[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/04)スターティアが「AR/VR」市場拡大予想など好感し急伸
記事一覧 (03/04)本日上場のヨシムラ・フードHDは買い気配のまま公開価格の10%高
記事一覧 (03/04)シャープが鴻海の郭董事長が来日と伝わり一時値上がり率トップ
記事一覧 (03/04)日経平均は円高など受け小反落の32円安で始まる
記事一覧 (03/04)3日(木)のNYダウ3日続伸、雇用統計を期待、日経平均は15営業日ぶりにNYダウ上回る
記事一覧 (03/03)【引け後のリリース】ANAPの自社株買いは好調に推移
記事一覧 (03/03)【銘柄フラッシュ】イグニスなど急伸し新規上場の中本パックスは初値好調
記事一覧 (03/03)GMOペパポが急伸し年初からの調整をほぼ完全に回復
記事一覧 (03/03)かんぽ生命が再保険事業での提携観測など好感し5%高
記事一覧 (03/03)ミクシィが「モンスト」と「ドラえもん」コラボなど好感し戻り高値
記事一覧 (03/03)トヨタ上値伸ばすも25日線意識の値動き、日銀動けば昨年来高値挑戦とも
記事一覧 (03/03)CRI・ミドルウェア187円高、治療方針決定支援システムで特許取得、慶応大医学部と試験運用、今期は19%増益
記事一覧 (03/03)トランスジェニックがマイルストーンや特許など好感し大幅続伸
記事一覧 (03/03)大和証券1カ月ぶり700円回復の勢いで上値伸ばす、マイナス金利をプラスに評価
記事一覧 (03/03)上海株式は取引開始後0.3%高前後となり2日続伸基調
記事一覧 (03/03)マルマエ小幅ながら5日続伸、ダブル底からの出直り好足どり、高利回りにロボットの材料
記事一覧 (03/03)ゆうちょ銀行が7%高となりマイナス金利の副作用など消化の様子
記事一覧 (03/03)新日鐵住金が6%高など中国「全人代」材料に鉄鋼株の上げ目立つ
記事一覧 (03/03)バリューゴルフは公開価格の2.5倍で上場2日目に初値
記事一覧 (03/03)本日上場の中本パックスは公開価格を上回って初値つき好スタート
2016年03月04日

スターティアが「AR/VR」市場拡大予想など好感し急伸

■「仮想現実/拡張現実」関連銘柄が動く

 電子書籍作成ソフトなどのスターティア<3393>(東1・売買単位100株)は4日、急伸の始まりとなり、取引開始後に14%高の618円(77円高)まで上げて東証1部の値上がり率上位に進んでいる。

 3次元映像などを駆使する「VR」(バーチャルリアリティー:仮想現実)、「AR」(オーグメンテッド・リアリティ:拡張現実)関連システムも展開し、今朝の日本経済新聞が「米ゴールドマン・サックスはVR・AR関連機器の市場規模が2025年に最大1100億ドル(約12兆4千億円)と予測。1千億ドル前後のテレビやノートパソコンとひけを取らない規模」などと伝えたため期待が高揚したとの見方がある。やはり「AR/VR」関連株のサイバネットシステム<4312>(東1)なども高い。

 同社のAR/VRソフト「COCIOAR(ココアール)」は最近、江崎グリコ<2206>(東1)とオンラインゲームのコロプラ<3668>(東1)との商品キャンペーンなどに使われて効果を挙げた。

 また、例の「都市伝説」で有名になった関暁夫氏の著書「都市伝説シリーズ5」のキャンペーンでは、発売開始後2週間で2万5000ページビュー(pv)、2ヵ月で29万pvが集まったとし注目された。「信じるか信じないかはアナタ次第です」どころではないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース

本日上場のヨシムラ・フードHDは買い気配のまま公開価格の10%高

■公開価格でのPERは8倍少々に過ぎず割安感が

4日新規上場となったヨシムラ・フード・ホールディングス<2884>(東マ・売買単位100株)は買い気配で始まり、9時20分現在は気配値を一段セリ上げ公開価格880円に対し10%高の968円で買い気配となっている。

 資金不足や後継者難などの悩みを抱える中小企業の支援などを、食品業界を中心に展開し、持株傘下には製麺大手の白石興産、シウマイなどの楽陽食品、清酒「南部雫」などの桜顔酒造、冷食のオーブン、ピーナッツバターのダイショウ、水産加工の雄北水産などがある。上位株主には5.13%を保有するJT<2914>(東1)が名を連ねる。

 会社側の2016年2月期の業績見通し(連結)は、売上高が前期比11.4%増の126億7200万円、営業利益は同45.6%増の3億2000万円、純利益は同85.8%増の4億3000万円、1株利益は108円78銭。

 公開価格でのPERは8倍少々。類似銘柄としては三菱食品<7451>(東1)のPER14倍台前半、伊藤忠食品<2692>(東1)のPER18倍前後などが挙げられており、事業規模などは大きく異なるがPERでは比較割安になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース

シャープが鴻海の郭董事長が来日と伝わり一時値上がり率トップ

■偶発的債務の精査で急落する前の水準が焦点に

 シャープ<6753>(東1・売買単位千株)は4日、急伸の始まりとなり、取引開始後に12%高の155円(17円高)まで上げて東証1部銘柄の値上がり率トップに躍り出た。「台湾・鴻海精密工業の郭台銘董事長が来日していて、シャープ買収についての最終協議を進めていることが3日、分かった」と日本経済新聞4日朝刊が伝え、またもや注目が再燃。2月25日以来の水準を回復した。

 2月25日以来の水準は、鴻海精密側が偶発的債務の精査を理由に契約を順延と伝えられて急落した日。この日の朝方までは170円台から180円台で推移しており、まずはこの水準を回復できるかどうか注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

日経平均は円高など受け小反落の32円安で始まる

 4日朝の東京株式市場は、円相場が昨日夕方の1ドル114円台に対して113円台に入ったことなどを受け、日経平均は32円80銭安の1万6927円36銭で始まった。昨日の213円61銭高3日続伸からは小反落となっている。

 ただ、本日は黒田日銀総裁が午前10時過ぎから参議院の予算委員会に出席し答弁すると伝えられており、昨日全面高の銀行株などの値動きが注視されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 株式投資ニュース

3日(木)のNYダウ3日続伸、雇用統計を期待、日経平均は15営業日ぶりにNYダウ上回る

チャート83月3日(木)のNYダウは上昇の弾みを受け継いで3日続伸、終値は44ドル高の1万6943ドル、3日合計の上げ幅は約480ドル、3日続伸は2月12日以来である。4日に発表の雇用統計(2月)に対する期待があるようだ。

ドルは113円半ば、原油は34ドル半ばでいずれも前日水準並み。

一方、3日(木)の日経平均は213円高と値を上げたことで、日経平均はNYダウに対し17円の上ザヤとなり、15営業日ぶりびNYダウを上回った。NN倍率は1.00倍。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:11 | 株式投資ニュース
2016年03月03日

【引け後のリリース】ANAPの自社株買いは好調に推移

■単純に割り残すると時価を上回る値段で買い付ける形になるため注目も

 レディスファッションなどのANAP<3189>(JQS・売買単位100株)は3日の取引終了後、「自己株式の市場買付」(自社株買いの途中経過)を発表し、2016年2月1日から8月31日まで実施する上限株数10万株(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合4.69%)の自社株買いのうち、2月1日から2月29日までで1万6100株を取得したと発表した。3日の株価終値は412円(2円高)だった。

 取得上限株数を単純に取得期間の約7ヵ月で割り残すると、1ヶ月当たり1万4300株取得する計算になり、2月はこれを上回る取得株数になった。また、取得上限金額は5000万円。これも単純に上限株数で割ると、1株500円で買い付ける計算になり、時価を上回る値段で買い付ける形になるため注目する様子もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:25 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】イグニスなど急伸し新規上場の中本パックスは初値好調

 3日は、朝から銀行株や保険、証券株が強く、日銀がマイナス金利を発表した1月29日から1ヵ月を経過して副作用は織り込まれたとされて三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)は後場一段と上値を追って一時9.2%高、ゆうちょ銀行<7182>(東1)は一時7.2%高。かんぽ生命保険<7181>(東1)は一時4.9%高となり、持株会社の日本郵政<6178>(東1)も一時4.0%高となった。

 鉄鋼株、海運株も軒並み高となり、鉄鋼株は中国で3月5日から開催される全人代(全国人民代表大会)で石炭、鉄鋼、セメント産業などの供給過剰・設備過剰に対する対策が議論されるとされ、新日鐵住金<5401>(東1)が大引け4.7%高、JFEホールディングス<5411>(東1)は6.7%高。また、海運株はバルチック海運指数の14日続伸報道などで商船三井<9104>(東1)が8.4%高となり、川崎汽船<9107>(東1)は構造改革で経常益300億円増と伝えられ7.8%高。川崎近海汽船<9179>(東2)も4.1%高。

 コア<2359>(東1)は無人農機の開発促進政策などが材料視されて10.7%高となり、不二サッシ<5940>(東1)は政府の経済対策への期待などで15.1%高。エヌ・ピー・シー<6255>(東マ)は太陽光パネルの受託加工契約などが好感されてストップ高の28.7%高となり、イグニス<3689>(東マ)はアプリ開発の大胆な方向転換の効果などが言われて一時ストップ高の24.6%高。太洋工業<6663>(JQS)は引き続きスマートウェア向け回路技術の開発などが好感されて一時4日連続ストップ高の30.1%高となった。

 本日上場の中本パックス<7811>(東2・売買単位100株)は取引開始とほぼ同時に1480円(公開価格は1470円)で初値がつき、その後1501円まで上げたが前引けは1436円となり、大引けは1425円。

 上場2日目のバリューゴルフ<3931>(東マ・売買単位100株)は9時16分に公開価格1280円の2.5倍の3215円で売買が成立し、後場3400円まで上げて大引けは3355円となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:33 | 株式投資ニュース

GMOペパポが急伸し年初からの調整をほぼ完全に回復

■パルコとのイベントなど好感し先々への期待が優勢

 GMOペパポ<3633>(JQS・売買単位100株)は3日、朝方から大引けにかけて再三ストップ高の5000円(700円高)で売買をこなし、1月6日以来の5000円回復となった。3日付で、同社が運営する国内最大のハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」とパルコ<8251>(東1)との対面販売イベント開始を発表したことが材料になったようだ。

 株価は年初からの全体相場の下げに押された調整幅をほぼ完全に回復。業績は前期から今期にかけて投資先行型で赤字の見込みだが、数字そのものよりも先々への期待が優勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:56 | 株式投資ニュース

かんぽ生命が再保険事業での提携観測など好感し5%高

■金融株が高くゆうちょ銀は6%高となり日本郵政も高い

 かんぽ生命保険<7181>(東1・売買単位100株)は3日、後場も上値を指向する展開となり、14時過ぎに5%高の2696円(127円高)まで上げて本日の現在高値に進んだ。期待材料としては、新たな事業分野とされる再保険関連事業でアメリカンファミリー生命保険との提携観測が日本経済新聞の3日付朝刊で伝えられたことがいわれている。。総務省と金融庁は月内に認可を与える見通しという。

 本日は14時20分にかけて第一生命保険<8750>(東1)が4%高の2日続伸となっているほか、三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)は8%高など、銀行・保険・証券株がほぼ全面高。日銀の「マイナス金利」発表からほぼ1カ月を過ぎ、副作用の面が株価への悪材料としては陳腐化し色あせてきたとの見方が出ている。ゆうちょ銀行<7182>(東1)も6%高となっており、持株会社の日本郵政<6178>(東1)も3%高となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:24 | 株式投資ニュース

ミクシィが「モンスト」と「ドラえもん」コラボなど好感し戻り高値

■新スマホアプリの利用者数も急増し調整相場を離脱の期待も

 ミクシィ<2121>(東1・売買単位100株)は3日の後場寄り後に4090円(95円高)をつけ、このところの回復相場で2日続けて高値を更新している。3月2日付で、同社の大ヒットゲーム「モンスターストライク」(モンスト)と「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」とのコラボレーションを発表したほか、2月27日には、スマホアプリ「マーベル ツムツム」の利用者数が2月24日の提供開始から27日までで100万人を突破したと発表。期待が広がっている。

 昨年来の高値は6670円(2015年6月)になり、以降は12月の5420円を戻り高値に再び調整基調となってきた。目先は26週移動平均の水準である4250円前後までは抵抗感なく上値が見込めるとの見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:07 | 株式投資ニュース

トヨタ上値伸ばすも25日線意識の値動き、日銀動けば昨年来高値挑戦とも

 トヨタ自動車<7203>(東1・100株)は、前日終値で9営業日ぶりに6000円台を回復した流れで112円高の6209円まで値を上げた。前場の終値は56円高の6153円。25日線(6325円)接近を意識した値動きとなっている。「日銀の量的緩和が飛び出し円安が進めば一気に上にいくのだが」(中堅証券)との見方だ。上に行くとは、昨年来高値8783円(15年3月)に挑戦するということなのかもしれない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:05 | 株式投資ニュース

CRI・ミドルウェア187円高、治療方針決定支援システムで特許取得、慶応大医学部と試験運用、今期は19%増益

チャート3 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ・100株)は、在宅医療支援システム構築プロジェクトの、『治療方針決定支援システム』について特許を取得したと発表、187円高の1800円と急伸している。同社は、本特許をもとに慶応大学医学部と共同でプロトタイプによる試験運用を行いながら、主に、「医療方針決定システム」の実用化を目指しシステム開発を進めていく。今期19.9%の営業増益見通しと好内容で昨年来高値は15年4月の2570円。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:53 | 株式投資ニュース

トランスジェニックがマイルストーンや特許など好感し大幅続伸

■昨年6月に3倍高を演じたため期待が強い様子

 バイオベンチャーのトランスジェニック<2342>(東マ・売買単位100株)は3日、昨日のストップ高に続き17%高の836円(124円高)まで上げ、2015年12月以来の800円台回復となった。3月2日付で「臓器ヒト化マウス」が日本で特許を取得と発表。1日付では、米社に提供した肝臓がんマーカーの体外診断薬に関するマイルストーン受領を発表。期待材料の連打となっている。

 2015年6月には、「臓器ヒト化マウス」に関する国際特許出願などが好感されて470円前後から半月ほどで1404円まで約3倍に急騰。こうした急騰相場の再来に期待する雰囲気がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:15 | 株式投資ニュース

大和証券1カ月ぶり700円回復の勢いで上値伸ばす、マイナス金利をプラスに評価

 大和証券グループ本社<8601>(東1・1000株)は、前日、ほぼ1カ月ぶりに700円台を回復した勢いで24.4円高の724.7円と値を伸ばしている。銀行など金融株高もある。金融株については、「これまで、マイナス金利について負の部分が強調されてきたが、前向き運用の評価も出始めている」(市場関係者)という。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

上海株式は取引開始後0.3%高前後となり2日続伸基調

■一方、日経平均は一時208円高

 3日の中国・上海株式市場は、取引開始後に総合指数が0.3%高の2857.95ポイント(8.27ポイント高)前後となり、昨日の4.3%高に続き2日続伸基調の始まりとなった。

 一方、日経平均は円高基調にもかかわらず続伸し、10時20分過ぎに208円46銭高の1万6955円01銭まで上げて昨日の661円高に続き大幅続伸となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

マルマエ小幅ながら5日続伸、ダブル底からの出直り好足どり、高利回りにロボットの材料

 マルマエ<6264>(東マ・100株)は、4円高の540円と小幅高ながら終値ベースで5日連続高となっている。日足チャートは、「ダブル底」形成からの出直りの好チャート展開。540〜550円どころは若干の上値のフシだが大きな圧迫とはならないだろう。本社所在地の鹿児島大学と作業補助等のロボット研究で提携、早期の実用化を目指しているという材料を内包していることから仕込み場といえるだろう。年14円配当で利回りは2.59%と魅力的である。昨年来高値は764円(16年12月)と上値余地は大きい。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

ゆうちょ銀行が7%高となりマイナス金利の副作用など消化の様子

■銀行株がほぼ全面高となり自律反騰の本格化を注視

 ゆうちょ銀行<7182>(東1・売買単位100株)は3日、大幅続伸となり、10時過ぎに7%高の1319円(89円高)まで上げて2月18日以来の1300円台回復となった。会社発表のニュースは特段出ていないようだが、本日は三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)の値上がり率も7%台に達するなど、銀行株が地銀株も含めてほぼ全面高。日銀のマイナス金利発表からほぼ1カ月を過ぎ、副作用の面が株価に対する悪材料としては色あせて陳腐化したとの見方が出ている。

 年初からの下げ過程では、途中1500円前後で揺り戻す場面があったため、経験則的にこの水準まで回復すると戻り売りが増えるとの見方がある。ただ、それでも上値余地は200円幅あるため、自律反騰相場がどこまで本格化するか注視する様子もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:37 | 株式投資ニュース

新日鐵住金が6%高など中国「全人代」材料に鉄鋼株の上げ目立つ

■鉄鋼・石炭などの剰解消ならアジアの景況を映す銘柄として注目

 新日鐵住金<5401>(東1・売買単位100株)は3日、取引開始後に6%高の2212.0円(118.5円高)まで上げて2日続伸となり、JFEホールディングス<5411>(東1・売買単位100株)も6%高の1579.5円(88.5円高)まで上げ、鉄鋼株の出直りが目立っている。中国で3月5日から開催される全人代(全国人民代表大会)では石炭、鉄鋼、セメント産業などの供給過剰・設備過剰に対する対策が議論されるとの観測が伝えられ、国際市況の回復などに対する期待が強まってきたようだ。

 両銘柄とも2月12日を安値に持ち直しており、これは日経平均と同一歩調。ただ、この下値からの回復率をみると、日経平均の約13%に対し、新日鐵住金は約25%、JFEホールディングスは約29%になり、出直りの強さが目立っている。両銘柄ともアジアの景況感を映し出す銘柄として、また大量の投資資金をこなせる銘柄として注目されており、一部では、海外勢の日本株買いが舞い戻り始めたのではないかとの見方も出ている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:02 | 株式投資ニュース

バリューゴルフは公開価格の2.5倍で上場2日目に初値

■ゴルフ場の「1人予約ランド」会員が年4割増のペースで増加

 2日新規上場となったバリューゴルフ<3931>(東マ・売買単位100株)は3日、9時16分に公開価格1280円の2.5倍の3215円で売買が成立し、上場2日目で初値がついた。その後3240円まで上げている。

 ひとりでもゴルフコースを回ることができるゴルフ場予約サイト「1人予約ランド」の運営事業などを展開し、5年前のサイト開始以来、登録会員数は年4割増のペースで増加し、22万人を超えている。会社側の2016年1月期の業績見通し(連結)は、売上高が前期比5.3%増の9億9318万円、純利益は同3.6倍の8959万円、1株利益は65円89銭。

 初値でのPERは49倍。類似会社としてはゴルフダイジェスト・オンライン<3319>(東1)などが挙げられ、ゴルフダイジェスト・オンラインのPERは27倍前後となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:40 | 株式投資ニュース

本日上場の中本パックスは公開価格を上回って初値つき好スタート

■公開価格1470円に対し1480円で売買成立し1500円台に上昇

 3日、新規上場となった中本パックス<7811>(東2・売買単位100株)は、グラビア印刷加工やドライラミネート加工などを行い、自動車内装材、医療関連素材、コンビニ向けの弁当用容器なども製造する。

 取引開始とほぼ同時に1480円(公開価格は1470円)で初値がつき、その後1501円まで上昇。好調なスタートとなった。

 2016年2月期の会社側業績予想(連結)は、売上高が前期比3.4%減の303.0億円、営業利益が同9.6%増の10.8億円、純利益は同13.1%増の6.8億円、1株利益は204円40銭。配当は62円50銭を予定する。

 公開価格1470円でのPERは23.7倍になり、類似銘柄としては野崎印刷紙業<7919>(東2)のPER11倍前後、朝日印刷<3951>(東2)のPER13倍前後、などが挙げられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | 株式投資ニュース