[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/21)タケエイは後場も続伸。環境関連人気株、割安底値圏の反発局面、買い時
記事一覧 (08/21)岡部は12月期業績予想の一部上方修正で急伸
記事一覧 (08/21)医薬品専門商社のアルフレッサ ホールディングスは続伸。7000円フシで調整入るか
記事一覧 (08/21)早稲田アカデミーは後場続伸で新高値。とはいえまだ割安。今期業績予想は増収増益
記事一覧 (08/21)トナミ運輸に利益慎重予想あるが、株価は240円前後でモミ合う
記事一覧 (08/21)フェローテックは後場も続伸、新高値。太陽光発電関連銘柄が、再び人気づく
記事一覧 (08/21)建設技術研究所は好決算を評価して値を飛ばす、700円までは真空地帯
記事一覧 (08/21)ソフト開発のテックファームは後場も続伸。上場来安値からの反発局面。業績好調な優良企業株
記事一覧 (08/21)シーズクリエイトは続伸。業績好転、割安放置、中期下落で見直し買い。不動産株、後場も物色
記事一覧 (08/21)前引けの日経平均株価は44安の1万2807円と続落
記事一覧 (08/21)日立ハイテクノロジーズは日経産業報道も続落。売り材料揃い、もよう眺めが無難か
記事一覧 (08/21)日本フェンオールは6月中間業績予想の上方修正も、上値は限定的。割安ではあるが…
記事一覧 (08/21)東京建物不動産販売は続伸。全国主要100地点の地価下落急増も、火中の栗を拾う?
記事一覧 (08/21)リアルコムは小幅続伸。今期黒転予想も材料、上場来安値からの反発局面
記事一覧 (08/21)住友金属工業は「利益率の高い高級鋼管増産」で続伸。次のフシは550円ライン
記事一覧 (08/21)AOKI HDは続伸トレンドに「出店加速」報道がオン。優良企業株、割安底値圏の買い時
記事一覧 (08/21)日本電工は早くも1051円ストップ高。6月中間好決算、12月通期上方修正、増配で
記事一覧 (08/21)東和薬品は「設備増強、生産能力アップ」報道で続伸。業績も右肩上がりの優良企業株
記事一覧 (08/21)近畿日本ツーリストは続伸。6月中間は減収減益も、通期増収増益予想は据え置き
記事一覧 (08/21)『ほっかほっか亭』のハークスレイは特別利益計上も市場は反応薄。中期では上昇トレンド
2008年08月21日

タケエイは後場も続伸。環境関連人気株、割安底値圏の反発局面、買い時

 廃棄物中間処理・再資源化・最終処分事業を行なっているタケエイ<2151>(東マ)は後場も続伸。168円高の1695円まで買われている。中期続落で、きのうつけた上場来安値1470円からの反発局面。現在の株価でPERは7.83倍、PBRは0.89倍と、業績好調な環境関連株にしては割安となっている。このまま続伸で、まずは次のフシであり13週移動平均線でもある3000円ライン奪回が目標となろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:25 | 株式投資ニュース

岡部は12月期業績予想の一部上方修正で急伸

 岡部<5959>(東1)は大陽線出現。30円高の469円まで買われている。後場中14時に、2008年12月期業績予想の一部上方修正を発表したことが好感されている。チャート的には、押し目からの反発局面。上値フシは550円ライン。PERは10.92倍、PBRは0.75倍と割安でもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:06 | 株式投資ニュース

医薬品専門商社のアルフレッサ ホールディングスは続伸。7000円フシで調整入るか

 アルフレッサ ホールディングス<2784>(東1)は続伸。170円高の6850円まで買われている。1日につけた直近安値5970円を底に、上昇トレンドとなっている。信用残は0.38倍の売り長で、売り残が増加。次のフシ7000円前後でいったん調整となるか。中期では、次のフシ7500円ラインまでの戻りを目指したい。
 医薬品の専門商社。今期2009年3月期連結業績予想は増収増益。会社四季報には次期2010年3月期も増収増益の予想値が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:49 | 株式投資ニュース

早稲田アカデミーは後場続伸で新高値。とはいえまだ割安。今期業績予想は増収増益

 早稲田アカデミー<4718>(東2)は後場、80円高の1260円まで買われ、18日につけた年初来高値1250円を更新した。中期続伸トレンドだが、前日20日に1130円まで下落し押し目を形成。そこからの反発局面となっている。新高値とはいえ、現在の株価でPERは9.21倍と割安。今期2009年3月期連結業績予想は増収増益。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:31 | 株式投資ニュース

トナミ運輸に利益慎重予想あるが、株価は240円前後でモミ合う

 去る8日に第1四半期の横ばい決算を発表したトナミ運輸<9070>(東1)は240円前後のモミ合いを続けている。特に、チャート上では7月17日224円から236円までマドを開けたことで、上に行くかと期待されたが伸び切れていない。第1Qの営業利益は3億630万円(前年同期3億9300万円)とほぼ横ばい。通期(09年3月期)の営業利益は期初予想の22億円(前期比16.6%増)で据え置いているが、一部では21億5000万円程度にとどまるのではとの見方がある。燃料費高の影響が懸念されている。1株当り純資産は499.8円(第1Q実績)、配当は年6円。PBRは0.48倍、配当利回りは2.5%と指標は割安。週足では去る7月25日に26週線を上抜いているので270〜280円は見込める動き。下値拾いの待ち伏せでよいだろう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:19 | 株式投資ニュース

フェローテックは後場も続伸、新高値。太陽光発電関連銘柄が、再び人気づく

 フェローテック<6890>(JQ)は後場も続伸。111円高の1911円まで買われている。20日につけた年初来高値1819円を更新している。 
 ラジオNIKKEIで、太陽光発電協会が前日発表した4〜6月期の国内電池出荷量が前年同期比36%増になったことを背景に、同社のほか、エヌ・ピー・シー<6255>(東マ)アルバック<6728>(東1)など「太陽電池関連株がしっかり」と報じられた。
 長期チャートを見ると、次の高値フシは2002年6月につけた2300円ライン。現在の株価でPERは24.46倍、PBRは1.90倍と高めだが、人気の太陽光発電関連銘柄にしては、まだ過熱というほどではないかもしれない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:14 | 株式投資ニュース

建設技術研究所は好決算を評価して値を飛ばす、700円までは真空地帯

 中間決算好調の建設技術研究所<9621>(東1)が32円高の639円と買われた。21日発表の6月中間期が前年同期比4.3%増収、2.9%の営業増益だった。とくに、今年2月21日の公表の中間期予想を売上で13億600万円、営業利益で1億5100万円それぞれ上回った。通期予想は変えていないが、厳しい建設関連の業界で予想を上回る成績を挙げていることを評価している。700〜740円にはかなり厚い上値の壁があるが、700円くらいまでは真空地帯なのでもう一段の戻りが見込まれる。

>>建設技術研究所のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:55 | 株式投資ニュース

ソフト開発のテックファームは後場も続伸。上場来安値からの反発局面。業績好調な優良企業株

 テックファーム<3625>(大ヘ)は後場も続伸。8500円高の10万0900円まで買われている。18日につけた上場来安値7万7000円からの反発局面となっている。
 同社は独立系のソフト開発事業者で、携帯電話向けに強みがある。また、読売新聞社との資本・業務提携が特徴。業績は好調で、2008年7月期業績予想は、前年比約2割増収、営業・経常・純利益はそれぞれ約8〜10割増益を見込んでいる。会社四季報には、2009年7月期もさらに増収増益の予想値が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:54 | 株式投資ニュース

シーズクリエイトは続伸。業績好転、割安放置、中期下落で見直し買い。不動産株、後場も物色

 シーズクリエイト<8921>(東1)は続伸。後場は355円高の2745円で始まっている。中期続落で19日につけた年初来安値2150円からの反発局面。今期2009年3月期連結業績予想は増収&営業・経常・純損益とも前年の損失計上から黒字転換の見込みだ。なのにPERは1.40倍、PBRは0.13倍と割安放置となっている。
 後場寄りの東証1部市場値上がり率ランキングでは、アゼル<1872>(東1)がトップ。2位はゼクス<8913>(東1)、3位はランド<8918>(東1)でいずれもストップ高となっていた。ほか、サンフロンティア不動産<8934>(東1)リサ・パートナーズ<8924>(東1)日神不動産<8881>(東1)明和地所<8869>(東1)などもランキング上位に入っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:44 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は44安の1万2807円と続落

 前引けの日経平均株価は44円56銭安の1万2807円13銭と続落。TOPIXは3.88ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は2円85銭安と11日続落している。

 値上がり業種は、その他製品、鉱業、不動産業など13業種。
 値下がり業種は、海運業、ゴム製品、輸送用機器など20業種。
 東証1部市場値上がり458銘柄、値下がり1083銘柄、変わらず149銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、ミツミ電機<6767>(東1)双日<2768>(東1)熊谷組<1861>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、アルプス電気<6770>(東1)NEC<6701>(東1)三井住友海上グループホールディングス<8725>(東1)

 全体の値上がり率上位は、トランスデジタル<9712>(JQ)Human21<8937>(JQ)アゼル<1872>(東1)

 東証1部新高値銘柄は、J−オイルミルズ<2613>(東1)東洋鋼鈑<5453>(東1)江守商事<9963>(東1)の3銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

日立ハイテクノロジーズは日経産業報道も続落。売り材料揃い、もよう眺めが無難か

 日立ハイテクノロジーズ<8036>(東1)は続落。345円安の1952円まで売られている。
 今朝の日経産業新聞で「日立ハイテク、カラーフィルター向け露光装置5割増産体制」と報じられたが、市場は反応薄だ。
 PERは10.02倍と割安。信用残は0.21倍の売り長。今期業績予想は減収減益。半導体市況の低迷による、関連銘柄の不人気と、売り材料が揃っている。もうしばらくはもよう眺めが無難か。2000円フシを下抜け後、チャート的には、次の下値フシは1800円ラインとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース

日本フェンオールは6月中間業績予想の上方修正も、上値は限定的。割安ではあるが…

 日本フェンオール<6870>(JQ)は続伸。63円高の700円まで買われている。
 前日20日に発表した、6月中間決算の上方修正が好感されているもようだ。連結・単独とも、売上高、営業・経常・純利益とも上方修正となっている。ガス系消火設備と水系消火設備の受注が、強力な営業展開により増加したこと、経費削減効果などが理由。
 チャートを見ると、今月半ばの600円ラインの押し目から反発。ただ、上方修正とはいえ、前年同期比では減収減益であることに変わりはない。上値は限定的か。前の高値であり26週移動平均線でもある780円ライン奪回を目指したい。PERは5.13倍、PBRは0.69倍と割安。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

東京建物不動産販売は続伸。全国主要100地点の地価下落急増も、火中の栗を拾う?

 東京建物不動産販売<3225>(東1)は続伸。21円高の362円まで買われている。14日につけた上場来安値300円を底に、続伸トレンドとなっている。いくら業績が不振とはいえ、せめて400円台まで戻したいところだ。現在の株価でPERは3.71倍、PBRは0.66倍と、かなりの割安となっている。
 国土交通省が20日に発表した、7月1日時点の全国主要100地点の地価動向で、3ヶ月前に比べて地価が下落したのは38地点にのぼり、前回調査(4月1日時点)の9地点から大幅に増えた。上昇は13地点で前回の41地点から急減。不動産市場の冷え込みが鮮明になったと指摘されている。
 今朝の東証1部業種別株価指数では、不動産業セクターは前年比下落。ただ、そのなかでも同社のような、株価3ケタの低位、あるいは割安銘柄に物色が入っているもようだ。アゼル<1872>(東1)東京建物<8804>(東1)明和地所<8869>(東1)東栄住宅<8875>(東1)日神不動産<8881>(東1)などが買われている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:26 | 株式投資ニュース

リアルコムは小幅続伸。今期黒転予想も材料、上場来安値からの反発局面

 リアルコム<3856>(東マ)は小幅続伸。3000円高の4万4100円まで買われている。きょうのストップ高ラインは4万5100円。
 18日につけた上場来安値3万4200円からのリバウンド局面となっている。まずは次のフシであり25日移動平均線でもある6万6000円ラインまでの戻りを目指す。
 同社は企業の情報システムを統括管理するECM構築のためのソフト開発・販売事業を行なっており、システムインテグレーション事業やコンサル、運用保守事業なども行なっている。
 前期2008年6月通期連結決算は減収減益、かつ営業・経常・純損益とも損失計上となったが、今期2009年6月期連結業績予想は増収、かつ営業・経常損益は黒字転換、純損益はプラマイゼロとしている。会社四季報にも今期は黒転の予想値が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:12 | 株式投資ニュース

住友金属工業は「利益率の高い高級鋼管増産」で続伸。次のフシは550円ライン

 住友金属工業<5405>(東1)は続伸。23円高の490円まで買われている。
 今朝の日経新聞で「住金、高級鋼管3割増産」「原発・油田向け、利益率高く」「100億円超 投資」と報じられたことが、手がかり材料となっているもようだ。
 チャート的には、15日につけた直近安値437円からの反発局面。次のフシ550円ライン奪回が目先の目標か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

AOKI HDは続伸トレンドに「出店加速」報道がオン。優良企業株、割安底値圏の買い時

 紳士服専門店2位のAOKIホールディングス<8214>(東1)は続伸。21円高の1349円まで買われている。
 14日につけた年初来安値1257円からの反発局面に加え、今朝の日経新聞で「AOKI、出店3割上積み」「今年度、グループで80店に」「首位の青山猛追」と報じられたことが、好感されているもようだ。記事によると、上記の数字は前期実績より10店以上多く、最大手・青山商事の今期計画の2倍強に当たる。主力の首都圏で攻勢を強め、出遅れている九州でも基盤を築くという。
 チャートを見ると、中期続落で現在は底値圏。PERは10.16倍、PBRは0.71倍と割安。今期2009年3月期連結業績予想は、前年比増収増益。会社四季報には、次期2010年3月期も増収増益の予想値が出ている。買い時と見る。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース

日本電工は早くも1051円ストップ高。6月中間好決算、12月通期上方修正、増配で

 日本電工<5563>(東1)は1051円ストップ高。
 前日20日に、6月中間決算、12月通期業績予想の上方修正、増配を発表した。
 6月中間決算は、売上高が前年同期比5割以上の増収。営業・経常・純利益はそれぞれ同3倍内外の増益となった。
 12月通期業績予想の上方修正は、連結・個別とも、売上高、営業・経常・純利益とも上方修正となった。連結で、売上高を前回予想比217億円増額修正の1220億円(前年実績比57.5%増)、経常利益を同100億円増額修正の279億円(同159.8%増)、純利益を同61億円増額修正の163億円(同177.4%増)とした。
 配当金は、6月中間と12月通期末配当を、それぞれ前回予想比5円増配の10円、15円とし、年間計25円予想とした。
 チャートを見ると、まだ上値余地は大きい。現在の株価でPERは10.28倍と割安。まずは次のフシ1200円ライン奪回を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース

東和薬品は「設備増強、生産能力アップ」報道で続伸。業績も右肩上がりの優良企業株

 東和薬品<4553>(東1)は続伸。60円高の4070円まで買われている。
 今朝の日経新聞に「後発薬、一斉増産」として、政府は後発薬シェアを2006年度に2倍近い30%以上に高める方針であることを背景に、ジェネリック各社の動向が伝えられたが、その1社として取り上げられている。大阪工場の設備増強などで、2007年度の生産能力30億錠から、2008年度中には36億錠へ引き上げると報じられている。
 東和薬品のチャートを見ると、7月7日につけた年初来安値3750円からの反発局面。凸凹しながらも下値を切り上げてきている。信用残は0.62倍の売り長で、売り残が増えているが、ここでは「今後、買い戻しが入る期待材料」と見たい。
 業績は堅調に右肩上がり。今期2009年3月期連結業績予想は前年比増収増益。会社四季報には、次期2010年3月期も増収増益の予想値が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース

近畿日本ツーリストは続伸。6月中間は減収減益も、通期増収増益予想は据え置き

 近畿日本ツーリスト(KNT)<9726>(東1)は続伸。寄り後は7円高の187円まで買われている。
 20日大引け後に発表した、6月中間連結決算は、営業収益339億2200万円(前年同期比8.9%減)、経常損失33億7400万円(前年同期は16億6000万円の損失計上)、純損失41億6900万円(同61億0600万円)。
 ゴールデンウィークの日並びや景況感の悪化、海外旅行の燃料サーチャージの高騰、中国のおける災害・事件の影響が大きく、低調だった。
 12月通期連結業績予想は、営業収益822億円(前年比1.3%増)、経常利益12億円(同3.2%増)、純利益9億円(前年は39億0800万円の損失計上)の前回予想を据え置いている。
 団体旅行では、企業の会議などの需要マーケットに対して積極的な営業を推進。個人旅行では、商品企画部門と仕入れ部門の一体化の効果を活かし、競争力の高い商品を提供するなどで、新しい需要を開拓していくという。
 チャートを見ると、きのうつけた直近安値176円からの反発局面となっている。まずは次のフシであり前の高値200円台まで戻して行きたい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:19 | 株式投資ニュース

『ほっかほっか亭』のハークスレイは特別利益計上も市場は反応薄。中期では上昇トレンド

 弁当店『ほっかほっか亭』の加盟店・直営店を約1000店、西日本で展開する、ハークスレイ<7561>(東1)は小幅続落。2円安の1282円で始まり、寄り後は1280円まで売られている。きのう大引け後に、特別利益の計上について発表したが、市場は反応薄だ。
 11日に発表した、連結子会社と子会社の投資事業組合による、連結子会社リンク・ワンの株式一部売却を行ない、株式の受渡と資金交付が20日、実行された。譲渡益1億9308万8000円を特別利益として計上する。
 チャートを見ると、目先続落とはいえ、中期では、1月16日につけた年初来安値1050円を底に、上下しながらも、下値を切り上げる展開で来ている。まずは前の高値1400円ライン奪回を目指したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース