[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/29)トクヤマの高値から800円近く押したここは拾い場
記事一覧 (11/29)シナネンは続伸、自社株買いで伊藤忠エネと株価もウィン・ウィンの関係?
記事一覧 (11/29)帝人は25日移動平均線に到達後切り返す展開
記事一覧 (11/29)タカタは中期的には狙い目、全部品の好調続く
記事一覧 (11/29)エクセディは割安、大手証券が注目
記事一覧 (11/29)伊藤忠商事は反発、携帯端末放送の提携報道で
記事一覧 (11/29)ニフコは続伸、中計上方修正と自社株買いを好感
記事一覧 (11/29)明治製菓は中間期、期初計画クリア
記事一覧 (11/29)KDDIはレーティング引き上げと宅内LAN新サービス発表も反落
記事一覧 (11/29)JFEホールディングスは続伸、自社株買いも効いている?
記事一覧 (11/29)太平工業は不採算工事一巡で経常増益に
記事一覧 (11/29)大和ハウス工業の突っ込みは好買い場
記事一覧 (11/28)三光ソフランはIRセミナーも契機に本格的な上昇局面へ
記事一覧 (11/28)大引けの日経平均株価は30円安の15855円と反落
記事一覧 (11/28)ソフトバンクがジリ高歩調、15日高値抜けなるか
記事一覧 (11/28)新日鉄が500円回復、新日鉄系銘柄も堅調
記事一覧 (11/28)チップワンストップはリバウンド妙味大の業績好調銘柄
記事一覧 (11/28)関東天然瓦斯開発は資源開発企業、「天然ガス井」がフルに寄与
記事一覧 (11/28)浜ゴムは電子調達報道あるも一服、過熱と見るか、割安と見るか
記事一覧 (11/28)エネサーブはなぜに反発?逆日歩つき、カラ売り買い戻しか
2006年11月29日

トクヤマの高値から800円近く押したここは拾い場

 トクヤマ<4043>の高値から800円近く押したここは拾い場。EPS66円、PER22倍台は割安。多結晶シリコンの主力製造拠点の徳山製造所の設備能力を2009年春までに48%増の年産7700トンに引き上げる方針を明らかにした。半導体生産の持続的伸びに加え、太陽光発電向けの急増に対応するという。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:45 | 株式投資ニュース

シナネンは続伸、自社株買いで伊藤忠エネと株価もウィン・ウィンの関係?

 シナネン<8132>は続伸。前日終値比4円高の572円で始まり、570円台後半まで上げている。きのう大引け後に自社株の公開買付の結果を発表した。今月7〜27日まで、1株558円で行なった。買い付けたのは1006万1000株。
 応募者のうち1者は伊藤忠エネクス<8133>で、筆頭株主に変わりはないものの、シナネン株の一部売却により、保有率を27.16%から16.24%へ下げた。シナネンは伊藤忠エネクスの持分法適用会社ではなくなる。しかし業務提携関係に変更はなく、引き続き継続する。
 伊藤忠エネクスは株式売却益の特別利益を計上したため、2007年3月通期純利益を上方修正した。
 同社株も今朝は上がっており、前日終値比12円高の760円で始まり、770円まで乗せている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:37 | 株式投資ニュース

帝人は25日移動平均線に到達後切り返す展開

 帝人<3401>は25日移動平均線に到達後切り返す展開。信用買い残は8月25日の1498万株のピークから7割減少。今9月中間期の営業利益は7月に380億円から350億円に下方修正したのに対して、388億円と増額。また、今3月通期は会社計画の680億円を上回る700億円、来期は同11.4%増の780億円の見通し。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

タカタは中期的には狙い目、全部品の好調続く

 タカタ<7312>は新規上場後の高値4170円から10%近くの調整局面だが、中期的には狙い目となる。2007年3月期連結経常利益は前期比4%増の383億6000万円の見通し。PERは14倍台で現水準は割安だ。シートベルトやエアバッグなど安全部品の好調続く。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース

エクセディは割安、大手証券が注目

 エクセディ<7278>の今3月期PER16倍台、来期14倍台予想は割安として大手証券が注目。今9月中間期の経常利益は前年同期比14.9%増の82億5000万円。
 なお、会社側では今3月期計画を据え置いているが、経常利益の中間時点の進ちょく率は51.6%と前年中間期の45.6%を上回っており、上振れの公算が大きい。また来3月期も15%の増益予想。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:30 | 株式投資ニュース

