[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/25)東レは「中国大手と合弁、最大規模の水処理膜工場を建設」報道で気配値切り上げ
記事一覧 (11/21)【来週の相場展望】一段安で安値接近なら戻り狙いの買いも
記事一覧 (11/21)『とらふぐ亭』の東京一番フーズは今期黒転へ――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (11/21)大引けの日経平均株価は207円高の7910円と4日ぶりに反発
記事一覧 (11/21)食品トレーメーカーのエフピコは数少ない新高値銘柄。中期続伸で空売り銘柄の様相
記事一覧 (11/21)日本道路は後場も続伸。低位株物色の流れ、継続的な自社株買いもあり上昇トレンド貫く
記事一覧 (11/21)セブン銀行が3日続伸、コンビニ売上高、10月は8.1%増も株価押し上げ
記事一覧 (11/21)精密機器メーカーのトプコンは後場も続伸。上場来安値に見直し買い
記事一覧 (11/21)ミクシィは反発。ボックス圏形成、前の高値73万円が目標か。中期続落でアク抜け
記事一覧 (11/21)システム構築事業などを行なうJBCCホールディングスは反発。好業績、好財務、割安
記事一覧 (11/21)JTは後場も続伸。ディフェンシブ銘柄物色の流れか。中期続落でアク抜け、買いやすく
記事一覧 (11/21)前引けの日経平均株価は170円安の7532円と続落
記事一覧 (11/21)日本システム技術は上場来安値から反発。好業績、好財務、高配当利回り、割安の優良株
記事一覧 (11/21)アウトソーシングはフリーワークとの合併発表で反発。ストップ高に迫るがまだ割安底値圏。業績堅調
記事一覧 (11/21)第一三共は「初の最終赤字も」観測報道で続落、上場来安値更新。底値の拾い場と見たい
記事一覧 (11/21)当サイト注目の日本農薬は反発。好決算、自社株買い、好チャートで
記事一覧 (11/21)花王は「衣料液体洗剤増産」報道も続落。テクニカル、信用取組から、押し目拾いの好機と見る
記事一覧 (11/21)医薬品卸のバイタルネットは同業のケーエスケーとの経営統合発表で反発
記事一覧 (11/21)エーザイは続伸トレンドに「がん治療用ワクチン治験へ」報道がオン
記事一覧 (11/21)住友金属鉱山は自社株買い発表で反発。いずれにしても割安・底値圏で買い時
2008年11月25日

東レは「中国大手と合弁、最大規模の水処理膜工場を建設」報道で気配値切り上げ

 東レ<3402>(東1)は10円高の446円買い気配。
 今朝の日経新聞で「水処理膜世界3位の東レは、中国の水処理エンジニアリング最大手、中国藍星集団(北京市)と合弁で、工場排水などを浄化する水処理膜を中国で生産する」「合弁会社を通じて約75億円を投じ、北京に中国最大規模の生産工場を建設」「2010年4月から稼動を始める」と報じられたことが、手がかり材料となっているもようだ。
 チャートを見ると、10月27日につけた年初来安値350円からは脱したものの、まだ安値圏。信用残はやや売り長となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:10 | 株式投資ニュース
2008年11月21日

【来週の相場展望】一段安で安値接近なら戻り狙いの買いも

 来週の相場展望 日経平均は、20日に8000円を割り21日には安値7406円まで下げた。大台を割り込んだのは10月29日以来で、日足で16本ぶり。11月5日に9521円(ザラバ)まであったが、30日線を抜けなかったことが尾を引いた。
売り方と買い方の関係で見るなら。「売り方」が優位な展開。しかも、本来なら週末は売り浴びせるところだが、一旦、買い戻しをするほどの余裕を持たれている。週明けから、改めて売り直してよい、という余裕。規制で大口のカラ売りは出来難いが、中小規模のカラ売りは活発のようだ。30日線が抜けない以上、買いから入ることはない。モグラ叩きゲームのように、上がってきた銘柄が息切れしたのを見て売ればいい。業績の悪い中で、新しい銘柄を探すより、よほど楽である。
とは言っても、去る10月28日のザラバ安値6994円へ接近して来れば、売り方も調子に乗って売りを仕掛けるのは難しい。むしろ、来週あたり一段安で安値接近なら戻り狙いの買いもよいだろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:36 | 株式投資ニュース

『とらふぐ亭』の東京一番フーズは今期黒転へ――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 格安とらふぐ専門店『とらふぐ亭』を50店、展開する、東京一番フーズ<3067>(東マ)は21日の大引け後に、2008年9月期決算を発表した。連結で、売上高40億6200万円(前年比3.8%増)、経常損失5700万円(前年は4億0100万円の利益計上)、純損失4億4900万円(同2億5400万円の利益計上)となった。
 国産養殖とらふぐの仕入れ価格が高騰したこと、原材料費の上昇、個人消費の冷え込みなどが響いた。
 2009年9月期連結業績予想は、売上高41億円(前年比0.9%増)、経常利益2600万円、純利益1600万円と、増収かつ黒字転換を見込んでいる。
 店舗展開を手控え、既存店舗の充実を図るとともに、新業態への取り組み強化、養殖業者への投資、宅配事業への取り組みなどを行なう。
 21日終値は2万円。チャート的にも底値圏となっている。寒い季節となり、ふぐ料理の動意づきも期待。業績・株価とも好転を待ち伏せたい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:35 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は207円高の7910円と4日ぶりに反発

 大引けの日経平均株価は207円75銭高の7910円79銭と4日ぶりに反発。TOPIXは20.41ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は6円17銭安と3日続落した。

 値上がり業種は、不動産、非鉄金属、鉱業、卸売、機械など27業種。
 値下がり業種は、ゴム製品、保険業、水産・農林、陸運、その他金融業など6業種。

 東証1部市場値上がり1220銘柄、値下がり412銘柄、変わらず76銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、住友金属鉱山<5713>(東1)みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)T&Dホールディングス<8795>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、損保ジャパン<8755>(東1)東京海上ホールディングス<8766>(東1)北越製紙<3865>(東1)

 全体の値上がり率上位は、山崎建設<1902>(JQ)セントラルファイナンス<8588>(東1)バナーズ<3011>(東2)

 東証1部新高値銘柄は、エスエス製薬<4537>(東1)クレスコ<4674>(東1)エフピコ<7947>(東1)ニトリ<9843>(東1)の4銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:30 | 株式投資ニュース

食品トレーメーカーのエフピコは数少ない新高値銘柄。中期続伸で空売り銘柄の様相

 食品トレー・容器の最大手メーカー、エフピコ<7947>(東1)(大)は新高値。170円高の4040円まで買われ、17日につけた年初来高値4010円を更新した。エスエス製薬<4537>(東1)ニトリ<9843>(東1)等とともに、本日、数少ない新高値銘柄のひとつになっている。
 4月10日につけた年初来安値2190円を底に、中期で続伸トレンドを形成。業績は好調で、今期は増収増益、営業・経常・純利益とも2ケタ増益を見込んでいる。
 ただ、信用残は0.06倍と大幅な売り長となっており、売り残が増加。カラ売り銘柄の様相となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:25 | 株式投資ニュース

日本道路は後場も続伸。低位株物色の流れ、継続的な自社株買いもあり上昇トレンド貫く

 日本道路<1884>(東1)は後場も続伸。3円高の151円まで買われている。
 株価3ケタ、100円台の小型株とはいえ、この1ヵ月ほどは上昇トレンドをえがき、逆行高となっている。次のフシは180円ライン。現在の株価でPERは12倍台と割安水準。
 地合い軟調の中、低位株物色の流れから買われているもようだ。また、来年2月まで継続的に自社株買いを行なっていることも、材料となっているようだ。
 同社は清水建設系の道路舗装大手企業。不動産・建築などの事業も行なっている。前期末で実質無借金、現金等208億2900万円と、財務面は堅い。
 今期連結業績予想は売上高と純利益が前年比増収増益、営業・経常利益が同減益の見込み。『会社四季報』には、次期2010年3月期は増収増益の予想値が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:54 | 株式投資ニュース

セブン銀行が3日続伸、コンビニ売上高、10月は8.1%増も株価押し上げ

 セブン‐イレブン店舗中心に国内最多のATM展開するセブン銀行<8410>(JQ)が、1万円高の34万7000円と3日続伸し10日につけた年初来高値35万5000円を窺う動きとなっている。19日付で外資系証券が投資判断を「アウトパフォーム」(強気)継続で、目標株価を31万5000円→36万5000円に引き上げたことを好感した買いが入っている。また、11日に、株価指数を開発・算出するモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル・バーラ(MSCIバーラ)が定例の指数構成銘柄の見直しを発表、セブン銀行が組み入れられることや、日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した10月のコンビニエンスストア(既存店ベース)の売上高が6347億円と前年同月比8.1%増え、前年水準を上回るのは6カ月連続と日本経済新聞朝刊が報じたことも株価を押し上げており、上昇トレンドが継続しそうな気配だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:42 | 株式投資ニュース

精密機器メーカーのトプコンは後場も続伸。上場来安値に見直し買い

 医療用などの精密機器メーカー、トプコン<7732>(東1)は後場も続伸。26円高の367円まで買われている。
 前日20日につけた年初来安値330円からの反発局面。また、きょうは精密機器セクターに物色が入っており、東証1部業種別株価指数でも同セクターが値上がり率上位にランクインしている。
 PERは12倍台と割安になっている。信用残は0.72倍の売り長。
 今期連結業績予想は、下方修正して営業・経常・純利益とも減益予想としたものの、売上高は増収確保を見込んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:33 | 株式投資ニュース

ミクシィは反発。ボックス圏形成、前の高値73万円が目標か。中期続落でアク抜け

 ミクシィ<2121>(東マ)は反発。後場は5万2000円高の57万2000円まで買われている。
 10月8日につけた上場来安値42万8000円から反発。50万円〜70万円ラインの間で上下波動をえがいている。直近ピークの73万円台まで戻したい。
 今期業績予想は前年比増収増益だが、ひところのような高成長率でないことで失望売りが続き、中期続落で来ていた。下値40万円ライン確認でリバウンドと行きたい。現在の株価でPERは約41倍と高めだが、以前の人気時よりは大分、割安になり、買いやすくなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:08 | 株式投資ニュース

システム構築事業などを行なうJBCCホールディングスは反発。好業績、好財務、割安

 システム開発・設計・構築・運用などを行なう、JBCCホールディングス<9889>(東1)は反発。後場は33円高の744円で始まっている。
 10月28日につけた年初来安値471円からリバウンド。今月に入ってからは700円台でモミ合っている。現在の株価でPERは8.66倍と割安。
 業績は堅調。今期2009年3月期連結業績予想は前年比増収増益。『会社四季報』には、次期2010年3月期も増収増益の予想値が出ている。前期末で実質無借金、現金等78億8800万円と、財務面も堅い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:48 | 株式投資ニュース

JTは後場も続伸。ディフェンシブ銘柄物色の流れか。中期続落でアク抜け、買いやすく

 JT<2914>(東1)は後場も続伸。2万6000円高の32万8000円まで買われている。
 引き続き、ディフェンシブ銘柄物色の流れから買われているもようだ。また、中期続落で来て、10月28日につけた上場来安値25万0100円からは脱したものの、まだ安値圏にとどまっている。PERは20.50倍と高めだが、一時期の人気からはアク抜けし、買いやすくなったことから見直し買いが入っているもようだ。単位1株の売買しやすさも魅力となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:36 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は170円安の7532円と続落

 前引けの日経平均株価は170円93銭安の7532円11銭と続落。TOPIXは18.47ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は13円57銭安と続落している。

 値上がり業種は精密機械のみ。
 値下がり業種は、保険業、その他金融業、ゴム製品など32業種。

 東証1部市場値上がり229銘柄、値下がり1401銘柄、変わらず67銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、住友金属鉱山<5713>(東1)JT<2914>(東1)パイオニア<6773>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、三井住友海上グループホールディングス<8725>(東1)東京海上ホールディングス<8766>(東1)損保ジャパン<8755>(東1)

 全体の値上がり率上位は、山崎建設<1902>(JQ)オメガプロジェクト・ホールディングス<6819>(JQ)ヤマノホールディングス<7571>(JQ)

 東証1部新高値銘柄は、ニトリ<9843>(東1)のみ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:16 | 株式投資ニュース

日本システム技術は上場来安値から反発。好業績、好財務、高配当利回り、割安の優良株

 日本システム技術<4323>(東2)は反発。寄り後は4円安の446円まで売られ、きのうつけた上場来安値450円を更新したが、その後は切り返し、15円高の465円まで買われている。
 同社はシステムなどの受託開発とパッケージソフトの開発・販売を行なっている。業績は好調。今期2009年3月期は前年比2ケタ増収増益を見込んでいる。『会社四季報』には、次期2010年3月期もさらに増収増益の予想値が出ている。前期末で実質無借金、現金等19億円と、財務面も堅い。今期末(通期)配当金は25円予想。現在の株価で利回り約5.4%の計算となる。
 チャート的には完全に底値圏。PERは約5倍の割安放置となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:54 | 株式投資ニュース

アウトソーシングはフリーワークとの合併発表で反発。ストップ高に迫るがまだ割安底値圏。業績堅調

 アウトソーシング<2427>(JQ)は反発。寄り後は一時、210円安の1万3090円まで売られ、前日20日いつけた上場来安値1万3300円を更新したが、その後は1800円高の1万5100円まで買われている。きょうのストップ高ラインは1万5300円。
 前日20日に発表した、フリーワーク<2486>(大へ)との合併が買い材料となっているもようだ。2009年3月1日に合併する予定で、対等合併だが、手続き上、アウトソーシングが存続会社となる。
 アウトソーシングのチャートを見ると、現在は完全に安値圏。PERは2.88倍と、かなりの割安水準となっている。2008年12月期連結業績予想は、前年比増収増益確保を見込んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:30 | 株式投資ニュース

第一三共は「初の最終赤字も」観測報道で続落、上場来安値更新。底値の拾い場と見たい

 第一三共<4568>(東1)は続落。寄り後は一時、109円安の1630円まで売られ、10月28日につけた上場来安値1703円を更新した。
 今朝の日経新聞で「2009年3月期に、初の最終赤字に陥る可能性が出てきた」と報じられたことが、嫌気されているもようだ。ただし、今秋に買収を完了したインド製薬最大手、ランバクシー・ラボラトリーズの株価が、取得価格を7割程度、下回っているためで、「のれん代」を消却する形で損失計上すると観測されている。
 また、別の報道では、FDA(米食品医薬品局)の医薬品審査に遅れが出ており、経営上のリスクとなるとの指摘が出ている。同社のほか、武田薬品工業<4502>(東1)アステラス製薬<4503>(東1)が挙げられている。
 チャートを見ると、完全に底値圏。PERは18倍台。中期はともかく、目先は底値の拾い時と見たい。まずは次のフシであり25日移動平均線でもある1900円ラインまでの戻りを目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:08 | 株式投資ニュース

当サイト注目の日本農薬は反発。好決算、自社株買い、好チャートで

 当サイト20日付け『――引け後のリリース、明日の1本』で取り上げた日本農薬<4997>(東1)は反発。41円高の570円まで買われている。
 既報のとおり、前日発表した2008年9月期好決算と自社株買いが材料視されているもようだ。さらに、今朝のラジオNIKKEIをはじめ、各媒体で報道されたことで、ハヤされているもようだ。
 チャートを見ると、既報のとおり、ダブル底形成の好チャートでもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース

花王は「衣料液体洗剤増産」報道も続落。テクニカル、信用取組から、押し目拾いの好機と見る

 花王<4452>(東1)はギャップダウン、続落。80円安の2570円とマドをあけて始まり、寄り後は105円安の2545円まで売られている。
 きょう21日付け日経朝刊で「日用品大手各社、衣料用液体洗剤を増産」と報じられ、その1社として取り上げられた。
 記事によると、和歌山工場(和歌山市)の生産ラインを改良し、来春をメドに液体洗剤の製造を始める。既存の川崎工場(川崎市)とあわせ、東西2拠点体制にする。設備投資は数億円規模で、生産能力を1.5倍程度に高める。節約志向から節水型洗濯機の売れ行きが好調で、これにつれて液体洗剤の需要が年率30%台で伸びているという。
 自動車など多くの業界で減産報道が続くなか、貴重な増産報道となっている。
 花王のチャートを見ると、現在の2600円ラインは下値フシ。以降は反発すると見たい。ディフェンシブ銘柄・内需銘柄物色の流れにも乗っている。また、信用残は約0.2倍の売り長だが、買い戻しが入ってきている。次のフシであり、25日・26週移動平均線でもある2800円ラインまでの戻りを目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:44 | 株式投資ニュース

医薬品卸のバイタルネットは同業のケーエスケーとの経営統合発表で反発

 医薬品卸6位のバイタルネット<9916>(東1)は反発。31円高の463円まで買われている。
 前日20日に、同7位のケーエスケー(本社・大阪市)との共同持株会社設立(株式移転)による経営統合を発表したことが、買い材料となっているもようだ。
 バイタルネットのチャートを見ると、10月28日につけた上場来安値342円からは脱したものの、450円ライン前後でモミ合いが続いている。上記材料をバネに上放れと行きたい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

エーザイは続伸トレンドに「がん治療用ワクチン治験へ」報道がオン

 エーザイ<4523>(東1)は小反発。50円高の3200円で始まっている。
 今朝の日経新聞で「がん治療で有望視されるワクチンの実用化に着手する。2009年にも有効性を調べる臨床試験(治験)を米国で開始、2016年度以降の実用化を目指す」と報じられたことが、手がかり材料となっているもようだ。記事によると、副作用が少ない点などから今後7〜8年で年3000億円市場に成長するとされるが、まだ一部の海外メーカーしか製品化していないという。
 チャートを見ると、10月28日につけた年初来安値2785円を底に、反発。上下しながらも下値を切り上げる上昇トレンドをえがいている。次のフシであり26週移動平均線でもある3700円ラインまで戻したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | 株式投資ニュース

住友金属鉱山は自社株買い発表で反発。いずれにしても割安・底値圏で買い時

 住友金属鉱山<5713>(東1)は反発。30円高の631円で始まっている。
 きのう大引け後に、自社株買いを発表した。期間は21日から12月19日まで。取得株式総数の上限は1600万株。取得価額の総額(上限)は100億円。単純に割ると1株625円の計算となる。
 チャート的には底値圏。PERは約5倍と割安でもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース