[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/26)高砂熱学工業は「空調最適化」事業報道も手がかりで続伸。もうしばらくは上値追いか
記事一覧 (07/26)日本郵船が上方修正発表を好感し上場来高値を更新
記事一覧 (07/26)ヤフーが続落、年初来安値を意識する動き
記事一覧 (07/26)前引けの日経平均株価は46円安の1万7811円と続落
記事一覧 (07/26)カワタは反発。好業績に加え、これだけある、買い材料
記事一覧 (07/26)ゴルフパートナーは続伸。「団塊世代の大量退職」関連銘柄と見る
記事一覧 (07/26)日本航空電子工業は好業績でギャップアップ、年初来高値更新かつ値上がり率トップに
記事一覧 (07/26)F&AアクアHDはギャップアップ→続伸。自社株買い・増配なのに割安、買い時
記事一覧 (07/26)三越は10時に4円高591円で寄り付き。第三者割当報道は「事実無根」と発表
記事一覧 (07/26)ニチロは年初来安値更新。「中国での冷凍野菜合弁」報道も市場は反応薄
記事一覧 (07/26)野村ホールディングスは1Q大幅増収増益でギャップアップ。今朝は証券セクターが高い
記事一覧 (07/26)アドバンテストは1Q減収減益で続落も、押し目の買い時
記事一覧 (07/26)テルモの1Qは2ケタ増収増益。買い気配切り上げ、オシレーターも「買い時」
記事一覧 (07/26)日本製粉はギャップアップ。1Q好業績が材料だが、テクニカル的にも買い時
記事一覧 (07/26)ホンダは1Q好業績と中間・通期上方修正で反発
記事一覧 (07/25)大引けの日経平均株価は143円安の1万7858円と反落
記事一覧 (07/25)エルピーダメモリが6日ぶりに反発、外資系証券が目標株価を引き上げ
記事一覧 (07/25)株マニ『リアルタイム注目銘柄』の日本パーカライジングは後場も続伸
記事一覧 (07/25)当サイト注目のSMKが急反発、中間期の上方修正発表を好感
記事一覧 (07/25)NaITOは後場寄り、反発。経営再建がほぼ終了、大口株主も心強い
2007年07月26日

高砂熱学工業は「空調最適化」事業報道も手がかりで続伸。もうしばらくは上値追いか

 高砂熱学工業<1969>(東1)の後場は、6円高の1260円で始まり、1965円まで買われている。
 もともと続伸傾向で来ていたが、今朝の日経産業新聞で、「高砂熱学工業、ビルの消費電力3%減――空調設備を最適化」と報道されたことも、手がかり材料となっているもようだ。
 続伸とはいえ、現在の株価でPERは30倍弱、PBRは1倍台と、まだ割高・過熱感は出ていない。信用残は売り長で、倍率はなんと0.04倍。市場では「早晩、反落する」という見方が趨勢となっているということだが、買い戻しも期待できる、微妙な状況。
 長期チャートでは、次のフシは1998年水準の1500円ラインだ。ちなみに上場来高値は1990年につけた3380円。もうしばらくは上値追いができるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:04 | 株式投資ニュース

日本郵船が上方修正発表を好感し上場来高値を更新

 日本郵船<9101>(東1)が、後場54円高の1272円で寄付き、89年12月につけた上場来高値1250円を更新している。本日午前11時に発表の第1四半期決算が大幅増益となったことを好感した買いが入っている。売上高が前年同期比14.6%増、経常利益が同99.5%増、純利益が同2.31倍となった。これを受け中間期・通期の業績予想を上方修正した。通期の売上高は期初予想を1000億円、経常利益は同175億円、純利益は同120億円増額修正した。燃料油価格が一段と高騰している一方で、ドライバルカー市況が期初の想定を上回って高水準で推移している状況や、欧州航路、中南米航路を中心とした定期船の荷動きが堅調であること等から、中間期、通期ともに海運業部門の業績良化を見込み。物流、ターミナル関連、客船、不動産の各事業では概ね期初の予想通り推移しているが、航空運送事業では日本・アジア発の低調な荷況や、燃料油調達価格の高騰等の影響が見込まれまるとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:51 | 株式投資ニュース

ヤフーが続落、年初来安値を意識する動き

 ヤフー<4689>(東1)が、1350円安の3万8050円と続落している。24日に発表された第1四半期決算の売上高が前四半期比で減少となったことを嫌気した売りが続いている。また前日、外資系証券が投資判断を「BUY」→「HOLD」に格下げしたことも響いたようだ。株価は下げ基調となっており、4月23日につけた年初来安値3万5750円を意識した動きのようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:45 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は46円安の1万7811円と続落

 前引けの日経平均株価は46円56銭安の1万7811円86銭と続落している。TOPIXは4.09ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は2.41円安と反落している。
 値上がり業種は証券商品先物、その他製品、精密機器、鉱業、海運など。
 値下がり業種はガラス土石製品、倉庫運輸関連、小売、金属製品、卸売など。
 東証1部市場値上がり525銘柄、値下がり1057銘柄、変わらず139銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、テルモ<4543>(東1)野村ホールディングス<8604>(東1)新光証券<8606>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、アドバンテスト<6857>(東1)日本板硝子<5202>(東1)ヤフー<4689>(東1)
 全体の値上がり率上位は、クインランド<2732>(大ヘ)ビジネスバンクコンサルティング<3719>(JQ)共同コンピュータホールディングス<9685>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄は、テルモ<4543>(東1)、住友重機械工業<6302>(東1)、ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)、ミツミ電機<6767>(東1)、ローランドディー.ジー.<6789>(東1)、日本航空電子工業<6807>(東1)、オプテックス<6914>(東1)、スタンレー電気<6923>(東1)、岡谷電機産業<6926>(東1)、日本郵船<9101>(東1)など30銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

カワタは反発。好業績に加え、これだけある、買い材料

 カワタ<6292>(JQ)は反発。前場は13円高の596円まで買われている。
 きのう大引け後に発表した、第1四半期(4〜6月)連結決算は、前年同期比増収増益。とくに経常利益は同35.6%増の2億3400万円、純利益は同57.6%増の1億3700万円と、大幅な増益となった。
 プラスチック製品製造機器事業の、自動車・デジタル家電向けが堅調に推移した。また、利益面では、原価低減活動や、新製品開発による高付加価値製品へのシフトなどが奏功して増益となった。
 2008年3月期連結業績予想は、前年実績比増収増益の当初見通しを据え置いている。
 今年に入ってからのチャートを見ると、1月につけた年初来高値738円から続落し、5月につけた年初来安値549円で底を打った。その後、600円をはさんでモミ合っている。好業績をバネに、本格的な上昇局面に転じたと見たい。
 モミ合ってきたので、オシレーター的には「買い時」となっている。現在の株価でPERは8.57倍、PBRは0.73倍と割安。株価3ケタで単位1000株という、買いやすさも魅力だ。マーケットメイク銘柄の安心感もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:09 | 株式投資ニュース

ゴルフパートナーは続伸。「団塊世代の大量退職」関連銘柄と見る

 ゴルフパートナー<3074>(東マ)は続伸。2000円高の11万8000円で始まり、前場は一時、13万4000円まで買われた。ストップ高13万6000円ラインまで肉薄する場面もあった。東証マザーズ値上がり率上位にランクインしている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、同社の事業である、「中古ゴルフクラブ販売」が、「団塊世代の退職関連株」として注目されているもようだ。
 業績は好調。2007年5月通期決算は前年比増収増益。2008年5月期業績予想も増収増益としている。
 現在の株価で、PERは40倍台、PBRは7倍台と割高水準ではある。が、ここは、「市場の期待値大」の証左と見る。チャートを見ると、この1〜2ヵ月の上値抵抗線14万円までは行けそうだ。そのフシを抜ければ、次のフシは16万円ラインだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:51 | 株式投資ニュース

日本航空電子工業は好業績でギャップアップ、年初来高値更新かつ値上がり率トップに

 日本航空電子工業<6807>(東1)はギャップアップ。210円高の1842円で始まり、寄り後は1900円まで買われた。1月につけた年初来高値1775円を大きく更新した。また、一時、東証1部値上がり率トップとなった。
 きのう大引け後に発表した、第1四半期(4〜6月9連結決算が、前年比大幅増収増益だったこと、2008年3月通期の個別業績予想を上方修正したことが買い材料となっている。
 上場来高値は1989年につけた2010円だが、それに向けてさらに値を飛ばすのか、まずはいったん調整が入るのか。現在の株価でPBRは2倍台後半と高めだが、PERは20倍台と割安め。信用残は若干、売り長。もう少し上値追いができると見る。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:38 | 株式投資ニュース

F&AアクアHDはギャップアップ→続伸。自社株買い・増配なのに割安、買い時

 F&Aアクアホールディングス<8008>(東1)はギャップアップ→続伸。30円高の786円で始まり、寄り後は800円まで買われた。
 きのう大引け後に、2008年2月通期末の増配と、自社株買いを発表した。
 配当金は、8月中間と2008年2月通期末にそれぞれ2円50銭増配の、10円とする。年間計で当初予想15円から、20円とした。現在の株価で、年間配当利回り約2.5%と、高めの数字となる。
 自己株式の買い付けは、8月1日〜10月12日に行なう。取得する株式の上限は50万株(発行済み株式総数に対する割合1.6%)。取得価額の総額は5億円。単純に割ると、1株1000円の計算となる。
 チャートを見ると、2006年1月につけた直近高値1440円をピークに、現在の800円ラインまで、続落傾向で来ている。なので、オシレーターは、短期日足、中期週足、長期月足とも、「買い時」となっている。
 現在の株価でPER16.67倍、PBR0.61倍と割安。
 信用残は買い長で、倍率は40倍以上だが、買い残は154万株と、同社浮動玉の半分にも満たず、心配はない数だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

三越は10時に4円高591円で寄り付き。第三者割当報道は「事実無根」と発表

 三越<2779>(東1)の今朝は、10時に4円高の591円で寄り付いた。
 今朝は「三越、800億円の増資検討、今年度内に第三者割当増資」と報道されたため、東証は一時、売買を停止していた。9時30分に、三越がこの報道について「憶測あるいは推測に基づくもので、事実無根の報道」と発表したため、売買が再開された。寄り後は580円台で推移している。
 一方、伊勢丹<8238>(東1)は、9時に高寄り後、続落。19円安の1920円で始まり、その後は続落して、1880円台で推移している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:18 | 株式投資ニュース

ニチロは年初来安値更新。「中国での冷凍野菜合弁」報道も市場は反応薄

 ニチロ<1331>(東1)は反発→反落。4円高の197円で始まったが、寄り後は189円まで下落した。
 報道によると、きのう、「中国で冷凍野菜を生産する合弁会社を設立した」と発表した。枝豆など、日本向けに輸出する主力拠点と位置づけるという。が、市場は反応薄だ。
 日経記事によると、中国産食品の安全性が問題視されるなか、ニチロは栽培技術指導や農薬管理などを徹底した独自の生産管理システムを導入。安全性を確保して日本での拡販につなげる。新会社は黒龍江省に設立。8月中旬に稼動する予定で、生産するのは枝豆、カボチャ、アスパラガスなど。年間生産能力は計4000トン。売上は初年度約4億円、2009年度に約10億円を見込んでいる。
 ニチロの今年に入ってからのチャートを見ると、210円台を中心にモミ合ったあと、7月に入ってから続落。今朝つけた189円は年初来安値更新となった。
 今朝は日経平均株価が一時、86円安の1万7772円となるなど、現在は地合いも悪い。中国産品のイメージ回復も、これからといった状況にある。
 同社の株価も、しばらくガマンの時が続こう。しかし中期では持ち直すと見る。10月のマルハグループ本社<1334>(東1)との経営統合も明るい材料だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:07 | 株式投資ニュース

野村ホールディングスは1Q大幅増収増益でギャップアップ。今朝は証券セクターが高い

 野村ホールディングス<8604>(東1)はギャップアップ。200円高の2320円で始まっている。
 きのう大引け後に発表した、第1四半期(4〜6月)連結決算が、前年比大幅な増収増益だったことが買い材料となっている。
 今朝は日経平均株価が続落し、一時、85円79銭安の1万7772円63銭まで下落しており、地合いは軟調。そのなかで、同社をはじめとした「証券・商品先物取引業」セクターが高く、東証1部業種別株価指数で値上がり率トップとなっている。
 同社をはじめとして、大和証券グループ本社<8601>(東1)東海東京証券<8616>(東1)水戸証券<8622>(東1)いちよし証券<8624>(東1)など、軒並み値を上げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 株式投資ニュース

アドバンテストは1Q減収減益で続落も、押し目の買い時

 アドバンテスト<6857>(東1)は続落。200円安の4990円で始まり、寄り後は4900円台で推移している。
 きのう大引け後に発表した、第1四半期(4〜6月)連結決算は、前年同期比減収減益。DRAM(パソコンに搭載するメモリー)の市場価格下落を背景に、半導体メーカーによる設備投資の先送りが響き、DRAM用の半導体試験装置が低迷した。
 ただし、2008年3月連結有業績予想は、一部上方修正した。税引前利益を、前回予想比30億円増額の650億円(前年実績比6.4%増)、純利益を、同20億円増額の420億円(同18.1%増)とした。
 また、現在の株価でPBRは3倍台と高めだが、PBRは20倍台と、とくに割高感はない。押し目のいまが買い時と見る。まずは5500円ライン奪回を狙う。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

テルモの1Qは2ケタ増収増益。買い気配切り上げ、オシレーターも「買い時」

 テルモ<4543>(東1)は200円高の4800円買い気配。
 25日大引け後に発表した第1四半期(4〜6月)連結決算は、売上高が前年同期比17.3%増の754億6900万円、経常利益が同38.2%増の185億9500万円、純利益が同63.4%増の131億4200万円と、大幅な増収増益となった。
 中間・通期業績予想については、期初予想を変更していない。
 チャートを見ると、6月26日につけた直近高値4900円をピークに、下落傾向で来ている。移動平均線から、ローソク足が下方乖離で、短期日足、中期週足でオシレーター的に「買い時」となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース

日本製粉はギャップアップ。1Q好業績が材料だが、テクニカル的にも買い時

 日本製粉<2001>(東1)はギャップアップ。7円高の449円で始まっている。
 きのう大引け後に発表した、第1四半期連結決算は、前年同期比増収増益となった。売上高は同4.4%増の618億6800万円、経常利益は同10.8%増の21億7100万円、純利益は同2.1%増の11億5300万円。
 2008年3月期の連結業績予想は、当初予想の、売上高2450億円(前年実績比2.3%増)、経常利益70億円(同6.4%増)、純利益42億円(同1.3%増)を据え置いている。
 今年に入ってからのチャートを見ると、2月につけた年初来高値530円をピークに、下落トレンドで来ている。現在の株価でPER約18倍、PBR約0.8倍と割安水準。買い時と見た。まずは先月の470円水準までの戻りが目標。次いで、5月のフシ500円が目標となろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 株式投資ニュース

ホンダは1Q好業績と中間・通期上方修正で反発

 本田技研工業<7267>(東1)は反発。50円高の4440円で始まっている。
 きのう大引け後に発表した、2008年3月期第1四半期連結決算は、2ケタ増収増益となった。売上高2兆9311億2300万円(前年同期比12.7%増)、税引前利益2182億5800万円(同14.1%増)、純利益1661億1700万円(同15.8%増)。
 また、同日、業績予想の上方修正を発表した。中間・通期末とも、連結・個別とも、売上高、営業・税引前(経常)・純利益とも上方修正とした。
 修正後の連結の通期末予想は、売上高が前回予想比6000億円増額の12兆3500億円(前年実績比11.4%増)、税引前利益が同1050億円増額の8850億円(同11.6%増)、純利益が同500億円増額の6250億円(同5.5%増)。
チャートを見ると、4月26日につけた年初来安値3950円を底に、続伸トレンドを形成。新潟の地震が悪材料となり、きのうは4390円まで売られる深押しとなっていた。地合いにもよるが、好業績をバネに、続伸と行きたいところ。まずは今年高値4940円奪回が目標か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:10 | 株式投資ニュース
2007年07月25日

大引けの日経平均株価は143円安の1万7858円と反落

 大引けの日経平均株価は143円61銭安の1万7858円42銭と反落した。TOPIXは11.96ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は3.48円高と7日ぶりに反発した。
 値上がり業種はその他製品、海運、銀行、ゴム製品、空運など6業種。
 値下がり業種は石油石炭、鉱業、保険、金属製品、水産・農林など。
 東証1部市場値上がり390銘柄、値下がり1247銘柄、変わらず89銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、三越<2779>(東1)大林組<1802>(東1)ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、DOWAホールディングス<5714>(東1)新日本石油<5001>(東1)松下電器産業<6752>(東1)
 全体の値上がり率上位は、池上通信機<6771>(東1)オーミケンシ<3111>(東2)応用技術<4356>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄は、カルピス<2591>(東1)、東洋炭素<5310>(東1)、ボッシュ<6041>(東1)、アルバック<6728>(東1)、スタンレー電気<6923>(東1)、岡谷電機産業<6926>(東1)、日産車体<7222>(東1)、日信工業<7230>(東1)、メガネトップ<7541>(東1)、日本エム・ディ・エム<7600>(東1)など21銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:18 | 株式投資ニュース

エルピーダメモリが6日ぶりに反発、外資系証券が目標株価を引き上げ

 エルピーダメモリ<6665>(東1)が、120円高の5410円と6日ぶりに反発している。外資系証券が投資判断を「Equalweight」→「Overweight」格上げ、目標株価を4860円→6570円に引き上げたことを好感している。また、20日に銀行系証券が投資判断を「1」継続している。本日、第1四半期決算の発表を予定されており、期待も高まっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

株マニ『リアルタイム注目銘柄』の日本パーカライジングは後場も続伸

 日本パーカライジング<4095>(東1)は後場も続伸。10円高の2115円まで買われている。
 株マニ7月23日『リアルタイム注目銘柄』で取り上げたとおり、好チャート、好業績、好財務、技術力のわりに、PER10倍台の割安さが買われているもようだ。
 また、信用残は売り長で、倍率は0.54倍となっている。
 このままジリ高で、今年高値2200円ラインまでの戻りを期待。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:04 | 株式投資ニュース

当サイト注目のSMKが急反発、中間期の上方修正発表を好感

 当サイト注目のSMK<6798>(東1)が、50円高の840円と7日ぶりに急反発し、直近7月2日の高値835円を抜いている。本日午前11時に発表した中間期業績予想の上方修正を好感している。
 2008年3月期第1四半期(4ー6月)業績は、売上高が前年同期比10.3%増の204億円、経常利益が同43.6%増の23億6600万円、純利益が同54.5%増の15億9800万円となった。通信部品が海外大手携帯電話機メーカー向けに、引き続き順調に売上が拡大、映像・音響部品は薄型テレビ、DVDレコーダー向け部品が伸びたほか、セットトップボックス向け部品も好調、電子玩具・家電部品もゲーム機用部品が高水準に推移、電装部品ではカーナビゲーション用部品が順調に拡大したため、情報事務機部品の不振を補った。これを受け中間期の業績予想は、経常利益が前回予想を10億円上回る41億円、純利益は同5億2000万円上回る25億2000万円に上方修正した。通期予想については据置いているが、上値追いの動きが続きそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:47 | 株式投資ニュース

NaITOは後場寄り、反発。経営再建がほぼ終了、大口株主も心強い

 NaITO<7624>(JQ)は反発。後場寄り、330円高の3200円で買われている。一時、ジャスダック市場値上がり率2位にランクインした。
 機械工具の専門商社。業績が一時、悪化していたが、金融支援などによる経営再建がほぼ終了したということで、株価も底を打ったもようだ。きのう年初来安値2870円をつけていた。
 現在の株価でPERは9.39倍、PBRは1.72倍と、割安水準。筆頭株主は岡谷鋼機<7485>(名証)で51.5%を保有しており、ほかの大口株主には、日立ツール<5963>(東1)ユニオンツール<6278>(東1)京セラ<6971>(東1)不二越<6474>(東1)SMC<6273>(東1)日東工器<6151>(東1)など、優良企業が名を連ねている。
 まずは次のフシ3500円ライン奪回が目標となろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:35 | 株式投資ニュース