伊藤忠商事は反発、携帯端末放送の提携報道で

 伊藤忠商事<8001>は反発。前日終値比11円高の897円で始まり、900円に乗せている。
 今朝の日本経済新聞1面トップで、「NTTドコモ<9437>フジテレビジョン<4676>、ニッポン放送、スカイパーフェクト・コミュニケーションズ<4795>と同社が、携帯端末向け放送で提携」と報道されたことが材料となっている。また、同じ面の「ロシアの天然ガス・石油開発2社が包括提携」との記事中にも、ロシアでの資源開発事業に出資している日本の企業の1社として取り上げられている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:20 | 株式投資ニュース

ニフコは続伸、中計上方修正と自社株買いを好感

 ニフコ<7988>は続伸。前日終値比30円高の2420円で始まっている。
 きのう大引け後に中期経営計画の上方修正を発表した。2006〜08年度の中計『ANSU』の、初年度である今期業績が好調に推移しているための上方修正。2008年度連結の目標を、売上高1400億円(当初目標1300億円)、営業利益145億円(同130億円)、当期利益86億円(同74億円)、ROE11%(同10%)、1株利益174円(同144円)とした。
 その前日、27日には自社株買いを発表。11月29日〜12月28日の間に、65万株(上限)、15億円(同)で行なう。単純に割ると、1株約2307円の計算となる。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:19 | 株式投資ニュース

明治製菓は中間期、期初計画クリア

 明治製菓<2202>は仕込み場。9月中間決算では、連結経常利益が前年同期比39%減の26億2300万円だったが、期初予想の20億円を大きくクリア。2007年3月期通期の同利益は前期比25.7%減の120億円の見通しに変更はなかったが、上期で計画を上回った余力を残し、慎重な見通しといえるだろう。
 薬品事業は上期で1億3400万円の営業損失(前年同期は14億1300万円の黒字)を計上したが、薬価改訂や研究開発費の増加が主な要因。主力の抗うつ剤「デプロメール」のほか、「メイアクト」など抗菌剤に強みを持ち、下期の巻き返しに期待がかかる。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース

KDDIはレーティング引き上げと宅内LAN新サービス発表も反落

 KDDI<9433>は前日終値比6000円安の77万7000円で始まっている。
 外資系証券がレーティングを「中立」から「買い」に引き上げ、目標株価を93万円としたが、市場は反応薄だ。
 また、「家庭内用電力線やテレビの同軸ケーブルを使って宅内LANを構築するサービスを開始する」と発表したが、これも買い材料となっていない。「ユーザーの利便性を高めることで、光ファイバー事業で先行する日本電信電話<9432>を追撃する」と報道された。
 チャートを見ると、中期では昨年4月の47万9000円を底に、短期では今年6月の63万4000円を底にして、波打ちながら続伸している。
 現在のPERは18.5倍と割安。買い時だ。


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:10 | 株式投資ニュース

JFEホールディングスは続伸、自社株買いも効いている?

 ジェイエフイーホールディングス<5411>は前日終値比10円高の5150円で始まった。きのう大引け後に自社株の市場買付について発表した。同社は今月13日から、来年6月30日までの予定で、3000万株(上限)、取得価額1200億円(同)で自社株買いを行なっている。
 13〜27日までの買付は、628万0700株、買付総額は約305億9000万円。単純に割ると、1株約4870円の計算となる。
 自社株買いは株価の上昇材料になることが多く、同社の株価も、最近は鉄鋼株人気もあって続伸しており、日足は4800円台から、5000円乗せまで5本連続陽線が出現。きのうは5200円をつけて上場来高値を更新した。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース

太平工業は不採算工事一巡で経常増益に

 太平工業<1819>は全般軟調な中での頑強さは注目される。440円の戻り高値圏でもみ合っているが、次のステップは1月高値の490円抜けから500円台替わりを目指す公算が大きい。PERは9倍台、PBRも1.8倍台は割安が目立つ。しかも、信用倍率は1.25倍と好取り組み。仕手色が強いほか、値ごろ的にも仕かけやすい。有力アナリストも食指を示している。
 新日鉄を中心とするプラント建設など関連工事、鉄鋼の生産好調を受けて受注は好調。今3月期は官公庁工事の減少で経常利益は約13%の減益予想だったが、不採算工事の一巡で一転18%増益に。


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:00 | 株式投資ニュース

大和ハウス工業の突っ込みは好買い場

 大和ハウス(1925)の突っ込みは好買い場になる。25年ぶりの戸建て住宅の新ブランドを9月1日から投入、競争力の強化による売上増に期待がかかっている。また、商業建築でユニクロと業務提携を行ったほか、建築―管理―再生―再生活用というサイクルの確立を目指すなど、プレハブメーカーのワクを踏み越えた新たな展開に見直し余地は大きい。中間決算好調にも関わらず通期業績を据え置いているが、調査部サイドでは今3月期の営業利益は873億円(前期800億円)への増額を想定、来期は992億円へ続伸するものと見ている。外資系証券の評価も高まっており、新展開突入後の利食いで売られてきたここはまさに狙い場だ。売り155万株、買い51万株と大幅売り長の取組も先高を示唆する材料である。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:42 | 株式投資ニュース
2006年11月28日

三光ソフランはIRセミナーも契機に本格的な上昇局面へ

 三光ソフラン<1729>の本日終値は前日比13円高の293円と続伸。昨年12月に実施した1→4の株式分割後のチャートを見ると、今年1月につけた年初来高値474円と、7月につけた年初来安値241円とで、三角保ち合いを形成している。かねてから上放れが期待されていたが、いよいよ本格的な上昇局面へ入ってきたようだ。
 同社はあす29日、東京・日本橋本石町の東洋経済新報社9階ホールで『個人投資家向けIRセミナー』を開催し、高橋誠一社長が『我が社のビジネスモデルと個人年金作りのコンサルティング』について講演を行なう。
 同社は1974年設立の不動産・建設会社。個人年金という切り口から、土地などの資産活用についてのアドバイスや、実際の運用などを行なっており、高橋社長の著書『金持ち大家さんになろう!』は大きな反響を呼んだ。
 また、グループ会社のメディカル・ケア・サービス<2494>では介護施設事業を行なうなど、「老舗」企業ではあるが、進取の気風を持ち、時代の波に乗っている企業でもある。
 今回のセミナーをはじめとしたIR活動が奏功すれば、株価も好業績に見合った伸びを示していこう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:48 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は30円安の15855円と反落

 大引けの日経平均株価は30円12銭安の15855円26銭と反落した。TOPIXは2.10ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価も1.56円高と続伸した。値上がり業種は鉄鋼、不動産、非鉄金属、銀行、繊維製品など。値下がり業種は海運、輸送用機器、空運、ゴム製品、精密機器など。
 東証1部市場値上がり1004銘柄、値下がり582銘柄、変わらず121銘柄となった。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、住友金属工業<5405>日本曹達<4041>東邦亜鉛<5707>
 225採用銘柄の値下がり率上位は、スズキ<7269>伊藤忠商事<8001>カシオ計算機<6952>
 全体の値上がり率上位は、エーティーエルシステムズ<4663>佐藤渡辺<1807>ライフステージ<8991>

 東証新高値銘柄は、東和薬品<4553>、出光興産<5019>、東洋炭素<5310>、ジェイエフイーホールディングス<5411>、ワコム<6727>、日本ケミコン<6997>、ソキア<7720>、日本ビルファンド投資法人<8951>、日本ビルファンド投資法人<8951>、日本プライムリアルティ投資法人<8955>、グローバル・ワン不動産投資法人<8958>、フロンティア不動産投資法人<8964>、日本ロジステックファンド投資法人投資証券<8967>、トップリート投資法人投資証券<8982>、ジャパンエクセレント投資法人 投資証券<8987>。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:19 | 株式投資ニュース

ソフトバンクがジリ高歩調、15日高値抜けなるか

 ソフトバンク<9984>が、50円高の2365円と続伸し、ジリ高歩調になっている。ニューヨーク市場安も反応薄で、投資マインドが徐々に改善し、売り飽き気分も出ているようだ。取組倍率は1.27倍とさほど変化は見られないが、売り買いともに減少し、直近では買戻しと手仕舞い売りが主導と推測される。楽天<4755>ほど派手な動きは見られないが、15日高値2385円抜けとなれば、一気に買い人気となる可能性もあるだろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:37 | 株式投資ニュース

新日鉄が500円回復、新日鉄系銘柄も堅調

 新日本製鐵<5401>が、11円高の500円まで買われている。480円割れ水準が目先の下値抵抗線となっていたが、ここ数日下値を切り上げ、反騰態勢に入ってきたようだ。太平工業<1819>をはじめとして、高周波熱錬<5976>など新日鉄系銘柄を物色する動きも衰えを見せていなかった。新日鉄が9月6日高値513円奪回となれば、他の新日鉄系銘柄へと物色に広がりを見せよう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:26 | 株式投資ニュース

チップワンストップはリバウンド妙味大の業績好調銘柄

 半導体電子商取引のチップワンストップ<3343>は、リバウンド妙味大の業績好調銘柄として注目したい。
 2006年12月期の連結売上高は従来予想を6億4000万円上回る33億円(前期比60%増)、経常利益が同1億円上回る3億円(同3.4倍)、当期利益が同5000万円上回る1億6600万円(同10.3倍)になる見通しを発表している。
 サイト会員数が増え、主力の電子デバイス事業が好調に推移に加え、前期に赤字だったメディアコミュニケーション事業も黒字化する見込みとしている。株価は10月12日安値24万2000円、11月21日安値25万9000円の二番底をつけ、8月23日高値42万5000円からの調整一巡感がある。目先、リバウンド狙いの値幅取りが十分期待されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:03 | 株式投資ニュース

関東天然瓦斯開発は資源開発企業、「天然ガス井」がフルに寄与

 再び、原油価格が上がり始めた。関東天然瓦斯開発<1661>は、わが国で数少ない資源開発企業である。筆頭株主が東京電力という安心感があるうえに、天然ガス開発の川上から、販売を行う子会社の大多喜ガス(千葉県)の川下まで一貫して手がける強さがある。
 また、見落としてならないのは、天然ガス採掘に付随して出てくる「ヨード」では、世界有数の企業であることだ。ヨードは主に化学・医薬品関連の原料として使われる重要なもので輸出も行われている。
 06年12月期は売上高は約48億円増加の424億円、経常利益は開発費の負担増によって横ばいの40億円の見通し。配当は前期につけた記念配当3円を普通配当に切り替えて年10円を継続する見通しだ。千葉県長生郡で2本の天然ガス井を完成、来期にはフルに寄与する。
 年10円に対する配当利回りは1.33%。PBRが0.8倍にすぎないことも加味すれば、利回り1.0%の1000円はあっていいだろう。(原子力発電関連)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:54 | 株式投資ニュース

浜ゴムは電子調達報道あるも一服、過熱と見るか、割安と見るか

 横浜ゴム<5101>は一服。7月につけた年初来安値439円から続伸してきて、きのうは高値679円をつけ、1月につけた年初来高値700円ラインが見えてきた。と思いきや、きょうは660円台で小幅な動き。きょうの日経産業新聞で「横浜ゴム、原材料を電子調達へ・受発注を効率化」と報道されたが、手がかり材料とはなっていないようだ。
 今月21日に、国内証券のレーティングで目標株価を650円に引き上げたが、すでにそのラインを軽く超えている。一目均衡表では、短期日足、中期週足、長期月足ともにローソク足は雲の上に突き抜けている。確かに、ここらで一服という日柄ではある。
 が、現在のPERは30倍台、PBRは1倍台と、同社の実力からすれば、まだまだ充分に割安と見ることもできる。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース

エネサーブはなぜに反発?逆日歩つき、カラ売り買い戻しか

 エネサーブ<6519>が高い。前日終値比28円高の546円で始まり、一時565円まで買われ、東証1部値上がり率上位に入っている。
 最近出た、材料らしい材料といえば、先週22日にエリーパワー(本社・東京)の第三者割当増資を引き受けるとともに、社外取締役を派遣した。エリーパワーは大和ハウス工業<1925>大日本印刷<7912>とともに大型リチウムイオン電池の事業化に向けて試作開発を行なっているという。
 また、先週末24日には9月中間決算を発表。前年同期比減収減益で、経常・純損益は損失を計上している。2007年3月通期業績予想も同様だ。燃料価格の高騰と調達困難により、オンサイト発電事業から撤退するなど、苦戦が続いている。
 と、悪材料続きなのに、なぜに上がっているのか。あまりに続落しているので、カラ売り続出で、逆日歩がついているからか。コージェネレーション(電熱併給)システム事業を行なっている企業の株に仕手筋が動くとは想定しにくい。株主構成を見ると、優良銘柄の証左でもある、投信や、外国からの投資が入っている。
 エネルギー・発電関連事業は、中長期では需要が伸長していく分野ではある。自律反発の時期に来ていたところへ、カラ売りの買い戻しと、悪材料出尽くしによる見直し買いが入っているというところか。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:41 | 株式投資ニュース