[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/26)『ミニ情報』で取り上げた住友鋼管は株主優待の新設で続伸。利回り換算3%に
記事一覧 (12/26)前澤給装工業は続伸。不景気のなかでも手堅いインフラ関連株として買われる
記事一覧 (12/26)住友ゴム工業は業績予想の下方修正で反落。空売り銘柄の様相、様子見が無難か
記事一覧 (12/26)日清食品ホールディングスはしっかり。「ロシアで即席めん参入」も買い材料に
記事一覧 (12/26)トヨタ車体は業績予想の下方修正で続落。下値1200円ライン固め反発へ向かいたい
記事一覧 (12/26)東レは小幅続伸。ジリ高トレンドに「ドイツの炭素繊維部品会社に出資」報道も材料
記事一覧 (12/25)【明日の動き】日経平均株価は反発、中小型、材料系銘柄を物色
記事一覧 (12/25)『靴下屋』のタビオは3Q好決算、PER割安――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (12/25)大引けの日経平均株価は82円高の8599円と反発
記事一覧 (12/25)ワタベウェディングは続伸。子会社のメルパルクが「契約社員の大半を正社員登用」も手がかり
記事一覧 (12/25)ラディアHDが一時ストップ高まで買われる、債務の株式化で債務超過を解消する見通
記事一覧 (12/25)アルバックは急伸。2009年度予算案と経産省補助制度で太陽光発電・太陽電池関連銘柄に連想買い
記事一覧 (12/25)エイベックスG・HDはモミ合い上放れへ。年末に向け音楽・芸能銘柄に動意づき期待も
記事一覧 (12/25)ヤマタネが反発、米粉・飼料用のコメ増産支援に対する期待感高まる
記事一覧 (12/25)JR東海は反発。リニア関連、環境関連として注目されるが、チャートは底値圏
記事一覧 (12/25)キッセイ薬品工業が6連騰し高値更新、好業績の値動きのいい銘柄を物色する動き
記事一覧 (12/25)制御機器メーカーのIDECは「産業用液晶拡販」報道で反発。上放れを期待
記事一覧 (12/25)当サイト注目の日本航空電子工業は反発。自社株買い発表が手がかり
記事一覧 (12/25)前引けの日経平均株価は36円高の8553円と反発
記事一覧 (12/25)食品副材料などの専門商社オーウイルは続伸。好業績、好財務、低PER、高配当の優良株
2008年12月26日

『ミニ情報』で取り上げた住友鋼管は株主優待の新設で続伸。利回り換算3%に

 住友鋼管<5457>(東1)は続伸。17円高の622円まで買われている。
 当サイト関連サイトの『株式関連最新ミニ情報』サイト25日付けで既報のとおり、株主優待制度の新設を25日に発表したことが、好感されているもようだ。
 3月31日現在の1単元(100株以上)株主に、一律2000円相当のクオカードを贈呈する。
 現在の株価で利回り換算すると3.2%の計算となる。ちなみに今期配当金は9月中間と2009年3月期末でそれぞれ5円、年間計10円予想。
 チャートを見ると、11月21日につけた年初来安値503円からは脱したものの、まだ安値圏。PERは5.61倍と割安となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:06 | 株式投資ニュース

前澤給装工業は続伸。不景気のなかでも手堅いインフラ関連株として買われる

 前澤給装工業<6485>(東1)は続伸。145円高の1371円まで買われている。
 10月27日につけた年初来安値890円から反発。以降は凸凹しながらも下値を切り上げてきている。また、不景気のなかでも需要が堅い、インフラ(水道)関連銘柄として買われている面もありそうだ。
 今期連結業績予想は前年比増収増益。『会社四季報』には、次期2010年3月期も増収増益の予想値が出ている。現在の株価でPERは12.34倍と割安水準。まずは前の高値であり26週移動平均線でもある1500円ライン、さらに中期では10月急落前の1800円ラインまでの戻りを目指したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース

住友ゴム工業は業績予想の下方修正で反落。空売り銘柄の様相、様子見が無難か

 住友ゴム工業<5110>(東1)は反落。12円安の713円まで売られている。
 25日に発表した、通期連結業績予想の下方修正が売り材料となっているもようだ。売上高、営業・経常・純利益とも下方修正し、売上高以外は前年比減益予想。純利益はゼロの見通しとなった。
 チャートを見ると、この3ヵ月ほどは下値を切り上げ、上値を切り下げる三角保ち合いを形成していたが、ここ数日は続落。保ち合い上放れとは行かなかったようだ。信用残は0.07倍の売り長で、売り残が増えている。様子見が無難か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:43 | 株式投資ニュース

日清食品ホールディングスはしっかり。「ロシアで即席めん参入」も買い材料に

 日清食品ホールディングス<2897>(東1)はしっかり。寄り後は40円高の3230円まで買われている。
 きょう26日付け日経朝刊で「ロシアで即席めん事業に参入」と報じられた。ロシアの即席めん最大手、マルベンフード・セントラルの持株会社、アングルサイドと資本業務提携する。急成長が見込める新興市場を開拓すると報じられている。また、同内容を今朝、会社側が正式発表している。
 日清食品ホールディングスのチャートを見ると、10月28日につけた年初来安値2280円深押しからリバウンド。この3日は上下しながらも下値を切り上げてきている。まずは次のフシ3400円まで戻したい。信用残は0.31倍の売り長。今後もジリ高なら、買い戻しが入って踏み上げ相場期待もありか。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:34 | 株式投資ニュース

トヨタ車体は業績予想の下方修正で続落。下値1200円ライン固め反発へ向かいたい

 トヨタ車体<7221>(東1)は続落。22円安の1239円まで売られている。
 前日25日に発表した、2009年3月期業績予想の下方修正が嫌気されているもようだ。連結・個別とも、売上高、営業・経常・純利益とも下方修正となった。
 チャートを見ると、業績不振や、トヨタ系銘柄・自動車関連株の不人気などを背景に中期続落・この1ヵ月ほどは下値フシ1200円ラインを固めている。悪材料出尽くしで反発と行きたいところだ。
 しかし、信用残は0.21倍の売り長。中期はともかく、目先はカラ売り銘柄と見る向きが多いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | 株式投資ニュース

東レは小幅続伸。ジリ高トレンドに「ドイツの炭素繊維部品会社に出資」報道も材料

 東レ<3402>(東1)は小幅続伸。4円高の441円まで買われている。
 この1ヵ月ほどは400円ラインからジリ高トレンドで来ているが、今朝の日経新聞で「炭素繊維の事業拡大に向け、ドイツの炭素繊維部品メーカーに出資する」と報じられたことも、手がかり材料となっているもようだ。
 記事によると、東レは年内に独アドバンスト・コンポジット・エンジニアリング社に21%出資する。出資額は非公表だが数億円規模と見られる。出資比率を将来50%超に高めることも検討する。出資先を自動車向け炭素繊維部品の現地開発・生産拠点と位置づけ、欧州自動車メーカーへの販売を強化するという。
 チャートを見ると、10月27日につけた年初来安値350円を底に反発。上値500円ラインの三角保ち合いを形成しているように見える。上放れ、まずは500円ラインまでの戻りを目指したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース
2008年12月25日

【明日の動き】日経平均株価は反発、中小型、材料系銘柄を物色

 株式市場明日の動き 日経平均株価は反発。24日の米国株式市場でダウ工業株30種平均が6営業日ぶりに上昇したことを受け、小確りとなった。2009年1月5日の株券電子化に伴う株式分割や無償割り当てのためNTTや三井住友FG、みずほFGなど一部の大型株がきょう25日から30日まで売買停止となることから、全般相場は方向感に欠ける展開で、本日も材料系の出遅れ銘柄を物色する動きとなっている。明日も全般は小動きで、中小型の好業績銘柄や材料系銘柄を物色する動きが続こう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:52 | 株式投資ニュース

『靴下屋』のタビオは3Q好決算、PER割安――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 靴下専門店『靴下屋』を約280店、展開するタビオ<2668>(大2)は25日の大引け後に、第3四半期(3〜11月)決算を発表した。連結で、売上高110億2800万円(前年同期比7.4%増)、経常利益13億6400万円(同13.4%増)、純利益6億9600万円(同13.4%増)と、2ケタ増益となった。
 2009年2月期連結業績予想は、売上高152億8400万円(前年比5.0%増)、経常利益19億8100万円(同6.3%増)、純利益10億4800万円(同6.3%増)の前回予想を据え置いている。
 チャートを見ると、10月10日につけた年初来安値750円から反発、ジリ高トレンドで来ている。が、25日終値1040円でPERは6.74倍とまだまだ安値圏・割安水準だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:22 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は82円高の8599円と反発

 大前引けの日経平均株価は82円40銭高の8599円50銭と反発。TOPIXは9.03ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は7円25銭高と6日ぶりに反発した。

 値上がり業種は、海運、保険、卸売、鉱業、石油石炭製品など29業種。
 値下がり業種は、水産・農林、電気・ガス、小売、その他製品の4業種。

 東証1部市場値上がり1018銘柄、値下がり546銘柄、変わらず120銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、シチズンホールディングス<7762>(東1)宇部興産<4208>(東1)ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、日本水産<1332>(東1)日東紡<3110>(東1)ソフトバンク<9984>(東1)

 全体の値上がり率上位は、キムラタン<8107>(大1)NISグループ<8571>(東1)マルコ<9980>(大2)

 東証1部新高値銘柄は、日本電設工業<1950>(東1)あさひ<3333>(東1)オリエンタルランド<4661>(東1)など7銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:20 | 株式投資ニュース

ワタベウェディングは続伸。子会社のメルパルクが「契約社員の大半を正社員登用」も手がかり

 ワタベウェディング<4696>(東1)は後場も続伸。72円高の1317円まで買われている。
 10月28日につけた上場来安値703円から反発。上下波動をえがきながらも上昇トレンドで来ている。また、24日に、子会社のメルパルク(本社・東京)が全社員の15%を占める契約社員の大半を正社員に切りかえると発表したことも、手がかり材料となっているもようだ。
 チャートを見ると、このまま続伸なら、次のフシであり1月4日につけた年初来高値1435円も視野に入る。PERは9倍台と割安でもある。
 今期連結業績予想は前年比増収増益。『会社四季報』には、次期2010年3月期も増収増益の予想値が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:36 | 株式投資ニュース

ラディアHDが一時ストップ高まで買われる、債務の株式化で債務超過を解消する見通

 ラディアホールディングス<4723>(東2)が、57円高の602円と4日ぶりに急反発している。前日24日、同社は米ファンド大手サーベラスと米証券大手モルガン・スタンレーの2社が設立したファンドを割当先に普通株式と優先株式を発行すると発表した。潜在株式も含めると最大711.4%の希薄化を伴う今回の増資は債務の株式化が狙いで、増資に伴う資金の移動はなく、ラディアHDの有利子負債154億7200万円が減少する。債務の株式化で債務超過を解消し目先は経営が安定するとの見方から一時100円高の645円ストップ高まで買われた。普通株は312万株発行、1株あたり600円で割り当てる。払込期日は2009年2月6日。優先株式(B種)は136株を136億円で発行、払込期日は09年6月を予定し、優先株式は当初1株あたり740円で普通株式への転換が可能としている。今回の増資決定に伴い、6月の株主総会で承認された優先株式(A種)の発行は取りやめるという。今後、株価は普通株割り当て価格600円、優先株の転換価格740円を意識してどのような動きを見せるか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:20 | 株式投資ニュース

アルバックは急伸。2009年度予算案と経産省補助制度で太陽光発電・太陽電池関連銘柄に連想買い

 アルバック<6728>(東1)は急伸。178円高の1215円まで買われている。きょうのストップ高ラインは1237円。
 太陽電池製造装置関連銘柄として注目されているが、加えて、24日に出た2009年度予算政府案で、住宅用太陽光発電の導入補助金として新たに約200億円を計上すること、また、経済産業省が住宅向けの太陽光発電補助制度を来年1月13日に開始すると発表したことで、太陽光発電・太陽電池関連銘柄が連想買いされているもようだ。
 アルバックの今期2009年6月期連結業績予想は前年比増収減益だが、『会社四季報』には、次期2010年6月期は増収増益の予想値が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:11 | 株式投資ニュース

エイベックスG・HDはモミ合い上放れへ。年末に向け音楽・芸能銘柄に動意づき期待も

 エイベックス・グループ・ホールディングス<7860>(東1)は反発。12円高の998円まで買われている。
 外資系証券のレーティングで、目標株価を1700円から1200円へ引き下げたものの、投資判断「Buy」(買い)継続としたことが、引き続き手がかり材料となっているもようだ。また、年末に向けて、テレビのNHK『紅白歌合戦』やTBS『輝く!日本レコード大賞』など音楽番組があるため、音楽・芸能関連銘柄が動意づいているのかもしれない。
 チャートを見ると、10月10日につけた上場来安値566円深押しから反発、ジリ高トレンドで来た。この1ヵ月ほどは1000円ラインでモミ合っており、上放れが期待されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:41 | 株式投資ニュース

ヤマタネが反発、米粉・飼料用のコメ増産支援に対する期待感高まる

 ヤマタネ<9305>(東1)が、10円高の107円と反発している。前場は一時17円高の114円まで上昇する場面も見られている。2009年度予算案で、農林水産全体でも9年連続の減少とするなか、農家支援など公共事業以外の予算は5年ぶりの増額となったことが好感されている。25日付の日本経済新聞朝刊では「目玉は食料自給率の向上策。消費低迷から主食用米の生産調整(減反)を続ける一方、米粉パンのような新たな需要に対応した米粉・飼料用のコメ増産を支援するため404億円の新交付金で水田を有効活用する。自給率は07年度に40%と先進国の中で最低水準で今後10年間で50%に引き上げる目標を掲げている。主食用米からの転作として飼料用米や麦などを増産し、自給率や自給力の向上につなげる。」としたことから、コメ卸の同社が受ける恩恵も大きいとの期待感が高まった。ただ、株価は、6月4日に農業サミットに絡んで237円の年初来高値をつけ、上値には戻り待ちの売りが控えており、上げ一服から再び100円を挟んだ小幅モミ合いとなることが想定される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:20 | 株式投資ニュース

JR東海は反発。リニア関連、環境関連として注目されるが、チャートは底値圏

 東海旅客鉄道<9022>(東1)は反発。後場にかけて反落ぎみだが、3000円高の75万9000円ラインで踏みとどまっている。
 リニア関連銘柄として注目されており、また、環境関連として、自動車不振で買われる銘柄として注目されている。
 が、現在の75万円ラインは底値圏。75万円下値フシを固め、リバウンドと行きたい。PERは12倍台と、今期連結業績予想は減収減益だが割安。まずは次のフシであり25日移動平均線でもある80万円ラインまで戻したい。

【特集】リニア中央新幹線関連銘柄特集
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | 株式投資ニュース

キッセイ薬品工業が6連騰し高値更新、好業績の値動きのいい銘柄を物色する動き

 キッセイ薬品工業<4547>(東1)が、135円高の2755円と前日と変わらずを挟んで6連騰し12月8日につけた年初来高値を更新している。2009年1月5日の株券電子化に伴う株式分割のため、18銘柄がきょう25日から30日まで4営業日の間、売買停止で全般相場は小動きに。好業績の値動きのいい銘柄を物色する動きが強まっている。米ワトソン社に技術導出した前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬シロドシン(日本製品名、ユリーフ)について、米食品医薬品局(FDA)より承認を取得したことが見直されている。四季報新春号では「期待の排尿薬ユリーフ、糖尿病薬が急成長。糖尿病薬権利供与で一時金収入。研究開発費想定以下。営業益増額。上場20周年記念配。10年3月期はユリーフの錠剤新発売と米国発売で技術料収入が寄与。」と指摘し、今3月期営業利益は会社計画54億円達成、来3月期同56億円を予想している。信用取組倍率0.10倍の好需給となっているうえ、低位材料株物色も一巡した感が出て、物色の矛先が向けられたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:03 | 株式投資ニュース

制御機器メーカーのIDECは「産業用液晶拡販」報道で反発。上放れを期待

 制御機器メーカーのIDEC<6652>(東1)は反発、後場も続伸。13円高の895円まで買われている。25日付け日経産業新聞で「IDEC、小型の産業用液晶拡販 高輝度で薄型、4割安く」と報じられたことが、手がかり材料となっているもようだ。
 この3ヵ月ほどのチャートを見ると、下値800円ライン、上値1000円ラインの三角保ち合いを形成しているように見える。この1ヵ月ほどは900円前後でモミ合っており、上放れが期待される。信用残は0.33倍の売り長だが、買い戻し・買い残が増えている。市場でも今後の上放れ期待があるようだ。
 今期配当金は9月中間と2009年3月期末のそれぞれ25円、年間計50円予想。期末だけでも、現在の株価で利回り約2.8%の計算となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:51 | 株式投資ニュース

当サイト注目の日本航空電子工業は反発。自社株買い発表が手がかり

 当サイト24日付け『――引け後のリリース、明日の1本』で取り上げた日本航空電子工業<6807>(東1)は反発。30円高の373円まで買われている。
 前日大引け後に、自社株買いを発表したことが手がかり材料となっているもようだ。また、当サイトで指摘したように、PERの割安感や次期業績好転観測なども、買い材料となっているもよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:39 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は36円高の8553円と反発

 前引けの日経平均株価は36円03銭高の8553円13銭と反発。TOPIXは5.23ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は6円81銭高と反発している。

 値上がり業種は、海運業、卸売業、保険業など26業種。
 値下がり業種は、水産・農林業、小売業、その他製品など7業種。

 東証1部市場値上がり918銘柄、値下がり626銘柄、変わらず130銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、シチズンホールディングス<7762>(東1)宇部興産<4208>(東1)商船三井<9104>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、トレンドマイクロ<4704>(東1)高島屋<8233>(東1)ファーストリテイリング<9983>(東1)

 全体の値上がり率上位は、バナーズ<3011>(東2)NISグループ<8571>(東1)キムラタン<8107>(大1)

 東証1部新高値銘柄は、日本電設工業<1950>(東1)あさひ<3333>(東1)オリエンタルランド<4661>(東1)など6銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:25 | 株式投資ニュース

食品副材料などの専門商社オーウイルは続伸。好業績、好財務、低PER、高配当の優良株

 オーウイル<3143>(JQ)は続伸。44円高の434円まで買われている。
 11月7日上場以来のチャートを見ると、11月21日につけた「上場来安値」330円からのリバウンド局面となっている。まずは公開価格450円ライン奪回を目指したい。現在の株価でPERは5.10倍と割安でもある。株価3ケタ、単位100株の売買しやすさも魅力だ。
 同社は酸化防止剤のビタミンCや香料など、食品副材料等を扱う専門商社。業績は好調で、今期2009年3月期は前年比2倍以上の増収増益を見込んでいる。『会社四季報』には、次期2010年3月期も増収増益の予想値が出ている。9月中間末で有利子負債ゼロ、前期末で現金等3億5700万円と、財務面も堅い。
 今期末(通期)配当金は30円予想。現在の株価で利回り約6.9%の計算となる。
 地合いが悪い時期に、IPO&新興市場不振のタイミングで上場してしまったため、気の毒な状況?になっているが、よく見ると優良企業株だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:51 | 株式投資ニュース