[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/12)前引けの日経平均株価は56円高の1万5934円と続伸
記事一覧 (09/12)菱洋エレクトロが反落、7月中間期決算を発表も買い続かず
記事一覧 (09/12)日本ピスが3日ぶりに反発、KS社とグローバルな業務提携を結ぶ
記事一覧 (09/12)タムロンが続伸、デジタルカメラ出荷見通しの上方修正を好感
記事一覧 (09/12)乃村工藝社が続伸し年初来高値に肉薄
記事一覧 (09/12)コマツが4日ぶりに反発、株主への利益配分を一段と増やすと日経が報じる
記事一覧 (09/12)中外鉱業が大幅に下落し連日の年初来安値、投資事業からの撤退
記事一覧 (09/12)第一実業が中間配当実施を好感し反発
記事一覧 (09/12)セントラル硝子が3日ぶりに反発、仏サンゴバンCEOの会見を好感
記事一覧 (09/11)大引けの日経平均株価は112円高の1万5877円と反発
記事一覧 (09/11)プロパストがストップ高、業績予想の上方修正
記事一覧 (09/11)マルエツが反発、国内大手証券が投資判断を引き上げ
記事一覧 (09/11)みずほFGが反発、目先二番底との見方も
記事一覧 (09/11)ソフトブレーンが急騰、自己株を取得を発表
記事一覧 (09/11)コマツが3日続落、外資系証券が「BUY」→「SELL」に格下げ
記事一覧 (09/11)旭化成が3日ぶりに反発、外資系証券が投資判断を格上げ
記事一覧 (09/11)前引けの日経平均株価は39円高の1万5804円と反発
記事一覧 (09/11)ホギメディカルが急反発し上値追い、国内準大手証券が投資判断を格上げ
記事一覧 (09/11)倉敷機械が4日ぶりに反発、通期業績予想の上方修正を好感
記事一覧 (09/11)エスケーエレクトロニクスがストップ安売り気配
2007年09月12日

前引けの日経平均株価は56円高の1万5934円と続伸

 前引けの日経平均株価は56円69銭高の1万5934円36銭と続伸。TOPIXは7.86ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は1.18円安と7日ぶりに反発している。
 値上がり業種は不動産、鉱業、倉庫運輸関連、卸売、石油石炭製品など23業種。
 値下がり業種は金属製品、海運、パルプ・紙、小売、保険など10業種。
 東証1部市場値上がり1020銘柄、値下がり532銘柄、変わらず144銘柄

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日本板硝子<5202>(東1)日野自動車<7205>(東1)住友不動産<8830>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)熊谷組<1861>(東1)。 
 全体の値上がり率上位は、J・エスコムHD<3779>(JQ)シンクレイヤ<1724>(JQ)フレームワークス<3740>(東監理)

 東証1部新高値銘柄は三井鉱山<3315>(東1)、テルモ<4543>(東1)、富士通ゼネラル<6755>(東1)、松田産業<7456>(東1)、コーナン商事<7516>(東1)、パイロットコーポレーション<7846>(東1)の6銘柄。



提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:20 | 株式投資ニュース

菱洋エレクトロが反落、7月中間期決算を発表も買い続かず

 菱洋エレクトロ<8068>(東1)が、5円安の1534円と反落している。前日に7月中間期決算を発表を好感し、一時36円高の1575円まで買われる場面もあったが、買いが続かず戻り待ちの売りなどに押されている。中間期売上高は前年比19.7%増、経常利益は同45.6%増、純利益は98.8%増と大幅増収増益となった。薄型大型テレビや携帯電話など拡大見通しながら、競争激化による価格下落を予想し通期の業績予想は据置いている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:48 | 株式投資ニュース

日本ピスが3日ぶりに反発、KS社とグローバルな業務提携を結ぶ

 日本ピストンリング<6461>(東1)が、1円高の204円と3日ぶりに反発している。同社がドイツの大手ピストンメーカーであるKSコルベンシュミット社(KS社)と2007年9月11日にグローバルな業務提携に関する契約を調印したと発表、これを材料視した買いで5円高の208円まで買われたが、上げ一服となっている。株価は、6月20日高値290円、7月19日高値286円の二番天井を形成、調整局面入りとなっている。PBR0.69倍と割安感があるものの、信用買残が316万株と重くまだ日柄整理が続きそうだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース

タムロンが続伸、デジタルカメラ出荷見通しの上方修正を好感

 一眼レフ交換レンズで世界的なタムロン<7740>(東1)が、240円高の3830円と続伸し騰勢を強めている。カメラ映像機器工業会(CIPA)が前日、国内と世界のデジタルカメラ出荷見通しを上方修正したことを好感している。国内出荷の2007年の従来予測は前年比0.1%減の941万台だったが、一転して同12.8%増の1062万台に修正。高機能化と単価下落が進み需要が拡大したため。07年の世界出荷見通しは同18.5%増の9361万台に引き上げた。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:21 | 株式投資ニュース

乃村工藝社が続伸し年初来高値に肉薄

乃村工藝社ホームページ 乃村工藝社<9716>(東1)が、33円高の722円と続伸し7月20日につけた年初来高値728円に肉薄している。同社が前日、2008年2月期業績予想の上方修正を発表、これを好感した買いが先行している。売上高が当初予想を30億円、経常利益が同3億円、純利益が同1億5000万円上回る見通し。商業施設のアパレル向け事業が好調なうえ、博物館などの展示関連事業の採算性改善が利益を押し上げるとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:08 | 株式投資ニュース

コマツが4日ぶりに反発、株主への利益配分を一段と増やすと日経が報じる

 コマツ<6301>(東1)が、120円高の3400円と4日ぶりに反発している。米国市場高に加えて、同社が株主への利益配分を一段と増やすと日本経済新聞社が報じたことを好感している。2007年9月中間期の1株当たり配当は、従来予想を2円以上上回る前年同期より7―8円多い20―21円となりそうだとしている。新興国や欧州で建機需要が好調で、中間期の連結純利益(米国会計基準)は1020億円と前年同期比52%増えると予想し、08年3月期の年間配当も増額する公算大としている。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

中外鉱業が大幅に下落し連日の年初来安値、投資事業からの撤退

 中外鉱業<1491>(東2)が、23円安の38円と大幅に下落し3日続落、連日の年初来安値更新となっている。同社が前日、2007年9月中間期の連結最終損益が従来予想の2億円の黒字予想から一転して、357億円の赤字(前年同期は6400万円の赤字)になりそうだと発表、これを嫌気して失望売りが膨らんでいる。本業の伸び悩みに加えて、投資事業からの撤退に伴い債権譲渡損などの特別損失を計上することが響くとしている。今後、投資事業の失敗によって特別損失を計上する企業が多くなってくることが予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | 株式投資ニュース

第一実業が中間配当実施を好感し反発

 第一実業<8059>(東1)が、12円高の555円と4日ぶりに反発している。前日、2008年3月期に7年ぶりに中間配当を実施すると発表、これを好感した買いが入っている。当初は期末だけ13円配とする予定だったが、中間期と期末に6.5円ずつ配当するよう変更する。配当頻度を高め、個人株主増加につなげるのが狙いとしている。



提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース

セントラル硝子が3日ぶりに反発、仏サンゴバンCEOの会見を好感

 セントラル硝子<4044>(東1)が、8円高の577円と3日ぶりに反発している。世界3位の板ガラスメーカーである仏サンゴバンのピエール―アンドレ・ドゥ・シャランダール最高経営責任者(CEO)は前日、東京都内で日本経済新聞記者と会い、「インドやロシアなどでセントラル硝子と協力し、日系自動車メーカーとの取引を拡大する」方針を明らかにしたと報じられた。これを好感した買いが入っている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース
2007年09月11日

大引けの日経平均株価は112円高の1万5877円と反発

大引けの日経平均株価は112円70銭高の1万5877円67銭と反発した。TOPIXは7.17ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は5.24円安と6日続落した。
 
 値上がり業種は鉱業、不動産、水産・農林、精密機器、倉庫運輸関連など25業種。
 値下がり業種は金属製品、医薬品、電気ガス、機械、ガラス土石製品など8業種。
 東証1部市場値上がり774銘柄、値下がり807銘柄、変わらず136銘柄

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日本水産<1332>(東1)住友不動産<8830>(東1)三菱地所<8802>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、東邦亜鉛<5707>(東1)太平洋セメント<5233>(東1)。 
 全体の値上がり率上位は、ジーエヌアイ<2160>(東マ)シルバーオックス<8024>(東)アイ ビー ダイワ<3587>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄はユーシン精機<6482>(東1)、豊田合成<7282>(東1)、スクウェア・エニックス<9684>(東1)、カプコン<9697>(東1)の4銘柄。



提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:11 | 株式投資ニュース

プロパストがストップ高、業績予想の上方修正

プロパストのホームページ プロパスト<3236>(JQ)が、2万円高の12万9000円ストップ高となっている。本日午後に11月中間期と2008年5月期の業績予想の上方修正を発表、これを好感した買いが優勢となっている。11月中間期の経常利益予想は前回予想を96億9600万円上回る154億9800万円に、通期経常利益は前回予想を41億5000万円上回る163億9700万円に修正した。株価は、7月17日につけた年初来高値26万7000円から前日につけた上場来安値10万5000円まで下落、本日は再び上場来安値顔合わせまで売られた後、反発に転じている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:38 | 株式投資ニュース

マルエツが反発、国内大手証券が投資判断を引き上げ

 マルエツ<8178>(東1)が、15円高の564円と反発している。国内大手証券が投資判断を「4」→「3」に引き上げたことを好感している。株価は、7月4日高値635円から8月17日安値505円まで下落、このところモミ合いとなっているが、半値戻り達成から580円の上値抵抗線を上回るか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

みずほFGが反発、目先二番底との見方も

 みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)が、2万円高の67万7000円と前日と変わらずを含め7日ぶりに反発している。国内大手証券が、銀行セクターの投資判断を「強気」→「中立」に引下げたことを受け、2万6000円安の63万1000円まで売られる場面もあったが、目先8月16日安値62万1000円に対する二番底形成との見方も強まり買いが入ったようだ。8月27日高値73万8000円を上回らなければ、本格リバウンドとはいかないだろう。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:34 | 株式投資ニュース

ソフトブレーンが急騰、自己株を取得を発表

 ソフトブレーン<4779>(東1)が、1230円高の1万7900円と急騰している。本日、発行済株式総数の5.49%に相当する1万7000株を上限に自己株を取得すると発表、これを好感した買いが入っている。取得総額上限は3億円。取得期間は9月12日から12月22日までとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:15 | 株式投資ニュース

コマツが3日続落、外資系証券が「BUY」→「SELL」に格下げ

 コマツ<6301>(東1)が、60円安の3260円と3日続落となっている。外資系証券が「BUY」→「SELL」格下げ、目標株価を4500円→2800円を嫌気した売りが先行している。円高・ドル安傾向となっていることで収益への影響に懸念が出てきたことや、米国の住宅市場が依然として弱いことが悪影響を及ぼすことなどを理由としてあげている。株価は、3600円処が上値として意識される動きとなっており、厳しい展開となりそうだ。



提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:41 | 株式投資ニュース

旭化成が3日ぶりに反発、外資系証券が投資判断を格上げ

 旭化成<3407>(東1)が、29円高の873円と3日ぶりに反発している。外資系証券が投資判断を「ニュートラル」→「バイ」に格上げ、目標株価を850円→1100円に引き上げたことを好感している。直近5日の高値881円を上回り882円まで買われており、押し目買い姿勢が強まりそうだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:18 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は39円高の1万5804円と反発

 前引けの日経平均株価は39円43銭高の1万5804円40銭と反発。TOPIXは0.39ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は9.10円安と6日続落している。
 値上がり業種は不動産、鉱業、倉庫運輸関連、精密機器、水産・農林など19業種。
 値下がり業種は金属製品、医薬品、ガラス土石製品、非鉄金属、機械など14業種。
 東証1部市場値上がり621銘柄、値下がり972銘柄、変わらず118銘柄

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日本水産<1332>(東1)住友不動産<8830>(東1)三菱地所<8802>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、東邦亜鉛<5707>(東1)太平洋セメント<5233>(東1)。 
 全体の値上がり率上位は、アイ ビー ダイワ<3587>(JQ)ジーエヌアイ<2160>(東マ)シルバーオックス<8024>(東)

 東証1部新高値銘柄はスクウェア・エニックス<9684>(東1)、カプコン<9697>(東1)の2銘柄。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:16 | 株式投資ニュース

ホギメディカルが急反発し上値追い、国内準大手証券が投資判断を格上げ

 ホギメディカル<3593>(東1)が、280円高の5500円と急反発し上値追いとなっている。10日付で国内準大手証券が投資判断を「B」→「B+」に格上げしたことを好感している。信用取組倍率が0.23倍の売り長の好需給となっており、買い戻しの動きも入ったようだ。上値は5800円処までとみたい。




提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

倉敷機械が4日ぶりに反発、通期業績予想の上方修正を好感

 倉敷機械<6211>(東2)が、10円高の300円と4日ぶりに反発している。10日に発表した2008年3月期業績予想の上方修正を好感している。売上高が前回予想を2億円上回る74億円、経常利益が同1億5000万円上回る12億円、純利益は適格退職年金制度廃止に伴う特別損失計上で純利益は従来予想の6億5000万円を据え置いた。 主力の横中ぐりフライス盤が国内、海外とも好調を持続、生産効率アップや費用低減も寄与したとしている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース

エスケーエレクトロニクスがストップ安売り気配

 エスケーエレクトロニクス<6677>(JQ)が、寄付き前から気配値を切り下げ、1万円安の8万3200円ストップ安売り気配となっている。前日、2007年9月期の連結最終損益が従来予想の3億5000万円の黒字から一転して1000万円の赤字になる見通しとの発表を嫌気した売りが膨らんでいる。液晶パネルメーカーの投資抑制が響いたとしている。年間配当は当初予定を500円下回る700円(前期は1900円)に減額する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース