[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/25)『乗換案内』ソフトのジョルダンは反発。自社株買いが材料だが、よく見ると優良銘柄
記事一覧 (03/25)携帯電話向けソフトなどの開発を行なうACCESSは反発。悪材料、出尽くしで?
記事一覧 (03/25)小糸製作所はリバウンド局面つづく。着実に次のフシめざす
記事一覧 (03/25)三井不動産は「公示地価2年連続上昇」も反落。不動産株は低迷か、「地上げ」問題もイタイ
記事一覧 (03/25)日本電気硝子は通期業績予想の一部上方修正でギャップアップ。目先調整後は次のフシへ
記事一覧 (03/25)三井物産は人気の中東インフラネタと下値フシで反発。「期末」気にせず、中期で
記事一覧 (03/25)壱番屋は3Q好決算発表で続伸。通期も好業績予想、5月期末に向け配当・優待取りも
記事一覧 (03/25)新日本製鐵は「ブラジルで海外初の高炉」報道で買い気配。会社側「現時点では…」
記事一覧 (03/25)萩原工業は気配値切り上げ。年配当利回りは3%超の計算
記事一覧 (03/24)エイチアイ、デジタル家電向けに3D拡販
記事一覧 (03/24)日本山村硝子は中国・上海に100%子会社設立へ――引け後のリリース、明日の1本
記事一覧 (03/24)【明日の動き】 目先、調整一巡感が出た日本風力開発など環境関連を物色
記事一覧 (03/24)大引けの日経平均株価は2円安の1万2480円と4日ぶりに小反落
記事一覧 (03/24)トクヤマが4日続伸、多結晶シリコンの需要拡大で太陽電池関連として買われる
記事一覧 (03/24)ヤフーが3日続伸し戻り高値を窺う
記事一覧 (03/24)アサヒビールが4日続伸、外資系証券が目標株価を引き上げ
記事一覧 (03/24)アクロディアが3日続伸、国内準大手証券が世界的需要環境の変化をうまく捉えたと評価
記事一覧 (03/24)ナブテスコが底離れ、国営ベトナムが三菱重のMRJ20機購入で長期的な成長を期待
記事一覧 (03/24)前引けの日経平均株価は46円高の1万2528円と4日続伸
記事一覧 (03/24)タツタ電線は日経産業の報道も手がかりに続伸。押し目拾いで
2008年03月25日

『乗換案内』ソフトのジョルダンは反発。自社株買いが材料だが、よく見ると優良銘柄

 経路探索ソフト『乗換案内』の開発・販売、動画配信を行なっているジョルダン<3710>(大ヘ)は反発。51円高の500円まで買われている。大証ヘラクレス市場値上がり率上位にランクインしている。
 前日24日に自社株買いを発表した。取得期間は4月1日〜30日、取得株式総数は6万株(発行済み株式総数の1.14%)。取得価額の総額は3000万円。単純に割ると1株500円の計算となる。
 チャートを見ると、現在は底値圏でもある。PERは6倍台と、かなりの割安。業績は好調に右肩上がり、前期9月末で実質無借金、現金等12億5300万円と、好財務の優良企業株にしては割安。チャート的にも買い時となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:52 | 株式投資ニュース

携帯電話向けソフトなどの開発を行なうACCESSは反発。悪材料、出尽くしで?

 携帯電話向けソフトなどの開発を行なっているACCESS<4813>(東マ)は反発。2万9000円高の30万6000円まで買われている。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、21日につけた直近安値27万2000円からの反発局面。また、1月通期決算発表へ向けて、悪材料出尽くし感?が出ているのかもしれない。2008年1月通期連結業績予想は、売上高は前年比17.5%増の306億6400万円と、増収を見込んでいるものの、営業・経常・純損益は損失計上を見込んでいる。
 が、四季報予想では2009年1月期は営業・経常・純損益とも黒字転換と見られている。プロジェクト管理徹底で、「前期の不採算案件がなくなり、米国での人員減効果が出る」と指摘されている。
 また、現在の株価でPBRは2倍台後半と、今後の成長期待値は高めだ。ただ、繰損や有利子負債もあり、新興市場のIT株への不安もある。なので、危険?を感じたら、即逃げの姿勢が肝心だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:39 | 株式投資ニュース

小糸製作所はリバウンド局面つづく。着実に次のフシめざす

 小糸製作所<7276>(東1)は続伸。76円高の1377円まで買われている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、17日につけた昨年来安値1121円からのリバウンド局面。現在の株価でPERは14倍台と、頃合いの数字。外資系証券では、目標株価1700円としているところもあるが、まずは次のフシ1500円奪回、さらに次のフシ1600円奪回を目指してみる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:24 | 株式投資ニュース

三井不動産は「公示地価2年連続上昇」も反落。不動産株は低迷か、「地上げ」問題もイタイ

 三井不動産<8801>(東1)は反落。30円高の1977円で始まり、寄り後は1855円まで売られている。
 国土交通省が24日に発表した2008年1月1日時点の公示地価は、全国平均で前年比1.7%上昇し、2年連続で前年を上回った。
 が、今朝は不動産セクターが安い。東証1部業種別株価指数でも同セクターは値下がり率トップとなる場面が続いている。同社をはじめ、三菱地所<8802>(東1)平和不動産<8803>(東1)など、軒並み売られている。
 公示地価が2年連続で上昇したとはいえ、「昨年後半からはサブプライム問題などの影響で、都心部の伸びが鈍化」と指摘されたことのほうに、市場は反応しているもようだ。また、一時期の「地上げ」問題が響いているのかもしれない。
 三井不動産のチャートを見ると、中期で続落。17日につけた昨年来安値1709円を底に、反発局面には、なっている。現在の株価でPERは19倍台、PBRは1.7倍台、信用残は売買ほぼ拮抗と、微妙な状況。また、外国人投資家の保有比率が約50%と高い点も気がかりだ。中期低迷か。安値圏とはいえ、見送りが無難かも。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:08 | 株式投資ニュース

日本電気硝子は通期業績予想の一部上方修正でギャップアップ。目先調整後は次のフシへ

 日本電気硝子<5214>(東1)はギャップアップ。170円高の1536円で始まり、寄り後は1540円台まで買われている。
 きのう大引け後に、3月通期業績予想の修正を発表した。連結で、売上高は前回予想比20億円増額の3670億円(前年実績比9.1%増)、営業利益は同5億円増額の975億円(同15.3%増)、経常利益は前回予想を据え置き、純利益は同15億円減額の485億円(同20.2%増)とした。主力のFPD用ガラスの販売増や生産性向上などが寄与した。
 チャートを見ると、次のフシは1600円。また、信用残は3倍台の買い長なので、目先、調整は入ろう。現在の株価でPERは約15倍。PBRは2倍台央と、今後の成長期待値は高め。調整後は、中期で1600円フシを上抜けて、次のフシ1800円ライン奪回…と期待してみる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:52 | 株式投資ニュース

三井物産は人気の中東インフラネタと下値フシで反発。「期末」気にせず、中期で

 三井物産<8031>(東1)は反発。94円高の2020円まで買われている。
 今朝の日経新聞等で「三井物産は中東カタールで大型発電・造水事業に乗り出す」「カタール国営石油会社などと合弁会社を設立、2011年に操業を始める」「総事業費は4000億円超で、日本企業による海外発電事業としては最大級」と報じられた。
 三井物産のチャートを見ると、押し目からの反発局面。PERは8倍台と割安になっている。3月期末&権利付き最終日で、買いが入ることも期待。しかし信用残は3倍台の買い長ともなっている。権利落ち後&期末後の反落が怖い気もする。
 中期では下値フシなので、上記の中東インフラ ネタも材料に、次のフシ2400円ラインまでの戻りを待ってみる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース

壱番屋は3Q好決算発表で続伸。通期も好業績予想、5月期末に向け配当・優待取りも

 壱番屋<7630>(東1)は続伸。15円高の2140円で始まっている。
 前日24日の大引け後に、第3四半期(2007年6月〜2008年2月)決算を発表した。売上高288億4400万円(前年同期比5.7%増)、経常利益31億1500万円(同15.5%増)、純利益12億5900万円(同31.7%増)。
 5月通期業績予想は、売上高385億円(前年比4.3%増)、経常利益39億5000万円(同9.9%増)、純利益17億円(同28.4%増)の増収増益を見込んでいる。
 チャートを見ると、続伸とはいえ、まだまだ安値圏。次のフシ2200円ラインまでは戻したいところ。PERは20.04倍と高めだが、PBRは2.04倍と、今後の成長期待値も高めだ。信用残は売買ほぼ拮抗で、やや売り長。
 また、5月期末に向けて、配当・優待取りを狙うのも一手。今期配当金は期末(年間)32円。現在の株価で利回り約1.5%。優待は「100株以上で1500円相当の優待券」など。利回り換算約0.7%。配当と合わせると2%超の計算となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース

新日本製鐵は「ブラジルで海外初の高炉」報道で買い気配。会社側「現時点では…」

 新日本製鐵<5401>(東1)は5円高の498円買い気配。
 今朝の日経新聞で「新日鉄、海外初の高炉」「ブラジルで5000億円超」「現地大手と合弁、欧米輸出拠点に」と報じられた。
 同社は今朝8時台に、この報道について「先般(昨年8月9日)公表したとおり、ウジミナス社がブラジルで新規鉄源製鉄所の建設を検討しているのは事実だが、現時点では何も決定していない」旨の発表を行なっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース

萩原工業は気配値切り上げ。年配当利回りは3%超の計算

 萩原工業<7856>(東2)は14円高の789円買い気配。
 きのう大引け後に、中間配当の実施を発表した。4月30日の中間期末に12円50銭の中間配当を実施する。10月通期末12円50銭と合わせて、年間配当金は25円予想となる。現在の株価で、年間利回り3.2%となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:00 | 株式投資ニュース
2008年03月24日

エイチアイ、デジタル家電向けに3D拡販

 携帯電話向け3D描画エンジンを主力とするエイチアイ<3846>(JQ)は、デジタル家電製品向けに同社3Dメニュー基盤の拡販を図っていく。今年秋頃から、同社3D型メニュー盤を、デジタルカメラやデジタルビデオなどデジタル家電製品向けの投入していくことで、3年後に約20億円の売り上げを目指す。
 Mascot Capsule UIは、2006年頃から携帯電話の3D型メニュー盤用として使用され、メニュー盤を立体的に表示することが可能になった。「操作性は(アップル社の)Iフォンに匹敵する」(会社側)とし、同製品の機能性を強調する。携帯電話以外への導入は時間の問題とされてきた。
 携帯電話向け製品の開発に特化してきた同社にとって、他デジタル製品業界は未知の分野。提案書を持ち込んだところ、「当初想定していた以上の機能を求められた」と会社側。3D型メニュー基盤に対するデジタル家電業界の関心の高さを表す。
 同社はデジタル家電向けに販売することで、3年後に20億円の売り上げを目指す。07年3月期実績は売上高22億2500万円だった。「デジタル家電向けを、携帯電話向けの同程度まで持っていきたい」と会社側。
 現在、ルネサスソリューションズ(東京都千代田区大手町 御法川和夫社長)が同社3Dメニュー基盤の導入を決定している。他デジタル家電企業も関心が高いようで、同社3Dメニュー基盤の導入はこれから本格化していきそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:01 | 株式投資ニュース

日本山村硝子は中国・上海に100%子会社設立へ――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 日本山村硝子<5210>(東1)は24日の大引け後に、中国・上海市における子会社設立について発表した。
 同社の全額出資により、同市に、4月の予定で、『山硝(上海)商貿易有限公司』を設立する。董事長には山村幸治 日本山村硝子社長が就く。同社は中国市場をアジア戦略の重要拠点と位置づけており、今後さらに飲料市場の拡大を見込み、現地法人を設立する。新会社は、包装材料、機械設備、機械部品、材料などの仕入販売、輸出入事業などを行なう。資本金は10万米ドル。
 日本山村硝子の24日終値は4円安の204円。チャートを見ると、18日につけた昨年来安値185円からの反発局面となっている。PERは12.28倍、PBRは0.4倍の割安水準でもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:38 | 株式投資ニュース

【明日の動き】 目先、調整一巡感が出た日本風力開発など環境関連を物色

 株式市場明日の動き 日経平均株価は、米信用不安に対する過度な警戒感が後退したことで、午後に入って一時1万2582円まで上昇する場面があったが、戻り待ちの売りに押され4日ぶりに小反落。欧州や香港が休場とあって、売買代金も低水準となった。明日は、3月権利付き最終日となっており、買戻しや押し目買い姿勢が強まり小確りした展開が予想される。
 物色の方向としては、目先、調整一巡感が出た日本風力開発<2766>(東マ)をはじめとした環境関連を中心に買われる展開が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:03 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は2円安の1万2480円と4日ぶりに小反落

 大引けの日経平均株価は2円48銭安の1万2480円09銭と4日ぶりに小反落。TOPIXは4.11ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は12円89銭高と3日続伸した。

 値上がり業種は、鉄鋼、その他金融、鉱業、パルプ・紙、建設など19業種。
 値下がり業種は、保険、水産・農林、食料品、陸運、電気機器など14業種。
 東証1部市場値上がり874銘柄、値下がり729銘柄、変わらず118銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、北越製紙<3865>(東1)りそなホールディングス<8308>(東1)住友金属工業<5405>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、日本水産<1332>(東1)三井住友海上火災保険<8752>(東1)ニチレイ<2871>(東1)
 全体の値上がり率上位は、トランスデジタル<9712>(JQ)日本精密<7771>(JQ)ディーアンドエムホールディングス<6735>(東1)
 
 東証1部新高値銘柄は、日本写真印刷<7915>(東1)上新電機<8173>(東1)南海電気鉄道<9044>(東1)の3銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:18 | 株式投資ニュース

トクヤマが4日続伸、多結晶シリコンの需要拡大で太陽電池関連として買われる

 トクヤマ<4043>(東1)が、45円高の721円と4日続伸し17日につけた昨年来高値595円から出直っている。半導体や太陽電池に使う多結晶シリコンの第二拠点建設の検討を本格化することが買い手掛かり。多結晶シリコンは半導体や太陽電池の基幹材料として使われており、環境意識の高まりを背景に需要が拡大していることに対応するもの。ただ、足元の業績について、新四季報では、特殊品好調。ただ塩ビ・セメント・建材に建築確認遅れ響く。営業益は会社計画線に減額。90周年配。09年3月期は化学品の値上げ浸透。乾式シリカ増設通期寄与。ただ多結晶シリコン増産余地小。石炭高で自家発電費用増。営業益横ばい圏を予想している。株価は25日移動平均線にタッチする動きとなっているが、自律反発に止まりそうだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:36 | 株式投資ニュース

ヤフーが3日続伸し戻り高値を窺う

 ヤフー<4689>(東1)が、1150円高の5万400円と3日続伸している。 足元の業績、新四季報では、主力のネット広告は検索連動強化も寄与し順調。オークション、物販、情報掲載なども拡大。09年3月期もネットでの断トツの閲覧量を武器に広告は拡大。情報掲載、ネット物販伸びる。最高益更新を予想している。株価は、米ニューズ・コーポレーションが傘下のインターネット関連事業を米ヤフーと統合する交渉を進めていると2月13日の米ウォールストリート・ジャーナル紙(電子版)が伝えたことを受け、2月18日につけた戻り高値5万2100円に接近している。ここから一段高へ向かうには、支援材料がほしいところだろう。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:05 | 株式投資ニュース

アサヒビールが4日続伸、外資系証券が目標株価を引き上げ

 アサヒビール<2502>(東1)が、25円高の1981円と前日と変わらずを挟んで4日続伸となっている。外資系証券が投資判断を「3L」→「2M」に」格上げ、目標株価1700円→2100円を引き上げたことを好感している。 株価は、ワタミへの4%程度出資や、値上げ前の駆け込みの出荷増などから上値追いの展開となっている。信用取組倍率0.14倍の好需給となっていることに加え、12月決算銘柄であることから今週半ば以降に決算越えの売りが出る可能性も低い。5日安値1829円、17日安値1840円と目先下値確認されており、2月16日につけた昨年来高値2050円奪回の動きとなりそうだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:26 | 株式投資ニュース

アクロディアが3日続伸、国内準大手証券が世界的需要環境の変化をうまく捉えたと評価

 アクロディア<3823>(東マ)が、1万5000円高の57万1000円と3日続伸し上値追いとなっている。国内準大手証券が09年3月期は国内向け、10年3月期は海外向けが大きく拡大、世界的需要環境の変化をうまく捉えたと評価して、投資判断を新規「1−B−HR」、目標株価を62万7530円としたことを好感して3万6000円高の59万2000円まで買われる場面もあった。株価は、5日移動平均線を支持線として上昇が続いており、押し目買い優位が続きそうだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:50 | 株式投資ニュース

ナブテスコが底離れ、国営ベトナムが三菱重のMRJ20機購入で長期的な成長を期待

 ナブテスコ<6268>(東1)が、135円高の1376円と4日続伸し、17日につけた昨年来安値1081円から底離れの動きになっている。国営ベトナム航空が三菱重工業<7011>(東1)の小型ジェット旅客機『MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)』の20機購入に向け最終調整に入った」と日本経済新聞社が報じたことを好感している。ナブテスコは、2月17日に三菱重からMRJ機向けフライト・コントロール・アクチュエーション・システムを受注していることを蒸し返している。国内準大手証券では、MRJの事業化が正式決定されると、長期的な成長を期待する展開が見込めるうえ、北米売上高比率が7.3%(07年9月中間期)と低いとして注目している。株価は、1400円処のフシ突破となるか注目されよう。

関連銘柄 小型ジェット機MRJ(三菱リージョナルジェット)関連銘柄一覧
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:55 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は46円高の1万2528円と4日続伸

 前引けの日経平均株価は46円33銭高の1万2528円90銭と4日続伸。TOPIXは8.42ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は6円97銭高と3日続伸している。

 値上がり業種は、パルプ・紙、鉄鋼、その他金融、ゴム製品、建設など28業種。
 値下がり業種は、保険、水産・農林、食料品、電気機器、繊維製品の5業種。
 東証1部市場値上がり1120銘柄、値下がり479銘柄、変わらず112銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、北越製紙<3865>(東1)大林組<1802>(東1)東邦亜鉛<5707>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、日本水産<1332>(東1)三井住友海上火災保険<8752>(東1)日清紡績<3105>(東1)
 全体の値上がり率上位は、トランスデジタル<9712>(JQ)三洋堂書店<3058>(JQ)マサル<1795>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄は、日本写真印刷<7915>(東1)上新電機<8173>(東1)南海電気鉄道<9044>(東1)の3銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:15 | 株式投資ニュース

タツタ電線は日経産業の報道も手がかりに続伸。押し目拾いで

 タツタ電線<5809>(東1)は続伸。5円高の273円まで買われている。
 1月22日につけた昨年来安値216円を底に、反発。凸凹しながらも、下値を切り上げる展開で来ている。
 また、今朝の日経産業新聞で「タツタ電線、最終製品在庫を一括管理・出荷指示素早く」と報じられたことも、手がかり材料となっているもようだ。
 ただ、前営業日21日に大陽線が出現。上値フシ280円ラインちかくまで来ており、目先は調整が入りそうだ。信用残も買い長となっている。
 なので、押し目拾いで行きたい。現在の株価でPERは8倍台央、PBRは約0.7倍と、割安水準でもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:00 | 株式投資ニュース