[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/15)コンピュータフォレンジック事業のUBICは逆行高。マザーズ値上がり率上位に
記事一覧 (08/15)宇部マテリアルズが続伸、1Q2ケタの増収増益を好感
記事一覧 (08/15)株マニ注目の原発関連トウアバルブグループ本社が続伸
記事一覧 (08/15)トヨタ自動車が5日続落し年初来安値を更新
記事一覧 (08/15)三菱UFJフィナンシャルGが連日の年初来安値更新
記事一覧 (08/15)東燃ゼネラル石油は通期下方修正で反落も、下値は堅し。拾い時と見る
記事一覧 (08/15)日本ケミコンが反発、7月の売上高は前年同月比11.0%増と好調に推移
記事一覧 (08/15)ケネディクスが3日ぶりに反落、公募増資を嫌気
記事一覧 (08/15)オルガノは小幅続伸。市場が全面安のなか、中期テーマ銘柄に買いが入る
記事一覧 (08/15)日本カーボンが3日ぶりに反落、中間期好調も目先好材料出尽くし感
記事一覧 (08/15)昭シェルは住宅用太陽電池の増産報道も小反落。今朝は石油セクターが売られる
記事一覧 (08/15)松下電器産業は一時、ストップ安買い気配。携帯用電池の回収で
記事一覧 (08/14)大引けの日経平均株価は44円高の1万6844円と小幅続伸
記事一覧 (08/14)メイコーが6日ぶりに反発、銀行系証券が投資判断を格上げ
記事一覧 (08/14)東映は14時発表の1Q減収減益で、続落。そろそろ下げ止まると見たいが・・・
記事一覧 (08/14)ヤマハ発動機が続伸、国内大手証券系調査機関が目標株価を引き上げ
記事一覧 (08/14)タムロンが5日ぶりに反発、四季報速報では会社側の予想数値はなお保守的と
記事一覧 (08/14)ニチアスが続伸、銀行系証券の目標株価引き上げを好感
記事一覧 (08/14)ヤマハは深押しからリバウンド。地合い回復基調で堅実銘柄に買いが戻る
記事一覧 (08/14)アシックス商事が3日続伸し新値追い
2007年08月15日

コンピュータフォレンジック事業のUBICは逆行高。マザーズ値上がり率上位に

UBICホームページ 今朝は地合いが悪いなか、UBIC<2158>(東マ)は逆行高。1300円高の1万4200円まで買われている。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。
 同社は今年6月に上場したばかりの、コンピュータフォレンジック事業者。コンピュータフォレンジックとは、機密情報漏洩など、コンピュータに関する犯罪や訴訟などに際し、データや電子的記録を収集・分析する業務。セキュリティや調査会社とは異なる。
 関連ツールとノウハウを、アメリカの販社から仕入れている。日本での客先は、警察・防衛省など。
 6月上場時の公開価格は8500円。上場当初につけた2万5080円が「上場来高値」となり、以降は続落傾向で来ていた。今月14日には「上場来安値」1万1110円をつけて底打ち。最近はIPOが不振で公開価格割れの企業も出るなか、かなり健闘している。
 まずは25日移動平均線1万4700円ラインまで戻したいところ。中期的には、同社事業の需要は伸長すると見られるため、業績・株価とも、さらに上昇しよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:00 | 株式投資ニュース

宇部マテリアルズが続伸、1Q2ケタの増収増益を好感

 宇部マテリアルズ<5390>(東2)が、7円高の373円と続伸している。前日発表の第1四半期決算が2ケタの増収増益となったことを好感している。売上高が前年同期比13.4%増、経常利益が同45.5%増、純利益が同63.2%増となった。株価は、13日に361円の年初来安値をつけてリバウンド局面となっている。400円処への戻りを試す展開か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

株マニ注目の原発関連トウアバルブグループ本社が続伸

 原発関連とした注目したトウアバルブグループ本社<6466>(東2)が5000円高の64万2000円と3日続伸している。
 木村化工機が2日連続ストップ高、宇徳運輸と日本ギア工業もそれに触発されストップ高まで買われ原発関連がリバウンドしている。原発関連を再び柱に据えようとの動きもある。
 バルブの製版・保守等の事業を傘下に持つ純粋持株会社のトウアバルブグループ本社は、7月25日に国内大手証券が投資判断を新規「2」としている。また、先週10日に第1四半期決算と併せて中間期業績予想の修正を発表。
 中間期売上高は前回予想を4億円上回る113億円、経常利益は同2億円上回る12億円、純利益は同2億5000万円上回る9億5000万円に上方修正した。
 株価は、7月25日につけた年初来高値69万8000円奪回の動きも十分期待できよう株マニ8月15日短期注目銘柄)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車が5日続落し年初来安値を更新

 トヨタ自動車<7203>(東1)が、130円安の6930円まで売られ5日続落、2日につけた年初来安値6950円を更新している。サブプライム問題を端に発した米国市場安が消費にも影を落とすとの懸念から売り先行となっているようだ。本年2月27日につけた上場来高値8350円の高値期日を月末に控え、大幅反発は期待薄で調整が長引きそうだ。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:29 | 株式投資ニュース

三菱UFJフィナンシャルGが連日の年初来安値更新

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)が、6万円安の108万円と4日続落、連日年初来安値を更新し225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に入っている。同社は前日に、サブプライムローン問題に絡んだ7月末時点の評価損が約50億円だと発表、目先の悪材料出尽くしとの見方もあるが、需給面や業績面では積極的に買い出るところではないだろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:07 | 株式投資ニュース

東燃ゼネラル石油は通期下方修正で反落も、下値は堅し。拾い時と見る

 東燃ゼネラル石油<5012>(東1)は反落。47円安の1115円まで売られている。
 きのう大引け後に発表した6月中間連結決算は、前年同期比微減収増益だったが、同時に12月通期業績予想を一部、下方修正した。今朝は地合いが悪いため、市場は下方修正のほうに強く反応している。
 とはいえ、下値抵抗線1100円は堅いようだ。また、期末配当金は18円50銭と高めなので、安値の今のうちに拾っておくのも一手だ。信用残は売り長なので、反発→続伸のきざしが出れば、買い戻しでさらに上昇加速という期待もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:01 | 株式投資ニュース

日本ケミコンが反発、7月の売上高は前年同月比11.0%増と好調に推移

 アルミ電解コンデンサー首位の日本ケミコン<6997>(東1)が、31円高の1173円と反発している。引き続き、銀行系証券の産業レポートで、7月の売上高(3ヵ月移動平均)は全体で前年同月比11.0%増と好調に推移したことを好感している。アルミコンデンサは同15.5%増、その他コンデンサは同5.0%増、回路・機構は同4.5%減となった。PC用マザーボード、ゲーム機が好調。液晶TV電源周りはやや一服の模様としている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 株式投資ニュース

ケネディクスが3日ぶりに反落、公募増資を嫌気

 不動産ファンドを運営するケネディクス<4321>(東1)が、1万5000円安の19万9000円と3日ぶりに反落している。同社が前日、中間期決算と併せて公募増資などにより最大122億円の資金を調達すると発表、需給悪化を嫌気した売りが先行している。6月中間期の連結経常利益は従来予想を49億円上回る174億円(前年同期比39.6%増)と好調に推移した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:44 | 株式投資ニュース

オルガノは小幅続伸。市場が全面安のなか、中期テーマ銘柄に買いが入る

 オルガノ<6368>(東1)は小幅続伸。寄り後は15円高の2045円まで買われている。
 とくに何か材料が出たわけではないようだが、前日の欧米株式市場の不振を受けて、今朝は日経平均株価も反落。一時、231円35銭安の1万6613円26銭まで下落している、地合いの悪い状況だ。
 そのため、同社のように「水」関連など、中期で買い材料がある銘柄が買われているもようだ。信用残も、買い残が異様に膨らんでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | 株式投資ニュース

日本カーボンが3日ぶりに反落、中間期好調も目先好材料出尽くし感

 日本カーボン<5302>(東1)が、14円安の752円と3日ぶりに反落している。同社が前日発表した2007年6月中間期決算は、売上高が前年同期比13.5%増、経常利益が同37.0%増、純利益が同6.9%増と好調だったが、米国市場安と目先好材料出尽くし感から売り先行となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:34 | 株式投資ニュース

昭シェルは住宅用太陽電池の増産報道も小反落。今朝は石油セクターが売られる

 昭和シェル石油<5002>(東1)は小反落。17円安の1328円で始まっている。
 今朝の日経新聞などで「住宅用太陽電池の新工場を宮崎県内に建設する」「150億円を投資して、2009年上期までに、生産能力を現在の4倍に拡大する」と報道されたが、市場は反応薄だ。
 きのうは石油・石炭セクターが買われたが、今朝は一転して売られている。東証1部業種別株価指数でも、値下がり率上位となっている。
 14日の米ニューヨーク市場では、原油先物相場が続伸したものの、米株式市場、欧州(英・独)株式市場の反落を受け、原油先物相場も減速したと伝えられている。
 昭和シェル石油のチャートを見ると、7月につけた年初来高値1603円をピークに、続落。しかし現在の株価でPER10倍台、PBR1倍台と割安水準。中期では戻ると見たい。まずは25日移動平均線1500円ラインが目標か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 株式投資ニュース

松下電器産業は一時、ストップ安買い気配。携帯用電池の回収で

 松下電器産業<6752>(東1)は寄り前、一時、1720円ストップ安売り気配となった。
 ノキア製の携帯電話に搭載している、松下のリチウムイオン電池が、異常発熱する恐れがあるとして、世界で4600万個を無償回収すると発表した。数百億円規模の回収費用が発生するとされている。
 同社のチャートを見ると、6月につけた年初来高値2585円をピークに、2000円ラインまで続落してきた。今後の状況にもよるが、長期では押し目の買い場と見られる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース
2007年08月14日

大引けの日経平均株価は44円高の1万6844円と小幅続伸

 大引けの日経平均株価は44円56銭高の1万6844円61銭と小幅続伸となった。TOPIXは4.82ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は2.79円安と10日続落した。
 値上がり業種は石油石炭製品、海運、卸売、その他製品、非鉄金属など19業種
 値下がり業種はパルプ・紙、電気・ガス、証券商品先物、空運、保険など14業種。
 東証1部市場値上がり857銘柄、値下がり780銘柄、変わらず86銘柄
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、富士電機ホールディングス<6504>(東1)新日本石油<5001>(東1)伊藤忠商事<8001>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、UFJニコス<8583>(東1)クレディセゾン<8253>(東1)日本製紙グループ本社<3893>(東1)
 
 全体の値上がり率上位は、佐藤渡辺<1807>(JQ)東北ミサワホーム<1907>(東1)ミサワホーム北日本<1748>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄は、あい ホールディングス<3076>(東1)、アロカ<7704>(東1)、武藤工業<7999>(東1)、スクウェア・エニックス<9684>(東1)の4銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:15 | 株式投資ニュース

メイコーが6日ぶりに反発、銀行系証券が投資判断を格上げ

 プリント配線板の設計・製造で国内上位のメイコー<6787>(JQ)が、220円高の4020円と6日ぶりに急反発している。銀行系証券が13日付で投資判断を「2+」→「1」に格上げしたことを好感している。武漢、広州の大型工場がフルに寄与、再び高成長路線に復帰していくと判断、利益成長率やPERを考慮すると見直し余地は大きいとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:33 | 株式投資ニュース

東映は14時発表の1Q減収減益で、続落。そろそろ下げ止まると見たいが・・・

 東映<9605>(東1)は続落。41円安の695円まで売られている。
 6月につけた年初来高値895円をピークに、下降トレンドで来ていたが、本日14時に発表した第1四半期連結決算が、前年同期比減収減益であったことも、売りに拍車をかけているようだ。
 2008年3月通期連結業績予想も、前年実績比減収減益の前回予想を据え置いている。
 今年に入ってからのチャートを見ると、現在の700円ラインがひとつの下値フシだが、さらに下でも、650円ラインが下値抵抗線となっている。
 信用残は売買ほぼ拮抗。市場全体も下げ止まり感が見えてきたので、同社の株価もこのあたりで下げ止まると見たい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:19 | 株式投資ニュース

ヤマハ発動機が続伸、国内大手証券系調査機関が目標株価を引き上げ

 ヤマハ発動機<7272>(東1)が、80円高の3280円と続伸している。国内大手証券系調査機関が投資判断を「3」→「2」に格上げ、目標株価を3300円→3700円に引き上げたことを好感している。 今12月期は、一過性費用の低減・消失、アジア二輪の拡大などで、前期比1割程度の増益は見えてくると指摘。投資判断のベースが08年12月期へ移行していく局面において、株価に上昇余地を見いだせる可能性が高いとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:11 | 株式投資ニュース

タムロンが5日ぶりに反発、四季報速報では会社側の予想数値はなお保守的と

 一眼レフ交換レンズで世界的なタムロン<7740>(東1)が、90円高の3640円と5日ぶりに反発している。本日付の四季報速報では、会社側は、好調な上期実績を受け、通期見通しを売上高674億円、営業利益86億円、経常益75億円、純利益45億円に増額したものの、修正後の会社側の予想数値はなお保守的として、売上高740億円、営業利益100億円、経常利益90億円、純利益53億円と、通期の見通しを大幅上方修正している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:48 | 株式投資ニュース

ニチアスが続伸、銀行系証券の目標株価引き上げを好感

 ニチアス<5393>(東1)が、19円高の1194円と続伸している。銀行系証券が投資判断を「2」継続、目標株価を1250円→1400円に引き上げたことを好感している。8日に業績予想の上方修正を発表、売上高が前回予想を60億円上回る1740億円、経常利益が同5億円上回る158億円、純利益が同3億円上回る91億円に修正したことを受けたもの。直近9日高値1286円を抜けるか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:39 | 株式投資ニュース

ヤマハは深押しからリバウンド。地合い回復基調で堅実銘柄に買いが戻る

 ヤマハ<7951>(東1)は深押しからリバウンド。先週10日には年初来安値2300円まで売られたが、以降は反発。きょう後場には一時、185円高の2725円まで買われた。
 とくに材料が出たわけではないようだが、地合いの悪化にツレて売られていたのが、今週に入って堅調に戻しており、同社のような、堅い銘柄に買いが入っているもようだ。
 現在の株価で、PERは17倍台、PBRは1倍台。好業績で、技術力もある、老舗大手にしては、割安となっている。
 この数日のチャートを見ると、深押しから大きくリバウンドしているものの、今年4月につけた上場来高値2910円までには、まだ上値余地がある。
 3年ほどの長期チャートでも、上昇トレンドで来ている。また、信用残は売り長なので、上昇トレンドが続けば、買い戻しも入って、さらに買い・上昇が加速しよう。今後の地合いにもよるが、再び上場来高値の更新期待も、満更ではない。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 株式投資ニュース

アシックス商事が3日続伸し新値追い

 アシックス商事<9814>(東2)が、2円高の1582円と3日続伸し新値追いとなっている。3日の第1四半期決算と併せて9月中間期業績予想を発表、中間期業績予想の上方修正したことが買い手掛かり。今期予想PER13倍、PBRが1倍割れ水準と割安感がある。1700円処のフシ挑戦の動きとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:59 | 株式投資ニュース