[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/15)UMNファーマが米国への原薬供給など好感しストップ高気配続く
記事一覧 (02/15)ゆうちょ銀行が4日ぶりに1300円回復し「マイナス金利」の影響消化か
記事一覧 (02/15)日経平均が一段高となり13時過ぎに900円高
記事一覧 (02/15)アートスパークHDが後場もストップ高買い気配で大幅増益予想など好感
記事一覧 (02/15)【株式市場】海外からの円安やNY大幅反発など好感し日経平均は急反発
記事一覧 (02/15)松田産業急反発、貴金属低迷で今期減益も増配、低PBRでも注目
記事一覧 (02/15)アパマンショップHDが東京都大田区の「民泊条例」など材料にストップ高
記事一覧 (02/15)ストリーム反発、業績よくインバウンド関連に化粧品・健康分野も拡大で見直し買い
記事一覧 (02/15)アサツーディ・ケイは決算発表「延期」で思惑渦巻くが株価は6%高
記事一覧 (02/15)中国15日「春節」明けの上海株式は総合指数が3%安となり続落模様
記事一覧 (02/15)ジェイテクトはトヨタ高で反発、今期は親を上回る2ケタ増益と8円増配で牽引役の見方も
記事一覧 (02/15)ネットワークバリューコンポネンツが大幅増益決算など好感しストップ高
記事一覧 (02/15)平山は下方修正でストップ安、配当は期末一括の38円へ増配予定で利回り4.5%
記事一覧 (02/15)山崎製パンは12月決算好調だが「ナビスコ」契約終了が影響して安い
記事一覧 (02/15)トヨタ9営業日ぶり急反発、1月22日以来の上げ幅で1カ月前相場再来期待
記事一覧 (02/15)メガバンクが「マイナス金利」発表後初めてそろって高い
記事一覧 (02/15)セブン&アイHDは「ホールディングス」10周年記念配当など好感し急反発
記事一覧 (02/15)週明け15日の日経平均は295円高で始まり4日ぶりに反発
記事一覧 (02/12)【引け後のリリース】リゾートトラストが千株以上の長期保有株主に優待を追加
記事一覧 (02/12)【銘柄フラッシュ】マイネットなど急伸し最近いいところ無しのメガバンクは一時浮揚
2016年02月15日

UMNファーマが米国への原薬供給など好感しストップ高気配続く

■1〜2月のモミ合い抜け出せば大きく上値を追う可能性の見方

 創薬ベンチャーのUMNファーマ<4585>(東マ・売買単位100株)は15日、後場14時40分を過ぎてもストップ高のまま買い気配の1784円(300円高)にが続き、朝方からストップ高買い気配のまま、まだ売買が成立していない。12日の取引終了後に発表した2015年12月決算は赤字継続だったが、同時に、米社が米国で販売する季節性組換えインフルエンザワクチンの原薬についてUMNファーマ子会社の岐阜工場から供給することに合意したと発表。好感買いが殺到した。

 今年1月から2月中旬にかけては1800円前後から2040円の間でモミ合ったため、目先は2000円前後のゾーンに戻り売りが厚いようだ。これを抜け出せば大きく上値を追う可能性があるとみられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:59 | 株式投資ニュース

ゆうちょ銀行が4日ぶりに1300円回復し「マイナス金利」の影響消化か

■第3四半期決算はほぼ順調との見方

 ゆうちょ銀行<7182>(東1・売買単位100株)は15日の後場一段強い展開となり、13時30分にかけて11%高の1307円(134円高)まで上げて2月8日以来4日ぶりに1300円台を回復している。12日の取引終了後に発表した第3四半期決算(2015年4〜12月)は経常収益が3.9%減となるなど減収減益だったが、3月通期に向けてがあるようで、日経平均の上げ幅1000円台といった全体相場の急反発にうまく乗っているようだ。

 日銀が「マイナス金利」を発表したのは1月29日の昼で、その前日終値から直近までの下げ率を見ると、ゆうちょ銀は30.0%の下落、三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)が30.4%、みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)は28.7%。一部には、「マイナス金利」の影響度からみて下落率が大きすぎたとの見方があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:37 | 株式投資ニュース

日経平均が一段高となり13時過ぎに900円高

■メガバンクが一斉高し「マイナス金利」の副作用を織り込んだとの見方も

 15日後場寄り後の東京株式市場では、日経平均が一段高となり、13時過ぎに953円70銭高の1万5906円31銭まで上げた。引き続き前週末に海外市場から円安基調に転じたことや、三井住友フィナンシャルグループ(三井住友FG)<8316>(東1)が12日ぶりに反発するなどで、「マイナス金利」の副作用をメガバンク株が織り込んできた様子であることなどが注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:25 | 株式投資ニュース

アートスパークHDが後場もストップ高買い気配で大幅増益予想など好感

■しばしば同時並行的に動意づいてきたアイサンテクノもストップ高となり思惑再燃

 電子書籍ビューアなどのアートスパークホールディングス(アートスパークHD)<3663>(東2・売買単位100株)は15日、後場も買い気配のままストップ高の1658円(300円高)に張り付いて始まり、本日はまだ売買が成立していない。前売買日の12日に発表した2015年12月期決算で12月期末配当の復配を表明したほか、今期・16年12月期の業績予想を営業利益3.6倍、純利益7.7倍などとしたため期待が高揚した。

 同社は15年11月から自動運転関連技術への取り組みなどが材料視されて動意を強め、800円前後から1月初旬には2995円まで急騰する相場を演じた。直近はこの上げ幅の3分の2押しの水準になる1530円前後を割り込んだが、本日の急伸によりテクニカル的な注目度も再び強まったとの見方が出ている。なお、しばしば同時並行的に動意づいてきたアイサンテクノロジー<4667>(JQS)も本日はストップ高となり、再び思惑を呼んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

【株式市場】海外からの円安やNY大幅反発など好感し日経平均は急反発

◆日経平均の前引けは1万5718円42銭(765円81銭高)、TOPIXは1267.66ポイント(71.38ポイント高)、出来高概算(東証1部)は15億1653万株

チャート8 15日前場の東京株式市場は、海外市場からの円安基調やNY株式の大幅反発313ドル高などが好感されてトヨタ自動車<7203>(東1)の7%高、ソニー<6758>(東1)の6%高、など主力株がほぼ全面高となり、日銀が「マイナス金利」発表以来ほとんど続落だった三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)などのメガバンクも急反発。日経平均は前引けにかけて766円77銭高(1万5719円38銭)まで上げて4日ぶりの急反発となった。前引けは765円81銭高(1万5718円42銭)。主な株価指数はすべて高い。

 日本取引所グループ<8697>(東1)も12%高など証券株も軒並み反発。前売買日に12月決算を発表した日本エスコン<8892>(東2)ネットワークバリューコンポネンツ<3394>(東マ)はストップ高となり、レカム<3323>(JQS)は低位株の手軽さにAI(人工知能)関連企業との提携による期待再燃とされて急反発。

 東証1部の出来高概算は15億1653万株、売買代金は1兆3248億円。1部上場1937銘柄のうち、値上がり銘柄数は96%に相当する1861銘柄、値下がり銘柄数は61銘柄となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:04 | 株式投資ニュース

松田産業急反発、貴金属低迷で今期減益も増配、低PBRでも注目

 松田産業<7456>(東1・100株)は前週後半の下げに対し一転して61円高の1235円と急反発している。10日に第3四半期(4〜10月)決算を発表、今3月期通期は貴金属相場の低迷で予想を下回りEPSでは94.3円(従来予想は128.2円)となるが、3円増配の年28円(期末14円)とする。とくに、1株純資産1975円に対しPBRは0.62倍と割安の目立つ水準。景気回復待ちから短期向きではないものの、資産内容がよいことから中期で注目できる水準だろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:55 | 株式投資ニュース

アパマンショップHDが東京都大田区の「民泊条例」など材料にストップ高

■今年1月にかけて3倍高の相場を演じた直後で値幅調整一巡など注視

 アパマンショップホールディングス<8889>(JQS・売買単位100株)は15日の前場、11時過ぎからストップ高の993円(150円高)に張り付く展開となり、値上がり率は17.8%で前週末までの続落基調から大幅な反発となった。昨年11月頃から「民泊」関連株として活況高となり、東京都大田区が12日「民泊条例」に基づく初の認定書を宿泊旅行サイト運営会社「とまれる」(東京・千代田区)に交付したと伝えられ、関連株人気が再燃したようだ。

 昨年11月中旬までの500円前後から今年1月7日には1642円まで上げて2008年以来の高値に進んだ。3倍高の相場を演じた直後のため調整は当然との見方があり、本日は上げ幅の3分の2押しの水準を下値に出直ったため値幅調整に一巡感が出るかどうか注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:31 | 株式投資ニュース

ストリーム反発、業績よくインバウンド関連に化粧品・健康分野も拡大で見直し買い

チャート2 ストリーム<3071>(東マ・100株)は9円高の126円と反発に転じている。前週110円台に下げ2014年3月の安値(106円)水準に近づいたことで好業績とインバウンド関連から注目の展開といえる。2016年1月期・第3四半期では前年同期比で営業利益2.2倍と好調、通期では33.7%増益となる見通し。1月期決算は3月14日発表の予定で、次期の見通しについてもインバウンド関連需要の伸長で増益が予想される。子会社エックスワンで漢方エキスの入った栄養液体ドリンクを発売し化粧品や健康分野が着実に拡大している。2014年9月には高値540円があり上値目処は大きい。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

アサツーディ・ケイは決算発表「延期」で思惑渦巻くが株価は6%高

■一部で東芝の例など妄想されたが「株価が物語る」可能性も

 総合広告会社アサツー ディ・ケイ<9747>(東1売買単位100株)は15日、反発となり、10時50分を過ぎては6%高の2520円(148円高)まで上げ、本日この時間までの高値をつけている。前売買日・12日の取引終了後、この日発表の予定だった2015年12月期決算を延期すると発表したが、株価への影響は限定的のようだ。

 発表によると、延期の要因は「確定に若干の時間を要することとなったため」とした。このため、朝方は一部に東芝<6502>(東1)のような不適切会計などを想起して不安視する様子があったが、「こういうときは事情通や早耳筋も売買に参加しているとみるべきで、株価が物語ってくれる可能性が高い」(市場関係者)と、逆に好決算の可能性を想定する向きもある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

中国15日「春節」明けの上海株式は総合指数が3%安となり続落模様

■一方、日経平均は10時40分にかけて731円高

 15日の中国・上海株式市場は「春節」(旧正月)明け最初の取引となり、取引開始後に総合指数が約3%安の2685.49ポイント(78.35ポイント安)前後で推移し、「春節」休場前の2月5日の2763.49ポイント(17.53ポイント安)に続いて2日続落模様の始まりとなった。香港市場は10日から新年の取引が始まり、15日は3日続落模様の2%安前後で推移している。

 一方、日経平均は4日ぶりの反発となり、10時40分にかけて本日現在高となる731円35銭高(1万5683円96銭)まで上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース

ジェイテクトはトヨタ高で反発、今期は親を上回る2ケタ増益と8円増配で牽引役の見方も

 トヨタ系のジェイテクト<6473>(東1・100株)は88円高の1507円と前日の77円安から反発となっている。1位株主であるトヨタ株高に引っ張られている。現在の水準は戻り高値2320円(12月1日)に対しほぼ6.5合目。トヨタのチャートとほとんど同じ形で今後もトヨタ次第といえるが、ただ、同社の今3月期の営業利益は2ケタ伸長でトヨタより大きい。配当は年42円(期末21円)へ前期から年8円増配する予定。このため、これからは同社株がトヨタ株をリードするのではとの見方もあるようだ。なお、年初来高値は昨年6月の2400円。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース

ネットワークバリューコンポネンツが大幅増益決算など好感しストップ高

■今期は最高益更新の見込みでPER割安感強まる

 ネットワーク監視システムなどのネットワークバリューコンポネンツ<3394>(東マ・売買単位100株)は15日、急反発となり、一時ストップ高の2100円(400円高)まで上げて売買活発となっている。12日に発表した2015年12月期決算の利益が予想を大幅に上回り、連結営業利益は前期比約6倍の大幅回復となったほか、今期の見通しも営業・経常利益を47〜49%増、純利益は53%増の見込みとし、純利益は4期ぶりに最高益を更新することなどが好感された。

 今期の予想1株利益は162円58銭としたため、株価は3000円まで上げてもPER18倍ソコソコに過ぎなくなり、類似銘柄の中にはPER80倍台の銘柄もある点で割安感が大きく強まったといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

平山は下方修正でストップ安、配当は期末一括の38円へ増配予定で利回り4.5%

 平山<7781>(JQ・100株)は、下方修正で300円ストップ安の839円売り気配となっている。前週末に2016年6月期・第2四半期決算を発表し通期見通しを下方修正した。精密機器分野の主要取引先で一部商品で減産が発生し受注が計画を15%下回ることが響き、通期の営業利益を従来予想の4億3000万円から1億2400万円とした。EPSも予想の149.9円は23.4円の見通し。配当は期末一括の年38円(前期は年35.22円)の予定。利回りは4.5%と高いことから配当狙いの買いも予想されそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:16 | 株式投資ニュース

山崎製パンは12月決算好調だが「ナビスコ」契約終了が影響して安い

■ヤマザキナビスコが9月から「ヤマザキビスケット」に

 山崎製パン<2212>(東1・売買単位千株)は15日、軟調続落の始まりとなり、取引開始後に2180円(264円安)まで軟化する場面を見せて売買交錯となっている。前週末の取引終了後に2215年12月期の決算と売買単位の100株への変更、および連結子会社ヤマザキ・ナビスコのライセンス契約終了を発表。12月決算は連結営業・経常利益とも2割増益となり、今期の見通しも営業利益を11%増、純利益は26%増とするなどで好調だったため、米ナビスコ社のブランドである「リッツ」「オレオ」などの販売終了が投資家心理に影響したとの見方が出ている。

 発表によると、ヤマザキナビスコは、昭和45年(1970年)10月に山崎製パン、米国ナビスコ社(後に米国クラフト・フーズ社に統合し現在は「モンデリーズ・インターナショナル社」)、および日綿實業(現在は双日)の合弁会社として設立された。

 モンデリーズ・インターナショナル社とのライセンス契約を来る8月31日の契約満了日をもって終了させることを決定。これに伴い、ヤマザキナビスコは、9月1日をもって商号をヤマザキビスケット株式会社(以下「ヤマザキビスケット」という。)に変更。なお、「オレオ」「リッツ」「プレミアム」および「チップスアホイ」の4ブランド製品につきましては、8月31日をもって製造を終了し、残余在庫の販売を経て終売するという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース

トヨタ9営業日ぶり急反発、1月22日以来の上げ幅で1カ月前相場再来期待

チャート2 トヨタ自動車<7203>(東1・100株)は、319円高の6029円と窓開けして寄付き370円高の6080円と9営業日ぶりに急反発している。1月22日の430円高(終値)以来の上げ幅で、当時は1月21日のボトム6932円から22日の急伸を交え、2月1日の7355円まで約420円高したことから今回も前週末12日のボトム5703円から同値幅の6200円台が予想されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース

メガバンクが「マイナス金利」発表後初めてそろって高い

■三井住友FGは12日ぶりに反発し当面は自律反騰の見方も

 15日朝は、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1・売買単位100株)が取引開始後に8%高の483.5円(37.3円高)まで上げ、三井住友フィナンシャルグループ(三井住友FG)<8316>(東1・売買単位100株)も同じく8%高の3100.0円(240.5円高)、みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)<8411>(東1・売買単位100株)も8%高に迫る167.4円(12.2円高)まで上げ、メガバンク各銘柄が全面高の始まりとなっている。

 これら3銘柄がそろって上げるのは、日銀が「マイナス金利」を発表した1月29日以降では初めて。とりわけ三井住友FGは売買日ベースで1月28日から2月12日まで11日連続安となり、12日まで10日続けて昨年来の安値を更新してきた。今朝は、NY株式の4日ぶり反発、為替の円安復活などを受けて日経平均の先物などが先行高となり、裁定取引等による機械的な買いも少なからず入っているようだが、まる2週間ほとんど下げっぱなしだったため、しばらくは自律反騰が続くとの見方も出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

セブン&アイHDは「ホールディングス」10周年記念配当など好感し急反発

■今年の2月期末配当・優待は2月24日が買い付け期限

 セブン&アイ・ホールディングス<3382>(売買単位100株)は15日、急反発の始まりとなり、取引開始後に4635円(210円高)まで上げた。今朝、15日の取引開始前に「ホールディングス」設立10周年の記念配当8円を2016年2月期末に実施すると発表。従来から2月期末に予定している普通配当38円50銭とあわせて46円50銭の見込み(前年同期実績比では10円増加)としたため、好感買いが集まった。今年の2月末の配当・優待を確保するには2月24日が買い付け期限(権利付最終日)になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース

週明け15日の日経平均は295円高で始まり4日ぶりに反発

 週明け15日朝の東京株式市場は、円安基調や前週末のNY株式の急反発313ドル高などが好感され、日経平均は295円77銭高の1万5248円38銭高で始まった。前週末15日の760円安までの3日続落から大幅反発となっている。

 なお、本日は中国・上海株式が1週間の春節(旧正月)休場を終えて新年の取引開始となる。香港市場は11日に始まり、12日も軟調で続落だった。また、NY市場の週明け15日はプレジデントデーで休場になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 株式投資ニュース
2016年02月12日

【引け後のリリース】リゾートトラストが千株以上の長期保有株主に優待を追加

■「5割引」の優待券を各々1枚追加して贈呈

 リゾートトラスト<4681>(東1・売買単位100株)は12日の大引け後、株主優待制度の拡充を発表し、1000株以上の株主で3年以上の長期保有株主に対し、株主優待券(5割引券)を1枚追加して贈呈すると発表した。12日の株価終値は2400円(233円安)だった。

 発表によると、保有株式数が100株以上1000株未満の株主には長期保有の特典を設けず、従来通り3割引券1枚を贈呈する。一方、たとえば1000株以上2000株未満の株主には、長期保有対象株主への特典として、通常の5割引券1枚にもう1枚加えて計2枚を贈呈。また、2000株以上4000株未満の株主には、通常の5割引券2枚にもう1枚加えて計3枚贈呈する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:40 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】マイネットなど急伸し最近いいところ無しのメガバンクは一時浮揚

 12日は、すかいらーく<3197>(東1)が10日発表の四半期決算や中期計画などを好感して後場一段高となり、大引け14.2%高で東証1部の値上がり率1位(上場投信を除く)。ライオン<4912>(東1)も四半期決算が好調で、前場の高値は抜けなかったが8.7%高となり東証1部の値上がり率2位(同)となった。

 サッポロホールディングス<2501>(東1)は四半期決算が好調で今期の大幅増益見通しも好感され、後場一段強含んで大引け4.4%高と出直りを試す様子。本日13時に四半期決算を発表した横浜ゴム<5101>(東1)は一気に堅調転換し0.4%高。

 三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)は11日連続安の4.1%安となり、9日続けて昨年来の安値を更新したが、黒田日銀総裁が正午頃に首相官邸に入り相談と伝わると13時頃に一時0.5%高程度だが前日比プラス圏に浮上する場面があった。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)も大引けは2.2%安だが取引時間中に何度か前日比プラス圏に浮上する場面があり、メガバンク各銘柄は一方的な下落基調に変化の兆し。

 グローバルダイニング<7625>(東2)は10日発表の四半期決算の大幅黒字転換など好感されて10.1%高。12月上場のマイネット<3928>(東マ)は12月の高値以降ほとんど相場がないままだったこともあり、四半期決算などが好感されてストップ高の25.6%高。そーせいグループ<4565>(東マ)四半期決算の大幅増益のほか新薬候補化合物の臨床好調との発表も言われて7.9%高。リバーエレテック<6666>(JQS)は四半期決算の完全黒字転換などが好感されてストップ高の25.4%高。ユニバーサルソリューションシステムズ<3390>(JQS)は四半期赤字だったが通期の赤字縮小の可能性に期待が出た様子で15.3%高。パピレス<3641>(JQS)は電子書籍レンタルサイトの会員数200万人突破も好感されて4.4%高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:03 | 株式投資ニュース