[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/17)リンナイが急続伸し騰勢を強める、大株主の動向を睨みつつ昨年高値奪回が目前
記事一覧 (05/17)ブックオフコーポレーションは不正取引で気配値切り下げ、大量の売り物
記事一覧 (05/17)ナカノフドー建設は上方修正で反発。低位建設株は深追い禁物
記事一覧 (05/17)日本空港ビルデングが5日ぶりに急反発、羽田国際化の提言を受け買い戻しの動き
記事一覧 (05/17)ソリッドグループホールディングスは続落にインサイダー容疑が追い討ち
記事一覧 (05/17)日清紡が4日続伸し年初来高値を窺う動き
記事一覧 (05/17)HOYAは続伸。ペンタックスのTOB受け入れと経営統合の大筋合意報道で
記事一覧 (05/16)大引けの日経平均株価は16円高の1万7529円と小反発
記事一覧 (05/16)日揮は好業績を好感、レンジを抜き昨年2月高値奪回期待高まる
記事一覧 (05/16)ヤフーが6日続落、25日移動平均線で下げ止まるか注目
記事一覧 (05/16)ファーストリテは4日続伸、国内大手証券が投資判断格上げを好感
記事一覧 (05/16)NECが続落し下げ幅を拡大、225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に
記事一覧 (05/16)丸井はスクラップアンドビルドを評価し続伸
記事一覧 (05/16)前引けの日経平均株価は40円安の1万7472円と続落
記事一覧 (05/16)住友重機械工業は押し目買い妙味大、想定上回る業績
記事一覧 (05/16)横浜ゴムが反発し年初来高値を更新、売り長の好需給をテコに上昇続く
記事一覧 (05/16)メビックスは反発。不振の新興市場で優良銘柄を発見
記事一覧 (05/16)コスモ石油は今期好業績を買い、ギャップアップ。今朝は石油株が高い
記事一覧 (05/16)鹿島が年初来安値更新、225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に
記事一覧 (05/16)ミネベアが4日続落し連日の年初来安値更新
2007年05月17日

リンナイが急続伸し騰勢を強める、大株主の動向を睨みつつ昨年高値奪回が目前

 ノーザントラスト大株主のリンナイ<5947>(東1)が、200円高の3600円と急続伸し直近14日高値3560円を抜き騰勢を強めている。
 14日に発表の2007年3月期連結決算と08年3月期業績予想を受け、外資系証券が15日、投資判断を「売り」→「中立」に格上げしたことが買い手掛かり。2月に表面化したガス機器事故への世論・政府の対応が沈静化し、リンナイの日本国内のガス機器ビジネスは最悪期を脱したとしている。
 今期の連結業績予想は、経常利益が前期比13.1%増の153億円と2ケタ増益を見込んでおり、大株主の動向を睨みつつ昨年12月高値3700円奪回が目前となってきた。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース

ブックオフコーポレーションは不正取引で気配値切り下げ、大量の売り物

 ブックオフコーポレーション<3313>(東1)は9時45分現在、寄り付かず。270円安の1512円売り気配。20万株近い売り物が出ている。
 きのう夜7時台に、「不適切な売上計上について」発表を行なった。
 同社の複数の直営店が、売上目標を達成するために、「店舗の商品を第三者にいったん売却した後、連結子会社が当該商品を買い戻す」という取引を行なっていたことが判明した。2004年12月と2006年2月に行なわれ、それぞれ、670万円、1600万円の取引金額であったという。
 今後は、社内調査チームが、上記取引の原因や、その他の不適当な売上計上の有無を調査する。
 チャートを見ると、一連の報道により、それまで2000円台で推移していたものが、続落し、1800円ラインまで下げてきた。今後の上記調査の結果により、さらに下落が予想される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

ナカノフドー建設は上方修正で反発。低位建設株は深追い禁物

 ナカノフドー建設<1827>(東1)は反発。13円高の213円で始まっている。
 きのう大引け後に発表した、2007年3月期業績予想の上方修正が、買い材料となっているもようだ。個別・連結とも、売上高、経常・純利益ともに上方修正となった。
 東南アジアの海外子会社の完成工事利益の増加などによる。
 最近は、時々、何か材料が出た建設低位株がポコッと上昇することがある。低位株なので、上げ幅は小さくても、値上がり率は大きいため、値上がり率ランキングに登場することになる。今朝の寄り後は、同社も東証1部値上がり率上位にランクインしている。
 しかしやはり低位株なので、深追いは禁物。割り切った短期投資で。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:43 | 株式投資ニュース

日本空港ビルデングが5日ぶりに急反発、羽田国際化の提言を受け買い戻しの動き

 日本空港ビルデング<9706>(東1)が、245円高の2300円と5日ぶりに急反発し4月26日につけた年初来高値2290円を更新している。前日午後2時に2007年3月期決算と併せて08年3月期業績予想を発表し株価は続落した。同日政府のアジア・ゲートウェイ戦略会議(議長・安倍晋三首相)が、日本とアジアの交流を促進する「アジア・ゲートウェイ構想」をまとめ、就航先や参入企業を国主導で決める航空政策の自由化(オープンスカイ)を軸に、早朝・夜間枠を利用した羽田空港での国際チャーター便拡充や、大都市圏国際空港の24時間化などを提言したとの報道を受け、空港での物品販売などを手掛ける同社に対する期待が高まった。今期業績は、経常利益が6.7%と微増益見込み。取組倍率0.10倍の売り長の好需給から買い戻しの動きが加速している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース

ソリッドグループホールディングスは続落にインサイダー容疑が追い討ち

 ソリッドグループホールディングス<7602>(東2)は小幅反発。4円高の58円で始まり、寄り後は60円台に乗せている。
 きのう16日付け新聞で、同社社長ら3人がインサイダー取引を行なった疑いがあるとして、証券取引法違反容疑で、東京地検特捜部に告発されると報道された。同日昼、井上博文副社長らが記者会見するとともに、「現在確認中であり、確認が取れ次第、速やかに報告する」とのコメントを発表した。
 旧ライブドアオートの同社チャートを日足で見ると、100円台で低迷した後、きのうまで6日連続、陰線かつ続落してきていた。もうこれ以上は下がる余地がないようで、今朝は小反発している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:28 | 株式投資ニュース

日清紡が4日続伸し年初来高値を窺う動き

 日清紡<3105>(東1)が、16円高の1613円と4日続伸し7日につけた年初来高値1625円を窺う動きになっている。15日に2007年3月期連結決算と08年3月期業績予想と併せて300万株の自社株消去発表、今期経常利益19.1%増見込みを好感した買いが継続している。またブルドックソース<2804>(東2)にTOB提案したスティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンドが、日清紡株の5.04する大株主であることも、株価の下支え要因となっている。引き続き注目。

(代替エネルギー関連)

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:25 | 株式投資ニュース

HOYAは続伸。ペンタックスのTOB受け入れと経営統合の大筋合意報道で

 HOYA<7741>(東1)は続伸。100円高の3880円で始まっている。
 今朝の日経新聞等で「ペンタックス<7750>(東1)が、HOYAのTOBを受け入れて経営統合することで大筋合意」と報道された。
 ペンタックスは続落。1円安の776円で始まり、寄り後は767円まで売られている。(半導体関連)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース
2007年05月16日

大引けの日経平均株価は16円高の1万7529円と小反発

 大引けの日経平均株価は16円02銭高の1万7529円00銭と小反発した。TOPIXは0.66ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は11.40円安と5日続落した。
 値上がり業種は石油石炭製品、精密機器、ゴム製品、電気・ガス、その他製品など。
 値下がり業種は陸運、証券商品先物、繊維製品、銀行、建設など。
 東証1部市場値上がり553銘柄、値下がり1067銘柄、変わらず108銘柄となった。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、日揮<1963>(東1)ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)TDK<6762>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、日本曹達<4041>(東1)鹿島<1812>(東1)明治乳業<2261>(東1)
 全体の値上がり率上位は、明豊ファシリティワークス<1717>(JQ)STEILAR C.K.M<2673>(JQ)日本エル・シー・エー<4798>(東2)
 
 東証1部新高値銘柄は、JFE商事ホールディングス<3332>(東1)、日本農薬<4997>(東1)、新日本石油<5001>(東1)、コスモ石油<5007>(東1)、横浜ゴム<5101>(東1)、フタバ産業<7241>(東1)、今仙電機製作所<7266>(東1)、タムロン<7740>(東1)、任天堂<7974>(東1)、SFCG<8597>(東1)など23銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:17 | 株式投資ニュース

日揮は好業績を好感、レンジを抜き昨年2月高値奪回期待高まる

 日揮<1963>(東1)が、236円の2180円と続伸し一時2240円まで買われ2月6日につけた年初来高値2180円を更新している。前日午前、2007年3月期決算と併せて08年3月期業績予想を発表、今期は石油やガス、資源開発向けのプラント建設が好調で、連結営業利益が前期比44%増の380億円を見込みを好感した買いが優勢となっている。
 また、ナイジェリアの政情不安を背景に改めて同国からの原油供給に対する先行き不透明感が強まり、15日のロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント先物相場は急伸。中心限月の6月物が1バレル67.91ドルで取引されており、今後も原油価格は堅調に推移し、プラント建設の需要が高まるとの期待もある。
 株価は昨年6月から続いていた1600〜2200円処のレンジを抜いており、昨年2月の高値2760円奪回が期待される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:48 | 株式投資ニュース

ヤフーが6日続落、25日移動平均線で下げ止まるか注目

 ヤフー<4689>(東1)が、250円安の4万1800円と6日続落となっている。米マイクロソフトと米ヤフーの提携交渉報道を受け、8日に4万6350円まで上昇した後、下げに転じている。株価は25日移動平均線の4万936円処に急接近、この辺りで下げ止まりとなるか注目されよう。(提携ポイントカード関連)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:23 | 株式投資ニュース

ファーストリテは4日続伸、国内大手証券が投資判断格上げを好感

 ファーストリテイリング<9983>(東1)が、60円高の9030円と4日続伸している。16日付で国内大手証券が、中期視点で投資時期が到来、組織を補強しながら改革継続へとして、投資判断を「3」→「2」へ格上げしたことを好感している。
 株価は13週移動平均線で押さえられる動きとなっており、ここから一段高は期待薄との見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:58 | 株式投資ニュース

NECが続落し下げ幅を拡大、225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に

 NEC<6701>(東1)が、26円安の593円と続落し下げ幅を拡大、225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に入っている。前日の2007年3月期の連結最終損益が従来予想を310億円下回る90億円の黒字(前の期は101億円の赤字)になったようだとの発表を嫌気した売りが膨らんでいる。サーバーやソフトウエアの伸び悩みのほか、単独決算上で繰り延べ税金資産に対する評価引当金を約230億円計上したためとしている。
 株価は1月4日につけた年初来安値566円を意識した動きになっており、戻りも限定的といえよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 株式投資ニュース

丸井はスクラップアンドビルドを評価し続伸

 丸井<8252>(東1)が、77円高の1485円と続伸している。前日の自社株4000万株を消却するとの発表を好感した買いが継続している。加えて、大井町店(東京・品川)を8月に閉鎖するとの発表も株価を押し上げている。店舗の土地と建物はパシフィックマネジメントに売却する。売却額は未定。不振店舗を閉鎖して店舗網を効率化する。丸井は今年秋に開業予定の有楽町店(仮称)など新店を積極的に出す一方で、不振店は閉鎖するスクラップアンドビルドを評価している。
 取組倍率0.52倍の売り長の好需給となっており、買い戻し主導の動きとなっているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:56 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は40円安の1万7472円と続落

 前引けの日経平均株価は40円40銭安の1万7472円58銭と続落。TOPIXは6.63ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は11.24円安と5日続落している。
 値上がり業種は石油石炭製品、鉱業、電気・ガス、ゴム製品、輸送用機器など11業種。値下がり業種は証券商品先物、建設、銀行、ガラス土石製品、パルプ・紙など。
 東証1部市場値上がり469銘柄、値下がり1137銘柄、変わらず111銘柄

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日揮<1963>(東1)TDK<6762>(東1)ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、日本曹達<4041>(東1)鹿島<1812>(東1)明治乳業<2261>(東1)
 全体の値上がり率上位は、STEILAR C.K.M<2673>(JQ)日本エル・シー・エー<4798>(東2)リプラス<8936>(東マ)

 東証1部新高値銘柄は、JFE商事ホールディングス<3332>(東1)、日本農薬<4997>(東1)、新日本石油<5001>(東1)、コスモ石油<5007>(東1)、横浜ゴム<5101>(東1)、フタバ産業<7241>(東1)、今仙電機製作所<7266>(東1)、タムロン<7740>(東1)、任天堂<7974>(東1)、SFCG<8597>(東1)など13銘柄。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

住友重機械工業は押し目買い妙味大、想定上回る業績

 住友重機械工業<6302>(東1)は押し目買いに妙味が大きい。前3月期決算は経常利益が650億円(前々期475)と事前予想600億円を大きく上回る着地となった。
 そうした発射台が高くなった上で今期も経常利益730億円と大幅増益見通しが明らかになり、改めて見直し人気が盛り上がってきた。
 建設機械、船舶、環境・プラントなど全ての部門で増益が見込まれる状況にある。このため調査部サイドでは今期についても756億円へストライドを伸ばし、来期も818億円へ続伸するものと見ている。
 前期の2円増配に続き今期も年10円へ連続増配に進むのも会社側の自信の表れと見ていい。
 信用買い残が248万株と他の大型株に比べ圧倒的に低い水準にとどまっているのも魅力だ。中期上昇トレンドの道を歩む可能性が強い。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:58 | 株式投資ニュース

横浜ゴムが反発し年初来高値を更新、売り長の好需給をテコに上昇続く

 横浜ゴム<5101>(東1)が、18円高の821円と反発し14日につけた年初来高値811円を更新している。10日に発表した2008年3月期の連結業績予想、営業利益が前期比35%増の285億円との見通しを引き続き好感した買いが継続している。日本とタイで自動車用タイヤの生産能力を増強し、付加価値の高いタイヤを中心に増産する方針としている。
 株価は取組倍率0.31倍の売り長の好需給をテコに上値追いが続いている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:50 | 株式投資ニュース

メビックスは反発。不振の新興市場で優良銘柄を発見

 メビックス<3780>(東マ)は反発。今朝は1万2000円高の24万5000円で始まり、前場は24万9000円まで買われている。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。
 とくに何か材料が出たわけではないが、中期、短期とも続落しており、そろそろ自律反発の時期ではあった。
 同社の事業は、大規模臨床試験向けの支援管理システム。2001年設立、2005年上場の新興銘柄にしては珍しく(?)、無借金、繰越利益ありの好財務体質。また、業績は堅調に増収増益で来ている。2007年4月通期業績予想は、前年比増収増益。業界観測によると、2008年4月期も増収増益と見られている。
 ほか、オムロンヘルス社との提携子会社、体脂肪計を使ったメタボリックシンドローム試験など、手堅く、かつ話題性のある材料が出ている。
 チャートを見ると、2006年1月につけた「上場来高値」92万7000円以降、続落トレンドで来ている。なので、オシレーター的には「買い時」。このまま戻り足が続くことを期待。まずは5日移動平均線の25万5600円ライン、続いて25日移動平均線の30万6520円への戻りが目安か。
 今朝は日経平均だけでなく、マザーズ、ヘラクレス、ジャスダックとも下落している、地合いの悪い状態。そうしたなかで、新興市場で優良銘柄をジックリ探すのも一手だ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:50 | 株式投資ニュース

コスモ石油は今期好業績を買い、ギャップアップ。今朝は石油株が高い

 コスモ石油<5007>(東1)はギャップアップ。20円高の530円で始まり、寄り後は539円まで買われた。
 きのう大引け後に発表した、2007年3月期連結決算は、売上高は増益を確保したものの、営業・経常・純利益ともに減益となったものの、今期は大幅な増収増益を見込んでいることが買い材料となっている。
 上期を中心に、原油価格の高騰により、ガソリンや灯油、軽油といった石油製品価格が高騰したため、自動車の燃費向上・省エネ化や、他エネルギーへの転換、輸送効率化で需要が減少。下期は原油価格の軟化や暖冬で需要減、石油製品の価格下落となった。また、在庫評価の影響もあった。
 2008年3月期の連結業績予想は、前年比増収増益。前年実績比で、営業利益は27.8%増、経常利益は17.7%増、純利益は39.4%増の大幅な増益を見込んでいる。原油価格の落ち着き、為替動向、在庫評価の影響で売上原価が押し下がると想定している。
 今朝は石油セクターが高く、東証1部業種別株価指数では、「石油・石炭製品」セクターが、一時、値上がり率トップ。とくに同社と、新日本石油<5001>(東1)出光興産<5019>(東1)が牽引している。 
 前日15日の米ニューヨーク・マーカンタイル取引所で、原油先物相場が4日続伸していることも買い材料となっているもようだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:24 | 株式投資ニュース

鹿島が年初来安値更新、225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に

 鹿島<1812>(東1)が、58円安の529円と4日続落、一時515円まで下落し1月5日につけた年初来安値520円を更新。225採用銘柄の値下がり率ランキングの上位に入っている。前日2008年3月期の連結経常利益が前期比27%減の430億円との発表を嫌気した売りが膨らんだ。公共事業が減少するうえ、開発事業の採算悪化などが重しとなって粗利益率が0.5ポイント悪化し、7.6%となる見通しとしている。
 株価は昨年11月安値494円処が下値水準として意識されよう。(ヒートアイランド対策関連)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:22 | 株式投資ニュース

ミネベアが4日続落し連日の年初来安値更新

 ミネベア<6479>(東1)が、10円安の646円と4日続落し連日の年初来安値更新となっている。前日内閣府が発表した1ー3月期の機械受注統計で、船舶・電力を除く民需(季節調整値)が前期比0.7%減、4ー6月期も11.8%減の見通しを受け、見切売り損失確定売りが続いている。同社は8日に2007年3月期の連結決算と08年3月期の業績予想を併せて発表、前期の当期利益は自動車やパソコン、航空機向けなどのベアリングが好調で前の期比3.02倍の128億円だった。今期の当期利益は前年比16.6%増の150億円の好調持続見通しだ。 
 株価は昨年12月高値848円から24%下落し昨年10月の安値633円に近づき、今期予想PER17倍台とそろそろ底入れ近しの水準か。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:09 | 株式投資ニュース