[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/25)【注目のリリース】アミューズは第4四半期も好調で業績予想を増額
記事一覧 (04/25)【銘柄フラッシュ】新日本無線や日本金銭機械が急伸し、新上場のオークファンは買い気配
記事一覧 (04/25)日本金銭機械がカジノ解禁検討を材料にストップ高となりオーイズミも高い
記事一覧 (04/25)ダイハツ工業は今期の予想が慎重で決算発表後に下げるが為替に期待
記事一覧 (04/25)信越化学工業は今期の予想を保留し軟調で「陰線つつみ足」の懸念
記事一覧 (04/25)トリドールはTPPの恩恵などに期待を強めて連日高値
記事一覧 (04/25)【銘柄フラッシュ】新日本無線が急伸し新規上場のオークファンは公開価格の4倍気配
記事一覧 (04/25)住石ホールディングスは炭火力発電所の増設構想を材料に急伸
記事一覧 (04/25)ニチイ学館は業績予想の増額を好感し戻り高値
記事一覧 (04/25)そーせいが新薬の試験良好を好感しストップ高
記事一覧 (04/25)キヤノンは通期の業績予想を増額したものの反落
記事一覧 (04/25)KDDIはグループ化したJCOMの決算を好感して高値更新
記事一覧 (04/25)本日新規上場のオークファンは買い気配で始まり好発進
記事一覧 (04/24)【日成ビルド工業】がトーセイグループと提携し事業領域に厚み
記事一覧 (04/24)【引け後のリリース】ツインバード工業が業績予想を増額し「地方株」底上げ妙味
記事一覧 (04/24)【銘柄フラッシュ】タカラバイオやアイサンテクノが急伸し三菱自動車は20%高
記事一覧 (04/24)タカラバイオは筋ジスでの「iPS細胞」成果など材料に後場急伸
記事一覧 (04/24)住友化学は農業関連の側面から出遅れ感を強めて戻り高値
記事一覧 (04/24)ケイブは新興市場の活況を受けて出遅れ感が強まりストップ高
記事一覧 (04/24)小野建999円、4ケタにあと一歩、1株利益100円期待で4ケタからスピードアップ
2013年04月25日

【注目のリリース】アミューズは第4四半期も好調で業績予想を増額

■コンサートなどに加え楽曲販売や印税収入も好調

 芸能プロダクションのアミューズ<4301>(東1)は25日の大引け後、2013年3月期の連結業績予想を増額発表し、売上高に相当する営業収入は従来予想を9.5%増額して308.71億円に、営業利益は同じく29.9%増額して40.92億円に、純利益は同30.5%増額して24.8億円の見込みとした。

 発表によると、第3四半期までで、コンサートや舞台公演、関連グッズの販売なども含め予想以上に好調だった上、第4四半期は、大型のイベントなどを予定してなかった中で新譜・旧譜楽曲の販売や印税収入が好調だった。増額後の予想1株利益は280円04銭。

 株価は4月中旬から上昇ピッチを強め、24日に2598円まで上昇。2週間で30%近い値上がりとなった。本日の終値は2511円(82円安)。1株利益の9倍弱(PER8.9倍)のため、割安感は強い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:11 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】新日本無線や日本金銭機械が急伸し、新上場のオークファンは買い気配

 24日後場は、明日の日銀金融政策決定会合に漠然とした期待があり、引き続き円が軟調に推移したため、トヨタ自動車<7203>(東1)が一段ジリ高2.0%高と高値更新の幅を拡大。芝浦メカトロニクス<6590>(東1)は13時に発表した決算を好感し11.6%高となり高値を更新。13時30分に発表した日立キャピタル<8586>(東1)は一時急伸し戻り高値の後2.7%高。14時に予想を増額発表した三社電機製作所<6882>(大2)は7.2%高となって高値更新。

 本日、新規上場となったオークファン<3674>(東マ)は買い気配のまま売買が成立せず、公開価格2600円に対し、大引けは約2.3倍の5980円の気配値で終了。ネットオークションやショッピングサイトの価格情報、商品情報などを検索、比較できるサイト「aucfan.com」で急成長。

 材料株はいぜん物色が活発で、バイオ関連株は軒並み高。タカラバイオ<4974>(東マ)は8.9%高となり、連日高値に進んで東証マザーズ市場の売買代金トップ。ユーグレナ<2931>(東マ)は藻類活用のバイオエネルギーで17.6%ストップ高。

 キヤノン<7751>(東1)は全上場銘柄の中で売買代金1位となり、業績予想の増額にモノ足りなさがあるようで6.4%安と下げたものの、25日移動平均の水準で下げ止まる動き。

 東証1部の値上がり率1位は前引けに続き新日本無線<6911>(東1)の29.0%ストップ高となり昨日3月決算を発表し今期大幅増益の予想を出したことが好感され2010年来の350円台を回復、2位は日本金銭機械<6418>(大1)となり大証・東証ともストップ高に達し東証の値上がり率は24.8%高、3位は大幸薬品<4574>(東1)の18.1%高となり鳥インフルエンザ関連妙味が言われ戻り高値。大引け後に増額修正を発表した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:19 | 株式投資ニュース

日本金銭機械がカジノ解禁検討を材料にストップ高となりオーイズミも高い

 日本金銭機械<6418>(大1)は時間と共に上値を追う相場になり、14時40分を過ぎて大証・東証ともストップ高の1507円(300円高)に達し、24.9%高で東証1部の値上がり率2位となった。家事の関連株のひとつで、政府が6月に取りまとめる新成長戦略の目玉の一つとして、カジノ解禁検討を盛り込む方向で調整に入った、と昨日の時通信が伝えたことが材料になった。オーイズミ<6428>(東1)も16.5%高と上げている。


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:51 | 株式投資ニュース

ダイハツ工業は今期の予想が慎重で決算発表後に下げるが為替に期待

 ダイハツ工業<7262>(東1)は13時に2013年3月期の決算を発表し、純利益が前期比25.0%の814.06億円で最高を更新するなど好決算。ただ、株価は発表前の2050円(50円高)前後から下げ相場になり、一時1945円(55円安)まで軟化した。今期・14年3月期の予想を営業利益は1.5%増、純利益は0.7%増とするなど、慎重な設定にしたことが影響したようだ。ただ、今期の想定為替レートを対ドルは93円としたため、本日午後の実勢の99円40銭前後からみれば大幅な円高を想定。まだまだ為替差益の出る可能性を含むため、下値買いは活発のようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:35 | 株式投資ニュース

信越化学工業は今期の予想を保留し軟調で「陰線つつみ足」の懸念

 信越化学工業<4063>(東1)は25日の後場、中盤から軟調の度合いを強め、前引け値6820円(40円安)から13時45分には6680円(180円安)まで軟化する場面があった。13時30分に2013年3月期の決算を発表し、連結営業利益が5.0%増、純利益も5.0%増など、小幅増益にとどまった上、一般的には発表する今期の予想を「開示が可能になった時点で速やかに開示」として保留したことも手控える要因になったようだ。前場は6910円まで上げて高値を更新。しかし、午後の軟化によって、ロウソク足罫線では「陰線つつみ足」と呼ばれる不吉な足(あし)をつける可能性が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:05 | 株式投資ニュース

トリドールはTPPの恩恵などに期待を強めて連日高値

 セルフサービスうどん店のトリドール<3397>(東1)は24日、大幅続伸となって東証1部昇格以来初の1400円台に乗り、13時現在は1412円(14円高)。13年3月期の決算は営業・経常・純利益とも連続増益が見込まれ、また、PERは7倍前後のため、東証1部銘柄の平均PER24倍からみて割安感が強いことなどが材料視されている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:53 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】新日本無線が急伸し新規上場のオークファンは公開価格の4倍気配

 24日前場は、黒田日銀総裁の参議院予算委員会での発言に期待があり、円安基調なども好感し、ホンダ<7267>(東1)が1.0%高ながら高値を更新し、京セラ<6971>(東1)も0.6%高で高値を更新。緩和策の浸透などにも期待が強く、澁澤倉庫<9304>(東1)も高値を更新する場面があり前引けは前日比変わらず。

 本日、新規上場となったオークファン<3674>(東マ)は前場、買い気配のまま売買が成立せず、好発進。公開価格2600円に対し、前引けは4倍の1万400円の気配値。ネットオークションやショッピングサイトの価格情報、商品情報などを検索、比較できるサイト「aucfan.com」で急成長。業績は好調で、今期・2013年9月期の予想は、売上高を前期比15.6%増の7.16億円、営業利益を同48.5%増の2.99億円、純利益を同92.0%増の1.93億円、1株利益は123円73銭と見込む。

 東証1部の値上がり率1位は新日本無線<6911>(東1)の29.0%ストップ高となり昨日3月決算を発表し今期大幅増益の予想を出したことが好感され2010年来の350円台を回復、2位は日本電産トーソク<7728>(東1)の19.4%高となり親会社による完全子会社化を引き続き好感、3位は住石ホールディングス<1514>(東1)の17.1%高となり政府の石炭火力発電所に対する積極構想を好感し2008年来の高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:20 | 株式投資ニュース

住石ホールディングスは炭火力発電所の増設構想を材料に急伸

 石炭株の住石ホールディングス<1514>(東1)は25日、急伸となって高値を更新し、31.9%高の178円(43円高)まで上げた後も11時を過ぎて160円(25円高)。値上がり率で東証1部の1位を争う場面があった。政府がエネルギー調達の厳しい環境を踏まえ、「コストの安い石炭火力発電所の建設に道を開くと今朝の日本経済新聞が伝えたことを材料視。ゴールデンウィーク中は材料株相場が活発化する傾向があるため、先回りする動きがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:27 | 株式投資ニュース

ニチイ学館は業績予想の増額を好感し戻り高値

 ニチイ学館<9792>(東1)は25日、戻り高値を更新する相場になり、11.6%高の1016円(106円高)まで上げて2012年5月以来の高値を更新。昨日、3月決算の見込みを全体に増額修正し、連結純利益は29億円の見込みから43億円に引き上げたことが好感されている。決算発表は5月14日の予定で、今期の予想にも期待が強まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:44 | 株式投資ニュース

そーせいが新薬の試験良好を好感しストップ高

 創薬ベンチャーのそーせいグループ<4565>(東マ)は25日、買い気配を上げた後ストップ高の5390円(基準値から700円高)で売買成立となり、2日続けて2005年来の高値を更新した。昨日、同社などが開発し米ノバルティス社に導出した慢性閉塞性肺疾患治療剤のノバルティス社による第3相臨床試験が良好だったと発表したことが好感されている。新興市場のバイオ関連株は本日も軒並み活況高となっており、ゴールデンウイーク中は為替変動のリスクの低いバイオ材料株などに資金が集まるとの期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | 株式投資ニュース

キヤノンは通期の業績予想を増額したものの反落

 キヤノン<7751>(東1)は25日、急反落の始まりとなり、3630円(210円安)で寄った後は3660円(180円安)を上値に売買交錯。昨日発表した第1四半期決算(1〜3月)は連結営業利益が前年同期比33.8%減となり、12月通期の予想は増額修正したものの、相場観の分かれる展開になっている。12月通期の連結営業利益の予想は期初の予想を400億円引き上げて4500億円の見込み(前期比39%増)とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

KDDIはグループ化したJCOMの決算を好感して高値更新

 KDDI<9433>(東1)は25日、高値更新の始まりとなり、4605円(30円高)で寄った後は4655円と堅調。資本参加したケーブルテレビのジュピターテレコム(JCOM)<4717>(JQS)が昨日、第1四半期決算(1月〜3月)を発表し、連結純利益が前年同期比13.2%の増加となるなど、概して好調だったため、期待が広がっている。JCOMの株式はこの夏頃に上場を取りやめる可能性があるものの、その分、KDDIへの期待が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース

本日新規上場のオークファンは買い気配で始まり好発進

 本日、新規上場となったオークファン<3674>(東マ)は25日、公開価格2600円と同じ値段の買い気配で始まり、好発進となった。ネットオークションやショッピングサイトの価格情報、商品情報などを検索、比較できるサイト「aucfan.com」で急成長。業績は好調で、今期・2013年9月期の予想は、売上高を前期比15.6%増の7.16億円、営業利益を同48.5%増の2.99億円、純利益を同92.0%増の1.93億円、1株利益は123円73銭と見込む。公募株数は24万2000株、売り出し株数は最大12万6000株。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 株式投資ニュース
2013年04月24日

【日成ビルド工業】がトーセイグループと提携し事業領域に厚み

■1年以上ジリ高続くが割安感

 プレハブ建築などの大手・日成ビルド工業<1916>(東1)は24日の大引け後、不動産流動化事業などのトーセイ<8923>(東1)の100%子会社であるトーセイ・リバイバル・インベストメント(東京都港区)との業務提携を発表し、マンション・商業ビルなどの開発、大規模修繕・耐震対策や機械式駐車場のリニューアル、機械式立体駐車場の保守・点検などで協力関係を構築するとした。

 昨年11月公表の中期経営計画(最終年度目標:売上高500億円、営業利益45億円)の実現に向けて、パートナー企業と戦略的な業務提携を積極的に推進し互いの事業シナジー効果の最大化を図る。

 日成ビルド工業の株価は2012年6月の105円を下値にジリ高基調を続けており、高値はこの3月の214円。本日の終値は206円(2円安)PERは14倍前後のため、割安感がある。3月決算の発表は5月14日を予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:54 | 株式投資ニュース

【引け後のリリース】ツインバード工業が業績予想を増額し「地方株」底上げ妙味

■値上がり率上位に本社東京以外の銘柄が続々

引け後のリリース、明日の1本 健康家電やアウトドア用品のツインバード工業<6897>(東2)は24日の大引け後、2013年3月期の業績予想を見直し、下期の回復傾向や為替差益などを要因に、連結経常利益は従来予想の2.5倍になる3.23億円に増額し、純利益は2.0倍の1.5億円に増額した。売上高の見込みは、長きにわたる「家電デフレ」の影響を脱せず、従来予想を1.6%減額した。増額後の予想1株利益は17円21銭。

 本日の株価終値は226円(6円高)。昨年11月の155円を下値に持ち直す相場になり、3月初に260円まで上げた。このところの株式市場では、本社が東京以外にある地方株の値動きが目立ち、本日は東証2部の値上がり率1位は大阪の第一稀元素化学工業<4082>(東2)。東証マザーズ市場の値上がり率1位は札幌のCEホールディングス<4320>(東マ)。JASDAQ市場の値上がり率1位は三重県津市のビーイング<4734>(JQS)。ツインバード工業と同じ新潟のコメリ<8218>(東1)も10.3%高の高値更新となった。昨日も同じ傾向がみられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:05 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】タカラバイオやアイサンテクノが急伸し三菱自動車は20%高

 24日後場は、三菱自動車<7211>(東1)が何と20.0%高の急伸となり、前場の業績予想の増額発表を好感して戻り高値。出来高トップ。14時に増額を発表したタムラ製作所<6768>(東1)も急反応となり、7.2%高で高値更新。タカラバイオ<4974>(東マ)は昼のNHKニュースなどで京都大の「iPS細胞」に関する成果が伝えられて一段高の26.3%高となり、大引けは所属市場の値上がり率1位。日本株全体を買う感覚の買いが日経平均の先物に入ったとされ、連動性の強いソフトバンク<9984>(東1)は4.2%高の戻り高値、各業種の代表各は軒並み高くなり、武田薬品工業<4502>(東1)は3.6%高の高値更新。

 新興市場は好業績株や材料株にストップ高が続出し、東証マザーズ指数は5年4カ月ぶりに800ポイント台を回復。後場はDNAチップ研究所<2397>(東マ)が20.3%ストップ高、創薬のメディビックグループ<2369>(東マ)も27.8%ストップ高、測量・土木ソフトのアイサンテクノロジー<4667>(JQS)も34.3%ストップ高。うまく乗れば「入れ食い」状態とか。

 米アップル社の決算は減益となったものの、予想ほどではないとの見方が優勢のようで、主要取引先とされるミツミ電機<6767>(東1)は4.9%高、日東電工<6988>(東1)は戻り高値の2.1%高、フォスター電機<6794>(東1)は3.1%高となり出直り拡大。ソフトバンク<9984>(東1)は4.2%高となって戻り高値。

 東証1部の値上がり率1位は前引けに続いて資格取得講座のTAC<4319>(東1)となり業績予想の増額発表を好感し25.4%ストップ高、2位にはソフトバンク・テクノロジー<4726>(東1)の24.1%高が入り低PER妙味など言われたが16時に3月決算を発表、3位にはISID<4812>(東1)の23.0%高が入り前引け後に業績予想の増額を発表し急伸となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:25 | 株式投資ニュース

タカラバイオは筋ジスでの「iPS細胞」成果など材料に後場急伸

 タカラバイオ<4974>(東マ)は24日の後場一段高の急伸となり、大引けにかけて25.9%高の1899円(391円高)まで上げて2005年来の高値を更新。東証マザーズの値上がり率2位に入った。昼のNHKニュースなどで、京都大学の研究チームが筋ジストロフィー症に関する研究で「iPS細胞」による骨格筋細胞の成果を挙げたと伝えたことが材料になった模様。このところの新興市場は材料株や好業績株などが続々大幅高となる状態で、同社株は1月からの材料株相場の先導役の印象があるため、出遅れ感も強まったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:02 | 株式投資ニュース

住友化学は農業関連の側面から出遅れ感を強めて戻り高値

 住友化学<4005>(東1)は24日、昨年来の戻り高値に進む相場となり、約10%高の327円(29円高)まで上げたあとも14時にかけて325円前後で推移。この銘柄にしては急伸となっている。農薬の大手でもあり、政府・自民党が昨日までに農業の競争力強化に向けた改革案を固めたと今朝の日本経済新聞などで伝えられたため、農業関連株として見直し買いが拡大したようだ。全体相場を見ると、4月に入って上昇ピッチを強める銘柄や業種が増える中で、化学株は総じてジリ高程度。値動きの緩急でも出遅れ感が強いとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:03 | 株式投資ニュース

ケイブは新興市場の活況を受けて出遅れ感が強まりストップ高

 ソーシャルゲーム開発などのケイブ<3760>(JQS)は24日の後場もストップ高気配の9万7700円(1万5000円高)で始まり、2月22日以来の高値更新相場を継続。グリー<3632>(東1)との提携効果など、5月決算での回復期待が強く、新興市場の好業績株や業績回復株に値を飛ばす銘柄が連日続出している中で、出遅れ感が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:43 | 株式投資ニュース

小野建999円、4ケタにあと一歩、1株利益100円期待で4ケタからスピードアップ

 小野建<7414>(東1・売買単位100株)が買われ999円と4ケタ目前。大台に乗せれば2009年7月以来となる。当時の業績は営業利益23億200万円、1株利益61.6円(2010年3月期)だったが、前3月期は営業利益29億5300万円、1株利益91.6円の見通し。配当は5円増配の年27円の予定。

 さらに、景気好転、日本強靭化計画で鋼材、建設機材が主力の同社には追い風。今期(2014年3月期)は1株利益が100円台に乗せる期待は強い。利回り2.7%、PER10倍台と割安が目立つ。中期では上場来高値2160円(2006年2月)を目指すものとみられる。

>>小野建のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:30 | 株式投資ニュース