[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/20)淀川製鋼所は前引け時に中間好決算と通期上方修正を発表。テクニカル的にも買い時
記事一覧 (11/20)前引けの日経平均株価は285円安の1万4756円と大幅続落
記事一覧 (11/20)日立製作所が続伸、09年度の情報通信事業の売上高を2兆円に
記事一覧 (11/20)ニチアスが続落、大臣認定を取り消しから売り直す
記事一覧 (11/20)双葉電子工業が上場来安値を更新、外資系証券の投資判断格下げを嫌気
記事一覧 (11/20)伊予銀行が買戻し主導で続伸、通期業績予想を上方修正
記事一覧 (11/20)あおぞら銀行が4日ぶりに反発、住友信託は3日続落
記事一覧 (11/20)東京電波3日ぶりに急反発、中間期業績予想の上方修正を好感
記事一覧 (11/20)マツモトキヨシHDが3日ぶりに急反発、中間期黒字転換を好感
記事一覧 (11/20)三洋電機が続伸、太陽電池の売上高を07年度見込み比倍増に拡大
記事一覧 (11/19)【明日の動き】家電量販店は二極化
記事一覧 (11/19)大引けの日経平均株価は112円安の1万5042円と3日続落
記事一覧 (11/19)新日本製鐵が続落し直近安値を下回る
記事一覧 (11/19)ラオックスが続伸、マイルストーンによる再生を期待
記事一覧 (11/19)扶桑化学工業が反発、主力の超高純度コロイダルシリカは好調
記事一覧 (11/19)NTTデータが続伸し年初来安値から出直る動き
記事一覧 (11/19)三井造船が3日続落し225採用銘柄の値下がり率ランキング第1位に
記事一覧 (11/19)静岡銀行が4日続伸し225採用銘柄の値上がり率ランキング第1位に
記事一覧 (11/19)前引けの日経平均株価は43円高の1万5197円と反発
記事一覧 (11/19)ササクラはモミ合い上放れと見たい。海水淡水化装置関連は、中長期で買いテーマ
2007年11月20日

淀川製鋼所は前引け時に中間好決算と通期上方修正を発表。テクニカル的にも買い時

 淀川製鋼所<5451>(東1)は続落。一時、492円まで売られ、年初来安値を更新した。前場は14円安の503円で引けている。気配値は507円。
 本日前引け時11時に9月中間決算を発表した。連結で、売上高が前年同期比12.7%増の1011億3900万円、経常利益が同3.4%増の72億6400万円、純利益が同22.2%増の37億2900万円の増収増益。
 2008年3月通期連結業績予想は、売上高が前年実績比6.1%増の2040億円、経常利益が同19.4%減の122億円、純利益が同0.4%増の64億円と、前回の減収減益予想から上方修正した。
 きょうの前場は地合いが悪く、好材料が出た銘柄に買いが集中する傾向にあるようだ。なので、後場以降、同社株にも買いが集まると期待してみる。現在の株価でPERは15.33倍と、とくに割高感はない。信用残は売り長。まずは次のフシ600円ライン奪回を目指す。

(関連記事)
・2007年08月30日 淀川製鋼所が3日ぶりに反発、中国鋼鉄と関係強化
・2007年08月16日 淀川製鋼所は1Q好業績で小反発。しかし地合い軟調で上げは限定的か
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:18 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は285円安の1万4756円と大幅続落

 前引けの日経平均株価は285円89銭安の1万4756円67銭と4日大幅続落。TOPIXは33.68ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は30.55円安と3日続落している。
 値上がり業種は陸運、鉱業の2業種。
 値下がり業種は鉄鋼、卸売、機械、不動産、ゴム製品など31業種。
 東証1部市場値上がり121銘柄、値下がり1542銘柄、変わらず42銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、新生銀行<8303>(東1)クラリオン<6796>(東1)テルモ<4543>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、横浜ゴム<5101>(東1)SUMCO<3436>(東1)東海カーボン<5301>(東1)
 全体の値上がり率上位は、フリード<9423>(JQ)ターボリナックス<3777>(大へ)ビービーネット<2318>(大へ監)
 
 東証1部新高値銘柄はなし。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

日立製作所が続伸、09年度の情報通信事業の売上高を2兆円に

 日立製作所<6501>(東1)が、7円高の757円と続伸している。寄付きは19円安の731円から始まった後切り返す動きになっている。同社が19日、2009年度の情報通信事業(ハードディスク駆動装置を除く)の売上高を2兆円と、06年度比5%増やす方針を発表、これを評価した動きになっている。国内外のコンサルタント人数を約2倍の3500人とするほか、サーバーなど情報機器の海外販売を強化。業務データの増大に伴い、企業の情報システム需要は世界的に高まっており、体制強化で収益拡大を図るとしている。併せて中国に金融子会社を設立すると発表、グローバルでの財務管理の効率化につなげていくとしていることも評価されているようだ。

(関連記事)
・2007年11月14日 日立系SIの日立システムアンドサービスは見直し買いで反発。優良株の押し目、買い時
・2007年10月23日 日立製作所が6日ぶりに反発、パソコン生産から全面撤退
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:56 | 株式投資ニュース

ニチアスが続落、大臣認定を取り消しから売り直す

 ニチアス<5393>(東1)が、57円安の336円と続落している。国土交通省が19日、再検査中だった住宅用建材2件の耐火性能が基準を下回ったため、大臣認定を取り消したと発表、これを嫌気して売り直す動きに。耐火性能の偽装が発覚した建材20件すべてが認定基準を満たしていなかった。値ごろ感から短期資金の流入も見られたが、上値の重たさも重なり売り優勢の展開となっている。

(関連記事)
・2007年10月31日 ニチアスは一時、ストップ安売り気配。建材の耐火性能偽装・隠ぺいで
・2007年08月14日 ニチアスが続伸、銀行系証券の目標株価引き上げを好感
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

双葉電子工業が上場来安値を更新、外資系証券の投資判断格下げを嫌気

 各種ディスプレーに使用する蛍光表示管トップの双葉電子工業<6986>(東1)が、300円安の2060円と大幅に反落し8月17日につけた年初来高値2290円を下回り、02年12月の上場来安値2150円をも更新、東証1部値下がり率ランキング上位に入っている。外資系証券が投資判断を「中立」→「売り」に格下げ、目標株価を2800円→2400円に引下げたことを嫌気した売りが脹らんでいる。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:30 | 株式投資ニュース

伊予銀行が買戻し主導で続伸、通期業績予想を上方修正

 伊予銀行<8385>(東1)が、38円高の1107円と続伸している。前日、後場立会い中に9月中間期決算と通期業績予想の修正を発表、通期業績予想の上方修正を好感した買いが入っている。経常利益が前回予想を39億円上回る334億円(前年比22.1%増)に修正した。信用売残が60万7000株で取組倍率0.06倍となっており、買戻し主導の動きとなっているようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:15 | 株式投資ニュース

あおぞら銀行が4日ぶりに反発、住友信託は3日続落

 あおぞら銀行<8304>(東1)が、5円高の323円と4日ぶりに反発している。住友信託銀行<8403>(東1)とあおぞら銀行が19日、包括的な業務提携を進める方向で最終調整に入ったの日本経済新聞朝刊が報じたことを受けたもの。あおぞら銀行の株価は、14日に業績予想の下方修正を発表後、軟調な展開で前日に314円の年初来安値をつけた。不動産関連や信託、資産運用の3分野で年内にも共同事業に乗り出すとともに、幅広い業務分野で提携策を探るとしているが、事実となれば、あおぞら銀行の株価下落に歯止めもかかると思われる。一方の住友信託にとってはお荷物を背負い込むことになるのではとの見方から、株価は3日続落となっている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | 株式投資ニュース

東京電波3日ぶりに急反発、中間期業績予想の上方修正を好感

 水晶発振器・フィルター大手の東京電波<6900>(東1)が、100円高の1310円と3日ぶりに急反発している。前日に9月中間期業績予想の修正を発表、上方修正を好感した買いが入っている。売上高が前回予想を5億円上回る66億円、経常利益が同2億6000万円上回る4億9000万円、純利益が同2億4000万円上回る3億5000万円に修正した。水晶振動子、発振器などの水晶部品が携帯電話やデジタル家電向けを中心に拡大したとしている。通期の業績予想は、22日の中間決算発表時に公表する予定。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | 株式投資ニュース

マツモトキヨシHDが3日ぶりに急反発、中間期黒字転換を好感

 マツモトキヨシホールディングス<3088>(東1)が、86円高の2085円と3日ぶりに急反発している。前日に9月中間期決算を発表、2ケタの増収増益黒字転換を好感した買いが入っている。売上高が前年同期比18.3%増の1933億6900万円、経常利益が同17.9%増の76億1000万円、純損益が同赤字から24億4200万円の黒字転換となった。新規出店の効果に加え、「ぱぱす」など連結した子会社の収益が上乗せが寄与したとしている。株価は、1日の戻り高値2100円を上回る2135円まで買われモミ合いとなっている。

(関連記事)
・2007年10月18日 マツモトキヨシHDが4日ぶりに急反発、自己株式取得を好感
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース

三洋電機が続伸、太陽電池の売上高を07年度見込み比倍増に拡大

 三洋電機<6764>(東1)が、6円高の185円と続伸している。同社の2008年度から3カ年の新事業計画が明らかになったとの報道を好感している。太陽電池の売上高を07年度見込み比倍増の1200億円、リチウムイオン電池など充電池を同5割増の4500億円超に拡大し、成長の柱に据える。売却を断念した半導体子会社は200億円増資する。07年9月中間期の連結業績の営業利益は、前年同期比約6割増の250億円前後になったもよう。携帯電話機事業の売却などと合わせ、安定利益を稼げる経営体質への転換を急ぐとしている。株価は、上値切り下げの動きとなっており、戻り売りをどうこなすか注目されよう。

(関連記事)
・2007年11月15日 三洋電機が続伸、新日本石油と家庭用燃料電池の新会社設立
・2007年10月17日 三洋電機が続落し225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース
2007年11月19日

【明日の動き】家電量販店は二極化

明日の動き 外資系の決算を控えた売りが出るとの見方から、全般様子見気分が強まり、今週4日立会いだが軟調な展開が予想される。個別では、コジマ<7513>(東1)が9月中間期営業赤字を嫌気してストップ安となったが、エディオン<2730>(東1)等上方修正している家電量販店株は引続き堅調な動きとなっており、二極化の動きは強まりそうだ。また、今冬は厳冬との予想から消費関連を物色する動きも活発化しよう。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:24 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は112円安の1万5042円と3日続落

 大引けの日経平均株価は112円05銭安の1万5042円56銭と3日続落した。TOPIXは15.06ポイントの下落した。日経ジャスダック平均株価は14円08銭安と続落した。
 値上がり業種は空運、保険、医薬品、精密機器、銀行など6業種。
 値下がり業種は海運、卸売、鉄鋼、機械、非鉄金属など27業種。
 東証1部市場値上がり356銘柄、値下がり1287銘柄、変わらず75銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、静岡銀行<8355>(東1)横浜銀行<8332>(東1)東宝<9602>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、東ソー<4042>(東1)三井造船<7003>(東1)住友重機械工業<6302>(東1)
 全体の値上がり率上位は、ラオックス<8202>(東2)ビービーネット<2318>(大ヘ監)ローヤル電機<6593>(jQ)
 
 東証1部新高値銘柄は三井松島産業<1518>(東1)、ドワンゴ<3715>(東1)、パトライト<6825>(東1)、東武ストア<8274>(東1)の4銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:27 | 株式投資ニュース

新日本製鐵が続落し直近安値を下回る

 新日本製鐵<5401>(東1)が、30円安の629円と続落した。一時34円安の625円まで売られ直近12日安値627円を下回り下げ基調となっている。同社が本日、タイ政府が計画している高炉からの一貫製鉄所建設に向け、同国政府と協議に入る方針を明らかにしたと一部報道があったが反応薄。米国景気の減速懸念があることに加え、為替相場が110円台に推移していることなどが重しとなっている。株価は、5日移動平均線を上回ったところで上値を押さえられる動きで、厳しい展開が続きそうだ。

(関連記事)
・2007年11月12日 新日本製鐵が4日続落、高水準の信用買残
・2007年11月07日 新日本製鐵の株価は(相場&銘柄−強弱対立)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:06 | 株式投資ニュース

ラオックスが続伸、マイルストーンによる再生を期待

 ラオックス<8202>(東2)が、16円高の67円と続伸している。前週16日に9月中間決算純損益赤字修正と併せてマイルストーンターンアラウンドマネジメントとの資本・業務提携について発表、マイルストーンによる再生を期待した買いが入っている。株価は、15日に急落して39円の上場来安値をつけたことから、値ごろ感から短期資金を呼び込む展開となっているようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:16 | 株式投資ニュース

扶桑化学工業が反発、主力の超高純度コロイダルシリカは好調

 リンゴ酸世界シェア5割の扶桑化学工業<4368>(JQ)が、70円高の3610円と反発している。銀行系証券が主力の超高純度コロイダルシリカは好調として、投資判断を「1」継続としている。前週15日に発表の08年3月期中間期連結営業利益は15億7000万円(前年同期比25%増)だった。主力の超高純度コロイダルシリカが伸び、業績をけん引した。期初会社計画の17億円に未達となった原因は、たな卸資産評価損の発生(売上原価に計上)、新工場の京都第2工場稼働開始前倒しによる減価償却費の計上、京都第2工場の立ち上げコスト発生、など。これらのコストアップ要素は期初計画に織り込まれていなかったため、実質的に上期業績は好調だったと判断されるという。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:26 | 株式投資ニュース

NTTデータが続伸し年初来安値から出直る動き

 NTTデータ<9613>(東1)が、1万1000円高の46万4000円と続伸し13日につけた年初来安値44万円から出直る動きとなっている。国内大手証券が事業体制の強化を通して構造的な業績拡大の継続が予想されるとして、投資判断を「2」→「1」に格上げしている。また2月5日高値63万5000円をつけた後、調整局面に入っていたが値ごろ感からいい水準に達したとの見方も出たようだ。

(関連記事)
・2007年07月24日 NTTデータは排出権仲介事業参入報道で反発。続落から上昇トレンド形成へ
・2007年07月06日 NTTデータが5日続落し年初来安値を更新
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:00 | 株式投資ニュース

三井造船が3日続落し225採用銘柄の値下がり率ランキング第1位に

 三井造船<7003>(東1)が、前場32円安の499円と3日続落し225採用銘柄の値下がり率ランキング第1位になっている。同社が道路の立体交差などに使う小型橋梁(きょうりょう)事業を見直すと前日報じられたが反応薄。10月31日に9月中間期決算を発表、従来予想を上回ったものの材料出尽くし感、戻りの鈍さから、それ以降下げ足を速めている。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:32 | 株式投資ニュース

静岡銀行が4日続伸し225採用銘柄の値上がり率ランキング第1位に

 静岡銀行<8355>(東1)が、前場53円高の1204円と4日続伸し225採用銘柄の値上がり率ランキング第1位になっている。前週16日に9月中間期決算を発表、コア業務純利益が前年同期比7.8%増の194億5300万円と過去最高益、1000万株・130億円を上限に自社株買い(11月19日〜08年3月14日)実施を好感した買いが入っている。クレディア<8567>(東1)向け融資は50億7000万円あったが、担保や保有債権で相殺し損失をほとんど計上せずにすむうえ、貸出金残高が5.9%伸び投資信託販売の影響をカバー、コア業務純益は4期連続で伸びたとしている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:20 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は43円高の1万5197円と反発

 前引けの日経平均株価は43円21銭高の1万5197円82銭と反発。TOPIXは0.09ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は6.46円安と続落している。
 値上がり業種は保険、精密機器、輸送用機器、空運、不動産などの13業種。
 値下がり業種は海運、卸売、鉄鋼、その他金融、水産・農林など20業種。
 東証1部市場値上がり515銘柄、値下がり1077銘柄、変わらず116銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、静岡銀行<8355>(東1)ファーストリテイリング<9983>(東1)オリンパス<7733>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、三井造船<7003>(東1)明治乳業<2261>(東1)太平洋セメント<5233>(東1)
 全体の値上がり率上位は、ビービーネット<2318>(大へ監)ネポン<7985>(東2)シライ電子工業<6658>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄はあい ホールディングス<3076>(東1)、ドワンゴ<3715>(東1)、クラリオン<6796>(東1)、東武ストア<8274>(東1)の4銘柄。



提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:23 | 株式投資ニュース

ササクラはモミ合い上放れと見たい。海水淡水化装置関連は、中長期で買いテーマ

 ササクラ<6303>(大2)は15円高の1020円と続伸。16日につけた年初来安値981円からのリバウンド局面となっている。
 チャートを見ると10月に1200円ラインから急落。ここ数日は1000円前後でモミ合っている。上放れのタイミングと見たい。現在の株価でPER19倍台。信用買い残がふくらんでいるのは気になるところではあるが、海水淡水化装置関連は中長期で買いテーマでもある。
 まずは急落前の1200円ライン奪回を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:50 | 株式投資ニュース