[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/30)松下が4日ぶりに反発、1Q順調を好感し225採用銘柄値上がり率ランキング上位に
記事一覧 (07/30)ヤクルトは1Q好決算、年初来高値にせまる続伸、信用残と、どう見てもカラ売り局面
記事一覧 (07/30)みずほFGが反発、メリルリンチのサブプライム関連処理を好感
記事一覧 (07/30)村田製作所は1Q減収減益と通期下方修正で続落。信用残は買い長、中期では「買い時」
記事一覧 (07/30)中外製薬が4日続伸、新型インフルはパンデミック時には従業員の最大40%が欠勤
記事一覧 (07/30)三菱倉庫は続伸トレンドに日経「1Q経常10%増益」観測報道も材料
記事一覧 (07/30)クボタは反発。テクニカルで反発局面に「海外販売強化」報道がオン。農業は中期で買いテーマ
記事一覧 (07/30)三菱地所が反発し直近高値を上回る、第1半期営業利益は前年同期比45%増観測
記事一覧 (07/30)ソニーは1Q大幅減益で気配値切り下げ、底値圏。「悪材料出尽くしで反発」を皆が待っている?
記事一覧 (07/29)【明日の動き】個別に好業績の好需給の銘柄を物色する動き
記事一覧 (07/29)コマツは1Q好決算、自社株買いも発表――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (07/29)大引けの日経平均株価は194円安の1万3159円と大幅反落
記事一覧 (07/29)株マニ注目の日本カーボンが連日高値、電炉向け黒鉛電極の価格転嫁進む
記事一覧 (07/29)三陽商会が3日続落、6月中間期業績予想を下方修正
記事一覧 (07/29)デンソーが3日続落し年初来安値更新、トヨタが08年世界生産・販売計画を下方修正
記事一覧 (07/29)リサ・パートナーズが続伸、地方企業を中心に投資するファンドを設立
記事一覧 (07/29)スタートトゥデイが4日続伸、40万円前後の上値を試す
記事一覧 (07/29)好材料が全般安で掻き消された松下電器産業
記事一覧 (07/29)さくらインターネットがストップ高買い気配、1Q業績好調から上ブレ期待高まる
記事一覧 (07/29)前引けの日経平均株価は287円安の1万3066円と大幅反落
2008年07月30日

松下が4日ぶりに反発、1Q順調を好感し225採用銘柄値上がり率ランキング上位に

 松下電器産業<6752>(東1)が、160円高の2340円と4日ぶりに反発し225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に入っている。前日29日、同社が2009年3月期第1四半期決算(米国会計基準)を発表した。薄型テレビが米国でも伸長、白物家電が新興国を中心に好調だったことなどから、営業利益は前年同期比48.2%増の1095億円となった。これを受け、国内大手証券が事前予想を35%上ブレしたとして、投資判断を「3」→「2」に格上げしたことを好感した買いが入っている。株価は、2400円処の戻り待ちの売りを吸収し6月6日につけた年初来高値2515円奪回となるか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

ヤクルトは1Q好決算、年初来高値にせまる続伸、信用残と、どう見てもカラ売り局面

 ヤクルト本社<2267>(東1)は続伸。50円高の3120円まで買われている。前日29日に発表した第1四半期連結決算は、経常利益以外は増収増益。とくに純利益は前年同期比20.6%増の35億3000万円となった。医薬品事業が牽引したという。
 チャートを見ると、中期続伸で、3月31日につけた年初来高値3140円にせまる勢い。PERは34倍台、信用残は0.09倍の売り長で、売り残が増えている。どう見てもカラ売りの局面となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:17 | 株式投資ニュース

みずほFGが反発、メリルリンチのサブプライム関連処理を好感

 みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)が、1万円高の54万円と反発している。29日の米国株式市場、ダウ工業株30種平均は大幅反発。メリルリンチが増資と、サブプライムローン関連資産の処理に伴い2008年7―9月期に約57億ドルの損失を計上する見通しを発表、これを受け米金融株上昇を好感した動きとなっている。みずほFGの株価は、1万4000円高の54万4000円まで買われた後、モミ合う展開となっている。前日29日は、28日の米国株式市場で米地方銀行の相次ぐ経営破綻で信用不安が再び高まったことを受け、下落していた。米金融機関の状況次第で株価は乱高下する展開が続いているが、60万円処が抵抗線として意識されの上重たさが目立ってきている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:04 | 株式投資ニュース

村田製作所は1Q減収減益と通期下方修正で続落。信用残は買い長、中期では「買い時」

 村田製作所<6981>(東1)(大)は続落。170円安の4460円まで売られている。
 前日29日に発表した、第1四半期連結決算は前年同期比減収減益。また、2009年3月通期連結業績予想は、売上高は前回予想比200億円下方修正の6400億円(前年実績比1.3%増)、税引前利益は同100億円下方修正の750億円(同38.4%減)、純利益は同65億円下方修正の465億円(同39.9%減)とした。
 チャート的には現在の4500円ラインは底値圏。信用残は2.03倍の買い長だが、売り残が増えている。市場では「まだ下落する」と見る向きも多いようだ。
 ただ、会社四季報には次期2010年3月期は増収増益の予想値が出ている。また、PERは18.63倍と、一時の人気からかなりアク抜けしてきている。短期ではともかく、中期では人気優良企業株の底値圏買い時と見る。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

中外製薬が4日続伸、新型インフルはパンデミック時には従業員の最大40%が欠勤

 中外製薬<4519>(東1)が、40円高の1695円と4日続伸となっている。厚生労働省は29日、発生が懸念される新型インフルエンザに備えて民間企業が事業を継続するための注意事項を盛り込んだガイドラインを公表したと日本経済新聞朝刊が報じたことが買い手掛かり。パンデミック(大流行)時には従業員の最大40%が欠勤すると想定。従業員の安全や需要の減少などに対応した事業計画をつくるよう求めたとしている。中外製薬は、22日に6月中間期業績予想の上方修正を発表、これを受け外資系証券が投資判断を「アンダーパフォーム」→「ニュートラル」に格上げ、目標株価を1500円→1600円に引き上げている。また、29日付で別の外資は投資判断を「1M」→「2M」に格下げ、目標株価を1700円としている。株価は、目先1700円処が上値抵抗線との感が強く、信用取組倍率0.37倍となっていることから、買戻し一巡後はモミ合う展開が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:40 | 株式投資ニュース

三菱倉庫は続伸トレンドに日経「1Q経常10%増益」観測報道も材料

 三菱倉庫<9301>(東1)は続伸。23円高の1262円まで買われている。
 この半月ほど、続伸トレンドで来ているが、今朝の日経新聞に「三菱倉庫の2008年4〜6月期の連結経常利益は、前年同期比10%増の45億円弱になったようだ。利益利恵売上高の高い医薬品の取り扱いが増えたことが大きい」との観測記事が出たことも、手がかり材料となっているもようだ。
 一目均衡表を見ると、ローソク足が雲の下から入っている。このまま続伸して雲を上抜け、まずは1300円台央まで戻していきたい。信用残は0.12倍の売り長で、売り残が増えている状態。ここでは「反落すると見る向きが多い証左」と取らず、「今後買い戻しが入ることを期待」と取りたい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:28 | 株式投資ニュース

クボタは反発。テクニカルで反発局面に「海外販売強化」報道がオン。農業は中期で買いテーマ

 クボタ<6326>(東1)は反発。6円高の711円で始まり、寄り後は717円まで買われている。
 ここ数日、続落トレンドで来ていたが、前日29日の日足は十字線をつけ、反発のきざしが見えていた。加えて、今朝の日経新聞で「農機大手、海外販売を強化」「食料高で需要増期待」として、「クボタは欧州の酪農家向けに新型トラクターを売り込むほか、タイでは販売網拡大と工場新設で2010年度までに販売台数を現在の2.5倍に増やす」と報じられたことも、買い材料となっているもようだ。
 食料・農業関係は、中期で買いテーマ。このまま続伸して、まずは次のフシ800円ライン奪回を目指す。外資系証券では、レーティングで目標株価870円としているところもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

三菱地所が反発し直近高値を上回る、第1半期営業利益は前年同期比45%増観測

 三菱地所<8802>(東1)が、70円高の2670円と反発し直近28日高値2660円を上回っている。本日、同社の2008年3月期第1半期(4―6月)の連結営業利益は前年同期比45%増の390億円前後となったもようだと日本経済新聞社が報じたことを好感した買いが入っている。不動産投資信託(REIT)や不動産投資ファンド向けの不動産売却が期中に集中し、利益を大幅に押し上げた。ただ業績はほぼ計画通り推移しており、09年3月期通期の業績予想は修正しない可能性が大きいと指摘している。信用取組倍率0.56倍の好需給となっており、買戻しが入っているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

ソニーは1Q大幅減益で気配値切り下げ、底値圏。「悪材料出尽くしで反発」を皆が待っている?

 ソニー<6758>(東1)は50円安の4160円売り気配。
 前日29日に発表した、第1四半期連結決算は、売上高1兆9790億4400万円(前年同期比0.1%増)、税引き前利益629億2200万円(同40.5%減)、純利益349億7700万円(同47.4%減)となった。2009年3月通期連結業績予想は、増収減益の前回予想を据え置いている。
 チャート的には、現在の4000円ラインは底値圏。PERは14倍台、PBRは1倍台と、人気大手企業株にしては割安になっている。信用残は17.9倍の買い長で、買い残が増加している。「悪材料出尽くし」で反発局面となるのを、皆が(?)待っているもようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース
2008年07月29日

【明日の動き】個別に好業績の好需給の銘柄を物色する動き

 株式市場明日の動き 日経平均株価は1万3000円を割り込まないことから、引けにかけ下げ幅を縮小した。明日は、1万3000円が支持線として意識され、押し目買いが入りやすい展開が予想される。ただ、米国経済の減速懸念から積極的に上値を追う動きは期待できにくいため、個別に好業績の好需給の銘柄を物色する動きが強まりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:05 | 株式投資ニュース

コマツは1Q好決算、自社株買いも発表――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 コマツ<6301>(東1)は29日の大引け後に、第1四半期(4〜6月)決算と自己株式の取得について発表した。
 1Q連結決算は、売上高6068億3200万円(前年同期比12.2%増)、税引前利益927億6800万円(同15.9%増)、純利益577億3100万円(同2.2%増)。
 2009年3月期連結業績予想は、売上高2兆5800億円(前年比15.0%増)、税引前利益3530億円(同9.6%増)、純利益2190億円(同4.9%増)の前回予想を据え置いている。
 自社株買いは、8月1日〜31日に行なう。取得株式総数(上限)は100万株(発行済み株式の0.1%)、取得価額の総額(上限)は35億円。単純に割ると、1株3500円の計算となる。
 29日終値は80円安の2895円。チャート的には、反落局面となっている。しかしローソク足(日足)は5日移動平均線に引っかかっている。好業績をバネに、反発すると見たい。まずは次のフシであり、上記目安でもある3500円ライン奪回を目指したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:23 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は194円安の1万3159円と大幅反落

 大引けの日経平均株価は194円33銭安の1万3159円45銭と大幅反落。TOPIXは19.15ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は8円79銭安と反落した。
 
 値上がり業種は、鉱業、卸売、その他製品の3業種。
 値下がり業種は、海運、その他金融、ゴム製品、証券商品先物、輸送用機器など30業種。
 東証1部市場値上がり309銘柄、値下がり1321銘柄、変わらず86銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、住友商事<8053>(東1)東亞合成<4045>(東1)三菱商事<8058>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、富士電機ホールディングス<6504>(東1)松下電工<6991>(東1)日野自動車<7205>(東1)
 全体の値上がり率上位は、旭ホームズ<1913>(JQ)イチヤ<9968>(JQ)コマ・スタジアム<9642>(大監)
 
 東証1部新高値銘柄は、大成ロテック<1895>(東1)日本ハム<2282>(東1)J−オイルミルズ<2613>(東1)あさひ<3333>(東1)レンゴー<3941>(東1)など16銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:16 | 株式投資ニュース

株マニ注目の日本カーボンが連日高値、電炉向け黒鉛電極の価格転嫁進む

 株マニ注目日本カーボン<5302>(東1)が、20円高の636円と6日連騰し連日の年初来高値更新となっている。前週25日に発表した2008年6月中間期と通期業績予想の上方修正を好感した買いが継続している。主力の電炉向け黒鉛電極で価格転嫁が進み、通期の売上高は前回予想を上回る18億円上回る393億円、経常利益は同10億円上回る73億円、純利益は同5億円上回る34億円に修正した。財務省7月22日受付の大量保有報告書ではフィデリティ投信の保有株比率が6.88%→7.96%と上昇しており、一段高へ進む公算大。

特集 スーパー繊維銘柄特集

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:29 | 株式投資ニュース

三陽商会が3日続落、6月中間期業績予想を下方修正

 総合アパレル大手の三陽商会<8011>(東1)が、21円安の480円と3日続落している。本日午後立会い中に、同社が2008年6月中間期業績予想の下方修正を発表、これを嫌気した売りが先行している。売上高は前回予想を27円億円下回る63億6000万円、経常利益は同1億7000万円下回る18億3000万円、当期損益はトントン予想から4億6000万円の赤字に修正した。株価は、前場37円安の464円まで売られ22日につけた年初来安値466円を更新後、下げ渋る動きとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:09 | 株式投資ニュース

デンソーが3日続落し年初来安値更新、トヨタが08年世界生産・販売計画を下方修正

 トヨタ系の自動車部品大手のデンソー<6902>(東1)が、100円安の3090円と3日続落し7月18日につけた年初来安値3060円を更新している。前日28日、トヨタ自動車<7203>(東1)が2008年の世界生産・販売計画(ダイハツ工業、日野自動車含む)の下方修正を発表、これを嫌気して売りが出ている。生産は当初の995万台から950万台に、販売は985万台から950万台に引き下げる。ガソリン高や個人消費の低迷を受け、日米欧で新車販売が振るわないためと日本経済新聞社では報じている。株価は、下落基調となっており、次のフシとして2500円処が意識されそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:33 | 株式投資ニュース

リサ・パートナーズが続伸、地方企業を中心に投資するファンドを設立

 リサ・パートナーズ<8924>(東1)が、1400円高の14万2800円と続伸している。同社が前日29日、同社が地方企業を中心に投資するファンドを設立すると日本経済新聞朝刊が報じたことを材料視した買いが入った。まず国内金融機関とリサが計50億円を出資し、年末までに出資額を300億円に増やす計画だ。業務提携先の地銀などから投資先を紹介してもらう。投資先1社当たり20億円前後を出し、M&A(合併・買収)などによる事業拡大を支援するとしている。株価は、22日につけた年初来安値12万6100円から出直る動きとなっているが、直近高値15万7000円抜けとならなければ、下値固めの展開が続きそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

スタートトゥデイが4日続伸、40万円前後の上値を試す

 アパレル専門のネット通販サイト『ZOZOTOWN』を運営するスタートトゥデイ<3092>(東マ)が、9000円高の36万2000円と4日続伸となっている。国内大手証券系調査機関が今来期で年率28%程度の経常利益成長を予想し、投資判断を新規「2」、目標株価を39万2000円としたことを好感した買いが入っている。株価は、日足一目均衡表の雲の中、40万円前後までの上値がいいところと思われる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:50 | 株式投資ニュース

好材料が全般安で掻き消された松下電器産業

「有機ELテレビ」は超有望で2120円の指値買い注文も有効

 松下電器産業<6752>(東1)は、折角の好材料も、全般安相場の中へ掻き消されれた。10円安の2175円で寄り付き、9時2分には2185円まで買われたものの評価はここまで。NY株安による全般の下げで50円安の2135円と売られた。好材料とは、日本経済新聞で「有機ELテレビ」の量産を報じられたこと。電力消費が少なく、壁掛けも可能といわれる薄型テレビの本命。本来、「将来性を買う、株の本質からすれば、100円高があってもいいほどの材料」(ベテラン投資家)、といわれるくらいの材料だったが、200円を超える日経平均の下げでは、さすがの松下も頑張ることができなかった。下値のフシは7月22日の2115円。恐らく、ここを割り込むことはないだろう。思い切って2120円の指値買い注文を出すのも一法。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:05 | 株式投資ニュース

さくらインターネットがストップ高買い気配、1Q業績好調から上ブレ期待高まる

 双日系で東京・大阪でデータセンター運営のさくらインターネット<3778>(東マ)が、寄付き前から気配値を切り上げ、5000円高の7万1100円ストップ高買い気配となっている。前日29日、同社が2009年3月期第1四半期決算を発表した。今期から単体決算で比較はないが、売上高が17億5500万円、経常利益が7600万円、純利益が1億1400万円と好調に推移したことを好感した買いが入っている。純利益ベースで進捗率は55.3%と順調で通期予想は据え置いており、上ブレ期待が高まってきたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:34 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は287円安の1万3066円と大幅反落

 前引けの日経平均株価は287円34銭安の1万3066円44銭と大幅反落。TOPIXは30.42ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は8円88銭安と反落している。
 
 値上がり業種は、鉱業の1業種。
 値下がり業種は、海運、証券商品先物、その他金融、輸送用機器、石油石炭製品など32業種。
 東証1部市場値上がり143銘柄、値下がり1511銘柄、変わらず57銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日本ガイシ<5333>(東1)東亞合成<4045>(東1)東宝<9602>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、松下電工<6991>(東1)東急不動産<8815>(東1)日野自動車<7205>(東1)
 全体の値上がり率上位は、旭ホームズ<1913>(JQ)セブンシーズホールディングス<3750>(東2)真柄建設<1839>(東整)
 
 東証1部新高値銘柄は、大成ロテック<1895>(東1)日本ハム<2282>(東1)J−オイルミルズ<2613>(東1)あさひ<3333>(東1)レンゴー<3941>(東1)など9銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース