[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/21)大引けの日経平均株価は225円高の1万5257円と大幅続伸
記事一覧 (12/21)ヤフーが反発し前場高値を上回り騰勢強める
記事一覧 (12/21)新日本製鐵が4日続伸、3日の高値上回るか注目
記事一覧 (12/21)オリックスが急反落し年初来安値を更新、外資系証券が目標株価引き下げ
記事一覧 (12/21)悪抜け感から楽天が3日ぶりに急反発しストップ高手前まで買われる
記事一覧 (12/21)東日本旅客鉄道が続伸、東京駅周辺大型ビルの賃貸収入など寄与し収益拡大
記事一覧 (12/21)東亜建設工業が反発し東証1部値上がり率ランキング上位に
記事一覧 (12/21)新高値3銘柄、冬枯れ『野中の一本杉相場』の意味するところ
記事一覧 (12/21)前引けの日経平均株価は173円高の1万5205円と続伸
記事一覧 (12/21)アフィリエイト広告のファンコミュニケーションズは押し目からの反発局面
記事一覧 (12/21)テクノアルファは10月公開から続落→反発局面。よく見ると優良株、市場期待値も高し
記事一覧 (12/21)アイディーユーは外資系証券の投資判断を材料に反発。テクニカル的にも「買い」
記事一覧 (12/21)日本精工は続伸。引き続き、『四季報』業績予想値の上ブレが材料。まだまだ割安
記事一覧 (12/21)芝浦メカトロニクスは続伸。外資系証券が投資判断引き上げ、ラジオ報道で追撃
記事一覧 (12/21)イオンディライトは反落。せっかくの3Q好業績も、地合い軟調のなか、絶好の売り場に
記事一覧 (12/21)ファミリーマートはきのうに続き、寄り後、早くも年初来高値を更新
記事一覧 (12/21)大東建託は前日の「非公開化」報道の急伸から反落
記事一覧 (12/21)オハラは減益決算発表で続落。今期も大きな好転は望めず・・・?
記事一覧 (12/21)シャープは買い気配切り上げ。東芝との液晶パネル提携報道で
記事一覧 (12/20)【明日の動き】日経平均株価は1万5000円の攻防
2007年12月21日

大引けの日経平均株価は225円高の1万5257円と大幅続伸

 大引けの日経平均株価は225円40銭高の1万5257円00銭と大幅続伸。TOPIXは11.64ポイント上昇した。日経ジャスダック平均株価は10円44銭安と8日続落した。
 
 値上がり業種は鉄鋼、精密機器、その他製品、ゴム製品、非鉄金属など23業種。
 値下がり業種はその他金融、海運、不動産、銀行、保険など10業種。
 東証1部市場値上がり1000銘柄、値下がり607銘柄、変わらず116銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、ミツミ電機<6767>(東1)松下電工<6991>(東1)日本製鋼所<5631>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、三井住友海上火災保険<8752>(東1)J.フロント リテイリング<3436>(東1)日本通運<9062>(東1)
 全体の値上がり率上位は、ニューディール<4740>(東マ)日本精密<7771>(JQ)エバタ<5278>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄は、JT<2914>(東1)、マツモトキヨシホールディングス <8568>(東1)、ファミリーマート<8028>(東1)の3銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:17 | 株式投資ニュース

ヤフーが反発し前場高値を上回り騰勢強める

 ヤフー<4689>(東1)が、2300円高の5万400円と反発、前場の高値5万円を上回り騰勢を強めている。銀行系証券が、検索連動型広告市場拡大の最大の鍵となっていたナショナルクライアントの本格参入が期待できるなどとして、投資判断を「3」→「2」に格上げ、目標株価を5万5000円としたことを好感している。日経平均株価も、年内換金売り一巡との見方などから、200円を超す大幅上昇となっている。

(関連記事)
・2007年12月13日 GMOインターネットがストップ高、熊谷会長とヤフーを引受先として第三者割当増資
・2007年12月04日 ヤフーが急続伸、ネットオークション世界最大手の米イーベイと業務提携
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:36 | 株式投資ニュース

新日本製鐵が4日続伸、3日の高値上回るか注目

 新日本製鐵<5401>(東1)が、23円高の653円と4日続伸となっている。前日、日本鉄鋼連盟が08年度の粗鋼生産見通しを発表、前年度比で約80万トン増に達するとの見通しを好感している。鉄鋼3社の株式の相互追加取得、店売り向け熱延コイルの一部品種を来年1月出荷分から値上げなど相次いで発表し堅調な動きとなっている。日経平均株価が、1万5000円を挟んだ攻防から一歩飛び出すかは、新日本製鐵次第といった感がある。目先、年内の換金売り一巡感が出ており、3日の高値692円を上回るか注目されよう。

(関連記事)
・2007年12月19日 太平工業が5日ぶりに急反発、新日鉄・住金・神鋼の相互出資拡大から受注増期待
・2007年12月18日 引けで戻した新日鉄は油断できない、戻した後に11月安値更新も
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:02 | 株式投資ニュース

オリックスが急反落し年初来安値を更新、外資系証券が目標株価引き下げ

 オリックス<8591>(東1)が、前場1110円安の1万8590円と3日ぶりに急反落、一時1430円安の1万8270円まで売られ11月12日につけた年初来安値1万8300円を更新している。外資系証券が今期の増益を市場が確認するのに時間を要するなどとして、投資判断を「買い推奨」→「中立」に格下げ、目標株価を4万円→2万2400円に引き下げたことを嫌気した売り先行となっている。株価は、目先は二番底形成となるも上値の重い展開が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:30 | 株式投資ニュース

悪抜け感から楽天が3日ぶりに急反発しストップ高手前まで買われる

 楽天<4755>(JQ)が、前場3800円高の5万3100円と3日ぶりに急反発している。前日に2007年12月期決算を発表、信販子会社である楽天KCで過払い金(取りすぎた金利)の返還に備え238億円を追加で引き当てるとしたことから、700円安の4万8600円まで売られたが、一方で今期に前倒しで引き当てし来期の業績改善が期待出来ると悪抜け感が指摘された。銀行系証券が投資判断を「2」→「1」に格上げ、目標株価を6万5000円を据え置いたことでストップ高手前の3900円高の5万3200円まで買われる場面も。

(関連記事)
・2007年12月20日 オウケイウェイヴがストップ高、FAQ作成管理ツールを楽天KCに提供する
・2007年11月21日 楽天が続落、銀行系証券が投資判断を格下げ
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:14 | 株式投資ニュース

東日本旅客鉄道が続伸、東京駅周辺大型ビルの賃貸収入など寄与し収益拡大

 東日本旅客鉄道<9020>(東1)が、6000円高の93万4000円と続伸している。同社の賃貸事業の利益が拡大すると日本経済新聞社が報じたことを好感している。今年開業した東京駅周辺の大型ビルの賃貸収入が2009年3月期に250億円前後に達し、これらのビルから得る営業利益が100億円前後になる見通しで、商業施設の「駅ナカ」事業やICカード「スイカ」と並び収益拡大に寄与するという。株価は、直近3日間で92万円割れが下値として意識された感もあり、11月5日の高値97万6000円奪回の動きも想定される。

(関連記事)
・2007年12月11日 東日本旅客鉄道が4日ぶりに急反発、外資系証券では目標株価115万円
・2007年12月05日 東日本旅客鉄道が3日続伸し直近高値窺う、ディフェンシブ銘柄の代表格に
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:53 | 株式投資ニュース

東亜建設工業が反発し東証1部値上がり率ランキング上位に

 東亜建設工業<1885>(東1)が、6円高の103円と7日ぶりに反発し東証1部値上がり率ランキング上位に入っている。前日に08年3月期業績予想の上方修正を発表、これを好感した買いが入った。本社事務所として使用している土地と建物を売却し特別利益を計上、純利益は従来予想を149上回る160億円に修正した。株価は、6月高値225円から半値以下の水準に下落、値ごろ感から短期資金を呼び込む動きとなったようだ。上値にシコリが多いと見られており、一過性の動きに終わる可能性もあろう。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:41 | 株式投資ニュース

新高値3銘柄、冬枯れ『野中の一本杉相場』の意味するところ

話題 この日(21日)前場での東証1部新高値銘柄は3銘柄。JT・日本たばこ産業<2914>(東1)の70万6000円、マツモトキヨシホールディングス<3088>(東1)の2710円、ファミリーマート<8028>(東1)の3590円です。
 JTは食品分野への進出強化と、郵便局などの資金が買うのではないかとの期待。マツモトキヨシはドラッグストアの再編で優位に立つとの期待、ファミリーマートは業績好調が手がかりとなっているようだ。
 このようにマーケット全体が冬枯れの地合いの中で、高くなって目立つ動きをする銘柄を『野中の一本杉相場』として、古くより相場の今後を占う上で注目されてきた。この3銘柄から予想されるのは、日本の人口が減少に向かう中での食品、流通の再編であり、政府系資金の株式投資増加期待ではないだろうか。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は173円高の1万5205円と続伸

 前引けの日経平均株価は173円56銭高の1万5205円16銭と続伸。TOPIXは8.08ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は11円16銭安と8日続落している。
 
 値上がり業種はゴム製品、精密機器、鉄鋼、情報・通信、化学など22業種。
 値下がり業種はその他金融、海運、石油石炭製品、鉱業、保険など11業種。
 東証1部市場値上がり837銘柄、値下がり745銘柄、変わらず137銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日本精工<5405>(東1)日本化薬<4272>(東1)三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、SUMCO<3436>(東1)三菱UFJニコス<8752>(東1)新日本石油<5001>(東1)
 全体の値上がり率上位は、エバタ<5278>(JQ)ニューディール<4740>(東マ)ネットプライス<3328>(東マ)
 
 東証1部新高値銘柄は、JT<2914>(東1)、マツモトキヨシホールディングス <8568>(東1)、ファミリーマート<8028>(東1)の3銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:19 | 株式投資ニュース

アフィリエイト広告のファンコミュニケーションズは押し目からの反発局面

 ファンコミュニケーションズ<2461>(JQ)は反発。1万4000円高の13万3000円まで買われている。ジャスダック市場値上がり率上位にランクインしている。押し目からの反発局面。
 インターネットのアフィリエイト広告サービス事業を行なっており、業界トップクラス。大口株主には、楽天、インプレスホールディングスなども入っているが、独立系。業績は堅調。今12月通期業績予想は、下方修正して前年実績比増収減益となる見込みだが、業界観測では、次期2008年12月期は増収増益と見られている。
 チャート的には、次のフシは15万円ラインだが、中期では、さらに次のフシ20万円ライン奪回を目指したい。現在の株価でPERは約24倍だが、新興市場のIT関連株にしてはべらぼうというほどではない。また、PBRは4倍台と、今後の成長期待値も高めだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:57 | 株式投資ニュース

テクノアルファは10月公開から続落→反発局面。よく見ると優良株、市場期待値も高し

 テクノアルファ<3089>(大ヘ)は反発。2万4000円高の30万1000円まで買われ、大証ヘラクレス市場値上がり率上位にランクインしている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、続落→きのうつけた直近安値26万9000円からの見直し買いで、反発局面に来ているもようだ。
 今年10月10日に上場したばかりの、半導体専門商社。パワー半導体用結線装置で国内4位、自動車向けは国内首位という。業績は堅調。2007年11月通期、2008年11月通期とも、増収増益が見込まれている。5月中間末で有利子負債ゼロの堅実財務。
 チャートを見ると、10月19日につけた「上場来高値」65万円をピークに、続落傾向で来ていた。とはいえ、公開価格12万円を割ったことはなく、「上場来安値」は上場当日の23万5000円。最近の地合いの悪さとIPO不振の状況を考えれば、かなりの市場の評価は高いようだ。
 とはいえ、現在の株価でPERは18倍台と割安。PBRは3倍台なので、これも市場の成長期待値が高めであることの証左だろう。まずは次のフシ40万円ライン奪回を目指したい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:45 | 株式投資ニュース

アイディーユーは外資系証券の投資判断を材料に反発。テクニカル的にも「買い」

 アイディーユー<8922>(東マ)は反発。6000円高の11万円で始まり、12万1000円まで買われている。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。
 外資系証券の投資判断で、新規「Buy」、目標株価22万5000円とした。さらにきょうのラジオNIKKEIで報道されたことで、買いが集まっているもようだ。
 不動産オークション運営事業を中心に、仲介、投資コンサルなどを行なっている。業績は堅調に右肩上がりで来ている。大口株主には、信託・投資口や大和ハウス興業、NISグループなども入っている。
 チャート的には、現在は安値圏。次のフシは16万円。現在の株価でPER9倍台、PBRは約0.9倍と、割安になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:32 | 株式投資ニュース

日本精工は続伸。引き続き、『四季報』業績予想値の上ブレが材料。まだまだ割安

 日本精工<6471>(東1)は続伸。56円高の1168円まで買われている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、引き続き、先週発売の『会社四季報 新春号』で、業績予想値が、2008年3月期、2009年3月期とも、売上高、営業・経常・純利益とも、前号比で増額修正されていることが材料視されているもようだ。
 チャートを見ると、次のフシは1200円ライン。続伸で来ているとはいえ、現在の株価でPERは15倍台と、まだまだ割安水準だ。信用残は売り残が膨らんできている。

(関連記事)
・2007年12月19日 太陽工機が公募・売り出し価格割れ、国内大手証券では来期1株利益196円を予想
・2007年12月19日 日本精工が反発し225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 株式投資ニュース

芝浦メカトロニクスは続伸。外資系証券が投資判断引き上げ、ラジオ報道で追撃

 芝浦メカトロニクス<6590>(東1)は続伸。59円高の578円まで買われている。
 外資系証券が投資判断を「Hold」から「Buy」に引き上げた。目標株価は800円。きょうのラジオNIKKEIで取り上げられたため、さらに買いが集まっているもようだ。
 チャートを見ると、次のフシは650円。押し目を拾って、まずはこのラインを目指したい。ただ、中期週足では、確かに800円はひとつのフシではある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | 株式投資ニュース

イオンディライトは反落。せっかくの3Q好業績も、地合い軟調のなか、絶好の売り場に

 イオンディライト<9787>(東1)は反落。125円安の2255円まで売られている。
 きのう大引け後に発表した、第3四半期(3〜11月)連結決算は、前年同期比約3〜5割の大幅増収増益。2008年2月通期連結業績予想は、前年比約2〜3割超の増収増益を見込んでいる。
 しかし今朝は日経平均株価が一時、33円59銭安の1万4998円01銭をつけるなど、地合い軟調。そのため、利益確定の売り場となってしまったもようだ。
 同社のチャートを見ると、1月の1300円ラインから右肩上がりで来ている。PERは22倍台と高め。信用残はかなりの買い長となっている。せっかくの好業績だが、もうしばらくは調整局面が続きそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:52 | 株式投資ニュース

ファミリーマートはきのうに続き、寄り後、早くも年初来高値を更新

 ファミリーマート<8028>(東1)は50円高の3550円まで買われ、きのうつけた年初来高値3530を更新した。
 今朝の日経新聞等で「ファミリーマートの2007年3〜11月期の連結業績は、経常利益が前年同期比6%増の280億円強になったもようだ」「品揃え強化を背景に、既存店の販売が上向いているほか、利益率の高いファストフードの伸びで採算も改善する」と報道された。
 今年に入ってからのチャートを見ると、現在は高値圏で、PERは20倍台と高めではある。が、信用残はかなりの売り長となっており、すぐに急落という心配はなさそうだ。

(関連記事)
・2007年12月19日 ファミリーマートが続伸し高値顔合わせ、外資系証券が目標株価引き上げ
・2007年12月06日 ファミリーマートが3日続伸、目標株価への上値を試そう
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 株式投資ニュース

大東建託は前日の「非公開化」報道の急伸から反落

 大東建託<1878>(東1)は反落。290円安の6200円で始まり、寄り後は6070円まで売られている。
 きのう当サイトでも報道したとおり、前日20日午後に、非公開化に関する報道があり急伸。一時、6610円まで買われた。東証では真偽確認のため、一時、売買停止になる騒ぎとなった。
 同日午後、同社は「報道は会社が発表したものではない。会社として決定している事実はない」旨の発表を行なった。
 ただ、今朝の日経報道などによると、「大東建託を外資系金融機関などが買収する交渉を進めている」「創業者が身売り交渉」「ゴールドマン・サックスなど3陣営が名乗り」「TOB(株式公開買い付け)による全株取得と同社の株式非公開化を目指す」「現経営陣の多くは上場廃止に慎重で、買収実現は不透明」等と報じられている。

(関連記事)
・2007年12月20日 大東建託が売買停止、非公開化に関する報道の真偽確認のため
・2007年12月07日 大東建託が3日続伸しフシ突破、11月度の月次速報を好感
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース

オハラは減益決算発表で続落。今期も大きな好転は望めず・・・?

 オハラ<5218>(東1)は続落。52円安の1663円で始まっている。
 きのう大引け後に発表した、10月通期連結決算は、売上高が前年比1.8%増の282億4800万円を確保したものの、営業・経常・純利益とも、それぞれ前年比5〜6%の減益となった。デジタルカメラなど光学製品向けのガラス事業で、価格競争が激化して採算が悪化した。また、大型設備投資により原価償却費が増えたという。
 今期2008年10月期連結業績予想は、売上高と営業利益が前年比増収増益、経常利益が前年並み、純利益は1.9%減の47億円としている。
 チャート的には、現在は安値圏。PERは9倍台とかなりの割安ではある。しかし業績が大きく好転することが見込めていないため、もうしばらくは調整局面が続きそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース

シャープは買い気配切り上げ。東芝との液晶パネル提携報道で

 シャープ<6753>(東1)は27円高の1928円買い気配。
 今朝の日経新聞等で「東芝<6502>(東1)とシャープはテレビ用の液晶パネルで提携する」と報道された。シャープが堺市に建設中の新工場から、東芝がパネルを調達してテレビに組み込む。東芝は松下電器産業<6752>(東1)日立製作所<6501>(東1)の2社とパネル生産で提携しているが、これを解消して新たにシャープと組むという。
 シャープは今朝8時台に、「当件の提携について、検討しているのは事実だが、まだ決定していない。決定次第、発表する」旨のコメントを発表している。

 >>本日の一部報道について(適時開示情報より)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 株式投資ニュース
2007年12月20日

【明日の動き】日経平均株価は1万5000円の攻防

明日の動き 日経平均株価は、ほぼ横ばいとなったが、東証1部市場値上がり341銘柄、値下がり1295銘柄、変わらず86銘柄と全般は軟調な展開となった。指数は1万5000円の攻防、方向感のない先物主導の動きとなりそうだ。大きく突っ込む場面があれば、下げ過ぎた銘柄を中心にリバウンド狙いの買戻しの動きなどもみられよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:15 | 株式投資ニュース