[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/04)【明日の動き】ディフェンシブ関連で業績の裏付けがある銘柄の押し目買い
記事一覧 (08/04)大引けの日経平均株価は161円安の1万2933円と続落
記事一覧 (08/04)ホクトは1Q黒転、好業績。3日続落でカラ売り局面――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (08/04)東京ガスが4日続伸、紙ゴミなどからバイオ燃料を生産する技術を開発
記事一覧 (08/04)住友金属工業が続落、戻り待ちの売りに押される
記事一覧 (08/04)レンゴーは投資判断格の下げが相次ぎ大幅反落
記事一覧 (08/04)あさひが反発、国交省が2010年度から自転車専用道路を集中的に整備する方針
記事一覧 (08/04)DOWAホールディングスが3日続急落、第1四半期決算発表を前に売られる
記事一覧 (08/04)前引けの日経平均株価は133円安の1万2961円と続落
記事一覧 (08/04)携帯電話向けコンテンツ配信事業を行なうエムティーアイは反発。モミ合い上放れへ
記事一覧 (08/04)第一屋製パンが反発、低位出遅れ銘柄として買われる
記事一覧 (08/04)ITホールディングスは反発。よく見ると優良企業株、リバウンド局面
記事一覧 (08/04)もしもしが3日ぶりに反発、1Q営業利益前年同期比24.5%増と上ブレ期待高まる
記事一覧 (08/04)日本金銭機械はストップ高。1Q好決算と中間・通期上方修正が材料。中期上値追いも?
記事一覧 (08/04)日産自が年初来安値更新、北米での不振響き1Q営業利益前年同期比46.1%減
記事一覧 (08/04)科研製薬は新高値、カラ売り銘柄に。しかし調整後は中期上値追いの可能性も
記事一覧 (08/04)ミネベアは年初来安値からの反発局面。市場では「買い時」と見る向きが多いもよう
記事一覧 (08/04)伊藤忠商事が反落、中国最大手と食料調達や物流協力で提携も反応薄
記事一覧 (08/04)ピーエス三菱は三角保ち合い上放れへ。日経産業「鋼材高にらみ設計増員」報道も材料
記事一覧 (08/04)富士機工は1Q好決算でジリ高つづく。通期増収増益・黒転も材料
2008年08月04日

【明日の動き】ディフェンシブ関連で業績の裏付けがある銘柄の押し目買い

 株式市場明日の動き 日経平均株価は、見送り気分が強まり1万3000円割れとなった。輸出関連が売られる一方で、電力・ガスといったディフェンシブ関連が買われる動きに。中でも日本電信電話<9432>(東1)が昨年10月高値56万4000円を上回る動きは注目される。明日も、米国市場次第といった感はあるが、全般は、戻り売り基調を強めており、上値の重い展開が予想される。もし仮に、輸出関連など戻る場面があれば、売り場となる可能性大。ディフェンシブ関連で業績の裏付けがある銘柄の押し目買いに分がありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:17 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は161円安の1万2933円と続落

 大引けの日経平均株価は161円41銭安の1万2933円18銭と続落。TOPIXは24.68ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は13円96銭安と3日続落した。
 
 値上がり業種は、電気・ガス、医薬品、情報・通信、小売、倉庫運輸関連など7業種。
 値下がり業種は、鉄鋼、海運、卸売、非鉄金属、パルプ・紙など26業種。
 東証1部市場値上がり284銘柄、値下がり1385銘柄、変わらず50銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、アステラス製薬<4503>(東1)ファーストリテイリング<9983>(東1)関西電力<9503>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、DOWAホールディングス<5714>(東1)日本軽金属<5701>(東1)マツダ<7261>(東1)
 全体の値上がり率上位は、オリカキャピタル<3570>(大2)アーティストハウスホールディングス<3716>(東マ)東邦グローバルアソシエイツ<1757>(大2)
 
 東証1部新高値銘柄は、新日本空調<1952>(東1)日清製粉グループ本社<2002>(東1)鳥越製粉<2009>(東1)山崎製パン<2212>(東1)ヤクルト<2267>(東1)など31銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:17 | 株式投資ニュース

ホクトは1Q黒転、好業績。3日続落でカラ売り局面――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 ホクト<1379>(東1)は4日の大引け後に第1四半期決算を発表した。連結で、売上高86億2800万円(前年同期比12.7%増)、経常利益4億5400万円(前年同期は3億8400万円の損失計上)、純利益1億4400万円(同2億7600万円の損失計上)。
 2009年3月期連結業績予想は、前年比増収増益の前回予想を据え置いている。
 チャートを見ると、1月22日につけた年初来安値1572円から中期で続伸。7月31日には年初来安値2945円をつけた。4日の終値は100円安の2740円。3日続落で陰線が3本並んでいる。信用残は0.11倍の売り長。どう見てもカラ売りの場面だ。しかし短期では買い残がやや増えている。中期では人気の農業株、押し目買い時と見る向きも多いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:09 | 株式投資ニュース

東京ガスが4日続伸、紙ゴミなどからバイオ燃料を生産する技術を開発

 東京ガス<9531>(東1)が、27円高の465円と4日続伸し225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に入っている。本日、東京ガスが東京都環境整備公社と共同で、オフィスから出る紙ゴミなどからバイオ燃料を生産する技術を開発したと日本経済新聞社が報じたことを材料視した買いが入ったようだ。特殊な発酵法でメタンガスを作り、悪臭が出ないためオフィス街でも利用できる。今年度中に都内で実証実験を始め、事業所向けに実用化する考えだと指摘している。全般相場は、日経平均株価が1万3000円割れと軟調に推移。東京ガスの第1四半期決算は、営業利益が前年同期比51.6%減の174億8600万円となったものの、10−12月のガス料金値上げを発表し悪抜け感が出ている。400円割れ水準が下値として固まっているうえ、ディフェンシブ銘柄として買われている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 株式投資ニュース

住友金属工業が続落、戻り待ちの売りに押される

 住友金属工業<5405>(東1)が、28円安の493円と続落している。前週7月31日に2009年3月期第1四半期決算と併せて通期の業績予想の上方修正を発表、これを好感して同日528円まで買われたが、景気の先行き懸念が一段と強まり、戻り待ちの売りに押されている。500円割れ水準が下値となるか判断を見極めるところになってきたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:34 | 株式投資ニュース

レンゴーは投資判断格の下げが相次ぎ大幅反落

 レンゴー<3941>(東1)が、76円安の710円と大幅に反落している。国内大手証券系調査機関が投資判断を「1」→「2」ヘ格下げしたことを嫌気した売りが先行している。7月31日い発表した2009年3月期第1四半期決算は、営業利益が前年同期比15.1%増の44億4900万円と順調に推移したが、1日付で外資系証券では、投資判断を「買い」→「中立」に格下げなどしている。株価は、7月29日に年初来高値822円まで買われ天井感が出たようだ。目先は、7月7日の安値673円処を意識する動きか。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:07 | 株式投資ニュース

あさひが反発、国交省が2010年度から自転車専用道路を集中的に整備する方針

 大規模自転車専門店をチェーン展開するあさひ<3333>(東1)が、前場50円高の1780円と反発し7月29日につけた年初来高値1800円を窺う動きになっている。国土交通省が2010年度から、自転車専用道路を集中的に整備する方針と本日の日本経済新聞朝刊の報道を好感した買いが入っている。。全国の主要都市を20カ所程度選び、一都市当たり50キロメートル前後の自転車専用道路を整備することを検討する。ガソリンの値上がりで自転車を利用する人が増えているため、歩行者との接触事故などを避ける安全対策が必要と判断した。環境対策としての意味合いもあるとしている。株価は、07年7月高値2000円を視野に入れる動きになってきたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:20 | 株式投資ニュース

DOWAホールディングスが3日続急落、第1四半期決算発表を前に売られる

 DOWAホールディングス<5714>(東1)が、前場59円安の652円と3日続急落し225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に入っている。#5713#が第1四半期決算で、営業利益が前年同期比48.4%減の314億5300万円と振るわなかった。これを受け、年初来安値更新する動きとなっていることから、本日、第1四半期決算の発表を予定されているDOWAHDに警戒感から売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:04 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は133円安の1万2961円と続落

 前引けの日経平均株価は133円53銭安の1万2961円06銭と続落。TOPIXは17.57ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は10円37銭安と3日続落している。
 
 値上がり業種は、電気・ガス、医薬品、情報・通信、小売、鉱業など9業種。
 値下がり業種は、鉄鋼、海運、輸送用機器、非鉄金属、金属製品など24業種。
 東証1部市場値上がり339銘柄、値下がり1290銘柄、変わらず81銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、アステラス製薬<4503>(東1)KDDI<9433>(東1)セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、川崎汽船<9107>(東1)DOWAホールディングス<5714>(東1)マツダ<7261>(東1)
 全体の値上がり率上位は、オリカキャピタル<3570>(大2)キョーエイ産業<1744>(JQ整)バナーズ<3011>(東2)
 
 東証1部新高値銘柄は、新日本空調<1952>(東1)日清製粉グループ本社<2002>(東1)鳥越製粉<2009>(東1)山崎製パン<2212>(東1)ヤクルト<2267>(東1)など24銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:29 | 株式投資ニュース

携帯電話向けコンテンツ配信事業を行なうエムティーアイは反発。モミ合い上放れへ

 エムティーアイ<9438>(JQ)は反発。5300円高の14万円まで買われている。この2ヵ月ほどは14万円前後でモミ合っている。そろそろ上放れの局面と見たい。まずは26週移動平均線17万3000円ラインまでの戻りを目指したい。
 同社は携帯電話向けの音楽系・生活情報系コンテンツの配信事業、広告事業を行なっている。今期9月通期連結業績予想は純利益以外増収増益。会社四季報には、次期2009年9月期は増収増益の予想値が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

第一屋製パンが反発、低位出遅れ銘柄として買われる

 第一屋製パン<2215>(東1)が、6円高の145円と反発している。全般相場が米国市場安などから見送り気分が強まるなか、低位株物色から買われている。山崎製パン<2212>(東1)が年初来高値を更新し上昇基調を強めていることから、出遅れ感が指摘される。今12月期は営業損益が3億6000万円の赤字(前期11億2400万円の赤字)と赤字幅縮小が見込まれる。無配継続だが、PBR0.78倍と1株純資産割れと短期資金を呼び込みやすい水準となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

ITホールディングスは反発。よく見ると優良企業株、リバウンド局面

 ITホールディングス<3626>(東1)は反発。70円高の1958円まで買われている。7月29日につけた直近安値1854円からの反発局面。まずは次のフシであり25日移動平均線でもある2000円ライン奪回を目指したい。現在の株価でPERは約15倍。信用残は9.76倍の買い長となっている。
 同社は情報サービス事業を行なうTISとインテックグループの共同持株会社。業界5位クラスという。おもにクレジットカード、銀行、損保業界向けの事業を行なっている。業績は堅調で、増収増益基調の予想値が出ている。大口株主には信託口や都銀、生保などが並んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:31 | 株式投資ニュース

もしもしが3日ぶりに反発、1Q営業利益前年同期比24.5%増と上ブレ期待高まる

 三井物産系のテレマーケティング大手のもしもしホットライン<4708>(東1)が、130円高の2860円と3日ぶりに反発している。前週1日、同社が2009年3月期第1四半期決算を発表した。営業利益が前年同期比24.5%増の21億8900万円と順調に推移したことを好感している。9月中間期会社計画に対する進捗率は60.8%と上ブレ期待が高まっている。株価は、5月15日高値2915円抜けとなるか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:19 | 株式投資ニュース

日本金銭機械はストップ高。1Q好決算と中間・通期上方修正が材料。中期上値追いも?

 日本金銭機械<6418>(東1)は941円ストップ高。先週末1日に1Q好決算と、連結業績予想の上方修正を発表したことが、買い材料となっているもようだ。
 9月中間、3月期末とも、売上高、営業・経常・純利益とも上方修正となった。欧州での増収要因やユーロ高による増益効果、海外子会社における販売増による在庫の減少が進むこと等による。
 現在の900円台央はひとつのフシだが、中期チャートでは1000〜1400円まで、上値余地はまだある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:04 | 株式投資ニュース

日産自が年初来安値更新、北米での不振響き1Q営業利益前年同期比46.1%減

 日産自動車<7201>(東1)が、47円安の781円と続落し3月18日につけた年初来安値786円を更新している。前週1日、同社は2009年3月期第1四半期決算を発表した。北米市場での販売不振が響くなどしたことから、営業利益が前年同期比46.1%減と799億4600万円と大幅減となったことを嫌気した売りが先行している。外資系証券では、投資判断を「中立」継続で、目標株価を1100円→900円に引き下げている。株価は、03年3月安値772円に接近しており、厳しい展開が続きそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

科研製薬は新高値、カラ売り銘柄に。しかし調整後は中期上値追いの可能性も

 科研製薬<4521>(東1)は新高値。412円高の952円まで買われている。7月31日につけた年初来高値944円を更新した。
 もともと続伸トレンドで来ていたが、1日に発表した第1四半期連結決算が、売上高204億9300万円(前年同期比9.1%増)、経常利益29億3900万円(同4.1%増)、純利益17億5400万円(同25.0%増)の増収増益となったことも、買い材料となっているもようだ。
 信用残は0.21倍の売り長。買い残は減少、売り残は増加している。チャート的にも、明らかに「カラ売り銘柄」となっている。
 ただし、通期連結業績予想は前年比増収増益で、会社四季報には、次期2010年3月期も増収増益の予想値が出ている。現在の株価でPERは17.17倍と、とくに割高感もない。なので目先、調整後は上値追いで1000円台奪還の可能性もなくはない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース

ミネベアは年初来安値からの反発局面。市場では「買い時」と見る向きが多いもよう

 ミネベア<6479>(東1)は反発。29円高の506円まで買われている。
 7月31日に発表した第1四半期連結決算が前年同期比減収減益だったため、8月1日はギャップダウン&長め陰線が出現。年初来安値477円をつけた。そこからの反発局面となっているもようだ。とはいえ、まだ全然底値圏。まずは13週・26週移動平均線の600円ラインまでの戻りを目指したい。
 1Q減収減益とはいえ、通期連結業績予想は、売上高微減、営業・経常・純利益は増益の前回予想を据え置いている。PERは11.69倍と割安。信用残は3.77倍の買い長。市場では「安値買い時」「今後、上がる」と見る向きが多いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:44 | 株式投資ニュース

伊藤忠商事が反落、中国最大手と食料調達や物流協力で提携も反応薄

 伊藤忠商事<8001>(東1)が、27円安の998円と反落している。本日、同社が中国最大の国有食料企業グループ、中糧集団(COFCO、北京)と食料分野で包括提携すると日本経済新聞新聞社が報じたが反応薄となっている。穀物や乳製品、食肉などを世界各国で共同で買い付け、倉庫の共同運営など物流でも協力する。大豆など農産物の輸入が急増している中国は、食料の安定確保を急いでいる。食料価格が高騰する中、生産国は輸出規制を強めており、日中の企業が連携して生産者・生産国に対する交渉力を高めると指摘している。7月31日に発表した2009年3月期第1四半期決算は、営業利益が前年同期比11.0%増の682億6200万円と順調に推移したが、上値は重く調整色を強めている。7月16日の安値985円を下回るか注視すべきだろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:34 | 株式投資ニュース

ピーエス三菱は三角保ち合い上放れへ。日経産業「鋼材高にらみ設計増員」報道も材料

 ピーエス三菱<1871>(東1)は反発。15円高の314円で始まっている。今朝の日経産業新聞で「ピーエス三菱、RC構造体の受注拡大 鋼材高にらみ設計増員」と報じられたことも、手がかり材料となっているもようだ。
 チャートを見ると、6月19日につけた586円のピークをイレギュラーとして除いても、下値切り上げ、上値切り下げの三角保ち合いを形成しているように見える。まずは高値フシ400円超えを狙う。
 業績は好調。今期2009年3月期は増収増益かつ前年の損失計上から黒字転換の見込み。会社四季報には次期2010年3月期も増収増益の予想値が出ている。大口株主には三菱マテリアル、太平洋セメント、住友電気工業、三菱商事、三菱地所、大林組など優良企業が並んでおり、ほか、都銀・信託銀、岡山県、自社従業員持株会などが並んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース

富士機工は1Q好決算でジリ高つづく。通期増収増益・黒転も材料

 富士機工<7260>(東1)は反発。寄り後は8円高の205円まで買われている。
 先週末1日に発表した、第1四半期連結決算は、売上高289億5100万円(前年同期比9.6%増)、経常利益10億5700万円(前年同期は5億0900万円の損失計上)、純利益4億9400万円(同5億3700万円の損失計上)。
 2009年3月期連結業績予想は、売上高1155億円(前年比0.7%増)、経常利益3億円(前年は16億8800万円の損失計上)、純利益3億円(同31億4000万円の損失計上)の前回予想を据え置いている。
 チャートを見ると、7月22日につけた直近安値175円を底に、続伸トレンドをえがいている。が、中期ではまだ安値圏だ。会社四季報には次期2010年3月期は増収増益の予想値が出ている。業績の好転をバネに、昨年後半〜今年初め急落前の300円台へ戻していきたい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 株式投資ニュース