[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/24)ハイデイ日高の1Qは営業・経常減益も、通期は増益――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (06/24)第一三共が反落、抗血栓症薬「プラスグレル」の審査期間延長を嫌気
記事一覧 (06/24)日本水産が3日続伸、水産・農林業が東証1部業種別指数・値上り率ランキング上位に
記事一覧 (06/24)新日本製鐵が6日続落、前日安値を下回り下落基調強める
記事一覧 (06/24)東芝が反落、800円処で下げ止まるか見極め
記事一覧 (06/24)ソフトバンクが小幅4日続落、iPhone3Gの端末価格発表も上値重い
記事一覧 (06/24)前引けの日経平均株価は6円安の1万3851円と小幅4日続落
記事一覧 (06/24)テックファームは反発→続伸。よく見ると優良企業株、押し目の買い時
記事一覧 (06/24)北陸電工が年初来高値更新、ジュール部品のタイでの生産能力を増強が買い手掛かり
記事一覧 (06/24)寺崎電気産業はジリ高傾向つづく。人気の太陽電池関連材料もある、地味ながら優良株
記事一覧 (06/24)株マニ注目のホクトが3日続急伸、フィデリティ投信の保有比率上昇も後押し
記事一覧 (06/24)ぴあは昨日につづき上場来安値更新。経営再建、中期では拾い時と見たいが・・・
記事一覧 (06/24)ウェザーニューズが5日ぶりに反発、海外子会社の収益改善が予想上回る
記事一覧 (06/24)新日鉱HDは小幅続伸。「低純度鉱石から銅精錬」報道も材料に、モミ合い上放れへ
記事一覧 (06/24)古河電工が上昇し225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に
記事一覧 (06/24)メイテックは小幅続伸。反発局面に「中国で技術者紹介事業開始」報道も材料
記事一覧 (06/24)オーエム製作所は押し目から反発、移動平均線維持の上昇トレンド
記事一覧 (06/24)マツダが4日ぶりに反発、全車種の平均燃費を08年に比べ30%向上させる計画
記事一覧 (06/23)【明日の動き】エヌ・ピー・シーが大幅反発、環境関連が引き続き物色される展開
記事一覧 (06/23)大引けの日経平均株価は84円安の1万3857円と3日続落
2008年06月24日

ハイデイ日高の1Qは営業・経常減益も、通期は増益――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 ハイデイ日高<7611>(東1)は24日の大引け後に、第1四半期決算を発表した。売上高47億4000万円(前年同期比8.7%増)、営業利益4億7100万円(同6.2%減)、経常利益4億7100万円(同6.0%減)、純利益2億7700万円(同3.0%増)。
 営業・経常利益が減益となったのは、食材等の値上げの影響などで、原価率の悪化や、新店舗出店などによる販売費・一般管理費、イニシャルコスト増によるもの。
 同社は『中華食堂日高屋』『焼鳥日高』などを展開。当期末の店舗数は193店となった。
 2009年2月通期業績予想は、売上高196億円(前年比10.6%増)、営業利益18億7000万円(同6.2%増)、経常利益18億4000万円(同5.4%増)、純利益10億円(同9.0%増)の前回予想を据え置いている。
 チャートを見ると、3月17日につけた上場来安値735円からのリバウンド局面。凸凹しながらも下値を切り上げて来ている。まずは前の高値1000円ライン奪回を目指す。
 24日終値905円でPERは10.29倍と割安。信用残は7.89倍の買い長なので、市場では、今後も上がると見る向きが多いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:28 | 株式投資ニュース

第一三共が反落、抗血栓症薬「プラスグレル」の審査期間延長を嫌気

 第一三共<4568>(東1)が、65円安の2770円と反落している。本日24日、米イーライリリーと共同で新薬承認申請中の抗血栓症薬「プラスグレル」について、米国食品医薬品局(FDA)が審査期間を3カ月延長したと発表、これを嫌気した売りが先行し、一時100円安の2735円まで下落、その後モミ合う動きとなっている。株価は、5月13日につけた年初来安値2640円を底に、6月12日に3090円まで買われ戻り一巡、5日移動平均線を上値に下落していたが、2700円半ばで下値を固める動きとなりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:04 | 株式投資ニュース

日本水産が3日続伸、水産・農林業が東証1部業種別指数・値上り率ランキング上位に

 日本水産<1332>(東1)が、19円高の480円と3日続伸となっている。また、水産・農林業が東証1部業種別指数・値上り率ランキング上位に入っている。前週19日、日本水産が魚肉ハム・ソーセージを8月1日出荷分から値上げすると発表したことが買い手掛かり。また、今年から、インドネシアで大型エビのブラックタイガーを増産、養殖池の水質を浄化し、エビの生存率と成長スピードを高め、2009年の生産量を07年比6割増の2700トンに引き上げることを目指すと同日日本経済新聞社が報じたことも評価したもの。今期業績は、営業利益が前期比53.5%増の135億円と回復を見込む。株価は、4月1日につけた年初来安値360円を底に5月16日高値542円まで買われ戻り一巡、6月13日に433円まで下落し切り返す動きとなっているが、戻り待ちの売りをこなせるか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:32 | 株式投資ニュース

新日本製鐵が6日続落、前日安値を下回り下落基調強める

 新日本製鐵<5401>(東1)が、11円安の589円と6日続落となっている。豪英系資源大手のリオ・ティントが23日、中国の鉄鋼最大手、宝鋼集団と2008年度のオーストラリア産鉄鉱石価格交渉で値上げ幅を79.88―96.5%とすることでの合意を発表したと日本経済新聞の朝刊が報じた。日本の大手鉄鋼メーカーも同程度の値上げを受け入れる方向に進展する可能性が高まったため、コストアップ要因につながるとの懸念から売り先行となっている。株価は、一時14円安の586円と前日安値588円を下回り下落基調が強まっている。信用買残は、5月2日に4763万万4000株だったのが、6月13日に7540万4000株と約2777万株も増加し戻り待ちの売りが控えている。5月13日安値581円に急接近で下げ止まるか注視すべきだろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:54 | 株式投資ニュース

東芝が反落、800円処で下げ止まるか見極め

 東芝<6502>(東1)が、18円安の816円と反落している。外資系証券が投資判断を「アウトパフォーム」→「ニュートラル」に格下げ、目標株価を880円→760円に引き下げたことを嫌気して、一時28円安の806円と前日の安値808円を下回り下値探りの展開が続いている。株価は、800円処で下げ止まるか見極めるところか。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:07 | 株式投資ニュース

ソフトバンクが小幅4日続落、iPhone3Gの端末価格発表も上値重い

 ソフトバンク<9984>(東1)が、6円安の1837円と小幅4日続落している。前日23日、同社傘下のソフトバンクモバイルが米アップルの「iPhone(アイフォーン)3G」の端末価格や通信料金を発表して、10円高の1853円まで買われるもマイナスに転じている。ソフトバンクの信用買残は、5月2日に2014万4200株だったのが、6月13日に3013万7600株と約1000万株も増加し戻り待ちの売りが控えている。26週移動平均線が上値を押さえる展開が続きそうだ。

特集 iPhone関連銘柄特集
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:51 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は6円安の1万3851円と小幅4日続落

 前引けの日経平均株価は6円43銭安の1万3851円04銭と小幅4日続落。TOPIXは1.79ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は1円68銭安と4日続落している。
 
 値上がり業種は、水産・農林、卸売、鉱業、陸運、不動産など17業種。
 値下がり業種は、ゴム製品、鉄鋼、医薬品、その他金融、石油石炭製品など16業種。
 東証1部市場値上がり834銘柄、値下がり707銘柄、変わらず162銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、古河電気工業<5801>(東1)日本水産<1332>(東1)日本曹達<1963>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、日本板硝子<5202>(東1)三井化学<4183>(東1)中外製薬<4519>(東1)
 全体の値上がり率上位は、植木組<1867>(東1)チタン工業<4098>(東1)キムラタン<8107>(大1)。  
 東証1部新高値銘柄は、ホクト<1379>(東1)ショーボンドホールディングス<1414>(東1)植木組<1867>(東1)矢作建設工業<1870>(東1)東亜建設工業(<1885>(東1)など30銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:27 | 株式投資ニュース

テックファームは反発→続伸。よく見ると優良企業株、押し目の買い時

 テックファーム<3625>(大ヘ)は反発→続伸。1万5000円高の20万2000円まで買われている。このままリバウンド局面で、まずは25日移動平均線24万円ライン奪回を目指したい。
 3月27日上場以来のチャートを見ると、上場当初につけた14万7000円が「上場来安値」で、凸凹しながらも続伸。6月4日につけた「上場来高値」32万5000円から反落してきたが、ここ数日で下値を固める展開となっている。IPO不振の現在だが、同社の場合は公開価格8万円を一度も割らずに来ている。
 同社は独立系のソフトハウス。携帯電話向けが主力だが、最近は読売新聞社との資本・業務提携を行ない、記事閲覧新機能事業なども行なっている。読売新聞東京本社が6.1%の株式を保有している。
 業績は好調。今期2008年7月通期業績予想は前年比2ケタ増収増益。営業・純利益はそれぞれ約2倍の増益を見込んでいる。1月中間末で実質無借金、現金等4億6300万円と財務面も安心感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:58 | 株式投資ニュース

北陸電工が年初来高値更新、ジュール部品のタイでの生産能力を増強が買い手掛かり

 北陸電気工業<6989>(東1)が、19円高の242円まで買われ20日につけた年初来高値229円を更新している。前週18日、同社がジュール(複合)部品のタイでの生産能力を増強すると日本経済新聞社が報じたことが買い手掛かり。投資額は約2億円。部品供給先である薄型テレビメーカーが海外で生産を拡大するのに対応するとしている。また、同社が携帯電話機に組み込む微小電子機械システム(6989)に重点的に投資して中核事業に育てる一方、5月19日から11月21日まで280万株・5億円を上限とした自社株買いを実施していることも下支えしているが、株価は、昨年12月高値234円を一時上回り242円まで買われており、目先目標達成感も出るところか。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:50 | 株式投資ニュース

寺崎電気産業はジリ高傾向つづく。人気の太陽電池関連材料もある、地味ながら優良株

 寺崎電気産業<6637>(JQ)は続伸。60円高の915円まで買われている。
 3月18日につけた上場来安値450円から反発。続伸トレンドを形成中だ。このままジリ高で、1000円台奪回、さらに次のフシ1200円ライン奪回と行きたい。
 現在の株価でPERは7.90倍、PBRは0.80倍と割安。今期2009年3月期連結業績予想は純利益以外は増収増益見込みだ。会社四季報には次期2010年3月期業績は増収増益の予想値が出ている。
 同社は舶用・産業用の配電制御システムメーカー。船舶用では世界トップクラスの技術という。また、太陽電池製造設備向け配電制御機器にも力を入れている。前期末で実質無借金、大口株主には信託口なども入っており、買い安心感も充分だ。

特集 iPhone関連銘柄特集
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 株式投資ニュース

株マニ注目のホクトが3日続急伸、フィデリティ投信の保有比率上昇も後押し

 株マニ注目ホクト<1379>(東1)が、110円高の2545円と3日続急伸し18日につけた年初来高値2490円を更新している。5月の月次売上高が前年同月比15%増と8カ月連続でプラスで、順調に推移していることが買い手掛かり。また、財務省6月20日受付の大量保有報告書でフィデリティ投信の保有株比率が9.25%→10.28%に上昇したことも株価を押し上げているようだ。足元の業績について、四季報夏号では、中国産シイタケ輸入減が追い風でブナシメジ、エリンギ等の販価堅調見込む。猛暑なく上期黒字化。燃料油高や米国新工場の初年度赤字3億円こなし営業微増益として、今3月期会社計画の72億円(前期比2.0%増)、来3月期75億円を予想している。株価は、食料関連の側面が下支えし堅調な展開が続こう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:20 | 株式投資ニュース

ぴあは昨日につづき上場来安値更新。経営再建、中期では拾い時と見たいが・・・

 ぴあ<4337>(東1)は続落。103円安の1277円まで売られ、きのうつけた上場来安値1360円を更新した。きょうのストップ安ラインは1180円。
 今朝の日経新聞で、次のように報じられた。「経営再建中のぴあの矢内広社長は、23日、日本経済新聞に『追加で希望退職を募集しようとは思っていない』と述べた」「追加の増資については『業績いかんだが、その時の必要性に応じて柔軟に考えていく』と語った」「債務超過を回避するため、凸版印刷などを引き受け先とする20億円の第三者割当増資を6月に実施したばかりだが、赤字幅が想定を上まわる可能性もあるためだ」
 一方で、同社長のコメントとして、「株主優待をやめることは考えていない」「同社は長期保有株主に対し、半期ごとに1万1000円分の商品券を贈呈している」とも報じられている。
 信用残は0.43倍の売り長となっており、市場では今後、まだ下がると見る向きも多いようだ。今期2009年3月期連結業績予想は営業・経常・純損益とも損失計上の見込み。しかし、会社四季報では次期2010年3月期は黒字転換の予想値が出ている。中期で拾い時と見たい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

ウェザーニューズが5日ぶりに反発、海外子会社の収益改善が予想上回る

 民間気象情報サービスで世界最大手のウェザーニューズ<4825>(東1)が、140円高の1362円と5日ぶりに反発している。前日23日、同社が2008年5月期業績予想を発表、売上高は前回予想と変わらない118億円、経常利益は同3億円上回る16億5000万円、純利益は同2億5000万円上回る8億5000万円に修正した。海外子会社の収益の改善が予想を上回ったことに加え、連結決算手続(親子会社間取引の消去)において、親子間の決算日差異(2ヶ月)による差額が予想に対し上回ったことなどによるものとしている。株価は、5月20日に年初来高値1485円をつけた後、調整を入れていたが1200円処が下値として固まった感が出たことで、上げ幅を拡大している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

新日鉱HDは小幅続伸。「低純度鉱石から銅精錬」報道も材料に、モミ合い上放れへ

 新日鉱ホールディングス<5016>(東1)は小幅続伸。18円高の678円まで買われている。
 今朝の日経新聞で、同社傘下の日鉱金属が「純度が低い銅鉱石から効率的に銅などを取り出す技術を開発した」と報じられた。報道によると、まず豪州に実証プラントを建設し、2009年春から稼動。10年以内に最大1000億円を投じ、豪州など3ヵ所で製錬設備を建設する。新技術を活用すれば、埋蔵量の1割弱に相当する低純度品が利用可能になると見られるという。
 新日鉱ホールディングスのチャートを見ると、この1ヵ月ほどは600円台後半でモミ合い。そろそろ上放れで700円ライン、800円ライン奪回…と行きたい。現在の株価でPERは約8倍、PBRは0.9倍と割安。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

古河電工が上昇し225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に

 古河電気工業<5801>(東1)が、24円高の494円と上昇し225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に入っている。前日23日、同社が2008年9月中間期業績予想と併せて09年3月期業績予想の修正を発表、純利益の上方修正を好感した買いが入っている。カナダ子会社の清算が完了したことに伴い、為替換算調整勘定取崩益を特別利益として111億円計上、当初80億円を見込んでいため31億円増額修正となった。株価は、単体の上方修正から買われた19日高値494円に顔合わせしている。信用好需給を支えに、一段高となるか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

メイテックは小幅続伸。反発局面に「中国で技術者紹介事業開始」報道も材料

 メイテック<9744>(東1)は小幅続伸。20円高の2970円まで買われている。
 今朝の日経新聞で「技術者派遣大手のメイテックは、中国で人材紹介・派遣事業に乗り出す」「23日、上海市内に新会社を設立し、7月から人材紹介行を始める」「中国への研究・開発部門の移管が相次ぐ日系企業の技術者ニーズに応えるとともに、日本国内で働く中国人技術者が母国で再就職する際の受け皿とする」「今後は各地に支店を開設し、3年後に中国事業で50億円の売上高を見込む」と報じられた。
 チャート的には、現在は底値圏。この半年ほどは、3000〜3200円のボックス圏で来た。今月に入ってからは続落してきたが、きのうつけた年初来安値2880円で底を打ったもようだ。まずは3200円フシ上抜けで、3400円ライン奪回を目指したい。
 業績は好調。今期2009年3月期連結業績予想は増収増益。また、今期配当金は9月中間と3月期末計で95円50銭。現在の株価で利回り3%超と高めの計算になる。
 信用残は0.07倍の売り長なので、今後反発局面が本格化すれば、買い戻しも入ってさらに続伸との期待も持てそうだ。PERは15.68倍と、とくに割高感はない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

オーエム製作所は押し目から反発、移動平均線維持の上昇トレンド

 オーエム製作所<6213>(東1)は続伸。23円高の886円まで買われている。
 3月18日につけた年初来安値615円を底にして、反発。続伸傾向で来ている。ここ数日は押し目を形成していたが、25日移動平均線を割らずに反発している。
 まずは前の高値1000円ライン奪回を目指す。現在の株価でPERは13倍台と、とくに割高・過熱感はない。信用残は0.24倍の売り長。今後、上昇トレンドが続けば、買い戻しが入り、さらに続伸…との期待も持てそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース

マツダが4日ぶりに反発、全車種の平均燃費を08年に比べ30%向上させる計画

 マツダ<7261>(東1)が、7円高の559円と4日ぶりに反発している。前日23日、2015年までに世界で販売する全車種の平均燃費を08年に比べ30%向上させる計画を発表、これを好感した買いが入っている。20%は各種エンジンの開発や改良、残りの10%を変速機の改良や車両の軽量化で対応するとしている。マツダの独自技術である水素ロータリーエンジン車にも大きな期待がかかるが、普及にはインフラ整備の壁が立ちはだかると日本経済新聞社では指摘している。株価は、25日移動平均線を割り込んだところを下値に切り返す動きになっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース
2008年06月23日

【明日の動き】エヌ・ピー・シーが大幅反発、環境関連が引き続き物色される展開

 株式市場明日の動き 日経平均株価は、一時274円安まであって84円安と下げ幅を縮小した。経済産業省は地球温暖化や原油高に対応するための新エネルギー政策をまとめた。太陽光発電を本格的に普及させるため、家庭向けに補助金制度や優遇税制を検討と日本経済新聞社が報じたことで、エヌ・ピー・シー<6255>(東マ)が大幅反発するなど太陽電池関連を中心に物色意欲の強い展開となった。明日も平均株価は、外部環境に左右されるが、個別では、太陽電池関連やリチウムイオン電池関連など環境関連が引き続き物色されよう。

特集 太陽電池関連銘柄特集 特集 リチウムイオン電池特集
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:57 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は84円安の1万3857円と3日続落

 大引けの日経平均株価は84円61銭安の1万3857円47銭と3日続落。TOPIXは8.81ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は3円48銭安と3日続落した。
 
 値上がり業種は、精密機器、電気・ガス、食料品、水産・農林、機械など10業種。
 値下がり業種は、保険、不動産、ゴム製品、証券商品先物、銀行など23業種。
 東証1部市場値上がり530銘柄、値下がり1069銘柄、変わらず128銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)明治乳業<2261>(東1)日本曹達<4041>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、T&Dホールディングス<8795>(東1)中央三井トラスト・ホールディングス<8309>(東1)損保ジャパン<8755>(東1)
 全体の値上がり率上位は、オプトロム<7824>(名セ)NFKホールディングス<6494>(JQ)ヒューネット<8836>(JQ)、。
 
 東証1部新高値銘柄は、ショーボンドホールディングス<1414>(東1)東洋精糖<2107>(東1)山崎製パン<2212>(東1)学情<2301>(東1)ダイニック<3551>(東1)など15銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:21 | 株式投資ニュース