[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/26)三菱ケミカルホールディングスは小幅続伸。引き続き、鹿島事業所の火災で売買錯綜
記事一覧 (12/26)住友化学が続伸、サウジアラビアの合弁会社がサウジ市場に上場で特別利益計上
記事一覧 (12/26)キヤノンは反発。前日の日立・松下との液晶ディスプレイ提携発表の利確売りから一転
記事一覧 (12/25)【明日の動き】ダイワボウなど仕手・材料系銘柄が賑わう
記事一覧 (12/25)大引けの日経平均株価は295円高の1万5552円と大幅続伸
記事一覧 (12/25)日立製作所が3日続伸、松下・キヤノン薄型パネル事業で提携合意と正式発表
記事一覧 (12/25)新製品分野が続々の日本興業は仕込み場。優良銘柄の割安放置
記事一覧 (12/25)マニーが続伸、生産能力増強で中期的に増収増益路線をキープ
記事一覧 (12/25)井筒屋が大幅高、伊勢丹から小倉伊勢丹の全株式を譲受を材料視
記事一覧 (12/25)フジテックが続伸、リバーバンク・ホールディングスなど2社が筆頭株主に
記事一覧 (12/25)マツモトキヨシが連日の年初来高値、シルチェスターの買いと自社株買いで上昇続く
記事一覧 (12/25)金融商品取引法で信用金庫の強さが発揮される
記事一覧 (12/25)前引けの日経平均株価は272円高の1万5529円と続伸
記事一覧 (12/25)ネット広告代理店で業界2位のオプトは続伸。引き続き、電通の持分法適用が材料
記事一覧 (12/25)グッドウィルが違法派遣事業停止との方針を受け、ストップ安売り気配
記事一覧 (12/25)ソディックハイテックは反発→続伸。かなりの好業績なのに割安放置
記事一覧 (12/25)不動産関連のデータベース・システム事業を行なう、いい生活は反発局面
記事一覧 (12/25)マンションデベロッパーの日本エスリードは反発。今朝は不動産セクターが高い
記事一覧 (12/25)三菱ケミカルホールディングスは反落。鹿島事業所のプラント火災、損害は調査中
記事一覧 (12/25)セントラル警備保障(CSP)はギャップアップ→続伸。中期で好仕込み場
2007年12月26日

三菱ケミカルホールディングスは小幅続伸。引き続き、鹿島事業所の火災で売買錯綜

 三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)は小幅続伸。17円高の888円まで買われている。
 引き続き、鹿島事業所(茨城県神栖市)での火災事故の業績への影響で、売り買いが錯綜しているもようだ。日経朝刊などの報道によると、年明けから製品供給量削減の可能性があるという。また、原料や製品の融通について、新日本石油<5001>(東1)出光興産<5019>(東1)三井物産<8031>(東1)などにも打診していると報じられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 株式投資ニュース

住友化学が続伸、サウジアラビアの合弁会社がサウジ市場に上場で特別利益計上

 住友化学<4005>(東1)が、18円高の957円と3日続伸している。前日に、08年3月期業績予想の修正を発表、純利益が従来予想を150億円上回る850億円に上方修正したことを好感している。サウジアラビアの合弁会社が2008年1月下旬にサウジの株式市場に上場する際の売り出し価格が決まり、持ち分変動利益約280億円を特別利益として計上することによる。売り出し価格は1株21サウジ・リヤル(約640円)。上場によって住友化の持ち分は50%から37.5%になる。株価は、900円割れ水準が下値として確認されており、目先は、直近7日の高値998円を目指す展開か。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 株式投資ニュース

キヤノンは反発。前日の日立・松下との液晶ディスプレイ提携発表の利確売りから一転

 キヤノン<7751>(東1)は反発。90円高の5330円まで買われている。
 既報のとおり、前日25日の後場前、昼12時に、日立製作所6501>(東1)松下電器産業<6752>(東1)との液晶ディスプレイ事業での包括的提携について、正式発表した。
 同提携については、すでに以前から一部で報道されたため、また、地合いが悪かったためもあり、キヤノン株は続落、21日には年初来安値5190円をつけた。さらにきのうの正式発表後は、利益確定売りが先行したようで、一時5220円まで売られた。
 今朝はさすがに反発している。現在の株価でPER13倍台と、業績好調な優良企業株にしてはかなりの割安水準となっている。まずは前のフシ6000円ラインまで戻したいところだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:19 | 株式投資ニュース
2007年12月25日

【明日の動き】ダイワボウなど仕手・材料系銘柄が賑わう

明日の動き 年内の換金売り処分売りが前週で一巡との見方が広がったうえ、米国市場の続伸から大幅続伸となった日経平均株価。押し目あれば、売り方の買戻しが入りやすく、大きな下げは起こりにくいと思われる。年末を控え市場参加者が少ないことから、ダイワボウ<3107>(東1)、などを中心とした仕手・材料系銘柄が賑わう展開を予想する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は295円高の1万5552円と大幅続伸

 大引けの日経平均株価は295円59銭高の1万5552円59銭と3日続伸。TOPIXは26.83ポイント上昇した。日経ジャスダック平均株価は3円68銭高と9日ぶりに反発した。
 
 値上がり業種は海運、不動産、その他金融、卸売、鉄鋼など31業種。
 値下がり業種は電気・ガス、水産・農林の2業種。
 東証1部市場値上がり1087銘柄、値下がり524銘柄、変わらず111銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、熊谷組<1861>(東1)三井造船<7003>(東1)SUMCO<3436>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、三洋電機<6764>(東1)三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)協和発酵工業<4151>(東1)
 全体の値上がり率上位は、菊水化学工業<7953>(名2)日本パワーファスニング<9123>(大2)オプト<2389>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄は、マツモトキヨシホールディングス <8568>(東1)、東海理化<6995>(東1)、KIMOTO<7908>(東1)、ファミリーマート<8028>(東1)の4銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:25 | 株式投資ニュース

日立製作所が3日続伸、松下・キヤノン薄型パネル事業で提携合意と正式発表

 日立製作所<6501>(東1)が、32円高の837円と3日続伸し、直近7日高値835円を上回り騰勢を強めている。松下電器産業<6752>(東1)キヤノン<7751>(東1)、日立製作所の3社が本日、薄型パネル事業で提携することで合意したと正式発表した。これを好感した買いが入っている。まず今年度内に、日立が全額出資する液晶パネル子会社、日立ディスプレイズ(日立DP、東京・千代田)の株式を松下とキヤノンが各24.9%取得する。第2段階として日立、松下、東芝<6502>(東1)が共同出資しているテレビ用液晶パネル製造会社IPSアルファテクノロジ(千葉県茂原市)を松下が子会社化、日立DPをキヤノンが子会社化し、それぞれ経営権を握るという。日立の信用取組倍率は1.35倍の好取組、下値切り上げを鮮明にしており、900円回復も粗野に入ろう。



提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:55 | 株式投資ニュース

新製品分野が続々の日本興業は仕込み場。優良銘柄の割安放置

 コンクリート2次製品大手の日本興業<5279>(JQ)(本社・香川県さぬき市)は仕込み場。100円台前半でモミ合いが続いている。

 先般発表した、9月中間連結決算は、売上高が前年同期比5.2%減の69億2200万円、経常損失が4億0300万円(前年同期は4億1700万円の損失)、純損失が2億0200万円(同2億2300万円の損失)と、赤字幅縮小となった。製造原価削減、販管費削減が奏功した。また、事業の性質上、例年、利益計上が下期偏重となっている。

 通期2008年3月期連結業績予想は、売上高が前年実績比1.1%増の198億円、経常利益が同73.5%増の2億円、純利益が同12.2%増の1億5000万円。

 同社の事業は、都市環境(同中間期の売上高構成比27.6%)、エクステリア(同16.6%)、土木(同55.8%)の3セグメント。

 各事業分野で、「少子高齢化」「団塊世代」向けの提案を強化。ガーデニング、ペット、公園、スポーツ向けなどの製品開発・販売に力を入れている。また、保水・透水性舗装材、リサイクル材料などの環境製品分野も開拓している。

 今後の課題は、公共事業への依存度が高いこと、生産・物流拠点が西日本に集中していること、営業・経常利益率を高めることなど。現在、官公需だけでなく、先述した製品分野をはじめとした民間分野への事業拡大、同業他社・異業種とのコラボレーション、生産・物流・販売拠点の再配置、組織改革(本部機能の集約・一元化)を進めている。

 今年に入ってからのチャートを見ると、2月につけた年初来高値186円から、続落トレンドで来ている。11月につけた年初来安値100円からは反発、凸凹しながらも下値を切り上げてきている。下値100円ラインは堅いようだ。

 大口株主は地銀、生保、商工中金のほか、自社持株会・取引先共栄会や、積水樹脂、宇部興産といった優良企業が並ぶ。現在の株価でPERは10.61倍、PBRは0.32倍と、業績好調な堅実企業にしては、かなりの割安放置だ。

 株価3ケタで単位1000株と、投資しやすさも魅力。今期末(年間)配当金3円で、現在の株価104円なら配当利回り約2.9%と高い点も魅力だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:33 | 株式投資ニュース

マニーが続伸、生産能力増強で中期的に増収増益路線をキープ

 手術用縫合針の国内トップメーカーで、アイレス針(針付縫合糸用針)において世界市場でも第2位のシェアのマニー<7730>(JQ)が、240円高の7300円と続伸している。銀行系証券では、21日付で08年8月期は増益率低下ながら、生産能力増強で中期的に増収増益路線をキープとして、レーティング付与はないがアナリストレポートが出ている。ベトナム・国内工場の生産能力増強に伴う償却負担増、円高による輸出採算の悪化などから利益率が低下する予想。とはいえ、増収増益を堅持する見通し。08年8月期売上高は会社計画を1億9900万円上回る92億円(前年比13%増)、経常利益が同8600万円上回る37億円(同6%増)、純利益が同3300万円上回る22億6000万円(同8%増)を予想している。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース

井筒屋が大幅高、伊勢丹から小倉伊勢丹の全株式を譲受を材料視

 井筒屋<8260>(東1)が、13円高の115円と大幅高。東証1部値上がり率ランキング上位に入っている。本日、後場立会い中にに伊勢丹<8238>(東1)が保有する小倉伊勢丹の全株式を譲り受けるとの発表を材料視した買いが入っている。08年3月末日の株式引き受けにつき、当社の今期決算に与える影響はないとしている。全体相場が上昇一服となっており、元々仕手性のある同社株に短期的な資金が向かったようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:03 | 株式投資ニュース

フジテックが続伸、リバーバンク・ホールディングスなど2社が筆頭株主に

 フジテック<6406>(東1)が、27円高の639円と続伸している。米デラウェア州を本拠とするリバーバンク・ホールディングスなど2社がフジテックの筆頭株主になったことが21日、関東財務局に提出された大量保有報告書で明らかになったと日本経済新聞社が報じた。14日までに合計で発行済み株式数の15.97%にあたる1497万7000株を取得。目的は「政策投資」としている。9月末時点でのフジテックの筆頭株主は米系投資ファンドのダルトン・インベストメンツで保有率は15.30%。ダルトンが保有株数を減らしたかどうかは不明。ダルトンは4月にフジテックに対して経営陣と従業員による企業買収(MEBO)を提案。フジテックは近くダルトンに拒否回答を送る方針としている。
 同社に限らず、ここへきて株価が大きく下落したことで、PBRは低下、配当利回りは上昇し投資妙味が増しており、外資系ファンドによる株買い増し姿勢は今後も強まりそうだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:28 | 株式投資ニュース

マツモトキヨシが連日の年初来高値、シルチェスターの買いと自社株買いで上昇続く

 マツモトキヨシホールディングス<3088>(東1)が、110円高の2775円と3日続伸し連日の年初来高値更新となっている。英資産運用会社シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ(運用資産230億ドル)が日本企業への投資を増やしている。大量保有報告書で明らかになっただけで岩手銀行<8345>(東1)常陽銀行<8333>(東1)、マツモトキヨシなど20社を超える企業の大株主として登場と本日の日本経済新聞朝刊が報じた。マツモトキヨシは、現在、発行済み株式の4%超にあたる250万株、取得額は50億円を上限として取得期間は07年10月18日から08年3月31日まで自己株式の取得を実施している。取得開始日以降11月30日までに買い付けた自己株式は、35万2300株、8億1255万6500円。12月に入って55万1350株取得したことが大量保有報告書で分かっているが、買い余地を大きく残している。シルチェスターによる買い増し思惑と自社株買いによって、持株会社に変更前の5月高値2930円が目先ターゲットとして意識される展開か。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:04 | 株式投資ニュース

金融商品取引法で信用金庫の強さが発揮される

話題預金残高と店舗数の業界地図
■預金残高
@都銀241兆円、A地方銀行193兆円、B信用金庫113兆円、C農協81兆円、D第二地銀55兆円。
■店舗数
@信用金庫7719店、A地方銀行7435店、B第二地銀3274店、C都銀2463店、D信用組合1853店。

 このデータで信用金庫業界の存在感が目を引く。特に、今後、「間接金融から直接金融」の時代が本格化するのに伴って、個人に強いことは武器である。信用金庫数は1996年に416金庫あったが、合併によって現在は287金庫となり、「後ろ向きの合併は終わった。業界の自己資本比率は11.96%と地銀の10.13%を上回り、都銀の13.71%に次ぐ高い比率で健全性は優秀である。サブプライムローンの損失も80億円台にとどまっている」(信金中央金庫の中平幸典理事長)。
 去る9月30日に施行された金融商品取引法でも、個人向けの説明責任が強化されたことは、日頃から地域と個人に強い信用金庫の力が発揮されるだろう。信用金庫業界の「投信」販売残高はまもなく1兆円となる見通しだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:01 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は272円高の1万5529円と続伸

 前引けの日経平均株価は272円43銭高の1万5529円43銭と3日続伸。TOPIXは25.76ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は6円90銭高と9日ぶりに反発している。
 
 値上がり業種は海運、不動産、その他金融、銀行、卸売など32業種。
 値下がり業種は水産・農林の1業種。
 東証1部市場値上がり1191銘柄、値下がり420銘柄、変わらず99銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、三井造船<7003>(東1)熊谷組<1861>(東1)川崎汽船<9107>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)IHI<7013>(東1)スカパーJSAT <9412>(東1)
 全体の値上がり率上位は、太平洋海運<9123>(東1)菊水化学工業<7953>(名2)メディビック<2369>(東マ)
 
 東証1部新高値銘柄は、マツモトキヨシホールディングス <8568>(東1)、東海理化<6995>(東1)、KIMOTO<7908>(東1)、ファミリーマート<8028>(東1)の4銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:17 | 株式投資ニュース

ネット広告代理店で業界2位のオプトは続伸。引き続き、電通の持分法適用が材料

 ネット広告代理店で業界2位のオプト<2389>(JQ)は続伸。4万4000円高の34万9000円まで買われている。ジャスダック市場値上がり率上位にランクインしている。
 引き続き、電通<4324>(東1)による持分法適用会社化が買い材料となっているもようだ。先週末21日はストップ高となった。きょうのストップ高ラインは35万4000円。
 現在の株価でPERは60倍台とかなり高いが、PBRも約4.9倍と、今後の成長期待値も高い。
 業績は好調で、今期2007年12月期業績予想は前年比2ケタ以上増収増益の見込み。とくに純利益は129.2%増の7億1000万円を見込んでいる。
 東洋経済新報社の『会社四季報 新春号』の業績予想値では、会社予想値よりも一部、上ブレした数字が出ている。また、次期2009年12月期もさらに増収増益の予想値が出ている。
 チャート的には、現在の35万円ラインはひとつのフシだが、これを上抜ければ、次は40万円台奪回が視野に入る。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:08 | 株式投資ニュース

グッドウィルが違法派遣事業停止との方針を受け、ストップ安売り気配

 グッドウィル・グループ<4723>(東1)が、寄付き前から気配値を切り下げ3000円安の2万1440円ストップ安売り気配となっている。厚生労働省は前週22日、労働者派遣法で禁止されている港湾業へのスタッフ派遣など違法な派遣業務を繰り返していたとして、年明けにも同社の約800の全事業所に対し、2―4カ月の事業停止命令を出す方針を固めたとの報道を嫌気した売り殺到となっている。市場では、08年6月期は大幅増益を見込んでいるが、グッドウィル事業はグループ全体の大半を占めるため、計画未達の懸念が膨らんでいる。



提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:54 | 株式投資ニュース

ソディックハイテックは反発→続伸。かなりの好業績なのに割安放置

 ソディックハイテック<6160>(大ヘ)は反発→続伸。2900円高の6万2000円で始まり、その後は6万2800円まで買われている。大証ヘラクレス市場値上がり率上位にランクインしている。きょうのストップ高ラインは6万4100円。
 とくに材料が出たわけではないようだが、9月の4万3000円ラインから中期的に続伸トレンドで来ている。このまま続伸で、まずは7月分割前の6月につけた年初来高値(分割修正後)7万円ラインまでの戻りが目標となろう。
 業績は好調で、今期2008年3月期連結業績予想は、前年比増収増益の見込み。とくに経常利益は77.5%増の13億8000万円、純利益は29.9%増の8億円と、大幅な増益を見込んでいる。業界観測では、次期2009年3月期もさらに増収増益と見られている。
 業績好調なわりには、PERは11倍台と割安。PBRは約2.9倍と、成長期待値は高め。
 ソディック<6143>(東2)系の精密工作機械、精密金型、精密成形品、関連消耗品・サービス事業を行なっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース

不動産関連のデータベース・システム事業を行なう、いい生活は反発局面

 いい生活<3796>(東マ)は続伸。4600円高の6万1600円まで買われている。きょうのストップ高ラインは6万2000円。
 とくに材料が出たわけではないようだが、続落から5万円の下値抵抗線に当たって、反発しているもようだ。このままジリ高で行き、中期では10万円ラインまで戻したいところ。
 現在の株価でPERは104倍台と、かなり高いが、新興市場のIT関連株としては、ありがちな数字かもしれない。PBRは約2.9倍と、今後の成長期待値も高めだ。
 同社は不動産会社の物件情報のデータベース化と、システム運用・保守事業を行なっている。大口株主には中村清高社長ら役員の名が並ぶが、ヤフー<4689>(東1)三菱商事<8058>(東1)などの優良企業、自社従業員持株会なども。
 業績は堅調。今期2008年3月期業績予想は下方修正したものの、純利益以外は前年実績比では増収増益確保の見込みだ。9月中間松で有利子負債ゼロ、前期末で現金等5億5600万円のキャッシュリッチと、堅実財務も買い安心感を誘う。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:29 | 株式投資ニュース

マンションデベロッパーの日本エスリードは反発。今朝は不動産セクターが高い

 マンションデベロッパーの日本エスリード<8877>(東1)は反発。86円高の1480円まで買われている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、今朝は不動産セクターが高い。東証1部業種別株価指数でも値上がり率上位となっている。同社のほか、平和不動産<8803>(東1)サンケイビル<8809>(東1)大京<8840>(東1)住友不動産販売<8870>(東1)ジョイント・コーポレーション<8874>(東1)サンフロンティア不動産<8934>(東1)などが買われている。
 日本エスリードのチャートを見ると、現在は底値圏からの反発局面。まずは前のフシ2000円ラインまで戻して行きたい。現在の株価でPERは6倍台、PBRは0.8倍台と、業績好調な不動産会社にしては割安。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 株式投資ニュース

三菱ケミカルホールディングスは反落。鹿島事業所のプラント火災、損害は調査中

 三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)は反落。39円安の861円まで売られている。
 21日午前11時32分ごろ、連結子会社の三菱化学(本社・東京)鹿島事業所(茨城県鳥栖市)第2エチレンプラントで火災事故が発生した。同日午後11時13分に鎮火したものの、協力会社従業員4人が死亡した。
 報道によると、操業停止は3〜4ヵ月とされ、記者会見によると1日1億円の損害が出るという。三菱ケミカルホールディングスとしては、24日午後10時に、事故の原因、被害の詳細、操業停止期間、損害額は調査中とのコメントを発表している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

セントラル警備保障(CSP)はギャップアップ→続伸。中期で好仕込み場

CSP(セントラル警備保障)のホームページ CSP(セントラル警備保障)<9740>(東1)はギャップアップ→続伸。75円高の1065円まで買われている。東証1部値上がり率上位にランクインする場面が続いている。
 当サイト20日付け『株価診断』で指摘したとおり、中期での好仕込み場に、買いが入っているもようだ。
 現在の株価でPERは15倍台、PBRは約1倍と、頃合いの良い数字。チャート的にも、次のフシ1200円ラインまで、まだ上値余地は充分ある。
 材料的にも、警備事業の需要は中期でも伸長が見込まれており、同社のコマーシャルに出演している星野仙一氏ひきいる日本チームが、来年の北京オリンピックで活躍すれば動意づきも期待される。

 >>CSP(セントラル警備保障)IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 株式投資ニュース