[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/16)旭テックが東証1部値下がり率ランキング上位に、米メタルダイン社の売上減少
記事一覧 (11/16)生鮮青果流通管理システムのイーサポートリンクはジリ高つづく。業績も堅調
記事一覧 (11/16)DOWAが年初来安値、225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に
記事一覧 (11/16)日本テレビ放送網は悪材料出尽くしで小幅続伸。「BS11」開局も連想買い誘う?
記事一覧 (11/16)石油資源開発が3日続伸、通期業績予想の上方修正を好感
記事一覧 (11/16)ヒロセ電機は急伸。テクニカル、好業績見通し、レーティング、信用残と買い材料揃う
記事一覧 (11/16)三菱倉庫が続落し年初来安値を更新
記事一覧 (11/16)新日本石油は「三洋電機の家庭用燃料電池事業を買収」報道も、モミ合い続く
記事一覧 (11/16)みずほFGが急続落、米年末商戦への懸念等から米国市場続落
記事一覧 (11/16)楽天は3Q好決算で反発。EC事業は好調、証券事業は落ち込み
記事一覧 (11/15)【明日の動き】コナカがストップ高で小売関連
記事一覧 (11/15)大引けの日経平均株価は103円安の1万5369円と反落
記事一覧 (11/15)フジテレビジョンが5日続落し上場来安値を更新
記事一覧 (11/15)日本バイリーンが4日続落し年初来安値を更新
記事一覧 (11/15)三洋電機が続伸、新日本石油と家庭用燃料電池の新会社設立
記事一覧 (11/15)TDKが3日ぶりに反落、225採用銘柄の値下がり率ランキング第1位に
記事一覧 (11/15)日興CGが3日続伸、225採用銘柄の値上がり率ランキング第1位に
記事一覧 (11/15)前引けの日経平均株価は52円高の1万5552円と続伸
記事一覧 (11/15)ソフトバンク系のダウンロード販売事業者ベクターはストップ高買い気配
記事一覧 (11/15)シライ電子が急続伸、9月中間期業績予想の上方修正を好感
2007年11月16日

旭テックが東証1部値下がり率ランキング上位に、米メタルダイン社の売上減少

 RHJI傘下の旭テック<5606>(東1)が、21円安の115円と急続落し東証1部値下がり率ランキング上位に入っている。前日に9月中間期決算と通期業績予想の修正を発表、中間期の当期損失拡大と通期の業績予想の下方修正を嫌気した売りが膨らんでいる。米メタルダイン社を除く旧旭テックグループは全般的に堅調な需要と生産性の改善に支えられて、当初予想を上回るが、メタルダイン社については、北米における主要客先、クライスラー、フォード、GMの在庫調整、生産数量減により、当初見通しに比較して売上高が減少に加えて、買収会計に基づく営業権償却費の増加により利益の減少を見込むとしている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

生鮮青果流通管理システムのイーサポートリンクはジリ高つづく。業績も堅調

イーサポートリンクホームページ イーサポートリンク<2493>(大ヘ)は続伸。8000円高の15万4000円まで買われている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、9月25日につけた上場来安値10万1000円を底に、反発→ジリ高で来ている。
 とはいえ、現在の株価でPERは18倍台とまだまだ割安水準。次のフシ18万円ラインまでの戻りを目指してみる。
 同社は生鮮青果流通業界向けの商品流通管理システムを開発・販売しており、また、業務受託事業を行なっている。業績は堅調で、今期2007年11月通期連結業績予想は、前年単独比(連結は今期から)増収増益を見込んでいる。業界観測では、次期2008年11月期もさらに増収増益と見られている。
 大口株主には、伊藤忠商事<8001>(東1)上組<9364>(東1)東洋埠頭<9351>(東1)オリックス<8591>(東1)なども入っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース

DOWAが年初来安値、225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に

 DOWAホールディングス<5714>(東1)が、66円安の817円と3日ぶりに反落し12日につけた年初来安値823円を更新し225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に入っている。14日のLMEが、原油高やドル安、チリで発生した大地震を背景に銅3カ月先物が大幅高したことを受け、前日に921円まで上昇したが、今期業績は営業減益となることから戻り売り圧力が強まっている。

(関連記事)
・2007年11月09日 DOWAがストップ安売り気配、業績予想の下方修正を嫌気
・2007年08月10日 DOWAが4日続落し225採用銘柄の値下がり率ランキング第1位に
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:17 | 株式投資ニュース

日本テレビ放送網は悪材料出尽くしで小幅続伸。「BS11」開局も連想買い誘う?

 日本テレビ放送網<9404>(東1)は小幅続伸。400円高の1万3900円で始まり、寄り後は1万3950円まで買われた。
 前日14日の大引け後に発表した9月中間連結決算は、前年同期比減収減益。2008年3月通期連結業績予想も、前年実績比減収減益としている。
 チャートを見ると、すでに折り込み済みで続落。5月の年初来高値2万1580円から、今月13日には年初来安値1万3120円まで下落した。実際の決算発表で、悪材料出尽くしとなり、リバウンド局面にあるようだ。このまま続伸して、まずは目先、次のフシ1万5000円ライン、続いて1万6000円ラインへ…と、戻していきたいところ。
 また、12月1日の『BS11デジタル』開局についての報道なども、テレビ関連銘柄への連想買いを誘っているのかもしれない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース

石油資源開発が3日続伸、通期業績予想の上方修正を好感

 石油資源開発<1662>(東1)が、110円高の8630円と3日続伸となっている。前日、後場立会い中に9月期決算と通期業績予想の修正を発表、通期業績予想の上方修正を好感した買いが入っている。通期の経常利益は前回予想を16億2100万円上回る237億9800万円に修正した。原油価格の上昇、海外探鉱費の一部が来期にずれ込むことも寄与する。信用取組0.49倍の好需給を支えに、7日につけた戻り高値8990円奪回の動きも視野に入ろう。

(関連記事)
・2007年09月21日 石油資源開発が4日続伸、外資系証券が目標株価を引き上げ
・2007年09月07日 石油資源開発は続伸。テクニカルとファンダメンタルズで買い直し
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:52 | 株式投資ニュース

ヒロセ電機は急伸。テクニカル、好業績見通し、レーティング、信用残と買い材料揃う

 コネクターメーカーのヒロセ電機<6806>(東1)は反発→急伸。200円高の1万2420円で始まり、寄り後は1万2790円まで買われている。
 チャートを見ると、ほかの多くの銘柄と同様、今月に入り急落。1万4000円ラインから、13日には年初来安値1万2160円をつけた。そこからのリバウンド局面となっているようだ。
 加えて、14日に発表した9月中間連結決算は増収減益だった。が、2008年3月通期では前年実績比増収増益を見込んでいる。そのため、見直し買いも入っているもようだ。
 また、外資系証券のレーティングで、「中立」継続、目標株価は1万6000円から引き下げたとはいえ、1万5000円と、現在の株価よりは高い。
 信用残はかなりの売り長でもあるので、このまま続伸の様相を見せれば、買戻しが入り、さらに続伸…と期待される。まずは急落前の1万4000円ライン回復が目標となろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

三菱倉庫が続落し年初来安値を更新

 三菱倉庫<9301>(東1)が、31円安の1342円と続落し14日につけた年初来安値1351円を更新している。10月31日に9月中間期決算と通期業績予想の修正を発表している。通期下方修正を嫌気した処分売りが続いている。銀行系証券が7日付けで投資判断を「やや強気」を据置くも下げ止まる気配を見せていない。次のフシとして、05年10月安値1267円処が意識されよう。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

新日本石油は「三洋電機の家庭用燃料電池事業を買収」報道も、モミ合い続く

 新日本石油<5001>(東1)はギャップダウン。26円安の895円で始まっている。
 今朝の日経新聞等で「三洋電機の家庭用燃料電池事業を買収する」と報じられれたが、市場は反応薄だ。
 記事によると、将来の普及が期待される燃料電池は、「オール電化住宅」で攻勢を強める電力会社に対抗し、減少に転じた石油需要を下支えする切り札。経営不振の三洋がリストラを急ぐなか、共同開発した製品や技術を囲い込み、自らメーカーの領域に足を踏み入れると解説されている。
 チャートを見ると、今月初めの1050円ラインから、続落し、ここ数日は900円ラインでモミ合っている。原油高から一時、人気化していたが、アク抜けして現在の株価でPERは約9倍と割安になっている。
 そろそろモミ合い上放れしても良いころだ。25日移動平均線のラインでもある1000円フシを目指したい。

(関連記事)
・2007年11月15日 三洋電機が続伸、新日本石油と家庭用燃料電池の新会社設立
・2007年10月30日 新日本石油は続伸。日経「通期経常益増額」観測記事に、原油相場高がオン。戻り足鮮明
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース

みずほFGが急続落、米年末商戦への懸念等から米国市場続落

 みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)が、3万円安の51万6000円と急続落している。15日の米国市場が株式相場はサブプライムローン問題から米年末商戦への懸念や、米銀大手の経営陣の悲観的発言が伝わったことなどを嫌気して続落した。これを受け軟調な展開となっている。みずほフィナンシャルグループは14日、傘下のみずほ証券と新光証券<8606>(東1)が、来年1月1日に予定していた合併を同5月7日に延期することで合意したと発表、サブプライムローン問題に端を発した金融市場の混乱が継続していることを理由にあげていたが、12日につけた50万円割れの49万9000円が底値となるか見極めるところだろう。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース

楽天は3Q好決算で反発。EC事業は好調、証券事業は落ち込み

 楽天<4755>(JQ)は反発。1000円高の5万1500円で始まっている。
 きのう大引け後に発表した、第3四半期(1〜9月)連結決算は、売上高が前年同期比1.4%減の1510億1600万円となったものの、経常利益は同13.2%増の211億3300万円と増益、純利益は435億7100万円と、前年同期の損失計上から利益計上に転じた。
 報道によると、本業の電子商取引(EC)事業が好調だった一方、株式市場低迷などで、証券事業の売上が2割強、落ち込んだという。
 業界観測によると、12月通期連結業績は前年実績比増収増益と見られている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース
2007年11月15日

【明日の動き】コナカがストップ高で小売関連

明日の動き 日経平均株価は全体戻り一巡感、後場から反落する動きとなった。1万5000円が下値として意識されるものの、上値の重い展開が予想される。好業績を発表した銘柄が個別に物色されよう。また、コナカ<7494>(東1)がストップ高する動きを見せており、家電量販店をはじめ紳士服・婦人服量販店など小売関係を中心に国内関連を物色する動きとなりそうだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:49 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は103円安の1万5369円と反落

 大引けの日経平均株価は103円26銭安の1万5396円30銭と反落した。TOPIXは1.15ポイントの上昇した。日経ジャスダック平均株価は0円83銭高と小幅続伸した。

 値上がり業種は石油石炭製品、保険、電気・ガス、卸売、鉄鋼など13業種。
 値下がり業種はゴム製品、その他金融、倉庫・運輸関連、ガラス土石製品、電気機器など20業種。
 東証1部市場値上がり939銘柄、値下がり691銘柄、変わらず86銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日興コーディアルグループ<8603>(東1)三菱マテリアル<5711>(東1)T&Dホールディングス<8795>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、清水建設<1803>(東1)TDK<6762>(東1)アドバンテスト<6857>(東1)
 全体の値上がり率上位は、オープンインタフェース<4302>(大へ)ハウスフリダム<8996>(福Q)パトライト<6825>(東監)
 
 東証1部新高値銘柄は大日本インキ化学工業<4631>(東1)、ダイキン工業<6367>(東1)、フォスター電機<6794>(東1)、クラリオン<6796>(東1)、パトライト<6825>(東1)、上新電機<8173>(東1)、東武ストア<8274>(東1)の7銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:32 | 株式投資ニュース

フジテレビジョンが5日続落し上場来安値を更新

 フジテレビジョン<4676>(東1)が、8000円安の18万7000円と前日と変わらずを挟んで5日続落し13日につけた上場来安値を更新している。1日に9月中間期業績予想の下方修正発表以降、相次いで証券会社が投資判断を格下げを嫌気した売りが続いている。ここへきて14日付で外資系証券が投資判断を「1H」→「2H」に格下げ、目標株価を31万円→22万9000円に引下げたことから売りが膨らんだようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 株式投資ニュース

日本バイリーンが4日続落し年初来安値を更新

 不織布国内最大手の日本バイリーン<3514>(東1)が、68円安の573円と4日続落し9月25日につけた年初来安値626円を更新している。前日、後場立会い中に9月中間決算と通期業績予想を発表、通期業績予想の下方修正を嫌気した売りが先行している。通期の純利益が増益予想から当初予想を3億円下回る前年比7.1%減の27億円に減額修正した。原料価格の上昇、法人税法の改正に伴う減価償却費の増加及び持分法による投資利益の減少等が響いたとしている。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:55 | 株式投資ニュース

三洋電機が続伸、新日本石油と家庭用燃料電池の新会社設立

 三洋電機<6764>(東1)が、9円高の181円と続伸している。新日本石油<5001>(東1)と三洋電機は、家庭用燃料電池の開発、販売を行う新会社を2008年4月にも共同設立する方針を固めたと一部報じられている。新日本石油が80%、三洋電機が20%を出資する方向で調整している。両社は液化石油ガス(LPG)を使った家庭用燃料電池を共同開発しており、新会社ではLPGを燃料とする事業に絞る見通しとしている。信用取組倍率が0.84倍の売り長となっており、買戻しの動きが入っているようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:21 | 株式投資ニュース

TDKが3日ぶりに反落、225採用銘柄の値下がり率ランキング第1位に

 TDK<6762>(東1)が、前場440円安の7580円と3日ぶりに反落、225採用銘柄の値下がり率ランキング第1位になっている。外資系証券が投資判断を「ニュートラル」→「セル」に格下げ、目標株価を9500円→7000円に引き下げたことを嫌気した売りが先行している。株価は、12日につけた年初来安値7510円に急接近、軟調な展開が続きそうだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:43 | 株式投資ニュース

日興CGが3日続伸、225採用銘柄の値上がり率ランキング第1位に

 日興コーディアルグループ<8603>(東1)が、前場115円高の1663円と3日続伸し225採用銘柄の値上がり率ランキング第1位になっている。米シティグループが14日、来年1月に三角合併方式で完全子会社化する日興コーディアルグループとの株式交換条件を一部見直すと発表、これを好感した買いが入っている。シティの株価が下落しており、この先も下落が続けば、日興の株主が株式交換で受け取るシティの株数が当初予定よりも少なくなる可能性が出てきたため、シティは日興の株主に配慮、株価が下落しても本来交換できる1700円相当のシティ株を受け取れるように条件を変更したとしている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:32 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は52円高の1万5552円と続伸

 前引けの日経平均株価は52円53銭高の1万5552円09銭と続伸。TOPIXは13.99ポイント上昇、日経ジャスダック平均株価は5.40円高と続伸している。
 値上がり業種は保険、鉄鋼、卸売、石油石炭製品、電気・ガスなど29業種。
 値下がり業種はゴム製品、その他金融、倉庫・運輸関連、輸送用機器の4業種。
 東証1部市場値上がり1012銘柄、値下がり558銘柄、変わらず141銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、日興コーディアルグループ<8603>(東1)三菱マテリアル<5711>(東1)T&Dホールディングス<8795>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、TDK<6762>(東1)清水建設<1803>(東1)ミネベア<6479>(東1)
 全体の値上がり率上位は、大日本コンサルタント<9797>(東2)シライ電子工業<6658>(JQ)オープンインタフェース<4302>(大へ)
 
 東証1部新高値銘柄は大日本インキ化学工業<4631>(東1)、ダイキン工業<6367>(東1)、フォスター電機<6794>(東1)、クラリオン<6796>(東1)、パトライト<6825>(東1)、上新電機<8173>(東1)、東武ストア<8274>(東1)の7銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:23 | 株式投資ニュース

ソフトバンク系のダウンロード販売事業者ベクターはストップ高買い気配

ベクターホームページ ベクター<2656>(大ヘ)は9万0100円ストップ高買い気配。ソフトバンク<9984>(東1)系企業で、ソフトダウンロード販売サイト運営事業を行なっている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、今朝は日経新聞等で「ソフトバンクはパソコン用のソフトウエアや携帯電話の周辺機器でオリジナルブランドを立ち上げる」「商品企画や開発でもソフトメーカーなどと協力し、全国の家電量販店や携帯電話の販売店で売り出す」「ソフトや周辺機器の市場活性化を狙う」と報道された。そこからの連想買いが入っているのかもしれない。
 ベクターのチャートを見ると、次のフシは10万円ライン。これを上抜ければ12万円ラインが次のフシとなる。
 業績を見ると、先月末に発表した9月中間決算は、単体では営業・経常・純損益とも前年同期の損失計上から黒字転換。連結では、営業・経常損益が同黒転で、純損失も赤字幅が縮小している。
 2008年3月通期業績予想は非開示だが、業界観測では、前年実績比で増収増益、純損益は前年の損失計上から黒転と見られている。同観測では、次期2009年3月期も増収増益と予想している。
 現在の株価でPERは123.20倍と、かなり高い点は気になるが、業績好転を材料に、もう少し上値追いをしてみる。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

シライ電子が急続伸、9月中間期業績予想の上方修正を好感

 プリント配線板専業のシライ電子工業<6658>(JQ)が、52円高の290円と急続伸している。前日に9月中間期業績予想の上方修正を発表、これを好感した買いが入っている。売上高が前回予想を6200万円上回る172億6200万円、経常利益が同1億8400万円上回る3億2400万円、純利益が同1億9900万円上回る2億9900万円に修正した。株価は、1月22日につけた年初来高値991円から株価純資産を大きく割り込んで11月13日に231円まで下落、下値不安も少なく大幅反騰となっているようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:57 | 株式投資ニュース