[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/10)ビックカメラは3Q好業績と増配で買い気配切り上げ
記事一覧 (07/09)大引けの日経平均株価は121円高の1万8261円と反発
記事一覧 (07/09)木村化工機が10日連騰し年初来高値を更新
記事一覧 (07/09)当サイトで紹介のサムシングホールディングスは続伸、次の目標は30万円ライン
記事一覧 (07/09)新日鉄系の日鉄鉱業が続伸、1株純資産は1737.5円で割安と指摘
記事一覧 (07/09)浜松ホトニクスが年初来高値を更新、外資系証券の投資判断が買い手掛かり
記事一覧 (07/09)AQインタラクティブは後場も続伸。好業績とゲーム株人気で上昇局面
記事一覧 (07/09)ソフトブレーンは報道材料に続伸。業績V字回復バネに上昇局面へ
記事一覧 (07/09)住友金属工業が5日ぶりに反発し年初来高値を更新
記事一覧 (07/09)昭和シェル石油が反発、地方のスーパーやコンビニとGSの併設店を全国展開
記事一覧 (07/09)前引けの日経平均株価は99円高の1万8240円と反発
記事一覧 (07/09)東レが反発、目先底入れ感も
記事一覧 (07/09)ジャムコはギャップアップ→続伸。ボーイング新型機関連株として再び注目
記事一覧 (07/09)セイコーは続伸、株価4ケタ奪回。お次は昨年高値1166円奪回めざす
記事一覧 (07/09)東和薬品が高い、大手企業が後発医薬品の利用を促すとの報道を好感
記事一覧 (07/09)関東天然瓦斯開発は反発、調整局面のなか、中期ではまだまだ上値追い
記事一覧 (07/09)イワキが続伸し年初来高値を更新、中間決算の上方修正を好感
記事一覧 (07/09)長野計器は青空相場。機械受注好調で続伸に拍車
記事一覧 (07/09)オークマが機械受注統計発表を好感、225採用銘柄の値上がり率ランニング上位に
記事一覧 (07/09)アルバックは反発。液晶パネルから太陽電池にも注力報道で
2007年07月10日

ビックカメラは3Q好業績と増配で買い気配切り上げ

 ビックカメラ<3048>(JQ)は5000円高の15万4000円買い気配。
 きのう大引け後に発表した、第3四半期(2006年9月〜2007年5月)連結決算は、前年同期比増収増益。とくに経常利益は前年同期比43.5%増の143億6700万円、純利益は同58.6%増の64億1500万円と、大幅な増益となった。
 8月通期連結業績予想は、前回予想から変更なし。前年実績比増収増益としている。
 また、期末配当金は前回予想1000円から上方修正し、1500円とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース
2007年07月09日

大引けの日経平均株価は121円高の1万8261円と反発

 大引けの日経平均株価は121円04銭高の1万8261円98銭と反発した。TOPIXは12.56ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は2.90円高と続伸した。
 値上がり業種は精密機器、石油石炭製品、非鉄金属、卸売、保険など。
 値下がり業種は不動産、その他金融、電気・ガス、海運、食料品などの8業種。
 東証1部市場値上がり1125銘柄、値下がり462銘柄、変わらず140銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、三菱電機<6503>(東1)トレンドマイクロ<4704>(東1)新日鉱ホールディングス<5016>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、ユニチカ<3103>(東1)スズキ<7269>(東1)JT<2914>(東1)
 全体の値上がり率上位は、ミサワホーム北日本<1748>(JQ)太洋物産<9941>(JQ)ヤマウ<5284>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄は、三菱製紙<3864>(東1)、東ソー<4042>(東1)、信越化学工業<4063>(東1)、三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)、新日鉱ホールディングス<5016>(東1)、東海カーボン<5301>(東1)、住友金属工業<5405>(東1)、日本製鋼所<5631>(東1)、三菱マテリアル<5711>(東1)、オークマ<6103>(東1)など93銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:23 | 株式投資ニュース

木村化工機が10日連騰し年初来高値を更新

 木村化工機<6378>(東1)が、90円高の1212円と10日連騰し5日につけた年初来高値1084円を更新している。前場の高値1172円を抜いたことで、一気に勢いづいたようだ。本日は、東芝<6502>(東1)がウラン埋蔵国であるカザフスタンと提携との報道が株価を刺激した。
 株価は、06年高値754円から同年安値210円の倍返しである1298円処が上値として意識される展開か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:47 | 株式投資ニュース

当サイトで紹介のサムシングホールディングスは続伸、次の目標は30万円ライン

 サムシングホールディングス<1408>(大ヘ)は続伸。3万7000円高の24万3000円まで買われている。大証ヘラクレス市場値上がり率上位にランクインしている。
 当サイト5月18日付では「アク抜けで買い時」「まずは17万円ラインが目標」「19万円ラインを狙ってもよさそうだ」と紹介したが、実際のチャートを見ると、5月17日につけた13万5000円を底に反発→続伸。6月18日には17万円ラインを、翌19日には19万円ラインを突破した。
 好業績と、地盤改良工事・地盤保証という事業内容が買い材料となっているもようだ。チャートを見ると、次の上値フシは30万円ライン。途中、調整も入るだろうが、このまま良い地合いが続くなら、上値を狙えそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:29 | 株式投資ニュース

新日鉄系の日鉄鉱業が続伸、1株純資産は1737.5円で割安と指摘

 日鉄鉱業<1515>(東1)が、28円高の1109円と続伸、直近5日高値1102円を抜き2月27日につけた年初来高値1109円顔合わせしている。銀行系証券が4日付で投資判断を新規「1」としたことが買い手掛かり。日鉄鉱業の石灰石鉱山の資産価値を533.7億円と試算。自己資本と合わせた1株純資産は1737.5円で割安と指摘している。市場では先週の太平工業<1819>(東1)に続く新日本製鐵<5401>(東1)系として注目との声も聞かれている。
 株価は、チャート妙味も加わり06年2月高値1149円奪回から一段高が期待されよう。



提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:15 | 株式投資ニュース

浜松ホトニクスが年初来高値を更新、外資系証券の投資判断が買い手掛かり

 光検出器関連で高技術を誇る浜松ホトニクス<6965>(東1)が、一時130円高の3970円まで買われ3日につけた年初来高値3930円を更新している。外資系証券が投資判断を新規「BUY」、目標株価を4680円としたことが買い手掛かり。
 株価は、06年7月高値3980円に肉薄している。4000円買いとなれば、上昇ピッチも速まろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:50 | 株式投資ニュース

AQインタラクティブは後場も続伸。好業績とゲーム株人気で上昇局面

 AQインタラクティブ<3838>(JQ)は後場も続伸。5万円高の51万3000円まで買われている。ジャスダック市場値上がり率上位にランクインしている。
 当サイトで5月28日に「目標45万円」としたが、その後、半月ほどで45万円ラインを達成。6月21日には62万1000円まで上げていた。
 現在は、押し目からの反発局面と見た。好業績と、任天堂<7974>(東1)などのゲーム関連株人気を背景に、再び続伸局面へ。まずは55万円ライン奪回が目標となろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:47 | 株式投資ニュース

ソフトブレーンは報道材料に続伸。業績V字回復バネに上昇局面へ

 ソフトブレーン<4779>(東1)は続伸。後場は60円高の1万7820円まで買われている。
 続落からの反発局面に加え、きょうの日経産業新聞で「顧客情報、営業と共有――ソフトブレーン、コールセンター支援」と報道されたことが、手がかり材料となっているもようだ。
 現在の株価で、PBRは2.4倍と割高めだが、PERは17倍台と割安水準。今12月期は業績V字回復、純損益も黒字転換が見込まれている。好業績をバネに、本格的な上昇局面へ転じたいところ。まずは、5月急落前の20万円ラインまでの戻りが目標となろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:15 | 株式投資ニュース

住友金属工業が5日ぶりに反発し年初来高値を更新

 住友金属工業<5405>(東1)が、22円高の755円と5日ぶりに反発し6月21日につけた年初来高値749円を更新している。鉄鋼ポストのなかで、一番住友金属工業のチャートが妙味ある。加えて、保有するSUMCO<3436>(東1)が高値更新、原油価格の堅調を映してシームレスパイプの需要など手掛けやすい面も指摘されている。今期予想PER15倍台と割安感があり、引き続き注目。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:53 | 株式投資ニュース

昭和シェル石油が反発、地方のスーパーやコンビニとGSの併設店を全国展開

 昭和シェル石油<5002>(東1)が、29円高の1531円と反発している。同社が地方スーパーマーケットやコンビニエンスストアとガソリンスタンドの併設店を全国展開すると7日の日本経済新聞朝刊の報道が買い手掛かり。今後2年間で合計100か所設置する計画。新たな併設店は給油と洗車などに限定する方針で、大半の店舗で「シェル」マークを掲げず、新ブランド店として出店するとしている。
 今期予想PERは15倍台と割安感はある。1500円割れ水準が下値として確認され、信用取組倍率が0.40倍の好需給となっており、6月19日につけた年初来高値1569円を抜く動きも十分期待できよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:28 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は99円高の1万8240円と反発

 前引けの日経平均株価は99円90銭高の1万8240円84銭と反発している。TOPIXは10.56ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は4.19円高と続伸している。
 値上がり業種は石油石炭製品、精密機器、鉱業、鉄鋼、非鉄金属など。
 値下がり業種は不動産、電気・ガス、その他金融、情報通信、海運などの7業種。
 東証1部市場値上がり1109銘柄、値下がり452銘柄、変わらず163銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)新日鉱ホールディングス<5016>(東1)ニコン<7731>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、三井不動産<8801>(東1)松下電器産業<6752>(東1)三菱地所<8802>(東1)
 全体の値上がり率上位は、ヤマウ<5284>(JQ)日本エム・ディ・エム<7600>(東1)ミサワホーム北日本<1748>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄は、三菱製紙<3864>(東1)、東ソー<4042>(東1)、信越化学工業<4063>(東1)、三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)、新日鉱ホールディングス<5016>(東1)、東海カーボン<5301>(東1)、住友金属工業<5405>(東1)、日本製鋼所<5631>(東1)、三菱マテリアル<5711>(東1)、オークマ<6103>(東1)など77銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:22 | 株式投資ニュース

東レが反発、目先底入れ感も

 東レ<3402>(東1)が、6円高の907円と反発している。米航空防衛大手ボーイングは8日、新型の中型旅客機「787」(通称ドリームライナー)の第1号機を米シアトル郊外の同社工場で初めて公開した。787は座席数200―300席。三菱重工業<7011>(東1)が主翼製造を担当するなど、日本の重工メーカーが機体製造の約35%を担ったとしている。炭素繊維を供給したのも東レで、日本企業が開発・製造で重要な役割を果たしたと報じている。
 東レの株価は、6月21日に933円の高値をつけた後、利益確定売りに押され前週6日に894円まで下落したが、目先底入れ感も出たようだ。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 株式投資ニュース

ジャムコはギャップアップ→続伸。ボーイング新型機関連株として再び注目

 ジャムコ<7408>(東2)はギャップアップ→続伸。21円高の1140円で始まり、その後は1200円まで買われている。東証2部値上がり率上位にランクインしている。
 米ボーイングの次期旅客機『787』関連株として、再び注目されている。
 今年の上値フシ1200円を突破すれば、次の目標は昨年高値1600円ラインが目標となろう。
 業績は好調に右肩上がり。現在の株価でPER33倍台、PBR2倍台と、とくに不安材料はないと見た。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:34 | 株式投資ニュース

セイコーは続伸、株価4ケタ奪回。お次は昨年高値1166円奪回めざす

 当サイトで6月2526日に紹介したセイコーホールディングス<8050>(東1)は、その後も続伸しており、今朝も続伸。マドをあけて17円高の1010円ではじまり、その後は1044円まで買われている。当サイトで指摘した「4ケタ奪回」が成った。
 この3ヵ月ほどで、700円ラインから続伸してきた。とはいえ、現在の株価でPERは約9倍、PBRは約1.9倍と、とくに割高・過熱感は出ていない。地合いも堅調だし、このまま続伸して、次は昨年8月高値1166円奪回と行きたい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:21 | 株式投資ニュース

東和薬品が高い、大手企業が後発医薬品の利用を促すとの報道を好感

 東和薬品<4553>(東1)が、160円高の5200円と高い。本日、大手企業が医療費抑制の取り組みを加速し始めたと日本経済新聞の朝刊が報じたことを好感している。日本電信電話<9432>(東1)三菱電機<6503>(東1)は社員やその家族に価格の安い後発医薬品の利用を促す。トヨタ自動車<7203>(東1)が来年初めをめどに健康管理の専用施設を開設して生活習慣病などの予防を強化する動きもあるとしている。
 東和薬品の信用取組倍率は0.54倍の好需給となっており、買い戻しの動きも入ったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

関東天然瓦斯開発は反発、調整局面のなか、中期ではまだまだ上値追い

 関東天然瓦斯開発<1661>(東1)は反発。寄り後、13円高の827円まで買われた。
 今朝は鉱業セクターが高く、東証1部業種別株価指数で値上がり率上位となっている。同社のほか、国際石油開発帝石ホールディングス<1605>(東1)石油資源開発<1662>(東1)などが買われている。
 関東天然瓦斯開発のチャートを見ると、現在は、中期高値圏のなかの押し目。まずは2月につけた年初来高値879円の戻りが目標となる。
 高値圏とはいえ、現在の株価でPERは21倍台、PBRは1倍と、とくに割高・過熱感はない。ただ、信用残が買い長で、倍率は2.27倍となっており、目先、しばらく調整局面が続くかもしれない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 株式投資ニュース

イワキが続伸し年初来高値を更新、中間決算の上方修正を好感

 医薬品・医薬原料商社のイワキ<8095>(東1)が、20円高の370円と続急伸し3日につけた年初来高値362円を更新している。前週6日発表の5月中間連結決算予想の上方修正を好感している。売上高が前回予想を6億5700万円上回る246億5700万円、経常利益が同1億6500万円上回る2億3500万円、純利益が同2500万円上回る5500万円となった。
 新金融街構想関連としてつけた高値を更新、取組妙味も加わり上値を試す展開か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:52 | 株式投資ニュース

長野計器は青空相場。機械受注好調で続伸に拍車

 長野計器<7715>(東1)は続伸。20円高の3090円で始まり、寄り後は3250円まで買われている。東証1部値上がり率上位にランクインしている。
 とくに材料が出たわけではないが、もともとこの1〜2ヵ月1800円ラインから3000円台へと急伸していた。
 また、今朝は日経平均株価が反発し、85円高の1万8226円で始まった、地合いの良い状態。
 加えて、内閣府が9日発表した5月の機械受注統計が、前月比5.9%増の1兆0717億円となり、2ヵ月連続で増加した。そのため、今朝は精密機械セクターが高い。東証1部業種別株価指数で値上がり率上位となっている。
 長野計器の日足チャートを見ると、連日、上場来高値更新の、青空相場となっている。とはいえ、現在の株価でPERは33倍台、PBRは2.8倍台と、大きな過熱感が出ているわけではない。また、信用残は売り長で、倍率は0.25倍。
 過熱警戒が必要ではあるが、いましばらくは、上昇局面が続くと見た。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

オークマが機械受注統計発表を好感、225採用銘柄の値上がり率ランニング上位に

 工作機械大手のオークマ<6103>(東1)が、55円高の2110円と反発、225採用銘柄の値上がり率ランニング上位に入り5日につけた年初来高値2095円を更新している。本日朝方に発表された5月の機械受注統計を好感している。設備投資の先行指標とされる「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月比5.9%増と、市場予想の上限である5.0%増を上回った。足元では減速懸念のあった設備投資が日銀の想定通り堅調に推移していることが確認された。
 信用取組倍率が0.65倍と売り長の好需給となっており、買い戻しの動きも入ったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:40 | 株式投資ニュース

アルバックは反発。液晶パネルから太陽電池にも注力報道で

 アルバック<6728>(東1)は反発。100円高の4630円で始まり、寄り後は4730円まで買われている。
 今朝の日経新聞で「アルバックなど液晶パネル製造装置大手各社、太陽電池の製造装置事業をいっせいに強化」と報道された。
 そのなかで同社は、「製造ライン一式を台湾の太陽電池メーカーに納入する契約を初めて結んだ」「他メーカーからも受注を獲得」「30億円を投じて生産ラインを建設、9月に完成させる」「08年6月期で年間10社から受注獲得を目指す」とされている。
 チャートを見ると、この半年ほどの短期日足では高値圏にある。まずは、2006年2月につけた上場来高値5340円の更新が目標だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース