[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/18)イオンは成長を見直す
記事一覧 (01/18)日商インターライフ急伸
記事一覧 (01/18)ニッポ電機 シームレスランプの増産体制急ぐ
記事一覧 (01/17)大引けの日経平均株価は58円高の1万7261円と反発
記事一覧 (01/17)日本航空が一段と騰勢を強める
記事一覧 (01/17)インデックスが続伸、放送・メディア関連物色の流れも
記事一覧 (01/17)いすゞ自動車が新値追い、96年高値水準目指す動きは変わらず
記事一覧 (01/17)USEN傘下のインテリジェンスが騰勢を強める
記事一覧 (01/17)前引けの日経平均株価は124円安の1万7078円と続落
記事一覧 (01/17)エスケイジャパンは三角保ち合い上放れ期待、中期保有で配当取りも一手
記事一覧 (01/17)みずほFG中核の大成建設が4日続伸、業界再編を含め材料豊富
記事一覧 (01/17)岡谷鋼機は反発、材料は3Q好業績と増配、インド駐在員事務所の開設
記事一覧 (01/17)SBIホールディングスはインターネット総研の完全子会社化白紙を嫌気
記事一覧 (01/17)西松建設が4日続伸、M&Aレシオランキング5位
記事一覧 (01/17)旭化学工業は急伸かつ出来高急増、1Q好決算、上方修正、増配が揃う
記事一覧 (01/17)三協・立山ホールディングスは割安・モミ合いから上放れへ、上方修正も材料
記事一覧 (01/17)アルデプロが続伸、増配などを好感
記事一覧 (01/17)マミーマートは3業態で関東一円展開図る
記事一覧 (01/17)三洋電機が5日連騰、取組も好転し窓埋めなるか注目
記事一覧 (01/17)ユニオンツールは好決算で小幅続伸、テクニカル的にも買い時
2007年01月18日

イオンは成長を見直す

 イオン<8267>(東1)の押し目買いに妙味が大きい。国内小売・サービス企業と幅広い業務資本提携を締結、各社の緩やかな連帯を重んじる独自のグループ戦略により成長を続けている。
 靴専門店ツルヤ、酒類専門店やまやと資本・業務提携を実施、オリジン東秀のTOBにも踏みきった。
 さらに現在はダイエーについて資本・業務提携に関する独占交渉権を獲得しており、グループとしての展開力はさらに強化される方向にある。
 やや沈静化しているが成熟化した国内小売業界再編へ向け外資の注目度合いも強い。
 業界再編思惑をベースに同社の勝ち残り評価へ見直し買いが着実に膨らんでいく可能性が強い。中勢張りにより妙味がある。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース

日商インターライフ急伸

 昨年12月26日に当コーナーで、「セガサミーホールディングス<6460>が25日サンリオ<8136>との戦略的業務提携を発表したことで、日商インターライフ<1986・JQ>にも物色の矛先が向かいそうだ」と推奨した通り、昨日17日の全市場値上がり率上位に躍り出た。終値は30円高の226円(出来高3万100株)。後場中程より急伸し、一時は50円高のストップ高となる246円まで買われる場面があった。昨日は6日移動平均が25日移動平均を上回り、日足のゴールデンクロスを示現している。
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:04 | 株式投資ニュース

ニッポ電機 シームレスランプの増産体制急ぐ

ニッポ電機のホームページ ニッポ電機<6657>(JQ)では、主力商品であるシームレスランプの需要増を見越し、本社屋の2階に生産設備を増設するとともに、秋田工場の敷地内にも約4億円を投資し、シームレスランプ関連器具の生産設備を整える方針。来年上期までには稼動させて需要増大に対応する計画。シームレスランプは、同社が開発した画期的な商品で棚照明の主力となり売上を伸ばしているが、それに加えて商品寿命が2年から3年であることから取り換え需要が発生。現在の生産規模では今後対応できない状況となっていて増産体制を急いでいる。
 業績は好調で、昨年10月13日に中間・通期ともに上方修正を発表。通期連結売上高は、当初予想の10億円増である95億円(前期比14.7%増)、経常利益は1億3800万円増の9億5000万円(同55.0%増)、純利益は8700万円増の5億5000万円(同53.6%増)を予想しているが、この数字は達成するだろうとのこと。増配も期待できる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:02 | 株式投資ニュース
2007年01月17日

大引けの日経平均株価は58円高の1万7261円と反発

 大引けの日経平均株価は58円89銭高の1万7261円35銭と反発した。TOPIXは3.22ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は7.74円高と4日続伸した。値上がり業種は不動産、空運、ガラス土石製品、鉄鋼、機械など。値下がり業種は電気・ガス、パルプ・紙、医薬品、卸売、その他製品など。
 東証1部市場値上がり781銘柄、値下がり766銘柄、変わらず165銘柄となった。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日立造船<7004>(東1)新光証券<8606>(東1)三井造船<7003>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、新生銀行<8303>(東1)古河機械金属<5715>(東1)横浜銀行<8332>(東1)
 全体の値上がり率上位は、CHOYA<3592>(JQ)トランスデジタル<9712>(JQ)フリーワーク<2486>(大ヘ)

 東証1部新高値銘柄は、田辺製薬<4508>(東1)、東洋炭素<5310>(東1)、ニチアス<5393>(東1)、豊田自動織機<6201>(東1)、加藤製作所<6390>(東1)、ミツミ電機<6767>(東1)、タムラ製作所<6768>(東1)、太陽誘電<6976>(東1)、日本ケミコン<6997>(東1)、いすゞ自動車<7202>(東1)、愛三工業<7283>(東1)、ニコン<7731>(東1)、エフピコ<7947>(東1)、任天堂<7974>(東1)、三菱地所<8802>(東1)。 

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:45 | 株式投資ニュース

日本航空が一段と騰勢を強める

 日本航空<9205>(東1)が、10円高の250円まで買われ、騰勢を強めている。日本航空が国際線の路線再編計画をまとめ、収益性の低い3路線を今春以降に運休・減便するとの報道を好感。昨日発表の信用売残が330万8000株増え、取組倍率は1.25倍と好転した。9月19日の高値245円を抜いており、一段と上値追い姿勢が高まった。目先280円処までの上値を試そう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:15 | 株式投資ニュース

インデックスが続伸、放送・メディア関連物色の流れも

 インデックス・ホールディングス<4835>(JQ)が、1600円高の7万5700円と続伸となっている。証券会社が相次いで投資判断を「中立」或いは「2」据置きとしている。15日発表の9―11月期の連結経常利益は10%減の15億5600万円で、07年2月中間期の連結経常利益予想(30億―40億円)の半分程度だったが、国内大手証券系調査機関はグループ再編に関するコストが想定以上にかかったものの、計画線上の経常利益を出せたことは前向きに評価でき、海外事業全体で黒字転換した点も大きいとしている。
 直近では、インデックスHDの株主であるスカイパーフェクト・コミュニケーションズ<4795>(東1)テレビ朝日<9409>(東1)などを中心に放送・メディア関連が物色されており、その一環との見方もある。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:43 | 株式投資ニュース

いすゞ自動車が新値追い、96年高値水準目指す動きは変わらず

 いすゞ自動車<7202>(東1)が、8円高の572円まで買われ新値追いとなっている。本日、いすゞは2007年世界生産・販売計画を発表した。世界販売台数は前年比2%増の66万4000台を計画。昨年12月に新型「エルフ」の発売を開始し、海外ではこの1月に米国から投入するが、トヨタとの提携も合わせ期待感が膨らんできたようだ。
 引き続き、株価は96年6月高値662円水準を目指す展開が予想される。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

USEN傘下のインテリジェンスが騰勢を強める

 USEN<4842>(大ヘ)傘下のインテリジェンス<4757>(JQ)が、1万5000円高の31万9000円と4日続伸し、騰勢を強めている。合併した学生援護会が業績にフルに寄与。また、1月15日財務省に提出された大量保有報告書によって、スパークス・アセット・マネジメント2万3540株(5.62%)取得したことが分かっている。ライブドアショックから1年を経て、BMB<9841>(JQ)などUSEN傘下の銘柄が上値追いの展開、WOWOW<4839>(東マ)などフジテレビジョン<4676>(東1)が大株主となっている銘柄も新値追いとなっている。救済と思われる銘柄群の上昇が目立ってきた。引き続き注目。 

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:36 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は124円安の1万7078円と続落

 前引けの日経平均株価は124円34銭安の1万7078円12銭と続落している。TOPIXは11.56ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は0.28円高と4日続伸している。値上がり業種は空運、不動産、ガラス土石製品、機械、鉄鋼、証券商品先物。値下がり業種は電気・ガス、倉庫運輸関連、医薬品、パルプ・紙、銀行など。
 東証1部市場値上がり400銘柄、値下がり1171銘柄、変わらず136銘柄となっている。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日立造船<7004>(東1)新光証券<8606>(東1)三井造船<7003>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、新生銀行<8303>(東1)横浜銀行<8332>(東1)千葉銀行<8331>(東1)
 全体の値上がり率上位は、CHOYA<3592>(JQ)フリーワーク<2486>(大ヘ)リンク・ワン<2403>(東マ)

 東証1部新高値銘柄は、田辺製薬<4508>(東1)、東洋炭素<5310>(東1)、ニチアス<5393>(東1)、豊田自動織機<6201>(東1)、加藤製作所<6390>(東1)、ミツミ電機<6767>(東1)、タムラ製作所<6768>(東1)、愛三工業<7283>(東1)、ニコン<7731>(東1)、任天堂<7974>(東1)。 

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:22 | 株式投資ニュース

エスケイジャパンは三角保ち合い上放れ期待、中期保有で配当取りも一手

 エスケイジャパン<7608>(東1)の前場は、前日終値と同額の610円で引けた。きのう、東京・日本橋茅場町の東京証券会館で、個人投資家向けの『IRセミナー』をひらき、久保敏志社長が『我が社のビジネスモデルと新たな成長戦略』と題して講演を行なった。
 同社はぬいぐるみなどのキャラクター商品の企画・製造・卸・小売事業を行なっている。特徴は、グループでのビジネス展開によるシナジー効果発揮、人材活用、キメ細かい営業体制。人材活用では、商品の企画・営業に女性社員、製造工程にシニアの熟練技術や経験を活用する体制を、10年以上前から布いている。
 グループ内で小売店『ナカヌキヤ』を展開することで、最先端の消費動向をキャッチアップできる。ほか、卸では、従来の玩具店にとどまらず、ゲームセンター、テーマパーク、各種ショップなど、多様かつ広い販路に対し、ルーティンを含めた密着営業を行なうことで、安定的な受注と収益を確保している。

 また、株主還元にも力を入れており、安定的な配当や、株主総会の充実を図っている。配当金は、2007年2月通期末で12円を予定している。現在の株価で配当利回りは約2%と、高めの水準だ。
 久保社長は「ITやバイオベンチャーのような派手さはないが、商品をつうじて、癒し、やすらぎを提供するビジネスだ。配当を重視しており、かつ、状況を見ながら株式分割も行なっている。末永く保有していただきたい」と呼びかけている。
 チャートを見ると、中期週足で小さめの三角保ち合いを形成しているように見える。下値600円ラインは堅い。オシレーター的には中期週足と長期月足で「買い時」シグナルが出ている。PERは15.32倍、PBRは1.68倍と割安水準。なので、インカムゲインを楽しむ銘柄として中期保有するのも一手だ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:17 | 株式投資ニュース

みずほFG中核の大成建設が4日続伸、業界再編を含め材料豊富

 大成建設<1801>(東1)が、7円高の414円と前日と変わらずを挟んで4日続伸となっている。大成建設や丸紅などが出資するバイオエタノール・ジャパン・関西(大阪市)は16日、廃木材を使ってガソリンを代替するバイオ燃料の生産を始めたとの報道を好感。原料が建築廃材のため安定調達でき、サトウキビのように食料としての需要に影響されない利点がある。建築廃材を使ったバイオエタノールの商用生産は世界初という。
 また、本日はゼネコン(総合建設会社)の受注に占める海外工事比率が上昇しているとして、2007年3月期は単独ベースで大成建設が前期比10ポイント高まりそうとの日本経済新聞の観測報道も株価を刺激しているようだ。
 建設業界も業界再編へ向かうとの市場観測も底流にあり、みずほFGの中核建設会社であるだけに一段と注目されよう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース

岡谷鋼機は反発、材料は3Q好業績と増配、インド駐在員事務所の開設

 岡谷鋼機<7485>(名証)は18円高の1719円。きのう大引け後に第3四半期(2006年3〜11月)決算を発表した。連結で、売上高と経常利益は前年同期比増収増益。純利益は同減益となったが、特別損益で株式の売却益が減少したことによるもの。2007年2月通期業績予想は前年実績比増収増益としている。
 2007年2月通期末配当金を、当初予想の11円から12円とし、中間の11円と合わせると、年間23円となる。
 また、同日、インド・ニューデリー駐在員事務所の開設を発表した。今年3月に同市内に開設する。当初人員は、駐在員1人、現地スタッフ3人とする。同社グループのインドにおける連絡窓口として、自動車関連業界の動向等について情報収集活動を行ない、現地法人の設立準備をする。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

SBIホールディングスはインターネット総研の完全子会社化白紙を嫌気

 SBIホールディングス<8473>(東1)が、800円安の4万3400円と4日ぶりに反落している。SBIが株式交換でインターネット総合研究所<4741>(東マ)を完全子会社化するとの昨年11月の合意を白紙に戻すと前日に発表したことを嫌気している。インターネット総合研究所はストップ安の売り気配。子会社化を白紙に戻す理由は、ネット総研が52%出資する情報サービス会社、アイ・エックス・アイ<4313>(東2)が今月5日から東証二部の監理ポストに入ったためという。営業取引について監査法人から調査の申し入れがあったため、期限内に近畿財務局に2006年9月中間期の半期報告書を提出できず、監理ポストに割り当てられた。SBIHDとソフトバンク<9984>(東1)が袂を分かって以来、SBIHD関連株の動きがこのところさえないと感じられる。求心力を失った感のSBIHDの動きは注意すべきか。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

西松建設が4日続伸、M&Aレシオランキング5位

 西松建設<1820>(東1)が、21円高の436円と急騰し、4日続伸となっている。ゼネコンの受注に占める海外工事比率が上昇していると日本経済新聞が報じている。国内の公共工事減少を補うため、中東やアジアで大型受注を増やしているという。西松建設は香港等東南アジアで実績があり、戸田建設<1860>(東1)と業務提携を結んでいる。また先日報道された、M&Aレシオで見た買収価値ランキングの5位に登場し、投資妙味が増してきたようだ。そのほか、奥村組<1833>(東1)が1位、戸田建設<1860>(東1)が3位、大林組<1802>(東1)が7位、清水建設<1803>(東1)9位と建設会社がランクインしている。
 西松建設は財務内容のよさに加え、PBRが0.60倍と割安な水準にある。取組倍率0.64の売り長をテコに昨年9月6日の高値459円処が射程圏に入ってきた。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:08 | 株式投資ニュース

旭化学工業は急伸かつ出来高急増、1Q好決算、上方修正、増配が揃う

 旭化学工業<7928>(JQ)は39円高の979円で始まり、寄り後は1000円台に乗せた。出来高も急増している。材料は、きのう大引け後に発表した第1四半期(9〜11月)決算が前年同期比増収増益だったこと、2007年2月中間・8月通期業績予想を上方修正したこと、増配、中国・江蘇省に新工場を建設すると発表したこと。マーケットメイク銘柄の安心感もある。
 1Q決算は、売上高が前年同期比31.4%増の16億4100万円、経常利益が同86.6%増の1億5700万円、純利益が同81.5%増の1億2000万円と、大幅な増収増益となった。主要客先である電動工具業界・自動車業界ともに順調に推移したため。

 上方修正は、8月通期連結で、売上高が当初予想比1億円増額の63億円、経常利益が同6000万円増額の5億4000万円、純利益が同4000万円増額の44億円とした。
 増配は、2月中間が当初予想4円から5円とし、8月期末は5円を据え置きで、年間配当金10円とした。
 中国の新工場は、連結子会社の旭日塑料制品有限公司が、第3工場として、江蘇省昆山市に建設する。2007年12月竣工、2008年1月稼動開始予定。総予算は2億5000万円で、自己資金で充当する。延床面積約1万平方メートル。生産能力が倍増する予定。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:04 | 株式投資ニュース

