[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/07)シチズンホールディングスは「シチズン電子、LED増産へ」報道も、なぜか小幅続落
記事一覧 (04/06)今週も堅調な展開(今週の投資戦略)
記事一覧 (04/04)ニトリの好決算は織り込み済みだが・・・――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (04/04)【来週の相場展望】1万4000円にはかなり厚い上値の壁『曲がり屋には向かえ』
記事一覧 (04/04)大引けの日経平均株価は96円安の1万3293円と4日ぶりに反落
記事一覧 (04/04)ソフトバンクが3日ぶりに反落、25日移動平均線が上値として意識される
記事一覧 (04/04)新日本製鐵が4日ぶりに反落、マド埋め出来ず売り直す
記事一覧 (04/04)大和紡績が急反発、インドネシアで再びH5N1型の鳥インフルエンザ感染が拡大
記事一覧 (04/04)新日本科学は続伸トレンドに、「心筋梗塞の新薬剤、前臨床試験」報道材料がオン
記事一覧 (04/04)アドヴァンがストップ安、今期も大幅減益で外資系証券が投資判断格下げ
記事一覧 (04/04)ディー・エヌ・エー が続伸し高値窺う、大人向け新コンテンツ「モバカジノ」開設
記事一覧 (04/04)サンフロンティア不動産は底打ちのきざし。割安、テクニカル面からも「買い時」
記事一覧 (04/04)前引けの日経平均株価は90円高の1万3298円と4日ぶりに反落
記事一覧 (04/04)ディー・ディー・エスは引き続き中国ATMメーカーとの提携が買い材料。S高タッチも
記事一覧 (04/04)東邦チタニウムが3日続急伸、チタン国内価格の上昇のほか太陽電池関連も
記事一覧 (04/04)第一稀元素化学工業は反発。燃料電池銘柄として、好チャートも買われる
記事一覧 (04/04)ポイントがストップ安まで売られる、格好の売り場提供に
記事一覧 (04/04)J‐POWERは人気の風力発電ネタが出たのに反応薄。英ファンド攻防戦、模様眺め?
記事一覧 (04/04)東京製鐵が急反落、“三重苦”直面で本格的な再編が始まる可能性も指摘される
記事一覧 (04/04)阪急阪神ホールディングスは一部下方修正で反落も、大筋では想定内、続伸トレンド続く
2008年04月07日

シチズンホールディングスは「シチズン電子、LED増産へ」報道も、なぜか小幅続落

 シチズンホールディングス<7762>(東1)は小幅続落。10円安の848円で始まっている。
 今朝の日経新聞で「シチズンホールディングス子会社で電子部品メーカーのシチズン電子(本社・山梨県富士吉田市)は今秋までに、主力のLED(発光ダイオード)の生産能力を約4割、高める」と報じられたが、市場は反応薄だ。
 3月末〜4月初めに、外資系証券が相次いで投資判断の目標株価を1000円や800に引き下げたことが、まだ響いているもようだ。
 現在の株価でPERは約21倍と高めだが、チャート的には、現在は安値圏。信用残は売り長。反発・続伸してもよさそうな局面だが…。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース
2008年04月06日

今週も堅調な展開(今週の投資戦略)

 先週は年度末最終売りから軟調に始まった。日経先物は12760円で寄り付いたあと12440円まで売られた。週半ばにはリーマンやUBSの資本増強や円安進行を受けて13430円まで買われたあと週末13280円で終わった。

 今週もやや堅調な展開が予想される。サブプライムショックによる金融危機は終息を迎えつつありNYダウや円安進行がプラス要因となる。特にNYダウは雇用統計が悪化しているにもかかわらず底堅く推移しており上値挑戦の形に入りつつある。今年に入り上値抵抗線となっている12750ドルを突破する可能性が高く日経先物には大きなプラス要因となる。
 日経先物の短期上値めどは心理的上値抵抗線となる14000円。好業績出遅れ株に注目。消費関連ではベストバイやネットプライス、リンクセオリー、ぐるなびに注目。IT関連ではGCAサヴィーやデジタルハーツ、アクセルマーク、ザッパラス、DDS、アクロディア、NTTデータイントラマート、フルスピード、ディーエヌエーに注目。太陽電池関連ではNPCやプロデュース、マルマエ、フェローテック、東京エレクトロン、三洋電機、三井化学に注目。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:37 | 株式投資ニュース
2008年04月04日

