[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/13)スティールパートナーズが大株主のブラザー工業が上場来高値を更新
記事一覧 (12/13)MORESCOは新株発行と株式分割で株価も綱引き
記事一覧 (12/13)IT業界でもMA進む、A&Iがソフト会社買収、ラックとの経営統合も柱
記事一覧 (12/13)大阪証券取引所が分割後の10月高値を更新、業界再編の流れ
記事一覧 (12/13)サイボウズは暴落、「いったん売り」か、「拾い場」か?
記事一覧 (12/13)日本電子材料は強い
記事一覧 (12/13)東急不動産が続伸、2月高値窺う動き
記事一覧 (12/13)ダスキンがしっかり
記事一覧 (12/13)船井財産コンサルタンツは1部上場へ向けた布石? 株主優待新設
記事一覧 (12/13)泉州電業は2800円台乗せ、10月通期好業績と増配が好感
記事一覧 (12/13)エバラ食品は本業回帰宣言に基き増収益図る
記事一覧 (12/13)伊藤園はタリーズを連結対象、店舗経営を強化
記事一覧 (12/13)ノーリツは台湾社への出資発表が好感されギャップアップ
記事一覧 (12/13)神鋼電機は来期から業績急拡大、ウェハ搬送ロボットが伸長
記事一覧 (12/13)日本油脂は値固め十分、反発の機熟す
記事一覧 (12/13)ケミコンは強調相場を走る
記事一覧 (12/12)みずほフィナンシャルグループが続伸、鉄鋼株から乗換えの動き
記事一覧 (12/12)積水ハウスは反落も絶好の拾い場
記事一覧 (12/12)大引けの日経平均株価は109円高の16637円と続伸
記事一覧 (12/12)パチンコ関連のフィールズが反落
2006年12月13日

スティールパートナーズが大株主のブラザー工業が上場来高値を更新

 ブラザー工業<6448>が、25円高の1595円まで買われ、10月20日高値1592円を一時更新する動きになっている。
 スティール・パートナーズ(SPJ)が1923万株を保有しているが、その後目立った動きは見られない。
 取組倍率が0.53倍と売り長は変わっていないが、買い戻しの動きも入ったようだ。
 チャート的には、上場来高値更新、右肩上がりの上昇トレンドを継続しており、好業績、SPJの動向などから押し目あらば買う動きが続きそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:58 | 株式投資ニュース

MORESCOは新株発行と株式分割で株価も綱引き

 MORESCO<5018>は前日終値比10円高の3100円で始まり、寄り後はその前後で動いている。きのう大引け後に、今月売り出す新株の発行価格と売出価格を発表した。発行・売出価格は1株2997円。発行する新株は35万株。また、第三者割当増資も行なう。
 公募増資による手取金概算額9億7600万円は、全額を設備投資資金に充当する予定。第三者割当増資による手取金概算額上限1億3900万円は、全額を運転資金に充当する予定という。
 同社はまた、株式分割を行なうこともすでに発表している。基準日を2007年2月28日とし、1株につき2株の割合をもって分割する。
 今月1日に新株発行と分割を発表後、需給悪化と希薄化懸念で3300円台から3100円台へ下落していた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:40 | 株式投資ニュース

IT業界でもMA進む、A&Iがソフト会社買収、ラックとの経営統合も柱

 エー・アンド・アイ システム<4773>は前日終値比4円安の235円で始まったが、寄り後は前日並みの239円まで戻した。きのう大引け後に「株式会社ソフトウェアサービスの全株式を取得し、完全子会社化」「ラック<4359>との経営統合に向けたグループ化戦略の展開」と発表したが、市場は反応薄だ。
 ソフトウェアサービス(本社・東京都渋谷区)は、ソフトウェアとシステムの開発事業を行なっている。おもに、企業の基幹業務や経営情報システムの構築事業を行ない、とくに金融機関の業務系システムの開発に実績があるという。2006年9月通期の売上高は17億2100万円。
 エー・アンド・アイ システムでは「今後の業績見通しは現在策定中」としており、ソフトウェアサービス社の子会社化による、業績の上ブレ期待が、いやが応にも高まる。
 同社は2007年7月に、情報セキュリティ企業のラックと、共同株式移転による経営統合を行なう予定。製紙や水産と同様、IT業界でも、M&Aと業界再編が進んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:15 | 株式投資ニュース

大阪証券取引所が分割後の10月高値を更新、業界再編の流れ

 大阪証券取引所<8697>が、2万9000円高の56万7000円と4日続伸して、9月末3分割後の10月24日高値55万4000円を更新している。
 11月21日に、世界最大の個別株オプション市場を運営する米インターナショナル・セキュリティーズ取引所(ISE)と提携交渉に入ったことが明らかになったと一部報道された。大阪証券取引所はこれを受け、他の証券取引所との連携・統合等については種々検討しているものの、現時点で決定した事項はないとのコメントを発表したが、その後も株価は堅調に推移している。
 業界再編というテーマは証券取引所自体をも巻き込む流れから、4月17日高値64万6666円奪回も視野に入ろう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:01 | 株式投資ニュース

サイボウズは暴落、「いったん売り」か、「拾い場」か?

サイボウズホームページ サイボウズ<4776>は前日終値比1万円安の6万9600円売り気配。きのう大引け後に2007年1月通期業績予想の修正を発表した。売上高は連結、単独とも上方修正となり、単独の経常利益も上方修正となったが、連結の経常・純利益と単独の純利益が下方修正となった。
 売上高の上方修正は、主力製品のひとつである「サイボウズ ガルーン 2」の新規売上が好調であったこと等による。利益の下方修正は、今年3月に出資したレカム<3323>の株式の市場価格が簿価より50%程度下落したため、評価損を2億円計上するからだ。また、グループとしての協業展開が遅れたため、当初見込んだ水準の利益を達成することが厳しい見込みとしている。
 同社では「レカムの減損などは、今期における一時的な費用」「子会社については、今期より準備を開始した協業が具体化していくこと等により、収益力の向上が期待できる」としているものの、市場は「いったん、売り」と判断したもようだ。
 きのうの終値からはじいたPERは115.59倍。確かに割高ではあるが、中期で業績の好転を信じれば、今は拾い場と見ることもできる。短期日足では三角保ち合いのカタチに見えるし、オシレーター的には「買い時」シグナルが出ている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:58 | 株式投資ニュース

日本電子材料は強い

 日本電子材料<6855>は3300円台に乗せ着実に水準を回復している。内外の大手ファンドが注目。テクニカル的にも、2月高値の3700円を抜くのは時間の問題で、1999年高値4000円も十分視野に入ってきた。業績は好調で最高益更新中。とくにフラッシュメモリやシステムLSI向けなど半導体検査用プローブカードが絶好調。半導体製造工程には必要不可欠製品だけに、一段と評価は高まろう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:44 | 株式投資ニュース

東急不動産が続伸、2月高値窺う動き

 東急不動産<8815>が、11円高の1157円と小幅ながら続伸し、上値を窺う動きになっている。5日に、匿名組合出資方式を活用した合同会社を通じ、高島屋新宿店が入居する建物と土地の一部を来年3月までに取得するとの発表を引き続き好感している。
 高島屋のほか東急ハンズ、紀伊国屋書店、ベスト電器<8175>などが入居する大型商業施設の取得で、賃料収入の拡大を図る見通しだ。
 東急リアル・エステート投資法人<8957>が、6日に高値を更新しており、東急不動産も取組倍率0.94倍の好需給を支えに、2月9日高値1234円奪回が見えてこよう。


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:40 | 株式投資ニュース

ダスキンがしっかり

 ダスキン<4665>が新規上場。初値は公開価格と同値の1750円だった。マット、モップなどのダストコントロール商品レンタルや「ミスタードーナツ」を全国展開。2007年3月期の業績は売上高が前期比2.3%増の1982億8300万円、経常利益が同22%増の141億1300万円となる見通し。配当金は30円を予定。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

船井財産コンサルタンツは1部上場へ向けた布石? 株主優待新設

 船井財産コンサルタンツ<8929>は前日終値比5000円高の42万3000円で始まっている。きのう大引け後に株主優待制度の新設について発表したことと、その内容が専門紙ニュースで「東証1部上場へ向けた(現在は東証マザーズ)株主づくりの施策の一環」と報道されたことが、買いを誘っているようだ。
 優待は、今年12月通期末の株主からスタートする。全株主に向けて、全国共通ギフトカード3000円相当分、またはうかい<7621>の「箱根ガラスの森・河口湖オルゴールの森」の共通入場券(5枚・6500円相当分)。
 さらに、2006年12月期末時点の株主で、かつ2004年12月期末時点から継続して保有している株主を対象に、うかいの食事券2万円相当分、または特選うかい牛肉引換券2万円相当分を贈呈する。次年度以降も、継続保有株主を対象に、同様の内容で優待する。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース

泉州電業は2800円台乗せ、10月通期好業績と増配が好感

 泉州電業<9824>は前日終値比40円高の2775円で始まり、寄り後は2800円台に乗せた。きのう大引け後に発表した10月通期連結業績が前年比大幅な増収増益だったこと、期末配当の増配を発表したことが好感されたもようだ。
 通期連結業績は、売上高が前年比35.4%増、経常利益が同59.8%増、純利益が同52.1%増の大幅な増収増益となった。2007年10月通期業績予想も前年比増収増益としている。配当金は2006年10月期末が4円増配で15円となり、年間配当金は26円となる。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

エバラ食品は本業回帰宣言に基き増収益図る

 エバラ食品工業<2819>の2007年3月期9月中間決算(連結)は、売上高218億9600万円(前年同期比10・5%減)、経常利益10億9100万円(同17%減)、当期純利益5億8500万円(同2・45倍)となった。
 売上高は主として冷凍食品事業の売却による減と、たれ関連事業の減が影響した。利益は販売管理費減も売り上げ減に伴う粗利低下、営業外収益源が響いたが、当期純利益は減損損失が当期にはなかったことで、通期の目標額を上回る数字となった。
 今07年3月期通期の目標は、売上高435億6600万円(前期比7・42%の減)、経常利益12億4600万円(同20・8%減)、当期純利益5億7300万円(同51%増)と当初予想を据え置いている。下期も物流事業の伸びは見込めるが、原材料・包装資材料高などによる売上原価上昇を考えてのもの。当期純利益は、前記のとおり中間期で予想を1200万円上回りながら、中間期比減に据え置くのは2―3月に来季に向けた拡販費・宣伝費の先行投資を考えているためだ。
 たれおよびたれ関係事業では、共同開発も視野に入れ新商品の早期市場投入などで増収益基調確保。食品事業でのチルドキムチ販路のさらなる拡大や追加アイテム検討、是利飲料や豆スープの販売拡大、海外事業では中国における業務用がらスープ生産販売に加えて、その他業務用調味料、家庭用市場参入など推進する。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:26 | 株式投資ニュース

伊藤園はタリーズを連結対象、店舗経営を強化

 伊藤園<2593>の今10月中間期業績(連結)は、売上高が前年同期比5・2%増の1626億3200万円、経常利益は同8・1%増の128億6200万円、純利益は同8・4%増の74億2300万円。主力の「お〜ぃお茶」が順調に伸びたほか、ミネラルウォーターが同82・5%、野菜飲料が同14%、機能性食品が同13・9%伸びたのが目立った。また、売り上げ増に加え茶葉の原材料コストの低下が清、売上高利益率が改善した。
 今4月期通期の売上高は前期比9・6%増の3158億円と従来予想を73億円上回る見通し。営業利益は同7・8%増の227億円と過去最高の見込み。経常利益は同8・6%増の223億円、純利益も同8・7%増の127億円と従来予想を据え置いているが、最終的には上ブレの公算が大きい。なお、子会社化した「タリーズ」の売り上げが下期63億円程度上乗せされる。
 今期の施策として@「お〜ぃお茶」ブランドのさらなる強化(7〜8年は伸び続ける)と野菜飲料の強化にコーヒー飲料への本格参入A営業基盤の強化としては、営業効率性の向上(客別、拠点別)に、新規開拓の強化(顧客数純増1万件目標)B総コストの削減C海外事業の強化(倍増ペースで伸長)D持続的成長のための資本戦略(将来成長のためのフリー・キャッシュの有効活用。連結配当性向30%継続が骨子。続きを読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:23 | 株式投資ニュース

ノーリツは台湾社への出資発表が好感されギャップアップ

 ノーリツ<5943>は前日終値比10円高の2140円で始まり、寄り後は2145円まで買われている。きのう大引け後に、「台湾のガスこんろ最大手の豪山国際股分有限公司へ出資する」と発表した。
 出資形態は、豪山社の新株引き受けという形を取る。出資比率は発行済み株式の10%。出資金額は6000万ニュー台湾ドル(約2億1000万円)。「当地では、今年2月に消防法が改正され、安全性が高い強制排気タイプのガス給湯器に需要がシフトしていることから、この分野で技術力をもつ当社が、生産、販売面を支援する」「子会社の上海能率有限公司が部品を供給し、年内にも豪山社が台湾でガス給湯器の生産を開始する」としている。 同社では、「今12月期の業績に与える影響はない」としているものの、市場は同社のビジネスの拡大を期待しているようだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース

神鋼電機は来期から業績急拡大、ウェハ搬送ロボットが伸長

 神鋼電機(6507)は、半導体ウェハー搬送ロボットが本格的に立ち上がり、業績は拡大期を迎えそうだ。
 半導体ウェハー搬送ロボットは東京エレクトロンや大日本スクリーンなどのほか、海外メーカーなどからも受注、引き合いが活発化。売上高は今2007年3月期90億円、来期130億円、再来期には180億円程度にまで拡大しそう。
 足もとではプリンタや社会システムの回復が遅れており、今期の経常利益は前期比21・6%減の36億円となる見通しだが、コスモ証券では同10・7%減の41億円と予測。来期には63億円まで拡大し、1株利益は26円。利益の拡大により増配余地も広がると見ている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース

日本油脂は値固め十分、反発の機熟す

 日本油脂<4403>は下値固め十分で、反騰の機は熟しつつある。先週にゴールデンクロス寸前まで反発しながら、いま一歩のところでヒト呼吸入れているところだが、中堅材料株に物色人気が台頭してきていることからも、格好の狙い目。取り組みは買い長だが、170万株弱の買い残は問題視することもない。有力アナリストが注目してきており、当面、9月高値の747円抜けがメドになろう。
 業績は絶好調で、過去最高益を更新中。もちろん、今3月期も大幅更新の見通し。今期の売上高1500億円、経常120億円予想だが、上振れの公算大。他の化学株に比べ出遅れ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース

ケミコンは強調相場を走る

 ケミコン(6997)は強気の買いに妙味が大きい。デジタル家電分野向けを中心に導電性高分子アルミ電解コンデンサなどの高付加価値製品が伸びている。このため、今3月期の営業利益は9月に上方修正した84億円を中間決算発表時に88億円(前期61億円)へさらに修正した。来期も今の傾向が引き継がれるため調査部サイドでは来期の営業利益は106億円への大幅続伸を想定している。
 また、直近の取組は売り87万株、買い40万株と大幅な売り長になってきた。順調な株価上昇で次第に売り方の動揺は強いものになっている。踏み上げ人気に乗ってなお強調相場を走りきる可能性が強い。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:56 | 株式投資ニュース
2006年12月12日

みずほフィナンシャルグループが続伸、鉄鋼株から乗換えの動き

 みずほフィナンシャルグループ<8411>が、1万1000円高の84万6000円と続伸した。本日の東京市場で、鉄鋼株に利益確定売りを出す一方で、出遅れの銀行株を短期張りとして物色する動きが見られたという。
 みずほFGは、11月21日安値79万1000円をつけ、目先底入れ、リバウンド態勢に入った。ただ、96万円から98万円処には戻り待ちの売り物も多いと見られ、積極的に

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:38 | 株式投資ニュース

積水ハウスは反落も絶好の拾い場

 積水ハウス<1928>は56円安の1670円と下落。一時66円安の1660円まで売られた。1700円割れは中期的に見て拾い場となる。2007年1月期連結経常利益は前期比38%増の1130億円と、15年ぶりに最高益更新の見通しだが増額修正含み。戸建住宅の建築需要が好調を維持するほか、高級分譲マンションの販売も順調に伸びる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:36 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は109円高の16637円と続伸

 大引けの日経平均株価は109円79銭高の16637円78銭と続伸している。TOPIXは8.75ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は1.94円安と反落した。値上がり業種は水産・農林、証券商品先物、保険、輸送用機器、金属製品など。値下がり業種は鉄鋼、鉱業、石油石炭製品、非鉄金属、建設など。
 東証1部市場値上がり810銘柄、値下がり759銘柄、変わらず139銘柄となった。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、パイオニア<6773>日東紡<3110>東邦亜鉛<5707>
 225採用銘柄の値下がり率上位は、積水ハウス<1928>石川島播磨重工業<7013>日立造船<7004>
 全体の値上がり率上位は、エイジア<2352>fonfun<2323>ニチロ<1331>。 

 東証1部新高値銘柄は、明治乳業<2261>、森永乳業<2264>、JT<2914>、大陽日酸<4091>、協和発酵工業<4151>、東和薬品<4553>、第一三共<4568>、グッドウィル・グループ<4723>、ジェイエフイーホールディングス<5411>、日本金属工業<5479>、フジテック<6406>、日本精工<6471>、ワコム<6727>、ミツミ電機<6767>、堀場製作所<6856>、日本ケミコン<6997>、いすゞ自動車<7202>、カヤバ工業<7242>、ヤマハ発動機<7272>、タカタ<7312>、キヤノン電子<7739>、任天堂<7974>、三菱鉛筆<7976>、トーホー<8142>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>、新和海運<9110>、東京電力<9501>、東北電力<9506>、北海道電力<9509>。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:17 | 株式投資ニュース

パチンコ関連のフィールズが反落

 フィールズ<2767>が、2万4000円安の26万6000円と反落している。7日に新興三市場に上場する企業の2006年9月中間期(金融、決算期変更除く)が、原材料費の高騰を理由に前年同期に比べて経常損益を大きく悪化させた企業が目立った。一方、大幅に改善させた企業は不動産・パチンコ関連に多かったとの一部報道を好感して3日続伸の動きとなっていた。
 最も、日経ジャスダック平均株価が12日連騰していたこともあり、過熱感を指摘する向きもある。当然利益確定売りも出るところだろう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:58 | 株式投資ニュース