[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/28)ディー・エヌ・エーはモミ合い上放れの様相。続落&モミ合いでアク抜け、買いやすく
記事一覧 (08/28)前日急伸のダイワボウは一服、出来高活発で先高感
記事一覧 (08/28)アコムが続急伸、三菱UFJが子会社化する方針を固めたと一部報じられる
記事一覧 (08/28)パイオニアは「次世代HDDの製造装置を量産、来年供給開始」報道でモミ合い上放れへ
記事一覧 (08/28)リコーが3日ぶりに急反発、米情報機器販売大手買収を材料視
記事一覧 (08/28)高島は太陽電池関連として引き続き買われる。材料アリの低位株、短期資金の過熱流入?
記事一覧 (08/28)グンゼは気配値切り上げ。上昇トレンドに「フィルム太陽電池、商品化」報道も材料
記事一覧 (08/28)フジクラは気配値切り上げ。「米工事会社買収で、米国内全域カバーの体制整備」報道で
記事一覧 (08/27)大和證券が3月安値割り、年初の安値に急接近。株式市場の不振映す
記事一覧 (08/27)白洋舎の6月中間連結決算は大幅増益――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (08/27)【明日の動き】全般軟調な展開の中、新興銘柄のスタートトゥデイが高値を視野に
記事一覧 (08/27)大引けの日経平均株価は25円安の1万2752円と小幅続落
記事一覧 (08/27)クラリオンが連日安値、日経平均採用銘柄の入れ替えを睨んで軟調展開
記事一覧 (08/27)成学社がストップ高、ナガセが7.14%取得で思惑買い誘う
記事一覧 (08/27)エーザイが急反発、3分の2戻りを達成し高値奪回を視野に入れる
記事一覧 (08/27)スクウェア・エニックスが3日続伸、ドラクエ人気から目標株価引き上げなど相次ぐ
記事一覧 (08/27)横浜銀行が連日安値、URBANに続き創建ホームズも民事再生法
記事一覧 (08/27)前引けの日経平均株価は14円安の1万2764円と小幅続落
記事一覧 (08/27)シナジーマーケティングはモミ合い上放れ局面へ。よく見ると優良企業株、割安底値圏
記事一覧 (08/27)昭和真空が反発し年初来高値を更新、業績予想の上方修正を買う
2008年08月28日

ディー・エヌ・エーはモミ合い上放れの様相。続落&モミ合いでアク抜け、買いやすく

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は続伸。2万3000円高の54万1000円まで買われている。
 5日につけた年初来安値47万4000円を底に、この1ヶ月ほどは50万円台前半でモミ合ってきたが、そろそろ上放れの局面となっているもようだ。55万円フシ上抜け→次のフシであり13週移動平均線でもある60万円ライン奪回を目指したい。
 現在の株価でPERは約26倍、PBRは約13倍と、高めではあるが、一時期の人気からはかなりアク抜け、買いやすくなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

前日急伸のダイワボウは一服、出来高活発で先高感

 前日急伸のダイワボウ<3107>(東1)は5円安の265円と小安い。しかし、9時11分現在で出来高は約76万株と多い。前日は始値251円、終値270円で、「坊主陽線」といわれる強い足型。こういった足が出ると、1日くらい休んでも高くなるケースがほとんど。出来高が伴っているので注目だ。涼しくなって、インフルエンザの季節。シャープが鳥インフルエンザウイルスを分解する効果がイオン発生器にある、と発表するなど、関心が高まっている。同社は鳥インフルエンザウイルスを99%以上消滅する効果のあるマスクが材料。300円のフシを抜けると365円がめどになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

アコムが続急伸、三菱UFJが子会社化する方針を固めたと一部報じられる

 アコム<8572>(東1)が、310円高の3150円と続急伸している。前日27日、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)が消費者金融大手のアコムを子会社化する方針を固めたと一部報じられたことを好感した買いが入っている。三菱UFJは現在、グループ全体でアコムの発行済み株式の15%を保有しているが、9月上旬にも株式の公開買い付け(TOB)を実施するとともに創業家から株式を買い取り、出資比率を40%に引き上げる。子会社化のための投資総額は1400億円規模となる見通しで、役員も複数派遣する方針と報じている。三菱UFJはこの報道に対し「現時点で決定した事実はない」とするコメントを発表した。2009年3月期第1四半期決算は、営業利益が前年同期比23.7%増の254億1000万円、9月中間期会社計画に対する進捗率は81.1%と計画を大きく上回るペースで、2800円割れ水準が下値として固まった感があり、押し目は狙っていけそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース

パイオニアは「次世代HDDの製造装置を量産、来年供給開始」報道でモミ合い上放れへ

 パイオニア<6773>(東1)は反発。25円高の831円まで買われている。
 今朝の日経産業新聞で「パイオニア、3.6テラHDD製造装置を量産 2009年から供給」と報じられたことが、手がかり材料となっているもようだ。
 チャート的には、800円下値フシ前でのモミ合いから、上放れの様相となっている。ただ、今期業績は前期に引き続き不振。信用残は売買ほぼ拮抗。上値は限定的か。まずは次のフシ900円奪回と行きたい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

リコーが3日ぶりに急反発、米情報機器販売大手買収を材料視

 リコー<7752>(東1)が、78円高の1805円と3日ぶりに急反発している。前日27日、同社が米情報機器販売大手のアイコンオフィスソリューションズ(ペンシルベニア州)を買収すると発表、これを材料視した買いが入っている。買収額は16億1700万ドル(1721億円)。複写機など事務機器の国内市場が伸び悩むなか、メーカー各社は欧米の販売網拡充を急いでいる。リコーの複写機の世界シェアはキヤノンに次ぐ2位。同社にとって過去最大の買収資金を投じて販路を広げ首位獲得を目指す。日本企業が成長を求め海外企業を傘下に収める大型買収が加速していると日本経済新聞社では報じている。2009年3月期第1四半期決算は、営業利益が前年同期比14.7%減の397億円だが、概ね通期計画通りに推移。今期予想PER12倍台と割高感はない。株価は、直近8月11日高値1896円を上回るか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース

高島は太陽電池関連として引き続き買われる。材料アリの低位株、短期資金の過熱流入?

 高島<8007>(東1)は続伸。寄り後は12円高の181円まで買われている。引き続き、太陽電池関連銘柄として買われているもようだ。
 チャートを見ると、一時期の人気250円ラインから反落後、下値フシ150円から反発している。現在の株価でPERは約54倍、信用残は5.67倍の買い長。どう見ても買われすぎの過熱状態。材料アリ、株価3ケタ、単位1000株の売買しやすさから、短期資金が流入しているもようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース

グンゼは気配値切り上げ。上昇トレンドに「フィルム太陽電池、商品化」報道も材料

 グンゼ<3002>(東1)は10円高の445円買い気配。
 今朝の日経新聞で「大日本印刷<7912>(東1)とグンゼは色素を使う低コストの新型太陽電池を2010年にも商品化する」「大日本印刷は携帯電話やノートパソコンなど電子機器の補助電源向けに出荷」「グンゼは帽子などにつけて発電機能を持たせる用途を想定している」と報じられた。
 グンゼのチャートを見ると、7月16日につけた直近安値406円を底に、上下しながらも下値を切り上げる展開となっている。まずは次のフシ500円ライン奪回を目指す。信用残は1.42倍の買い長。市場では「今後も上がる」と見る向きが多いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース

フジクラは気配値切り上げ。「米工事会社買収で、米国内全域カバーの体制整備」報道で

 フジクラ<5803>(東1)は7円高の519円買い気配。
 今朝の日経新聞で「電線大手のフジクラは米国の西部を中心に通信関連施設の工事・保守事業を手がけるノーススターコミュニケーションズグループ(アラバマ州)を6月末に買収、米国のほぼ全域をカバーする体制を整える」と報じられたことも、手がかり材料となっているもようだ。
 チャートを見ると、4月10日につけた年初来安値395円を底に、反発。凸凹しながらも下値を切り上げてきている。まずは前の高値568円ライン奪回を目指したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:58 | 株式投資ニュース
2008年08月27日

大和證券が3月安値割り、年初の安値に急接近。株式市場の不振映す

 大和証券グループ本社<8601>(東1)が、今年3月の安値820円を割った。24円安の812円まで下げた。次の下値のフシは1月22日の809円。証券株の中で3月安値を早く切ってきたことは株式マーケットの不振を現しているためと受け止められている。「社名に証券を使っているように、株に強い大和のイメージだが、マーケットが悪いと逆に出ている」というマーケットの印象。8月13日以降、東証1部の出来高は連続して20億株以下。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:06 | 株式投資ニュース

白洋舎の6月中間連結決算は大幅増益――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 白洋舎<9731>(東1)は27日の大引け後に6月中間決算を発表した。連結で、売上高243億4000万円(前年同期比1.6%減)、経常利益10億円(同20.5%増)、純利益3億7600万円(同95.0%増)の大幅増益となった。
 12月通期連結業績予想は、売上高488億円(前年比0.2%減)、経常利益10億円(同12.6%増)、純利益3億円(同166.5%増)の前回予想を据え置いている。
 27日終値は2円高の291円。チャートを見ると、今年に入ってから280〜300円でモミ合い、たまに材料が出ると300円ラインを上抜けるパターン。上記の好業績を材料に、300円ライン上抜けなるか。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:38 | 株式投資ニュース

【明日の動き】全般軟調な展開の中、新興銘柄のスタートトゥデイが高値を視野に

 株式市場明日の動き日経平均株価は小幅続落した。創建ホームズが26日夕、民事再生法の適用を東京地裁に申請し、受理されたと発表、また、27日午前の東京外国為替市場で円相場は続伸して始まったことなどを受け、輸送用機器や不動産株などが軟調な展開となった。全般相場は、創建ホームズの民事再生法の適用で一段と信用収縮や景気減速を懸念するようになってきた。日経平均株価の上値は1万3000円との意識が強まりつつあり、上昇しても戻り待ちの売りに押されそうだ。そのような中、2009年3月期第1四半期決算が好調のスタートトゥデイ<3092>(東マ)が年初来高値を視野に入れる動きになってきており、軟調な展開となっていた新興銘柄に見直し買いが入ってきていることは注目できる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:55 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は25円安の1万2752円と小幅続落

 大引けの日経平均株価は25円75銭安の1万2752円96銭と小幅続落。TOPIXは5.66ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は1円99銭安と続落した。
 
 値上がり業種は、パルプ・紙、医薬品、電気・ガス、鉱業、食料品など10業種。
 値下がり業種は、輸送用機器、不動産、機械、その他金融、ガラス土石製品など23業種。
 東証1部市場値上がり478銘柄、値下がり1110銘柄、変わらず121銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日本製紙グループ本社<3893>(東1)エーザイ<4523>(東1)日本曹達<4041>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、熊谷組<1861>(東1)日産自動車<7201>(東1)ジェイテクト<6473>(東1)
 全体の値上がり率上位は、中小企業信用機構<8489>(JQ)クロニクル<9822>(JQ)NFKホールディングス<6494>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄は、日本曹達<4041>(東1)オリエンタルランド<4661>(東1)日本板硝子<5202>(東1)TOKAI<8134>(東1)中国電力<9504>(東1)など6銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:18 | 株式投資ニュース

クラリオンが連日安値、日経平均採用銘柄の入れ替えを睨んで軟調展開

 クラリオン<6796>(東1)が、前場5円安の146円まで売られ連日の年初来安値更新となっている。7月30日に発表した2009年3月期決算は、営業利益が前年同期比2.2倍の7億1900万円となったが、9月中間期会社計画に対する進捗率が29.9%と低いペースとなっていることから下落基調となっている。また、10月第1営業日に日経平採用銘柄の入れ替えでが行われる見通しだが、市場では同社株が削除候補との声も一部で指摘されていることも影響しているようだ。昨年は9月10日に137円まで売られた経緯もあり、日経平均採用銘柄の入れ替えに伴い今回も安値形成となるか注目される。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:25 | 株式投資ニュース

成学社がストップ高、ナガセが7.14%取得で思惑買い誘う

 先週22日にジャスダック市場に新規上場した学習塾などの運営を手掛ける成学社<2179>(JQ)が、後場2万円高のストップ高12万9900円で寄り付いた後、買い気配と上値追いとなっている。財務省8月26日受付の大量保有報告書で、予備校の東進ハイスクールを展開するナガセ<9733>(JQ)が1000株(7.14%)取得したことが分かったことから、M&Aへ発展するとの思惑に加え、値ごろ感から短期資金が介入したようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:52 | 株式投資ニュース

エーザイが急反発、3分の2戻りを達成し高値奪回を視野に入れる

 エーザイ<4523>(東1)が、190円高の4200円と急反発し直近8月11日高値4080円を上回り騰勢を強めている。同社が24日に米国でがん化学療法に伴う悪心・嘔吐予防薬「ALOXIカプセル」の承認取得したとの発表を受け、26日付で外資系証券が投資判断を「強気」継続としたを好感した買いが入っている。7月31日に発表した2009年3月期第1四半期決算は、営業利益が前年同期比8.1%減の240億6100万円だが、9月中間期会社計画に対する進捗率は54.6%と順調に推移した。株価は、1月16日につけた年初来高値4630円から3月17日に年初来安値3140円を挟んで上昇し3分の2戻りを達成、ディフェンシブ人気と信用好需給も後押し全値戻りを視野に入れてきたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:20 | 株式投資ニュース

スクウェア・エニックスが3日続伸、ドラクエ人気から目標株価引き上げなど相次ぐ

 スクウェア・エニックス<9684>(東1)が、50円高の3540円と3日続伸し上値追いとなっている。外資系証券が投資判断を「買い」継続で、目標株価を4000円→4200円に引き上げたことを好感した買いが入っている。7月31日に発表した2009年3月期第1四半期決算は、営業利益が前年同期比20.1%減の34億6300万円だが、9月中間期会社計画に対する進捗率は86.5%と計画を大きく上回るペース、主力ゲーム「ドラゴンクエスト5」が、7月17日の発売から4週間でヒットの目安となる100万本の販売を達成したと発表したことなどから、国内証券が投資判断を「強気」継続など投資判断の強気見通しが相次いでいる。また、年度内にはスク・エニがDS向け最新作「ドラクエ9」を発売する計画と期待材料もあり、信用好需給も下支えし堅調な展開が続こう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:49 | 株式投資ニュース

横浜銀行が連日安値、URBANに続き創建ホームズも民事再生法

 横浜銀行<8332>(東1)が、21円安の591円と続落し連日の年初来安値更新している。創建ホームズ<8911>(東整)が民事再生法の適用を東京地裁に申請し、受理されたと発表、創建ホームズの主要取引先銀行である横浜銀行の業績悪化を懸念した売りが出ているようだ。創建ホームズに対する長期貸付金は08年3月期末の有価証券報告書によれば、25億8050万円となっている。先のURBANでは08年3月期末の長期貸付金が27億7500万円あったことで下落基調となっていたが、下値探りの展開が続きそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:42 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は14円安の1万2764円と小幅続落

 前引けの日経平均株価は14円70銭安の1万2764円01銭と小幅続落。TOPIXは3.54ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は1円54銭安と続落している。
 
 値上がり業種は、パルプ・紙、鉱業、医薬品、電気・ガス、保険など11業種。
 値下がり業種は、輸送用機器、機械、非鉄金属、不動産、倉庫運輸関連など22業種。
 東証1部市場値上がり455銘柄、値下がり1090銘柄、変わらず139銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、日本製紙グループ本社<3893>(東1)日本曹達<4041>(東1)エーザイ<4523>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、熊谷組<1861>(東1)日産自動車<7201>(東1)太平洋セメント<5233>(東1)
 全体の値上がり率上位は、中小企業信用機構<8489>(JQ)井上工業<1858>(東2)MCJ<6670>(東マ)
 
 東証1部新高値銘柄は、日本曹達<4041>(東1)オリエンタルランド<4661>(東1)日本板硝子<5202>(東1)TOKAI<8134>(東1)中国電力<9504>(東1)など6銘柄。 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

シナジーマーケティングはモミ合い上放れ局面へ。よく見ると優良企業株、割安底値圏

 シナジーマーケティング<3859>(大ヘ)は続伸。5300円高の10万6000円まで買われている。中期続落で来て、この半月ほどは10万円ラインでモミ合っている。そろそろ上放れと行きたい。
 同社は顧客情報の管理・運用ソフトをASP方式で提供しており、顧客管理業務の受託事業も行なっている。前期末で実質無借金、現金等5億5700万円と、財務面は堅い。筆頭株主は谷井仁社長だが、ほかの大口株主には楽天や野村證券、オプト、自社従業員持株会などが並んでおり、これまた堅い。業績は好調。今12月通期連結業績は、約1〜3割超の増収増益を見込んでいる。
 現在の株価でPERは6.04倍と、優良企業株にしては超割安。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:53 | 株式投資ニュース

昭和真空が反発し年初来高値を更新、業績予想の上方修正を買う

 アルバック系列、水晶デバイス製造装置でシェア9割の昭和真空<6384>(JQ)が、10円高の897円と反発し6月24日につけた年初来高値895円を更新している。同社が8月7日に発表した業績予想の上方修正を好感した買いが継続している。2009年3月期業績予想は、営業利益が従来予想を1億1300万円上回る4億3200万円(前年比39.4%減)を見込む。PBR0.75倍と1株純資産割れ水準となっており、4ケタ大台を目安に水準訂正の動きが続きそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | 株式投資ニュース