ニトリの好決算は織り込み済みだが・・・――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 ニトリ<9843>(東1)は4日の大引け後に2008年2月通期決算を発表した。連結で、売上高2172億2900万円(前年比14.9%増)。経常利益265億6800万円8同15.0%増)、純利益154億6400万円(同15.1%増)の2ケタ増収増益となった。
 2009年2月期の連結業績予想は、売上高2415億円(前年比11.2%増)、経常利益295億円8同11.0%増)、純利益161億円(同4.1%増)。
 チャートを見ると、4日の日足は大陽線。一時5910円まで買われ、3月25日につけた年初来高値5850円を更新した。円高メリット銘柄として期待され、すでに好決算を織り込んでいるもようだ。
 とはいえ、信用残は0.1倍とかなりの売り長。さらに買い戻しも入ってこよう。 まだ上値余地はあると見る。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:35 | 株式投資ニュース

【来週の相場展望】1万4000円にはかなり厚い上値の壁『曲がり屋には向かえ』

 来週の相場展望 日経平均は3月17日(月)のボトム1万1691円から、4月3日(木)の1万3389円まで14.5%上昇した。「上昇率」としては驚くほどではないが、この間、日足で12本のうち「陰線」2本、「陽線」10本と陽線数が多く上昇のピッチが速いことがある。このため、短期的には、休養的な「調整」が必要。しかも、1万4000円にはかなり厚い上値の壁があり、これを前にしていることからも押し目を待つ戦法がよい。

 『曲がり屋には向かえ』、という格言がある。今、大いに曲がっているのは外国系の証券。サブプライムで大量の損失を出し、プロらしくない運用となっている。しかも、日本株の高いところを掴んでいるため逃げたくて仕方ないから強気ばかりを言っている。今、彼らは3月にだいぶん投げさせられた。だから、戻っているわけだが、投げた直後だから、すぐには買えない。恐らく、日経平均が1万5000円位に戻ってきたら、また、強気になるはずだ。「鬼のいぬ間に」しっかりもうけましょう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:21 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は96円安の1万3293円と4日ぶりに反落

 大引けの日経平均株価は96円92銭安の1万3298円98銭と4日ぶりに反落。TOPIXは10.70ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は0円49銭高と小幅3日続伸している。
 
 値上がり業種は、食料品、その他金融、卸売、その他製品、サービスなど10業種。
 値下がり業種は、ゴム製品、輸送用機器、金属製品、水産・農林、鉱業など23業種。
 東証1部市場値上がり458銘柄、値下がり1167銘柄、変わらず100銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、コナミ<9766>(東1)キッコーマン<2801>(東1)丸紅<8002>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、富士電機ホールディングス<6504>(東1)大引けの日経平均株価<6773>(東1)三井住友海上グループホールディングス<8725>(東1)
 全体の値上がり率上位は、日商インターライフ <1986>(JQ)鈴丹<8193>(東1)コモンウェルス・エンターテインメント<7612>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄は、鳥越製粉<2009>(東1)セキュアード・キャピタル・ジャパン<2392>(東1)博報堂DYホールディングス<2433>(東1)パシフィックゴルフグループインターナショナルホールディングス<2466>(東1)サーラコーポレーション<2734>(東1)アルフレッサ ホールディングス<2784>(東1)アルペン<3028>(東1)ココカラファイン ホールディングス<3098>(東1)富士紡ホールディングス<3104>(東1)日本毛織<3201>(東1)など61銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:15 | 株式投資ニュース

ソフトバンクが3日ぶりに反落、25日移動平均線が上値として意識される

 ソフトバンク<9984>(東1)が、26円安の1856円と3日ぶりに反落している。ソフトバンク系のソフトバンクモバイルが、ソフトバンク携帯を利用中の学生の「ホワイト学割」加入を受付を15日から開始すると1日に発表。地合いの好転から1800円割れから前日3日に1885円まで戻りを試す動きとなっていたが、25日移動平均線が上値として意識される展開となっている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:29 | 株式投資ニュース

新日本製鐵が4日ぶりに反落、マド埋め出来ず売り直す

 新日本製鐵<5401>(東1)が、24円安の519円と4日ぶりに反落している。東京製鐵<5423>(東1)が4月半ばから鋼材輸出を全面停止するとの日経報道から、他の電炉各社も追随するとの観測が市場では出ている。米国市場高、円高ドル安一服を好感していたが、戻り待ちの売りも出ている。株価は、今週2月29日から3月3日に開いた533円から〜554円のマド埋めが期待されたが、2日高値546円を上回ることが出来ず再度売り直す動きとなってきたようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:02 | 株式投資ニュース

大和紡績が急反発、インドネシアで再びH5N1型の鳥インフルエンザ感染が拡大

 大和紡績<3107>(東1)が、38円高の258円と急反発している。前日3日、インドネシアで再びH5N1型の鳥インフルエンザ感染が拡大していると報じられ、全般手詰まり感から鳥インフルエンザ関連を物色する動きが出ている。株価は、3月17日に年初来安値208円、4月1日安値218円で目先底打ち感が出たことで、短期資金が介入したようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:41 | 株式投資ニュース

新日本科学は続伸トレンドに、「心筋梗塞の新薬剤、前臨床試験」報道材料がオン

 新日本科学<2395>(東1)は続伸。一時54円高の1629円まで買われている。
 3月13日につけた昨年来安値1302円を底に反発。もともと続伸トレンドで来ていたが、今朝の日経新聞で「大阪大学医学部の研究チームが、投薬による心筋梗塞の新しい治療法を開発」「今後、製剤化し、新日本科学の協力を得て、2年以内に安全性や効果を検証する前臨床試験を始める」と報じられたことも、買い材料となっているもようだ。
 記事によると、同研究チームは、血栓で血管が詰まっても微小な穴があることを突き止め、ここを通り抜ける薬剤を作った。発症後48時間以内に治療すれば回復が期待でき、将来、適応患者が大幅に広がる治療法になると見ているという。
 新日本科学のチャートを見ると、現在の1600円ラインはひとつのフシではある。次のフシ1700〜1800円ラインまでの戻りは期待できそうだ。
 同社は前臨床試験受託の最大手で、臨床試験、医療機関支援事業も行なっている。国内だけでなく、米・中でも事業展開している。業績は堅調に右肩上がり。大口株主には信託口なども入っている。
 現在の株価でPERは64倍台と高いが、PBRも4倍台と、今後の成長期待値も高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:38 | 株式投資ニュース

アドヴァンがストップ安、今期も大幅減益で外資系証券が投資判断格下げ

 アドヴァン<7463>(東1)が、100円安の667円ストップ安と急反落し1月22日につけた年初来安値739円を更新している。前日3日、2008年3月期決算と併せて09年3月期業績予想を発表、今期も経常利益が前年比51.2%減の6億2000万円と大幅減益が続くことを嫌気した売りが出ている。外資系証券では、投資判断を「Neutral」→「Sell」に格下げ、目標株価を900円→600円に引き下げている。



提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:14 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エー が続伸し高値窺う、大人向け新コンテンツ「モバカジノ」開設

ディー・エヌ・エーホームページ ディー・エヌ・エー<2432>(東1)が、1万9000円高の70万円と続伸し2月29日につけた年初来高値70万6000円を窺う動きになっている。4月1日に、ケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」(2月末会員数:943万人)で大人向け新コンテンツ「モバカジノ」を開設すると発表したことが材料視されている。株価は、昨年12月6日の高値88万2000円をつけた後、1月4日の年初来安値48万6000円、3月18日の安値53万円の二番底形成から出直る動きを鮮明にしている。2月高値抜けから一段高へ進む公算大。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:53 | 株式投資ニュース

サンフロンティア不動産は底打ちのきざし。割安、テクニカル面からも「買い時」

 サンフロンティア不動産<8934>(東1)は底打ちのきざし。前引け〜後場寄りにかけて戻り足を形成している。
 とくに材料が出たわけではないようだが、中期・短期とも続落トレンド→1日につけた上場来安値2万7250円から、反発局面となっているもようだ。
 ここ最近は、不動産相場が踊り場に来ていること、同業他社の「地上げ」騒動などがあり、不動産株が売られていた。また、サンフロンティア不動産自体も業績予想の下方修正をするなど、売り材料が出ていた。
 が、修正後の業績予想値をよく見ると、連結で、売上高413億円(前年実績比17.1%増)、経常利益60億円(同27.6%減)、純利益32億円(同34.1%減)と、増益は確保している。
 また、いくら下方修正・減益予想とはいえ、現在の株価2万9000円台でPERは1.65倍と、どう見ても割安すぎ。チャートを見ると、移動平均線からローソク足が下方乖離しており、テクニカル的にも「買い時」となっている。まずは前のフシであり13週移動平均線でもある8万円ライン、中期ではさらに前のフシであり26週移動平均線でもある14万円ライン奪回を目指したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:39 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は90円高の1万3298円と4日ぶりに反落

