[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/17)サイバーダインは前向きの赤字との見方で後場一段ジリ高
記事一覧 (08/17)日経平均は後場急速に上げ幅縮小、GDPダウンが上値圧迫
記事一覧 (08/17)ミクシィが3ヵ月ぶりに5000円を割り値幅調整一巡の見方も
記事一覧 (08/17)東京電力が大商い、買方が売方の買い戻し狙って姿勢高める
記事一覧 (08/17)雪印メグミルクが好業績など背景に高値更新、三角もち合いを放れる
記事一覧 (08/17)キャリアリンクはジリ高から上げスピード増し上場来高値、足の軽さ抜群
記事一覧 (08/17)東芝は売方が深追い避け買い戻しに動き4日ぶり反発
記事一覧 (08/17)JPホールディングス26週線抜き出直り本格化、好業績を評価
記事一覧 (08/17)東京海上HDが好業績と一部保険料値上げ観測でモミ合い放れる
記事一覧 (08/17)キャノン反発も低利益進捗率で上値追いの勢い欠ける、25日線上で注目
記事一覧 (08/17)平山は下げるも前日の安値はキープ、底値到達感、業績好調
記事一覧 (08/17)トシン・グループが発行株数の5.6%の自社株買いを好感し急伸
記事一覧 (08/17)トヨタの8000円割れに押し目買い活発
記事一覧 (08/17)ITBookは一時4ケタ割るが第1四半期の赤字を織り込む可能性
記事一覧 (08/17)トヨタやイオンなど堅調で天津の大爆発の影響乗り越える
記事一覧 (08/17)パーク24が月次を好感し出直り強め買い戻しも注目
記事一覧 (08/17)星光PMCは週足7本ぶり4ケタ乗せで戻り売りから押し目買いに転換
記事一覧 (08/16)天津港は世界第4位の貿易港
記事一覧 (08/16)中国天津の大爆発による大気汚染の日本に対する影響は?
記事一覧 (08/14)ネクソンが好業績評価して19.6%上昇、東証1部トップ
2015年08月17日

サイバーダインは前向きの赤字との見方で後場一段ジリ高

 CYBERDYNE(サイバーダイン)<7779>(東マ)は第1四半期の決算順調を好感して後場一段ジリ高基調となり、13時30分にかけて1500円(31円高)台を回復している。赤字だが研究開発費などによる前向きの赤字との受け止め方が少なくなく、人体に装着するロボットに加えて人工知能の搬送ロボも空港への導入が予定され注目されている。8ヵ月近く1400円前後を下値とする相場のモミ合いが煮詰まってきたため、新たな相場を形成する土壌が整ってきた可能性はある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:32 | 株式投資ニュース

日経平均は後場急速に上げ幅縮小、GDPダウンが上値圧迫

朝高の日経平均は後場、急速に伸びやんでいる。前場は149円高の2万0688円まで値を上げたものの、一転して後場は上海総合指数の軟調もあって41円高前後まで上げ幅を縮小している。やはり、GDPの年率マイナス1.6%減少が上値を押さえているようだ。なぜなら、足元で直ちに景気対策が出るわけではないからだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース

ミクシィが3ヵ月ぶりに5000円を割り値幅調整一巡の見方も

 ミクシィ<2121>(東マ)は5月15日以来の5000円割れとなり、後場寄り後は4800円(330円安)前後で売買交錯。8月13日に発表した第1四半期決算は大幅増益だったが翌日の株価が伸びきれず、落胆感があるようだ。ただ、PERは7倍台。見方によっては、今年前半に1月の4000円前後から6月に6600円台まで上げたため、これに対置する調整相場で5000円を割ったことで心理的にも値幅調整は一巡したと期待する様子がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:51 | 株式投資ニュース

東京電力が大商い、買方が売方の買い戻し狙って姿勢高める

東京電力<9501>(東1・売買単位100株)は九州電力川内原発1号機稼動の刺激を受け前場では出来高第2位の大商い。前場では前日1日分の約4倍。日証金では貸借倍率1.9倍と取組拮抗、買方が売方の買い戻しを狙う動きに出たようだ。年初来高値は939円、前場終値893円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:40 | 株式投資ニュース

雪印メグミルクが好業績など背景に高値更新、三角もち合いを放れる

 雪印メグミルク<2270>(東1)はモミ合い放れから前場205円高の2430円まで上げ、2009年の経営統合後の高値を更新した。第1四半期が好調で、みずほ証券が目標株価を2390円から2620円に引き上げたと伝えられたことにストレートな反応となった。三角もち合いを放れた形になり、チャート面でも値幅のともなう上昇が本格化する可能性が出てきた。信用売り残が多いまま高値を更新したため注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:33 | 株式投資ニュース

キャリアリンクはジリ高から上げスピード増し上場来高値、足の軽さ抜群

キャリアリンク<6070>(東1・売買単位100株)はこれまでのジリ高から上昇スピードを増し118円高の2581円と去る5日の2528円を上抜いて上場来高値を大きく更新している。官公庁及び大手企業のプロセス業務請負と人材派遣がともに好調。1部市場では小型で足の軽さが注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:23 | 株式投資ニュース

東芝は売方が深追い避け買い戻しに動き4日ぶり反発

東芝<6502>(東1・売買単位1000株)は売方の買い戻しが入って5.4円高の367.9円と4日ぶりの反発となっている。底入れ確認とは言えないものの、前週末に361.3円と去る7月16日につけた年初来安値361.2円に接近したことで、売方が深追いを避け、一旦、矛先を収めたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:01 | 株式投資ニュース

JPホールディングス26週線抜き出直り本格化、好業績を評価

JPホールディングス<2749>(東1・売買単位100株)は330円台でのモミ合いが良かったことから注目され10円高の356円と上昇相場入りの展開だ。子育て支援の最大手で事業環境よく今3月期も2ケタの増収増益見通し。久々に26週線突破で2月につけた年初来高値400円を目指す動きだろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:52 | 株式投資ニュース

東京海上HDが好業績と一部保険料値上げ観測でモミ合い放れる

 東京海上ホールディングス<8766>(東1・売買単位100株)は10月から一部保険料を引き上げると伝えられて2007年6月以来の高値を更新し、前場は124.0円高の5504.0円まで上げた。第1四半期決算は8月7日の取引時間中に発表し、この日は105.0円高と急伸。これに続いてモミ合い放れ型の高値更新となったため、再び上昇軌道に乗った可能性が出てきた。配当利回りが高く9月中間配があり、NISA(少額投資非課税制度)に好適との見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

キャノン反発も低利益進捗率で上値追いの勢い欠ける、25日線上で注目

キャノン<7751>(東1・売買単位100株)は25日線を上回った底堅い動きとなっていることから打診買いに22.5円高の4039円と前日の20円安から反発となっている。出来高は少なく、前月27日の今12月期・第2四半期の営業利益進捗率が低く上値追いの勢いは感じられない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:51 | 株式投資ニュース

平山は下げるも前日の安値はキープ、底値到達感、業績好調

平山<7781>(JQ・売買単位100株)は前日終値に対し32円安の2068円と下げているが、前日につけた場中安値2031円に対しては上値で止まり底値感が台頭している。製造業向け派遣好調で業績拡大。上場後高値から約26%の下げは中期狙い場だろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:40 | 株式投資ニュース

トシン・グループが発行株数の5.6%の自社株買いを好感し急伸

 トシン・グループ<2761>(JQS)は17日の10時に自己株式の取得(自社株買い)を発表し、2015年8月18日から16年7月31日の間に、上限株数50万株(自己株式を除く発行済み株式総数の5.6%)、上限金額15億円で市場買いつけを行うとした。株価は発表直後に急伸して7.8%高の2600円(189円高)まで上げ、7月21日以来の水準を回復した。発行株数の5.6%は、自社株買いの中ではパーセンテージが大きい部類に入る。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース

トヨタの8000円割れに押し目買い活発

トヨタ自動車<7203>(東1・売買単位100株)の8000円以下には押し目買いが活発で25円安の7920円と下げたものの7971円と戻している。3月24日の年初来高値8783円に対し9合目水準。「下げるものならとっくに下げていたはず」と相場の強さを評価、秋相場に期待の声も出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:06 | 株式投資ニュース

ITBookは一時4ケタ割るが第1四半期の赤字を織り込む可能性

 業務最適化コンサルティングなどのITBook<3742>(東マ)は朝方に一時5月1日以来の1000円割れとなる981円(216円安)まで下げたが、10時にかけては1040円(157円安)前後まで回復しながら売買交錯となっている。14日に2016年3月期・第1四半期決算(15年4〜6月)を発表し、連結営業利益が前年同期の0.6億円の赤字から1.3億円の赤字になるなど、全体的に赤字が拡大。しかし、4ケタ割れが一時的にとどまる場合、当面の業績を織り込んだ形になって反発の芽が出てくる可能性がある。

 第1四半期の売上高は前年同期比29.5%増加し、マイナンバー制度に対応する需要などが活発に推移している様子がうかがえる。同社の事業特性は下期・期末偏重型とされ、第2四半期の業績見通し(4〜9月)も当初から赤字。3月通期の見通しは売上高が前期比42%増の28億4200万円、営業利益が同71%増の2億3400万円などを据え置いた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:02 | 株式投資ニュース

トヨタやイオンなど堅調で天津の大爆発の影響乗り越える

 トヨタ自動車<7203>(東1)は朝寄り後7950円(5円高)前後で売買交錯となり、13日までの3日続落から2日続けて出直っている。前週、中国・天津で発生した大規模な爆発事故により、合弁する第一汽車集団の工場の操業を週明けも停止することが伝えられたが、株価への影響は限定的のようだ。同様に被害が出た富士重工業<7270>(東1)も4666.5円(5.5円高)前後で2日続伸基調となり、イオン<8267>(東1)は1942.0円(31.0円高)まで上げて3日続伸基調となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 株式投資ニュース

パーク24が月次を好感し出直り強め買い戻しも注目

 パーク24<4666>(東1)は朝寄り後に5.2%高の2484円(125円高)をつけ、一時東証1部の値上がり率2位に進んで出直りを強める始まりとなった。14日付で7月の月次動向を発表し、総駐車場数の合計台数(直営駐車場プラス管理受託駐車場)が4カ月連続で増加したことなどが好感されている。

 2015年10月期・第3四半期決算の発表は8月31日の予定。カーシェア事業の拡大やEV(電気自動車)充電器の設置拡大などが注目されている。業績動向などへの期待が強まれば買い戻しが増加する可能性があり、信用売り残が買い残を上回る状態のため、買い戻しの潜在的な埋蔵量は大といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース

星光PMCは週足7本ぶり4ケタ乗せで戻り売りから押し目買いに転換

 星光PMC<4963>(東1・売買単位100株)は、7週間ぶりの週足終値1000円台乗せで注目される動き。このまま、2〜3週、1000円台を固めれば短命相場ではなく息の長い相場となる可能性がある。今期の大幅増益に好テーマ性のある材料を内包、年初来高値3月7日の1978円に対し5合目ということで上値狙いができる魅力がある。押し目買いでよいだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:07 | 株式投資ニュース
2015年08月16日

天津港は世界第4位の貿易港

 中国は元を3日連続で切り下げ、輸出の刺激策としたが、天津の化学工場が大爆発をしたことにより、輸出目前の完成車が完全燃焼する事態となり、輸出不可能となっている。現在のところ、3日連続の元切り下げも完璧に効果が消失する結果となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:31 | 株式投資ニュース

中国天津の大爆発による大気汚染の日本に対する影響は?

 天津での大爆発により、非常に毒性なシアン化物が数百トン保管されていたと報道されたこともあり、大気汚染が心配となっている。現地では、マスクをしている映像が流れている。PM2.5が日本に飛んできている現状から判断すると、日本においても汚染の影響が心配されるが、そのような報道はなされていない。しかし、気掛かりである。関連銘柄としては、重松製作所<7980>興研<7963>アゼアス<3161>などが対象となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:17 | 株式投資ニュース
2015年08月14日

ネクソンが好業績評価して19.6%上昇、東証1部トップ

チャート1 オンラインゲームのネクソン<3659>(東1・売買単位100株)は業績好調評価と1部市場の値の軽い銘柄狙い人気から309円高の1941円と急伸、7月24日の1841円を抜いて上場来高値を更新。値上り率は19.6%と東証1部1位。初となる2000円相場も見込めそうな勢いだ。

 13日(木)発表の15年12月期・第2四半期は前年同期比12.1%増収、営業利益7.7%増益。通期予想は公表せず、第3四半期について公表、営業利益は前期比3.5%〜9.8%増益としている。配当は年10円の予定。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:54 | 株式投資ニュース