[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/28)鈴茂器工が逆行高、日テレ系「未来創造堂」に登場予定
記事一覧 (02/28)YOZANが4日続伸、「暴落時の赤札銘柄」だが?
記事一覧 (02/28)日経平均株価が700円超の下げで良い調整との受け止め方も
記事一覧 (02/28)前引けの日経平均株価は644円安の1万7475円と大幅続落
記事一覧 (02/28)旭化成は続落→反発。中国販社新設も材料
記事一覧 (02/28)SBSHDは前期増配を好感、直近高値抜けなるか注目
記事一覧 (02/28)日本オプティカルは日足続落も分足は戻り足、このままジリ高と行きたいところ
記事一覧 (02/28)明治電機が5日ぶりに急反発、分割実施と50円配を好感
記事一覧 (02/28)マツダはフォードと提携強化、下げ幅を縮小し底固めの動きか
記事一覧 (02/28)エノテカはヘラクレス値上り率トップ、「買い時」、これだけの理由
記事一覧 (02/28)イオンはギャップダウン→戻り足。寄り付きは地合いツレ安も、優良株は軒並み戻す
記事一覧 (02/28)新日本製鐵は下げ幅を縮小、相場のリード役の動きに注目
記事一覧 (02/28)ネットマークスは買い気配切り上げる、TOB報道も、正式決定はまだなし
記事一覧 (02/28)みずほFGは日興上場廃止報道と地合いの悪さでギャップダウンも、すぐに反発
記事一覧 (02/28)日清紡はスティールパートナーズが5%保有、切り返す動き
記事一覧 (02/28)日興コーディアルグループは上場廃止報道で売り気配、東証は「具体的決定は、なし」と
記事一覧 (02/27)大引けの日経平均株価は95円安の1万8119円と反落
記事一覧 (02/27)シミック、日本最大級の健康ポータルサイト運営の子会社が社名変更
記事一覧 (02/27)アイ・ピー・エスは続伸。後場も勢い衰えず
記事一覧 (02/27)新日本製鐵がプラスに転じ、全体も戻り歩調に
2007年02月28日

鈴茂器工が逆行高、日テレ系「未来創造堂」に登場予定

鈴茂器工のホームページ 寿司ロボットでシェアトップの鈴茂器工<6405>(JQ)が出来高を伴い、前場段階で前日比13円高の740円と逆行高。昨年来安値715円をつけた後急反発した。
 同社は、3月2日(金)午後11時15分より放送予定の日本テレビ系列「未来創造堂」に出演する。寿司ロボットの開発秘話がドラマ化され、紹介される予定。
 時価は底値圏。今3月期は最終増益の見通しで、予想1株利益は28.63円にアップする。PBR0.71倍と1倍割れ、予想期末配当は15円(配当利回り2.02%)と買い妙味が膨らむ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:52 | 株式投資ニュース

YOZANが4日続伸、「暴落時の赤札銘柄」だが?

 YOZAN<6830>(JQ)が、107円高の1738円と4日続伸し戻り歩調を強めている。前日に、ソフトバンクモバイルがWiMAX(ワイマックス)を採用するとの報道で買われた直近2月14日高値1590円を抜いたことで、一気に上昇機運が高まったようだ。本日寄付き1421円、安値1408円まで売られたが、絶好の突込み場面となった。
 ただ、足元の業績赤字、継続企業の前提に疑義の疑いの注記があることを踏まえると、「暴落時の赤札銘柄は買い」とはいえ割り切った投資姿勢が臨まれよう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:09 | 株式投資ニュース

日経平均株価が700円超の下げで良い調整との受け止め方も

 国内大手証券筋では、今回の中国株式相場の急落に端を発した世界同時株安の流れについて上昇相場の間に蓄積した過熱感を取り除く「良い調整」と受け止めているようだ。
 3月のSQ算出日までは乱高下も予想されるが、1万6200円処をトレンドの変換点とみている様子で、このラインを割り込まなければ、引き続き上昇相場が持続へ。
 物色の方向もゼロ1銘柄(業界トップ、225採用銘柄など)が主流、新興銘柄の復活はまだまだとの見方で、今回の下げによって相場の二極化が加速するかもしれない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:39 | 株式投資ニュース

前引けの日経平均株価は644円安の1万7475円と大幅続落

 前引けの日経平均株価は644円85銭安の1万7475円07銭と大幅続落となっている。TOPIXは70.36ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は61.24円安と大幅続落となっている。全業種値下がりしている。
 東証1部市場値上がり4銘柄、値下がり1700銘柄、変わらず11銘柄となっている。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、該当なし。
 225採用銘柄の値下がり率上位は、日興コーディアルグループ<8603>(東1)いすゞ自動車<7202>(東1)旭硝子<5201>(東1)
 
 全体の値上がり率上位は、佐渡汽船<9176>(JQ)、明治電機工業<3388>(JQ)、ガーラ<4777>(大ヘ)。
 東証1部新高値銘柄は、太平工業<1819>(東1)1銘柄。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:24 | 株式投資ニュース

旭化成は続落→反発。中国販社新設も材料

 旭化成<3407>(東1)は続落→反発。50円安の845円で始まったが、その後反発し、前場は861円で引けた。
 寄り付きは地合いの悪化にツレて安く始まったものの、寄り後は、新日本製鐵<5401>(東1)トヨタ自動車<7203>(東1)等とともに、優良株の押し目買いということで上げている。ただ、市場の先行き不透明感から、前引けにかけていったん利益確定売りが出ているらしく、再び反落ぎみではある。
 同社はきょうの日経産業新聞で「旭化成、人工透析機器を強化――中国に販社新設」と報道されたことも買い材料となっているもようだ。
 前引けの株価でPER19.39倍、PBR2.02倍と、同社の実力からすれば割安の買い時でもある。
 また、今週26日には、外資系証券のレーティングで、「投資判断『中立』継続、目標株価を850円から900円へ引き上げた」と報道された。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:22 | 株式投資ニュース

SBSHDは前期増配を好感、直近高値抜けなるか注目

 総合物流のSBSホールディングス<2384>(JQ)が、1万3000円高の35万円と3日ぶりに反発している。同社の2006年2月期の年間配当が従来予想より1250円増やし2000円にするとの発表を好感。本業の物流事業の拡大に加え、オフィスビルの信託受益権の譲渡益が発生したことが寄与したとしている。
 株価は直近1月30日高値36万6000円を抜いてくれば、40万円処までの上昇もみえてこよう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:59 | 株式投資ニュース

日本オプティカルは日足続落も分足は戻り足、このままジリ高と行きたいところ

 日本オプティカル<2680>(JQ)は80円安の550円で始まったが、寄り後は575円まで買われている。
 きのう大引け後に、株主優待制度の変更について発表した。同社は12月通期末と6月中間期末に優待を実施している。
 優待ポイントに応じて、「ギフトカードまたは盲導犬グッズ」を、「株主優待券または盲導犬グッズ」に変更した。
 また、盲導犬グッズを選択した場合、財団法人日本盲導犬協会への支援となるが、変更前は「同協会から感謝状が送付される」となっていたのが、変更後は、「盲導犬支援センターから感謝状が送付される」となる。
 チャートを見ると、2005年12月につけた上場来高値1580円以降、続落で来ていた。なので、オシレーター的には「買い時」。
 今朝の分足を見ると、ちょびちょび買いが出て、小さく戻してきているので、このままジリ高と行きたいところだ。今後の地合いにもよるが、まずは日足の5日移動平均線618円ラインが目標か。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:45 | 株式投資ニュース

明治電機が5日ぶりに急反発、分割実施と50円配を好感

 明治電機工業<3388>(JQ)が、280円高の3380円と5日ぶりに急反発し、全体相場が暴落しているなか逆行高している。前日に、3月31日現在の株主に対して、4月1日付で、1対2の株式分割を実施すると発表したことを好感。加えて、今3月期末に30円配当を実施、年間配当は50円(2006年3月期は記念配当10円含む40円)とすることも併せて発表。
 3500円処のレンジ上限抜けとなれば、4000円処までの上昇も期待できよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

マツダはフォードと提携強化、下げ幅を縮小し底固めの動きか

 マツダ<7261>(東1)が、寄付き60円安の670円から始まり安値668円をつけた後、39円安の691円と下げ幅を縮小している。来日中の米フォード・モーターのアラン・ムラーリー社長が27日にマツダとは開発や生産などで協力関係を深めると本日報道されている。保有株に変化はないとコメントし、33.9%保有するマツダ株を売却しない考えを改めて示したという。最も重要なパートナーはマツダと強調した上で、低燃費エンジンや代替燃料など環境分野で提携を強化する考えも示したという。
 また、マツダが発表した1月の世界生産実績は、前年比6.2%増の11万356台、国内生産は同6.6%増の7万6453台、輸出は同32.1%増の6万8596台となったことを前日に発表している。
 直近9日高値745円が当面の上値として底固めの展開が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

エノテカはヘラクレス値上り率トップ、「買い時」、これだけの理由

 エノテカ<3049>(大ヘ)は1万5000円安の30万円で始まったが、寄り後は32万2000円まで買われた。
 一時、ヘラクレス値上り率1位となり、全市場でも値上り率上位に入った。今朝は地合いが悪いにもかかわらず、数少ない値上り銘柄のひとつとなっている。
 年末年始をはさんで35万円ラインでモミ合っていたが、今月半ばに発表した第3四半期決算が好決算だったため、利益確定売りが先行して続落していた。
 現在の株価は2006年8月上場時の公開価格35万円を割り込んでいるため、見直し買いが入っているもようだ。オシレーター的にも「買い時」。業績は堅調な伸びが見込まれている。PERは10倍台、PBRは1倍台と割安だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

イオンはギャップダウン→戻り足。寄り付きは地合いツレ安も、優良株は軒並み戻す

 イオン<8267>(東1)は80円安の2440円と、マドをあけて始まったが、寄り後はすぐに戻り足となり、2495円まで買われている。
 今朝は、きのうの反落・調整局面に続き、また、前日の米ニューヨーク株式市場の大幅続落、東証が日興コーディアルグループ<8603>(東1)の上場廃止を最終調整しているとの報道などにより、日経平均が一時、1万7382円まで下落した。
 値上り銘柄も少なかったが、同社をはじめ、トヨタ自動車<7203>(東1)など、ふだんから優良銘柄として人気の銘柄は、買いチャンスと見られたためか、すぐに戻り足になっている。
 イオンはまた、今朝の日経新聞等で「11期ぶり増収の見通し」と報道されたことも買い材料となっているもようだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース

新日本製鐵は下げ幅を縮小、相場のリード役の動きに注目

 新日本製鐵<5401>(東1)は、寄付き60円安の776円から始まって、安値774までつけた後、36円安の800円まで戻し下げ幅を縮小している。中国株式市場の急落に端を発した世界同時株安の流れを受け、日経平均株価は737円の下げから、651円安となっている。新日鉄が日本市場で相場のリード役として昨日まで昨年来高値を更新してきただけに、本日の動きを左右する存在となっているだけに目を離せない状況だ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

ネットマークスは買い気配切り上げる、TOB報道も、正式決定はまだなし

 ネットマークス<3713>(東1)は8000円高の9万3600円買い気配。
 今朝の日経新聞等で「日本ユニシス<8056>(東1)がTOB(株式公開買付)によりネットマークスを買収へ」「筆頭株主の住友電気工業<5802>(東1)もTOBに応じる見通し」と報道された。
 3社はそれぞれ、今朝8時台にコメントを発表した。
 ネットマークスは「現時点において、公開買付に関する機関決定を行なっていない」、日本ユニシスは「検討を行なっているが、取得方法などを含め、正式に機関決定していない」、住友電気工業は「ネットマークスの株式売却について検討しているが、売却方法など詳細についてはまだ決定されていない」としている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:48 | 株式投資ニュース

みずほFGは日興上場廃止報道と地合いの悪さでギャップダウンも、すぐに反発

 みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)はギャップダウン→反発。4万円安の81万5000円で始まったが、83万円台まで戻している。
 今朝は、日経平均株価が1万7000円台央まで一挙に下落する、最悪の地合いで始まっている。きのう調整局面で反落していたことに加え、前日の米ニューヨーク市場の大幅続落と、日経新聞等が「東証は日興コーディアルグループ<8603>(東1)の上場廃止を最終調整」と報道したことなどによるもの。
 みずほフィナンシャルグループが今朝ギャップダウンとなったのも、地合いの悪さにツレたとともに、日興コーディアルグループの支援者候補として名が挙がっていたため。
 しかし押し目の買い場と見られたもようで、寄り後はあっという間に戻している。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:28 | 株式投資ニュース

日清紡はスティールパートナーズが5%保有、切り返す動き

 日清紡<3105>(東1)が、74円安の1433円まで売られた後、47円安の1460円と切り返す動きになっている。スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンドが、20日時点で日清紡(3105)株の5.04%を保有する大株主に顔を出したことが明らかになったと報道されている。スティールが27日に関東財務局へ提出した大量保有報告書で判明した。保有目的は投資および状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為などを行うこととしている。
 本年の1月半ばに公表されていたM&Aレシオでみた買収価額ランキングの12位にランクインしており、以前から含み資産を評価する動きは見られていた。
 下げ場面がM&Aの対象となる銘柄の絶好の買い場となるか注目したい。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:26 | 株式投資ニュース

日興コーディアルグループは上場廃止報道で売り気配、東証は「具体的決定は、なし」と

 日興コーディアルグループ<8603>(東1)は60円安の1287円売り気配。8時台の時点では売買停止となっていた。
 今朝の日経新聞等で「日興、上場廃止へ」と報道された。報道によると、東証は日興コーディアルグループ株を上場廃止にする方向で最終調整に入った。上場廃止が決まると、整理ポストに割り当てられ、1ヶ月間は通常通り売買でき、4月中に上場廃止になるとしている。
 東証は今朝、同社の上場廃止について「一部報道があったが、開示すべき具体的な決定を行なった事実は一切ない」「今後開示すべき決定を行なった場合には、これまでと同様、速やかに公表する」と発表している。 

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース
2007年02月27日

大引けの日経平均株価は95円安の1万8119円と反落

 大引けの日経平均株価は95円43銭安の1万8119円92銭と反落した。TOPIXは5.64ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は4.89円安と反落した。
 値上がり業種は情報・通信、電気・ガス、医薬品、食料品、石油・石炭製品など。値下がり業種は不動産、卸売、鉄鋼など。
 東証1部市場値上がり575銘柄、値下がり1041銘柄、変わらず102銘柄となっている。

 225採用銘柄の値上がり率上位は、塩野義製薬<4507>(東1)ソフトバンク<9984>(東1)日本電信電話<9432>(東1)
 225採用銘柄の値下がり率上位は、DOWAホールディングス<5714>(東1)住友不動産<8830>(東1)宇部興産<4208>(東1)
 全体の値上がり率上位は、ピーエイ<4766>(東マ)イチヤ<9968>(JQ)セレブリックス・ホールディングス<2444>(大ヘ)

 東証1部新高値銘柄は、太平工業<1819>(東1)、森永乳業<2264>(東1)、宝ホールディングス<2531>(東1)、キッコーマン<2801>(東1)、SRAホールディングス<3817>(東1)、セントラル硝子<4044>(東1)、武田薬品工業<4502>(東1)、太陽インキ製造<4626>(東1)、東燃ゼネラル石油<5012>(東1)、東海カーボン<5301>(東1)、新日本製鐵<5401>(東1)、大平洋金属<5541>(東1)、日本軽金属<5701>(東1)、日立電線<5812>(東1)、住友重機械工業<6302>(東1)、マックス<6454>(東1)、三菱電機<6503>(東1)、ソニー<6758>(東1)、石川島播磨重工業<7013>(東1)、トヨタ自動車<7203>(東1)など67銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:36 | 株式投資ニュース

シミック、日本最大級の健康ポータルサイト運営の子会社が社名変更

 医薬品開発受託のシミック<2309>(東1)の子会社で、日本最大級の健康ポータルサイト「healthクリック」を運営するPCN株式会社(東京都品川区)は、4月1日付で「株式会社ヘルスクリック」に社名変更する。
 同ポータルサイト「healthクリック」は、生活習慣病をはじめとした様々な疾患の予防を目的として、健康一般情報及び疾患に関する情報を提供。月間1100万ページビュー、ユニークユーザー数140万人を数える。今回、サイト名と社名を統一することにより、更なる認知度を高めることが今後の事業戦略上有効であると判断したもの。
 PCNは、NTTデータ<9613>(東1)との合弁会社として2003年6月に設立された。現在、シミックの出資比率は76.8%。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:57 | 株式投資ニュース

アイ・ピー・エスは続伸。後場も勢い衰えず

 アイ・ピー・エス<4335>(JQ)は続伸。1000円高の5万4700円で始まり、後場にかけて続伸し、5万8700円まで買われている。
 先週20日に12月中間決算の上方修正を発表し、22日に前年同期比大幅な増収増益の決算を発表した。そのため、連日ストップ高となるなど、人気づいていた。なので、オシレーター的には、短期日足で「過熱」となっている。
 とはいえ、現在の株価水準は中期で見れば安値圏。PERは50倍台、PBRは2倍台。IT企業にしてはそう割高でもない。オシレーターも、長期月足では「買い時」水準だ。業績も良いので、中期では押し目と見ていいだろう。
 最近は新興市場が不振で、短期売買の利ザヤ取りに終始しがちだ。が、東証1部の大型株がドンドン上がるなかで、新興市場の優良銘柄への、中期投資を考える時期に来ているのかもしれない。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:31 | 株式投資ニュース

新日本製鐵がプラスに転じ、全体も戻り歩調に

 新日本製鐵<5401>(東1)が、11円安の830円まで利益確定売りに押された後、3円高の844円と急速に戻っている。また、日経平均株価も1万8073円まで押した後、新日鉄の動きに呼応して戻り歩調となっている。
 全体相場の動きは新日鉄の動きによって決まる感が一層強まった。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:25 | 株式投資ニュース