[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/10)ジャパン・デジタル・コンテンツ信託は続伸。当サイト指摘の7万円ラインが視野に
記事一覧 (07/10)東映が3日ぶりに反発、ダヴィンチが筆頭株主に
記事一覧 (07/10)株マニ注目のカヤバ工業が4日続伸
記事一覧 (07/10)エネサーブは続伸。調整しながらも中長期では上値追いへ
記事一覧 (07/10)東邦チタニウムは続伸。これもボーイング関連。中長期では高値圏、割り切った投資で
記事一覧 (07/10)パラマウントベッドはジリ高。生産ライン再編報道も材料
記事一覧 (07/10)東レは引き続きボーイング787関連として買われる。今朝は繊維製品セクターが高い
記事一覧 (07/10)ダイドーリミテッドはギャップアップで年初来高値更新。増配と業績予想上方修正発表で
記事一覧 (07/10)キリンホールディングスは6月中間業績予想の上方修正で続伸。年初来高値更新に迫る
記事一覧 (07/10)日本通信は買い気配切り上げ。NTTドコモとの相互接続について総務大臣に裁定申請で
記事一覧 (07/10)ゼクスは通期業績の上方修正で反発。続落から上昇局面へ
記事一覧 (07/10)ビックカメラは3Q好業績と増配で買い気配切り上げ
記事一覧 (07/09)大引けの日経平均株価は121円高の1万8261円と反発
記事一覧 (07/09)木村化工機が10日連騰し年初来高値を更新
記事一覧 (07/09)当サイトで紹介のサムシングホールディングスは続伸、次の目標は30万円ライン
記事一覧 (07/09)新日鉄系の日鉄鉱業が続伸、1株純資産は1737.5円で割安と指摘
記事一覧 (07/09)浜松ホトニクスが年初来高値を更新、外資系証券の投資判断が買い手掛かり
記事一覧 (07/09)AQインタラクティブは後場も続伸。好業績とゲーム株人気で上昇局面
記事一覧 (07/09)ソフトブレーンは報道材料に続伸。業績V字回復バネに上昇局面へ
記事一覧 (07/09)住友金属工業が5日ぶりに反発し年初来高値を更新
2007年07月10日

ジャパン・デジタル・コンテンツ信託は続伸。当サイト指摘の7万円ラインが視野に

 ジャパン・デジタル・コンテンツ信託<4815>(東マ)は続伸。4800円高の6万6300円まで買われている。
 当サイト6月25日付では、中長期で目標株価7万円としたが、その線が視野に入ってきた。
 しかし、この1ヵ月半ほどは一本調子で続伸してきているので、そろそろ調整局面が来てもよいころだ。PERは22倍台だが、PBRは8倍台と、割高水準になっている。また、信用残は買い長で、倍率は約7倍。
 今期業績予想では黒字転換の見込みでもあるし、調整をはさみながらも、中期ではもう少し上がると見たい。地合いにもよるが、7万円ラインを上抜けば、次のフシは2004年の高値8万円ラインだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

東映が3日ぶりに反発、ダヴィンチが筆頭株主に

 東映<9605>(東1)が、62円高の834円と3日ぶりに急反発している。同社は前日、ダヴィンチ・アドバイザーズ系投資会社のアルガーブが、6月29日時点で発行済み株式の11.88%を保有する筆頭株主となったと発表したことを受け、思惑買いを誘ったようだ。アルガーブは同日、関東財務局に大量保有報告書を提出。アルガーブは保有目的を「建設的な対話と議論を通じ、発行者の企業価値向上を支援するため」としている。
 株価は、6月15日に年初来高値895円をつけた後、株主総会も終わり目先材料出尽くし感から利益確定売りに押される動きとなっていた。東京高裁が9日にスティールを濫用的買収者と認定したことも今後投資ファンド介入銘柄に影響を及ぼしそうなだけに、高値波乱の展開か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:51 | 株式投資ニュース

株マニ注目のカヤバ工業が4日続伸

 株マニ注目のカヤバ工業<7242>(東1)が、7円高の635円と前日と変わらずを挟んで4日続伸している。
 日足一目均衡表の雲を上に突き抜けている。同社は、シリンダー、ポンプ等の油圧機器大手。会社四季報によれば、建機用油圧機器は新興国向け中心に好調続く。4輪用油圧緩衝器は市販向け鈍化だが新車OEMが伸びる。チェコ工場の立ち上げ負担緩和、米国での売価改善も進み償却費、システム費増こなし増益として、経常利益は前年比58.8%増の160億円が予想されている。今期予想PERは16倍台と割安感がある。
 株価は、4月27日に年初来高値729円をつけた後、5月21日に505円まで下落、現在半値戻りを達成し騰勢を強めている。一段高期待。(株マニ7月9日短期注目銘柄)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース

エネサーブは続伸。調整しながらも中長期では上値追いへ

 当サイトの7月2日4日のそれぞれ前場に紹介した、エネサーブ<6519>(東1)は続伸。57円高の670円まで買われている。東証1部値上がり率上位にランクインしている。
 引き続き、エネルギー・環境関連、大和ハウス工業<1925>(東1)傘下でのリストラクチャー、今期業績黒転の見込みなどが買い材料となっているもようだ。
 続伸とはいえ、中長期チャートで見ると、まだまだ安値圏にある。調整しながらも、中長期で上値追いが続くだろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:38 | 株式投資ニュース

東邦チタニウムは続伸。これもボーイング関連。中長期では高値圏、割り切った投資で

 東邦チタニウム<5727>(東1)は続伸。340円高の1万1720円まで買われている。
 これも米ボーイング新型機787関連。新型機にはチタンが使用されているということで、住友チタニウム<5726>(東1)も買われている。
 また、今朝は非鉄金属セクターが高い。上記2社のほか、三井金属<5706>(東1)DOWAホールディングス<5714>(東1)三菱マテリアル<5711>(東1)などが値を上げている。
 東邦チタニウムのチャートを見ると、この半年ほどの短期日足では続落傾向で来ているが、中長期では、まだまだ高値圏。PERは42倍台だが、PBRは10倍台。また、信用残は買い長で、倍率は約3倍となっている。短期と割り切って投資するスタンスが無難かもしれない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:23 | 株式投資ニュース

パラマウントベッドはジリ高。生産ライン再編報道も材料

 パラマウントベッド<7960>(東1)は小反発。4円高の1910円で始まり、寄り後は1933円まで買われている。
 今朝の日経新聞で「医療・介護用ベッド大手のパラマウントベッドは、生産体制を再編する。大平工場(千葉県山武市)の在宅介護用ベッドの生産を、千葉工場(同)に移設。大平工場は閉鎖し、2工場に集約する」「生産ラインの集約で、効率化を進め、コストを削減する狙い」と報道されたことが手がかり材料となっているもようだ。
 チャートを見ると、前期の業績悪化にともない、株価も、今年5月には、2200円ラインから、1800円ラインまで急落。その後、ジリ高で戻しつつある。
 報道によると、2006年4月の介護保険制度改正で、介護用ベッドの需要が落ち込んだため、2007年3月期は前年比減収減益となり、純損益は損失計上となった。
 今期業績は、前々年度並みまでは戻らないものの、回復の見通し。
 業績好転をバネに、急落前の2200円ラインまで戻したいところ。ジリ高とはいえ、現在の株価で、PERは約39倍、PBRは約0.9倍と、割高・過熱感はない。また、信用残は売り長で、倍率は約0.3倍だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:08 | 株式投資ニュース

東レは引き続きボーイング787関連として買われる。今朝は繊維製品セクターが高い

 東レ<3402>(東1)は続伸。26円高の932円まで買われている。
 引き続き、米ボーイング社の新型機『787』関連として買われているもようだ。
 今朝は繊維製品セクターが高く、東証1部業種別株価指数では値上がり率上位にランクインしているが、ほとんど同社とダイドーリミテッド<3205>(東1)が牽引している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース

ダイドーリミテッドはギャップアップで年初来高値更新。増配と業績予想上方修正発表で

 ダイドーリミテッド<3205>(東1)はギャップアップ。170円高の1660円で始まり、寄り後は一時、1661円まで買われた。2月につけた年初来高値1615円を大きく更新した。
 きのう大引け後に、業績予想の一部上方修正を発表。連結・個別とも、9月中間・2008年3月通期とも、純利益を上方修正した。
 また、期末(年間)配当金を前回予想の50円から、55円とした。現在の株価で配当利回りは3%台の高水準となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

キリンホールディングスは6月中間業績予想の上方修正で続伸。年初来高値更新に迫る

 キリンホールディングス<2503>(東1)は続伸。寄り後、15円高の1910円まで買われている。まずは、2月につけた年初来高値1921円更新が目標となろう。
 きのう大引け後に、6月中間決算の一部上方修正を発表した。連結・個別とも、売上高は下方修正としたが、連結・個別とも、営業・経常・純利益ともに上方修正。
 理由は、持分法適用会社サンミゲルの業績が好調に推移したこと、販売促進費・広告費の抑制を進めたことなど。
 通期業績予想の修正は、8月3日に予定している中間決算発表時に発表する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 株式投資ニュース

日本通信は買い気配切り上げ。NTTドコモとの相互接続について総務大臣に裁定申請で

 日本通信<9424>(大ヘ)は1500円高の、2万3200円 買い気配。
 きのう大引け後に、「NTTドコモ<9437>(東1)との相互接続について、総務大臣による裁定を申請」したと発表したことが買い材料となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

ゼクスは通期業績の上方修正で反発。続落から上昇局面へ

 ゼクス<8913>(東1)は反発。6000円高の12万9000円で始まり、その後は13万円台に乗せている。
 きのう大引け後に、5月通期業績予想の上方修正を発表した。売上高、経常・純利益とも上方修正。第4四半期に、利益率の高いコンサルティング売り上げが計上されたため。投資損失引当金を特別損失として計上したが、それを吸収したうえでの上方修正となった。
 この半年ほどのチャートは、20万円ラインから12万円ラインまで、続落で来ている。好業績をバネに、まずは次のフシ16万円ラインまでの戻りが目標となろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | 株式投資ニュース

ビックカメラは3Q好業績と増配で買い気配切り上げ

 ビックカメラ<3048>(JQ)は5000円高の15万4000円買い気配。
 きのう大引け後に発表した、第3四半期(2006年9月〜2007年5月)連結決算は、前年同期比増収増益。とくに経常利益は前年同期比43.5%増の143億6700万円、純利益は同58.6%増の64億1500万円と、大幅な増益となった。
 8月通期連結業績予想は、前回予想から変更なし。前年実績比増収増益としている。
 また、期末配当金は前回予想1000円から上方修正し、1500円とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース
2007年07月09日

大引けの日経平均株価は121円高の1万8261円と反発

 大引けの日経平均株価は121円04銭高の1万8261円98銭と反発した。TOPIXは12.56ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は2.90円高と続伸した。
 値上がり業種は精密機器、石油石炭製品、非鉄金属、卸売、保険など。
 値下がり業種は不動産、その他金融、電気・ガス、海運、食料品などの8業種。
 東証1部市場値上がり1125銘柄、値下がり462銘柄、変わらず140銘柄。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、三菱電機<6503>(東1)トレンドマイクロ<4704>(東1)新日鉱ホールディングス<5016>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、ユニチカ<3103>(東1)スズキ<7269>(東1)JT<2914>(東1)
 全体の値上がり率上位は、ミサワホーム北日本<1748>(JQ)太洋物産<9941>(JQ)ヤマウ<5284>(JQ)
 
 東証1部新高値銘柄は、三菱製紙<3864>(東1)、東ソー<4042>(東1)、信越化学工業<4063>(東1)、三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)、新日鉱ホールディングス<5016>(東1)、東海カーボン<5301>(東1)、住友金属工業<5405>(東1)、日本製鋼所<5631>(東1)、三菱マテリアル<5711>(東1)、オークマ<6103>(東1)など93銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:23 | 株式投資ニュース

木村化工機が10日連騰し年初来高値を更新

 木村化工機<6378>(東1)が、90円高の1212円と10日連騰し5日につけた年初来高値1084円を更新している。前場の高値1172円を抜いたことで、一気に勢いづいたようだ。本日は、東芝<6502>(東1)がウラン埋蔵国であるカザフスタンと提携との報道が株価を刺激した。
 株価は、06年高値754円から同年安値210円の倍返しである1298円処が上値として意識される展開か。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:47 | 株式投資ニュース

当サイトで紹介のサムシングホールディングスは続伸、次の目標は30万円ライン

 サムシングホールディングス<1408>(大ヘ)は続伸。3万7000円高の24万3000円まで買われている。大証ヘラクレス市場値上がり率上位にランクインしている。
 当サイト5月18日付では「アク抜けで買い時」「まずは17万円ラインが目標」「19万円ラインを狙ってもよさそうだ」と紹介したが、実際のチャートを見ると、5月17日につけた13万5000円を底に反発→続伸。6月18日には17万円ラインを、翌19日には19万円ラインを突破した。
 好業績と、地盤改良工事・地盤保証という事業内容が買い材料となっているもようだ。チャートを見ると、次の上値フシは30万円ライン。途中、調整も入るだろうが、このまま良い地合いが続くなら、上値を狙えそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:29 | 株式投資ニュース

新日鉄系の日鉄鉱業が続伸、1株純資産は1737.5円で割安と指摘

 日鉄鉱業<1515>(東1)が、28円高の1109円と続伸、直近5日高値1102円を抜き2月27日につけた年初来高値1109円顔合わせしている。銀行系証券が4日付で投資判断を新規「1」としたことが買い手掛かり。日鉄鉱業の石灰石鉱山の資産価値を533.7億円と試算。自己資本と合わせた1株純資産は1737.5円で割安と指摘している。市場では先週の太平工業<1819>(東1)に続く新日本製鐵<5401>(東1)系として注目との声も聞かれている。
 株価は、チャート妙味も加わり06年2月高値1149円奪回から一段高が期待されよう。



提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:15 | 株式投資ニュース

浜松ホトニクスが年初来高値を更新、外資系証券の投資判断が買い手掛かり

 光検出器関連で高技術を誇る浜松ホトニクス<6965>(東1)が、一時130円高の3970円まで買われ3日につけた年初来高値3930円を更新している。外資系証券が投資判断を新規「BUY」、目標株価を4680円としたことが買い手掛かり。
 株価は、06年7月高値3980円に肉薄している。4000円買いとなれば、上昇ピッチも速まろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:50 | 株式投資ニュース

AQインタラクティブは後場も続伸。好業績とゲーム株人気で上昇局面

 AQインタラクティブ<3838>(JQ)は後場も続伸。5万円高の51万3000円まで買われている。ジャスダック市場値上がり率上位にランクインしている。
 当サイトで5月28日に「目標45万円」としたが、その後、半月ほどで45万円ラインを達成。6月21日には62万1000円まで上げていた。
 現在は、押し目からの反発局面と見た。好業績と、任天堂<7974>(東1)などのゲーム関連株人気を背景に、再び続伸局面へ。まずは55万円ライン奪回が目標となろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:47 | 株式投資ニュース

ソフトブレーンは報道材料に続伸。業績V字回復バネに上昇局面へ

 ソフトブレーン<4779>(東1)は続伸。後場は60円高の1万7820円まで買われている。
 続落からの反発局面に加え、きょうの日経産業新聞で「顧客情報、営業と共有――ソフトブレーン、コールセンター支援」と報道されたことが、手がかり材料となっているもようだ。
 現在の株価で、PBRは2.4倍と割高めだが、PERは17倍台と割安水準。今12月期は業績V字回復、純損益も黒字転換が見込まれている。好業績をバネに、本格的な上昇局面へ転じたいところ。まずは、5月急落前の20万円ラインまでの戻りが目標となろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:15 | 株式投資ニュース

住友金属工業が5日ぶりに反発し年初来高値を更新

 住友金属工業<5405>(東1)が、22円高の755円と5日ぶりに反発し6月21日につけた年初来高値749円を更新している。鉄鋼ポストのなかで、一番住友金属工業のチャートが妙味ある。加えて、保有するSUMCO<3436>(東1)が高値更新、原油価格の堅調を映してシームレスパイプの需要など手掛けやすい面も指摘されている。今期予想PER15倍台と割安感があり、引き続き注目。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:53 | 株式投資ニュース