[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/24)大和ハウスが上値追い、本業好調に米投資顧問会社が筆頭株主で思惑買いも
記事一覧 (04/24)アイフリークは三角保ち合い形成。中期買いテーマのモバイルコンテンツ&優良企業株
記事一覧 (04/24)アクセルマークは「上場来高値」更新。ケータイコンテンツ銘柄として人気
記事一覧 (04/24)新神戸電機がストップ高、今期も営業益2ケタ増益見込みを好感
記事一覧 (04/24)蛇の目ミシンはモミ合い。「仕手集団の恐喝に屈した」旧経営陣に賠償命令も、反応薄
記事一覧 (04/24)鉄建が急反発、業績予想の上方修正から短期資金介入
記事一覧 (04/24)日本電産は好決算・好業績予想で続伸も、7300円フシ。いったん調整の場面か
記事一覧 (04/24)ボッシュが気配値を切り上げTOB価格にサヤ寄せ
記事一覧 (04/24)日本板硝子は外国人社長就任発表でギャップアップ。「クロフネ経営者」まずは好感
記事一覧 (04/24)三菱商事が続伸し連日高値、国際商品市況が騰勢を強め上場来高値奪回へ
記事一覧 (04/24)日立ビジネスソリューションは好業績で気配値切り上げ。次のフシは700円ライン
記事一覧 (04/24)鋳鉄管生産第二位の栗本鐵工に注目(今日の投資戦略)
記事一覧 (04/23)ソフト開発・システム運用のカテナは上方修正発表――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (04/23)【明日の動き】全般はモミ合いで、テーマ銘柄を物色する動き強まる
記事一覧 (04/23)大引けの日経平均株価は31円高の1万3579円と小反発
記事一覧 (04/23)日本ビクターが年初来高値更新、信用売残が増加し短期資金介入
記事一覧 (04/23)指月電機製作所が年初来高値更新、タワー投資顧問が取得したと伝えられる
記事一覧 (04/23)フェローテックが高値更新、単結晶引上装置など牽引し太陽電池関連が収益の柱に
記事一覧 (04/23)富士紡HDが続急伸し高値更新、銀行系証券が目標株価を220円
記事一覧 (04/23)ミツミ電機が急反発、今期も任天堂Wii向けが伸びると予想
2008年04月24日

大和ハウスが上値追い、本業好調に米投資顧問会社が筆頭株主で思惑買いも

 大和ハウス工業<1925>(東1)が、55円高の1124円と3日ぶりに反発し上値追いとなっている。前日23日、同社は2008年3月期業績予想の修正を発表した。売上高と営業利益の上方修正を好感している。本業は好調で、売上高は前回予想を90億円上回る1兆7090億円、営業利益は同10億円上回る890億円に修正した。株式相場の低迷で退職給付の運用損、有価証券評価損の発生で経常利益と純利益は下方修正した。米投資顧問会社のキャピタル・リサーチ・アンド・マネジメントなどが大和ハウス工業株の5.14%を保有し、筆頭株主になっていることなどから思惑買いも呼び込んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:48 | 株式投資ニュース

アイフリークは三角保ち合い形成。中期買いテーマのモバイルコンテンツ&優良企業株

 アイフリーク<3845>(大ヘ)は続伸。8000円高の13万1000円まで買われている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、2月6日につけた上場来安値8万8900円から反発。ジリジリと下値を切り上げ、三角保ち合いを形成しているように見える。保ち合い上放れ→上値フシ15万円ライン奪回→中期で前のフシ20万円ライン奪回を目指したい。
 モバイルコンテンツ事業を行なっており、同事業は中期で需要伸長が期待される分野だ。業績堅調、実質無借金、キャッシュリッチ、大口株主には三菱商事なども入っている優良企業株でもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

