[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/17)旭テックが調整一巡感から買い直される
記事一覧 (10/17)ダイセキは好決算も利確売りで一瞬下げる、売り一巡後は反発
記事一覧 (10/17)エイジスは棚卸サービスの海外展開を強化
記事一覧 (10/17)早稲田アカデミーが反発も戻り鈍い
記事一覧 (10/17)アイディーユーは初の配当1500円を予定
記事一覧 (10/17)日本パワーファスニングは新事業報道を手がかりに反発
記事一覧 (10/17)日本レップが中間期業績を上方修正、上昇期待高まる
記事一覧 (10/17)K氏関連銘柄物色の一環、ルシアン、丸善が続伸
記事一覧 (10/17)三光ソフランは好決算でギャップアップ
記事一覧 (10/17)藤倉化成の経常利益は4期連続の最高に
記事一覧 (10/17)東芝機械は戻り足鮮明 外資系証券が好業績見直しを指摘
記事一覧 (10/17)住金物産は上方修正発表を好感、調整一巡から再騰開始
記事一覧 (10/17)サイボウズがストップ高に迫る勢い
記事一覧 (10/17)コロワイドは4期ぶり最高益更新へ
記事一覧 (10/17)セントラル警備保障(CSP)が今期業績は最高益へ
記事一覧 (10/17)モーニングスターは3Q好業績、株式分割、増配のトリプル好材料で続伸
記事一覧 (10/17)シナネンは中間上方修正、現在の600円台は割安
記事一覧 (10/17)■リートの選別投資
記事一覧 (10/16)大引けの日経平均株価は156円高の16692円と続伸
記事一覧 (10/16)岡谷鋼機は最高益更新へ
2006年10月17日

旭テックが調整一巡感から買い直される

 旭テック<5606>が、28円高の372円と前日と変わらずを挟んで3日続伸となっている。9月25日322円、10月11日321円の二番底を形成し、9月5日高値473円からの調整に一巡感が出ている。高値奪回から上値指向が鮮明となるには、9月26日の高値410円を抜けるかがポイントとなろう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

ダイセキは好決算も利確売りで一瞬下げる、売り一巡後は反発

 ダイセキ<9793>はきのう大引け後に8月中間決算を発表した。それを受けて今朝は前日終値比10円安の2615円で始まり、売り一巡後は2555円で下げ止まり、2595円まで戻している。
 8月中間決算は、連結で売上高が前年同期比27.6%増、経常利益が同50.5%増、純利益が同48.9%増の大幅な増収増益となった。が、9月末にすでに業績予想の上方修正を発表していたため、織り込み済みだったようだ。逆に利益確定売りで一時下落の憂き目となった。

 とはいえ、同社は産業廃棄物処理事業を行なっており、廃油・汚泥の処理・再生利用技術で差別化を図っている。産廃処理、リサイクル燃料生産は今後も中長期的に需要伸長が見込まれる分野だ。
 今月初めには栃木県佐野市に関東事業所第3工場を竣工、稼動を開始した。産業廃棄物、特別管理産業廃棄物(廃油、廃酸、廃アルカリ、汚泥)のリサイクルと中間処理を行なう。敷地約4万平方メートル、当面の月間処理能力は2万5000トンと、かなり大型の施設となっており、同社の業界シェアアップに寄与すると期待されている。

 分割修正後チャートを見ると、中長期では良いカタチで右肩上がり、半年ほどの短期では三角保ち合いの良いカタチに見える。信用残は売り長となっている。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:40 | 株式投資ニュース

エイジスは棚卸サービスの海外展開を強化

 エイジス<4659>は多店舗チェーンを展開する流通・小売業などから棚卸業務を請け負う「実地棚卸サービス」を展開。シェアは約75%とトップで、年間約3000人の嘱託社員・派遣人員を投入し、1店舗あたりの棚卸作業を数時間で処理する。
 今3月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比12.9%増の28億2000万円、経常損益が6400万円の黒字に転換。第2四半期に入っても、ホームセンターやドラッグストア向けが好調で、月次売上高は7月は前年同期比20%増、8月が15%増と好調を維持。このため、今期通期の連結経常利益は、棚卸データの入力に使う電子機器の先行投資費用や嘱託社員を増加させることに伴う人件費増が見込まれるが、前期比微増の15億円を確保できる見通し。
 これまで自社で募集する嘱託社員約1700人以上に人材派遣子会社「SSS・J」から約1200人の派遣社員を充当していたが、今期から嘱託社員を3000人体制とし、CSS・Jについてはグループ外への派遣に特化させる計画。来期はこうした先行投資費用の一巡で今期予想比11%増の17億円と2ケタの増収見込み。 
 また、03年から進出した韓国・ソウルで現地企業向けに実地棚卸サービスを展開しているほか、04年から進出した中国・大連でも展開を準備中。


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:38 | 株式投資ニュース

早稲田アカデミーが反発も戻り鈍い

 学習塾大手の早稲田アカデミー<4718>が、65円高の1520円まで買われ、20円高の1475円と6日ぶりに反発している。9月中間期の単独経常利益が従来予想を1億6500万円上回る7億6400万円(前年同期比81%増)になったとの発表を好感している。生徒数の増加で教室の稼働率が向上。人件費などコストの伸びを計画以上に抑制できたという。マーケットメイク銘柄ではあるが、戻り売り圧力が強い動きになっているようだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:34 | 株式投資ニュース

アイディーユーは初の配当1500円を予定

5期連続の最高益を達成

 不動産のオークション・仲介、戦略投資コンサルを事業とするアイディーユー<8922>の2006年8月期(連結)は大幅な増収増益となった。売上高は24億2400万円、経常利益31億1700万円、当期純利益17億3400万円と、売上高は3.5倍強に、経常利益は3.7倍強、当期純利益は2.7倍弱である。5期連続の過去最高益達成、創業以来初の配当を実施する。1株当たり配当金は1500円を予定している。
 06年8月期のトピックスとしては、マザーズオークション参加者が正規加盟店520店舗、準加盟店850店舗と大きく拡大したこと。出展金額は前年度実績の約3.6倍の1576億円弱となり、落札金額も550億円弱と1.8倍となった。
 また、マザーズDDを設立、住宅金融公庫よりデューデイリジェンスを受託。メリルリンチ日本証券とマザーズ・ローン・サービスを共同設立、オークションの流動性を高める金融サービス提供体制ができた。アジア航測とは資本業務提携を結び、不動産情報の3D化「ロケーション・ビュー」に着手したなど。
 今07年8月期は、同社が誇る不動産コンサルティング能力を提供し、高額物件の出展・落札額向上のため、クローズド・ビットオークションを開放し大々的に展開させる。オープンビットの改善強化。オークションの流動性を高める金融サービス(マザーズ・サービス)の提供。経営資源をオークション事業に集中し組織の一体化を図る−−−−の4つを方針とする。
 数値予想は、売上高350億円、経常利益40億円、当期純利益20億円である。前期比で売上高43.89%増、利益はそれぞれ28.33%、15.34%の増にあたる。目指すところは、インターネット上で不動産取引が完結できるマーケット創出、現日本の不動産流通を効率的かつ合理的にするマーケットを目指すと−−−−いう2点。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

日本パワーファスニングは新事業報道を手がかりに反発

 日本パワーファスニング<5950>は前日終値比4円高の214円で始まり、232円まで買われている。最近は下落傾向にあったが、今朝の日経産業新聞で「ねじ大手の日本パワーファスニング、車部品に本格参入」と報道されたことが手がかり材料となり、反発したようだ。 
 同社はおもに住宅向けの工業用ファスナー(ねじ、ピン、ばね)の大手メーカー。今月初めに、9月中間業績予想の修正を発表した。連結、単独とも、売上高と経常利益は上方修正、純利益は下方修正となった。が、純利益の下方修正は、日本ばね工業厚生年金基金からの脱退にともなう特別損失計上によるものだ。業績は順調に推移しており、また、現在の株価水準でPER約22倍、PBR約0.8倍と割安。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:11 | 株式投資ニュース

日本レップが中間期業績を上方修正、上昇期待高まる

 不動産ファンド運営の日本レップ<8992>は、2万2000円高の31万円と4日続伸となっている。前日、9月中間期の連結経常利益が従来予想を1億4400万円上回る6億100万円(前年同期比9.4倍)になったとの発表を好感している。物流施設の仲介件数や規模が拡大し、収益が上ぶれした。従業員数を計画より増やしたことで人件費が増加したが、増収で吸収したという。8月10日高値32万4666円(分割後修正株価)を抜けば、40万円処への上昇も見えてこよう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:08 | 株式投資ニュース

K氏関連銘柄物色の一環、ルシアン、丸善が続伸

 ルシアン<8027>が、3円高と続伸している。市場では業績面を評価した動きとの受け止め方もあるが、同社株はK氏関連銘柄としての色彩が濃い。同様に業績面から注目されているのは丸善<8236>だろう。兼松日産農林<7961>日特建設<1929>など周辺銘柄も動意づいている。日経平均株価が頭打ちの動きから仕手株物色が活発化しているようだ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:03 | 株式投資ニュース

三光ソフランは好決算でギャップアップ

 三光ソフラン<1729>は前日終値比10円高の275円で始まり、さらに続伸している。きのう大引け後に8月通期決算を発表した。連結で、売上高は前年比24.5%増、経常利益は同74.9%増、純利益は同96.1%増の大幅な増収増益となった。これを受けて、1株配当も2円50銭と、当初予定の倍の金額とする。
 同社は不動産事業を行なっており、その事業が好調であるほか、連結子会社のメディカル・ケア・サービス<2494>の介護施設が順調に伸長していることなども業績に寄与している。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:58 | 株式投資ニュース

藤倉化成の経常利益は4期連続の最高に

 藤倉化成<4620>のPER13倍台、PBR1.9倍台は割り負けが目立つ。主力株がそろって反発してきていることから、同社株にも大手証券が注目。とくに、好業績の出遅れ株として見直してきている。もっとも、取り組みはやや買い長だが、相場に勢いがついてくれば、さして問題にならないだろう。時価は3分の1に戻りを達成したところだが、目先、半値戻りは早かろう。主力のコーティング事業の好調から、今期業績を上方修正した。今9月中間期の期初売上高予想217億4000万円を、前期比11%増の226億円、経常利益を同18億7000万円から同10%増の20億5000万円に増額。今3月通期の売上高予想439億円を、前期比22%増の453億円。経常利益を同38億8000万円から、同16%増の42億円と増額し、4期連続の過去最高利益更新の見込み。なお、来期は中期計画の最終年度で、経常利益は50億円を見込んでいる。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース

東芝機械は戻り足鮮明 外資系証券が好業績見直しを指摘

 東芝機械(6104)が戻りを鮮明にしてきた。自動車業界の設備投資活発化を背景に同社のマシーンが順調な伸びを見せているため、外資系証券が同社の好業績見直しを指摘している。もともと業績面には何の不安もなく、全体の地合いに押されて調整場面に入っていただけに、リバウンド力は大きいと見ていい。自動車業界向けダイカストマシン、工作機械、あるいは半導体装置など幅広い分野で売上げを伸ばす状況が続いている。このため、今3月期の経常利益は会社側見通しを上回る183億円(前期156億円)への増額が有力なほか、来期は204億円へ大幅増額の可能性が強くなってきた。来期の1株当たり利益は70円台に乗せる見通しにある。強調が続く自動車株と連動性を発揮していく可能性が強い。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース

住金物産は上方修正発表を好感、調整一巡から再騰開始

 住金物産<9938>が、20円高の417円と4日続伸となっている。前日の9月中間期・通期決算予想の上方修正を好感している。通期の売上高は前回予想を300億円上回る1兆1500億円、経常利益は同10億円上回る160億円、当期利益は同15億円上回る85億円に修正、予想EPSは57.7円に膨らむ見通し。株価は7月19日安値365円、10月12日371円の二番底を形成し、1月30日高値585円から調整一巡。信用買残は1月ピーク時1422万株あったが、528万株まで大幅に減少して需給面も改善されている。ここから再騰開始といえよう。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

サイボウズがストップ高に迫る勢い

 サイボウズ<4776>が、9000円高の10万5000円まで買われ、ストップ高に迫る勢いだ。本日もストップ高で張り付けば、新興銘柄の勢いにさらに弾みがつくことは間違いないだろう。引き続き、同社の動きは注目に。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

コロワイドは4期ぶり最高益更新へ

 コロワイド<7616>は居酒屋「いろはにほへと」の出店を加速。2009年3月をメドに100店舗へ2倍に拡大する。「いろはにほへと」は30歳代以上やファミリー層の利用が多く、20歳代の顧客が多い主力の「甘太郎」や「にじゅうまる」に続く第3の柱に育成することで、幅広い年代層に対応できるようにする。全国で多様な業態を展開する総合フードサービス企業へと変ぼう。今2007年3月期には連結純利益は前期比2.9倍の11億8300万円と4半期ぶりに過去最高益更新を見込む。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:47 | 株式投資ニュース

セントラル警備保障(CSP)が今期業績は最高益へ

 CSP(セントラル警備保障)<9740>は一目均衡表で見ると日足、週足ともに雲の情報に位置しているほか、26週移動平均線を13週移動平均線が上抜き、上昇波動入りが鮮明。4月高値1045円抜けからPER20倍の1290円が視野に入る。2007年2月期連結経常利益は前期比25%増の17億5000万円と最高益更新の見通し。治安悪化や国際的なテロ不安を背景に、警備サービスの需要が拡大しており、常駐警備・機会警備部門ともに好調に推移している。同社の筆頭株主であるJR東日本向け警備好調も強み。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | 株式投資ニュース

モーニングスターは3Q好業績、株式分割、増配のトリプル好材料で続伸

 モーニングスター<4765>は前日終値比2万4000円高の24万4000円買い気配。きのう大引け後に第3四半期決算とともに、株式の分割、増配を発表した。3Q業績は、売上高が前年同期比約3割近い増、経常利益が同約2.4倍、純利益が同約3.5倍の大幅な増収増益となった。株式分割は、基準日11月30日で、12月1日付で1株を2株に分割する。配当は、1株当たりの普通配当金500円(分割後250円)に加え、子会社上場記念特別配当金1000円(同500円)とする。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

シナネンは中間上方修正、現在の600円台は割安

 シナネン<8132>の600円台は割安。PERは約20倍、PBRは約0.9。きのう大引け後に9月中間業績予想の上方修正を発表した。連結、単独とも、また、売上高、経常・純利益とも上方修正した。原油価格の引き続きの高騰による販売価格の上昇、海外向け船舶用燃料の販売増などが寄与した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース

■リートの選別投資

 13日の政策決定会合は、金融政策を現状と決めたが、日銀総裁は、年内の再利上げの可能性は否定しないまでも、情勢に柔軟に対応するとして、特定に期日を決めていない姿勢を強調した。不動産ファンドはここ数年間、バブル的なブーム現象で拡大し資金流入が続き、都心部での大型不動産物件では、競争激化にともない価格上昇が著しい。今回の平成不況の厳しい局面下底値で買い漁ったファンドは、大幅利益を実現、利益確保のためにリートへ物件売却が始まっている。一本調子の右肩上がりはいつまでも続かない。冷静な目で選別投資することが今求められる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:05 | 株式投資ニュース
2006年10月16日

大引けの日経平均株価は156円高の16692円と続伸

 大引けの日経平均株価は156円22銭高の16692円76銭と続伸した。TOPIXは18.05ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は23.14円高と続伸している。値上がり業種はその他金融、鉱業、不動産、非鉄金属、ガラス土石製品、機械など。値下がり業種はゴム製品、医薬品、空運、海運。
 東証1部市場値上がり1456銘柄、値下がり186銘柄、変わらず53銘柄となっている。
 
 225採用銘柄の値上がり率上位は、ヤフー<4689>熊谷組<1861>クボタ<6326>
 225採用銘柄の値下がり率上位は、コナミ<9766>横浜ゴム<5101>ブリヂストン<5108>
 全体の値上がり率上位は、ミサワホーム北日本<1748>シグマ・ゲイン<8192>住信リース<8432>

 東証1部新高値銘柄は、積水ハウス<1928>、トヨタ紡織<3116>、野村不HD<3231>、大陽日酸<4091>、第一三共<4568>、日本ペイント<4612>、コニカミノルタホールディングス<4902>、豊田自動織機<6201>、アイチコーポレーション<6345>、アドバンテスト<6857>、ダイトエレクトロン<7609>、パイロットコーポレーション<7846>、任天堂<7974>、豊田通商<8015>、東京エレクトロン<8035>、東都水産<8038>、キヤノンマーケティングジャパン<8060>、ユニ・チャーム<8113>、住商リース<8592>、ミレアホールディングス<8766>、三井不動産<8801>、三菱地所<8802>、住友不動産<8830>、ジョイント・コーポレーション<8874>、日本綜合地所<8878>、アーネストワン<8895>、東京電力<9501>、中部電力<9502>、東邦ガス<9533>、カプコン<9697>、コナミ<9766>。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:20 | 株式投資ニュース

岡谷鋼機は最高益更新へ

 岡谷鋼機(7485)のPER9倍台は割安。しかも2月高値の2400円から大きく下押ししているこの1500円台は格好の仕込み場といえる。主力の産業資材事業は自動車メーカーの設備投資増に支えられた格好。連結子会社の機械工具専門社など連結子会社の寄与もあり、今8月中間期の連結経常利益は過去最高益を達成。通期業績も増額修正の見通しで最高益更新へ。連結予想EPSは163円、PBRは0.7倍台。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:00 | 株式投資ニュース