[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/29)JSRが4日続伸、外資系証券が目標株価を引き上げ
記事一覧 (11/29)当サイト注目のリビングコーポレーションは後場も続伸。ストップ高ラインへ肉迫
記事一覧 (11/29)株マニ『リアルタイム注目銘柄』極洋はジリ高。高め配当も魅力
記事一覧 (11/29)TISはギャップアップ→続伸。目先、調整後は中期で上値追いへ。目標株価は・・・
記事一覧 (11/29)プレス工業が反発し年初来高値窺う、今期予想EPS49.7円・来期55.4円
記事一覧 (11/29)近鉄エクスプレスは後場も続伸。現在のフシ上抜ければ次のフシは4500円ライン
記事一覧 (11/29)株マニ注目のカカクコムが一時ストップ高まで買われ年初来高値を更新
記事一覧 (11/29)日本板硝子と旭硝子が225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に
記事一覧 (11/29)前引けの日経平均株価は361円高の1万5514円と大幅反発
記事一覧 (11/29)明治乳業が大幅に反発、ヨーグルトや乳飲料など58品目値上げ
記事一覧 (11/29)富士通が急反発、米国市場の大幅続伸と円安等を好感
記事一覧 (11/29)トランスコスモスが4日ぶりに大幅反発、自己株取得発表を好感
記事一覧 (11/29)ダイエーが外資系証券の投資判断格上げでストップ高
記事一覧 (11/29)ユーシンが自己株取得発表を好感し一時ストップ高
記事一覧 (11/29)キヤノンが5日続伸、トナーカートリッジの国内生産能力を増強
記事一覧 (11/29)インボイスが買い気配から始まる、9月中間期黒字幅拡大
記事一覧 (11/28)【明日の動き】東証マザーズ銘柄が賑わう
記事一覧 (11/28)大引けの日経平均株価は69円安の1万5153円と反落
記事一覧 (11/28)カシオ計算機が4日続伸し上値追い、外資系が強気見通しから買い戻す動き
記事一覧 (11/28)ケーズホールディングスが6連騰、3400円処のフシ挑戦の動き
2007年11月29日

JSRが4日続伸、外資系証券が目標株価を引き上げ

 JSR<4185>(東1)が、110円高の2655円と4日続伸している。外資系証券が投資判断を「バイ」継続、目標株価を3500円→3600円に引き上げを好感している。信用取組倍率が0.26倍の売り長の好需給となっており、買戻し主導の動きが入ったようだ。ただ、3000円処にシコリが多くなっていると思われることから、上値は押さえられよう。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:36 | 株式投資ニュース

当サイト注目のリビングコーポレーションは後場も続伸。ストップ高ラインへ肉迫

 当サイト26日付けで取り上げたリビングコーポレーション<8998>(東マ)は続伸。後場も続伸して、1万9000円高の13万9000円まで買われ、ストップ高ライン14万円へ肉迫している。
 当サイトで指摘したとおり、テクニカルに加え、割安水準であること、好業績、筆頭株主がSBIホールディングス<8473>(東1)となったこと等が、引き続き、材料となっているもようだ。
 現在の株価でPERは6倍台後半、PBRは1倍台央。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:56 | 株式投資ニュース

株マニ『リアルタイム注目銘柄』極洋はジリ高。高め配当も魅力

 極洋<1301>(東1)は続伸。4円高の195円まで買われている。
 『株マニ』11月27日付け『リアルタイム注目銘柄』で取り上げた。22日につけた年初来安値175円から反発→5連騰中だ。このままジリ高で、まずは200円、次に220円ラインへと戻していきたい。
 株価3ケタで、単位1000株の売買しやすさが良い。また、今期2008年3月期末(年間)配当金は5円予想。現在の株価で利回り約2.6%と高めなのも魅力だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:48 | 株式投資ニュース

TISはギャップアップ→続伸。目先、調整後は中期で上値追いへ。目標株価は・・・

 ソフト開発、システム運用事業を行なっているTIS<9751>(東1)はギャップアップ→続伸。今朝は111円高の2100円で始まり、一時2235円まで買われている。
 国内証券が投資判断格上げと、妥当株価2560円としたことが買い材料となっているもようだ。
 この2ヵ月ほどのチャートを見ると、現在の2200円ラインはひとつのフシとなっている。このラインを上抜ければ次のフシは2600円ラインとなる。ほぼ上記妥当株価の水準だ。
 前場の後半〜後場に入って2200円前後でモミ合っている。信用残は買い長。今期2008年3月期業績予想は、前期からV字回復が見込まれている。
 目先、調整は入ろうが、中期ではもうしばらく上値追いができると見る。現在の株価でPERは19倍台と、とくに割高感はない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:38 | 株式投資ニュース

プレス工業が反発し年初来高値窺う、今期予想EPS49.7円・来期55.4円

 プレス工業<7246>(東1)が、15円高の569円と反発し11月5日につけた年初来高値580円を窺う動きになっている。13日に業績予想の上方修正を発表も材料出尽くし感から20日に480円まで利益確定売りに下落していたが、切り返す動きになっている。20日付けで銀行系証券が、海外トラック、建設機械用キャブが好調として、投資判断を新規に「2+」としたことが買い手掛かり。この銀行系証券では、今3月期予想EPS49.7円、来期同55.4円、来々期同61.5円に膨らむと予想している。信用取組倍率が0.65倍の売り長の好需給となっており、一段高へ進む公算大。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 株式投資ニュース

近鉄エクスプレスは後場も続伸。現在のフシ上抜ければ次のフシは4500円ライン

 近鉄エクスプレス<9375>(東1)は後場も続伸。430円高の4220円まで買われている。
 この3ヵ月ほどのチャートを見ると、現在の4200円台はひとつのフシとなっている。これを上抜ける勢いがあれば、次のフシは4500円となる。
 現在の株価でPERは18倍台と、とくに割高感はない。PBRは2倍台後半と、今後の成長期待値も高いようだ。信用残は売り長なので、今後、続伸すれば買い戻しが入り、さらに続伸…との期待もできる。
 業績は好調に右肩上がり。同社の事業である、国際航空・海上貨物は今後も、需要伸長が見込まれる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:27 | 株式投資ニュース

株マニ注目のカカクコムが一時ストップ高まで買われ年初来高値を更新

 株マニ注目カカクコム<2371>(東1)が、4万1000円高の49万4000円と7連騰、一時5万円高の50万3000円ストップ高まで買われ1月19日につけた年初来高値49万8000円を更新している。本日、携帯電話用サイト「価格・comモバイル」で複数のネット通販サイトの商品を横断的に検索できるサービスを12月上旬に開始すると日本経済新聞の朝刊が報じた。検索可能な商品点数は従来の約20万点から約1000万点に拡大する。商品名や型番から目当ての製品ページを参照できるようキーワード検索にも対応させる。利用者による製品評価機能も充実させるという。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:25 | 株式投資ニュース

日本板硝子と旭硝子が225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に

 日本板硝子<5202>(東1)が、前場50円高の597円と5日ぶりに急反発し225採用銘柄の値上がり率ランキング第1位になっている。前日に建築用板ガラスで価格カルテルを結んだとして欧州委員会による約226億円の制裁金決定を受け、同社が28日、「業績予想の変更はない」とのコメントを発表、約800億円の引当金を計上済みで、影響は限定的との見方から買い優勢となっている。同様に約105億円の制裁金決定を受けた旭硝子<5201>(東1)も悪材料出尽くしとの見方から前場100円高の1508円と4日続伸し225採用銘柄の値上がり率ランキング第5位になっている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:02 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は361円高の1万5514円と大幅反発

 前引けの日経平均株価は361円02銭高の1万5514円80銭と大幅反発。TOPIXは39.51ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は10円80銭高と続伸している。
 値上がり業種はガラス土石製品、銀行、証券商品先物、その他製品、その他金融など31業種。
 値下がり業種は鉱業、医薬品の2業種。
 東証1部市場値上がり1481銘柄、値下がり172銘柄、変わらず61銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日本板硝子<5202>(東1)富士通<6702>(東1)東海カーボン<5301>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、西日本旅客鉄道<9021>(東1)セコム<9735>(東1)塩野義製薬<4507>(東1)
 全体の値上がり率上位は、STEILAR C.K.M<2673>(JQ)東北ミサワホーム<1907>(東1)セキュアード・キャピタル・ジャパン<2392>(東マ)
 
 東証1部新高値銘柄はカカクコム<2371>(東1)、東計電算<4746>(東1)、フォスター電機<6794>(東1)、クラリオン<6796>(東1)、日本電産コパル<7756>(東1)、大垣共立銀行<8361>(東1)、ホリプロ<9667>(東1)の7銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:24 | 株式投資ニュース

明治乳業が大幅に反発、ヨーグルトや乳飲料など58品目値上げ

 明治乳業<2261>(東1)が、37円高の549円と大幅に反発している。同社は前日、ヨーグルト、乳・果汁飲料など58品目を来年3月1日から3―10%値上げすると発表、これを好感した買いが入っている。海外乳原料、果汁、包装材料などの高騰を受け、小売価格に転嫁するもので、明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン型の値上げは1981年以来、乳飲料など他商品は大半が発売以来初の値上げとなる模様。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

富士通が急反発、米国市場の大幅続伸と円安等を好感

 富士通<6702>(東1)#6702#が、65円高の796円と急反発している。米国市場の大幅続伸、円ドル相場が110円台前半と円安に振れたことに加え、沖電気工業<6703>(東1)と富士通が金融機関向けのATM事業で提携すると報じられたことも好感している。株価は、11月1日につけた戻り高値919円から目先の下値を思われる750円割れ水準まで下落していた。値ごろ感に加え、信用取組倍率が0.96倍の好需給となっていることも株価を押し上げているようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:51 | 株式投資ニュース

トランスコスモスが4日ぶりに大幅反発、自己株取得発表を好感

 コールセンター、デジタルテレマーケティング大手のトランスコスモス<9715>(東1)が、141円高の1150円と4日ぶりに大幅に反発している。前日に自己株取得を発表、これを好感した買いが入っている。800万株(発行済み株式総数の1.88%)、取得総額は10億円を上限として、取得期間は12月12日から08年1月31日まで。株価は、2月14日につけた年初来高値2880円から前日まで2000円近く下げ続けたうえ、信用取組倍率が0.76倍の売り長の好需給となっていることから、買い優勢の動きとなっている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:34 | 株式投資ニュース

ダイエーが外資系証券の投資判断格上げでストップ高

 ダイエー<8263>(東1)が、100円高の673円ストップ高となっている。外資系証券が業績底打ちの時期が近づいてきたとして、投資判断を「アンダーウエート」→「オーバーウエート」に格上げ、目標株価を950円としたことが買い手掛かり。株価は、1月30日の年初来高値1809円をつけた後、前日562円まで下げ続けていた。1株純資産割れ水準まで下落していたことから大幅リバウンドの動きとなりそうだ。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:21 | 株式投資ニュース

ユーシンが自己株取得発表を好感し一時ストップ高

 筆頭株主である投資ファンドのRHJインターナショナル(旧リップルウッド、RHJI)と経営方針を巡って対立しているユーシン<6985>(東1)が、63円高の536円と大幅高し4日続伸となっている。前日に自己株取得を発表、これを好感した買いが入っている。600万株(発行済み株式総数の18.7%)、取得総額は30億円を上限として、取得期間は12月3日から08年11月28日まで。大幅に需給が改善されるとの期待から、寄付きが80円高の553円ストップ高と高寄りしモミ合う展開となっている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | 株式投資ニュース

キヤノンが5日続伸、トナーカートリッジの国内生産能力を増強

 キヤノン<7751>(東1)が、150円高の5830円と5日続伸となっている。同社が2009年までに大分県内に計1400億円を投じ、プリンターや複写機に使う交換用トナーカートリッジの国内生産能力を増強するとの報道を好感している。09年9月に同県日田市に800億円で新工場を建設、大分市にある既存工場にも600億円を追加投資するという。また、今年の冬のボーナス商戦で、デジカメはキヤノン、DVDレコーダーは松下電器産業<6752>(東1)が制すと日経産業新聞が有力家電量販店5社に実施した「売れ筋予測」調査でこんな結果が明らかになったことも刺激しているようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:52 | 株式投資ニュース

インボイスが買い気配から始まる、9月中間期黒字幅拡大

 インボイス<9448>(東1)が、寄付き前から気配値を切り上げ、250円高の3540円買い気配となっている。前日に9月中間期決算を発表、黒字幅拡大を好感した買いが入っている。経常損益は前回予想を2億6900万円上回る3億6900万円(前期比は48億6500万円の赤字)となった。割安な固定通信サービスを提供する子会社、日本テレコムインボイスの黒字転換が大きく寄与した。株価は、11月20日に年初来安値3160円をつけ3月16日につけた年初来高値6540円から51%下落しており値ごろ感もあり、新興銘柄物色の流れに乗りリバウンド幅を拡大しそうだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:25 | 株式投資ニュース
2007年11月28日

【明日の動き】東証マザーズ銘柄が賑わう

明日の動き 日経平均株価は69円安と反落した。上値にシコリがあり、米国市場と為替相場に左右されるオーソドックスな銘柄を避け、新興銘柄を物色する流れが鮮明になっている。フルスピード<2159>(東マ)が連日の高値に続き、ザッパラス<3770>(東マ)が1月につけた年初来高値を更新するなど東証マザーズ銘柄の動きがよくなっている。明日も新興銘柄を中心に仕手・材料系の低位銘柄などを物色する展開が予想される。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:33 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は69円安の1万5153円と反落

 大引けの日経平均株価は69円07銭安の1万5153円78銭と反落した。TOPIXは3.14ポイント下落した。日経ジャスダック平均株価は7円97銭安と続落した。
 値上がり業種はその他金融、化学、電気・ガス、倉庫運輸関連、保険など15業種。
 値下がり業種は鉱業、海運、卸売、機械、銀行など18業種。
 東証1部市場値上がり835銘柄、値下がり762銘柄、変わらず121銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日立造船<7004>(東1)信越化学工業<信越化学工業>(東1)三菱レイヨン<3404>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、商船三井<9104>(東1)ニコン<7731>(東1)豊田通商<8015>(東1)
 全体の値上がり率上位は、ラオックス<8202>(東2)フリージア・マクロス<6343>(東2)テレビ東京ブロードバンド<3786>(東マ)

 東証1部新高値銘柄はクラリオン<6796>(東1)、日本電産コパル<7756>(東1)、ホリプロ<9667>(東1)の3銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:33 | 株式投資ニュース

カシオ計算機が4日続伸し上値追い、外資系が強気見通しから買い戻す動き

 カシオ計算機<6952>(東1)が、34円高の1419円と4日続伸し上値追いとなっている。財務省11月22日受付の大量保有報告書によれば、フィデリティ投信などの保有株数が2175万7300株(7.8%)→2691万7600株(9.65%)へと上昇している。10月末にかけて売却していたカシオ計算機株を買い戻す動きになっているようだ。9月中間決算で悪材料出尽くし、外資系証券が13日付で投資判断を「中立」→「買い」に格上げ、目標株価を1500円、別の外資が21日付で目標株価を「アンダーウエート」→「オーバーウエート」に格上げ、目標株価を1100円→1650円に引き上げるなど相次いで外資系証券が目標株価を引き上げている。信用取組倍率1.15倍の好需給を支えに、10月5日の急落前の水準1600円処が視野にはいってきたようだ。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:57 | 株式投資ニュース

ケーズホールディングスが6連騰、3400円処のフシ挑戦の動き

 家電量販店第6位のケーズホールディングス<8282>(東1)が、160円高の3210円と6連騰し上値追いを鮮明にしている。相次いで証券会社が目標株価引き上げたことを好感している。外資系証券が前週21日付で投資判断を「アウトパフォーム」継続、目標株価を3800円→4000円に引き上げ、別の外資系証券では26日付で投資判断を「強い買い推奨リスト」採用継続、目標株価を3100円→3500円に引き上げている。株価は、3400円処のフシ挑戦の動きになっているようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:12 | 株式投資ニュース