[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/31)日本ライフラインが連続最高益など好感され上場来の高値
記事一覧 (05/31)ネクシィーズGは値上がり率トップだが子会社ブランジスタの急反騰次第の見方
記事一覧 (05/31)サイバネットシステムは代理店契約など好感し2日続伸
記事一覧 (05/31)上海株式は取引開始後に0.8%高となり2日続伸基調で始まる
記事一覧 (05/31)セントケアHDは東証2部昇格を機に業績など見直され戻り高値
記事一覧 (05/31)DDSは製品採用など好感し急伸!モミ合い放れに発展するか注目
記事一覧 (05/31)TASAKIはミキモトの値上げ報道から好業績など再評価され出直り強める
記事一覧 (05/31)新日本科学が材料性や値幅妙味など注目され高値に迫る
記事一覧 (05/31)【銘柄紹介】ランドコンピュータは15年11月上場のシステム・インテグレーションの有力企業、今期も増収増益
記事一覧 (05/31)日経平均は消費税順延の効果や副作用を見極めたい雰囲気あり38円安で始まる
記事一覧 (05/30)【銘柄フラッシュ】sMedioが急伸しアルプス電気など米アップル関連株も高い
記事一覧 (05/30)ディップがAI(人工知能)関連のニュースメディアなど好感し高値更新
記事一覧 (05/30)4月上場のエディアが新ゲームアプリなどへの期待強まりストップ高
記事一覧 (05/30)東芝がJPモルガン証券の投資判断など好感し半年ぶりに280円台を回復
記事一覧 (05/30)味の素が目標株価など好感し最高益発表後の高値を上回る
記事一覧 (05/30)日経平均が約1カ月ぶりに1万7000円台を回復
記事一覧 (05/30)伊藤園が決算発表への期待などで高値に並ぶ
記事一覧 (05/30)物語コーポ急反発、6月の配当権利付で32%増益と好業績、3月高値からの調整が一巡
記事一覧 (05/30)sMedioは需給相場の様相を強めて18%高の大幅続伸
記事一覧 (05/30)上海株式は取引開始後に0.2%安となり小幅続落で始まる
2016年05月31日

日本ライフラインが連続最高益など好感され上場来の高値

■PER平均を上回るが期待や評価の高い証拠との見方

 日本ライフライン<7575>(東1・売買単位100株)は31日の後場、一段強い展開となり、14時過ぎに10%高の3850円(360円高)まで上げ、ほぼ2週間ぶりに上場来の高値を更新した。ペースメーカーなど医療機器の輸入商社。連続最高益基調の好業績などが引き続き好感されている。

 今期・2017年3月期の連結業績予想は純利益を前期比11%増の31億円、1株利益は166.78円とし、連続で最高益を更新する見込み。株価水準はPER23倍前後になり、市場平均の15倍台との比較では割高になるが、昨今の株式市場ではPERについて高めのほうが期待や評価の高い証拠と受け止める雰囲気がある。同社株は高値更新相場のため後者が当てはまるとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:15 | 株式投資ニュース

ネクシィーズGは値上がり率トップだが子会社ブランジスタの急反騰次第の見方

■「AKB48」の秋元康氏がプロデュースした新ゲーム「神の手」など材料視

 電子雑誌やLEDレンタルなどのネクシィーズグループ<4346>(東1・売買単位100株)は31日の後場寄り後、22%高の2680円(484円高)前後で推移し、東証1部の値上がり率トップ。前場の一時ストップ高(500円高)に続き急伸している。連結子会社のブランジスタ<6176>(東マ)が27日にスマートフォン向けの新ゲームを発表し、30、31日と2日連続ストップ高となったことなどが好感されているようだ。

 連結子会社のブランジスタ株は4月初旬の3000円前後から動意を強め、5月16日には1万5850円まで5倍の暴騰となった。最高益更新基調の見込みに加え、4月下旬、「AKB48」を創設演出した秋元康氏がプロデュースしたスマートフォン向けの新ゲーム「神の手」を5月27日に公開すると発表してからは一段と騰勢を強めた。しかし、5月16日に高値をつけた後は3日連続ストップ安となるなどで急落し、4月下旬に騰勢を強めた頃の水準に戻っていた。このため、ブランジスタ株の反騰が単なるアヤ戻しに終わるようなら、ネクシィーズグループの急騰もその時点で一巡するとの見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | 株式投資ニュース

サイバネットシステムは代理店契約など好感し2日続伸

■第1四半期の大幅増益を受け上値抵抗ゾーンを抜く期待も

 設計用CADシステムなどのサイバネットシステム<4312>(東1・売買単位100株)は31日、11時にかけて一時868円(27円高)まで上げて2日続伸基調となっている。30日付で、日本システムウエア<9739>(東1)が開発した製品情報管理システムの代理店契約を結んだことなどを発表し、期待が広がった。

 5月11日に発表した2016年12月期・第1四半期(16年1〜3月)の連結決算は、営業利益が前年同期の35倍になるなど劇的に拡大。2月以降の株価は1000円前後から900円台後半の水準で上値が抑えられる展開だが、こうした上値抵抗ゾーンを抜けば大きな相場に発展するケースがあるため期待は強いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

上海株式は取引開始後に0.8%高となり2日続伸基調で始まる

 31日の中国・上海株式市場は、取引開始後に総合指数が0.8%高の2844.89ポイント(22.44ポイント高)前後となり、昨日の1.40ポイント高から2日続伸基調の始まりとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:45 | 株式投資ニュース

セントケアHDは東証2部昇格を機に業績など見直され戻り高値

■30日の売買から東証2部銘柄に

 訪問介護などのセントケア・ホールディング<2374>(東2・売買単位100株)は31日、約1週間ぶりに戻り高値を更新し、朝方に1238円(61円高)まで上昇。10時を過ぎても55円高前後で強い展開となっている。

 5月30日付でJASDAQ市場から東証2部に昇格(市場変更)。東証がこれを発表した翌日の5月24日に一時10%高の1226円まで急反応したためか、その後は昇格初日の30日もこの高値を抜かなかったが、業績は最高益更新基調でPERは9倍台。改めて見直す動きが少なからずあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | 株式投資ニュース

DDSは製品採用など好感し急伸!モミ合い放れに発展するか注目

■多要素認証ソリューション製品が自治体向け住民情報システムに採用

 指紋認証技術などのディー・ディー・エス(DDS)<3782>(東マ・売買単位100株)は31日、急伸の始まりとなり、取引開始後に22%高の376円(68円高)をつけてマザーズ銘柄の値上がり率2位に躍進した。30日付で、同社の多要素認証ソリューション製品がGcomホールディングス(福岡市)の地方自治体向け住民情報システムに採用されたと発表し、期待が高揚した。

 370円台回復は2016年2月以来になり、この頃から4ヵ月近く続く下値モミ合いを抜け出す可能性が出てきた。モミ合い放れ相場に発展するにはエネルギーが必要とされ、本日のような出来高増加が明日以降も続くかどうか注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース

TASAKIはミキモトの値上げ報道から好業績など再評価され出直り強める

■前期の最高益に続き高水準の業績が続く見込み

 TASAKI<7968>(東1・売買単位100株)は31日、取引開始後に1623円(53円高)まで上げて出直りを強める始まりとなった。真珠など宝飾品の大手で、真珠のミキモトが8月1日から一部の真珠を使用した商品などの値上げを発表し、これに関連する報道で「TASAKIも価格改定の検討を始めた」(31日付の日本経済新聞朝刊)と伝えられ、材料視されたようだ。

 当面の業績は2015年10月期の最高益に続いて高水準の推移が続く見通しを出しており、16年10月期・第2四半期(15年11月〜16年4月)の決算発表は6月14日の予定。株価は16年3月に8年ぶりの高値1879円をつけており、決算発表に向けてこの高値に迫る展開をイメージする様子がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:41 | 株式投資ニュース

新日本科学が材料性や値幅妙味など注目され高値に迫る

■ファイザーとの共同研究開発など将来への期待が衰えない様子

 新日本科学<2395>(東1・売買単位100株)は31日、続伸の始まりとなり、取引開始後に773円(45円高)と5月13日につけた年初来の高値824円に迫る展開になっている。5月初旬に投資先と世界的な製薬大手ファイザーとの共同研究開発などを発表し、24日には自社開発の経鼻投与基盤技術の研究成果が米国科学誌に掲載されたと発表。将来性への期待が衰えないようだ。

 業績は今期・2017年3月期も赤字の見込みだが、ファイザーとの共同研究開発などを発表したあとは5月9日から4日連続ストップ高の急騰となり、目先の業績よりも展開力などに期待する動きが強い印象だった。材料性があり、値幅妙味も大きいため、動き出すだけで資金が集まる可能性も言われている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース

【銘柄紹介】ランドコンピュータは15年11月上場のシステム・インテグレーションの有力企業、今期も増収増益

■株価は年初来高値更新

 ランドコンピュータ<3924>(東2)は、2015年12月11日、東京証券取引所市場第二部に上場。システムインテグレーション・サービス、インフラソリューション・サービス、パッケージベースSI・サービスを提供している。長い歴史が培ったシステム・インテグレータとしての豊富な経験・高い業務スキルを融合させ、最新の情報技術を駆使し、「お客様のために何ができるか?」を常に考え、顧客とともに成長・発展し続けることを目指している。

 情報サービス業界においては、金融分野のシステム統合やマイナンバーなどの大型案件が収束していくなか、第3のプラットフォームであるクラウド分野やスマートデバイス関連分野が引き続き高い成長で推移していく等、引き続き成長が続くと予想されてるほか、モノがインターネットを介して繋がるIoT (Internet of Things)、フィンテック(金融サービスのITイノベーション)、ビッグデータ、AI(人工知 能)などへの関心が高まり、業種間の連携なども活発化し、新たな事業創出が期待されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース

日経平均は消費税順延の効果や副作用を見極めたい雰囲気あり38円安で始まる

 31日朝の東京株式市場は、消費増税の2年半順延が固まったと伝えられたため、これによる効果や副作用を見極めたい雰囲気があり、外為市場はやや円高に転換したことなどが影響し、日経平均は38円56銭安の1万7029円46銭で始まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | 株式投資ニュース
2016年05月30日

【銘柄フラッシュ】sMedioが急伸しアルプス電気など米アップル関連株も高い

 30日は、米アップル社がiPhone(アイフォーン)部品メーカー各社に対し、従来より多く生産するよう要請したと前週伝えられたことなどが引き続き好感され、アルプス電気<6770>(東1)が大引けは3.1%高だが約1カ月ぶりに戻り高値を更新し、村田製作所<6981>(東1)も3.4%高と出直りを強めた。

 東証1部の値上がり率1位はネクシィーズ<4346>(東1)となりストップ高の22.3%高。このところ急騰後の反動安が厳しい連結子会社ブランジスタ<6176>(東マ)がスマートフォン向け新ゲーム発表を受けて急反発となり、ストップ高の14.4%高となったため安堵感が広がったようだ。値上がり率2位は宮越ホールディングス<6620>(東1)の21.1%ストップ高となり、特段の材料なく急伸することが少なくないが、30日付で中国の固定資産の一部を政府の公共用地に提供し1万4908千元(約2.5億円)の計上を見込むと発表。

