[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/08)グッドウィル・グループは引き続き、気配値切り下げ
記事一覧 (06/07)大引けの日経平均株価は12円高の1万8053円と小反発
記事一覧 (06/07)株マニ注目の日本航空電子工業が急上昇
記事一覧 (06/07)損保ジャパンが反発、外資系証券の目標株価引き上げを好感
記事一覧 (06/07)ソフトバンクが上昇、カービュー上場も株価を刺激
記事一覧 (06/07)因幡電機産業が小幅ながら続伸、株主総会を前に思惑買いも
記事一覧 (06/07)日揮は7日連騰し連日の年初来高値更新、06年2月高値を視野に入れる
記事一覧 (06/07)日東電工は値幅取りに妙味、本格出直り相場入りを確認
記事一覧 (06/07)前引けの日経平均株価は141円安の1万7899円と続落
記事一覧 (06/07)夢の街創造委員会は続落から上昇局面に転じる。買われる理由は・・・
記事一覧 (06/07)国際石油開発帝石が年初来高値を更新、上場来高値を視野に入れる
記事一覧 (06/07)三井造船が6日連騰、外資系証券の目標株価引き上げを好感
記事一覧 (06/07)日本橋梁は大幅続伸。地合いの悪い今朝は、低位建設・橋梁株が買われる
記事一覧 (06/07)津田駒工業が急反発し年初来高値を更新、次の目標ラインは97年高値
記事一覧 (06/07)日本ロジテムはラオスの物流会社買収報道で続伸
記事一覧 (06/07)住友商事が年初来高値を更新
記事一覧 (06/07)東洋炭素は生産能力の倍増報道で続伸。東証1部値上がり率上位で目立つ存在
記事一覧 (06/07)丸紅が4ケタ大台乗せ
記事一覧 (06/07)グッドウィル・グループは、介護事業の日本シルバーサービス譲渡・継承発表も続落
記事一覧 (06/06)大引けの日経平均株価は12円安の1万8040円と小反落
2007年06月08日

グッドウィル・グループは引き続き、気配値切り下げ

 グッドウィル・グループ<4723>(東1)は引き続き、気配値切り下げ。1000円安の6万0800円売り気配。きのうは6万1800円ストップ安だった。
 6日夜に発表した、介護事業のグループ会社への譲渡という「奇策」は、厚労省の行政指導や、世論の批判の高まりなどで、先行き不透明となっている。
 加えて、日証金が貸し株利用などの賃借取引について「注意喚起」。ほか、国内大手証券会社がレーティングを「失効」とするなど、株式取引の面からもメタメタになっている。
 しばらくは低迷の局面が続きそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース
2007年06月07日

大引けの日経平均株価は12円高の1万8053円と小反発

 大引けの日経平均株価は12円45銭高の1万8053円38銭と小反発した。TOPIXは1.22ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は3.14円安と反落した。
 値上がり業種は鉱業、機械、卸売、水産・農林、銀行など。
 値下がり業種は海運、電気・ガス、倉庫運輸関連、不動産、石油石炭製品など。
 東証1部市場値上がり899銘柄、値下がり702銘柄、変わらず128銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日立造船<7004>(東1)三井造船<7003>(東1)双日ホールディングス<2768>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、クレディセゾン<8253>(東1)富士通<6702>(東1)東京ガス<9531>(東1)
 全体の値上がり率上位は、ピーエイ<4766>(東マ)松尾橋梁<5913>(東1)東亜建設工業<1885>(東1)

 東証1部新高値銘柄は、国際石油開発帝石ホールディングス<1605>(東1)、三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)、日本製鋼所<5631>(東1)、日本精工<6471>(東1)、ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)、TDK<6762>(東1)、三井造船<7003>(東1)、日立造船<7004>(東1)、伊藤忠商事<8001>(東1)、丸紅<8002>(東1)など90銘柄。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:24 | 株式投資ニュース

株マニ注目の日本航空電子工業が急上昇

 株マニ6月4日短期注目の日本航空電子工業<6807>(東1)が、81高の1610円まで急上昇し4日続伸となっている。薄型TV向けのコネクタが好調に推移し5月のコネクタの月次受注高が4月の過去最高額を更新したことを好感した買いが膨らんでいる。
 チャート的には、1700円処のフシ挑戦の動きが予想される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:53 | 株式投資ニュース

損保ジャパンが反発、外資系証券の目標株価引き上げを好感

 損害保険ジャパン<8755>(東1)が、16円高の1603円と反発、一時23円高の1610円まで買われ直近4日高値1606円を抜き騰勢を強めている。外資系証券が投資判断を「Neutral2」継続、目標株価を1570円→1720円に引き上げを好感している。2月22日につけた年初来高値1734円奪回の動きとなるか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:26 | 株式投資ニュース

ソフトバンクが上昇、カービュー上場も株価を刺激

 ソフトバンク<9984>(東1)が、70円高の2795円と上昇し日足一目均衡表の雲の中に突入している。5月7日の戻り高値2760円を前日に抜いたことで押し目買いが入りやすくなっている。また、同社が保有するカービュー(2155・M)が12日にマザーズ上場を好感し株価を押し上げている。ここからさらに雲の上限2842円突破となるか注目されよう。


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:11 | 株式投資ニュース

因幡電機産業が小幅ながら続伸、株主総会を前に思惑買いも

 因幡電機産業<9934>(東1)が、20円高の4250円と小幅ながら続伸し、確りした動きになっている。22日の株主総会を前に思惑買いも入っているようだ。同社は5月18日、2007年3月期の年間配当を従来計画の1株109円から115円に引き上げると発表。米系投資ファンドのスティール・パートナーズから年配当を244円に引き上げるよう株主提案を受けていたが、実質的に拒否している。今後の動きに関心が集まっている。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:35 | 株式投資ニュース

日揮は7日連騰し連日の年初来高値更新、06年2月高値を視野に入れる

 日揮<1963>(東1)が、25円高の2405円と7日連騰し連日の年初来高値更新となっている。外資系証券が投資判断を「売り推奨」継続としながらも、目標株価を1850円→2100円に引き上げたことを好感している。
 株価は、2200円の抵抗線をすでに上回り、上昇トレンドが鮮明になっている。06年2月高値2760円を視野に入れた動きといえよう。引き続き注目。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:01 | 株式投資ニュース

日東電工は値幅取りに妙味、本格出直り相場入りを確認

 日東電工<6988>(東1)は値幅取りを狙える。5月の月次売上高が前年同月比10%増を達成、落ち込んでいた液晶表示関連材料の回復が見直されてきた。調査部サイドでは今3月期の経常利益は会社側予想の680億円(前々期673億円)を上回る730億円を想定。北京オリンピックへ向けてデジタル機器の需要増が見込める来期は875億円へさらに伸びるものと見ている。
 また水処理分野で三菱レイヨン(3404)と共同で合弁会社を設立、急成長が予想されている海水淡水化、排水再利用分野での展開を積極的に進める方針で、新たな収益源として期待が大きい。
 ここへきての出直りでチャートは昨年12月以来続いた底もみを放れ、本格出直り相場入りを確認してきた。昨年の高値は1万890円と天井は高い。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:01 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は141円安の1万7899円と続落

 前引けの日経平均株価は141円86銭安の1万7899円07銭と続落。TOPIXは11.76ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は8.18円安と反落している。
 値上がり業種は鉱業、小売の2業種。
 値下がり業種は海運、不動産、倉庫運輸関連、電気・ガス、鉄鋼など。
 東証1部市場値上がり557銘柄、値下がり1038銘柄、変わらず131銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、日立造船<7004>(東1)三越<2779>(東1)三井造船<7003>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、クレディセゾン<8253>(東1)三菱倉庫<9301>(東1)富士通<6702>(東1)
 全体の値上がり率上位は、ピーエイ<4766>(東マ)松尾橋梁<5913>(東1)東亜建設工業<1885>(東1)
 
 東証1部新高値銘柄は、国際石油開発帝石ホールディングス<1605>(東1)、三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)、日本製鋼所<5631>(東1)、日本精工<6471>(東1)、ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)、TDK<6762>(東1)、三井造船<7003>(東1)、日立造船<7004>(東1)、伊藤忠商事<8001>(東1)、丸紅<8002>(東1)など60銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:33 | 株式投資ニュース

夢の街創造委員会は続落から上昇局面に転じる。買われる理由は・・・

 夢の街創造委員会<2484>(大ヘ)は続伸。前場は1万6000円高の36万9000円まで変われ、大証ヘラクレス市場値上がり率上位にランクインしている・・・・・・・・・・

この記事をご覧になるには登録する必要があります
モバイル株式投資情報「株マニ」(有料)

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:50 | 株式投資ニュース

国際石油開発帝石が年初来高値を更新、上場来高値を視野に入れる

 国際石油開発帝石ホールディングス<1605>(東1)が、3万円高の118万円と前日と変わらずを挟んで6日連騰し連日の年初来高値更新となっている。原油価格の上昇と5月30日に同社傘下の帝国石油が6月末から、茨城県北部の沖合20キロメートル付近の海域で天然ガス田の試掘を始めるとの報道が買い手掛かり。
 株価は、06年8月高値114万円をすでに抜いており、同年4月につけた上場来高値127万円を視野に入れている。

【過去の記事】
2007年05月30日 国際石油開発帝石ホールディングスは小幅続落。今朝は低位株が人気
2007年05月18日 国際石油開発帝石HDは反発。米原油先物相場を反映し、石油関連銘柄が高い
2007年05月11日 国際石油開発帝石ホールディングスは反発。地合い悪いなかで健闘
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

三井造船が6日連騰、外資系証券の目標株価引き上げを好感

 三井造船<7003>(東1)が、20円高の714円と6日連騰し4日につけた年初来高値を更新している。外資系証券が投資判断を「買い」継続、目標株価を600円→800円に引き上げを好感。信用取組倍率が1.20倍と好取組となっていることも株価を刺激している。
 チャート的には、フシを次々と払っており、90年5月につけた上場来高値1060円を意識する動きか。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

日本橋梁は大幅続伸。地合いの悪い今朝は、低位建設・橋梁株が買われる

 日本橋梁<5912>(東1)は反発→大幅続伸。42円高の377円まで買われている。東証1部値上がり率上位にランクインしている。
 今朝は日経平均株価が一時、1万7800円台まで下げるなど、地合いが悪い。そのためか、東証1部値上がり率上位には、建設・橋梁をはじめとした、株価3ケタの低位株が並んでいる。
 同社のほか、松尾橋梁<5913>(東1)東亜建設工業<1885>(東1)若築建設<1888>(東1)五洋建設<1893>(東1)大末建設<1814>(東1)などが買われている。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

津田駒工業が急反発し年初来高値を更新、次の目標ラインは97年高値

 株マニ5月28日短期注目銘柄の津田駒工業<6217>(東1)が、25円高の462円と急反発し5日につけた年初来高値454円を更新している。米国市場安を受け日経平均株価が続落となるなか、逆行高となっている。国内では、年金問題など浮上、7月の参院選を控え仕手・材料系の低位株を物色する動きが強まっている。
 チャート的には、98年2月の高値420円を抜いており、次のターゲットラインとして97年5月高値575円を意識する動きと思われる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:04 | 株式投資ニュース

日本ロジテムはラオスの物流会社買収報道で続伸

 日本ロジテム<9060>(JQ)は続伸。15円高の395円まで買われている。
 今朝の日経新聞等で「ラオスの物流会社を買収」と報道されたことが買い材料となっているもようだ。
 報道によると、買収するのは、ラオスの物流・倉庫会社、グローバルロジスティクス社。9月に買収する。グローバル社は東南アジアを横断する「東西回廊」の中間地点にある都市、サバナケットを拠点としている。
 ラオスは、東南アジアでも日系メーカーが進出しているベトナム、タイに挟まれており、部品輸送需要が拡大している。また、東南アジアのなかでも、発展はこれからという国がらで、投資面などからも注目を浴びている。
 日本ロジテムの中長期チャートを見ると、ほぼ400円ラインでベタ凪ぎ。しかし時々、500円台となることも。すでにベトナムでの事業展開を行なっており、さらにラオスの事業が寄与してくれば、業績・株価ともいっそうの上昇が期待できる。
 現在の株価でPERは10倍台、PBRは0.5倍台と、割安でもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース

住友商事が年初来高値を更新

 住友商事<8053>(東1)が、25円高の2390円まで買われ5月10日につけた年初来高値2385円を更新している。前日、伊藤忠商事<8001>(東1)丸紅<8002>(東1)三菱商事<8058>(東1)など他の商社株が年初来高値を更新するなか、住友商事に出遅れ感があった。5日付で大手証券系調査機関では投資判断を「1」継続、目標株価を2570円→2880円に引き上げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 株式投資ニュース

東洋炭素は生産能力の倍増報道で続伸。東証1部値上がり率上位で目立つ存在

 東洋炭素<5310>(東1)は続伸。寄り後、550円高の8950円まで買われている。東証1部値上がり率上位にランクインしている。
 今朝の日経新聞等で「半導体製造設備向け高機能黒鉛の生産能力を倍増」と報道されたことが手がかり材料となっているもようだ。
 報道によると、同社は、同高機能黒鉛で世界最大手。250億円を当時、2009年秋をメドに年産能力を1万5000トンに倍増させる。
 今朝は日経平均が続落し、1万7800円台まで下げるなど、地合いの悪い状況。東証1部値上がり率上位銘柄の顔ぶれを見ても、株価3ケタの低位株がズラリと並んでいる。そうしたなかで、業績・財務がシッカリした、同社に買いが集まっているもようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 株式投資ニュース

丸紅が4ケタ大台乗せ

 丸紅<8002>(東1)が、24円高の1000円と9日連騰し連日の高値更新、90年2月以来の1000円大台乗せとなっている。米国市場安を受け、利益確定売り先行の動きとなり、寄り付きは、7円安の969円で始まったものの、切り返し急となっている。目先は、相場の新たな指標銘柄として全体の動きを左右する存在となってきたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

グッドウィル・グループは、介護事業の日本シルバーサービス譲渡・継承発表も続落

 グッドウィル・グループ<4723>(東1)は続落。2000円安の6万9800円売り気配。10万株以上の売り物を浴びている。
 きのうの後場中、傘下のコムスン(本社・東京)が、介護事業所の新規指定や更新が打ち切られると報道されたことが、引き続き売り材料となっている。
 続いて、きのうの大引け後に、事業を日本シルバーサービス(本社・東京)へ譲渡すると発表した。全事業が日本シルバーサービスへ引き継がれ、顧客への介護サービスは同社が継続する。グッドウィル・グループは「したがって、本件による2007年6月期、2008年6月期の連結業績に与える影響は軽微と判断している」としているが、株式市場は、まずは売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース
2007年06月06日

大引けの日経平均株価は12円安の1万8040円と小反落

 大引けの日経平均株価は12円88銭安の1万8040円93銭と小反落した。TOPIXは1.94ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は8.93円高と反発した。
 値上がり業種は卸売、水産・農林、非鉄金属、石油石炭製品、機械など。
 値下がり業種は食料品、空運、パルプ・紙、不動産、小売など。
 東証1部市場値上がり685銘柄、値下がり929銘柄、変わらず115銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、丸紅<8002>(東1)双日ホールディングス<2768>(東1)熊谷組<1861>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、凸版印刷<7911>(東1)CSKホールディングス<9737>(東1)エーザイ<4523>(東1)
 全体の値上がり率上位は、ピーエイ<4766>(東マ)関西汽船<9152>(東2)大東紡織<3202>(東1)

 東証1部新高値銘柄は、コムシスホールディングス<1721>(東1)、三菱製紙<3864>(東1)、信越化学工業<4063>(東1)、武田薬品工業<4502>(東1)、新日本石油<5001>(東1)、昭和シェル石油<5002>(東1)、新日鉱ホールディングス<5016>(東1)、三菱マテリアル<5711>(東1)、オークマ<6103>(東1)、コマツ<6301>(東1)など93銘柄。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:24 | 株式投資ニュース