[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/13)テイ・エス テックが急騰、業績予想の上方修正を好感
記事一覧 (08/13)株マニ注目の東ソーが5日営業日ぶりに急反発
記事一覧 (08/13)ダイヘンが5日営業日ぶりに急反発、銀行系証券が目標株価を900円
記事一覧 (08/13)大京は1Q大幅増益を好感し6営業日ぶりに反発
記事一覧 (08/13)松田産業は買い気配から始まる
記事一覧 (08/10)大引けの日経平均株価は406円安の1万6764円と大幅反落
記事一覧 (08/10)新日本製鐵が4日続落
記事一覧 (08/10)株マニ注目のソネット・エムスリーが3日続伸しモミ合い抜け
記事一覧 (08/10)電通は信用好需給も下支えし5日続伸
記事一覧 (08/10)アビリットが上場来安値を更新、赤字に修正を嫌気
記事一覧 (08/10)東洋炭素が高値更新、外資系証券が目標株価を引き上げ
記事一覧 (08/10)片倉工業が3日続伸し連日の年初来高値更新
記事一覧 (08/10)DOWAが4日続落し225採用銘柄の値下がり率ランキング第1位に
記事一覧 (08/10)前引けの日経平均株価は448円安の1万6721円と大幅反落
記事一覧 (08/10)IRIユビテックがストップ安、前期減益を嫌気し上場来安値を更新
記事一覧 (08/10)インテックHDが急落し上場来安値を更新
記事一覧 (08/10)近鉄エクスプレスは3日ぶりに反発、目先乱高下の動き
記事一覧 (08/10)マツダが5日続落し年初来安値を更新、米フォード関係を継続も
記事一覧 (08/10)JTが続落、目先目先材料出尽し感
記事一覧 (08/10)ファーストリテイリングが3日続伸、バーニーズ・ニューヨークの買収断念
2007年08月13日

テイ・エス テックが急騰、業績予想の上方修正を好感

 ホンダ系の4輪シート部品メーカーのテイ・エス テック<7313>(東1)が490円高の4610円と急騰している。前週10日に第1四半期決算と併せて9月中間期・通期の業績予想の修正を発表、業績の上方修正を好感した買いが優勢となっている。通期業績予想は売上高が前回予想を280億円上回る4770億円、経常利益が同47億円上回る250億円、純利益が同35億円上回る149億円に修正した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:04 | 株式投資ニュース

株マニ注目の東ソーが5日営業日ぶりに急反発

 株マニ注目東ソー<4042>(東1)が、70円高の686円と5日営業日ぶりに急反発している。
 東ソーは突っ込み買い妙味が増してきた。7月31日発表の第1四半期決算は、売上高が前年同期比10.8%増、経常利益が同2.9倍、純利益が同3.9倍と大幅増益となったことを受け、2日に年初来高値747円まで買い進まれた後、9日に619円まで下落し引けは647円。出来高も1943万8000株をこなし、目先の投げも一巡したと思われる。
 外資系証券では、9日付で投資判断を「2H」継続で目標株価を700円→800円に引き上げている。高値から100円下げの株価水準、売りも一巡からリバウンド妙味が高まっている(株マニ8月10日短期注目銘柄から)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:59 | 株式投資ニュース

ダイヘンが5日営業日ぶりに急反発、銀行系証券が目標株価を900円

 ダイヘン<6622>(東1)が、75円高の753円と5日営業日ぶりに急反発している。前週10日付で銀行系証券が投資判断を「2」→「1」に格上げ、目標株価を900円としたことが買い手掛かり。3日付で別の銀行系証券が目標株価860円としたことを受けて、買われた6日高値792円抜けとなるか注目されよう。 
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:57 | 株式投資ニュース

大京は1Q大幅増益を好感し6営業日ぶりに反発

 大京<8840>(東1)が、28円高の439円で寄付き、6営業日ぶりに反発している。前週10日に発表の第1四半期決算が大幅増益となったことを好感している。売上高が前年同期比42.3%増、経常利益が同73.9%増、純利益が同10.2倍の大幅増益となった。株価は先週10日まで年初来安値を更新、戻りを試す展開となっている。週足一目均衡表の基準線498円処が意識されよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:37 | 株式投資ニュース

松田産業は買い気配から始まる

 貴金属の回収精錬の松田産業<7456>(東1)が、寄付き前から気配値を切り上げ、150円高の3230円買い気配となっている。第1四半期決算と併せて9月中間期・通期の業績予想の修正を発表、業績の上方修正を好感している。通期業績予想は売上高が前回予想を50億円上回る1800億円、経常利益が同13億円上回る80億円、純利益が同7億円上回る48億円に修正した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース
2007年08月10日

大引けの日経平均株価は406円安の1万6764円と大幅反落

 大引けの日経平均株価は406円51銭安の1万6764円09銭と大幅に反落した。TOPIXは49.88ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は27.35円安と8日続落した。
 値上がり業種は水産・農林、電気・ガス、空運の3業種。
 値下がり業種はその他金融、海運、卸売、石油石炭製品、非鉄金属など30業種。
 東証1部市場値上がり235銘柄、値下がり1445銘柄、変わらず44銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日本水産<1332>(東1)ファーストリテイリング<9983>(東1)ヤフー<4689>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、新生銀行<8303>(東1)日清紡<3105>(東1)三菱マテリアル<5711>(東1)
 全体の値上がり率上位は、オックスホールディングス<2350>(大ヘ)日本エル・シー・エー<4798>(東2)トラストワークス<2154>(JQ)

 東証1部新高値銘柄は、アリアケジャパン<2815>(東1)、片倉工業<3001>(東1)、日本板硝子<5202>(東1)、東海カーボン<5301>(東1)、東洋炭素<5310>(東1)、リンナイ<5947>(東1)、三浦工業<6005>(東1)、ヒロセ電機<6806>(東1)、シスメックス<6869>(東1)、豊田合成<7282>(東1)など16銘柄。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:20 | 株式投資ニュース

新日本製鐵が4日続落

 新日本製鐵<5401>(東1)が、31円安の826円と4日続落となった。一時816円まで売られる場面もあった。相場全体は、サブプライムローン問題に端を発した米国市場安を受け、日経平均株価は400円を超える下落、ヘッジファンドの解約を懸念した売り、信用取引における追加保証金差し入れ発生に伴う、処分売りなどが重なった模様。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:10 | 株式投資ニュース

株マニ注目のソネット・エムスリーが3日続伸しモミ合い抜け

 株マニ注目のソネット・エムスリー<2413>(東1)が、7000円高の37万8000円と3日続伸、一時38万5000円まで買われ6月19日高値37万7000円を上回りモミ合い抜けとなっている 
 医療サイト『MR君』の運営を通し、製薬会社の医師向け情報提供を支援するソネット・エムスリーは、前週25日に第1四半期決算を発表、1Q売上高が前年同期比46.3%増、経常利益が同58.3%増、純利益が同55.0%増と大幅増収増益と好調に推移しているから注目したい(株マニ7月31日短期注目銘柄から)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:39 | 株式投資ニュース

電通は信用好需給も下支えし5日続伸

 電通<4324>(東1)が、1万円高の33万円6000円と5日続伸となっている。6日付で外資系証券が投資判断を「中立」→「買い」格上げ、目標株価を37万円としたことが買い手掛かり。信用取組倍率が0.78倍と好需給となっており、6月21日高値35万7000円を視野に入れている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:38 | 株式投資ニュース

アビリットが上場来安値を更新、赤字に修正を嫌気

 パチンコ遊技機とパチンコプリペイドカードシステムを手掛けるアビリット<6423>(東1)が、58円安の396円と大幅安。06年11月につけた上場来安値420円を更新している。前日の6月中間期・通期業績予想の下方修正発表を嫌気して失望売りが膨らんでいる。通期の純利益は18億7700万円の黒字予想から一転13億2200万円の赤字になる見通し。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:44 | 株式投資ニュース

東洋炭素が高値更新、外資系証券が目標株価を引き上げ

 東洋炭素<5310>(東1)が、600円高の1340円と続伸し年初来高値を更新している。外資系証券が投資判断を「アウトパフォーム」継続、目標株価を1万900円→1万5800円に引き上げたことが買い手掛かり。同じ黒鉛関連の東海カーボン<5301>(東1)も高値更新となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:52 | 株式投資ニュース

片倉工業が3日続伸し連日の年初来高値更新

 片倉工業<3001>(東1)が、125円高の2425円と3日続伸し連日の年初来高値更新となっている。新立川航空機<5996>(東2)など実質無借金会社で含み資産がある銘柄を見直す動きが鮮明となっている。片倉工業は、さいたま新都心に大型商業施設コクーンを運営していることなどを見直す動きに加え、信用取組倍率が0.43倍と売り長の好需給になっていることも株価を押し上げているようだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:50 | 株式投資ニュース

DOWAが4日続落し225採用銘柄の値下がり率ランキング第1位に

 DOWAホールディングス<5714>(東1)が、前場109円安の1166円と4日続落し225採用銘柄の値下がり率ランキング第1位になっている。資源株にヘッジファンドの解約売りが懸念されていることから続落している同社は、7月20日に非鉄市況高を背景に1515円の年初来高値をつけた後、7月30日に通期業績予想の上方修正を発表も高値を抜くことが出来ず、上値の重たさから、戻り売り基調を強める展開となっている。株価は、5月21日の安値1100円に接近しており、このあたりで下げ止まるか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:57 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は448円安の1万6721円と大幅反落

 前引けの日経平均株価は448円64銭安の1万6721円96銭と大幅に反落している。TOPIXは48.94ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は26.95円安と8日続落している。
 値上がり業種は電気・ガス、水産・農林の2業種。
 値下がり業種はその他金融、海運、石油石炭製品、卸売、ゴム製品など31業種。
 東証1部市場値上がり252銘柄、値下がり1402銘柄、変わらず67銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、中外製薬<4519>(東1)ヤフー<4689>(東1)東宝<9602>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、DOWAホールディングス<5714>(東1)新生銀行<8303>(東1)T&Dホールディングス<8795>(東1)
 全体の値上がり率上位は、オックスホールディングス<2350>(大ヘ)日本エル・シー・エー<4798>(東2)クオール<3034>(大ヘ)

 東証1部新高値銘柄は、アリアケジャパン<2815>(東1)、片倉工業<3001>(東1)、日本板硝子<5202>(東1)、東海カーボン<5301>(東1)、東洋炭素<5310>(東1)、リンナイ<5947>(東1)、三浦工業<6005>(東1)、ヒロセ電機<6806>(東1)、シスメックス<6869>(東1)、豊田合成<7282>(東1)など11銘柄。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:33 | 株式投資ニュース

IRIユビテックがストップ安、前期減益を嫌気し上場来安値を更新

 IRIユビテック<6662>(大ヘ)が、3万円安の14万3000円とストップ安し5月24日につけた上場来安値を更新している。前日、2007年6月期決算と08年6月期業績予想を発表、前期純利益が前年比28.8%減となったことを嫌気して失望売りが膨らんでいる。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:31 | 株式投資ニュース

インテックHDが急落し上場来安値を更新

 インテックホールディングス<3819>(東1)が、244円安の1410円と急落し4月23日につけた上場来安値1451円を更新している。前日、第1四半期決算と中間期業績予想を発表、中間期赤字転落見通しを嫌気した失望売りが膨らんでいる。中間期最終損益は21億円の黒字予想から25億円の赤字に修正した。連結子会社のインテックリースを今期末までに清算、事業整理損を計上するためとしている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

近鉄エクスプレスは3日ぶりに反発、目先乱高下の動き

 近鉄エクスプレス<9375>(東1)が、200円高の4690円と3日ぶりに反発している。7日に日本通運<9062>(東1)と提携検討と報じられ、同日に4770円まで買われたが7月23日につけた上場来高値4830円を抜けなかった。8日に発表された第1四半期決算は純利益が前年同期比44.5%増と好調だったが材料出尽し感から、9日に4220円まで下落する場面もあったが、本日は信用取組倍率0.44倍と好需給となっていることから買い戻しを狙った買い仕掛け的な動きとなったようだ。目先乱高下する動きが続きそうだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:29 | 株式投資ニュース

マツダが5日続落し年初来安値を更新、米フォード関係を継続も

 マツダ<7261>(東1)が、12円安の598円と5日続落、一時18円安の592円まで下落し4月26日につけた年初来安値595円を更新している。米フォード・モーターのアラン・ムラーリー社長兼最高経営責任者(CEO)は8日、出資先のマツダについて「関係を継続する」と述べたと日本経済新聞社が報じたが、株価は下げに転じている。7月31日に発表された第1四半期決算は、営業利益が前年同期比9.0%増を受け、戻る動きも見せたが、需給面の悪さから戻り売りを鮮明にしている。本年2月上旬まで800円を挟んで高値圏での

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:28 | 株式投資ニュース

JTが続落、目先目先材料出尽し感

 JT<2914>(東1)が、1万2000円安の59万8000円と続落となっている。前日、第1四半期決算と併せて08年3月期業績予想の修正を発表、ギャラハー買収が寄与し減益予想から一転して増益見通しとしたが、目先材料出尽し感が出ている。株価は、週足一目均衡表の基準線58万4000円が下値として意識されよう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングが3日続伸、バーニーズ・ニューヨークの買収断念

 ファーストリテイリング<9983>(東1)が、200円高の7390円と3日続伸となっている。同社が9日、米高級衣料品専門店バーニーズ・ニューヨークの買収について、再申し込みを辞退すると発表したことを好感した買いが入っている。買収に対して懐疑的な見方が大勢を占めていたようだ。日本企業の買収は、今まで高値掴みとなるケースと見られがち。それが回避されたというだけでも買い材料となっている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:08 | 株式投資ニュース