[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/23)フォーバルの今期業績は黒転見込み――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (05/23)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング ストップ高比例配分、大量の買い物残す
記事一覧 (05/23)大引けの日経平均株価は33円高の1万4012円と続伸
記事一覧 (05/23)扶桑薬品工業が6日ぶりに反発、今期営業損益黒字転換予想を好感
記事一覧 (05/23)木村化工機は3日ぶりに反発、原子力発電所建設関連が買われる
記事一覧 (05/23)大同特殊製鋼が確り、銀行系証券が投資判断を引き上げ
記事一覧 (05/23)日本配合飼料が6日連騰、農業関連人気に業績大幅回復見込みと信用好需給が後押し
記事一覧 (05/23)富士紡HDが年初来高値を更新、好取組をバネに250円処のフシを視野に
記事一覧 (05/23)前引けの日経平均株価は102円高の1万4080円と続伸
記事一覧 (05/23)三洋電機が反発、シャープとの提携が下支え太陽電池関連人気が続く
記事一覧 (05/23)トヨタが松下とハイブリッド車向け電池を大幅増産、リチウムイオン電池関連が人気に
記事一覧 (05/23)テレパークがストップ高まで買われる、MSコミュニケーションズと合併を正式発表
記事一覧 (05/23)三菱重工業が5日続伸し年初来高値に肉薄、太陽電池を増産のため約300億円投資
記事一覧 (05/23)中外製薬が続急伸、ロシュが持株比率を引上げと政府が新型インフルエンザ対策を発表
記事一覧 (05/22)【明日の動き】IPO再開で新興銘柄を物色する動きも予想される
記事一覧 (05/22)セントケアは今期黒転予想、コムスン事業継承奏功も――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (05/22)大引けの日経平均株価は52円高の1万3978円と3日ぶりに反発
記事一覧 (05/22)楽天が続伸、25日移動平均線処までの戻りを試す動きか
記事一覧 (05/22)富士電機HDが3日続急伸し上値抵抗線を突破
記事一覧 (05/22)日新製鋼が反発し年初来高値を更新、外資系証券が目標株価を引き上げ
2008年05月23日

フォーバルの今期業績は黒転見込み――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 中小企業向け電話機・OA機器販売事業を行なっているフォーバル<8275>(JQ)は23日の大引け後に、2008年3月期決算を発表した。連結で、売上高343億2300万円(前年比30.9%増)、経常損失12億6300万円(前年は20億1000万円の損失計上)、純損失5億3000万円(同13億8700万円の損失計上)。経常・純損失計上となったが、損失幅は縮小した。
 2009年3月期連結業績予想は、売上高360億円(前年比4.9%増)、経常利益4億円(前年は12億6300万円の損失計上)、純利益3億円(同5億3000万円の損失計上)と、黒字転換を見込んでいる。
 23日終値は2円高の297円。チャートを見ると、昨年7月の500円ラインから続落。3月31日につけた上場来安値270円を底に、反発のきざしが出ているものの、この1〜2ヵ月は300円ライン前後でモミ合っている。業績の黒転を材料に、上放れ→まずは次のフシ400円台奪回を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:21 | 株式投資ニュース

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング ストップ高比例配分、大量の買い物残す

 再生医療ベンチャーのジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774>(JQ・NEO)は、前日比1万500円高のストップ高となる10万3000円で比例配分により大引けに商い成立。比例狙いの買いも含まれるであろうが、1万株もの買い物を残した。
 本日23日付の日本経済新聞朝刊で、「9月末までに厚生労働省に、関節の動きを滑らかにする培養軟骨の製造販売を承認するよう申請する方針」と報じられたことが買い材料視され、朝方から大量の買い物を集めていた。
 培養軟骨は、国内初の再生医療事業としてすでに製造承認を取得している自家培養表皮を凌駕する市場規模であり、事業化へ大きく踏み出す承認申請の時期的見通しが示されたことで、期待と安心感から買いが膨らんだ格好。
 軟骨に関しては、事故による損傷やスポーツによるケガ、加齢に伴う変形性関節症などに悩まされている人は、潜在患者も含め500万人とも推定されており、市場でも有望視する声が高い。
 株価は25日移動平均を15%超の下方乖離にあり、反発のタイミングを探る局面であった。公募ライン(12万円)までの戻りは早そうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:16 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は33円高の1万4012円と続伸