 前引けの日経平均株価は90円92銭安の1万3298円98銭と4日ぶりに反落。TOPIXは5.85ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は0円09銭高と小幅3日続伸している。
 
 値上がり業種は、その他金融、卸売、食料品、パルプ・紙、銀行など12業種。
 値下がり業種は、鉄鋼、輸送用機器、鉱業、ゴム製品、機械など21業種。
 東証1部市場値上がり498銘柄、値下がり1084銘柄、変わらず133銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、住友大阪セメント<5232>(東1)三菱製紙<3864>(東1)双 日<2768>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、富士電機ホールディングス<6504>(東1)パイオニア<6773>(東1)三越伊勢丹ホールディングスオークマ<3099>(東1)
 全体の値上がり率上位は、日商インターライフ <1986>(JQ)鈴丹<8193>(東1)LTTバイオファーマ<4566>(東マ)
 
 東証1部新高値銘柄は、鳥越製粉<2009>(東1)セキュアード・キャピタル・ジャパン<2392>(東1)博報堂DYホールディングス<2433>(東1)パシフィックゴルフグループインターナショナルホールディングス<2466>(東1)サーラコーポレーション<2734>(東1)アルフレッサ ホールディングス<2784>(東1)アルペン<3028>(東1)ココカラファイン ホールディングス<3098>(東1)富士紡ホールディングス<3104>(東1)日本毛織<3201>(東1)など46銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:24 | 株式投資ニュース

ディー・ディー・エスは引き続き中国ATMメーカーとの提携が買い材料。S高タッチも

 ディー・ディー・エス<3782>(東マ)はギャップアップ→続伸。6000円高の11万5000円で始まり、一時12万9000円ストップ高ラインにタッチする場面も出ている。
 引き続き、2日に発表した「中国初のATM目であるLead Cash(立徳)社との資本・技術・販売に関する戦略的提携」が買い材料となっているもようだ。しかもこれが、大手証券専門紙やラジオNIKKEIなどで報道されたため、ヒートアップ。きのう3日はストップ高となった。
 現在の12万円ラインはひとつのフシではある。ここ数日、過熱しているので、目先調整は入ろうが、同社の事業である指紋認証ソリューション・ソフト開発は、中期で需要の伸長が見込まれる。また、同社の指紋認証は自社開発と業界標準の組み合わせということで、技術力にも独自性と強みがあると見られる。
 なので、調整時の押し目を拾って中期で行きたい。中長期チャートで見れば、現在はぜんぜん安値圏だ。あるいは、新興市場のIT株ということで、超短期で割り切った売買で行くか。ふたつにひとつだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:01 | 株式投資ニュース

東邦チタニウムが3日続急伸、チタン国内価格の上昇のほか太陽電池関連も

 東邦チタニウム<5727>(東1)が、115円高の2765円と3日続急伸となっている。チタンの国内需要家向け価格が4年連続で上昇したと日本経済新聞社が報じたことが買い手掛かり。三菱重工業<7011>(東1)が2013年の就航を目指す小型ジェット旅客機MRJ関連人気も加わっている。また、2月に新日鉱ホールディングス<5016>(東1)が東邦チタニウム株をTOBで普通株式500万4200株を買い付け、出資比率は議決権ベースで34.32%から42.55%に上昇している。両社は保有する箔・合金技術のチタンへの応用、さらには太陽光発電用途ポリシリコン製造等への技術活用等により、成長するチタン事業への積極展開の検討・推進を図る方向としており、太陽電池関連としての見直し買いも期待できよう。

関連銘柄 太陽電池関連銘柄一覧
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース

第一稀元素化学工業は反発。燃料電池銘柄として、好チャートも買われる

 第一稀元素化学工業<4082>(東2)は反発。115円高の2785円まで買われている。東証2部市場値上がり率上位にランクインしている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、3月14日につけた昨年来安値2520円からの反発局面。また、引き続き、燃料電池関連銘柄として買われているもようだ。
 反発とはいえ、チャート的には安値圏。まずは次のフシ3000円ライン奪回と行きたい。2008年3月期業績予想は増収減益だが、業界観測では2009年3月期はV字回復と見られている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:48 | 株式投資ニュース

ポイントがストップ安まで売られる、格好の売り場提供に

 カジュアル衣料・雑貨の小売店を全国展開するポイント<2685>(東1)が、500円安の4170円ストップ安まで売られている。前日3日に2008年2月期決算と併せて09年2月期業績予想を発表、前期はほぼ計画とおりだったが、今期予想は過去最高益更新予想も市場予想を下回る数字との見方から売り優勢となっている。今09年2月期は、経常利益がQUICKコンセンサスの予想を7億円下回る149億円(前年年同期比14%増)を予想している。また、1日に3月月次売り上げ動向を発表、既存店売上高が前年同期比3%増と好調に推移したため、2日に4950円まで買われ、3月5日につけた年初来安値3160円からの戻り相場に一巡感が出たようだ。格好の売り場となったようで、25日移動平均線あたりで下げ止まるか注目されよう。



提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:34 | 株式投資ニュース

J‐POWERは人気の風力発電ネタが出たのに反応薄。英ファンド攻防戦、模様眺め?

 電源開発<9513>(東1)はモミ合い。60円安の3790円〜3830円の間でモミ合っている。
 今朝の日経産業新聞で「Jパワー、風力発電能力を倍増――5年間で50万キロワットに」と、人気の風力発電ネタが出たのに、市場は反応薄だ。
 やはり、英ファンド・チルドレンズとの「攻防戦」の結果がまだ出ておらず、もよう眺めの雰囲気なのか。
 チャート的には、3月17日につけた昨年来安値3370円からのリバウンド局面。ちいさく凸凹しながらも、続伸トレンドではある。とはいえ、まだまだ安値圏。信用残は約0.6倍の売り長でもある。

関連銘柄 風力発電関連銘柄一覧
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

東京製鐵が急反落、“三重苦”直面で本格的な再編が始まる可能性も指摘される

 建築用鋼材などをつくる電炉最大手の東京製鐵<5423>(東1)が、68円安の1388円と急反落している。同社は4月半ばから鋼材輸出を全面停止するとの日本経済新聞社の報道を受け、売り先行となっている。原料となる鉄スクラップ価格の高騰と円高で採算が悪化したため。国内需要の低迷で昨秋から続けている減産幅をさらに拡大する。輸出をほとんどしていない電炉中堅の関東スチール(茨城県土浦市)も5月に約1割減産する。国内の住宅・ビル向け鋼材需要も低迷しており電炉業界の経営環境が一段と厳しさを増している。国内鋼材需要の低迷と急激な鉄スクラップ価格の高騰に円高が加わった“三重苦”に直面しており、この状況が長引けば生産能力の余剰が指摘される電炉業界で、本格的な再編が始まる可能性もあると指摘。株価は、1月22日につけた年初来安値912円を底として、3月28日に1483円の年初来高値をつける動きとなっていたが、ここから戻り売り基調を強めそうだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

阪急阪神ホールディングスは一部下方修正で反落も、大筋では想定内、続伸トレンド続く

 阪急阪神ホールディングス<9042>(東1)はギャップダウン→反発。19円安の443円で始まったが、寄り後は456円まで戻している。
 前日3日の大引け後に、特別損失の計上と業績の修正を発表した。保有している販売用土地の評価損として約690億円の特損を計上し、一部下方修正。しかし一方で、鉄道事業にかかる旅客運輸収入の好調、営業費用削減の奏功により、一部を上方修正した。
 2008年3月期連結業績予想は、売上高を前回予想比30億円減額して7520億円(前年比1.2%増)、経常利益を同50億円増額して730億円(同2.5%減)、純利益を同345億円減額して5億円(同98.6%減)とした。
 また、同日、「2007中期経営計画」の進捗状況についても発表した。「各コア事業の業績は堅調に推移し、当計画で掲げた主要な経営管理目標の2007年度目標については、達成できる見通し」としている。
 チャートを見ると、3月17日につけた昨年来安値400円を底に、反発。ジリ高傾向で来ている。現在の株価でPERは16倍台と、とくに割安感はないが、チャート的には安値圏だ。また、信用残は約0.4倍の売り長でもあり、今後もジリ高が続けば、買い戻しも入ってこよう。まずは次のフシ500円ライン奪回を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース