[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/14)ビットアイルは中間好調も小反発
記事一覧 (03/14)エヌアイデイは小幅続伸。増配に、チャート妙味も
記事一覧 (03/14)IDUは2月中間の上方修正を好感し反発
記事一覧 (03/14)テイクアンドギヴ・ニーズは小幅続落。野尻社長の「芸能ニュース」は動意づかず
記事一覧 (03/14)SUMCOは好決算で上昇に弾み、経常益2倍強の模様
記事一覧 (03/14)関門海は新業態2店め出店、オシレーターも「買い時」へ
記事一覧 (03/14)シンニッタンは反発、米系資産運用会社が大幅増配要求
記事一覧 (03/14)全日空は小反落。高知空港「胴体着陸事故」の影響がジワリ?
記事一覧 (03/14)日興コーディアルGは買い気配切り上げる。シティのTOB価格1700円にサヤ寄せ
記事一覧 (03/14)神戸製鋼所は強気買い妙味大、需給好転で新展開入りに期待
記事一覧 (03/14)アライヴコミュニティ 今期最終利益4億3500万円を見込む
記事一覧 (03/13)大引けの日経平均株価は113円安の1万7178円と反落
記事一覧 (03/13)萩原工業は4日続伸、05年の上場来高値が視野に入る
記事一覧 (03/13)全日空は高知空港「胴体着陸」も影響なく続伸。しかし今後の安全性に課題も
記事一覧 (03/13)ワンダーテーブルが復配を好感し急騰
記事一覧 (03/13)パラマウントベッドが5日連騰、直近高値抜き上値追い姿勢強める
記事一覧 (03/13)サイボウズがストップ高まで買われる
記事一覧 (03/13)不動テトラは続伸、きょうも値上がり率上位に。低位建設関連株が人気
記事一覧 (03/13)前引けの日経平均株価は55円安の1万7237円と反落
記事一覧 (03/13)中央電気工業は3日ぶりに反発し昨年来高値を更新
2007年03月14日

ビットアイルは中間好調も小反発

 インターネットデータセンターのビットアイル<3811>(大ヘ)は、1000円高の63万1000円と3日ぶりに小反発している。前日に2007年7月期中間期単体業績と株式分割実施を発表しているが小反発にとどまっている。経常利益が前年同期比50.0%増の2億9300万円となった。増収効果に加え、ネットワーク関連の設備投資の一部が下期にずれ込んだ影響で減価償却費が期初計画比で減少したとしている。4月27日現在の株式1株を5株に株式分割を実施することも併せて発表している。
 このところ増配を発表している銘柄は買われているが、同社は無配を継続しておりあまりポジティブに受け取られていないようだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:12 | 株式投資ニュース

エヌアイデイは小幅続伸。増配に、チャート妙味も

 エヌアイデイ<2349>(JQ)は小幅続伸。4円高の1830円で始まり、寄り後は1840円まで買われている。
 きのう大引け後に、3月期末の増配を発表した。
 3月期末(年間)配当金を、前回予想の20円から25円に増配し、さらに、創立40周年の記念配5円を加え、合わせて30円とする。
 現在の株価1839円で配当利回りは1.6%と高め。また、マーケットメイク銘柄の安心感もある。
 現在の株価でPERは10倍台、PBRは1倍台と、割安水準。
 チャートを見ると、短期日足、中期週足とも、ローソク足が移動平均線にかかっているか、あるいは下方に乖離している状態。今後の反発は必至と見られる。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:10 | 株式投資ニュース

IDUは2月中間の上方修正を好感し反発

 不動産オークションを手掛けるアイディーユー<8922>(東マ)が、6000円高の17万5000円と反発している。前日の2007年8月期中間期連結業績予想の上方修正発表を好感している。経常利益が同2億円上回る12億円(前年同期比17.6%増)に着地。下期に予定していた子会社の保有不動産売却を上期に前倒ししたことが寄与したとしている。07年8月期通期の業績予想は据え置いた。
 2月10日に発表した第1四半期期連結業績が、経常損益が6億9400万円の赤字(前年同期は4億7700万円の黒字)に転落したことで、17万円割れの水準まで下落したが、目先、底入れ感もでてきたようだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:09 | 株式投資ニュース

テイクアンドギヴ・ニーズは小幅続落。野尻社長の「芸能ニュース」は動意づかず

 テイクアンドギヴ・ニーズ<4331>(東1)は小幅続落。1500円安の7万3100円で始まっている。
 きのう芸能ニュースで同社の「野尻佳孝社長が、人気モデルの田波涼子さんんと結婚へ」と報道されたことで動意づくかと思いきや、市場は反応薄だ。
 報道によると、野尻社長は、これまでも女優やタレント、女子アナとの「熱愛」や「破局」が、たびたび報じられていたという。なので、「今回も・・・?」と、手がかり材料にはならないのか。あるいは、投資家は芸能ニュースを見ないのかもしれない。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:06 | 株式投資ニュース

SUMCOは好決算で上昇に弾み、経常益2倍強の模様

 SUMCO<3436>(東1)の5000円相場が指呼の間になってきた。1月末割当ての1対1株式分割の権利落ち妥当値に顔合わせし、目先筋の売りもほぼ一掃。信用倍率こそ36倍と買い長だが、素っ高値だけに買い方ペースと見てよかろう。しかも、PER8倍台、PBR2倍台は超割安。値幅取りはもちろん、資産株の有力銘柄。
 今週15日に、前1月期決算発表が予定されているだけに、ここは絶好の仕込み場。有力筋の間では、権利付き高値(1月4日)の1万210円(落ち後換算5105円)抜けは、年内にも示現される公算が大きいと強気。目下集計中の2007年1月期の連結経常利益は、前々期比2倍強の740億円程度に膨らんだ模様。もちろん、昨年11月に上方修正した従来予想の連結売上高41%強の3100億円、経常利益2倍の720億円は問題なく達成できたようである。
 さらに、今1月期についても、売上高、経常利益とも前期推定比40%程度の増収増益の見通しと強気。実現されれば、今期経常利益は1000億円を超えることになる。
 なお、同社重松社長は300ミリウエハーの需要は、今年も昨年に続いて60%以上と超強気。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:04 | 株式投資ニュース

関門海は新業態2店め出店、オシレーターも「買い時」へ

 関門海<3372>(東マ)は1000円安の14万1000円で始まっている。
 きのう大引け後に、新規弁当販売業態『げんぴん こころごはん』の出店について発表したが、市場はまだ反応していない。
 同新規業態は、バルニバービ(本社・大阪市)との共同事業として、昨年10月に開始した、大学内弁当販売事業。昨秋オープンした、同志社大学 京田辺キャンパスに続き、今回は京都市左京区にオープンする。
 チャートを見ると、2006年1月につけた直近高値26万1000円以降、続落傾向で来ている。この2〜3ヵ月は14万円ラインで底値鍛錬の局面となっていた。
 パラボリック・タイム・プライスのチャートで見ると、短期日足、中期週足とも、SARラインが下降し、ローソク足が上昇傾向にある。このまま交われば、「買い時」のタイミングとなる。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:25 | 株式投資ニュース

シンニッタンは反発、米系資産運用会社が大幅増配要求

 鍛造品大手のシンニッタン<6319>(東1)が、20円高の740円と反発している。米系資産運用会社セーフ・ハーバー・インベストメントが13日、シンニッタンに大幅増配を求める株主提案を発表したとの報道を材料視。セーフ・ハーバーは、07年3月期にシンニッタンが予定している1株10円から70円への引き上げを要求する。セーフ・ハーバーは8日時点で約7%を保有する筆頭株主。株主配分策などで同意が得られず株主提案に至ったという。
 大幅増配実施期待も高まり、昨年6月高値800円奪回の動きも想定されよう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:25 | 株式投資ニュース

全日空は小反落。高知空港「胴体着陸事故」の影響がジワリ?

 全日本空輸<9202>(東1)は小反落。5円安の471円で始まっている。
 きのう午前に起きた高知空港「胴体着陸」事故では、株価は下落しなかったものの、その後、報道などで話題になったため、やはりイメージダウンなどの影響がジワリと効いてきたのかもしれない。あるいは、今後、安全対策などのコスト増、商戦への悪影響などが想定され、売られているもようだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース

日興コーディアルGは買い気配切り上げる。シティのTOB価格1700円にサヤ寄せ

 日興コーディアルグループ<8603>(東1)は50円高の1540円買い気配。3000万株以上の買い物を集めており、さらに気配値を上げる勢いだ。
 米シティグループが同社に対するTOB価格を1株1350円から1700円に引き上げると発表した。
 東証が同社の上場維持を決定したこと、大口株主の米系ファンドが「1350円では安すぎる」との意向を示していたことなどによる。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース

神戸製鋼所は強気買い妙味大、需給好転で新展開入りに期待

 神戸製鋼所<5406>(東1)は強気買いに妙味が大きい。4月18日までを期限とする自社株買い実施で下値への不安感が薄れている。特に自社株買いの上限が1億2000万株、発行済み株式数の3.85%に達し、需給好転への期待感が強まっている。
 総合鉄鋼メーカーだが、アルミ圧延品でも業界トップクラスを誇る。さらにエネルギー関連機器や建設機械など、多角化が進展しているのが特徴。
 利食い売り先行で調整が欲しい新日本製鐵<5401>(東1)に代わって当面は同社の軽さが市場人気を引き付ける可能性が強い。
 今3月期は特殊要因で経常利益は1700億円(前々期1769億円)に抑えられるが、来期は1800億円へ早くも盛り返す見通しにある。再度の新展開入りが有力だ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:43 | 株式投資ニュース

アライヴコミュニティ 今期最終利益4億3500万円を見込む

 アライヴコミュニティ<1400>(大ヘ)は08年2月期連結経営目標の修正を発表した。売上高は当初目標を6億2900万円下回る48億900万円、経常利益は4億3000万円上回る6億2600万円(従来予想比3.2倍)、純利益は2億9000万円上回る4億3500万円(同3.0倍)と大幅な増益を見込んでいる。
 修正理由として、利益率の高いコーティング事業において今期に販売がずれ込んだマンション物件が確保できたことに加え、大手デベロッパーを中心とした新規法人の開拓とともに既存取引先との提携強化による営業対象物件の確保が順調に進んでいることを挙げている。
 株価は2期連続の赤字を嫌気し、下げ止まらない状況が続いている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:00 | 株式投資ニュース
2007年03月13日

大引けの日経平均株価は113円安の1万7178円と反落

 大引けの日経平均株価は113円55銭安の1万7178円84銭と反落した。TOPIXは15.93ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は1.68円安と反落した。
 値上がり業種は食料品、空運、建設の3業種。
 値下がり業種はその他金融、鉄鋼、非鉄金属、保険、倉庫運輸関連など。
 東証1部市場値上がり318銘柄、値下がり1297銘柄、変わらず117銘柄となった。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日興コーディアルグループ<8603>(東1)TDK<6762>(東1)三洋電機<6764>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、丸紅<8002>(東1)住友金属鉱山<5713>(東1)荏原<6361>(東1)
 全体の値上がり率上位は、日本サーボ<6585>(東2)関西汽船<9152>(東2)アイ ビー ダイワ<3587>(JQ)

 東証1部新高値銘柄は、住友鋼管<5457>(東1)、アマダ<6113>(東1)、テイ・エス テック<7313>(東1)、パイロットコーポレーション<7846>(東1)、近鉄エクスプレス<9375>(東1)、TBS<9401>(東1)、沖縄電力<9511>(東1)、グルメ杵屋<9850>(東1)の8銘柄。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:22 | 株式投資ニュース

萩原工業は4日続伸、05年の上場来高値が視野に入る

 樹脂繊維製品の生産が主力の萩原工業<7856>(東2)は、106円高の1515円と4日続伸し2月15日につけた昨年来高値1480円を更新している。前日の2007年10月期第1四半期業績が大幅な増益となったことを受けたもの。1Q連結経常利益は前年同期比27.9%増の5億1700万円だった。
 PERではまだ10倍台と割安水準にあり、05年12月の上場来高値1562円が視野に入ってきたようだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:07 | 株式投資ニュース

全日空は高知空港「胴体着陸」も影響なく続伸。しかし今後の安全性に課題も

 全日本空輸<9202>(東1)は続伸。前場、後場をつうじて470円台後半をほぼキープしている。
 きょう午前11時前に、大阪伊丹発、高知空港ゆき全日空1603便が、着陸に際し、前輪が出ないというアクシデントが起きた。高知空港で、同機は胴体着陸を実施した。乗客・乗員計60人にけが等はなかったが、着陸前後のもようがテレビで全国に放映された。
 しかし株価に影響はなく、昼休みをはさんでも、前引け477円−後場寄り476円と、とくに動きはなかった。
 とはいえ、報道によると、事故機と同型のボンバルディアDHC−8型機(同−Q400型機との報道もある)は、これまでにも機体や装置のトラブルが相次いでいる。
 同機は、デハビラント・カナダ社製。全日空では現在、13機が運行しているという。ほか、日本航空など複数の国内航空会社が導入しているとの報道もある。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:06 | 株式投資ニュース

ワンダーテーブルが復配を好感し急騰

 ヒューマックスグループ、飲食店・ホテル経営のワンダーテーブル<9174>(東2)が、22円高の193円と急騰しモミ合いを抜いている。2007年3月期の年配当を2円復配とする発表を好感した買いが入っている。中期経営計画に基づき、収益力の高い業態に経営資源を集中的に配分し、配当再開が可能と判断できる状況に改善したとしている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:15 | 株式投資ニュース

パラマウントベッドが5日連騰、直近高値抜き上値追い姿勢強める

 パラマウントベッド<7960>(東1)が、55円高の2415円と5日連騰している。外資系証券が投資判断を「中立」継続、目標株価を2200円→2350円に引き上げたことを好感している。
 取組倍率が0.24倍の好需給に加え、配当利回り2.06%の高配当利回りが株価を下支えしている。2430円まで買われ直近2月22日の戻り高値2425円を一時抜いており、上値追いの姿勢を強めそうだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:55 | 株式投資ニュース

サイボウズがストップ高まで買われる

サイボウズホームページ サイボウズ<4776>(東1)が、5000円高の6万4200円ストップ高となっている。業績と配当予想の上方修正発表を好感した買いが優勢となっている。2007年1月期の年配当は前回予想を14円上回る73円とした。約10%の配当性向を維持したいとの考えから、今回の業績予想修正にともない、当期純利益が期初予想の3億円から3億7200万円になることが見込まれるためとしている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:38 | 株式投資ニュース

不動テトラは続伸、きょうも値上がり率上位に。低位建設関連株が人気

 不動テトラ<1813>(東1)はきょうも続伸し、きのうに続いて東証1部値上がり率上位にランクインしている。
 今朝は2円高の97円で始まり、前場は106円まで買われた。後場に入り、少し勢いがそがれているものの、100円台をキープしている。
 今週12日に発表した2007〜2009年度の中期経営計画が手がかり材料となり、さらに、きのうは羽田空港の新滑走路着工報道で、埋め立て浚渫系の建設株が全般に上がっていた。
 きょうも引き続き、建設株が高い。東証1部業種別株価指数で、「建設」セクターは、一時、値上がり1位となった。

 とくに、同社をはじめとして、錢高組<1811>(大1)東洋建設<1890>(東1)三井住友建設<1821>(東1)日本工営<1954>(東1)森組<1853>(大2)日成ビルド工業<1916>(東1)白石<1900>(東2)など、低位株の建設・建設関連株が、値上がり率上位にランクインしている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:07 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は55円安の1万7237円と反落

 前引けの日経平均株価は55円19銭安の1万7237円20銭と反落している。TOPIXは6.67ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は0.90円高と続伸している。
 値上がり業種は建設、空運、電気・ガス、陸運、食料品。
 値下がり業種はその他金融、鉱業、倉庫運輸関連、非鉄金属、卸売など。
 東証1部市場値上がり573銘柄、値下がり970銘柄、変わらず183銘柄となっている。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日興コーディアルグループ<8603>(東1)TDK<6762>(東1)三洋電機<6764>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、東亞合成<4045>(東1)丸井<8252>(東1)丸紅<8002>(東1)
 全体の値上がり率上位は、森組<1853>(大2)武井工業所<5286>(JQ)昭和ゴム<5103>(東2)

 東証1部新高値銘柄は、住友鋼管<5457>(東1)、アマダ<6113>(東1)、テイ・エス テック<7313>(東1)、パイロットコーポレーション<7846>(東1)、近鉄エクスプレス<9375>(東1)、TBS<9401>(東1)、沖縄電力<9511>(東1)、グルメ杵屋<9850>(東1)の8銘柄。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

中央電気工業は3日ぶりに反発し昨年来高値を更新

 中央電気工業<5566>(東2)が、16円高の634円と3日ぶりに反発し昨年1月16日高値630円を更新している。7日に発表した2007年3月期の連結純利益が従来予想を2億5000万円上回る11億円(前期比2倍強)になるとの見通しを引き続き買い手掛かりに。同社はハイブリッド自動車用大型二次電池向水素吸蔵合金の有数のサプライヤーであるとともに、水素吸蔵合金製造のトップメーカーであることからトヨタ自動車<7203>(東1)のハイブリッド車倍増産計画に対する期待が高い。引き続き注目。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:07 | 株式投資ニュース