 インターワークス<6032>(東1)は2015年12月開始の新感覚求人アプリ好調との見方で16.2%高。VOYAGE GROUP(ボヤージュグループ)<3688>(東1)はアプリディベロッパーも簡単に広告マネタイズを開始することができるアプリ向け広告の開始などが好感されて12.2%高。まんだらけ<2652>(東2)は株主優待の拡充などで取引開始後ストップ高となり大引けも14.4%高。

 sMedio(エスメディオ)<3913>(東マ)は最新のIoTゲートウェイ機器開発用ソフトウェア・スタック発表などが材料視されてストップ高の22.5%高。リミックスポイント<3825>(東マ)は子会社による仮想通貨ビットコイン取引サイト開設などを好感して14.0%高。エディア<3935>(東マ)は新ゲームアプリの事前登録開始などが期待を呼んでストップ高の18.0%高。ジェイホールディングス<2721>(JQS)は外断熱工法の職人が繁忙との見方あり軟弱場面でも下値が固いとされて一転ストップ高の21.8%高。アスカネット<2438>(JQS)は「デジタルサイネージジャパン2016」に出展とされて6.6%高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | 株式投資ニュース

ディップがAI(人工知能)関連のニュースメディアなど好感し高値更新

■最高益基調で高値更新にもかかわらず売り残が多く注視

 アルバイト・パート求人情報サイトなどのディップ<2379>(東1・売買単位100株)は30日の後場一段強い展開を見せて3020円(112円高)まで上げ、2015年11月以来の3000円台回復となった。30日付で、AI(人工知能)関連のニュースを1万件以上掲載する日本初のキュレーションメディア「AINOW」を6月上旬スタートと発表。期待が高揚した。

 業績は最高益を連続更新する見込み。信用売り残が多いまま高値を更新してきたため、遠くない段階で売り建て玉を買い戻す動きが増加して株高を増幅する可能性があると注目する様子がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:06 | 株式投資ニュース

4月上場のエディアが新ゲームアプリなどへの期待強まりストップ高

■上場来の高値は4月26日の3910円

 スマートフォン向けゲームやコンテンツアプリなどのエディア<3935>(東マ・売買単位100株)は30日の前場、ストップ高の3290円(基準値から500円高)で売買されたまま後場も買い気配が続き、14時30分現在もストップ高の3290円(基準値から500円高)買い気配となっている。手掛かり材料としては、5月27日付で、新ゲームアプリ「蒼の彼方のフォーリズム−ETERNAL SKY−」の事前登録を開始と発表したことが期待を広げたようだ。

 この新ゲームアプリはテレビ東京で今年の1月から3月まで放映した大人気アニメ『蒼の彼方のフォーリズム』のスマートフォンカードバトルゲームだという。配信日は平成28年の初夏を予定とした。

 同社は2016年4月15日に上場し、上場来の高値は4月26日の3910円。安値は5月17日の2512円。お役立ち情報アプリとしては、無料で3万5千件を超えるラーメン店から好みの店舗を探せる「一億人のラーメン」なども配信する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:46 | 株式投資ニュース

東芝がJPモルガン証券の投資判断など好感し半年ぶりに280円台を回復

■減資・累損一掃計画の発表などにより懸念出尽し感が強まる

 東芝<6502>(東1・売買単位千株)は30日の後場一段強い展開となり、取引開始後に280.0円(13.7円高)まで上げて2015年12月18日以来約半年ぶりの280円台回復となった。JPモルガン証券が26日付で投資判断を「アンダーウエイト」から「オーバーウエイト」に引き上げ、目標株価も220円から330円に見直したと伝えられ、以後、連日上値を追っている。

 不適切会計問題を受けて16年2月には一時今世紀(2000年)に入って以来の安値になる155.0円まで下押したが、5月初旬のトップ人事発表や下旬に入っての減資・累損一掃計画の発表などにより、懸念出尽し感が強まってきたようだ。2009年以降は550円前後の水準で上値が抑えられているため、JPモルガン証券の目標値を上回っても当面はこの水準が上値限界との見方があるが、上値余地が大きいことに変わりはない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:22 | 株式投資ニュース

味の素が目標株価など好感し最高益発表後の高値を上回る

■円安も進み一時4月28日以来の1ドル111円台に

 味の素<2802>(東1・売買単位100株)は30日の後場寄り後に一段強い展開となり、約5%高の2681.5円(120.5円高)と出直りを強めた。シティグループ証券が目標株価を3300円に引き上げたと伝えられたほか、午前の取引終了後、正午にかけて円安が進み、一時4月28日以来の1ドル111円台に入ったため、連結売上高の5割強を海外で占めることなどが見直されたようだ。

 2016年3月期の連結決算は5月10日の取引時間中に発表し、純利益が3期ぶりに過去最高を更新したことなどが好感されて株価は発表後に2672.0円の戻り高値をつけた。30日はこの高値を上回ってきたため、好業績などを好感する相場が本格化する期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:04 | 株式投資ニュース

日経平均が約1カ月ぶりに1万7000円台を回復

 30日後場寄り後の東京株式市場では、日経平均が一段高となり、一時198円37銭高の1万7033円21銭まで上げ、4月28日以来約1カ月ぶりに1万7000円台を回復した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:39 | 株式投資ニュース

伊藤園が決算発表への期待などで高値に並ぶ

■売り残多いまま株価が強いため買い戻し増加の期待も

 伊藤園<2593>(東1・売買単位100株)は30日の前場、3700円(60円高)まで上げ、2016年3月29日につけた07年以来の高値3700円に並んだ。2016年4月期の決算発表を6月の「第1営業日」(6月1日)に予定し、今期・17年4月期の業績見通しなどに期待が強まってきたとの見方が出ている。

 信用売り残をみると買い残の7倍の水準に増加したまま推移。株価が強いため買い戻す動きが増えても不自然ではないとされ、こうした買い注文が増えれば株高を助長する要因になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:12 | 株式投資ニュース

物語コーポ急反発、6月の配当権利付で32%増益と好業績、3月高値からの調整が一巡

 物語コーポレーション<3097>(東1・100株)は155円高の5150円と3日ぶりに急反発だ。とくに、前日までの2日間の合計下げ幅135円を上回る上昇。6月期決算で年55円配当(期末30円)の権利付きで業績も郊外ロードサイドの好立地への積極的な出店、既存店の新メニュー投入効果などで今期32.1%の営業増益見通しと好調。EPSも239.6円(前期209.9円)と優秀。3月30日につけた年初来高値5900円からの調整は5000円前後でダブル底を打ったことにより底入れ完了とみられる。25日線突破が接近、本格反騰が見込まれる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:38 | 株式投資ニュース

sMedioは需給相場の様相を強めて18%高の大幅続伸

■最新のIoT機器開発用ソフトなどに期待続く

 sMedio(エスメディオ)<3913>(東マ・売買単位100株)は30日も大幅続伸となり、10時40分にかけて18%高の2110円(328円高)まで上げて2015年11月以来約半年ぶりの2000円台回復となった。引き続き、5月24日に最新のIoTゲートウェイ機器開発用ソフトウェア・スタックを発表したことなどが材料視されている。

 同日に急伸して以降の値動きが強いため、値幅狙いの資金の参入も増加しているようだ。株価水準はPER300倍台。当面の業績も、ひと頃に比べると低空飛行の見込みだが、それでも株価が強いため需給相場と割り切って参加する雰囲気があるという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:07 | 株式投資ニュース

上海株式は取引開始後に0.2%安となり小幅続落で始まる

■一方、日経平均は144円高の後伸び悩む

 週明け30日の中国・上海株式市場は、取引開始後に総合指数が0.2%安の2814.65ポイント(6.40ポイント安)前後となり、前週末の1.39ポイント安に続き2日続落模様の始まりとなった。

 一方、日経平均は円安基調の再燃などが好感されて朝方に144円84銭高の1万6979円68銭まで上げたが、その後は100円高前後で一進一退となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:38 | 株式投資ニュース