[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/22)ミヤチテクノスが後場に入り急騰
記事一覧 (08/22)日東紡が続落し年初来安値を更新
記事一覧 (08/22)沖縄電力が3日続伸、沖縄電力の最大電力が過去最高を更新
記事一覧 (08/22)三菱ケミカルホールディングスが続伸、銀行系証券では投資判断「2」継続
記事一覧 (08/22)エルピーダメモリが3日続伸、外資系証券が目標株価を引き上げ
記事一覧 (08/22)カカクコムが3日続伸、四季報速報では上方修正見通し
記事一覧 (08/22)アドバンテストが連日の年初来安値更新
記事一覧 (08/22)前引けの日経平均株価は29円安の1万5872円と反落
記事一覧 (08/22)J‐POWERは年初来安値から反発。続落でアク抜け、値ごろ感が出てきた
記事一覧 (08/22)信越化学工業が3日続伸、自社株買いと外資系証券の投資判断格上げが後押し
記事一覧 (08/22)株マニ注目の日本航空は続伸。今朝は空運業セクターが高い
記事一覧 (08/22)MUTOH−HDは取組妙味から買われる、チャート的には休養十分
記事一覧 (08/22)ディー・エヌ・エーは続伸。レーティングで好ファンダメンタルズ・割安感を指摘
記事一覧 (08/22)オーエム製作所が3日続伸、国内大手証券が新規「2」
記事一覧 (08/22)日本ガイシは続伸。材料が出揃ったうえに「インド」関連銘柄としての注目がオン
記事一覧 (08/22)楽天は6月中間決算が減収減益も、続伸。アク抜けして絶好の「買い場」に?
記事一覧 (08/22)理研コランダムが連日の年初来高値更新、今期予想PER13倍台と割安感
記事一覧 (08/22)第一中央汽船はモミ合い。海運業セクターは業績好調も、株価は踊り場
記事一覧 (08/22)エヌアイデイが3日続伸し連日の年初来高値更新、MM銘柄人気が増幅
記事一覧 (08/22)ヤマダ電機はベスト電器株の大量保有報道で続伸
2007年08月22日

ミヤチテクノスが後場に入り急騰

 ミヤチテクノス<6885>(東1)が、125円高の1955円と後場に入り急騰している。本日、午後1時30分に07年6月期決算を発表、前期に続き今期も増収増益を見込むことを好感している。今08年6月期業績予想は、売上高が前年比10.6%増、経常利益が同8.4%増、純利益が同11.4%増を見込む。株価は、25日移動平均線が上値を抑える動きが続いており、一過性の動きに終わるかも知れない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:53 | 株式投資ニュース

日東紡が続落し年初来安値を更新

 日東紡<3110>(東1)が、8円安の328円と続落し、17日につけた年初来安値331円を更新している。10日に発表された第1四半期決算は売上高が前年同期比0.8%減、経常利益が同24.9%増、純利益が同0.1%減とほぼ横ばい、前年経常利益が前々年比52.0%増に比べ伸び率も縮小傾向となっていた。13日付で国内大手証券系調査機関では投資判断を「1」→「2」へ格下げしている。株価は、下げ止まり感がなく、06年の安値圏300円処が意識されそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 株式投資ニュース

沖縄電力が3日続伸、沖縄電力の最大電力が過去最高を更新

 沖縄電力<9511>(東1)が、330円高の7010円と3日続伸し騰勢を強めている。前日に銀行系証券が投資判断を「3」→「2」に格上げしたことに加え、本日の日本経済新聞朝刊が、7月11日午後、沖縄電力の最大電力が153万キロワットと過去最高を更新したと報じたことを好感している。今夏は記録的な猛暑が続いているが、省エネの浸透などで全国の電力会社合計の最大電力は2001年度のピークを下回っている。高水準の人口増加率のほかに沖縄県の電力需要を押し上げる要因がある。IT(情報技術)産業の急速な集積だと指摘している。株価は、8月10日に5960円の年初来安値をつけた後、短期間で1000円幅の上昇となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:28 | 株式投資ニュース

三菱ケミカルホールディングスが続伸、銀行系証券では投資判断「2」継続

 三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)が、23円高の975円と続伸している。銀行系証券では、在庫受払差益の増加により、前回の同証券予想を増額修正として、今3月期連結営業利益を前回予想の1480億円から1560億円へ引き上げ投資判断を「2」継続としている。株価は、7月9日に高値1190円の高値をつけた後、下落基調となっていたが切り返す動きになっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

エルピーダメモリが3日続伸、外資系証券が目標株価を引き上げ

 エルピーダメモリ<6665>(東1)が、150円高の4720円と3日続伸している。外資系証券が投資判断を「EQUALWEIGHT」→「OVERWEIGHT」に格上げ、目標株価を4600円→6000円に引き上げたことを好感している。直近17日の高値4830円を抜く動きとなれば、上値追いに弾みもつこう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:54 | 株式投資ニュース

カカクコムが3日続伸、四季報速報では上方修正見通し

 価格比較サイト「価格.com」などを運営するカカクコム<2371>(東1)が、2000円高の28万8000円と3日続伸している。本日付の四季報速報によれば、主力の販売サポートが好調持続、新規事業の寄与もあり上方修正として、今2008年3月期「会社四季報07年3集夏号」では、売上高63億円、営業利益16億円、純利益9億円を予想しているが、「四季報速報」では、売上高65億円、営業利益17.5億円、純利益9.8億円に上方修正するとしている。株価は25日移動平均線を上回っているが、34万円処のフシは上値として意識されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:35 | 株式投資ニュース

アドバンテストが連日の年初来安値更新

 半導体テスタが主力のアドバンテスト<6857>(東1)が、140円安の4120円と続落し連日の年初来安値更新となっている。米国市場安、サブプライム問題の発生による景気減速懸念から売り先行となっている。7月26日に発表されている第1四半期決算も営業利益が前年同期比25.9%減と足元の業績も芳しくない。株価は下落基調を強めており、05年5月の安値水準3660円が意識されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:05 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は29円安の1万5872円と反落

 前引けの日経平均株価は29円25銭安の1万5872円09銭と3日ぶりに反落している。TOPIXは5.65ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は4.44円安と3日ぶりに反落している。
 値上がり業種は空運、パルプ・紙、ゴム製品、陸運、その他金融など17業種。
 値下がり業種は保険、証券商品先物、水産・農林、銀行、鉄鋼など16業種。
 東証1部市場値上がり697銘柄、値下がり883銘柄、変わらず135銘柄
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、ヤフー<4689>(東1)ニチレイ<2871>(東1)日本航空<9205>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、千代田化工建設<6366>(東1)明治乳業<2261>(東1)りそなホールディングス<8308>(東1)。 
 全体の値上がり率上位は、イー・レヴォリューション<4233>(JQ)モスインスティテュ−ト<2316>(大ヘ)、、ウエストHD<1407>(JQ)

 東証1部新高値銘柄はなし。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

J‐POWERは年初来安値から反発。続落でアク抜け、値ごろ感が出てきた

 電源開発<9513>(東1)は反発。8円高の453円まで買われている。
 きのう21日には、大間原子力発電所の着工延期が嫌気され、年初来安値3610円をつけた。
そこからの自律反発。
 今年3月につけた年初来高値6550円をピークに、中期でも続落してきた。アク抜けして、現在の株価でPERは17倍台、PBRは1.4倍台と、値ごろ感が出てきた。
 このまま続伸を見込み、次のフシ5000円を目指してみる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:51 | 株式投資ニュース

信越化学工業が3日続伸、自社株買いと外資系証券の投資判断格上げが後押し

 信越化学工業<4063>(東1)が、260円高の8150円と3日続伸となっている。20日に50万株(発行済み株式総数に対して0.12%)、42億円を上限とする自社株買い(8月21日-9月18日)を発表、21日に外資系証券が同社のレーティングを「中立」→「買い」に格上げしたことなどから株価は堅調に推移している。株価は、目先25日移動平均線の8555円を上回るか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:45 | 株式投資ニュース

株マニ注目の日本航空は続伸。今朝は空運業セクターが高い

 株マニ「今週の注目銘柄」8月18日(土)付で取り上げた、日本航空<9205>(東1)は20日(月)から続伸。今朝は寄り後、10円高の250円まで買われた。
 同業他社の全日本空輸<9202>(東1)が続伸しており、そのツレ高もあろうが、同サイトで指摘したとおり、「アク抜けディフェンシブ・人気銘柄に見直し買い」の流れにも合致しているようだ。まずは、次のフシ260円〜270円ラインが目標となろう。
 今朝は東証1部業種別株価指数で、空運業セクターが高い。値上がり率トップになる場面が続いており、同指数の全銘柄のほか、スカイマーク<9204>(東マ)も買われている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:34 | 株式投資ニュース

MUTOH−HDは取組妙味から買われる、チャート的には休養十分

 MUTOH−HD<7999>(東1)が、前日につけた年初来高値493円まで戻した後、32円高の472円とモミ合いとなっている。前日発表の前週末信用売残が263万3000株増加して279万4000株となり、取組倍率が0.58倍となったことを受け、買い戻し主導の動きになっていた。買い戻し一巡からの動きに注目が集まっている。今期予想EPS39円に膨らむ予想で、チャート的には、4年間にわたるモミ合いを抜けており休養十分、99年12月高値710円も視野に入るが。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:24 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーは続伸。レーティングで好ファンダメンタルズ・割安感を指摘

 ディー・エヌ・エー<2432>(東マ)は続伸。1万円高の49万2000円で始まり、寄り後は一時、50万円台に乗せた。
 国内証券が「為替や国内景気と無関係に、他媒体との比較でも割安感がある」として、投資判断引き上げ。外資系証券は、ファンダメンタルズが強固な銘柄の1つとして、同社を挙げた。加えて、今朝の日経新聞の「創る ベンチャー経営」コーナーで取り上げられた。
 チャートを見ると、この1年ほどだけでも上昇トレンドで来ている。ここ数日は、地合いの好転に上記材料が加わり、45万円ラインから50万円ラインへと続伸している。
 現在の株価で、PERは66倍台、PBRは17倍台と、明らかに割高。しかし同社のような新興市場のネット系企業では、「期待値が高い」と見るべきなのだろう。
 業績は右肩上がりで来ており、2008年3月期連結業績予想は、前年実績比7割超〜2倍近い増収増益を見込んでいる。業界観測では、2009年3月期もさらに増収増益が見込まれている。
 短期では調整もあろうが、中長期では、もうしばらく上値追いができそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:11 | 株式投資ニュース

オーエム製作所が3日続伸、国内大手証券が新規「2」

 オーエム製作所<6213>(東1)が、42円高の878円と3日続伸している。20日付で国内大手証券が、立旋盤トップとして重厚長大産業向けに本格成長へとして、投資判断を「ニュートラル」→新規「2」としたことが買い手掛かり。選別受注と生産性の改善も寄与して収益性の向上が予想される。同証券では、今3月期の営業利益を前期比24%増益と最高益の更新を予想、さらに、来3月期は同14%増益を予想している。今3月期予想基準のPERは15倍と同セクターの18倍と比較して割安と指摘している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:59 | 株式投資ニュース

日本ガイシは続伸。材料が出揃ったうえに「インド」関連銘柄としての注目がオン

 日本ガイシ<5333>(東1)は続伸。寄り後は、100円高の3660円まで買われている。
 好チャート、外資系証券のレーティング引き上げ、株式投資専門メディアで取り上げられたことなど、ここ数日、材料が出て値を上げていた。
 さらに、安倍晋三首相のインド公式訪問により、インド関連銘柄としても注目されているもようだ。
 国内大手証券のレポートで、「風力発電機用の蓄電池で独自の技術を有する」「電力向上システムとしての蓄電池の需要がインドでも高まってくるとみられる」と指摘されている。
 チャートを見ると、中期・短期とも上昇トレンドで来ている。現在の株価でPERは約40倍、PBRは4倍台と、割高めにはなっている。信用残は買い長になっており、短期では、そろそろ調整局面か。しかし、中期ではテーマ性もあり、地合いにもよるが、まだまだ上値追いができると見る。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース

楽天は6月中間決算が減収減益も、続伸。アク抜けして絶好の「買い場」に?

 楽天<4755>(JQ)は小幅続伸。800円高の3万5250円で始まっている。
 きのう大引け後に発表した、6月中間連結決算は、前年同期比減収減益。とくに経常利益は同3割近い減益、純利益は同2割近い減益となった。
 金融関連事業で、楽天KCのクレジット事業譲渡、証券事業の収益低下が響いた。一方、「楽天市場」「楽天トラベル」などの非金融事業は高い成長を続けた。
 しかし、今朝の楽天の株価はむしろ上げている。根強い「ファン」がいるうえ、チャートは今年1月につけた年初来高値6万7500円をピークに続落してきた。なので、オシレーター的には「買い時」。アク抜けして、現在の株価でPERは20倍台、PBRは2倍台と、値ごろ感が出ている。かえって「買い場」と見られているもようだ。
 まずは13週移動平均線3万9000円、続いて26週移動平均線4万5000円までの戻りを目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | 株式投資ニュース

理研コランダムが連日の年初来高値更新、今期予想PER13倍台と割安感

 理研コランダム<5395>(東2)が、20円高の501円と前日と変わらずを挟んで3日続伸し連日の年初来高値更新となっている。前日に発表された6月中間期決算が大幅増益となったことが買い手掛かり。経常利益が前年同期比20.4%増の1億6200万円、通期では前年比14.0%増の3億6000万円を見込む。今期予想PER13倍台と割安感もあり、上値追いが期待できそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

第一中央汽船はモミ合い。海運業セクターは業績好調も、株価は踊り場

 第一中央汽船<9132>(東1)はモミ合い。8円安の791円で始まり、寄り後は807円まで買われたが、その後は再び700円台に下落している。
 今朝の日経新聞で、同社をはじめとした「中堅海運の業績拡大」と報道された。同社のほか、新和海運<9110>(東1)飯野海運<9119>(東1)乾汽船<9113>(東1)川崎近海汽船<9179>(東2)明治海運<9115>(東1)太平洋海運<9123>(東1)などが取り上げられている。
 しかし今朝の東証1部業種別株価指数では、海運業セクターは下落している。ここしばらく、同セクターは人気化していたので、いまがピークの売り場と見る向きが多いようだ。
 今朝は日経平均株価が再び下落基調で、市場の先行き不透明感が続いている。海運業セクターの各銘柄も、踊り場を迎えているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:24 | 株式投資ニュース

エヌアイデイが3日続伸し連日の年初来高値更新、MM銘柄人気が増幅

 システム開発と情報処理サービスのエヌアイデイ<2349>(JQ)が、55円高の2305円と3日続伸し連日の年初来高値更新となっている。10日に発表された第1四半期決算が2ケタの増収増益となったことが買い手掛かり。売上高が前年同期比13.1%増、経常利益が同29.5%増、純利益が同42.7%増となっている。株価は、前日に7月3日の高値2220円を上回ったことでモミ合い抜けとなっており、06年4月の高値2485円までフシはなく、全体戻り一巡からマーケットメイク(MM)銘柄人気が増幅されそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機はベスト電器株の大量保有報道で続伸

 ヤマダ電機<9831>(東1)は続伸。170円高の1万1530円で始まっている。
 今朝の日経新聞等で「14日時点で、ベスト電器<8175>(東1)の発行済み株式の5.24%(429万株)を保有していることがわかった」と報道された。ヤマダ電機が21日に関東財務局へ提出した大量保有報告書でわかった。機関投資家を除けば、実質的な筆頭株主になるという。
 ヤマダ電機のチャートを見ると、7月につけた年初来高値1万3650円をピークに、続落していた。ここ数日は、地合いの戻りとともに、同社株価も戻り足となっている。まずは25日移動平均線1万1800円ラインまでは戻ろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース