[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/10)東京精密は「来期、償却前の営業利益黒字化へ」報道がハヤされ急伸
記事一覧 (03/10)クミアイ化学工業は続落、特別損失計上と格下げ受け
記事一覧 (03/10)10日(火)東京株式市場、前引け概況
記事一覧 (03/10)当サイト注目のダイコク電機は反発。増配が材料だが、値上がり益は狙いにくい状況に
記事一覧 (03/10)夢真ホールディングスはしっかり。好業績をバネに、リバウンドのタイミング
記事一覧 (03/10)昭和産業は自社株買い発表で気配値切り上げ。300円フシ奪回目指す
記事一覧 (03/09)【明日の動き】日経平均株価は続落、太陽電池関連と農業関連の材料を持ち合せた住友化学の動きに注目
記事一覧 (03/09)9日(月)東京株式市場、大引け概況
記事一覧 (03/09)ダイコク電機は増配発表、利回り約3.6%の計算に――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (03/09)子供服のナルミヤ・インターは反発。上昇トレンドだが4万円フシは固そう
記事一覧 (03/09)日本電気硝子はジリ高トレンド。信用取組、割安PERからも上値追い。ガラス土石株買いも
記事一覧 (03/09)AOCホールディングスは反発。米原油相場の反発で石油関連株が買われる
記事一覧 (03/09)燃料専門商社のミツウロコはモミ合い。連結子会社を合併し、LPガス配送の効率向上へ
記事一覧 (03/09)木村化工機は悪地合い、材料難から買い集中で急反発。目先、調整局面か
記事一覧 (03/09)ショッピングバッグメーカーのザ・パックは「中国で紙袋生産倍増」報道も反落。底値の拾い場か
記事一覧 (03/09)SUMCOは7月中間連結業績の損失計上予想で反落も、ジリ高トレンド。戻り高値目指す
記事一覧 (03/09)前引けの日経平均株価は57円安の7115円と続落
記事一覧 (03/09)富士フイルムHDは「新興国専用機種を開発」報道も材料にしっかり。底値拾いも一手か
記事一覧 (03/09)ローソンは続落。バリューローソンを九九プラスに吸収合併、九九プラスはストップ高
記事一覧 (03/09)スパリゾートハワイアンズの常磐興産は反発。三角保ち合い上放れ目指す
2009年03月10日

東京精密は「来期、償却前の営業利益黒字化へ」報道がハヤされ急伸

 東京精密<7729>(東1)は急伸。75円高の838円まで買われている。きょうのストップ高ラインは863円。
 今朝の日経新聞に、同社の藤森一雄社長のインタビューが掲載され、「2010年3月期に、償却前営業利益で黒字化を目指す」との方針を示したことが、買い材料となっているもようだ。さらにこの内容が、ラジオNIKKEIなど各報道で報じられたため、ハヤされている面もあるようだ。
 東京精密のチャートを見ると、2月23日につけた年初来安値677円を底に、反発し、ジリ高トレンドとなっている。信用倍率は0.29倍の売り長だが、買い戻しが増えている。市場でも、今後も続伸すると見る向きは多いようだ。まずは次のフシ900円ライン奪回を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:38 | 株式投資ニュース

クミアイ化学工業は続落、特別損失計上と格下げ受け

 クミアイ化学工業<4996>(東1)は続落。前場は23円安の297円で引けている。
 前日9日の大引け後に発表した第1四半期(2008年11月〜2009年1月)連結決算は、売上高と営業・経常利益は前年同期比増収増益を確保したものの、純利益は同減益だった。棚卸し資産評価損6600万円を特別損失として計上したことも、嫌気されているもようだ。
 また、野村証券が9日付けレーティングで、投資判断を「1」(強気)から「2」(中立)に引き下げたことも、売り材料となっているもよう。
 この半年ほどのチャートを見ると、200円ラインから続伸トレンドとなっていた。PERは74倍台、信用倍率は0.53倍の売り長。中期ではともかく、目先は「カラ売り銘柄」の様相を呈している。

農業関連銘柄特集
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:47 | 株式投資ニュース

10日(火)東京株式市場、前引け概況

 10日(火)の東京株式市場、日経平均株価の前場は、9日の米株式市場でダウ工業株30種平均が前週末比79ドル89セント安の6547ドル05セントと1997年4月以来、約12年ぶりの安値更新となったことなどを受け、52円76銭安の7033円27銭と3日続落して引けている。東証1部業種別株価指数では、ここしばらく売られていた、保険業、不動産業、銀行業、証券・商品先物取引業など6業種が上昇。一方、ディフェンシブ系として人気だった医薬品、電気・ガス業をはじめ27業種が下落している。東証1部市場の値上がり数は350銘柄。値下がり数は1170銘柄。変わらずは182銘柄。

 個別では、公的資金を一部返済すると報じられたりそなホールディングス<8308>(東1)や、中央三井トラスト・ホールディングス8309>(東1)が買われた。また、新高値をつけたマースエンジニアリング<6419>(東1)のほか、増配を発表したダイコク電機<6430>(東1)など、パチンコ・パチスロ関連銘柄の買いが目立った。一方でエーザイ<4523>(東1)中外製薬<4519>(東1)アステラス製薬<4503>(東1)第一三共<4568>(東1)武田薬品工業<4502>(東1)など医薬品主力株の下げがきつい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:20 | 株式投資ニュース

当サイト注目のダイコク電機は反発。増配が材料だが、値上がり益は狙いにくい状況に

 当サイト9日付け『引け後のリリース、明日の1本』で取り上げたダイコク電機<6430>(東1)は反発。38円高の1418円まで買われている。
 既報のとおり、前日大引け後に増配を発表したことが、好感されているもようだ。今3月期末配当金を、前回予想比20円増配の50円とした。9月中間10円(実施済み)と合わせると、年間配当金は60円となり、現在の株価で利回り約4.2%の計算となる。
 また、記事で指摘したとおり、今3月期連結業績予想は、売上高と経常利益が前年比増収増益、営業・純損益が黒転の見込みであること、PERが7倍台と割安であることも、買い材料となっているようだ。
 ただ、チャート的には現在は天井圏。目先、大幅なキャピタルゲインは狙いにくい状況にある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース

夢真ホールディングスはしっかり。好業績をバネに、リバウンドのタイミング

 夢真ホールディングス<2362>(大ヘ)はしっかり。寄り後は、前日終値比1円安の52円〜1円高54円で推移している。
 前日9日に月次速報を発表した。2月次の総売上高は5億1845万8000円(計画達成率98.0%)となった。が、第1四半期(2008年10〜12月)合計は、16億9178万9000円(同109.2%)と好調に推移している。
 チャートを見ると、1月22日につけた直近高値91円から反落し、続落トレンドで来た。が、この半月ほどは下値50円フシを固める動きとなっている。中期では昨年10月9日につけた上場来安値28円を底に、下値を切り上げる上昇トレンドとなっているので、そろそろリバウンドのタイミングと見たい。次のフシ70円ライン奪回を目指す。
 今期2009年9月期連結業績予想は、売上高は前年実績比減収だが、営業・経常・純利益は同2ケタ増益を見込んでいる。PERは6倍台と割安でもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

昭和産業は自社株買い発表で気配値切り上げ。300円フシ奪回目指す

 小麦粉、植物油などのメーカー、昭和産業<2004>(東1)は20円高の289円買い気配。
 きのう大引け後に発表した、自社株買いが材料視されているもようだ。期間は10〜24日。取得株式総数は200万株(発行済み株式総数(自己株式を除く)の1.12%)。取得価額の総額は6億2000万円。
 チャートを見ると、この1ヵ月ほどは300円ラインから続落トレンドとなっていた。上記材料をバネに、300円ライン奪回を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:53 | 株式投資ニュース
2009年03月09日

【明日の動き】日経平均株価は続落、太陽電池関連と農業関連の材料を持ち合せた住友化学の動きに注目

 株式市場明日の動き 日経平均株価は続落。7000円台をかろうじて維持したという感じが強い。年金資金の買い観測も実体経済の悪化や上値の重たさから、買い上がるような相場にはならないだろう。信用好需給で、値ごろ感が出たような銘柄には突っ込み警戒感から買い戻しが入る程度か。九州電力<9508>(東1)が10月下旬に玄海原子力発電所3号機(佐賀県玄海町)でウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を使ったプルサーマル発電を開始する計画を明らかにしたことから、木村化工機<6378>(東1)が関連銘柄として買われたが、一過性の上げに終わる可能性もあろう。太陽電池関連と農業関連の材料を持ち合せた住友化学<4005>(東1)あたりが相場を牽引出来るかなど注目したい。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:13 | 株式投資ニュース

9日(月)東京株式市場、大引け概況

 週明け9日(月)の東京株式市場、日経平均株価の大引けは87円07銭安の7086円03銭と続落し昨年10月27日のバブル後安値(7162円90銭)を下回った。6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅反発したが、2月の米雇用統計で労働市場の悪化が裏付けられたことや金融株が軟調に推移したことを受け、全般相場は様子見気分が強まった。原油先物相場の上昇を好感した鉱業、石油石炭製品などのほか9業種が上昇した。不動産、保険、医薬品など24業種が下落。東証1部市場値上がり数は497銘柄。値下がり数は1088。変わらずは125銘柄。

 個別では、家電量販店で地デジチューナー販売の好調が伝えられたピクセラ<6731>(東1)がストップ高、連続最高純益・増配好感されたピジョン<7956>(東1)が東証1部市場の値上がり率上位に顔を出したほか、バリューローソンと合併で競争力強化が期待される九九プラス<3338>(JQ)がストップ高となるなど個別物色の色彩が強まった。
 
 一方で、中国の政策期待から買われていた日立建機<6305>(東1)(6305)やコマツ<6301>(東1)が続落、糖尿病治療薬に懸念が広がった武田薬品工業<4502>(東1)がストップ安で連日の安値更新、中間配当に続き期末配当も無配のパイオニア<6773>(東1)が連日の上場来安値更新、ヤフー<4689>(東1)が昨年来安値を更新する動きからネット関連が見送られたほか、金融不安再燃から銀行、不動産、保険、証券などが下落、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)(8306)と三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)が上場来安値を更新、みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)が分割後の安値を更新するなど三大メガバンクの下落から腰の入った買いは見受けられず、方向感のない展開となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:44 | 株式投資ニュース

ダイコク電機は増配発表、利回り約3.6%の計算に――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 ダイコク電機<6430>(東1)は9日の大引け後に、2009年3月期配当予想の修正を発表した。3月期末配当金を、前回予想比20円増配の50円とする。9月中間配当金10円(実施済み)と足すと、年間配当金は60円。
 9日終値1380円で、期末配当金だけで利回り約3.6%の計算となる。
 今3月期連結業績予想は、売上高と経常利益は前年比増収増益、営業・純損益は前年の損失計上から黒字転換の見込み。PERは7.55倍と割安。信用倍率は0.41倍の売り長と、取組妙味も。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:28 | 株式投資ニュース

子供服のナルミヤ・インターは反発。上昇トレンドだが4万円フシは固そう

 子供服のナルミヤ・インターナショナル<3364>(JQ)は反発。2000円高の3万7800円まで買われている。きょうのストップ高ラインは3万9800円。
 2月12日と13日につけた、直近安値2万7500円から反発。7月末までの予定で行なっている自社株買いも下支えに、上昇トレンドとなっている。が、次のフシ4万円ラインは固そうだ。2009年1月期業績予想は前年比減収減益、かつ、営業・経常・純損失計上の見込みでもある。一服の場面か。
 本日は育児用品のピジョン<7956>(東1)が買われており、そこからの連想買いも入っているもようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース

日本電気硝子はジリ高トレンド。信用取組、割安PERからも上値追い。ガラス土石株買いも

 日本電気硝子<5214>(東1)は反発。43円高の693円まで買われている。
 12月26日につけた年初来安値439円を底に、反発し、ジリ高トレンドとなっている。今3月期連結業績予想は前年比減収減益とはいえ、現在の株価でPERは10.61倍と割安水準。信用残は売買ほぼ拮抗だが、信用売りの買い戻しと買い残が増えている。もうしばらくジリ高トレンド維持と見る。
 また、きょうはガラス・土石製品セクターに物色が入っており、東証1部業種別株価指数では、同セクターが値上がり率上位にランクインしている。同社のほか、日東紡<3110>(東1)旭硝子<5201>(東1)オハラ<5218>(東1)東海カーボン<5301>(東1)日本カーボン<5302>(東1)日本特殊陶業<5334>(東1)ニチアス<5393>(東1)などが買われている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:15 | 株式投資ニュース

AOCホールディングスは反発。米原油相場の反発で石油関連株が買われる

 AOCホールディングス<5017>(東1)は反発。34円高の484円まで買われている。
 6日の米ニューヨーク原油先物相場が反発したことを受け、きょうは鉱業セクター、石油・石炭製品セクターに物色が入っている。東証1部業種別株価指数では、この両セクターが値上がり率1、2位を占める場面が続いている。同社のほか、国際石油開発帝石<1605>(東1)石油資源開発<1662>(東1)新日本石油<5001>(東1)昭和シェル石油<5002>(東1)コスモ石油<5007>(東1)東燃ゼネラル石油<5012>(東1)新日鉱ホールディングス<5016>(東1)など、多くの銘柄が買われている。
 AOCホールディングスのチャートを見ると、2月25日につけた直近高値566円から反落し、続落トレンドとなっていた。そこからの反発局面となっている。このままリバウンドトレンドで、次のフシ600円ラインまで戻り足といきたい。信用倍率は0.70倍の売り長なので、リバウンドにつれて買い戻しが入ることも期待できそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:35 | 株式投資ニュース

燃料専門商社のミツウロコはモミ合い。連結子会社を合併し、LPガス配送の効率向上へ

 LPガスを中心に、灯油、ガソリンなどを扱う燃料専門商社のミツウロコ<8131>(東1)はモミ合い。4円高の549円〜4円安の541円の間で推移している。
 先週末6日に、連結子会社の合併を発表した。発表によると、2009年10月1日を効力発生日として、連結子会社である神奈川ミツウロコ(本社・神奈川県平塚市)を存続会社とし、関東各県にある連結子会社6社を消滅会社とする吸収合併と、連結子会社である東北ミツウロコ(本社・仙台市)を存続会社とし、東北各県にある連結子会社5社を消滅会社とする吸収合併を行なう。LPガス配送を行なう連結子会社を合併統合することで、事業効率向上を図る。
 この半年ほどのミツウロコのチャートを見ると、上値650円ライン、下値500円ラインの三角保ち合いを形成しているように見える。上放れで、まずは上値650円ライン奪回を目指す。
 今3月期連結業績予想は、期中に下方修正したものの、経常利益以外は前年実績比増収増益の予想値となっている。期末(年間)配当金は13円予想。現在の株価で利回り約2.4%の計算となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:18 | 株式投資ニュース

木村化工機は悪地合い、材料難から買い集中で急反発。目先、調整局面か

 木村化工機<6378>(東1)は急反発。82円高の688円まで買われている。
 きょうは日経平均株価が続落し、144円61銭安の7028円49銭まで下落している、地合いが悪い状況。材料難ということもあり、原発関連株で、株価3ケタ、単位100株と売買しやすい同社株が買われているもようだ。
 木村化工機のチャートを見ると、2月24日につけた直近安値532円からのリバウンド局面。PERは29倍台と高め、信用倍率は1.45倍の買い長なので、目先調整は入ろうが、中期で次のフシ800円ラインが目標か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:59 | 株式投資ニュース

ショッピングバッグメーカーのザ・パックは「中国で紙袋生産倍増」報道も反落。底値の拾い場か

 ショッピングバッグメーカーの、ザ・パック<3950>(東1)は反落。96円安の1084円まで売られている。今朝の日経産業新聞で、「ザ・パック、中国で紙袋生産を倍増」と報じられたが、市場は反応薄だ。
 2月25日につけた直近高値1297円から続落トレンド。ここ5営業日は1100〜1200円でモミ合い、下値1100円フシを固めている。そろそろ反発のタイミングと見たい。
 今期2009年12月期連結業績予想は、不況下でも前年比増収増益を確保する見込み。今期配当金は、6月中間と12月期末それぞれ20円の、年間計40円予想。現在の株価で利回り約3.7%の計算となる。
 PERは7.39倍と割安。信用倍率は0.27倍の売り長だが、買い戻しが増えている。市場でも「今後、上がる」と見る向きは多いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:44 | 株式投資ニュース

SUMCOは7月中間連結業績の損失計上予想で反落も、ジリ高トレンド。戻り高値目指す

 SUMCO<3436>(東1)は反落。前場は140円安の1125円で引けている。前引け時で東証1部市場の値下がり率4位となっている。
 6日に発表した、2009年1月期連結決算は、前年比2ケタ減収減益となった。2010年1月期連結業績予想は未定だが、7月中間連結業績予想は、前年同期比減収減益で、営業・経常・純損失計上を見込んでいる。
 また、クレディスイス証券が6日付けレーティングで、投資評価を「ニュートラル」(中立)から「アンダーパフォーム」(弱気)へ、目標株価を1361円から1250円へ引き下げたことも、嫌気されている。
 一方、野村證券の同日付けレーティングでは、投資判断「2」(中立)継続としたものの、目標株価を1120円から1205円へ引き上げている。
 まずは売り先行となったものの、中期チャートでは、昨年11月21日につけた上場来安値772円を底に、ジリ高トレンドとなっている。信用倍率は0.70倍の売り長で、今後もジリ高なら買い戻しも入ってこよう。まずは戻り高値1300円ラインまでの戻りを目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:35 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は57円安の7115円と続落

 前引けの日経平均株価は57円91銭安の7115円19銭と続落。TOPIXは10.22ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は2円20銭安と続落している。

 値上がり業種は、鉱業、石油・石炭製品、ガラス・土石製品など11業種。
 値下がり業種は、不動産業、保険業、医薬品など22業種。

 東証1部市場値上がり568銘柄、値下がり987銘柄、変わらず151銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、コナミ<9766>(東1)東海カーボン<5301>(東1)住友電気工業<5802>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、武田薬品工業<4502>(東1)SUMCO<3436>(東1)CSKホールディングス<9737>(東1)

 全体の値上がり率上位は、ピクセラ<6731>(東1)バナーズ<3011>(東2)山水電気<6793>(東1)

 東証1部新高値銘柄は、ピクセラ<6731>(東1)のみ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

富士フイルムHDは「新興国専用機種を開発」報道も材料にしっかり。底値拾いも一手か

 富士フイルムホールディングス<4901>(東1)はしっかり。18円安の1745円で始まったが、寄り後は一時19円高の1782円まで買われる場面も出ている。
 今朝の日経新聞で、「日本の大手企業が新興国市場の開拓を狙って、価格を大幅に引き下げた専用機種の開発に、相次ぎ乗り出した」と報じられ、その1社として取り上げられたことが、手がかり材料となっているもようだ。富士フイルムは機能の絞り込みなどで価格を100ドル(約9700円)以下に抑えたデジタルカメラを開発、2009年中にアジアや南米で発売すると報じられている。
 富士フイルムホールディングスのチャートを見ると、中期続落。4日につけた年初来安値1694円からは脱したものの、底値圏でのモミ合いが続いている。今3月期連結業績予想は、前年比大幅な減収減益見込み。上記材料が業績に反映されるまで、もう少し間がありそうだ。中期投資のつもりで底値拾いも一手か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:01 | 株式投資ニュース

ローソンは続落。バリューローソンを九九プラスに吸収合併、九九プラスはストップ高

 ローソン<2651>(東1)は続落。40円安の4000円まで売られている。
 先週末6日に、連結子会社の九九プラス<3338>(JQ)とバリューローソン(本社・東京)を合併すると発表した。九九プラスを存続会社とする。ローソングループの統一プライベートブランド『バリューライン』商品の共同開発、九九プラスの『SHOP99』をバリューローソンの『ローソンストア100』へ看板替え改装を積極展開、2009年度以降の本格稼動に向けての新FCパッケージ構築などを行なう。
 ローソンのチャートを見ると、12月8日につけた直近高値5470円から反落し、続落トレンドで来た。この半月ほどは下値4000円フシを固める展開となっている。そろそろリバウンドのタイミングか。信用倍率は0.51倍の売り長。反発のきざしが出れば買い戻しも入ると見たい。次のフシであり13週移動平均線でもある、4500円ラインまでの戻りを目指す。
 なお、九九プラスの今朝は9万200円ストップ高となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース

スパリゾートハワイアンズの常磐興産は反発。三角保ち合い上放れ目指す

 『スパリゾートハワイアンズ』運営事業、石炭・石油の燃料商事事業などを行なっている、常磐興産<9675>(東1)は2円高の151円と反発。
 先週末6日の大引け後に発表した、2月度月次売上概況(速報)では、単体売上高は16億9800万円(前年同月比32.8%減)、リゾート事業部門の施設利用人員は11万3000人となった。当期累計(2008年4月〜2009年2月)では、単体売上高は425億6900万円(前年同期比36.0%増)、利用人員は183万5000人となった。
 チャートを見ると、この半年ほどは、上値170円ライン、下値120円ラインの三角保ち合いを形成しているように見える。この3ヵ月ほどは140円台を中心にモミ合っている。上放れで、高値170円ライン奪回を目指す。
 PERは10.94倍と割安水準。信用倍率は2.90倍の買い長だが、買い残と信用売りの買い戻しが増えている。市場でも、今後の上放れ期待が出ているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 株式投資ニュース