アクセルマークは「上場来高値」更新。ケータイコンテンツ銘柄として人気

 アクセルマーク<3624>(東マ)は続伸。一時、2万6000円高の30万7000円をつけ、2日につけた「上場来高値」29万7000円を更新した。また、東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。きょうのストップ高ラインは32万1000円。
 今年3月18日からのチャートを見ると、凸凹しながらも下値を切り上げる展開で来ている。「上場来安値」は3月19日につけた18万円で、公開価格17万円を一度も割っていない。
 現在の株価でPERは44倍台、PBRは12倍台とかなり高い。ケータイコンテンツ銘柄として人気があるようだ。業績は右肩上がり。2007年9月通期末で実質無借金、現金等2億4000万円のキャッシュリッチ筆頭株主はセプテーニホールディングス<4293>(JQ)だが、ほかの大口株主には、みずほキャピタルやアサツー ディ・ケイ<9747>(東1)なども並んでいる優良企業株だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 株式投資ニュース

新神戸電機がストップ高、今期も営業益2ケタ増益見込みを好感

 日立系自動車バッテリーなど手掛ける新神戸電機<6934>(東1)が、80円高の565円ストップ高し2月5日につけた年初来高値519円を更新している。前日23日、同社が2008年3月期決算と併せて09年3月業績予想を発表、今期も営業利益が2ケタ増益を見込むことを好感している。前期営業利益は前の期比15.3%増の57億2000万円に着地、今期営業利益は前期比13.6%増の65億円を見込む。自動車関連製品を中心とした環境負荷低減に貢献する高付加価値製品が好調に推移するとともに、原材料の高騰に対応した製品価格の見直しや海外で売上が拡大、自動車用電池の製法転換や在庫管理の効率化などによる原価低減なども奏功したとしている。日立製作所<6501>(東1)が米ゼネラル・モータース(GM)からリチウムイオン電池システムを受注していることから、2010年に予定している年10万台以上のハイブリッド電気自動車向け電池搭載に対する期待感も高まっているようだ。

関連銘柄 リチウムイオン電池関連銘柄一覧

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:20 | 株式投資ニュース

蛇の目ミシンはモミ合い。「仕手集団の恐喝に屈した」旧経営陣に賠償命令も、反応薄

 蛇の目ミシン工業<6445>(東1)は2円高の94円で始まり、91〜95円の間でモミ合っている。
 今朝の日経新聞等で同社の株主訴訟について、「仕手集団『光進』元代表の恐喝などに屈して蛇の目ミシン工業に巨額損失を与えたとして、同社株主が旧経営陣に612億円の賠償を求めた株主代表訴訟の差し戻し審判決で、東京高裁は23日、森田暁 元社長ら5人に583億円の賠償を命じた」と報じられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:58 | 株式投資ニュース

鉄建が急反発、業績予想の上方修正から短期資金介入

 鉄建<1815>(東1)が、10円高の111円と急反発し東証1部値上がり率ランキング上位に入っている。前日23日、同社が2008年3月期業績予想の修正を発表、上方修正を好感した買いが入っている。売上高が前回予想を60億円上回る1810億円(前期比1.1%減)、経常利益が同3億円上回る14億円(前期31億1400万円の赤字)、純利益が同3億5000万円上回る6億5000万円(同82億4400万円の赤字)に修正した。株価は、短期資金が介入し1月11日につけた年初来高値122円に迫る動きになっている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

日本電産は好決算・好業績予想で続伸も、7300円フシ。いったん調整の場面か

 日本電産<6594>(東1)(大)は続伸。220円高の7300円で始まっている。
 きのう大引け後に発表した、2008年3月期連結決算は、売上高7421億2600万円(前年比17.9%増)、営業利益768億3300万円(同20.0%増)、税金等調整前純利益626億8300万円(同4.4%減)、純利益411億5600万円(同3.1%増)。営業利益は過去最高となった。
 2009年3月期連結業績予想は、売上高8000億円(前年比7.8%増)、営業900億円(同17.1%増)、税金等調整前純利益900億円(同43.6%増)、純利益580億円(同40.9%増)。
 チャートを見ると、現在の7300円ラインはひとつのフシ。一目均衡表では、雲を上抜けたところなので、この勢いで続伸し、次のフシ8000円ライン奪回となるか。
 現在の株価でPERは23倍台、PBRは3倍台と割高め。信用残は約0.9倍の売り長となっている。中期ではともかく、いったん調整の場面のようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 株式投資ニュース

ボッシュが気配値を切り上げTOB価格にサヤ寄せ

 燃料噴射装置大手のボッシュ<6041>(東1)が、寄り付き前から気配値を切り上げ、25円高の470円買い気配となっている。親会社である独自動車部品大手独ロバート・ボッシュが前日23日、ボッシュをTOB(株式公開買い付け)で完全子会社化すると発表、これを好感してTOB価格にサヤ寄せする動きになっている。TOBは1株600円で実施する。期間は24日から6月19日まで。買い付け株数の上下限は設けず、応募株全てを買い付ける。買収総額は日本円換算で約1006億円。現在、発行済み株式数の59.7%を保有するが完全子会社化でグループ経営を一段と強める。ボッシュは上場廃止となる見通し。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース

日本板硝子は外国人社長就任発表でギャップアップ。「クロフネ経営者」まずは好感

 日本板硝子<5202>(東1)はギャップアップ。20円高の441円で始まっている。
 前日23日に、新社長として、英子会社ピルキントン社長のスチュアート・チェンバース氏を抜擢する人事を発表した。6月27日開催予定の定時株主総会とその後の取締役会で正式に決定する予定。藤本勝司社長は会長に就く。
 同社は「今般の代表者異動により、当社グループの国際企業への変革と、マネジメント構造の統合と簡素化をさらに進める」としている。
 報道等によると、今回の人事により、同社は取締役会メンバーのうち社外取締役を除く8人中4人が外国人となる。日本の大手企業ではソニーや日産自動車で外国出身者がトップに就いているが、取締役の過半を外国人が占めるのは珍しいという。内需依存型だった日本板硝子は世界競争での生き残りをかけ、ピルキントン主導で事業運営。新興国開拓も加速させるという。
 日産自動車のゴーン社長就任の際は、「クロフネ経営者」効果で業績・株価とも急伸した。今回はどうか。少なくとも、今朝寄り付きを見ると、まずは好感されているもようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 株式投資ニュース

三菱商事が続伸し連日高値、国際商品市況が騰勢を強め上場来高値奪回へ

 三菱商事<8058>(東1)が、50円高の3650円と続伸し連日の年初来高値更新となっている。同社の2009年3月期(米国会計基準)の連結純利益は6000億円前後と、前期推定の4300億円に比べ4割ほど増える見通しと日本経済新聞社の観測報道を好感している。鉄鋼原料用石炭(原料炭)の今年度価格が前年度の3倍超になるなど資源分野の利益が大幅に増える。米国経済低迷など不安要因はあるものの、6期連続最高益になりそうだと指摘している。国際商品市況が再び騰勢を強めるなか、同社株が上値を追う展開は続き、昨年10月につけた上場来高値3810円奪回が期待されよう。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース

日立ビジネスソリューションは好業績で気配値切り上げ。次のフシは700円ライン

 日立ビジネスソリューション<4738>(東1)は10円高の598円買い気配。寄り前は一時、688円ストップ高ラインの気配値にもなっていた。
 きのう大引け後に発表した、2008年3月期連結決算は、売上高149億5800万円(前年比6.7%増)、経常利益11億4500万円(同50.5%増)、純利益7億1400万円(前年は1億2100万円の損失計上)と、大幅な増益と黒字転換になった。
 2009年3月期連結業績予想は、売上高163億円(前年比9.0%増)、経常利益13億6000万円(同18.8%増)、純利益8億1000万円(同13.4%増)の2ケタ増益を見込んでいる。
 チャート的には、まだ安値圏。次のフシは700円ラインとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース

鋳鉄管生産第二位の栗本鐵工に注目(今日の投資戦略)

 昨日はNY株下落を受けて売り物から始まった。日経先物は売り気配から13460円の安値で寄り付いた。寄り後は上昇に転じた。後場にはいりアジア株上昇を受け13740円まで買われたあと13620円で終わった。ドワンゴやディーエヌエーなどのネット関連は買われ、出光興産や新日本石油、新日鉱HDなどの資源関連も上昇した。日本鋳鉄管や栗本鐵工などの素材関連も人気を集めた。業績悪化関連の東宝や東宝不動産は売られ、ゼクスやサンフロンティアなどの不動産関連も下落した。

 本日は国内企業決算発表やFOMCを控え高値圏でのもみあいと見られる。騰落レシオが127.6と高水準にあることや黄金週間を控えていることも投資手控えにつながる。日経先物は13600円台でのもみあいが予想される。本日は鋳鉄管生産第二位の栗本鐵工(5602)の買いに注目。同社は高速道路の型枠強度改ざんが発覚し大幅に下落した。07年度の業績も赤字転落した模様ながら08年度には法令順守などの社内改革から黒字転換が見込まれている。株価は底値にあり下値不安は少ない。現在の130円近辺に注目。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:29 | 株式投資ニュース
2008年04月23日

ソフト開発・システム運用のカテナは上方修正発表――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 金融機関向けのソフト開発やシステム運用事業を行なっているカテナ<9815>(東2)は、23日の大引け後に2008年3月期業績予想の修正を発表した。単独の売上高以外は、連結・単独とも、売上高、営業・経常・純利益とも上方修正となった。
 連結で、売上高は前回予想比1億3000万円増額修正の431億3000万円(前年実績比5.8%増)、経常利益は同1億5000万円増額修正の18億5000万円(同18.3%増)、純利益は同2億7000万円増額修正の11億7000万円(同8.4%増)とした。
 売上高は、システムインテグレーション事業で、外資系企業・中堅企業のIT投資が堅調であったことと、システム開発事業で、主要客先である金融機関のシステム開発需要が堅調であったため、上方修正となった。利益面では、売上高の予想比増と利益率の向上、一般販管費の削減、有利子負債の圧縮による支払利息削減、法人税等調整額が前回予想を下回ったことなどが上方修正の理由。
 23日終値211円で、PERは7.58倍、PBRは0.73倍と割安。チャート的にも、現在は底値圏となっている。好業績をバネに、次のフシ250円ライン奪回と行きたい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:07 | 株式投資ニュース

【明日の動き】全般はモミ合いで、テーマ銘柄を物色する動き強まる

 株式市場明日の動き 日経平均株価は、寄り付き後92円安から一時は169円高まで上昇も、引けは31円高と上げ幅を縮小した。積極的に上値を追う動きはないものの、押し目を買う動きは随所に見られており、物色意欲の強い展開となっている。鳥インフルエンザ関連のほか、三洋電気<6764>(東1)が薄膜型太陽電池の量産前倒しと伝えられたことから、太陽電池関連銘柄の上昇も目立った。

 明日も、全般モミ合う動きが予想されるが、上記のようなテーマ銘柄などを物色する動きは一段と強まろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:18 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は31円高の1万3579円と小反発

 大引けの日経平均株価は31円34銭高の1万3579円16銭と小反発。TOPIXは2.93ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は2円07銭安と7日ぶりに反落した。
 
 値上がり業種は、石油石炭製品、鉱業、卸売、その他金融、海運など21業種。
 値下がり業種は、空運、保険、輸送用機器、電気・ガス、証券商品先物など12業種。
 東証1部市場値上がり862銘柄、値下がり712銘柄、変わらず143銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、クラリオン<6796>(東1)中外製薬<4519>(東1)日本曹達<4041>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、東宝<9602>(東1)花王<4452>(東1)太平洋セメント<5233>(東1)
 全体の値上がり率上位は、光陽社<7946>(大2)ダイヤ通商<7462>(JQ)カネヨウ<3209>(大2)
 
 東証1部新高値銘柄は、ホクト<1379>(東1)関東天然瓦斯開発<1661>(東1)住友電設<1949>(東1)協同飼料<2052>(東1)米久<2290>(東1)など41銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:26 | 株式投資ニュース

日本ビクターが年初来高値更新、信用売残が増加し短期資金介入

 日本ビクター<6792>(東1)が、16円高の268円まで買われ1日につけた年初来高値263円を更新している。15日に、2008年3月期業績予想の下方修正と国内向け液晶テレビ事業の大幅縮小を検討していることを発表し悪抜け感から買われている。25日に発表が予定されている決算内容に期待感が高まっているうえ、信用売残が215万株増加し取組倍率が0.89倍の好需給となったことから、短期資金の介入も株価を押し上げている。昨年10月高値296円抜けとなるか明日以降の動きは注目されよう。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:35 | 株式投資ニュース

指月電機製作所が年初来高値更新、タワー投資顧問が取得したと伝えられる

 指月電機製作所<6994>(東2)が、19円高の403円と続伸し2月28日につけた年初来高値395円を更新している。前日22日の日本経済新聞朝刊の一目均衡の欄で、同社株をタワー投資顧問が2月に取得したと伝えられたことが買い材料。クレーンやエレベータの運転で、今まで放出するしかなかった電気を再利用できるコンデンサを開発、温暖化問題で需要の拡大が見込まれると指摘している。三菱電機<6503>(東1)が21.1%保有していることや、340円処が下値として固まった感もあり、環境関連として堅調な動きが予想される。



提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 株式投資ニュース

フェローテックが高値更新、単結晶引上装置など牽引し太陽電池関連が収益の柱に

 フェローテック<6890>(JQ)が、35円高の1207円と続伸し3月25日につけた年初来高値1205円を更新している。三洋電機<6764>(東1)が2010年をメドにシリコン使用量を大幅に減らせる薄膜型太陽電池の量産を始めると日本経済新聞社が報じたことで、太陽電池関連銘柄が動意付いている。銀行系証券では、単結晶引上装置に加え、多結晶炉が牽引し、太陽電池関連が収益の柱にとして、フェローテックの投資判断を新規「2+」としている。この銀行系証券では、主要生産拠点である中国子会社と同社の顧客であるShanghai ComtecSolarの取材を行う機会を得た。この取材より、環境問題の高まりから、太陽電池の需要は拡大しており、太陽電池関連メーカーは生産能力増強を計画中であることと同社の太陽電池関連の製品が評価されていることが確認できたとしている。株価は、昨年10月高値1254円奪回から一段高へ向かう可能性大。

特集 太陽電池関連銘柄特集 関連銘柄 太陽電池関連銘柄一覧
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:45 | 株式投資ニュース

富士紡HDが続急伸し高値更新、銀行系証券が目標株価を220円

 富士紡ホールディングス<3104>(東1)が、13円高の186円高と続急伸し4月4日につけた年初来高値180円を更新している。銀行系証券が投資判断を新規「1」、目標株価を220円としたことが買い手掛かり。信用取組倍率が1.30倍の好需給となっていることから、短期資金も介入したようだ。3月24日に2円復配を発表しており、5月13日に発表予定の2008年3月期決算への期待も高まってこよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース

ミツミ電機が急反発、今期も任天堂Wii向けが伸びると予想

 ミツミ電機<6767>(東1)が、110円高の3410円と急反発している。前日23日、国内大手証券が09年3月期もゲーム機関連ビジネスの好調継続が見込まれるとして、投資判断を新規「2」としたことが買い手掛かり。2008年3月期に続き09年3月期も任天堂<7974>(大1)向けのゲーム機関連製品の売上が伸び、増益が継続すると予想している。ミツミはWii向けのコントローラーで高シェアを持つほか、関連部品の提供も行っている。任天堂向けの売上高は09年3月期も100億円以上増加すると予想し、09年3月期予想基準PERは13倍で、電子部品セクター平均の17倍を下回る。同期の営業利益はセクター平均が減益見込みであるのに対して、ミツミは8%の営業増益が予想され、株価は割安と判断している。株価は、日足でゴールデンクロスを示現、26週移動平均線の3538円を上回ることになれば、1月4日につけた年初来高値3630円抜けから4000円前後まで上値を試そう。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:56 | 株式投資ニュース