[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/04)富士電機ホールディングスは「曲げられる太陽電池、量産」報道で反発
記事一覧 (10/04)株マニ注目のアルプス技研が3日続伸し連日の高値更新
記事一覧 (10/03)「うかい」の大久保勇社長に現状と今後の事業計画を聞く
記事一覧 (10/03)大引けの日経平均株価は153円高の1万7199円と3日続伸
記事一覧 (10/03)宇部興産が続伸し2月26日につけた年初来高値を更新
記事一覧 (10/03)昭和電工が続伸し上値追いを鮮明に
記事一覧 (10/03)NTTドコモが反落、外資系証券が目標株価を引き下げ
記事一覧 (10/03)日本水産が5日続伸、11月より練り製品の価格改定も株価を押し上げ
記事一覧 (10/03)マツダが6連騰、外資系証券が投資判断を「1M」を据置く
記事一覧 (10/03)前引けの日経平均株価は8円高の1万7055円と小幅続伸
記事一覧 (10/03)ダイヘンが続伸し年初来高値を更新、好業績・好需給銘柄を買う動き
記事一覧 (10/03)イントランスは続伸。マザーズ市場でも不動産関連株が買われる
記事一覧 (10/03)第一中央汽船が連日の年初来高値更新、バルチック海運指数が最高値を更新
記事一覧 (10/03)アドアーズは三角保ち合い上放れの様相。ゲーム関連株人気にもあやかりたい
記事一覧 (10/03)タムロンが続伸し上場来高値更新、車載カメラ用レンズに参入が買い手掛かり
記事一覧 (10/03)IHIが4日ぶりに急反発し225採用銘柄の値上がり率ランキング第1位に
記事一覧 (10/03)任天堂は前場、早くも上場来高値更新。買い材料も続出で、株価はうなぎのぼり
記事一覧 (10/03)新日本製鐵が続伸し直近高値を上回る
記事一覧 (10/03)ニコンが連日の年初来高値、00年の上場来高値を視野に
記事一覧 (10/03)ディスコは「7〜9月期受注好調」報道など、材料続出で続伸。テクニカル的にも買い時
2007年10月04日

富士電機ホールディングスは「曲げられる太陽電池、量産」報道で反発

 富士電機ホールディングス<6504>(東1)は反発。17円高の402円で始まっている。
 今朝の日経新聞等で「富士電機ホールディングス傘下の富士電機システムズは、熊本県に太陽電池パネルの新工場を建設する」「曲げられる太陽電池、量産」と報道されたことが、手がかり材料となっているもようだ。
 報道によると、同社の太陽電池は厚さ1ミリ前後と薄く、折り曲げ可能。複雑な形状の屋根に設置したり、携帯電源として利用できる、シート状の発電装置として新規需要を開拓するという。
 同社の株価は、今月に入ってから、減益見通しや各証券会社のレーティング引き下げなどで、500円ラインから400円ラインへと急落した。現在の株価でPERは11倍台、PBRは1.1倍台と、割安になっている。テクニカル的にも、売られすぎの「買い時」水準となっている。

(関連記事)
・2007年09月05日 NECは続伸。今朝は電気機器セクターのディフェンシブ株が買われる
・2007年08月31日 古河電気工業が急反発し225採用銘柄の値上がり率第1位
・2007年07月30日 富士電機HDが年初来安値を更新、225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

株マニ注目のアルプス技研が3日続伸し連日の高値更新

 株マニ注目アルプス技研<4641>(東1)が、17円高の1594円と3日続伸し連日の年初来高値更新となっている。四季報秋号では、自社生産事業は事業所集約など縮小。が、収益柱の技術者派遣は家電向け半導体設計やデジカメ関連に勢い。新卒者の早期稼働、請求単価引き上げも奏功して増額として今12月期営業利益が夏号の予想を2億5000万円上回る20億円(前期比26.1%増)を予想している。今期予想PERは14倍台と割安感もあり、06年7月の高値1746円処がターゲットとして意識されよう。

(関連記事)
・2007年09月03日 株マニ注目のアルプス技研が3日続伸し年初来高値を窺う
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース
2007年10月03日

「うかい」の大久保勇社長に現状と今後の事業計画を聞く

ki.gif

うかい(7621・JQ) 大久保 勇社長に聞く

ukai001.jpg 昭和39年に「うかい鳥山」を東京の奥高尾へオープンして以来43年、もてなしの心と文化を大切に、和洋レストランを展開するうかい(7621・ジャスダック)。好調に業績を拡大中の同社、大久保勇社長を訪問した。

―本社は、京王電鉄の高尾山口駅から送迎バスで10分弱。深い緑の木々に包まれた、すばらしいロケーション。敷地はどのくらいございますか。
大久保社長 「約6000坪です。」 −−−>続きを読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:27 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は153円高の1万7199円と3日続伸

 大引けの日経平均株価は153円11銭高の1万7199円89銭と3日続伸した。TOPIXは24.22ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は5.55円高と続伸した。
 
 値上がり業種は証券商品先物、その他金融、海運、銀行、保険など30業種。
 値下がり業種は鉱業、食料品、石油石炭製品の3業種。
 東証1部市場値上がり1260銘柄、値下がり367銘柄、変わらず93銘柄

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日興コーディアルグループ<8603>(東1)IHI<7013>(東1)りそなホールディングス<8308>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、味の素<2802>(東1)明治製菓<2202>(東1)富士電機ホールディングス<6504>(東1)
 全体の値上がり率上位は、プロジェ・ホールディングス<3114>(大2)ポケットカード<8519>(東1)インタースペース<2122>(東マ)

 東証1部新高値銘柄は三国コカ・コーラボトリング<2572>(東1)、電気化学工業<4061>(東1)、三井化学<4183>(東1)、アミューズ<4301>(東1)、アルプス技研<4641>(東1)、アルゴ21<4692>(東1)、三菱電機<6503>(東1)、ダイヘン<6622>(東1)、フォスター電機<6794>(東1)、日本セラミック<6929>(東1)など38銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:19 | 株式投資ニュース

宇部興産が続伸し2月26日につけた年初来高値を更新

 宇部興産<4208>(東1)が、5円高の420円と続伸し2月26日につけた年初来高値419円を更新している。業績の上ブレ期待から買われている。9月5日の四季報速報では、同社の今2008年3月期は、会社計画の営業利益450億円が上ぶれる可能性があると予想している。カプロラクタムや合成ゴムの好調、医薬品原体・中間体の出荷前倒しという動向をふまえれば会社側計画円を超過達成する公算が大として470億円を予想している。信用取組倍率が0.78倍の売り長の好需給となっていることも株価を押し上げているようだ。

(関連記事)
・2007年08月21日 宇部興産は「自動車部品製造用ガス炉の新断熱材開発」報道で続伸。再び上昇トレンドへ
・2007年08月06日 宇部興産が続伸、外資系証券が目標株価引き上げ
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:24 | 株式投資ニュース

昭和電工が続伸し上値追いを鮮明に

 昭和電工<4004>(東1)が、7円高の455円と続伸し上値追いを鮮明にしている。国内大手証券系調査機関がHD事業の収益回復を予想し投資判断を「3」→「2」に格上げ、目標株価を500円としたことを好感している。株価は、前日に8月8日の高値444円を上回り、次のターゲットとして6月25日高値465円を視野に入れた動きになっている。

(関連記事)
・2007年08月08日 昭和電工が急反発、外資系証券が目標株価を引き上げ
・2007年05月10日 昭和電工が5日連騰、雲の上限抜けとなるか注目
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:54 | 株式投資ニュース

NTTドコモが反落、外資系証券が目標株価を引き下げ

 NTTドコモ<9437>(東1)が、4000円安の16万3000円と反落している。3日にKDDIが携帯電話端末の料金を引き上げる代わりに月々の通話料を安くする新しい料金プランを11月に導入するのに続き、NTTドコモも年内に2―3割程度の通話料引き下げに踏み切ると報じられている。一段と携帯電話料金が値下げ競争激化の方向へ向かう。外資系証券が投資判断を「アウトパフォーム」→「ニュートラル」に格上げ、目標株価を24万円→15万4000円に引下げている。株価が本格上昇へ向かう兆しは今のところ見当たらない。

(関連記事)
・2007年09月19日 KDDIは反発→続伸。次世代高速無線通信の新会社発表
・2007年08月17日 NTTドコモは反発。通信ディフェンシブ株がアク抜け、買い時として注目
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:59 | 株式投資ニュース

日本水産が5日続伸、11月より練り製品の価格改定も株価を押し上げ

 日本水産<1332>(東1)が、4円高の623円と5日続伸となっている。同社が、10月1日にフランス国内で水産物を主とする冷凍食品、チルド食品の製造・販売を営み、同社グループの取引先であったCite Marine(シテマリン)社の株式59%取得することで合意したことが買い手掛かり。また、前日に主原材料であるすり身価格の高騰に伴い11月より練り製品の価格改定を行うとしたことも株価押し上げ要因となっている。株価は、6月11日に年初来高値880円をつけた後、7月31日発表の第1四半期決算の経常利益が前年同期比43.4%減となったことを受け8月29日に491円まで下落、9月10日に外資系証券が投資判断を新規「買い」、翌11日に銀行系証券が投資判断を「2」→「1」に引き上げたことをキッカケに反転。11月中旬に予定されている中間期決算発表まで上値追いの展開となりそうだ。

(関連記事)
・2007年10月01日 日本水産は続伸。「仏加工食品メーカー買収、欧州市場拡大」報道
・2007年09月28日 日本水産はジリ高が続く。中長期で評価銘柄
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:36 | 株式投資ニュース

マツダが6連騰、外資系証券が投資判断を「1M」を据置く

 マツダ<7261>(東1)が、11円高の609円と6連騰している。四季報秋号では、新型『デミオ』『アテンザ』あり連結販売135万台(前期比4%増)は着実。研究開発費増など重いが、想定以上の円安効果で会社計画営業益1600億円は過小として、1700億円(前期比7.2%増)を予想している。今期予想PER9倍台と割安感があることに加え、外資系証券が投資判断を「1M」を据置いている。株価は、上値追いの展開が続きそうだ。

(関連記事)
・2007年08月10日 マツダが5日続落し年初来安値を更新、米フォード関係を継続も
・2007年08月01日 マツダが3日ぶりに反落、積極的に買い上がる動きはみられない
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:46 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は8円高の1万7055円と小幅続伸

 前引けの日経平均株価は8円71銭高の1万7055円49銭と小幅3日続伸。TOPIXは9.12ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は2.81円安と反落している。
 値上がり業種は証券商品先物、海運、鉄鋼、不動産、その他金融など24業種。
 値下がり業種は食料品、鉱業、小売、石油石炭製品、輸送用機器など9業種。
 東証1部市場値上がり906銘柄、値下がり669銘柄、変わらず141銘柄

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日興コーディアルグループ<8603>(東1)IHI<7013>(東1)住友信託銀行<8403>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、味の素<2802>(東1)ファーストリテイリング<9983>(東1)キッコーマン<2801>(東1)
 全体の値上がり率上位は、インタースペース<2122>(東マ)アーティストハウス<3716>(東マ)日本エム・ディ・エム<7600>(東1)

 東証1部新高値銘柄は三国コカ・コーラボトリング<2572>(東1)、電気化学工業<4061>(東1)、三井化学<4183>(東1)、アミューズ<4301>(東1)、アルプス技研<4641>(東1)、アルゴ21<4692>(東1)、三菱電機<6503>(東1)、ダイヘン<6622>(東1)、フォスター電機<6794>(東1)、日本セラミック<6929>(東1)など22銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:20 | 株式投資ニュース

ダイヘンが続伸し年初来高値を更新、好業績・好需給銘柄を買う動き

 ダイヘン<6622>(東1)が、16円高の800円と続伸し9月27日につけた年初来高値797円を更新している。QUICKコンセンサスでは09年3月期営業利益は今期推定比11.8%増の106億2700万円、EPSが47.2円に膨らむと予想されている。信用取組倍率が0.28倍の売り長の好需給となっており、買い戻しの動きが入ったようだ。

(関連記事)
・2007年08月13日 ダイヘンが5日営業日ぶりに急反発、銀行系証券が目標株価を900円
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:57 | 株式投資ニュース

イントランスは続伸。マザーズ市場でも不動産関連株が買われる

 イントランス<3237>(東マ)は続伸。1万8000円高の12万円まで買われている。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、今朝は東証1部でも不動産セクターが高く、東証1部業種別株価指数でも値上がり率上位に入っている。そのため、マザーズ市場でも、同社をはじめとして、フィンテック グローバル<8789>(東マ)アイディーユー<8922>(東マ)エムケーキャピタルマネージメント<2478>(東マ)エリアリンク<8914>(東マ)セキュアード・キャピタル・ジャパン<2392>(東マ)などの、不動産関連銘柄が値上がり上位に並んでいる。
 イントランスのチャートを見ると、9月21日につけた上場来安値6万6100円を底に、反発局面にある。とはいえ、現在の株価でPERは7.8倍台とかなりの割安。PBRは3.5倍台と、市場期待値は高いようだが。
 まずは26週移動平均線であり、8月急落前の水準でもある16万円台回復を目指す。
 同社は中古ビル再生販売事業を行なっており、販売後の建物管理・賃料回収代行事業なども行なっている。
 業績は好調。今期2008年3月期業績予想は前年比1.5倍以上の増収増益を見込んでいるが、東洋経済新報社の『会社四季報』では、その数字を一部、さらに上まわる予想値が出されている。また、同予想では、次期2009年3月期もさらに増収増益と予想されている。

(不動産関連記事)
・2007年10月02日 スター・マイカが反発、モミ合い抜く動きに
・2007年10月02日 東急不動産は「9月中間営業益の減益幅縮小」観測報道も、調整続く
・2007年09月29日 陽光都市開発 1000株の自社株買いを発表
・2007年09月21日 三井不動産は続伸。「帝国ホテルを傘下へ」「日比谷地区再開発」報道で
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:54 | 株式投資ニュース

第一中央汽船が連日の年初来高値更新、バルチック海運指数が最高値を更新

 第一中央汽船<9132>(東1)が、42円高の1188円と反発し連日の年初来高値を更新している。ばら積み船の運賃・用船料の国際総合指数、バルチック海運指数は最高値を更新し、9500台に乗せたことが買い手掛かり。9月20日に今3月期業績予想の上方修正を発表、信用取組倍率が1.71倍の好取組となっており上値追いの展開が続きそうだ。

(関連記事)
・2007年09月28日 第一中央汽船が7連騰、突っ込みあらば買い
・2007年09月20日 第一中央汽船が後場急上昇、今3月期業績予想の上方修正を発表
・バルチック海運指数(不定期船運賃指数)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:28 | 株式投資ニュース

アドアーズは三角保ち合い上放れの様相。ゲーム関連株人気にもあやかりたい

アドアーズのホームページ アドアーズ<4712>(JQ)は底打ち、反発のきざし。今朝寄り後は、前日終値237円前後で推移している。
 同社はゲームセンター66店舗を展開しており、業界6位。とくに、接客サービスの充実と、ファミリーや大人など多様な顧客の取り込みに特徴がある。
 8〜9月にかけて、同社株の約30%を保有していたアルゼ<6425>(JQ)から、保有株1800万株を取得して自己株式とし、うち900万株を消却した。同時に、2008年3月期末(通期)配当金の増配を発表したこともあり、株価は200〜300円の間を乱高下していた。
 この2ヵ月ほどのチャートを見ると、乱高下とはいえ、三角保ち合いのカタチに収斂してきたようだ。自己株の一部を消却したこともあり、今後、株価は上放れと見る。
 また、最近は任天堂<7974>(東1)バンダイナムコホールディングス<7832>(東1)タカラトミー<7867>(東1)といったゲーム関連、玩具関連株が人気で、続伸している。そのツレ高にも期待。まずは前の高値300円ライン奪回が目標となろう。

(ゲーム関連記事)
・2007年07月09日 AQインタラクティブは後場も続伸。好業績とゲーム株人気で上昇局面
・2007年10月03日 任天堂は前場、早くも上場来高値更新。買い材料も続出で、株価はうなぎのぼり
・2007年08月28日 スク・エニが大幅反落、「ドラクエ9」来年に発売延期を嫌気
・2007年08月23日 テクモはギャップアップで、東証1部値上がり率トップになる場面も。好業績と増配で
・2007年04月06日 2007年08月20日 ハドソンは反発。自律反発のタイミングに、見直し買い
・2007年08月06日 カプコンが急反発し年初来高値に迫る、中間期業績の上方修正を好感
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:28 | 株式投資ニュース

タムロンが続伸し上場来高値更新、車載カメラ用レンズに参入が買い手掛かり

 タムロン<7740>(東1)が、140円高4420円と続伸し9月26日につけた上場来高値を更新している。車載カメラ用レンズに参入することが買い手掛かり。2012年度に約50億円の事業規模に育成する。既に大手自動車部品メーカーなどに試作品を供給しており国際規格の認証作業を進めていると9月26日に報じられている。収益の大半を依存するデジタルカメラの需要は来年以降、成長が鈍化することが予想されていることから、車載カメラに対する期待が高まっているようだ。

(関連記事)
・2007年08月14日 タムロンが5日ぶりに反発、四季報速報では会社側の予想数値はなお保守的と
・2007年05月21日 タムロンはソニー関連として高値を更新
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:15 | 株式投資ニュース

IHIが4日ぶりに急反発し225採用銘柄の値上がり率ランキング第1位に

 IHI<7013>(東1)が、20円高の284円と4日ぶりに急反発し225採用銘柄の値上がり率ランキング第1位になっている。前日発表の同社の信用残は、売り残が841万6000株増加して2065万7000株に積み上がった。また、外資系証券が同社の投資判断を「中立」→「買い推奨」したことで買い優勢の動きとなっている。

(関連記事)
・2007年10月01日 千代田化工建設がIHIにツレ安し続落
・2007年08月09日 IHIが続伸、外資系証券では強気継続
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | 株式投資ニュース

任天堂は前場、早くも上場来高値更新。買い材料も続出で、株価はうなぎのぼり

 任天堂<7974>(東1)(大)は前場、早くも高値更新。1900円高の6万4500円まで買われている。前日つけた上場来高値は6万2800円だった。
 きのう当サイトで取り上げたとおり、「Wii」の好調などが、引き続き、買い材料となっているもようだ。ほか、外資系証券が投資判断で新規「買い」としたため、外国人投資家の買いにハズミがつき、円安継続も買い安心感につながっている。また、例年この時期に行なわれる上方修正期待など、市場ではさまざまな観測が出ている。

(関連記事)
・2007年10月02日 任天堂が上場来高値を更新、国内家庭用ゲーム市場が前年度比21.7%増
・2007年09月18日 任天堂は『日経優良企業ランキング』1位も、小反落。日経平均が冴えず利確売り先行
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

新日本製鐵が続伸し直近高値を上回る

 新日本製鐵<5401>(東1)が、10円高の845円と続伸し直近9月27日高値を上回り騰勢を強めている。9月26日に王子製鉄の株式を取得を発表、グループ力の強化を評価した買いが継続している。9月6日に9月中間期業績予想の上方修正していることから買い安心感を与えている。日経平均株価をけん引する動きとなるか注目されよう。

(関連記事)
・2007年09月27日 新日本製鐵が6連騰し直近高値を上回る
・2007年09月21日 新日本製鐵は戻りをリード、25日移動平均線を上回る
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

ニコンが連日の年初来高値、00年の上場来高値を視野に

 ニコン<7731>(東1)が、110円の4160円と続伸し連日の年初来高値更新となっている。前週28日に同社の2007年9月中間期連結経常利益が前年同期比51%増の560億円程度になる見通しと日本経済新聞社が報じたことを引続き好感している。デジタルカメラが一眼レフを中心に国内外で好調な上、半導体露光装置も最先端機が伸びるという。株価は、8月17日の安値2925円を底に、取組倍率0.58倍の好需給をテコに上昇が続いており、00年4月につけた上場来高値4430円を視野に入れよう。

(関連記事)
・2007年09月28日 ニコンは寄り後、早くも年初来高値更新。「9月中間経常、過去最高」観測記事も材料
・2007年08月24日 ニコンは続伸。デジタル一眼レフカメラの上位機種発売と、販売台数の上積み見通し発表

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

ディスコは「7〜9月期受注好調」報道など、材料続出で続伸。テクニカル的にも買い時

 ディスコ<6146>(東1)は続伸。230円高の6840円で始まり、寄り後は6910円まで買われている。
 今朝の日経新聞等に「ディスコの7〜9月期の連結受注高は、期初時点の会社予想(約250億円)を20億円程度上回り、4〜6月期比14%増の270億円前後に拡大したもようだ」との観測記事が出た。
 デジタル家電などの世界的な生産増を追い風に、電子部品用の切断装置が想定を上回ったほか、半導体の材料となるシリコンウエハー用の研削装置も好調だったという。
 また、国内証券による株価格付けとして、「1H」(買い・高リスク)据え置きとされた。別の国内証券では「足元の受注は回復傾向にある」「今3月期の好発進が期待」とレポートするなど、ここしばらく、買い材料が出ており、9月25日につけた年初来高値5640円を底に、反発→続伸していた。
 現在の株価で、PERは19倍台と、まだまだ割安水準にある。チャート的にも、続伸とはいえ、中期で見ると、まだ上値余地は大きいようだ。このまま続伸なら、まずは7000円ライン越え、さらに次のフシ7500円ラインを目標としてみる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:44 | 株式投資ニュース