[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/03)セガミメディクスは続伸も、まだまだ割安。大都市・地方の市場攻勢で中期も伸長
記事一覧 (04/03)J‐POWERは続落から反発へ。もと官営の老舗企業は強し
記事一覧 (04/03)ユー・エス・ジェイは入場者数が過去最高で大幅続伸
記事一覧 (04/03)三井物産は、サウジでの鉄道工事受注で小幅反発
記事一覧 (04/03)メガネトップは反発。株式分割と新株発行も下値堅い
記事一覧 (04/03)ワッツは中間上方修正でギャップアップも、中期ではまだまだ買い時
記事一覧 (04/03)アパマンショップHD アルデプロと包括業務提携契約を締結
記事一覧 (04/03)日清食品は、明星食品のれん代発生とスティールの大量保有で内憂外患。押し目の買い時
記事一覧 (04/03)あみやき亭は反発。3月決算は純利益が微減益も、まずは好業績を好感
記事一覧 (04/03)ニトリは2月通期好決算で買い気配切り上げる
記事一覧 (04/03)アサヒプリテックは強気の中期計画設定、貴金属リサイクル事業好調
記事一覧 (04/03)ライオンは戻り相場大きい、800円台回復のコースが見えてきた
記事一覧 (04/03)インテージ ティー・エムマーケティングを子会社化
記事一覧 (04/03)ヒビノ アイテムプラスを子会社化
記事一覧 (04/02)ひまわり証券 FX新規口座開設キャンペーンを実施
記事一覧 (04/02)東洋建設は高値奪回に向け大仕手化、大型計画が山積み
記事一覧 (04/02)住友軽金属工業は買い場探しに妙味大
記事一覧 (04/02)味の素は電子材料の好調が続く、08年3月期は18%営業増益へ
記事一覧 (04/02)島津製作所は売り残超過、踏み上げも、蛍光X線分析装置が好調
記事一覧 (04/02)大引けの日経平均株価は259円安の1万7028円と大幅反落
2007年04月03日

セガミメディクスは続伸も、まだまだ割安。大都市・地方の市場攻勢で中期も伸長

 セガミメディクス<2797>(JQ)は100円高の2560円で始まり、その後は2450円まで売られている。
 今朝の日経新聞等で「関西地盤のドラッグストア、セガミメディクスは、5月1日、同業の國廣薬品(本社・山口県周南市)の全株式を取得、買収する」と報道されたことが、手がかり材料となっているもようだ。
 國廣薬品は、ロードサイト型のドラッグストア『DRUG KAZU』(ドラッグス カズ)などを、山口県内で17店舗、運営している。セガミは買収後も現在の店舗名を維持する。
 セガミは首都圏地盤のセイジョー<7429>(東1)と経営統合を目指し、協議を行なっている。報道によると、大都市圏の市場開拓に続き、中国・四国など地方都市にも攻勢をかける。
 欧州系証券では、セガミメディクスの業績予想を上方修正し、2008年3月期予想PBR0.8倍、PER11.5倍とし、割安と評価している。
 短期日足チャートでは、この3ヵ月ほどは1000円台後半から2000円台後半へと、うなぎのぼりで来ている。が、中期的には、さらに上値を追えそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:00 | 株式投資ニュース

J‐POWERは続落から反発へ。もと官営の老舗企業は強し

 電源開発<9513>(東1)は続落→反発。100円安の5590円で始まったが、その後、5710円まで戻した。
 きのう大引け後に、「2007年度 J‐POWERグループ経営計画」を発表。これが、まずは評価されているもようだ。
 また、先月、同社株を9.9%保有する、英ファンドのザ・チルドレンズ・インベストメントが「2007年3月期末配当金を、同社が予定している30円から、100円とする」よう、提案があった。
 これに対し、今朝の日経新聞等で「中垣喜彦社長は、2日の記者会見で、増配要求に応じない考えを改めて強調した」と報道された。
 加えて、今朝は、「出光興産<5019>(東1)が、電力小売事業から完全撤退」と報道された。これまで、他社でも、電力小売事業からの撤退や縮小が相次いでいる。そのため、電力卸の老舗企業のJ‐POWER株の見直し買いが入っているのかもしれない。
 チャートを見ると、現在は、高値圏のなかの押し目。しかしPERは20倍台、PBRは2倍台と、もと「官営」の老舗企業にしては割安水準だ。中期で見れば、押し目の買い時と見てよさそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース

ユー・エス・ジェイは入場者数が過去最高で大幅続伸

 ユー・エス・ジェイ<2142>(東マ)は大幅続伸。400円高の5万3400円で始まり、一時、ストップ高の5万8000円まで買われた。
 きのう大引け後に、「2006年度 第4四半期(2007年1〜3月)入場者数は、208万8000円と、第4四半期の過去最高を記録」「2006年度総入場者数は869万8000人で3年連続増加」と発表したことが買い材料となっている。
 今朝の日経新聞等でも、同社と、東京ディズニーリゾート(オリエンタルランド<4661>(東1))の入場者数が増加したことを報道。「景気回復や、記録的な暖冬が集客の追い風となった」としている。
 ユー・エス・ジェイは今年3月16日に上場したばかり。「3月のIPOは不振が目立った」と指摘されるなか、同社は上場当初こそ、公開価格4万9000円を割ったものの、すぐに盛り返し、その後は続伸傾向で来ている。
 今後、景気回復が雇用者給与等に反映され、娯楽や消費も本格的に回復すれば、同社の業績・株価もさらに上値が追えるだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:20 | 株式投資ニュース

三井物産は、サウジでの鉄道工事受注で小幅反発

 三井物産<8031>(東1)は小幅反発。65円高の2170円で始まり、寄り後は2180円まで買われた。
 今朝の日経新聞等で「オーストラリアの建設会社などと組み、サウジアラビアで鉄道の建設工事を約900億円で受注した」と報道されたことが手がかり材料となっているもようだ。
 報道によると、日本企業による、サウジでの鉄道工事受注では最大規模。中東産油国は、社会資本整備と、石油に次ぐ産業の育成を急いでおり、非石油分野でも日本勢の受注機会が広がりそうだとしている。三井物産は、中東での鉄道営業を一段と強化する方針という。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:03 | 株式投資ニュース

メガネトップは反発。株式分割と新株発行も下値堅い

 メガネトップ<7541>(東1)は反発。135円高の2675円で始まり、寄り後は2710円まで買われた。
 きのう大引け後に、株式の分割と、新株発行・売出を発表した。
 分割は、6月30日(実質29日)の株主の所有普通株式1株を2株に分割する。
 新株式発行は、普通株式100万株を発行する。加えて、大和証券エスエムビーシーを割当先とする、第三者割当増資による10万株。合わせて110万株が増加し、962万5115株となる。また、分割後は、1925万0230株となる。
 ふつうは「希薄化が嫌気されて下落」の局面だが、同社の場合、この1年ほどのチャートを見ると、続伸して下値を切り上げ、固めてきた格好となっている。そのため、これ以上の急伸は期待できないものの、急落の心配はないと見てよさそうだ。
 また、増資の目的は、設備投資等ということで、前向きな増資でもあることが評価されているもようだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:45 | 株式投資ニュース

ワッツは中間上方修正でギャップアップも、中期ではまだまだ買い時

 ワッツ<2735>(JQ)はギャップアップ→続伸。6900円高の10万5000円で始まり、寄り後は10万9000円まで買われている。
 きのう大引け後に、2月中間業績予想の一部上方修正を発表したことが買い材料となっているもようだ。
 連結で、売上高は前回予想比6億3000万円減額して91億7000万円としたが、経常利益は同9000万円増額の4億1000万円、純利益は同6000万円増額の2億2000万円とした。
 売上高は新規出店の遅れと出店規模縮小により減額となったが、利益面は、粗利率の改善、出店費用の減少などにより増額となった。
 現在の株価で、PERは10倍台、PBRは1倍台と割安。中期チャートで見ても、今は安値圏だ。100円ショップという同社の業態は、今後も底堅い需要があろう。また、同社の大口株主には、ゴールドマン・サックス系の外資や、大手都銀・信託銀なども入っている、優良銘柄だ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

アパマンショップHD アルデプロと包括業務提携契約を締結

 アパマンショップホールディングス<8889>(大へ)は2日、アルデプロ<8925>(東マ)との間で賃貸斡旋事業およびPM事業に関する包括業務提携契約を締結したと発表した。
 アパマンショップグループは、日本最大級の不動産情報ネットワークを有する不動産サービス会社として、賃貸斡旋事業、PM(プロパティマネジメント)事業、プリンシパル・インベストメント事業、ファンド事業を中心に展開している。
 同社グループは、全国規模で不動産再活事業を行うアルデプロと業務提携することにより、全国規模で賃貸管理引受件数が増大し、賃貸斡旋事業およびPM事業をより加速度的に展開することで収益性を高めることが可能になるとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:34 | 株式投資ニュース

日清食品は、明星食品のれん代発生とスティールの大量保有で内憂外患。押し目の買い時

 日清食品<2897>(東1)は小幅続落。50円安の4290円で始まっている。
 きのう大引け後に、「明星食品<2900>(東2)の株式の公開買付についての追加開示」と「2007年3月期業績予想の修正」を発表した。
 公開買付による取得で31億5000万円、株式交換による取得で2億5000万円と、合わせて34億円の、のれん代が発生する。償却年数は10年。
 これにより、修正した3月期連結業績予想は、売上高が前回発表予想比260億円増額の3570億円(前年実績比11.0%増)、経常利益が同11億円減額の374億円(同5.4%減)、純利益が同30億円減額の190億円(同23.5%増)とした。
 一方で、先月末に、米系ファンドのスティール・パートナーズが、日清食品株の10%超を取得したことが明らかになっている。
 のれん代発生と、ファンドによる株式の大量取得。同社にとっては内憂外患の状況となっている。とはいえ、どちらも、中期では株価の上昇材料になり得る。また、好財務体質の老舗企業でもある。中期で見ると、いまは押し目の買い場だ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース

あみやき亭は反発。3月決算は純利益が微減益も、まずは好業績を好感

 あみやき亭<2753>(東1)は反発。3000円高の27万2000円で始まっている。
 きのう大引け後に2007年3月通期決算を発表した。売上高は前年比13.3%増の133億7700万円、経常利益は同2.1%増の14億3600万円、純利益は同2.9%減の8億0400万円。
 景気回復基調で2ケタ増収を確保したものの、競争の激化、「食の安全性」への対応や、「優れた人材確保」に対するコスト上昇などで、利益面は微増益・減益となった。とはいえ、市場は、まずは好業績と見て好感したもようだ。
 2008年3月期業績予想は、前年比増収増益としている。安全で良質な国産牛の提供や、顧客の嗜好を先取りしたメニュー開発に取り組み、価格帯は維持しながらもコスト管理を徹底し、収益性のさらなる向上を進めるとしている。
 新規出店は、すべて直営店で、「あみやき亭」15店、「美濃路」8店を計画している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース

ニトリは2月通期好決算で買い気配切り上げる

 ニトリ<9843>(東1)は気配値を切り上げ、100円高の5790円買い気配。
 きのう大引け後に発表した2月通期連結決算は、売上高が前年比20.6%増の1891億2600万円、経常利益は同21.4%増の231億0100万円、純利益は同23.1%増の134億3400万円と、2割以上の増収増益となった。
 2008年2月期業績予想も、前年比増収増益としている。2月20日現在で全国145店舗となった。今後も、各流通センターを基点とした物流効率化と、新規出店をさらに加速するとしている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:10 | 株式投資ニュース

アサヒプリテックは強気の中期計画設定、貴金属リサイクル事業好調

 アサヒプリテック<5855>(東1)は、2月高値3040円抜けから3500円台が視野に入りそうだ。
 2007年3月期連結経常利益は、前期比64%増の91億円と最高益更新の見通し。
 主力の貴金属リサイクル事業の好調に加え、環境事業も順調で資源株、環境関連株として市場ニーズにマッチしている。
 貴金属リサイクル事業では、電子材料分野からの貴金属原材料(金・銀・パライジウム・プラチナなど)回収量が拡大している。これら貴金属の平均単価上昇を背景に収益増が続く。
 中期計画では2008年3月期連結経常利益を100億円、2009年3月期は120億円と強気の目標を設定している(2007年3月期は31億円の予想)。(リサイクル関連)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:58 | 株式投資ニュース

ライオンは戻り相場大きい、800円台回復のコースが見えてきた

 ライオン<4912>(東1)の上値が大きい。外資系証券が売り推奨から中立へレーティングを引き上げたのを契機に見直し買いがボリュームアップ、自律反発から本格上昇へ波動が切り替わる可能性が強くなってきた。
 前12月期の経常利益は24億円(前々期85億円)へ大きく落ち込んだ。しかし、今期は100億円へ文字通りのV字型回復が見込まれ、その復元力の強さが見直されていきそう。
 前期の在庫圧縮などの効果が早くも業績に反映し始めている。さらに、3月に発売した新製品で泡立ち効果が長続きする「チャーミー泡の力」がヒットの兆しを見せるなど、新製品の好調が中期的に業績を押し上げる方向にある。
 株価は悪材料をことごとく織り込んで出直ってきたが、先行きの展望がさらに明るくなってきただけに、800円台回復のコースが見えてきた。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:56 | 株式投資ニュース

インテージ ティー・エムマーケティングを子会社化

インテージホームページ 市場リサーチ国内首位のインテージ<4326>(JQ)は、2月15日に締結した株式譲渡契約に基づき、医薬品業界に特化した市場調査会社のティー・エムマーケティング(本社:東京都新宿区)を3月30日付で連結子会社化したと発表した。
 インテージでは、医薬品業界を中心としたヘルスケア領域を今後の成長ドライバーと位置付け、CRO(医薬品開発業務受託機関)業務やメディカルリサーチ分野を中心に事業展開を推進している。
 今回、ティー・エムマーケティング社の医薬品業界についての知見とインテージのリサーチやシステムインフラを融合することで、日本国内のメディカルリサーチ市場の拡大とより高度な情報提供のニーズに対応するもの。また、今後増大が予想される製薬・医療機器メーカー等の国際化のサポートに対応していく考え。
 ティー・エムマーケティング社の直近06年11月期の売上高は7億4100万円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:39 | 株式投資ニュース

ヒビノ アイテムプラスを子会社化

 ヒビノ<2469>(JQ)は、2日に映像製品の開発・製造・販売において顧客基盤の拡充とサービスの充実を図ることを目的として、アイテムプラスを子会社化したと発表。
 高級音響機器の輸入販売とコンサートなどでの映像・音響機器設備提供が主力。音響機器はまだ欧米の製品が日本の製品より人気があるため需要は多く、世界の17ブランドを取り扱っているのが特長。今回アイテムプラスを子会社化したことで、映像製品の開発・製造に関する販売、サービスの充実が予想される。
 アイテムプラスの06年3月期の売上高は、6億8700万円。今期より連結対象となるが、同社の業績に与える影響に関しては、確認次第発表する予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:15 | 株式投資ニュース
2007年04月02日

ひまわり証券 FX新規口座開設キャンペーンを実施

 ひまわりホールディングス<8738>(JQ)の100%子会社ひまわり証券は、4月2日(月)〜6月29日(金)まで、合計300名にiPod nanoをプレゼントする「ドカンと300台!『iPod nano』プレゼントキャンペーン」を実施する。
 対象者は、上記の期間中にマージンFX通常口座を新規に開設し、かつ、口座開設後の翌月末までに取引をした人の中から抽選で毎月100名。
 ひまわり証券では3月から、ドル/円などの主要通貨に関係するニュースの要点だけを3分程度にまとめた「聴く為替ニュース」をポッドキャスティングにより毎日朝4時台に無料で配信している。ダウンロードすればパソコンで聴けるのはもちろんのこと、ポータブル・ミュージック・プレーヤーで音楽ファイルと同様に持ち運んで自分の好きなタイミングで聴けることから好評を得ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 21:07 | 株式投資ニュース

東洋建設は高値奪回に向け大仕手化、大型計画が山積み

 東洋建設<1890>(東1)が、久々に大仕手化の様相を強めてきた。70円台後半から有力筋が丹念に玉集めを行ってきたが、昨日(29日)から大攻勢をかけてきた。3ケタ相場回復で火柱高に発展し、一気に、昨年1月高値244円奪回を狙う公算が大きくなってきた。1989年には1450円の高値をつけるなど仕手色大。
 信用倍率は1・99倍と好取り組み。しかも、足下の業績悪を嫌気してカラ売りが増加傾向で、取り組みはますます妙味を増している。信用買い残の1650万株は関係筋の用と見られるだけに問題ない。むしろ、2ケタの水準での売り残850万株は大きな起爆剤になろう。
 同社は、関西国際空港や四国連絡橋、東京横断道路など数多くのプロジェクトに参画し、業界では、海洋プロジェクトの牽引役的存在。ここへきて、羽田空港の再拡張、パナマ運河の開通100周年に絡んでの拡張とビッグプロジェクトが山積している。仕掛け場。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:14 | 株式投資ニュース

住友軽金属工業は買い場探しに妙味大

 住友軽金属工業<5738>(東1)の評価が着実に高まっていきそう。このほど発表された中期経営計画では最終年度の2010年度に経常利益180億円(前期119億円)の確保を目指している。
 環境規制強化とのからみで自動車の軽量化の動きが強まっており、アルミ製自動車部品が好調に伸びていることが展望の明るさの要因。
 非鉄業界の場合、今期は大幅増益だが来期については減益、もしくは横ばいが予想され、その分、株価も調整ムードを脱しきれない。
 その点、中国、インドなどの爆発的なモータリゼーション化を受けた自動車業界の成長に連動、業績拡大が見込まれる同社に対する再評価の動きが訪れるのは時間の問題だ。買い場探しに妙味が大きい。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:57 | 株式投資ニュース

味の素は電子材料の好調が続く、08年3月期は18%営業増益へ

 味の素<2802>(東1)は国内食品事業の不振から業績予想の下方修正を強いられたが、電子材料が好調を続けているうえ、飼料用アミノ酸も回復が見込まれ、そろそろ手掛けてみたいところ。
 2007年3月期の営業利益は従来予想の715億円から前期比5・3%減の635億円へ下方修正された。減額された80億円のうち63億円が国内食品事業によるのもので、暖冬の影響で収益性の高いほんだしやスープ類の売り上げが落ち込んだためだという。
 また飼料用アミノ酸も6億円だったが、シクリカル性の高い製品であり、市況は今期をボトムに2008年3月期からは回復期を迎えてくるとみられている。
 一方で、パソコンの心臓部となるCPU(中央演算装置)などの層間絶縁材料として使われるABFなど電子材料は依然として拡大基調にある。
 来期は電子材料と飼料用アミノ酸をけん引役に営業利益は18%程度の増益が見込まれる。食品業界の再編を主導する銘柄としても目は離せない。


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:53 | 株式投資ニュース

島津製作所は売り残超過、踏み上げも、蛍光X線分析装置が好調

 島津製作所<7701>(東1)は、英子会社の評価損計上で単独税引き利益が減益となるが、連結決算の変更なくこの材料での下落は買い場。
 2007年3月期連結経常利益は前期比12%増の205億円と最高益更新の見通しだが、来期は250億円を超える見込み。計測機器、医用機器、航空・産業機器の3事業がそろって好調だ。
 特に欧州有害物質規制強化を背景に、蛍光エックス線分析装置などの計測機器が伸び、収益増をけん引する。エックス線テレビシステムなどの医療機器も堅調だ。信用倍率は0・49倍でフミ上げ相場も。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:47 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は259円安の1万7028円と大幅反落

 大引けの日経平均株価は259円24銭安の1万7028円41銭と大幅に反落した。TOPIXは31.12ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は13.64円安と反落した。
 食料品を除く全業種が値下がりしている。
 東証1部市場値上がり162銘柄、値下がり1503銘柄、変わらず61銘柄となった。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、味の素<2802>(東1)サッポロホールディングス<2501>(東1)ヤマハ<7951>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、沖電気工業<6703>(東1)ヤマトホールディングス<9064>(東1)ジェイエフイーホールディングス<5411>(東1)
 全体の値上がり率上位は、魚喜<2683>(東2)サイバーファーム<2377>(大ヘ)イーコンテクスト<2448>(大ヘ)
 
 東証1部新高値銘柄は、東亜建設工業<1885>(東1)、東洋建設<1890>(東1)、きんでん<1944>(東1)、日立プラントテクノロジー<1970>(東1)、東芝プラントシステム<1983>(東1)、宝ホールディングス<2531>(東1)、キャンドゥ<2698>(東1)、持田製薬<4534>(東1)、高砂香料工業<4914>(東1)、長谷川香料<4958>(東1)など38銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:24 | 株式投資ニュース