 大引けの日経平均株価は33円74銭高の1万4012円20銭と続伸。TOPIXは2.98ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は5円36銭高と続伸した。
 
 値上がり業種は、保険、医薬品、水産・農林、建設、パルプ・紙など17業種。
 値下がり業種は、海運、卸売、鉄鋼、非鉄金属、鉱業など16業種。
 東証1部市場値上がり673銘柄、値下がり925銘柄、変わらず123銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、千代田化工建設<6366>(東1)明電舎<6508>(東1)T&Dホールディングス<8795>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、日本板硝子<5202>(東1)日東紡<3110>(東1)川崎汽船<9107>(東1)
 全体の値上がり率上位は、セブンシーズホールディングス<3750>(東2)郷鉄工所<6397>(大2)フジマック<5965>(東2)
 
 東証1部新高値銘柄は、日揮<1963>(東1)日清製粉グループ本社<2002>(東1)宝ホールディングス<2531>(東1)日本化薬<4272>(東1)日本製鋼所<5631>(東1)など100銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:17 | 株式投資ニュース

扶桑薬品工業が6日ぶりに反発、今期営業損益黒字転換予想を好感

 補液・注射薬主力の医家向け専業の扶桑薬品工業<4538>(東1)が、後場33円高の291円と急伸し6日ぶりに反発している。本日23日後場立会い中に、同社が2008年3月期決算と併せて09年3月期業績予想を発表、今期営業損益黒字回復予想を好感した買いが入っている。前期営業損益は4億3900万円の赤字転落となったが、今期営業損益は21億2000万円の黒字を見込む。株価は、2月4日につけた年初来高値である301円顔合わせまで上昇し、現在モミ合っている。信用取組倍率0.17倍の売り長の好需給となっており、目先は買戻し一巡との見方も出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:38 | 株式投資ニュース

木村化工機は3日ぶりに反発、原子力発電所建設関連が買われる

 木村化工機<6378>(東1)が、42円高の1094円と3日ぶりに反発している。経済産業省・資源エネルギー庁が、米国の原子力発電所建設計画に参加する日本企業への金融支援策を検討すると日本経済新聞社が伝えられていることから、原発関連を物色する動きとなっている。今後20年間に30基の原発新設計画のある米国政府も支援策を要請する見通しで、国際協力銀行の融資などで企業の投資リスクを軽減する。海外市場の開拓を進める東芝<6502>(東1)三菱重工業<7011>(東1)日立製作所<6501>(東1)などの国内原子力メーカーを後押ししたい考えと指摘している。本日23日に都内で開く「日米原子力エネルギー運営委員会」で、資源エネルギー庁が米エネルギー省に支援方針を説明する。米政府は建設費が一基あたり4000億円前後かかる原発新設計画について、自国の企業に税優遇や債務保証を進めているが、日本にも金融支援などの協力を求める方針という。原発向け圧力容器のシェア約80%を占める日本製鋼所<5631>(東1)が年初来高値更新となっており、関連銘柄が後に続くか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:16 | 株式投資ニュース

大同特殊製鋼が確り、銀行系証券が投資判断を引き上げ

 大同特殊製鋼<5471>(東1)が、3円高の685円と確りした動きになっている。前日22日、銀行系証券が投資判断を「2」→「2+」に格上げしている。足元の鉄スクラップ価格は会社側の想定以上に上昇しているものの、現段階では会社前提以上に販売価格の値上げが実現する可能性が高まってきていると指摘。同証券では09年3月期の業績は前期比増益を確保すると予想。さらに、収益構成を見ると非特殊鋼部門の業績拡大が続いており、同社の収益基盤がより強固な状態へと変化している点も評価し、指標面でも株価は割安な水準にあると判断している。株価は、21日に697円まで買われた後、前日22日に648円まで押し目を形成し切り返す動きとなっている。20日付では、外資系証券が投資判断を「アウトパフォーム」継続で、目標株価を950円→1030円に引上げており、信用取組倍率1.06倍の好取組を支えに、堅調な動きが続きそうだ。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:52 | 株式投資ニュース

日本配合飼料が6日連騰、農業関連人気に業績大幅回復見込みと信用好需給が後押し

 日本配合飼料<2056>(東1)が、4円高の180円と前日と変わらずを挟んで6日連騰している。一時7円高の183円まで買われ21日につけた年初来高値182円を更新している。農業関連人気に乗った格好だ。足元の業績、2008年3月期営業利益は前の期比63.9%減の7億1000万円に着地も、原料の穀物高を価格転嫁で吸収し今期営業利益は前期比2.1倍の15億円と急回復を見込む。信用取組倍率0.89倍の好需給も下支えし上値追いの展開が続いている。フシである180円処に到達し、昨年6月高値224円を視野に入れている。同じ農業関連では井関農機<6310>(東1)も高値更新となっている。

特集 農業関連銘柄特集 迫り来る食糧危機に備えて
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

富士紡HDが年初来高値を更新、好取組をバネに250円処のフシを視野に

 富士紡ホールディングス<3104>(東1)が、11円高の227円と続伸し19日につけた年初来高値を更新している。銀行系証券が研磨パッドが液晶用に増加していることなどから、投資判断を「1」継続で、目標株価を220円→280円に引上げたことを好感した買いが入っている。株価は、信用取組倍率1.02倍の好取組をバネに250円処のフシを視野に入ってきたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:48 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は102円高の1万4080円と続伸

 前引けの日経平均株価は102円50銭高の1万4080円96銭と続伸。TOPIXは8.22ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は4円16銭高と続伸している。
 
 値上がり業種は、保険、建設、医薬品、不動産、食料品など23業種。
 値下がり業種は、海運、鉄鋼、卸売、非鉄金属、石油石炭製品など10業種。
 東証1部市場値上がり884銘柄、値下がり658銘柄、変わらず166銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、千代田化工建設<6366>(東1)電気化学工業<4061>(東1)T&Dホールディングス<8795>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、日本板硝子<5202>(東1)川崎汽船<9107>(東1)日東紡<3110>(東1)
 全体の値上がり率上位は、セブンシーズホールディングス<3750>(東2)アサヒ衛陶<5341>(大2)東和メックス<6775>(東2)
 
 東証1部新高値銘柄は、日揮<1963>(東1)日清製粉グループ本社<2002>(東1)宝ホールディングス<2531>(東1)日本化薬<4272>(東1)日本製鋼所<5631>(東1)など81銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:36 | 株式投資ニュース

三洋電機が反発、シャープとの提携が下支え太陽電池関連人気が続く

 三洋電機<6764>(東1)が、2円高の275円と反発している。同社は、前日22日の後場立会い中に2008年3月期決算と併せて09年3月期業績予想を発表、続いて同日大引け後に新中期経営計画を発表、そして、液晶パネル調達などでシャープ<6753>(東1)と提携したことを明らかにした。前日後場に今期営業利益が市場予想を下回る前期比34.3%減の500億円見通しとなったため、266円まで下落したが、切り返す動きとなっている。新中計では、11年3月期営業利益は900億円を目標を掲げている。シャープとの提携については、三洋が北米で販売する液晶テレビ用のパネルをシャープから調達するほか、電子レンジなど調理家電の共同開発を検討する。三洋は太陽電池など主力と位置付ける分野に経営資源を集中する方針を打ち出しており、非中核分野については今後も他社との連携を進め、事業効率改善を急ぐとしている。三洋の株価は減益予想も収益性の高い事業への集中と提携による期待感から確りしている。市場では、この動きを受け、エヌ・ピー・シー<6255>(東マ)が連日高値更新と太陽電池関連人気が続いている。

特集 太陽電池関連銘柄特集
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:12 | 株式投資ニュース

トヨタが松下とハイブリッド車向け電池を大幅増産、リチウムイオン電池関連が人気に

 トヨタ自動車<7203>(東1)が、60円高の5240円と4日ぶりに反発している。同社が松下電器産業<6752>(東1)と共同で、ハイブリッド車など環境対応車に搭載する電池を大幅に増産すると日本経済新聞社が報じた。宮城県に現在主流のニッケル水素電池の工場、静岡県では次世代型のリチウムイオン電池の工場をそれぞれ新設する。既存拠点の増強と併せ、2011年をめどに生産量を年間約100万台分に引き上げる。基幹部品である電池で競合他社を大きく上回る量産体制が整うことで、世界生産台数1000万台強の1割をハイブリッド車にするトヨタの環境戦略が一段と加速すると指摘している。リチウムイオン電池については、安全性など技術面での課題が数多く残されているため、これまでトヨタは慎重な姿勢だったが日産自動車<7201>(東1)NEC<6701>(東1)が量産を決めるなどしていることに刺激を受けたと思われる。本日は、ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)が連日の年初来高値更新とリチウムイオン電池関連人気が鮮明となっている。

特集 リチウムイオン電池特集
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース

テレパークがストップ高まで買われる、MSコミュニケーションズと合併を正式発表

 三井物産系の携帯電話販売会社で業界最大手のテレパーク<3738>(東1)が、2万円高の14万6000円ストップ高まで買われ21日につけた年初来高値13万5000円を更新している。前日22日、同社は三菱商事・住友商事が折半出資する業界2位のエム・エス・コミュニケーションズ(東京・新宿)と10月1日に合併すると正式発表した。業界1、2位の合併で誕生する新会社「ティーガイア」は携帯電話機の販売シェアが約16%と、3位以下を大きく引き離す。海外事業なども積極化し、2012年3月期をめどに売上高1兆円を目指す。同日発表された2008年3月期単独決算は、営業利益が前の期比0.9%増の73億8300万円に着地、今期営業利益が前期比36.8%増の101億円を見込む。また、買い付け価格9万6000円で5万673株(15.38%)・約49億円を上限とした公開買い付けを6月30日から7月28日まで実施することも株価押し上げ要因となっている。株価は、13週・26週移動平均線を上抜いており、上昇基調を強めよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | 株式投資ニュース

三菱重工業が5日続伸し年初来高値に肉薄、太陽電池を増産のため約300億円投資

 三菱重工業<7011>(東1)が、7円高の524円と5日続伸し2月26日につけた年初来高値529円に肉薄している。前日22日、同社が太陽電池を増産するため今後3年間で約300億円を投資する計画を明らかにしたと日本経済新聞社が報じたことを好感した買いが入っている。2010年度には生産量を、今年度見込みの2倍強の年130メガ(メガは100万)ワット程度に引き上げる。同社はシリコン使用量の少ない薄膜型太陽電池を手掛けるが、歩留まりなどの問題から量産が遅れていた。積極投資に踏み切り、薄膜型でシェア10%を目指すと指摘している。同社は、原発や風力発電なども手掛けていることから、市場では環境関連の柱銘柄として位置付けられている。株価は、上値追いを強めており、昨年12月高値552円処が次のフシとして意識する展開となろう。

特集 太陽電池関連銘柄特集
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース

中外製薬が続急伸、ロシュが持株比率を引上げと政府が新型インフルエンザ対策を発表

 中外製薬<4519>(東1)が、74円高の1670円と続急伸し上値追いとなっている。スイスの製薬大手ロシュは22日、傘下の中外製薬の持ち株比率を50.1%から59.9%に引き上げると発表したことが買い手掛かり。TOB(株式公開買い付け)を実施し、1株あたり1730円で買い取る。ロシュのフランツ・フーマー会長は声明で「日本市場の長期的な可能性を確信しており、中外との提携は戦略的に重要だ」と述べたと日本経済新聞社では報じている。また、福田康夫首相が同日、第14回国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)の晩さん会で演説し、アジア・太平洋諸国の連携と域外への開放を基本とした新たな外交理念を表明した。大規模災害や感染症に備え、緊急援助機関や研究機関が連携する「アジア防災・防疫ネットワーク」構想を提唱。政府は新型インフルエンザ対策として東南アジア諸国連合(ASEAN)が日本の資金で備蓄するタミフルなどの抗ウイルス剤を100万人分に倍増させる方針と日本経済新聞の朝刊が報じたことで、改めてインフルエンザ治療薬「タミフル」を販売している中外に見直し買いが入っている。株価は、TOB価格にサヤ寄せし1月末から2月初めに開いたマドを埋める動きになっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース
2008年05月22日

【明日の動き】IPO再開で新興銘柄を物色する動きも予想される

 株式市場明日の動き 日経平均株は反発した。本日、野村アセットマネジメントが「野村日本割安好配当株投資0805」を設定することから、相場を下支えするとの見方が強まった。原油高・米国安・円高も投資意欲が旺盛との感がある。基本的には、全般は外部環境に左右される展開が予想される。明日5月23日、1カ月半ぶりにIPOが再開。プライムワークス<3627>(東マ)がマザーズに新規上場する。原油高・円高の動きからも新興銘柄が環境関連銘柄とともに物色されることも予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:11 | 株式投資ニュース

セントケアは今期黒転予想、コムスン事業継承奏功も――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 セントケア・ホールディング<2374>(JQ)は22日の大引け後に2008年3月期決算を発表した。連結で、売上高169億2700万円(前年比9.5%増)、経常損失3億9100万円(前年は8200億円の利益計上)、純損失4億7300万円(同1億1300万円の損失計上)。
 2009年3月期連結業績予想は、売上高201億3300万円(前年比18.9%増)、経常利益3億4000万円、純利益5200万円の黒字転換を見込んでいる。
 22日終値は2万9000円。チャート的には底値圏だ。業績の黒転をバネに、上昇トレンドと行きたい。
 同社は訪問介護、入浴事業を中心とした介護サービス事業会社の、純粋持株会社。本社は東京・京橋として、関東〜全国展開を行なっている。コムスンの一部在宅介護事業を継承している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:03 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は52円高の1万3978円と3日ぶりに反発

 大引けの日経平均株価は52円16銭高の1万3762円27銭と3日ぶりに反発。TOPIXは9.58ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は0円30銭高と反発した。
 
 値上がり業種は、石油石炭製品、その他金融、証券商品先物、卸売、金属製品など23業種。
 値下がり業種は、空運、保険、鉄鋼、水産・農林、精密機器など10業種。
 東証1部市場値上がり951銘柄、値下がり631銘柄、変わらず140銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、千代田化工建設<6366>(東1)富士電機ホールディングス<6504>(東1)三井造船<7003>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、三洋電機<6764>(東1)ユニー<8270>(東1)東京ガス<9531>(東1)
 全体の値上がり率上位は、不二精機<6400>(JQ)モンテカルロ<7569>(JQ)フジマック<5965>(東2)
 
 東証1部新高値銘柄は、住友石炭鉱業<1503>(東1)矢作建設工業<1870>(東1)住友電設<1949>(東1)協和エクシオ<1951>(東1)シー・ヴイ・エス・ベイエリア<2678>(東1)など60銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:41 | 株式投資ニュース

楽天が続伸、25日移動平均線処までの戻りを試す動きか

 楽天<4755>(JQ)が、800円高の5万5600円と続伸した。同社傘下の楽天証券は、前日21日に開いた事業戦略説明会で、数年後に投資信託の預かり資産残高を1兆円以上に増やす目標を掲げ、投信の募集・売り出し手数料などを第2の柱に育てるとして、個人の資産形成ビジネスを強化することを表明した。株価は、5月7日につけた年初来高値6万7600円をつけ目標達成感が出ていたが、5万5000円割れ水準は値ごろ感からの買いが入る水準。25日移動平均線処までの戻りを試す動きか。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:03 | 株式投資ニュース

富士電機HDが3日続急伸し上値抵抗線を突破

 富士電機ホールディングス<6504>(東1)が、29円高の432円と3日続急伸し、4月3日につけた年初来高値429円を更新している。今期営業利益が前期比17.0%増の420億円と回復を見込むことが買い手掛かり。また、円高抵抗力をつけることが2008年度の最大の経営課題とした19日の経営方針説明会に対する評価も高かったようだ。株価は、上値抵抗線と見られる420円処のフシを抜いており、一段高へ進む公算大。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:22 | 株式投資ニュース

日新製鋼が反発し年初来高値を更新、外資系証券が目標株価を引き上げ

 日新製鋼<5407>(東1)が、16円高の408円と反発し2月26日につけた年初来高値404円を更新している。外資系証券が投資判断を「2H」→「1H」に格上げ、目標株価を400円→500円に引き上げたことを好感した買いが入っている。同社は自動車の排ガスパイプ用ステンレスを4割増産すると日本経済新聞社が報じている。周南製鋼所(山口県周南市)に約20億円を投じて製鋼設備などを増強、今秋をメドに年間生産量を18万トンから25万トン程度に増やす。ステンレスは原料価格の高騰に加え、中国の大規模増産で将来の採算悪化が懸念される。堅調な需要が見込める自動車向けに資金を配分し、競争力を強化すると指摘している。株価は、モミ合いを抜く動きとなっており、一段高へ向かう公算大。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:43 | 株式投資ニュース