[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/07)サイバーエージェントが切り返す動き、検索連動型広告が伸び中間期経常利益10%増
記事一覧 (04/07)楽天が反発し年初来高値を更新しモミ合い抜け
記事一覧 (04/07)日立製作所が続伸し225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に
記事一覧 (04/07)日本スピンドルが急反発、子会社2社が通期で利き増益など一部で指摘
記事一覧 (04/07)ソフトバンクが反発、外資系証券の投資判断格上げと米ヤフー買収提案から思惑買いも
記事一覧 (04/07)前引けの日経平均株価は57円高の1万3350円と反発
記事一覧 (04/07)マネーパートナーズは続伸。1月上場来安値からの出直り局面。今後の成長期待も高い
記事一覧 (04/07)大阪チタニウムテクノロジーズが4日続伸、MRJ事業の推進も追い風
記事一覧 (04/07)大気社は下値切り上げる続伸トレンド。ノーザン・トラスト関連でも注目が・・・
記事一覧 (04/07)新日本製鐵が続落、原料炭の価格引き上げなどを嫌気して売り先行
記事一覧 (04/07)東海理化は好投資判断で続伸。優良企業株、フシ抜けでまずは3000円へ
記事一覧 (04/07)株マニ注目のNTTデータイントラマートが4日続伸
記事一覧 (04/07)ヴィレッジヴァンガードは3Q好決算で反発。意外と優良株、割安底値の買い時
記事一覧 (04/07)三菱商事が4日続伸し年初来高値窺う、投資拡大を評価した動き続く
記事一覧 (04/07)リンテックは人気の「炭素繊維」ネタが報道される。好チャート・割安の優良株「買い」
記事一覧 (04/07)クリードは3Q好決算発表も、モミ合いつづく。不動産株の不人気とはいえ、売られすぎ
記事一覧 (04/07)株マニ注目のエルナーが高値更新、ブルーレイ関連としても注目
記事一覧 (04/07)シチズンホールディングスは「シチズン電子、LED増産へ」報道も、なぜか小幅続落
記事一覧 (04/06)今週も堅調な展開(今週の投資戦略)
記事一覧 (04/04)ニトリの好決算は織り込み済みだが・・・――引け後のリリース、明日の1本
2008年04月07日

サイバーエージェントが切り返す動き、検索連動型広告が伸び中間期経常利益10%増

 サイバーエージェント<4751>(東マ)が、7000円高の14万3000円と反発している。同社の2008年3月中間期の連結経常利益は前年同期比10%増の22億円になったようだとの日本経済新聞社の観測報道を好感している。主力のネット広告代理事業で売上高総利益率の高い検索連動型広告が伸びたことが寄与する。ブログ(日記風の簡易ホームページ)事業の営業赤字を吸収すると指摘している。株価は、一時3000円安の13万3000円まで下押す場面も見られたが、切り返す動きになっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:28 | 株式投資ニュース

楽天が反発し年初来高値を更新しモミ合い抜け

 楽天<4755>(JQ)が、2400円高の6万900円と反発し4月1日につけた年初来高値6万円を更新しモミ合い抜けとなってきた。同社は3月21日に、システム開発のドリコム<3793>(東マ)と資本提携すると発表したことを買い手掛かりに買われた後、モミ合う動きとなっていた。前週2日に銀行系証券が投資判断を「1」継続で、目標株価を6万3000円から7万円に引上げたほか、4日には外資系証券が投資判断を「1−オーバーウエート」、目標株価を6万9000円と強気の見通しが相次ぎ、株価は煮詰まり感が出ていた。次の上値として6万6000円処が意識されよう。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:52 | 株式投資ニュース

日立製作所が続伸し225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に

 日立製作所<6501>(東1)が、46円高の667円と続伸し225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に入っている。前週末4日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)はやや軟調な展開のなか、日立が上昇したことなどを好感しているようだ。日立製作所は保有しているエルピーダメモリ<6665>(東1)株1280万株(発行済み株式数の9.9%)を全株売却する方針を決めたことを受け、4月1日に581円まで売られたが、底打ち感から買われている面も強い。日立の構造改革に対する期待感と今月末には年金資金が流入するとの観測などから底堅い展開となってきたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:31 | 株式投資ニュース

日本スピンドルが急反発、子会社2社が通期で利き増益など一部で指摘

 住友重機系の日本スピンドル製造<6242>(東1)が、18円高の244円と急反発している。子会社2社が通期で利き増益。建築基準法改正の影響も正常化。PBR1倍水準で株価に割安感などが一部で指摘されたことが買い手掛かり。株価は、2月4日、2月28日の高値242円を上回りモミ合い抜けとなっている。200円以下は底値確認された感があり、26週移動平均線の267円処までの上値を試す展開か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:08 | 株式投資ニュース

ソフトバンクが反発、外資系証券の投資判断格上げと米ヤフー買収提案から思惑買いも

 ソフトバンク<9984>(東1)が、84円高の1947円と反発し直近3月26日高値1915円を上回っている。銀行系証券が投資判断を「2」→「1」に格上げ、目標株価を2610円としたことを好感している。米マイクロソフトが前週末5日、買収を提案している米ヤフーの取締役会に書簡を送り、今後3週間以内に買収を受け入れるように求めたことが伝えられたことからも、思惑買いを集めているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:47 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は57円高の1万3350円と反発

 前引けの日経平均株価は57円44銭高の1万3350円66銭と反発。TOPIXは6.08ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は0円28銭安と小幅4日ぶりに反落している。
 
 値上がり業種は、卸売、石油石炭製品、ゴム製品、鉱業、不動産など25業種。
 値下がり業種は、鉄鋼、電気・ガス、銀行、医薬品、証券商品先物など8業種。
 東証1部市場値上がり906銘柄、値下がり679銘柄、変わらず132銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、日立製作所<6501>(東1)SUMCO<3436>(東1)三井物産<8031>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、クラリオン<6796>(東1)大日本住友製薬<4506>(東1)新日本製鐵<5401>(東1)
 全体の値上がり率上位は、カウボーイ<9971>(JQ)森電機<6993>(東2)イーター電機工業<6891>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄は、森永乳業<2264>(東1)伊藤ハム<2284>(東1)ディー・エヌ・エー<2432>(東1)アサヒビール<2502>(東1)キリンホールディングス<2503>(東1)宝ホールディングス<2531>(東1)ジャパンフーズ<2599>(東1)エービーシー・マート<2670>(東1)アルフレッサ ホールディングス<2784>(東1)ロック・フィールド<2910>(東1)など46銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:23 | 株式投資ニュース

マネーパートナーズは続伸。1月上場来安値からの出直り局面。今後の成長期待も高い

 マネーパートナーズ<8732>(大ヘ)は続伸。7000円高の10万7000円まで買われている。大証ヘラクレス市場値上がり率上位にランクインしている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、1月23日につけた上場来安値6万1600円を底に、反発。凸凹しながらも全般に上昇トレンドをえがいている。まずは前の高値12万円ラインを上抜きたい。
 FX(外為証拠金取引)の大手事業者。新規事業として、有価証券取引の売買事業に参入する。
 業績は右肩上がり。一時の人気から続落してアク抜け。1月安値から出直り局面にある。現在の株価でPERは44倍台、PBRは4倍台と、割高だが今後の成長期待値も高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:54 | 株式投資ニュース

大阪チタニウムテクノロジーズが4日続伸、MRJ事業の推進も追い風

 大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>(東1)が、490円高の7280円と4日続伸し2月25日につけた年初来高値7450円を窺う動きになってきた。チタンの国内需要家向け価格が4年連続で上昇したことが買い手掛かり。供給が増えない中で需要は航空機や工業プラント向けに需要が急増しているため。また、中国などの発電所の熱交換器や、中東の海水淡水化プラント用にも調達意欲が強い。金属アレルギーになりにくいため腕時計や医療機器向けも用途が拡大と前週3日に日本経済新聞社では報じている。また、MRJ事業の推進も同社にとって追い風となっている。株価は、3月11日につけた年初来安値5500円で底打ち感が出ており、大幅リバウンド局面入りとなってきたようだ。

関連銘柄 小型ジェット機MRJ(三菱リージョナルジェット)関連銘柄一覧
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース

大気社は下値切り上げる続伸トレンド。ノーザン・トラスト関連でも注目が・・・

 大氣社<1979>(東1)は反落→反発。1円安の1220円で始まったが、その後は1226円まで戻している。
 とくに材料が出たわけではないようだが、1月22日につけた年初来安値933円を底に、リバウンド。凸凹しながらも続伸トレンドで来ている。現在の株価でPERは37倍台と高めで、信用残は売り長。ジリ高が続くなら、買い戻しも入ろう。このまま続伸して、まずは次のフシ1400円ライン奪回を狙いたい。
 同社は大手空調工事事業者。自動車塗装設備工事分野では世界2位のシェアを持つという。東南アジアを中心に、途上国を中心とした海外事業も積極展開している。
 業績は堅調。2008年3月期連結業績予想は、売上高は前年比減収見込みだが、営業・経常・純利益は、それぞれ3割超〜5割超の増益を見込んでいる。業界観測では、2009年3月期は増収増益と見られている。9月中間末で実質無借金、前期末で現金等166億9800万円のキャッシュリッチと、好財務。話題の?ノーザン・トラスト関連銘柄でもある。

関連銘柄 ノーザントラスト(AVFC)保有銘柄一覧
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:32 | 株式投資ニュース

新日本製鐵が続落、原料炭の価格引き上げなどを嫌気して売り先行

 新日本製鐵<5401>(東1)が、22円安の508円と続落している。3月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の減少幅が市場予想を上回ったことを受け、米国景気の後退による業績悪化懸念に加え、豪英系資源大手BHPビリトンと2008年度の原料炭の価格を07年度に比べて約3倍に引き上げることで合意する見通しとなったを嫌気した売りが先行している。今月25日に2008年3月期決算の発表を予定しており、一段と様子見気分が強まりそうだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:20 | 株式投資ニュース

東海理化は好投資判断で続伸。優良企業株、フシ抜けでまずは3000円へ

 東海理化電機製作所<6995>(東1)はギャップアップ→続伸。105円高の2735円で始まり、2830円まで乗せている。東証1部市場値上がり率上位にランクインしている。
 東海東京調査センターが投資判断を新規「1」(強気)としたことが、引き続き買い材料となっているもようだ。
 同社はトヨタ系の自動車部品メーカー。中国、タイ、インドでも事業展開しており、さらに増産体制を検討しているという。業績は好調に右肩上がり。9月中間末で実質無借金、前期末で現金等298億円と財務面も堅い。大口株主はトヨタ自動車<7203>(東1)デンソー<6902>(東1)のほか、信託口、自社、外資なども並んでいる。
 現在の2800円ラインはひとつのフシだが、次のフシ3000円ライン奪回を目指す。現在の株価でPERは約11倍と、優良株にしては割安となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:11 | 株式投資ニュース

株マニ注目のNTTデータイントラマートが4日続伸

 株マニ注目エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート <3850>(東マ)が、1万円4000高の35万9000円と4日続伸し上値追いとなっている。
 同社が、1月23日に発表した2008年3月期第3四半期決算は、上場費用や本社の移転費用を計上したことが利益を圧迫し、経常利益が前年同期比32%減の6900万円だった。通期の経常利益は前年比93%増の3億円を見込む。例年、第4四半期に売上高・利益が偏重する傾向があり、予定通り推移しているとして従来見通しを据え置いている。昨年末リアルコムと次世代情報基盤ソリューションで協業すると発表していることが支援材料となりそうだ。
 株価は、1月22日につけた安値25万2000円が下値として意識されており、30万円前後は買い妙味がある。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース

ヴィレッジヴァンガードは3Q好決算で反発。意外と優良株、割安底値の買い時

 ヴィレッジヴァンガードコーポレーション<2769>(JQ)は反発。1万7000円高の44万1000円まで買われている。
 先週末4日大引け後に発表した、第3四半期(2007年6月〜2008年2月)連結決算は、売上高203億8000万円(前年同期単独比〈連結は前期末からのため〉23.4%増)、経常利益23億2200万円(同30.3%増)、純利益12億8700万円(同24.0%増)。
 5月通期連結業績予想は、売上高272億9400万円(前年比20.4%増)、経常利益28億7100万円(同14.6%増)、純利益14億6900万円(同6.5%増)。
 チャート的には、現在の40万円台は底値圏。PERは11倍台央と割安。まずは次のフシ50万円ライン奪回を目指す。
 同社は雑貨・書籍・CDなどを販売する融合店舗を全国で約250店、展開。音楽CDやオリジナル雑貨が好調で、売上高が伸びているという。11月中間末で実質無借金、前期末で現金等21億円のキャッシュリッチと、財務面も堅い。大口株主には信託口や欧州系外資なども入っている優良株だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース

三菱商事が4日続伸し年初来高値窺う、投資拡大を評価した動き続く

 三菱商事<8058>(東1)が、80円高の3330円と4日続伸し2月26日につけた年初来高値3450円を窺う動きになっている。同社が、直近で千代田化工建設 <6366>(東1)三菱UFJリース<8593>(東1)の実施する第三者割当増資の引き受け、明治屋商事の経営支援・増資引き受け、中国バイオベンチャーに投資、環境関連のベンチャー企業などと組んで風力発電事業に特化した投資ファンドを設立など積極的な投資拡大を評価した動きになっている。三菱重工業<7011>(東1)が、国産小型ジェット機「MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)」の事業化においても、出資要請を受けていることなども注目されている。今月30日に2008年3月期決算の発表が予定されているが、業績の上ブレ期待も高まっているようだ。公的年金など4月末からの資金流入期待もあり、昨年10月につけた3810円の上場来高値奪回も決算発表次第ではありそうだ。

関連銘柄 小型ジェット機MRJ(三菱リージョナルジェット)関連銘柄一覧
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース

リンテックは人気の「炭素繊維」ネタが報道される。好チャート・割安の優良株「買い」

 粘着・接着素材の最大手メーカーのリンテック<7966>(東1)は反発。10円高の1459円で始まり、寄り後は1494円まで買われている。
 今朝の日経産業新聞で「リンテック、炭素繊維複合材向け『工程紙』増産」と報道されたことが、手がかり材料となっているもようだ。また、先週末に国内証券が投資判断を引き上げたことも、引き続き材料視されているようだ。
 チャートを見ると、3月17日につけた年初来安値1369円を底に、反発。凸凹しながらも下値をジリジリと切り上げる展開となっている。とはいえ、まだぜんぜん安値圏だ。
 現在の株価でPERは11倍台と、業績堅調、好財務、技術力のある企業にしては割安。PBRは約1倍。信用残は売り長なので、今後ジリ高が続けば買い戻しも入ろう。まずは次のフシ1700円ライン奪回を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

クリードは3Q好決算発表も、モミ合いつづく。不動産株の不人気とはいえ、売られすぎ

 不動産ファンド運営事業などを行なっているクリード<8888>(東1)はモミ合いつづく。2000円安の12万3000円で始まり、寄り後は12万9000円との間で推移している。
 先週末4日の大引け後に発表した、第3四半期連結決算は、売上高316億6600万円(前年同期比11.1%増)、経常利益75億8300万円(同33.3%増)、経常利益37億4500万円(同20.6%増)と、2ケタ増収増益となったが、市場は反応薄だ。
 5月通期連結業績予想は、売上高410億円(前年比2.3%増)、経常利益100億円(同12.5%増)、純利益56億円(同20.6%増)の前回予想を据え置いた。
 最近の不動産株の不人気を受けて、クリード株も中期で下落。3月17日には年初来安値10万6000円をつけた。以降はちょい反発したものの、10万円台前半でモミ合っている。現在の株価で、PERは3倍台と超激安。PBRは約0.9倍。いくら何でも売られすぎに見える。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 株式投資ニュース

株マニ注目のエルナーが高値更新、ブルーレイ関連としても注目

 株マニ注目エルナー<6972>(東2)が、8円高の247円まで買われ3月26日につけた年初来高値242円を更新している。
 3月11日付で銀行系証券では、コンデンサ事業、プリント回路事業ともに構造改革が順調に進展に加えて、足元の受注は車載向けを中心に会社計画を上回る推移。為替や材料高などリスク要因は残るものの、08年12月期、09年12月期ともに2ケタ増益が続く可能性が高いとしている。優先株希薄化考慮後のEPSは、08年12月期23.3円、09年12月期を27.7円と予想している。特に、プリント回路事業が、車載向けに加え、ブルーレイディスクレコーダー向けの拡大が期待されることが注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース

シチズンホールディングスは「シチズン電子、LED増産へ」報道も、なぜか小幅続落

 シチズンホールディングス<7762>(東1)は小幅続落。10円安の848円で始まっている。
 今朝の日経新聞で「シチズンホールディングス子会社で電子部品メーカーのシチズン電子(本社・山梨県富士吉田市)は今秋までに、主力のLED(発光ダイオード)の生産能力を約4割、高める」と報じられたが、市場は反応薄だ。
 3月末〜4月初めに、外資系証券が相次いで投資判断の目標株価を1000円や800に引き下げたことが、まだ響いているもようだ。
 現在の株価でPERは約21倍と高めだが、チャート的には、現在は安値圏。信用残は売り長。反発・続伸してもよさそうな局面だが…。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース
2008年04月06日

今週も堅調な展開(今週の投資戦略)

 先週は年度末最終売りから軟調に始まった。日経先物は12760円で寄り付いたあと12440円まで売られた。週半ばにはリーマンやUBSの資本増強や円安進行を受けて13430円まで買われたあと週末13280円で終わった。

 今週もやや堅調な展開が予想される。サブプライムショックによる金融危機は終息を迎えつつありNYダウや円安進行がプラス要因となる。特にNYダウは雇用統計が悪化しているにもかかわらず底堅く推移しており上値挑戦の形に入りつつある。今年に入り上値抵抗線となっている12750ドルを突破する可能性が高く日経先物には大きなプラス要因となる。
 日経先物の短期上値めどは心理的上値抵抗線となる14000円。好業績出遅れ株に注目。消費関連ではベストバイやネットプライス、リンクセオリー、ぐるなびに注目。IT関連ではGCAサヴィーやデジタルハーツ、アクセルマーク、ザッパラス、DDS、アクロディア、NTTデータイントラマート、フルスピード、ディーエヌエーに注目。太陽電池関連ではNPCやプロデュース、マルマエ、フェローテック、東京エレクトロン、三洋電機、三井化学に注目。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:37 | 株式投資ニュース
2008年04月04日

ニトリの好決算は織り込み済みだが・・・――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 ニトリ<9843>(東1)は4日の大引け後に2008年2月通期決算を発表した。連結で、売上高2172億2900万円(前年比14.9%増)。経常利益265億6800万円8同15.0%増)、純利益154億6400万円(同15.1%増)の2ケタ増収増益となった。
 2009年2月期の連結業績予想は、売上高2415億円(前年比11.2%増)、経常利益295億円8同11.0%増)、純利益161億円(同4.1%増)。
 チャートを見ると、4日の日足は大陽線。一時5910円まで買われ、3月25日につけた年初来高値5850円を更新した。円高メリット銘柄として期待され、すでに好決算を織り込んでいるもようだ。
 とはいえ、信用残は0.1倍とかなりの売り長。さらに買い戻しも入ってこよう。 まだ上値余地はあると見る。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:35 | 株式投資ニュース