[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/26)アライヴ コミュニティは激しい値動きながらも、業務提携などに期待
記事一覧 (12/26)新日本製鐵が新値追い、新日鉄系から三菱系を物色する流れも
記事一覧 (12/26)大引けの日経平均株価は76円高の17169円と反発
記事一覧 (12/26)日鐵商事は新日鉄系商社として注目
記事一覧 (12/26)神戸製鋼は続伸、年末に向けダレ気味のなか、ひとり気を吐く?鉄鋼セクター
記事一覧 (12/26)イオンは続伸、人材確保施策が好材料
記事一覧 (12/26)三菱製鋼はいすゞと三菱商事の新会社設立を材料視
記事一覧 (12/26)前引けの日経平均株価は12円安の17080円と続落
記事一覧 (12/26)コムシードに大化けの素地 ガンホー・オンライン・エンターテイメントを脅かす存在に
記事一覧 (12/26)ソフトブレーンは三角保ち合い上放れか、新製品発売も材料
記事一覧 (12/26)任天堂をはじめ、ニンテンドー関連銘柄が高い
記事一覧 (12/26)中国工業はモミ合い上放れの様相
記事一覧 (12/26)鉄鋼関連人気で続伸も、阪和興業はまだまだ割安、高め配当も魅力
記事一覧 (12/26)楽天がTBSの動きに反応、モミ合いを上に抜けるか
記事一覧 (12/26)ティラドは増産報道も材料に続伸、まだまだ買い時
記事一覧 (12/26)リサ・パートナーズが今12月期の好業績観測報道を好感
記事一覧 (12/26)JFE商事ホールディングスはPER7倍台
記事一覧 (12/26)東邦テナックスは早期復配へ
記事一覧 (12/26)ゲームオンの今期収益は大幅増へ
記事一覧 (12/26)電通は続伸、早期退職制度も材料?
2006年12月26日

アライヴ コミュニティは激しい値動きながらも、業務提携などに期待

 アライヴ コミュニティ<1400・H>の株価は、12月13日引け後の下方修正発表により、13日の8万2700円から安値を切り下げ、21日に上場来最安値6万500円をつけた。翌22日は、同社が資本業務提携しているギガプライズ<3830>が15日名証セントレックスに上場したことが材料視され5000円ストップ高の6万6100円と切り返すが、25日はストップ安の6万1100円と動きが激しい。
 注目される材料としては、アルデプロ(8925・M)の子会社アルデプロ プロパティマネジメントとの業務提携とアルデプロへの新株予約権の付与が挙げられる。アルデプロ プロパティマネジメントとの業務提携により、アルデプロが手がける中古物件のリフォームを同社が行っていくことになっている。さらに、新株予約権の行使期間は、9月19日から来年の9月18日までとなっているが、この期間内に同社の株価が20万円以上にならないと権利行使はできないという条件付き。
 また、昨日の引け後に、建築アフターサービス、システム開発、人材サービスなど建築業のトータルサポート事業を展開するアペックス(資本金3230万円)との業務提携を発表。今後の業績に与える影響は未定としているが、アペックスの提供する先行検査、施主調査、内覧会スケジュール管理システム等のサービス・商品を共同で販売していくことから新規顧客開拓が予想される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:02 | 株式投資ニュース

新日本製鐵が新値追い、新日鉄系から三菱系を物色する流れも

 新日本製鐵<5401>が、31円高の642円と新値追いとなっている。新日鉄系の太平工業<1819>日新製鋼<5407>大平洋金属<5541>日本電工<5563>新和海運<9110>なども新値追い、日本金属<5491>急騰するなど文字通り新日鉄を中心とした相場展開が続いている。また、三菱系でもある大平洋金属や新和海運を物色する流れは、三菱製鋼<5632>東邦亜鉛<5707>三菱マテリアル<5711>など三菱系を物色する流れへと波及している。
 このような業界再編を一つのテーマとした相場展開は、今後も続くことが予想される。目先は、新日鉄系銘柄を中心に、自動車関連、海運、食料品などを物色する流れは変わらないだろう。(M&A関連)


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:14 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は76円高の17169円と反発

 大引けの日経平均株価は76円30銭高の17169円19銭と反発した。TOPIXは7.58ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は1.22円安と4日続落している。値上がり業種は鉄鋼、非鉄金属、不動産、その他金融、卸売など。値下がり業種はゴム製品、銀行、食料品、保険、石油石炭製品など。
 東証1部市場値上がり1197銘柄、値下がり387銘柄、変わらず121銘柄となった。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、東邦亜鉛<5707>三井金属<5706>三菱マテリアル<5711>
 225採用銘柄の値下がり率上位は、サッポロホールディングス<2501>昭和シェル石油<5002>アサヒビール<2502>
 全体の値上がり率上位は、TTGホールディングス<1991>国際放映<9604>日本ファイリング<7933>

 東証1部新高値銘柄は、太平工業<1819>、日清食品<2897>、SUMCO<3436>、武田薬品工業<4502>、東洋炭素<5310>、新日本製鐵<5401>、日新製鋼<5407>、ジェイエフイーホールディングス<5411>、大和工業<5444>、日本金属工業<5479>、日本冶金工業<5480>、大平洋金属<5541>、日本製鋼所<5631>、リョービ<5851>、エルピーダメモリ<6665>、ミツミ電機<6767>、太陽誘電<6976>、任天堂<7974>、ユニ・チャーム<8113>、サンワテクノス<8137>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>、新和海運<9110>、乾汽船<9113>、第一中央汽船<9132>、TBS<9401>、東京ガス<9531>。




提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:35 | 株式投資ニュース

日鐵商事は新日鉄系商社として注目

  新日本製鐵<5401>が、新値追いとなるなど新日鉄を中心として物色の範囲が広がりを見せている。特に、新日鉄の業界再編に向けた海外勢との資本業務提携によってグループ企業も恩恵を受けるとの見方が支配的だ。新日鉄系商社の 日鐵商事<9810>は中国など海外展開をしており、当然注目されよう。また、会社四季報新春号によれば、業績見通しを「微増額」→「一転増益」へ修正している。PERが7倍台と割安水準にあることも株価を後押し、1月17日高値398円奪回から一段高へ進むことが期待できよう。(M&A関連)

 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:47 | 株式投資ニュース

神戸製鋼は続伸、年末に向けダレ気味のなか、ひとり気を吐く?鉄鋼セクター

 神戸製鋼所<5406>は続伸。今朝は2円高の398円で始まり、後場は408円まで乗せている。最近の鉄鋼株人気に加え、きのう「より加工しやすい自動車用鋼板の製造技術を開発した」と発表したことが手がかり材料となっているもようだ。
 報道によると、すでに国内外の複数の自動車メーカーが採用を決めており、2007年度から月間2000トンの量産を開始する。自動車のボディーなどに使う溶融亜鉛メッキ鋼板で、加工のしやすさを示す「延性」を従来比3割高めたという。加古川製鉄所(兵庫県加古川市)の新ラインで製造する。
 きょうはここ最近の傾向に引き続き、鉄鋼、非鉄金属セクターが高く、東証1部業種別株価指数では、現在、鉄鋼が1位、非鉄金属が2位となっている。月内受渡最終日を迎え、また、年末に向けてそろそろ手仕舞いを、という雰囲気のなかで、これらの業種はひとり気を吐いているように見える。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:01 | 株式投資ニュース

イオンは続伸、人材確保施策が好材料

 イオン<8267>は続伸。今朝は15円高の2520円で始まり、後場には2555円まで買われている。後場に入っても上昇基調に変化はない。
 きのうの大引け後に「65歳まで従業員の雇用を拡大」と発表したことが好感されている。対象は、社員約1万5000人、有期雇用契約社員(パートタイマー)約10万5000人。基本的に、「59歳までの働き方を65歳まで継続」としており、処遇(職位、職務、働き方)も、そのままとなる。
 景気回復と団塊世代の大量退職による人手不足が懸念されるなか、いち早くこれに対応したことが好感されているようだ。また、処遇は変わらないまま、つまり好況にともなう賃金相場アップに影響されず、継続して働く人材を大量に確保でき、収益性を確保できる点も、好材料と見られているもよう。



提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:46 | 株式投資ニュース

三菱製鋼はいすゞと三菱商事の新会社設立を材料視

 三菱製鋼<5632>が、40円高の578円と3日ぶりに急反発し、直近14日高値572円を抜いて上値追い姿勢を強めている。いすゞ自動車<7202>三菱商事<8058>は25日、西欧地域でのマーケティング機能と各国ディストリビューターへの商品供給機能を統括する新会社「いすゞオートモーティブヨーロッパ」を折半出資で設立したと発表したとの報道を材料視。新会社設立で、同地域のピックアップトラックと小型トラックの販売台数を現状の計約1万6000台から3年後に2倍の3万2000台に増やすという。
 会社四季報新春号によれば、業績見通しを「微妙」としているが、欧州でのディーゼル人気に加えトヨタ自動車<7203>いすゞ自動車<7202>の提携を追い風に、ターボチャージャーの増産(2.4倍)急ぐとしており、三菱製鋼はいすゞの増産で恩恵を受けると見られる。
 いすゞ関連に加えて、三菱系で鉄鋼関連としての側面もあり、上値追いに弾みがつきそうだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:39 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は12円安の17080円と続落

 前引けの日経平均株価は12円29銭安の17080円60銭と続落している。TOPIXは3.20ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は5.76円安と4日続落している。値上がり業種は鉄鋼、その他製品、鉱業、その他金融、医薬品など。値下がり業種はゴム製品、石油石炭製品、輸送用機器、食料品、保険など。
 東証1部市場値上がり621銘柄、値下がり933銘柄、変わらず146銘柄となっている。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、ミツミ電機<6767>東邦亜鉛<5707>新日本製鐵<5401>
 225採用銘柄の値下がり率上位は、清水建設<1803>昭和シェル石油<5002>鹿島<1812>
 全体の値上がり率上位は、TTGホールディングス<1991>オープンインタフェース<4302>アプレック<8489>

 東証1部新高値銘柄は、日清食品<2897>、SUMCO<3436>、武田薬品工業<4502>、東洋炭素<5310>、新日本製鐵<5401>、日本金属工業<5479>、日本冶金工業<5480>、大平洋金属<5541>、エルピーダメモリ<6665>、ミツミ電機<6767>、太陽誘電<6976>、任天堂<7974>、ユニ・チャーム<8113>、サンワテクノス<8137>、乾汽船<9113>、TBS<9401>、東京ガス<9531>。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:44 | 株式投資ニュース

コムシードに大化けの素地 ガンホー・オンライン・エンターテイメントを脅かす存在に

 名証セントレックス上場で携帯サイト開発・運営のコムシード<3739>は、12月13日韓国でオンラインゲームを手掛けるサイカンホールディングス(ソウル市、金正律会長)(以下サイカンHD)と資本業務提携すると発表した。サイカンHDは「ラグナロクオンライン」を生み出したグラヴィティ(ソフトバンクの系列投資会社EZERとテクノグルーヴに売却)の元社長である金正律会長が新たに設立した会社で、日本法人を本年9月15日(金)に設立している。東京ゲームショウ二〇〇六(TGS2006)に、韓国のブースとしては最大規模で出展することで注目を集めた。「ラグナロクオンライン」の成功を糧に日本進出を図たいサイカンHDと海外進出やM&Aなど事業拡大を図りたいコムシードとの考えが提携に結びついた。
 コムシードはそのサイカンの強みを活用・共有化し、シナジーを創出することが可能となるような協業関係を築くとしている。具体的には、サイカングループが開発するオンラインゲーム、モバイルゲームの日本進出に向けた開発及びビジネスインフラ、日本国内におけるオンラインゲーム開発体制整備。サイカングループが開発するモバイル向けゲームとコムシードが運営する携帯コンテンツの連携。コムシードの営業ラインを活用した、日本国内のオンラインゲーム(インターネットカフェやゲームセンターなどのリアル店舗を含む)及び携帯向けゲームに対する市場開拓。コムシードの営業ラインを活用した、ゲームコンテンツ、キャラクターの商品化ビジネス展開。その他、海外市場への進出やM&Aなど事業拡大における協力関係などを築くという。
●さらに続きを読む(詳細)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:10 | 株式投資ニュース

ソフトブレーンは三角保ち合い上放れか、新製品発売も材料

 ソフトブレーン<4779>の今朝は、下落→反発→続伸。前日終値比210円安の2万0340円で始まったが、その後は戻して2万1600円まで買われた。東証1部値上がり率ランキング上位に入った。きのう大引け後に、グループ会社のソフトブレーン・サービスが、『eセールスマネージャー MS2』を1月に発売すると発表した。中小中堅企業向け非製造部門の業務効率改善サービスで、現行の同『MS』の新バージョン。
 この3ヵ月ほどのチャートを見ると、10月中旬につけた年初来安値1万7520円と、同下旬につけた直近高値2万9980円以降、小さめ(薄め)の三角保ち合いを形成しているように見える。中期週足では移動平均線から下方乖離、短期日足ではオシレーターの「買い時」シグナルが出ている。現在の株価でPERは40倍台、PBRは2倍台。今年2月に株式分割したこともあり、ひところ人気化していた時期に比べて買いやすくはなっている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:08 | 株式投資ニュース

任天堂をはじめ、ニンテンドー関連銘柄が高い

 任天堂<7974>(大)が、550円高の3万650円と連日高値更新している。
 そして、携帯電話向け情報配信のイマジニア<4644>が、任天堂の携帯ゲーム機向けソフトの開発・販売を本格化するとの一部報道を受けストップ高買い気配となっている。2007年に英語や歴史の検定ソフトなど最大7作品を発売、ソフトを新しい収益の柱に育成し、携帯電話向けビジネスに依存しない事業構造の確立を急ぐという。
 また、ミツミ電機<6767>も95円高の2625円と8日連騰、連日の高値更新となっている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

中国工業はモミ合い上放れの様相

 中国工業<5974>はモミ合い上放れの様相。今朝は前日終値と同額の294円で始まり、303円まで買われている。一時、東証1部値上がり率上位にランクインした。
 11月下旬には250円を割ったが、その後、ジリ高となってきている。まずは週足の13週移動平均線318円ラインまで戻したいところだ。オシレーター的には中期週足で「買い時」シグナルが出ている。
 同社は本社が広島県呉市にある、LPガスボンベ、貯槽のメーカー。一時、利益が悪化していたが、2006年3月期からV字回復を果たしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:58 | 株式投資ニュース

鉄鋼関連人気で続伸も、阪和興業はまだまだ割安、高め配当も魅力

 阪和興業<8078>は続伸。前日終値比3円安の493円で始まったが、その後、499円まで買われている。同社は鉄鋼・非鉄金属の独立系老舗商社で、鉄鋼・金属関連株の人気などを背景に続伸してきていたが、今朝の日経産業で「阪和興業、合板を中国や中東に定期供給・海外市場に本格参入」と報道されたことも手がかり材料となっているもようだ。
 続伸しているので、オシレーター的には「買われすぎの過熱」シグナルが出ている。一目均衡表は、短期日足、中期週足、長期月足とも、ローソク足が雲を上抜けている。が、現在の株価でPERは9倍台、PBRは1倍台と割安水準。さらに、今期は創業60周年の記念配当で、2007年3月期末配当金は7円、中期と合わせて12円となる。配当利回りは2.4%と高めで、期末配当だけでも配当利回り1.4%となる。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

楽天がTBSの動きに反応、モミ合いを上に抜けるか

 楽天<4755>が、1500円高の5万7800円と4日ぶりに反発している。昨日の含み関連銘柄が物色されたことを受けTBS<9401>が、21日高値4030円を更新した動きに反応したもの。当面はTBSの株価動向に左右される展開が予想されるが、モミ合いを上に抜けるかどうか注目したい。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:11 | 株式投資ニュース

ティラドは増産報道も材料に続伸、まだまだ買い時

 ティラド<7236>は続伸。前日終値と同額の556円で始まり、562円まで買われている。もともとモミ合いながら続伸傾向にあったが、今朝の日経産業新聞で「ティラド、NOx低減の熱交換器を国内外で増産」と報道されたことも手がかり材料となっているもようだ。
 チャートを見ると、短期日足、中期週足では、移動平均線から上方乖離している。とはいえ、現在のPERは30倍台、PBRは1倍台と、割安水準。また、信用残は売り長なので、目先、買い戻しも入ろう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:59 | 株式投資ニュース

リサ・パートナーズが今12月期の好業績観測報道を好感

 リサ・パートナーズ<8924>が、2万7000円高の53万5000円と4日ぶりに反発に転じている。同社の2006年12月期の連結純利益が、従来予想を4億5000万円上回る29億円程度(前期の2.1倍)になりそうだとの日本経済新聞の観測報道を好感。ファンド運営が好調だったうえ、再建した企業からの債権回収も進んだ。期末配当は前期より500円多い2000円程度(従来予想は1200円)とする可能性が高いとしている。
 2007年12月期の連結純利益は今期予想比45%増の42億円を予想している。沖縄県の建設最大手向けの大型債権が回収できる見通しで、不動産ファンドで大規模物件の売却による成功報酬増加も見込むという。 
 株価は、直近18日高値54万1000円を抜けば、10月24日高値57万1000円奪回の動きも見せよう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース

JFE商事ホールディングスはPER7倍台

 JFE商事ホールディングス<3332>のPER7倍台は割安。今3月期は自動車向けに高級鋼板の販売が引き続き順調に推移しているほか、このところ鋼材市況上昇もプラスに働くと見られ、連結経常利益は会社側計画の330億円を上回る公算が大きいという。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース

東邦テナックスは早期復配へ

 東邦テナックス<3403>に大手筋が注力。5月高値期日は完全に通過しており、目先的にも4ケタ相場回復が期待できよう。信用倍率は1・7倍と好取り組みで、380万株超の売り残のインパクトは大きい。 
 好採算の航空機向け炭素繊維の需要好調。市況上昇で採算も向上し、今3月期の連結経常利益は過去最高更新の見通し。らい3月期はドイツの設備増強効果がフル寄与し、収益続伸の予想。また、中期経営計画の目標の連結営業利益70億円は1年前倒しで達成の公算が大きい。なお、早期に塁損一掃し復配へ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース

ゲームオンの今期収益は大幅増へ

 ゲームオン<3812>は、オンラインゲーム先進国である韓国ゲームメーカーとライセンスを締結。密接なローカライズによって、事業を展開している。
 現在運営している作品は「RED STONE」「SILDROAD ONLINE」「眠らない大陸クロノス」「天上牌」「ミュー 奇蹟の大地」の5本であるが、来春に1本加わる予定だ。来年はこれを含めて2―3本のタイトルを出したいと進めているところだ。
 収益モデルは「アイテム課金型」である。月額利用料金は無料だが、該当するゲーム内で使用できるアイテムの販売によって料金を徴収するもので、10月には月額課金とアイテム課金複合型だった天上牌もアイテム課金型に転換し、収益増加を見込んでいるところだ。
 新規開拓事業としてはモバイルオンラインゲームの運営を進めている。PCオンラインゲームとの一体運営を可能とする専門携帯ゲーム機をプラットフォームとした、アイテム課金型とし次世代オンラインゲームへの対応を目指すもので、2008年から収益化を考えているところだ。
 足元の業績については、今06年12月期(非連結)売上高59億4200万円(前期比2・2倍)、経常利益20億3800万円(同66・61%の増)を予想している。
 今期第3四半期(1月―9月累計)は、売上高42億8400万円、経常利益16億7200万円、当期純利益9億7500万円だった。今期目標に対する達成率は売上高でおよそ72%強、利益は82―84%の達成率である。08年100億を目指し、来期は仕込み期で利益率は若干低下しよう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:52 | 株式投資ニュース

電通は続伸、早期退職制度も材料?

 電通<4324>は続伸。前日終値比1000円安の34万2000円で始まったが、寄り後は34万4000円まで上げている。
 今月初めから半ばにかけて、国内大手の証券会社や総研、外資系証券が相次いでレーティングを発表。ほとんどが「投資判断据え置き」や、「目標株価下方修正」だったが、レーティングが出たことじたいが材料となったらしく、31万円台から34万円台へと続伸してきていた。
 きのう大引け後に「早期退職優遇制度の実施について」発表した。対象は、勤続15年以上で45歳から59歳の社員、勤続20年以上で45歳未満の社員。募集人数は100人。来年1月9日から募集を開始する。通常の退職金に加算退職金を加えた金額を支給し、加算退職金は2007年3月期決算で特別損失として計上する予定。
 巷では、製造業を中心に、団塊世代の大量退職で2007年問題が言われているが、同社のような業種の場合は違う状況にあるようだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:50 | 株式投資ニュース