS)証券が投資判断を「買い」継続としたイビデン<4062>(東1)や、NAS電池をNY市交通局に納入の日本ガイシ<5333>(東1)あたりが、環境・エネルギー関連の旗振り役となれるか注目したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:19 | 株式投資ニュース

10日(火)東京株式市場、大引け概況

 10日(火)の東京株式市場、日経平均株価の大引けは、31円05銭安の7054円98銭と小幅3日続落で、前日に続きバブル経済崩壊後の安値を下回った。9日の米株式市場でダウ工業株30種平均が前週末比79ドル89セント安の6547ドル05セントと1997年4月以来、約12年ぶりの安値更新となったことなどを受けたもの。東証1部業種別株価指数では、ここしばらく下落していた、保険業、不動産業、鉱業、証券商品先物取引、銀行業など9業種が上昇。一方、ディフェンシブ系として人気だった電気・ガス業、医薬品をはじめ24業種が下落した。東証1部市場の値上がり数は391銘柄。値下がり数は1175銘柄。変わらずは143銘柄。東証1部市場の新高値は2銘柄と少なく、今まで上昇基調にあった銘柄に利益確定売りが先行し、全般相場は指数以上に下げた。225が比較的下げなかったことや7000円台を維持したことなどから、PKO的な相場展開との印象が強まった。

 個別では、公的資金を一部返済すると報じられたりそなホールディングス<8308>(東1)が買われた。また、業績予想と配当予想の上方修正を発表したサミーネットワークス<3745>(東マ)がストップ高、マースエンジニアリング<6419>(東1)に見直し買いが入り新高値をつけたほか、増配を発表したダイコク電機<6430>(東1)が反発に転じるなど、パチンコ・パチスロ関連銘柄の買いが目立った。一方で、昨日に続き、エーザイ<4523>(東1)中外製薬<4519>(東1)アステラス製薬<4503>(東1)第一三共<4568>(東1)武田薬品工業<4502>(東1)など医薬品主力株の下げがきつかったほか、三大メガバンクが安値更新、野村ホールディングス<8604>(東1)が安値更新となるなど様子見気分が強まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:57 | 株式投資ニュース

フジスタッフHDは自社株買いを発表――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 フジスタッフホールディングス<2147>(JQ)は10日の大引け後に、自社株買いを発表した。期間は11日から5月13日まで。取得株式総数(上限)は8000株(発行済み株式総数の1.2%)。取得価額の総額(上限)は8500万円。
 10日終値9500円でPERは6.82倍と割安。チャートは12月高値1万4000円ラインから反落し、以降は続落トレンドで来て、現在は底値圏となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:37 | 株式投資ニュース

システム・テクノロジー・アイが4日続伸し高値奪回を視野に

 eラーニングなどIT技術者用学習支援ソフトが主のシステム・テクノロジー・アイ<2345>(東マ)が、6500円高の8万7500円と前日と変わらずを含めて4日続伸し上値追いを鮮明にし、5月14日につけた昨年来高値10万1000円を視野に入れている。同社の足元の業績が好調なほか、好材料内包を好感した買いが継続している。
 足元の業績、1月27日に2009年3月期業績予想を上方修正、固定費削減が奏功し、営業利益は従来予想の8000万円から1億1000万円(前期比2.0倍)と大幅増益を見込む。
 また、NECラーニングや富士通ラーニングメディアなど研修事業を展開する企業13社と共同で、研修コースに関する情報をネット上で交換するための標準仕様を定めたと2月20日に発表したことも材料視されている。
 株価は、10月9日につけた上場来安値2万5100円、1月23日安値3万200円と底値確認からのリバウンド幅を拡大している。PBR0.8倍と割高感はなく、目先は1株純資産水準の10万円奪回が上値目標となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:21 | 株式投資ニュース

『生活救急車』のジャパンベストレスキューシステムは上場来安値から反発

 『生活救急車』として鍵や水まわりなど日常生活のトラブル対応サービス事業を行なっている、ジャパンベストレスキューシステム<2453>(東1)は反発。2400円高の2万9800円まで買われている。きょうのストップ高ラインは3万400円。
 この2ヵ月ほどは続落トレンドで来て、きのう9日には、上場来安値2万6700円をつけた。そこからの反発局面となっている。5月11日までの予定で行なっている自社株買いも支えに、まずは次のフシであり25日移動平均線でもある、3万5000円ライン奪回を目指す。
 今期2009年9月期連結業績予想は、前年比2ケタ増収を確保する見込みだが、営業・経常・純利益は同減益を見込んでいる。が、『会社四季報』には次期2010年9月期は増収増益の予想値が出ている。
 また、今期末(通期)配当金は1000円予想。現在の株価で利回り約3.3%の計算となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:37 | 株式投資ニュース