[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/06)好決算のトヨタは朝高のあと伸び悩む、燃料電池車がポイントに
記事一覧 (11/06)大塚家具が「全館全品売り尽し」などに期待強まり12日続伸
記事一覧 (11/06)江崎グリコが好業績など好感されて連日の戻り高値
記事一覧 (11/06)純利益「逆転」映し伊藤忠商事が3日続伸し三菱商事は軟調
記事一覧 (11/06)アドベンチャーは8日ぶりに反発し郵政3銘柄の反落見て資金還流の期待
記事一覧 (11/06)郵政グループ3銘柄は上場3日目そろって小反落
記事一覧 (11/05)【引け後のリリース】よみうりランドが集客好調などで業績予想を上方修正
記事一覧 (11/05)【銘柄フラッシュ】古河電気工業など高く日本郵政3銘柄は売買代金上位3銘柄を独占
記事一覧 (11/05)味の素が14時の四半期決算発表後に動意を強めて戻り高値を更新
記事一覧 (11/05)グローリーが「レジつり銭機」など好調で後場一段と出直り強める
記事一覧 (11/05)ヤマダ電機が正午に業績予想や配当見込みの増額を発表し一段高
記事一覧 (11/05)トヨタ自動車は日計りも難しい値動き小幅、決算次第で柱となるか膠着となるか
記事一覧 (11/05)イメージワンが電子カルテ普及政策などに期待強まり値上がり率1位
記事一覧 (11/05)曙ブレーキ工業が決算発表延期と17年ぶり無配を落胆し12年半ぶりに300円割る
記事一覧 (11/05)加賀電子が業績予想の増額など好感して08年以来の1700円台
記事一覧 (11/05)アイスタイルが第1四半期予想を上回る好調の見方で上場来の高値
記事一覧 (11/05)エアバッグ問題のタカタは21%安となり6年ぶりに4ケタ割る
記事一覧 (11/05)昨日ストップ高のかんぽ生命保険は本日も20%高で4000円台に乗る
記事一覧 (11/05)ゆうちょ銀行も上値を追う始まりとなり続伸
記事一覧 (11/05)日本郵政、ゆうちょ銀行も上値を追う始まりとなり続伸
2015年11月06日

好決算のトヨタは朝高のあと伸び悩む、燃料電池車がポイントに

 好決算発表のトヨタ自動車<7203>(東1・100株単位)は寄付き堅調のあと軟調な展開だ。65円高の7560円で始まり、直後に7421円(前日比74円安)と下げたが、いつものように寄り後安の買いで7561円(前日比66円高)と反発、前場引けは1円安の7494円だった。9月中間期は好調だったが、通期の利益を据え置き、逆に、売上は中国経済減速の影響で下方修正したことで上値を伸ばし切れなかった。「今後は業績に注目した買いから今後は燃料電池車を材料にスイッチできるかが注目だろう」(中堅証券)との見方だ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:58 | 株式投資ニュース

大塚家具が「全館全品売り尽し」などに期待強まり12日続伸

 大塚家具<8186>(JQS・売買単位100株)は6日前場、3.5%高の1787円(61円高)まで上げて12日続伸基調となり、9月以降の回復相場で連日高値に進んでいる。10月19日に同社のいわゆる「父娘対決」の公判が東京地裁で開かれ、なぜかその2日後から連騰を開始した。最近は11月4日付で創業来初の「全館全品売りつくし」セールを発表したことも期待を強めている。

 6日付では、全国紙このセールの全面広告を出稿し、大塚久美子社長の近影とともに「最大50%off」「生まれ変わるための挑戦」などとPR。株式市場関係者の中には「社長が絵になるからトクだ」などと別の意味で注目する様子もある。第3四半期決算は本日・6日の予定。7月には2007年以来8年ぶりの高値になる2006円をつけたことがあり、テクニカル的にはこの高値を指向しやすい状況といえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース

江崎グリコが好業績など好感されて連日の戻り高値

 江崎グリコ<2206>(東1・売買単位100株)は10時を過ぎて6410円(190円高)まで上げ、9月以降の出直り相場で4日連続の高値更新となった。10月30日に発表した第2四半期決算が営業利益で前年同期比33%増加するなど好調に推移し、3月通期の見通しも増額修正。「ハロウィーン」が年々盛んになるため、この恩恵の大きい銘柄としても注目されているようだ。8月に7300円まで上げて上場来の高値に進み、この頃よりも業績見通しが拡大したため、全体相場の動向次第ではこの高値を更新しても不自然ではない態勢になったといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース

純利益「逆転」映し伊藤忠商事が3日続伸し三菱商事は軟調

 伊藤忠商事<8001>(東1・売買単位100株)は取引開始後に1544.5円(27.5円高)まで上げて3日続伸基調となり、一方、三菱商事<8058>(東1・売買単位100株)は2030.0円(4.5円安)を上値に一進一退を続け、値動きが分かれている。両社とも5日の取引終了後に第2四半期決算を発表し、今3月期の通期予想純利益を伊藤忠商事は3300億円で据え置いたのに対し、三菱商事は従来見通しの3600億円を3000億円に減額。実額でも伊藤忠商事が総合商社のトップに躍り出る見通しになったことが映し出されたようだ。伊藤忠商事の株価は10月下旬から1500円台を回復して「大台固め」となっており、本来ならば好決算と業界トップを起爆剤に一段高相場へと進みたいところだといった期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース

アドベンチャーは8日ぶりに反発し郵政3銘柄の反落見て資金還流の期待

 オンライン格安航空券サイト運営などのアドベンチャー<6030>(東マ・売買単位100株)は6日、取引開始後に6%高の6300円(330円高)前後となり、昨日までの7日続落から急反発の始まりとなっている。このところは日本郵政<6178>(東1)など郵政グループ3銘柄の11月4日上場にともない、材料株好きの資金が振興市場から郵政グループ3銘柄にシフトする傾向があるとされており、6日は郵政3銘柄がそろって反落模様の始まりとなったため資金還流の期待が広がったようだ。期待材料としては、「Yahoo!トラベル」への情報提供開始を11月2日付で発表したことがある。四半期決算の発表は11月13日の予定で、これを機に人気が再燃する可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:34 | 株式投資ニュース

郵政グループ3銘柄は上場3日目そろって小反落

 郵政グループ3銘柄(11月4日上場)はそろって小反落の始まりとなり、日本郵政<6178>(東1・売買単位100株)(公開価格1400円、初値1631円)は40円安の1780円で売買開始。かんぽ生命保険<7181>(東1・売買単位100株)(公開価格2200円、初値2929円)は140円安の3750円で売買開始となり、ゆうちょ銀行<7182>(東1・売買単位100株)(公開価格1450円、初値1680円)は40円安の1735円で売買開始となった。

 各銘柄の昨日までの高値を見ると、日本郵政(6178)は一時1854円まで上げて公開価格(売り出し価格)から32%の値上がりとなり、かんぽ生命保険(7181)は4120円まで上げて同じく87%高、ゆうちょ銀行(7182)は1823円まで上げて同じく26%高。

 当初言われた割安さの面では、かんぽ生命保険(7181)の場合、1株純資産の何倍まで買われているかを示すPBR(株価純資産倍率)が公開価格での0.7倍から5日は1倍台に乗り、たとえば第一生命保険<8750>(東1)の同0.7倍台との比較では逆に割高になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 株式投資ニュース
2015年11月05日

【引け後のリリース】よみうりランドが集客好調などで業績予想を上方修正

■営業利益は新施設導入などで期初から減益を見込むが5割増額

 よみうりランド<9671>(東1・売買単位千株)は5日の大引け後、連結業績予想の増額修正を発表し、2016年3月通期の予想を売上高は従来予想を3.7%増額して176.65億円の見込み(前期比では2.9%増)とし、1株利益は43%増額して13円26銭の見込みとした。

 今期は新アトラクション施設の導入にともなう先行投資や償却負担などにより、期初から大幅な減益を見込んでいるが、営業利益は同じく54.9%増額して11.17億円の見込み(同50.9%減)とした。発表によると、遊園地部門で集客が好調だったことや、不動産部門で販売用地の分譲が増加したことなどにより売上高が増加し、利益率の向上や経費削減に努めた。

 5日の株価終値は409円(1円安)。増額後の予想1株利益13円26銭からみたPERは30.8倍になり、たとえば東京ドーム(9681)の同19倍台との比較では割高になるが、やや長期視点でみても2014年5月の下値378円、15年8月の下値372円を安値に反騰しているため、400円前後は下値圏の「地相場」と見ることができそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:38 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】古河電気工業など高く日本郵政3銘柄は売買代金上位3銘柄を独占

 5日は、上場2日目の日本郵政グループ3銘柄が東証1部の売買代金上位3銘柄を独占し、
東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均は軟調で新興市場から資金が集まる様子となった。1位の日本郵政<6178>(東1)(公開価格1400円、初値1631円、初日の終値1760円)は一時1854円まで上げて大引けは3.4%高の1820円。2位のかんぽ生命保険<7181>(東1)(公開価格2200円、初値2929円、昨日の終値3430円)は一時4120円まで上げて大引けは13.4%高の3890円。3位のゆうちょ銀行<7182>(東1)(公開価格1450円、初値1680円、初日の終値1671円)は一時1823円まで上げて大引けは6.2%高の1775円となった。

 古河電気工業<5801>(東1)が昨4日発表の四半期決算などを好感して15.9%高となり東証1部の値上がり率1位。淺沼組<1852>(東1)も4日発表の四半期決算や業績予想の増額などを好感して13.9%高となり東証1部の値上がり率2位。アイスタイル<3660>(東1)も4日発表の四半期決算などが好感されて13.6%高となり東証1部の値上がり率3位。

 ヤマダ電機<9831>(東1)は正午に発表の四半期決算を好感して後場一段強含み3.3%高。マブチモーター<6592>(東1)も急動意となり5.5%高。13時40分に第2四半期決算を発表したグローリー<6457>(東1)も一段強い展開となり5.4%高。サンゲツ<8130>(東1)は7.1%高。14時に発表した味の素<2802>(東1)は5.5%高。14時30分に発表したローム<6963>(東1)は瞬間下げたが切り返して3.7%高となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:45 | 株式投資ニュース

味の素が14時の四半期決算発表後に動意を強めて戻り高値を更新

 味の素<2802>(東1・売買単位千株)は14時に第2四半期決算(2015年4〜9月)を発表し、3月通期の利益予想を増額修正。それまでの2700円(43円高)前後から5.6%高の2806.5円(149.5円高)まで急伸して戻り高値を更新した。海外調味料事業がアジアを中心に好調で、加工用うまみ調味料も好調に推移し、通期の連結営業・経常利益は従来予想を5%近く増額し、純利益は4%近く増額した。7月に2000年以降の最高値2960円をつけており、この頃よりも業績見通しが強含んだため、全体相場の動向によってはこの高値に向かう可能性が強まったといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:53 | 株式投資ニュース

グローリーが「レジつり銭機」など好調で後場一段と出直り強める

 グローリー<6457>(東1・売買単位100株)は13時40分に第2四半期決算(2015年4〜9月)を発表し、それまでの3100円(35円高)前後での小動きから6.9%高の3275円(210円高)まで急伸。9月15日以来の3200円台回復となった。金融機関の窓口用「紙幣硬貨入出金機」、流通・交通業界向けの「レジつり銭機」などの主要製品が好調で、連結営業利益は前年同期比35%増加した。通期予想は増額せず全体に据え置いたが、減益を見込む経常利益などに改善の期待が強まったようだ。5月の高値5000円から6ヵ月近く低迷相場が続く中で、ここ3ヵ月近く3200円前後を上値とするモミ合いの相場。この上値を本格的に抜け出すようだと長期調整相場に転機が出てくる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:37 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機が正午に業績予想や配当見込みの増額を発表し一段高

 ヤマダ電機<9831>(東1・売買単位100株)は正午に第2四半期決算(2015年4〜9月)と3月通期の利益予想や配当見込みの増額などを発表し、後場寄り直後に一段高の579円(40円高)まで上げた。第2四半期は連結営業利益が前年同期比3.6倍の急回復となるなど好調だった。10月下旬にこの決算見通しを上方修正して発表済みだが改めて好感されたようだ。株価は、全体相場が中国株の波乱を受けて急落した8月下旬から9月上旬は400円台だったが、その後の回復ピッチが全体相場を上回る強さになっており、この勢いが再燃するかどうか注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:57 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は日計りも難しい値動き小幅、決算次第で柱となるか膠着となるか

 今日が決算発表のトヨタ自動車<7203>(東1・100株単位)は発表待ちで小動きだ。5円高の7461円で寄付き、直後に7422円まで下げたあと7496円(前日比40円高)まで買われた。寄り後の安値買い・高値売りでは74円高と高安の値幅は100円を切り、短期日計り筋には妙味が薄くなっている。「決算発表の内容次第で相場の柱となるか、人気の圏外で膠着となるかがはっきりするだろう」(中堅証券)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:57 | 株式投資ニュース

イメージワンが電子カルテ普及政策などに期待強まり値上がり率1位

 イメージ ワン<2667>(東JQS・売買単位100株)は11時にかけて29.3%高の349円(79円高)まで上げ、JASDAQ銘柄の値上がり率1位に躍進して出来高も急増している。電子カルテなどから得られる画像データ管理をはじめとする医療情報システム関連商品を手がけるため、日本医師会が電子カルテの普及に向けた基盤整備に乗り出すと日本経済新聞5日付朝刊で伝えられたことなどが期待材料になったとの見方が出ている。9月決算の発表は11月9日前後の予定。銘柄特性として、動き出すと値幅が大きくなるイメージが強く、続いて業績面でのサプライズ材料などに期待する雰囲気が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:24 | 株式投資ニュース

曙ブレーキ工業が決算発表延期と17年ぶり無配を落胆し12年半ぶりに300円割る

 曙ブレーキ工業<7238>(東1・売買単位100株)は朝方に一時18.8%安の294円(68円安)まで下げ、2003年5月以来12年半ぶりに300円を割る場面を見せた。昨4日の取引終了後、不適切な会計処理の可能性と第2四半期の決算発表延期、中間・期末配当の見送りなどを発表。落胆が走った。通期の無配は17年ぶりになる。300円前後という株価水準は、2008年以降、何度も下げ止まってきた水準。このため、本格的に割り込んだ場合は下値岩盤が割れる形のモミ合い割れとなり、テクニカル的には200円前後まで下値メドが後退することになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース

加賀電子が業績予想の増額など好感して08年以来の1700円台

 加賀電子<8154>(東1・売買単位100株)は10時を過ぎて7.4%高の1768円(122円高)まで上げ、約1週間ぶりに年初来の高値を更新。2008年以来の1700円台に進んで活況となっている。昨4日に発表した第2四半期決算(2015年4〜9月)が営業利益・純利益とも前年同期比で4割近い増加となり、3月通期の予想を増額修正したため注目が再燃した。増額後の予想1株利益は176.96円のため、株価は2000円まで上げてもPER11倍台前半に過ぎない計算。割安感が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

アイスタイルが第1四半期予想を上回る好調の見方で上場来の高値

 アイスタイル<3660>(東1・売買単位100株)は取引開始後に25.4%高の1274円(258円高)まで上げて株式分割などを考慮した後の上場来高値を更新し、値上がり率は10時前後に東証1部銘柄の1位となった。昨4日に発表した第1四半期決算(2015年7〜9月)が営業利益2.7倍などとなり、市場の予想を上回る好業績との見方が出ている。通期の業績予想は据え置いたが、先々増額修正に踏み切る可能性が出てきた。高下しながらもジリ高基調が続くとの見方が少なくないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:10 | 株式投資ニュース

エアバッグ問題のタカタは21%安となり6年ぶりに4ケタ割る

 タカタ<7312>(東1・売買単位100株)は9時30分を過ぎて一時21%安の936円(253円安)と急落し、2009年以来6年ぶりに4ケタ(1000円台)割れとなった。エアバッグの不具合問題を巡り、4日、NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)の同意指令(Consent Order)に合意し7000万米ドル(約85億円)の民事制裁金を2020年10月末までに6回に分けて支払うことなどを発表。また、ホンダ<7267>(東1)三菱自動車<7211>(東1)が同社製品の使用を中止するといった報道が伝えられ、下押す展開になっている。同社株は2006年に東証1部に上場し、これ以降の安値は09年の554円。これ以来の安値となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:44 | 株式投資ニュース

昨日ストップ高のかんぽ生命保険は本日も20%高で4000円台に乗る

 昨日ストップ高となったかんぽ生命保険<7181>(東1・売買単位100株)(公開価格2200円、初値2929円、昨日の終値3430円)は買い気配で始まった後3840円(410円高)で値がつき、その後約20%高の4100円まで上げている。9時30分にかけては値上がり率が東証1部の1位、売買代金は3位なっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース

ゆうちょ銀行も上値を追う始まりとなり続伸

 上場2日目となった日本郵政グループ3銘柄のうち、ゆうちょ銀行<7182>(東1・売買単位100株)(公開価格1450円、初値1680円、初日の終値1671円)も続伸の始まりとなり、36円高の1707円で始まったあと1735円と上値を追っている。同じく日本郵政<6178>(東1・売買単位100株)も1809円(49円高)まで上昇している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 株式投資ニュース

日本郵政、ゆうちょ銀行も上値を追う始まりとなり続伸

 上場2日目となった日本郵政グループ3銘柄のうち、日本郵政<6178>(東1・売買単位100株)(公開価格1400円、初値1631円、初日の終値1760円)は前日比15円高の1775円で始まり、その後1796円まで上げて続伸となっている。ゆうちょ銀行<7182>(東1・売買単位100株)も36円高の1707円で始まった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース