[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/30)吉本興業は新安値。日経産業「ウェブ2.0で新サイト」報道も市場は反応薄、拾い時か
記事一覧 (09/30)ジェイホームは本日、数少ない新高値銘柄。優良企業株だが、薄商いが難
記事一覧 (09/30)日本水産は年初来安値から凸凹しながらも下値切り上げ。続落でアク抜け、買いやすく
記事一覧 (09/30)ユニプレスは続落→反発。中期では上昇トレンドえがく。割安、業績好転予想も買い材料に
記事一覧 (09/30)東洋製罐は業績予想の一部下方修正でギャップダウン。年初来安値から反発局面へ
記事一覧 (09/30)フルキャストは「2度目の事業停止命令」報道で引き続き売り気配。火中の栗に手を出すな
記事一覧 (09/30)J‐POWERは反発。下値フシからの反発局面に、業績予想の上方修正がオン
記事一覧 (09/30)日立製作所は日経「業績回復」報道も、ギャップダウン。カラ売り銘柄の様相、しばらく底練りか
記事一覧 (09/30)大阪ガスは気配値切り下げ。業績予想の下方修正と小口ガス料金値下げで様子見が無難
記事一覧 (09/30)ニューヨーク市場は過去最大の下げ幅を記録
記事一覧 (09/29)【明日の動き】投信の味付け買いなども期待されモミ合い
記事一覧 (09/29)大引けの日経平均株価は149円安の1万1743円と3日続落
記事一覧 (09/29)あさひは中間好決算発表が売り場となるか――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (09/29)日立化成が3日続落、06年の上場来高値からの調整続く
記事一覧 (09/29)ライトオンは後場も続伸、新高値。信用買い残増加、まだ上値追いの向きは多し?
記事一覧 (09/29)マルマエがストップ安で5日続落、プロデュースの民事再生法が売り誘う
記事一覧 (09/29)キッセイ薬品工業は後場も続伸。目先調整後は、中期で2400円ライン奪回へ
記事一覧 (09/29)いすゞ自動車が3日ぶりに反落、外資系証券が投資判断を格下げ
記事一覧 (09/29)カカクコムが続伸、9月のサイト利用者数は前年同月比で40%増で過去最大の伸び率
記事一覧 (09/29)大王製紙は続伸トレンド。カラ売り銘柄の様相だが、押し目拾いで中期上値追いも一手か
2008年09月30日

吉本興業は新安値。日経産業「ウェブ2.0で新サイト」報道も市場は反応薄、拾い時か

 吉本興業<9665>(東1)は新安値。一時31円安の999円まで売られ、5日につけた年初来安値1014円を更新した。以降は1000円台に戻している。
 今朝の日経産業新聞で「吉本興業がウェブ2.0型の新サイト チケット販売や情報集約」と報じられたが、市場は反応薄だ。
 現在の株価でPER12.35倍、PBR0.81倍と、一時期の人気からすっかりアク抜けしている。まずは前のフシであり13週移動平均線でもある1100円ライン奪回を目指したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース

ジェイホームは本日、数少ない新高値銘柄。優良企業株だが、薄商いが難

 戸建住宅のフランチャイズ事業、住宅資材販売事業を行なっているジェイホーム<2721>(JQ)は続伸。5000円高の7万5000円まで買われ、1月31日につけた年初来高値7万1900円を更新した。今朝の地合いが悪いなか、数少ない新高値銘柄となっている。きょうのストップ高ラインは8万円。
 チャートを見ると、今月に入って6万円ラインから反発、上昇トレンドで来ている。現在の株価でPERは20.81倍、PBRは2.75倍。
 業績は堅調。今期2008年12月通期連結業績予想は前年比3割超の増収かつ、営業・経常・純損益は前年の損失計上から黒字転換の見込み。会社四季報には、次期2009年12月期は増収増益の予想値が出ている。6月中間末で有利子負債ゼロ、現金等1億5500万円と財務面は堅い。
 という優良企業株なのだが、商いが薄めな点が難。なので、長期でジックリか、超短期で即乗り・即降りが無難だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:38 | 株式投資ニュース

日本水産は年初来安値から凸凹しながらも下値切り上げ。続落でアク抜け、買いやすく

 日本水産<1332>(東1)は反発。7円高の385円まで買われている。
 17日につけた年初来安値349円を底に、リバウンド。凸凹しながらも下値を切り上げてきている。このまま続伸トレンドで、前のフシであり26週移動平均線でもある400円台央の水準まで戻したい。
 現在の株価でPERは29.53倍だが、一時期の人気からはアク抜けしてきた。また、株価3ケタで単位100株の売買しやすさも魅力だ。
 今期連結業績予想は売上高が微減、純利益が大幅減益だが、営業・経常利益は大幅増益の見込み。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 株式投資ニュース

ユニプレスは続落→反発。中期では上昇トレンドえがく。割安、業績好転予想も買い材料に

 自動車用プレス部品の最大手メーカー、ユニプレス<5949>(東1)は反発。寄り付きは40円安の951円だったが、その後反発。28円高の1019円まで買われている。
 チャートを見ると、10日に年初来高値1243円をつけてから反落していた。中期では凸凹しながらも下値を切り上げる展開で来ている。再び上昇トレンドとなっているもようだ。まずは25日移動平均線1100円ラインまでの戻りを目指す。現在の株価でPER8.00倍、PBR0.78倍と割安。
 今期業績予想は売上高は前年並み、営業・経常・純利益は減益の見込み。だが、『会社四季報』には、会社側予想値より一部、上ブレした予想値が出ており、次期2010年3月期は増収増益の予想値が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:10 | 株式投資ニュース

東洋製罐は業績予想の一部下方修正でギャップダウン。年初来安値から反発局面へ

 東洋製罐<5901>(東1)はギャップダウン→反発。120円安の1589円で始まり、きのうつけた年初来安値1675円を更新した後、反発し、1618円まで買われている。
 前日29日に、9月中間と2009年3月期末の純利益を下方修正した。減損損失を特別損失として約22億円、計上し、税金費用見積額を約10億円増加させたため。
 チャートを見ると、この半月ほどは急続落してきて、1600円フシに当たり、さすがに見直し買いが入ったもようだ。まずは急落前の水準であり、25日移動平均線でもある1900円ライン奪回を目指したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース

フルキャストは「2度目の事業停止命令」報道で引き続き売り気配。火中の栗に手を出すな

 フルキャスト<4848>(東1)は2100円安の2万0330円売り気配。きょうのストップ安ラインは1万9430円。
 前日29日に一部報道で「厚生労働省が同社に対して二度目の事業停止命令を出す方針」とされ、上場来安値2万2430円ストップ安となった。
 同社は同日付けで「9月18日付けで東京労働局から不利益処分を出す予定との通知があり、これについて、弁明の機会を付与されている。弁明書の提出期限は10月1日」という旨の発表を行なった。
 が、今朝も引き続き、大量の売りを浴びている。今朝は日経平均株価が一時、582円78銭や巣の1万11160円83銭をつけ、年初来安値を更新するなど、地合いも悪い。同社株についても、火中の栗は拾わず、模様眺めが無難だろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 株式投資ニュース

J‐POWERは反発。下値フシからの反発局面に、業績予想の上方修正がオン

 J‐POWER(電源開発)<9513>(東1)は反発。20円高の3180円で始まり、寄り後は一時、3320円まで買われている。
 前日29日に、業績予想の上方修正を発表。9月中間は連結・個別とも、売上高、営業・経常・純利益とも上方修正。2009年3月期は連結・個別とも、売上高を上方修正した。ほかは据え置き。
 石炭価格の上昇にともない、火力料金収入の燃料費相当額の増加などによる収入源を見込む。中間については、実績燃料費が想定単価を下回ったためと、予定していた一部費用の支出が3Q以降となる見通しになったため。
 チャート的には、下値フシ3200円ラインからの反発局面。まずは次のフシであり25日移動平均線でもある3600円ラインまで戻したい。PERは12.80倍と割安。信用残は約3倍の買い長で、買い残が増えている。ここでは「市場でも今後、上がると見る向きが多い証左」と取りたい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:25 | 株式投資ニュース

日立製作所は日経「業績回復」報道も、ギャップダウン。カラ売り銘柄の様相、しばらく底練りか

 日立製作所<6501>(東1)はギャップダウン。27円安の697円で始まっている。
 今朝の日経新聞に「日立製作所の業績が回復している」「2008年4〜9月期の連結営業利益は、1600億円前後と、前年同期より30%程度増えそうだ。従来予想は1250億円」と報じられたが、逆に売り場となってしまっているようだ。
 PERは57倍台と高い。信用残は0.36倍の売り長で、売り残が増加している。市場では、カラ売り銘柄と見られているようだ。しばらく底練りの局面か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース

大阪ガスは気配値切り下げ。業績予想の下方修正と小口ガス料金値下げで様子見が無難

 大阪ガス<9532>(東1)は5円安の369円売り気配。
 前日29日に業績予想の修正を発表した。連結の2009年3月期業績予想では、売上高、営業・経常・純利益とも下方修正となった。
 同時に、小口ガス料金の値上げを発表した。関西という土地柄、「値上げ→生活者の消費手控え」を招くのは必至と見られる。
 チャートを見ると、現在は安値圏。しかし業績不振のせいか、PERは73倍台とかなり高い。信用買い残が増えているのも、ここでは上値の重しという懸念材料になると見る。しばらくは様子見が無難か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース

ニューヨーク市場は過去最大の下げ幅を記録

 29日、いったんは合意に達していた金融安定化法案が米下院で否決されたことで、ニューヨーク市場は777ドル68セント安の史上最大の大幅安となった。共和党保守派だけでなく民主党からも反対する議員が出たため、23票差で否決された。今日の東京市場にどれほどの影響が出るか心配である。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:43 | 株式投資ニュース
2008年09月29日

【明日の動き】投信の味付け買いなども期待されモミ合い

 株式市場明日の動き 日経平均株価は3日続落。米金融安定化法案の修正協議で米政府と議会が28日に大筋で合意したことを受け、一時169円高の1万2062円まで買われる場面も見られたが、上値の重たさや、景気減速懸念が依然として根強く、引けは149円安の1万1743円となった。明日は、8月の完全失業率と鉱工業生産指数速報、住宅着工件数が発表される。内容如何では、下落基調を強める可能性もある。ただ、9月中間期末とあって投信の味付け買いなども期待されることから、モミ合う展開か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:10 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は149円安の1万1743円と3日続落

 大引けの日経平均株価は149円55銭安の1万1743円61銭と3日続落。TOPIXは20.02ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は3円90銭安と4日続落した。

 値上がり業種は、パルプ・紙、小売業、食料品、陸運、精密機械の5業種。
 値下がり業種は、海運、鉱業、卸売、その他金融、輸送用機器など28業種。

 東証1部市場値上がり530銘柄、値下がり1100銘柄、変わらず81銘柄。

 225採用銘柄の値下がり率上位は、ファーストリテイリング<983>(東1)キッコーマン<2801>(東1)ニチレイ<2871>(東1)
 225採用銘柄の値上がり率下位は、いすゞ自動車<7202>(東1)三井物産<8031>(東1)住友重機械工業<6302>(東1)

 全体の値上がり率上位は、インター<8493>(大2)ビービーネット<2318>(大ヘ監)サン電子<6736>(JQ)

 東証1部新高値銘柄は、宝ホールディングス<2531>(東1)ライオン<4912>(東1)リンナイ<5947>(東1)など7銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:27 | 株式投資ニュース

あさひは中間好決算発表が売り場となるか――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 あさひ<3333>(東1)は29日の大引け後に、8月中間期(2月20日〜8月20日)決算を発表した。売上高117億4300万円(前年同期比22.5%増)、経常利益18億0500万円(同48.2%増)、純利益9億6800万円(同52.7%増)の大幅増収増益となった。ただ、16日にすでに上方修正を発表済み。
 2009年2月通期業績予想は、売上高213億9400万円(前年比23.8%増)、経常利益18億5100万円(同24.6%増)、純利益9億1900万円(同22.6%増)の前回予想を据え置いている。
 29日終値は65円高の1794円。PERは22.28倍、PBRは3.99倍。信用残は売買ほぼ拮抗。チャート的には、移動平均線からローソク足が上方乖離。上記の好決算発表は売り場となるか。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:26 | 株式投資ニュース

日立化成が3日続落、06年の上場来高値からの調整続く

 日立化成工業<4217>(東1)が、72円安の1430円と3日続落し連日の年初来安値更新となっている。外資系証券の弱気見通しが相次いでいる。25日付である外資系証券が投資判断を「買い推奨」据え置くも、目標株価を2700円→2200円に引き下げたほか、本日付で別の外資系証券も投資判断を「買い」据え置くも、目標株価を2900円→2200円に引き下げている。すでに目標株価を下回る動きではあるが、下げ止まり感がなく処分売りが続いているようだ。日立製作所<6501>(東1)が9月16日、血液診断装置など医療関連事業の一部を10月1日付で日立化成工業に譲渡すると発表、このとき株価は、22日に1649円まで戻りを見せたが、上値の重たさから売られる展開で、06年2月につけた上場来高値3790円からの調整が続いている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:37 | 株式投資ニュース

ライトオンは後場も続伸、新高値。信用買い残増加、まだ上値追いの向きは多し?

 ライトオン<7445>(東1)は後場も前場に引き続き買われ、新高値。89円高の1419円まで買われ、24日につけた年初来高値1377円を更新した。引き続き、先週発表した業績予想の上方修正が買い材料となっているもようだ。
 現在の株価でPERは23.41倍と高め。しかし信用残は大幅な買い長となっており、買い残が増えている。新高値とはいえ、中期ではまだ安値圏であり、もう少し上値追いができると見る向きが多いようだ。次のフシは1500円ライン。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:13 | 株式投資ニュース

マルマエがストップ安で5日続落、プロデュースの民事再生法が売り誘う

 マルマエ<6264>(東マ)が、4万円安の19万8000円ストップ安と5日続落し1月22日につけた年初来安値を更新している。製造装置開発のプロデュース<6263>(JQ整)が前週26日、新潟地方裁判所に民事再生手続き開始を申し立て、受理されたと発表したことから、同じ太陽電池関連ということもあり、売りを誘った格好になったようだ。足元の業績について、四季報では、期ずれ生じ一転営業赤字。09年8月期は太陽電池製造装置の組み立てが期ずれ分含め本格化し大幅増収。液晶部品加工復調。半導体向けは関東事業所買収上乗せ。人件費や償却の増加補い営業黒字回復として、3億円の黒字を予想しているが、無配継続ということもあり、厳しい展開が続きそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:13 | 株式投資ニュース

キッセイ薬品工業は後場も続伸。目先調整後は、中期で2400円ライン奪回へ

 キッセイ薬品工業<4547>(東1)は後場も続伸。150円高の2310円まで買われている。
 26日につけた直近安値2130円からの反発局面。中期では、3月18日につけた年初来安値1950円を底に、凸凹しながらも下値を切り上げてきている。
 現在の株価でPERは39倍台と高め、信用残は0.04倍の売り長。なので目先、調整は入ろうが、中期では前の高値2400円ライン奪回を目指したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:46 | 株式投資ニュース

いすゞ自動車が3日ぶりに反落、外資系証券が投資判断を格下げ

 いすゞ自動車<7202>(東1)が、32円安の293円と3日ぶりに反落し9月16日につけた年初来安値294円を更新、225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に入っている。外資系証券が北米向けトラック事業において、保守的な想定を下回っていることから、通期業績に対する不透明感が強まったとして、投資判断を「買い推奨」→「中立」に格下げ、目標株価を560円→360円に引き下げたことを嫌気して処分売りが出たようだ。米ゼネラル・モーターズ(GM)の商用トラック事業の買収について進展が見られないことに対する催促的な動きとも言えそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:45 | 株式投資ニュース

カカクコムが続伸、9月のサイト利用者数は前年同月比で40%増で過去最大の伸び率

 カカクコム<2371>(東1)が、1万2000円高の32万4000円と続伸している。前週26日、外資系証券が投資判断を新規「オーバーウエート」、目標株価を38万5000円としたことを好感したことに加え、本日29日の日本経済新聞朝刊が、カカクコムの田中実社長は、自社サイトの利用者数急増に驚きを隠せない。9月のサイト利用者数は前年同月比で40%増の1450万人に達する見込み。「過去最大の伸び率。家計が相当苦しんでいることが透けて見える」と消費動向を分析すると報じたことから、前場1万9000円高の33万1000円まで株価を押し上げた。22日につけた年初来高値35万3000円奪回から一段高へ向かうか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:24 | 株式投資ニュース

大王製紙は続伸トレンド。カラ売り銘柄の様相だが、押し目拾いで中期上値追いも一手か

 大王製紙<3880>(東1)は続伸。後場は23円高の917円まで買われている。
 中期・短期とも続伸トレンドで来ている。現在の900円台は高値圏。PERは16.78倍、PBRは0.99倍と、割高感・過熱感はないが、信用残は0.01倍と大幅な売り長となっており、売り残が増えてきている。どう見てもカラ売り銘柄の様相を呈している。
 ただ、業績は好調に右肩上がりで、今期、来期とも増収増益との予想値が出ている。押し目を拾い、中期で1000円ライン待ちも一手か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:06 | 株式投資ニュース