[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/22)三井トラストHDは続伸。信託人気に利上げで人気に拍車も割安
記事一覧 (02/22)ヤフーは夢の街創造にTOBを実施との発表で5日連騰
記事一覧 (02/22)ユーシンは新工場設立と生産集約化報道で小幅続伸
記事一覧 (02/22)フルキャストテクノロジーの貝塚社長がIRセミナーで今後の戦略を熱く語る
記事一覧 (02/22)レーザーテック 通期は大幅増収増益を見込む
記事一覧 (02/22)前澤給装工業は期末に特別配当を実施し、年間配当35円へ
記事一覧 (02/22)ファーマライズ 60%の店舗で競合店がないのが強み
記事一覧 (02/21)新日本製鐵が4日続伸し連日の高値更新
記事一覧 (02/21)大引けの日経平均株価は25円安の1万7913円と小幅続落
記事一覧 (02/21)みずほ信託銀行が日銀の0.25%の利上げ提案を受け反発
記事一覧 (02/21)ガンホーが大幅反落、新興銘柄の動きが鈍い
記事一覧 (02/21)楽天は複数証券会社の強気見通しも反落
記事一覧 (02/21)東光が急続伸、初の三角合併となるか注目集まる
記事一覧 (02/21)前引けの日経平均株価は1円安の1万7937円と小幅続落
記事一覧 (02/21)日立造船が3日続伸し上値追い鮮明
記事一覧 (02/21)神戸製鋼所が新値追い、新日鉄を追う
記事一覧 (02/21)四国化成工業は来期EPS70円説浮上、目先の売り一巡で火柱高も
記事一覧 (02/21)鈴与シンワートは13期ぶり復配と3Q好調を受けストップ高
記事一覧 (02/21)NECエレクトロニクスは経営改善策を期待し3日続伸
記事一覧 (02/21)一高たかはしの12月中間は売上高2.4倍に拡大
2007年02月22日

三井トラストHDは続伸。信託人気に利上げで人気に拍車も割安

 三井トラスト・ホールディングス<8309>(東1)は続伸。39円高の1436円で始まり、寄り後は1440円台に乗せた。
 もともと信託銀行株は、投信等が、団塊の世代の大量退職などで需要が拡大するとの見方から、人気づいていたが、きのうの利上げで、今朝は買いに拍車がかかっているもようだ。
 日銀がきのうひらいた金融政策決定会合で、政策金利引き上げを決め、同日、実施したことを受け、今朝は東証1部業種別株価指数で、銀行セクターが値上り率上位に入っている。
 信託系では、住友信託銀行<8403>(東1)みずほ信託銀行<8404>(東1)なども高い。そのなかで、三井トラスト・ホールディングスは、現在の株価1400円台でも、PERは10倍台、PBRは1倍台と割安。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:34 | 株式投資ニュース

ヤフーは夢の街創造にTOBを実施との発表で5日連騰

 ヤフー<4689>(東1)が、150円高の4万5450円と前日と変わらずを挟んで5日連騰している。ヤフーは前日、夢の街創造委員会<2484>(大ヘ)にTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。資本関係を強めて人材交流を促進し、ノウハウの共有などを通じ事業拡大を図るとしている。夢の街創造は同日、TOBに賛同すると表明、夢の街創造のヘラクレス上場は維持する方針という。目先は、直近19日高値4万5900円抜けから5万円処への上昇か。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:30 | 株式投資ニュース

ユーシンは新工場設立と生産集約化報道で小幅続伸

 ユーシン<6985>(東1)は小幅続伸。16円高の785円で始まっている。
 今朝の日経新聞等で「広島県に新工場を設立」「国内生産を集約」「マツダ<7261>(東1)をはじめとする完成車メーカーからの受注増に対応する」「拡大する海外拠点に技術を展開するための中核拠点としても活用する」と報道されたことが手がかり材料となっているもようだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース

フルキャストテクノロジーの貝塚社長がIRセミナーで今後の戦略を熱く語る

 2月21日、東洋経済新報社のホールにて株式会社フルキャストテクノロジー<2458>(JQ)のIRセミナー(日本インタビュ新聞社主催)が開催された。
 220名もの個人投資家の方々の真剣なまなざしで、会場は熱気で溢れていた。
 増収増益の圧倒的な強さを見せているフルキャストテクノロジーは、日本の経済成長をこれまで大きく支えてきた製造業に対し、国内は勿論、世界から優秀なエンジニアを同社の社員として採用し、電気電子、機械・半導体・情報・化学といった幅広い製品開発業務へ技術者を提供。またグローバルなエンジニア育成にも積極的に取り組んでいる。
 今後の成長のためのキーファクターとして、エンジニアの数と派遣単価のアップを挙げた貝塚社長だが、具体的には「強い採用力で毎年100名以上の理工系新卒者の採用を進めるとともに、技術力に関しても、G.E.T.プログラムという業界初のバイリンガルエンジニア養成プログラムを、世界各地で採用したエンジニアへ行うことにより、より高い技術を習得した技術者を養成し、差別化をはかっていきたい」と意気込みを語られた。
 「日本の経済成長をここまで支えてきた技術者の魂をしっかりと引き継ぎ、より多くの技術者の雇用を生み出し、高い技術力を提供することでより豊かな社会の実現に貢献していきたい」と締めくくられた貝塚社長のあつい思いがしっかり伝わってきた熱気あるセミナーとなった。
 通期予想も売上高前年対比16%増の90億円、経常利益も同26.7%増の6億9500万円を見込んでいる同社が描く、今後の成長軌跡に注目していきたい。(福田貴子)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:02 | 株式投資ニュース

レーザーテック 通期は大幅増収増益を見込む

 レーザーテック<6920>(JQ)の今6月期中間連結業績は、売上高79億7500万円(前年同期比10.6%増)、経常利益19億5700万円(同12.0%増)、純利益11億7300万円(同6.5%増)と増収増益となった。
 製品部門別の売上高は、半導体関連装置が一部下期にずれ込み18億3100万円(同7.0%減)となったものの、FPD関連装置が厳しい環境のなかで52億円(同17.9%増)と伸長した。レーザー顕微鏡は3億6100万円(同2.1%増)だった。
 通期連結業績予想は、積極的な新製品の開発と新しい顧客の開拓に努めるとともに検収期間の短縮に努め、売上高162億円(前期比34.6%増)、経常利益38億9000万円(同27.1%増)、純利益23億9000万円(同26.9%増)と大幅な増収増益を達成する見込み。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:57 | 株式投資ニュース

前澤給装工業は期末に特別配当を実施し、年間配当35円へ

 前澤給装工業<6485>(東1)は今3月期の期末配当予想について、従来予想の普通配当15円に加え、特別配当5円を実施し、20円にすると発表。すでに実施済みの中間配当15円と合わせ、年間配当は35円となる予定。
 同社は、株主へ安定した利益還元を継続して実施することを基本方針としており、株主からの支援、指導に感謝の意を表するもの。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:52 | 株式投資ニュース

ファーマライズ 60%の店舗で競合店がないのが強み

 2月21日に新規上場した調剤薬局経営のファーマライズ<2796>(JQ)の今5月期連結業績予想は、売上高153億1400万円(前期比5.0%増)、経常利益4億4900万円(同38.9%増)、純利益2億200万円(同2.2倍)と増収大幅増益の見通し。予想1株利益は2万8297円97銭。
 同社は、東北から近畿圏にかけて一都二府13県で調剤薬局チェーンを展開している。現在、店舗数はグループ全体で97店舗。出店形態は病院に隣接した門前型が中心だが、地域密着型のドミナント展開やメディカルモール(複合型医療施設)への出店も進めている。主応需医療機関とマンツーマンの医薬分業体制を構築することを基本としており、約60%の店舗で競合店がないことが強み。
 規模の利益を追求して多店舗展開を進める方針のもと、今期は10店舗の新規開局を計画。現在までで7店舗の開局を完了している。昨年4月に実施された薬価改定の影響については、過去の傾向値に従って期間の経過とともに漸次原価率は逓減してくるものと会社側ではみている。
 また、調剤薬局事業のほかに、昨年8月からは処方データビジネス事業を開始。調剤薬局において蓄積される処方データに匿名化処理を施したうえで提携企業に販売し、提携企業は同社のコンサルティングのもとで医薬品メーカーのニーズに沿った分析を加え、レポート化し販売を行うというもの。現状では、医薬品メーカーがマーケティングのために利用できるデータが少ないことから、同社の蓄積するデータへのニーズは高く、今後の市場拡大を見込んでいる。
 

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:48 | 株式投資ニュース
2007年02月21日

新日本製鐵が4日続伸し連日の高値更新

 新日本製鐵<5401>(東1)が、20円高の805円と4日続伸し連日の高値更新となった。前日発表の1月の粗鋼生産(速報値)が過去最高、本日の日本経済新聞朝刊は「新日鉄が株主意識調査に乗り出した。全株主に初のアンケートを配布し、利益配分を決める際の判断材料として活用する。再編機運が高まるなか、個人の安定株主の増加につなげるのが狙い」と報道されるなど新日鉄の株価を刺激する材料が重なり、前場は803円まで買われた。
 後場に入り、日本銀行が金融政策決定会合で、短期金利の誘導目標である無担保コール翌日物金利を現行の年0・25%から0・25%引き上げ、年0・5%とすることを、8対1の賛成多数で決定、即日実施することを決めた。これを受け787円まで売られたが、その後上昇に転じた。利上げは予想されたことで、いつなるか問題とされていただけに、敬意を表した形となった。
 新日鉄系の大平洋金属<5541>(東1)も連日高値更新、また他の鉄鋼株も高値更新するなど堅調な動きとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:50 | 株式投資ニュース

大引けの日経平均株価は25円安の1万7913円と小幅続落

 大引けの日経平均株価は25円91銭安の1万7913円21銭と小幅続落した。TOPIXは4.50ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は2.18円安と続落した。値上がり業種は鉄鋼、空運、不動産、保険、銀行など。小売、パルプ・紙、石油石炭製品、医薬品など。値下がり業種は電気・ガス、海運、倉庫運輸関連、医薬品、鉱業など。
 東証1部市場値上がり948銘柄、値下がり615銘柄、変わらず152銘柄となった。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日立造船<7004>(東1)三井造船<7003>(東1)三洋電機<6764>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、クレディセゾン<8253>(東1)沖電気工業<6703>(東1)三菱倉庫<9301>(東1)。 
 全体の値上がり率上位は、NFKホールディングス<6494>(JQ)鈴与シンワート<9360>(東2)日本高周波鋼業<5476>(東1)

 東証1部新高値銘柄は、伊藤ハム<2284>(東1)、キッコーマン<2801>(東1)、ニチレイ<2871>(東1)、東洋水産<2875>(東1)、日清紡<3105>(東1)、トヨタ紡織<3116>(東1)、イチカワ<3513>(東1)、電気化学工業<4061>(東1)、日本化薬<4272>(東1)、中国塗料<4617>(東1)、東海カーボン<5301>(東1)、日本カーボン<5302>(東1)、ニチアス<5393>(東1)、新日本製鐵<5401>(東1)、住友金属工業<5405>(東1)、神戸製鋼所<5406>(東1)、日新製鋼<5407>(東1)、ジェイエフイーホールディングス<5411>(東1)、大和工業<5444>(東1)、淀川製鋼所<5451>(東1)など78銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:23 | 株式投資ニュース

みずほ信託銀行が日銀の0.25%の利上げ提案を受け反発

 みずほ信託銀行<8404>(東1)が、11円高の288円と反発し直近19日高値を抜いて騰勢を強めている。日銀が本日の金融政策決定会合で、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を現状より0.25%引き上げ、年0.5%とすることを提案したとの報道を受け、利ザヤ拡大との見方から買いが入っている。引き続き注目(株マニ2月19日短期注目銘柄)

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:07 | 株式投資ニュース

ガンホーが大幅反落、新興銘柄の動きが鈍い

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>(大ヘ)が、8万3000円安の55万3000円と大幅に反落している。前期、最終赤字15億7800万円となったとの前日の発表を嫌気した売りが優勢となっている。ジー・モード株など、保有株式の株価下落に伴う投資有価証券の評価損15億円弱を特別損失に計上した。これを受けて新興市場の銘柄の動きが鈍くなったとの見方がある。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:32 | 株式投資ニュース

楽天は複数証券会社の強気見通しも反落

 楽天<4755>(JQ)が、1500円安の6万3100円と反落している。銀行系証券は投資判断を「4」→「3」に引き上げ、目標株価を6万3000円としている。また、外資系証券でも「ニュートラル2」を継続、目標株価を5万7000円→6万5000円に引き上げているが、6万5000円処のフシを抜けないと見て売りが出ているようだ。目先調整から反騰を窺う動きか。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:19 | 株式投資ニュース

東光が急続伸、初の三角合併となるか注目集まる

 東光<6801>(東1)が24円高の314円と急続伸し、直近14日高値303円を抜き上値追いとなっている。5月の三角合併解禁をにらみ東光に対し、米ナスダック上場のベル・フューズが経営統合を提案しているとの報道を材料視。実現すれば海外企業による日本企業を対象にした初の三角合併案件になる公算が大きいとしているが、東光は拒否の姿勢を示しているようで、今後の展開に注目が集まっている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:41 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は1円安の1万7937円と小幅続落

 前引けの日経平均株価は1円38銭安の1万7937円74銭と小幅続落となっている。TOPIXは2.80ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は1.25円安と続落している。値上がり業種は鉄鋼、ゴム製品、金属製品、不動産、卸売など。値下がり業種は倉庫運輸関連、医薬品、パルプ・紙、その他金融、鉱業など。
 東証1部市場値上がり932銘柄、値下がり618銘柄、変わらず162銘柄となっている。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、日立造船<7004>(東1)三洋電機<6764>(東1)三井造船<7003>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、クレディセゾン<8253>(東1)スカイパーフェクト・コミュニケーションズ<4795>(東1)三菱倉庫<9301>(東1)。 
 全体の値上がり率上位は、NFKホールディングス<6494>(JQ)鈴与シンワート<9360>(東2)堀田産業<3532>(東2)

 東証1部新高値銘柄は、伊藤ハム<2284>(東1)、キッコーマン<2801>(東1)、ニチレイ<2871>(東1)、東洋水産<2875>(東1)、日清紡<3105>(東1)、トヨタ紡織<3116>(東1)、イチカワ<3513>(東1)、電気化学工業<4061>(東1)、日本化薬<4272>(東1)、中国塗料<4617>(東1)、東海カーボン<5301>(東1)、日本カーボン<5302>(東1)、ニチアス<5393>(東1)、新日本製鐵<5401>(東1)、住友金属工業<5405>(東1)、神戸製鋼所<5406>(東1)、日新製鋼<5407>(東1)、ジェイエフイーホールディングス<5411>(東1)、大和工業<5444>(東1)、淀川製鋼所<5451>(東1)など69銘柄。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

日立造船が3日続伸し上値追い鮮明

 日立造船<7004>(東1)が、13円高の161円と3日続伸し上値追い鮮明となっている。同社は造船と名前が付いているが、ゴミ焼却設備等環境を柱としている。船舶・海洋部門は全体の8%にとどまる。政府が「京都議定書」に基づく温暖化ガス削減目標の達成に向け、飲食、金融などのサービス業や学校、病院などに今夏までに自主的な削減目標をつくるよう求める方針を固めたと報道された。前日から地球温暖化に対する100ページ超の外資系証券のレポートを作成したがキッカケとなり、水処理・環境関連を物色する動きに。また、財務省2月5日受付の大量保有報告書によれば、インダス・キャピタル・パートナーズ・エル・エル・シーが4108万4000株(5.16%)を保有していることが分かっており、思惑を呼ぶところになっている。昨日に1月30日の戻り高値147円を抜いたことで200円処までの上昇が期待できそうだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:19 | 株式投資ニュース

神戸製鋼所が新値追い、新日鉄を追う

 神戸製鋼所<5406>(東1)が、11円高の471円と3日続伸し新値追いとなっている。新日本製鐵<5401>(東1)を追いかける動きになっている。日本経済新聞において、新日鉄どこまで強いかが掲載されているが、パートナーの住友金属工業<5405>(東1)や神戸製鋼所などが買収の標的となれば、肝心の国内市場で盟主の座が揺るぎかねないとの指摘があった。チャート的には、神戸製鋼所は91年3月高値571円までフシはなく、新日鉄本丸を買うより値上がり幅は期待できるかも知れない。
 株マニのトレーダーズ・スキルアップにおいて「神戸製鋼所を6000億円で子会社にできる」が掲載されているので、是非ご覧ください。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:52 | 株式投資ニュース

四国化成工業は来期EPS70円説浮上、目先の売り一巡で火柱高も

 四国化成工業<4099>(東1)が本格出直りに転じてきた。業績好調の出遅れとして有力筋買いに、1月末に809円まで買われたが、全般調整に725円まで押し、目先筋の売りは一掃。その間、有力筋は投げ物を丹念に吸収、再攻勢に転じてきた。好決算発表で人気化しているアピックヤマダの筋も介入。昨年待つ809円高値は通過点、昨年高値862円抜けは時間の問題。売り物は極端に薄く火柱高に発展する可能性も。
 第3四半期売上高は前年同期比10%増の308億7800万円、経常利益は同28.9%増の41億8600万円、純利益は同39.2%増の24億7100万円で着地。通期予想に対する進ちょく率は純利益ベースで85%強、会社側では通期予想を据置いているが、増額修正必至とみられる。来3月期はさらなる大幅増額修正が見込まれている。EPSは現段階で51円に増大の予想だが、有力筋は70円台に大幅増大を予想。来期予想PER11倍台は割安。4ケタ相場も視野に。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:28 | 株式投資ニュース

鈴与シンワートは13期ぶり復配と3Q好調を受けストップ高

 鈴与シンワート<9360>(東2)が、50円高の246円ストップ高となっている。前日、2007年3月期に2.5円配当を実施すると発表した。旧シンワート時代の1994年3月期に年3円配を実施して以降、無配が続き、13期ぶりの復配となるとの発表を好感した買いが殺到している。主力の情報サービス、物流事業の好調を受けて、株主配分に乗り出すという。同時に発表した2007年3月期第3四半期連結業績は、売上高が前年同期比13.5%増の72億9500万円、経常利益が同60.9%増の1億2800万円となっている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:03 | 株式投資ニュース

NECエレクトロニクスは経営改善策を期待し3日続伸

 NECエレクトロニクス<6723>(東1)が、70円高の3400円と上昇し3日続伸となっている。同社は策定中の経営改善策に、シリコンウエハーに回路を焼き付ける前工程ラインの絞り込みなどを盛り込との報道を好感している。生産効率が低い旧世代のラインを閉鎖、比較的新しい世代のラインに移管し、生産効率の向上で収益改善につなげるとしている。経営改善策は22日に発表するとしており、改善策を期待した買いが入っている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:50 | 株式投資ニュース

一高たかはしの12月中間は売上高2.4倍に拡大

 一高たかはし<2774>(JQ)が20日発表した06年12月中間連結決算は、売上高118億100万円(前年同期比2.4倍)、経常利益2億6400万円(同5.5%増)、純利益3億9000万円(同7.7%増)と増収増益だった。なお、特別利益として土地売却益約6億7300万円を計上している。
 売上高急拡大の要因はシステム事業の好調。子会社ウェルネットで展開しているが、決済関連サービスで既存取引先の取扱量が順調に伸びたことに加え、大規模eコマース会社や大手チケット販売会社の取扱いが本格化している。PINオンライン販売もサービス浸透により取扱高が大幅に増加し、システム事業の売上高は93億4000万円(前年同期比3.3倍)、営業利益2億5200万円(同14.3%増)となった。
 また、エネルギー事業についても、売上高22億2700万円(同11.4%増)と伸長した。灯油は暖冬傾向の影響などから販売数量が前年同期をやや下回ったものの、販売単価の高値推移もあり増収を確保したほか、LPガスは取引顧客数が順調に増え、数量・売上高ともに増加した。一方で、中期計画の一環として保安対策及び供給設備の更新などを行っているために費用が嵩み、営業利益は1700万円(同66.5%減)となった。

 その他事業は、いちたかサンテックによる空調・衛生設備事業であるが、生活周辺領域での業容拡大と受注力強化により売上高2億3300万円(同2.5倍)、営業損失200万円(前年同期は2800万円の損失)と収益が改善しつつある。
 07年6月期通期の予想連結売上高は237億200万円(前期比53.1%増)となる見通し。支出としては、システム事業において中期計画に基づく設備投資・研究開発及び販促費用を予定していることから、経常利益は5億6900万円(同26.3%減)、純利益は6億円(同2.1%減)を見込んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース