[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/04)前引けの日経平均株価は59円安の7170円と反落
記事一覧 (03/04)データセンターのビットアイルは2Q営業・経常減益で続落も織り込み済み。下値固め反発へ
記事一覧 (03/04)セブン&アイHDは業績予想の下方修正で続落も、悪材料出尽くし、反発のきざし
記事一覧 (03/04)西松建設は続落。同社違法献金の疑いによる小沢氏秘書逮捕が嫌気される
記事一覧 (03/04)当サイト注目のハイデイ日高は反発。リバウンドのタイミングに売上・客数の好調がオン
記事一覧 (03/04)生活雑貨店のバルスはストップ高買い気配。自社株買い発表と2月度売上好調で
記事一覧 (03/03)【明日の動き】日経平均株価は小幅続落、リスクモンスターのような金融不安を逆手に好業績が見込まれる銘柄を物色
記事一覧 (03/03)ハイデイ日高の2月度売上高は前年比2ケタ増――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (03/03)大引けの日経平均株価は50円安の7229円と続落
記事一覧 (03/03)マネックスグループは続落から2万円フシに当たり反発。証券株物色も
記事一覧 (03/03)CRMシステムのエイジアは小じっかり。自社株買いも支えに底値圏モミ合いから上放れ
記事一覧 (03/03)テルモは後場急伸、信用取組からも「買い」示唆。精密機械セクターに物色入る
記事一覧 (03/03)アニメ制作の創通は続伸。上場来安値からのリバウンド局面に自社株買いがオン
記事一覧 (03/03)駐車場システムの石川島運搬機械は続伸。配当と値上がり益の二兎を追う
記事一覧 (03/03)日本製紙グループ本社は前場、上場来安値更新して以降は反発。レンゴーとの提携解消も材料
記事一覧 (03/03)いすゞ自動車は反発、自動車株が買われる
記事一覧 (03/03)前引けの日経平均株価は75円安の7204円と続落
記事一覧 (03/03)メガネトップは2月次売上好調も反落。押し目買いで上値1100円フシを狙うも一手
記事一覧 (03/03)富士重工はジリ高トレンド維持。「本工場で軽自動車生産の3月稼動停止日ゼロ」報道も材料
記事一覧 (03/03)ザッパラスは3Q好決算、記念配を発表も反落。三角保ち合い、押し目買いのタイミングか
2009年03月04日

前引けの日経平均株価は59円安の7170円と反落

 前引けの日経平均株価は59円55銭安の7170円17銭と反落。TOPIXは6.92ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は3円01銭安と続落している。

 値上がり業種は、パルプ・紙、鉱業、その他金融業など11業種。
 値下がり業種は、保険業、海運業、輸送用機器など22業種。

 東証1部市場値上がり740銘柄、値下がり799銘柄、変わらず155銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、荏原<6361>(東1)NTN<6472>(東1)古河機械金属<5715>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、CSKホールディングス<9737>(東1)東京海上ホールディングス<8766>(東1)三菱商事<8058>(東1)

 全体の値上がり率上位は、プロパスト<3236>(JQ)バナーズ<3011>(東2)山一電機<6941>(東1)

 東証1部新高値銘柄は、日本道路<1884>(東1)エフピコ<7947>(東1)の2銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:19 | 株式投資ニュース

データセンターのビットアイルは2Q営業・経常減益で続落も織り込み済み。下値固め反発へ

 データセンターのビットアイル<3811>(大ヘ)は反落。5800円安の7万1700円まで売られている。
 前日3日に発表した、1月中間連結決算は、売上高と純利益が前年同期比増収増益であったものの、営業・経常利益は同減益となったことが、失望売りにつながっているもようだ。
 が、当期業績予想は2月にすでに下方修正が発表され、織り込み済み。7月通期連結業績予想は、売上高97億2400万円(前年比42.3%増)、経常利益12億1800万円(同8.2%増)、純利益6億1500万円(同10.0%増)の前回予想を据え置いている。
 チャートを見ると、2月2日につけた直近高値9万7500円から反落、続落トレンドとなっているものの、ここ数日は下値7万円フシを固める展開。調整一巡後は、リバウンドに転じると見る。まずは次のフシであり25日移動平均線でもある、8万円ライン奪回を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 株式投資ニュース

セブン&アイHDは業績予想の下方修正で続落も、悪材料出尽くし、反発のきざし

 セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)は30円安の2010円と続落して始まったが、その後は10円高の2050円まで戻す場面もあり、反発のきざしが見えている。
 前日3日に、2009年2月期連結業績予想の下方修正を発表した。営業収益、営業・経常・純利益とも下方修正し、前年実績比では営業利益以外は減収減益の予想値となった。
 チャートを見ると、この2ヵ月ほどは3000円ラインから反落、続落で来たが、この数日は下値2000円フシを固める動きとなっている。悪材料出尽くしで、そろそろリバウンドといきたいところ。日足は5日連続陽線となっており、これも反発のきざしと見たい。まずは次のフシであり25日移動平均線でもある、2300円ラインまでの戻りを目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:28 | 株式投資ニュース

西松建設は続落。同社違法献金の疑いによる小沢氏秘書逮捕が嫌気される

 西松建設<1820>(東1)は続落。7円安の74円で始まり、寄り後は71円まで売られている。
 前日3日に、民主党の小沢一郎代表の資金管理団体『陸山会』が、同社からの迂回献金を受け取っていた疑いで、東京地検特捜部が、小沢氏の公設第1秘書・同会の会計責任者ら3人を政治資金規正法違反容疑で逮捕するとともに、同会事務所を家宅捜索したことが、嫌気されているもようだ。
 チャートを見ると、1月23日につけた年初来安値66円からは脱したものの、底値圏でモミ合っている。PERは約6倍と割安。模様眺めが無難だろうが、火中の栗を拾うつもりで底値買いも一手か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:46 | 株式投資ニュース

当サイト注目のハイデイ日高は反発。リバウンドのタイミングに売上・客数の好調がオン

 当サイト3日付け『引け後のリリース、明日の1本』で取り上げたハイデイ日高<7611>(東1)は反発。10円高の916円で始まり、寄り後は944円まで買われている。
 既報のとおり、この1〜2ヵ月ほどは調整局面で押し目を形成しており、リバウンドのタイミングとなっていたことに加え、きのう大引け後に発表した、全店の2月度と通期累計の、売上高と客数が好調だったことが、買い材料となったようだ。
 PERは11倍台と、とくに割高感・過熱感は見当たらない。信用倍率は0.53倍の売り長だが、買い戻しと買い残が増えている。市場でも「今後、上がる」と見る向きは多いようだ。まずは次のフシ1000円台奪回を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:19 | 株式投資ニュース

生活雑貨店のバルスはストップ高買い気配。自社株買い発表と2月度売上好調で

 インテリア・生活雑貨店『フランフラン』などを展開している、バルス<2738>(東1)は9万3000円ストップ高買い気配。
 きのう大引け後に発表した、自社株買いが材料となっているもようだ。期間は3月10〜31日。取得株式総数(上限)は8500株(発行済み株式総数(自己株式を除く)の5.2%)。取得価額の総額(上限)は10億円。
 また、同日、2月度売上概況を発表した。全店の売上は前年同月比4.8%増、客数は同17.0%増となった。
 チャート的には現在、底値圏。PERは9倍台と割安になっている。まずは次のフシであり25日移動平均線でもある、10万円ライン奪回を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:54 | 株式投資ニュース
2009年03月03日

【明日の動き】日経平均株価は小幅続落、リスクモンスターのような金融不安を逆手に好業績が見込まれる銘柄を物色

 株式市場明日の動き 米国株式市場、ダウ終値で7000ドル割れと4日続落したことを受け、日経平均株価は小幅続落。与謝野馨財務・金融・経済財政相が午前の閣議後の記者会見で、株式相場の下落について「必要以上の下げは看過することはできない」との報道で、7円高の7288円まで戻す場面も見られた。下値は7088円14銭と年金資金が買い支えしているとの観測から下げ渋る側面も。売られすぎの銘柄には、値ごろ感から買いが、その一方で、買われすぎの銘柄が売られる動きも見られており、方向感のない展開となった。明日も全般相場は、方向感のない展開、好材料が仮に発表されても買い戻し主導で上値の重い展開を予想する。個別では、リスクモンスター<3768>(東1)のような金融不安を逆手に好業績が見込まれる銘柄を物色する動きに止まろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:33 | 株式投資ニュース

ハイデイ日高の2月度売上高は前年比2ケタ増――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 『中華食堂 日高屋』などを展開するハイデイ日高<7611>(東1)は、3日の大引け後に、月次売上高速報を発表した。全店の2月度の売上高は前年同月比12.8%増、客数は同11.2%増、客単価は同1.5%増。全店の通期(2008年3月〜2009年2月)累計は、売上高が前年比13.0%増、客数が同11.1%増、客単価が同1.7%増となった。
 チャートを見ると、1月13日につけた年初来高値1198円から反落、続落トレンドとなっている。上記好材料もバネに、900円フシから反発といきたい。3日終値906円でPERは11.03倍と割安。信用倍率は0.29倍の売り長。リバウンドとなれば、買い戻しが入ることも期待できそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:33 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は50円安の7229円と続落

 大引けの日経平均株価は50円43銭安の7229円72銭と続落。TOPIXは7.79ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は4円94銭安と続落した。

 値上がり業種は、空運業、証券商品先物、機械など6業種。
 値下がり業種は、鉱業、石油石炭製品、卸売など27業種。

 東証1部市場値上がり440銘柄、値下がり1131銘柄、変わらず134銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日立建機<6305>(東1)太陽誘電<6976>(東1)NTN<6472>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、ヤフー<4689>(東1)三井物産<8031>(東1)CSKホールディングス<9737>(東1)

 全体の値上がり率上位は、ビジョンメガネ<7642>(JQ)インサイト<2172>(札ア)キムラタン<8107>(大1)

 東証1部新高値銘柄は、なし。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:22 | 株式投資ニュース

マネックスグループは続落から2万円フシに当たり反発。証券株物色も

 マネックスグループ<8698>(東1)は反発。前場は一時、850円安の2万2390円まで売られたが、その後、反発し、後場にかけて続伸。480円高の2万3720円まで買われている。
 この1ヵ月ほどはジリ安トレンドとなっていたが、下値2万2300円フシに当たり反発している。また、本日は証券株が物色されており、東証1部業種別株価指数では、証券・商品先物取引業セクターが値上がり率トップとなる場面が続いている。同社のほか、大和証券グループ本社<8601>(東1)野村ホールディングス<8604>(東1)東海東京証券<8616>(東1)松井証券<8628>(東1)などが買われている。
 マネックスグループのチャートを見ると、現在は底値圏。リバウンド局面に入ったと見たい。ただ、信用倍率は2倍台の買い長。少し上がれば戻り売りが出そうだ。次のフシであり26週移動平均線でもある、3万円ラインが目安か。単位1株の売買しやすさも魅力。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:34 | 株式投資ニュース

CRMシステムのエイジアは小じっかり。自社株買いも支えに底値圏モミ合いから上放れ

 エイジア<2352>(東マ)は小じっかり。400円高の3万6500円まで買われている。
 底値圏1万円台央でモミ合っていたが、半月ほど前から上放れし、6月30日までの予定で行なっている自社株買いも下支えに、続伸トレンドとなっている。
 本日後場寄りつき12時30分に、「自社開発した総合CRM(顧客管理・マーケティング)システムのメール配信について、アパレルメーカーのトゥモローランド(本社・東京)に、メールニュース配信システムとして提供した」と発表したことも、手がかり材料。このまま続伸トレンドで、次のフシ4万円ラインを目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

テルモは後場急伸、信用取組からも「買い」示唆。精密機械セクターに物色入る

 テルモ<4543>(東1)は後場急伸。160円高の3030円まで買われている。
 2月24日につけた年初来安値2720円から反発。凸凹しながらも、下値抵抗線はジリ高トレンドとなっている。急伸したため、目先、調整は入ろうが、次のフシであり13週移動平均線でもある、3500円ライン奪回を目指す。
 信用残は売買ほぼ拮抗だが、信用売りの買い戻しと、信用買いが増えている。市場でも、今後上がると見る向きは多いようだ。
 また、本日は精密機械セクターに物色が入っており、東証1部業種別株価指数では同セクターが値上がり率上位となる場面が続いている。同社のほか、モリテックス<7714>(東1)ニコン<7731>(東1)などが買われている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:35 | 株式投資ニュース

アニメ制作の創通は続伸。上場来安値からのリバウンド局面に自社株買いがオン

 アニメ番組の企画・制作と版権事業を行なっている、創通<3711>(JQ)は続伸。1万2000円高の22万7000円まで買われている。
 2月23日につけた上場来安値20万4000円からのリバウンド局面に加え、きのう大引け後に発表した自社株買いも材料視されているもようだ。自社株買いの期間は3日〜5月22日まで。取得株式総数(上限)は500株(発行済み株式総数(自己株式を除く)に占める割合1.18%)。取得価額の総額(上限)は1億2500万円。
 今期2009年8月期連結業績予想は、経常利益以外は前年比増収増益。『会社四季報』には、次期2010年8月期は増収増益の予想値が出ている。今期末(通期)配当金は6000円予想。現在の株価で利回り約2.6%の計算となる。PERは8.81倍と割安。単位1株の売買しやすさも魅力となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:20 | 株式投資ニュース

駐車場システムの石川島運搬機械は続伸。配当と値上がり益の二兎を追う

 駐車場システムなどのメーカー、石川島運搬機械<6321>(東2)は続伸。薄商いながら、15円高の315円まで買われている。
 きのう大引け後に発表した、特別配当の実施が買い材料となっているもようだ。2008年4月2日に設立35周年を迎えたことにより、2009年3月期末に、1株当たり普通配当10円に、特別配当3円を加え、13円とする予定。9月中間配当7円(実施済み)と合わせると、年間配当金は20円。期末配当金13円だけでも、現在の株価で利回り約4.1%の計算となる。
 今3月期業績予想は前年比増収増益を確保する見込み。株価は中期続落で来て、2月24日につけた年初来安値274円からは脱したものの、まだ底値圏。PERは9.84倍と割安水準となっている。配当取りをしつつ、次のフシ400円ライン奪回を狙ってみる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:59 | 株式投資ニュース

日本製紙グループ本社は前場、上場来安値更新して以降は反発。レンゴーとの提携解消も材料

 日本製紙グループ本社<3893>(東1)は反発。前場は一時、75円安の2060円まで売られ、2月27日につけた上場来安値2100円を更新した。が、以降は反発し、65円高の2200円まで買われている。
 前日2日に、「1日をもって、レンゴー<3941>(東1)住友商事<8053>(東1)との業務提携契約の期間が終了したため、契約を終了した」と発表したため、失望売りで続落していた。しかし、日経報道によると「2年間で約10億円の合理化効果があった」という。また、今回の提携解消は、今後、「新たな業界再編の呼び水となる可能性が大きい」と指摘されている。
 日本製紙グループ本社のチャートを見ると、1月5日につけた年初来高値3740円から反落、続落してきた。下値2000円フシに当たり、そろそろ反発局面に転じたいところだ。まずは次のフシであり25日移動平均線でもある、2400円ラインまでの戻りを目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:42 | 株式投資ニュース

いすゞ自動車は反発、自動車株が買われる

 いすゞ自動車<7202>(東1)は反発。寄り後は一時、2円安の88円まで売られ、2月23日につけた年初来安値と顔合わせとなった。が、以降は反発。前場は4円高の94円で引けている。前引け時で、日経平均225銘柄の値上がり率トップとなっている。
 今朝は自動車株が買われており、東証1部業種別株価指数では、前引け時で輸送用機器セクターが値上がり率3位となっている。同社株のほか、日産自動車<7201>(東1)スズキ<7269>(東1)富士重工業<7270>(東1)などが買われている。
 いすゞ自動車のチャートを見ると、中期続落で来て、この3ヵ月ほどは100円ライン前後で底練りが続いている。信用倍率は3.10倍の買い長で、買い残が増えている。少し上がれば戻り売りが出そうだ。もうしばらく底値を探る展開か。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:11 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は75円安の7204円と続落

 前引けの日経平均株価は75円26銭安の7204円89銭と続落。TOPIXは9.57ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は6円54銭安と続落している。

 値上がり業種は、パルプ・紙、精密機械、輸送用機器の3業種。
 値下がり業種は、鉱業、保険業、石油・石炭製品など30業種。

 東証1部市場値上がり334銘柄、値下がり1228銘柄、変わらず129銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、いすゞ自動車<7202>(東1)富士重工業<7270>(東1)日産自動車<7201>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、CSKホールディングス<9737>(東1)三井物産<8031>(東1)ヤマトホールディングス<9064>(東1)

 全体の値上がり率上位は、パイプドビッツ<3831>(東マ)ダイヤモンドダイニング<3073>(大ヘ)梅の花<7604>(東2)

 東証1部新高値銘柄は、なし。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:19 | 株式投資ニュース

メガネトップは2月次売上好調も反落。押し目買いで上値1100円フシを狙うも一手

 メガネトップ<7541>(東1)は反落。60円安の1011円まで売られている。
 きのう大引け後に2月次の売上状況を発表した。全店売上高は33億6900万円(前年同月比7.8%増)と好調だった。通期累計(2008年4月〜2009年2月)は422億7400万円(前年同期比9.9%増)となった。
 チャートを見ると、昨年10月28日につけた上場来安値449円から反発し、中期で上昇トレンド。ただ、信用倍率は1.74倍の買い長で、買い残が増えているため、少し上がると戻り売りが出そうだ。本日のような押し目を拾い、上値フシ1100円ラインを狙うのが無難か。
 今3月期連結業績予想は前年比増収増益。『会社四季報』には、次期2010年3月期も増収増益の予想値が出ている。PERは9倍台と割安。中期では1100円フシ上抜けも目指せそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:03 | 株式投資ニュース

富士重工はジリ高トレンド維持。「本工場で軽自動車生産の3月稼動停止日ゼロ」報道も材料

 富士重工業<7270>(東1)は続落から反発。今朝は9円安の299円で寄りついたが、以降は反発し、9円高の317円まで買われている。
 12月18日につけた年初来安値223円を底に、凸凹しながらも上昇トレンドをえがいている。加えて、今朝のニュースサイトなどで、「軽自動車を生産する本工場(群馬県太田市)で、3月の稼動停止日をゼロにすると明らかにした」と報じられたことも、手がかり材料となっているもようだ。在庫調整が進んだことを受け、減産強化に歯止めをかけるという。
 信用倍率は0.12倍の売り長だが、買い戻し・買い残が増えている。市場でも「今後、上がる」と見る向きは多いようだ。このままジリ高トレンド維持で、次のフシ400円ラインまでの戻りを目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース

ザッパラスは3Q好決算、記念配を発表も反落。三角保ち合い、押し目買いのタイミングか

 ザッパラス<3770>(東1)は反落。寄りつきは続伸して6000円高の24万3000円まで買われたものの、その後は反落し、1万4400円安の22万2600円まで売られている。
 きのう大引け後に発表した、第3四半期(2008年5月〜2009年1月)連結決算は前年同期比増収増益。4月通期連結業績予想は、売上高97億7600万円(前年比14.3%増)、経常利益26億4200万円(同40.4%増)、純利益15億4800万円(同50.7%増)の前回予想を据え置いている。
 同時に、東証1部上場記念配当を実施すると発表した。4月通期末に1株500円の記念配を実施し、普通配当3500円と合わせて4000円とする予定。現在の株価で利回り約1.8%の計算となる。
 チャートを見ると、昨年10月10日につけた年初来安値16万6500円を底に、下値を切り上げる三角保ち合いを形成しているように見える。現在の押し目を拾って上値27万円ライン奪回を目指してみる。PERは18倍台と、ひところの人気過熱時に比べるとアク抜けして買いやすくなっている。単位1株の売買しやすさも魅力だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:15 | 株式投資ニュース