三協・立山ホールディングスは割安・モミ合いから上放れへ、上方修正も材料

 三協・立山ホールディングス<3432>(東1)は17円高の288円で始まり、寄り後は290円台に乗せた。東証1部値上り率上位にランクインしている。三協アルミと立山アルミが経営統合と持株会社化し、2003年12月に上場して以来、株価は400円台から200円台へとジリ安となっていた。最近では、アク抜けと割安感から注目されていたが、きのう大引け後に発表した2006年11月中間決算の上方修正が急騰の引き金になった。

 上方修正の理由は、非建材事業の子会社群の業績が計画以上であったこと、販管費の削減が計画以上に進捗したこと。純利益については、子会社の固定資産売却益等を特別利益として計上したが、三協と立山の合併費用や固定資産処分損・減損損失などの特別損失を計上したため、当初計画に比べ、若干の増加にとどまる見込みとしている。2007年5月通期業績予想は1月24日予定の中間決算発表時に公表する。
 現在のPERは30倍台、PBRは1倍台と、まだまだ割安水準。信用残は売り長。チャートのカタチを見ても、そろそろモミ合いから上放れとなっても良い時期だ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:47 | 株式投資ニュース

アルデプロが続伸、増配などを好感

 アルデプロ<8925>(東マ)が続伸。15日に今2007年1月中間期および7月期末の配当を増配すると発表。中間・期末配当とも従来の160円から280円へ増配し、年間配当を560円とする。前期の年間配当は1600円だったが、昨年8月1日付けで1対5の株式分割を実施しており、前期との比較では実質1200円の増配となる。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:41 | 株式投資ニュース

マミーマートは3業態で関東一円展開図る

 マミーマート<9823>(JQ)の2007年9月期(連結)予想は売上高780億円(前期比1・2%増)、経常利益19億円(同2・31%増)、当期純利益9億5000万円(同10・85%増)である。配当は中間、期末各8円50銭、年間17円を据え置く予定。
 店舗数は前期末61店舗(11店舗出店、3店舗退店で純増8店舗)。着実な増加を見せている。今期出店は4店舗を予定。期末65店舗を予定衛いている。同社の店舗展開は3業態。前期末45店舗を数えるのは、家庭の冷蔵庫と位置づけるマミーマート(食品スーパー、平均坪数460坪、商圏は半径1キリメートル以内)。
●続きを読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

三洋電機が5日連騰、取組も好転し窓埋めなるか注目

 三洋電機<6764>(東1)が、3円高の191円と5日連騰している。白物家電を軸に拠点再編に乗り出すと一部報道されている。三洋電機は冷蔵庫の開発・生産で中国企業と合弁事業を立ち上、さらにエアコン、洗濯機の開発・生産を群馬工場(群馬県大泉町)に集約する一方、洗濯機の滋賀工場(大津市)を太陽電池の拠点に転用するという。
 株価は戻り歩調になっているが、信用売残が662万9000株増加して取組倍率は1.07倍の好取組に好転、昨年11月20日に急落した205円までの窓を埋め、上値追いとなるか注目されるだろう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

ユニオンツールは好決算で小幅続伸、テクニカル的にも買い時

 ユニオンツール<6278>(東1)は140円高の5330円で始まり、寄り後は5380円まで買われている。きのう大引け後に2006年11月通期決算を発表した。売上高は前年比18.5%増の286億5500万円、経常利益は同21.2%増の85億1800万円、純利益は同33.7%増の55億8300万円と、いずれも2ケタ増となった。主力の切削工具事業が順調に推移した。
 2007年11月期業績予想も前年比増収増益としている。世界需要の中心となっている中国・台湾地区で、海外連結子会社群との連携強化と、生産能力拡大・効率改善をよりいっそう推進する。
 チャートを見ると、一目均衡表で短期日足と長期月足でローソク足が雲を上抜けそうな状態。オシレーター的には短期日足で「買い時」シグナルが出ている。信用残は売り長なので、好業績に加え、買い戻しも入ることにより、もう若干、上がりそうだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース