[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/06)新日本製鐵が3日続伸、1Q好調から見直し買いも
記事一覧 (08/06)宇部興産が続伸、外資系証券が目標株価引き上げ
記事一覧 (08/06)トヨタ自動車が続伸、1Q好調を受け銀行系証券が目標株価を引き上げ
記事一覧 (08/06)山武が急反発、銀行系証券が目標株価を引き上げ
記事一覧 (08/06)日本金属が1Q好調を受け急騰
記事一覧 (08/06)アサヒ飲料が反発、外資系証券が投資判断を格上げ
記事一覧 (08/06)もしもしホットラインが急反発、フシを払うことが出来るか注目
記事一覧 (08/06)山九が4日ぶりに反発、フランスの郵政公社と提携との報道を材料視
記事一覧 (08/06)日本精工が年初来安値を更新、225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に
記事一覧 (08/06)クボタが3日続伸し225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に
記事一覧 (08/06)前引けの日経平均株価は148円安の1万6831円と続落
記事一覧 (08/06)シロキ工業が4日ぶりに急反発、1Q純利益前年同期比4.1倍を好感
記事一覧 (08/06)西日本シティ銀行が4日続落し連日の年初来安値更新
記事一覧 (08/06)日東電工は足元の業績の悪さを嫌気し売り先行
記事一覧 (08/06)ポイントが連日の年初来安値を更新、昨年安値も下回る
記事一覧 (08/06)新家工業急反発、1Q好調も上値追いは難しい展開か
記事一覧 (08/06)日本光電が4日ぶりに急反発、1Q大幅増益を好感
記事一覧 (08/06)カプコンが急反発し年初来高値に迫る、中間期業績の上方修正を好感
記事一覧 (08/06)エー・アンド・デイが1Q営業減益を嫌気して大幅続落
記事一覧 (08/06)双葉電子工業が急反発、中間期業績予想の上方修正を好感
2007年08月06日

新日本製鐵が3日続伸、1Q好調から見直し買いも

 新日本製鐵<5401>(東1)が、6円高の900円と3日続伸している。日経平均株価が下げ幅を縮小している。第1四半期決算好調銘柄が切り返す動きを鮮明にしている。トヨタ自動車が1Q好調から上昇しており、1Q2ケタ増収増益の新日本製鐵に見直し買いが入る可能性もあろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:46 | 株式投資ニュース

宇部興産が続伸、外資系証券が目標株価引き上げ

 宇部興産<4208>(東1)が、10円高の386円と続伸している。前週3日、第1四半期決算と併せて中間期業績予想の上方修正を発表、これを受け複数の外資系証券が目標株価を引き上げを好感している。ある外資系証券では、投資判断を「アウトパフォーム」継続、目標株価を450円→470円に引き上げている。390円のフシ抜けとなるか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:37 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車が続伸、1Q好調を受け銀行系証券が目標株価を引き上げ

 トヨタ自動車<7203>(東1)が、120円高の7200円と続伸している。前週3日に第1四半期決算を発表、営業利益が前年同期比31.8%増と過去最高となった。これを受け銀行系証券では投資判断を「1」継続、目標株価を9000円→9500円に引き上げている。株価は、25日移動平均線の7510円抜けとなるか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:15 | 株式投資ニュース

山武が急反発、銀行系証券が目標株価を引き上げ

 山武<6845>(東1)が、400円高の3730円と急反発している。銀行系証券が投資判断を「2」継続、目標株価を3500円→3700円に引き上げたことが買い手掛かり。前週3日に第1四半期決算が営業赤字となったことを受け急落した分を埋め、株価は3日高値3620円を上回り騰勢を強めている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:56 | 株式投資ニュース

日本金属が1Q好調を受け急騰

 日本金属<5491>(東1)が、34円高の495円と急騰している。本日、午前11時30分に第1四半期決算を発表、1Q売上高が前年同期比30.2%増、経常利益が同83.0%増、純利益が同74.4%増と2ケタの増収増益となったことを好感した買いが入った。株価は、450円処が下値として固まっている。540円処のフシを抜くか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:44 | 株式投資ニュース

アサヒ飲料が反発、外資系証券が投資判断を格上げ

 アサヒ飲料<2598>(東1)が、59円高の1663円と反発している。外資系証券が投資判断を「中立」→強い買い推奨リストの「買い推奨」に格上げ、目標株価を1920円としてことが買い手掛かり。7月10日につけた年初来高値1869円から8月3日の年初来安値1570円まで下落後の急反発となっている。2日に発表の第1四半期業績が2ケタの経常減益となっており一本調子の上昇は難しい展開か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

もしもしホットラインが急反発、フシを払うことが出来るか注目

 三井物産系、テレマーケティング大手のもしもしホットライン<4708>(東1)が、290円高の5280円と急反発している。前週3日に第1四半期決算を発表、売上高が前年同期比8.7%増、経常利益が同15.2%増、純利益が同15.2%増と好調だったことを受け、外資系証券が投資判断を「BUY」継続、目標株価を5600円→6000円に引き上げたことが買い手掛かりに。5万5000円処のフシを払うことが出来るか注目されよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:01 | 株式投資ニュース

山九が4日ぶりに反発、フランスの郵政公社と提携との報道を材料視

 企業物流大手の山九<9065>(東1)が、11円高の577円と4日ぶりに反発している。同社と日本郵政公社が、フランスの郵政公社ラ・ポストグループと提携し、8月下旬から欧州向けの国際宅配便サービスを始めるとの日本経済新聞社の報道を材料視。欧州連合(EU)の全加盟国に5日前後で輸送。国際宅配で攻勢を強める欧米大手に対し、料金を2―3割安くすることで対抗するという。8日の午後2時台に予定されている第1四半期決算が好調に推移していれば、株価の位置も大きく変わるのではないだろうか。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:44 | 株式投資ニュース

日本精工が年初来安値を更新、225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に

 日本精工<6471>(東1)が、77円安の1012円と前日と変わらずを挟んで4日続落、一時984円まで売られ3月5日につけた年初来安値990円を更新し225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に入っている。前週3日に第1四半期決算を発表、純利益が前年同期比4.5%増となった。外資系証券では、市場コンセンサスを下回っているほか、他のベアリングメーカーと比べてもモメンタムは弱い状況などとしている。株価は、戻り売り圧力の強い展開となりそうだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:42 | 株式投資ニュース

クボタが3日続伸し225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に

 クボタ<6326>(東1)が、40円高の1029円と3日続伸し225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に入っている。前週3日に発表された第1四半期決算が最終増益となったことを好感している。1Q売上高が前年同期比6.3%増、営業利益が同1.4%減、純利益が同7.0%同となった。今期予想PER17倍台と割高感はないが、自律反発の域から脱するのは厳しいか。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:38 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は148円安の1万6831円と続落

 前引けの日経平均株価は148円16銭安の1万6831円70銭と続落している。TOPIXは14..54ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は15.45円安と4日続落している。
 値上がり業種は空運、ガラス土石製品、輸送用機器、電気・ガス、食料品など10業種。
 値下がり業種は鉱業、証券商品先物、銀行、石油石炭製品、卸売など23業種。
 東証1部市場値上がり545銘柄、値下がり1043銘柄、変わらず123銘柄。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日本ガイシ<5333>(東1)クボタ<6326>(東1)三菱電機<6503>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、日本精工<6471>(東1)国際石油開発帝石ホールディングス<1605>(東1)三井トラスト・ホールディングス<8309>(東1)
 全体の値上がり率上位は、ツインバード工業<6897>(東2)ピーエイ<4766>(東マ)クレディア<8567>(東1)

 東証1部新高値銘柄は、東芝プラントシステム<1983>(東1)、ダイソー<4046>(東1)、イビデン<4062>(東1)、日本合成化学工業<4201>(東1)、イーピーエス<4282>(東1)、東海カーボン<5301>(東1)、日本カーボン<5302>(東1)、東洋炭素<5310>(東1)、日本ガイシ<5333>(東1)、東洋鋼鈑<5453>(東1)など14銘柄。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:14 | 株式投資ニュース

シロキ工業が4日ぶりに急反発、1Q純利益前年同期比4.1倍を好感

 東急系の自動車部品会社のシロキ工業<7243>(東1)が、31円高の298円と4日ぶりに急反発している。前週3日に発表された第1四半期決算が大幅増益となったことを好感している。1Q売上高が前年同期比10.4%増、経常利益が同3.3倍、純利益が同4.1倍となった。株価は、360円から05年12月410円に強い上値抵抗ラインがあると思われ一過性の動きにとどまる可能性もあろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

西日本シティ銀行が4日続落し連日の年初来安値更新

 西日本シティ銀行<8327>(東1)が、21円安の348円と4日続落し連日の年初来安値更新となっている。前週3日に第1四半期決算と併せて中間期・通期業績予想の修正を発表、通期純利益の下方修正を嫌気した売りが先行している。通期の純利益が前回予想を20億円下回る190億円に下方修正した。7月19日に外資系証券が投資判断を「中立」継続、目標株価を600円→540円に引き下げ、先週末3日に04年12月安値377円を下回ったことで売りが膨らんだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:56 | 株式投資ニュース

日東電工は足元の業績の悪さを嫌気し売り先行

 日東電工<6988>(東1)が、400円安の5680円と大幅に反落している。前週3日に第1四半期決算を発表、2ケタ減益となったことを嫌気した売りが先行している。1Q売上高が前年同期比8.8%増、経常利益が同20.0%減、純利益が12.3%減と前年同期に続いて2ケタ減益となった。海水淡水化装置向けの逆浸透膜期に対する期待から、水処理関連人気に乗り6月7日に年初来高値6740円をつけたが、足元の業績の悪さから失望売りが出ている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース

ポイントが連日の年初来安値を更新、昨年安値も下回る

 ポイント<2685>(東1)が、710円安の4830円と急続落し連日の年初来安値更新となっている。前週3日、国内月次売上高を発表、7月が前年同月比19.5%減と大幅に減少したことを嫌気した売りが先行している。梅雨前線の停滞により降水量が多く、日照時間も少なく、低温であったため、また、6月セールの前倒しや、土曜日が前年同月より1日少ないことが影響し、夏物販売が苦戦したとしている。株価は、06年7月安値5110円を下回り、下降トレンドを鮮明にしている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

新家工業急反発、1Q好調も上値追いは難しい展開か

 建材・スティール家具用パイプが主力の新家工業<7305>(東1)が、20円高の354円と急反発している。前週3日に発表された第1四半期決算が大幅増益となったことを好感している。1Q売上高が前年同期比16.3%増、経常利益が同2.92倍、純利益が同2.61倍と大幅増益となった。株価は、本年2月26日に高値416円まで買われ相場を出した感が強い。直近7月19日の戻り高値387円抜けから上値追いは難しい展開か。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:18 | 株式投資ニュース

日本光電が4日ぶりに急反発、1Q大幅増益を好感

 医用電子機器専門の日本光電工業<6849>(東1)が、160円高の2170円と4日ぶりに急反発している。前週3日に発表された第1四半期決算が大幅増益となったことを好感している。1Q売上高が前年同期比6.2%増、経常利益が同37.0%増、純利益が同50.9%増と大幅増益となった。株価は、25週移動平均線を上回る動きになっており、2300円処への戻りを試す展開か。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:10 | 株式投資ニュース

カプコンが急反発し年初来高値に迫る、中間期業績の上方修正を好感

 家庭用ゲームソフト大手のカプコン<9697>(東1)が、210円高の2500円と3日ぶりに急反発し7月11日につけた年初来高値2570円に迫る勢いになっている。前週3日に第1四半期決算と併せて中間期業績予想の修正を発表、1Qが大幅な増収増益、中間期業績の上方修正を好感している。中間期の売上高は前回予想を上回る10億5000万円上回る303億5000万円、経常利益は同10億5000万円上回る28億5000万円、純利益が同6億上回る13億5000万円と大幅に上方修正した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:09 | 株式投資ニュース

エー・アンド・デイが1Q営業減益を嫌気して大幅続落

 計測・制御・血圧計メーカーのエー・アンド・デイ<7745>(東1)が、210安の1554円と大幅続落となっている。前週3日に第1四半期決算を発表、営業利益が前年同期比41.7%減と大幅減益となったことを嫌気した売りが先行している。、営業費用において、既存事業における製品原価の低減及び研究開発費の圧縮を行ったが、新規事業における先行的な開発投資の増加を吸収するにはいたらなかったとしている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:08 | 株式投資ニュース

双葉電子工業が急反発、中間期業績予想の上方修正を好感

 各種ディスプレーに用いる蛍光表示管首位の双葉電子工業<6986>(東1)が、260円高の2700円と5日ぶりに急反発している。前週3日に第1四半期決算と9月中間期業績予想の修正を発表、中間期の業績予想の上方修正を好感している。中間期売上高は前回予想を25億円上回る495億円、経常利益が同16億円上回る37億円、純利益が同7億円上回る9億円に修正した。株価は、2900円処のフシが上値として意識される展開か。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース